FX 資本主義のゲームのお話

北海道は秋が深まり、落ち葉焚きができるくらいに
枯葉が風に舞っています。

G7後の週初めの昨日22日(月)は、
主要3通貨への言及がG7声明になかったことと
世界的な株安の進行に早朝のオセアニア時間で
ドル安、円高、ユーロ高の
窓を空ける通貨の多いスタートとなりました。
一時ドル円は113円前半まで売り込まれ、
クロス円も軟調で始まりました。
その後、東京時間となると、
豪四半期生産者物価指数が発表されて、
市場予想をやや上回る結果にオージーが限定的ながも上昇して
日株が大きく下落する中にあってにあっても、
ドル円とクロス円は緩やかな上昇に転じて、
ドル円が114円前半、ユーロ円が163円後半あたりまで
反発しました。

ロンドン時間に入ると、
独コメルツ銀の株価が一時急落するなど欧株の軟調な展開に
また再び円買いの動きとなって、
ドル円とクロス円が軟調となりました。
ドル円が113円半ば近くまで、オージー円が大台の100円を
一時割り込むなど、リスク回避の流れとなりました。
また、G7でユーロに言及がなかったにもかかわらず
上値の重かったユーロドルが調整となって、
ロシア勢などによって売り込まれ、
1.41台前半まで下落しました。
これによりドル高となって、
ポンドやオセアニア通貨も対ドルで下落していきました。
ほぼ全面軟調の相場展開となりました。

ニューヨーク時間に入ると、
早出勢によってLD時間を調整する動きとなって、
その後、NYダウが上下動しながらもしだいに堅調となって
前日比でプラス圏になると、
リスク回避の動きが後退して、
ドル円も徐々に114円後半まで上昇して、
ユーロ円も揺れながらも162円前半、
ポンド円も233円に迫るあたりまで反発するなど、
クロス円とドル円が上昇しました。
一方、ドルストレートは、
ユーロドルなど欧州通貨は
対ドルで軟調な頭の重い展開が続きましたが、
オージーなどオセアニア通貨は、対ドルで上昇に転じて、
まちまちの動きとなりました。

今日23日(火)は、夕方6時に欧鉱工業新規受注、
夜9時半に加小売売上高、
夜11時に米リッチモンド連銀製造業指数、
などが発表されます。
今日の経済指標もやや小粒です。

要人発言としましては、夜の11時に
グリーンスパン前FRB議長の講演が予定されています。

明日に注目のメリルリンチの四半期決算発表を控え、
株価も大きく動きづらいようですが、
昨日に続き今日の経済指標も小粒で、
株価を睨んだ相場展開となりそうです。
昨日のNYダウは+44.95ドルと反発していますので、
日欧の株価の動向に注目です。
午後3時頃からと午後8時頃からの市場替りの
早出勢の動きが注目されます。

さて今日は、資本主義のゲームのお話です。

何やら難しい数式の並ぶ計算なので、
証明過程は省略するとして、(笑)
確率の面白い結論の1つに「破産までの賭け」
という問題があります。

AとBの2人が確率1/2の賭けをして、
どちらかが破産するまで勝負を続けた時、
どちらかが勝つ確率は、双方の資本金額の比率と
同じになるという確率論の帰結があるそうですね。

たとえば、Aが100万円の資金で
Bが300万円の資金なら、
BはAの3倍の確率で勝つことになるそうです。

資本主義のゲームでは、資金が多ければ多いほど
勝ち残る確率が高いということで、
それが数学的に証明されているということは、
ちょっと興味深いですね。

納得できるような、腑に落ちないところがあるような
なんともいえない思いもしますが、

近年の業界再編で、銀行や百貨店など
どんどん巨大資本どうしが合併して、
より巨大になりたがるのも、
生き残りの術であるとともに、
「資本主義のゲームに勝つため」の
そーいうこと、なのかもしれませんね。

投資や投機も似たようなところがあり、
やはり資本が大きいほど、
勝ちやすくなるのは事実のようです。

口座資金100万円でも、
ちょっと無理して10枚くらい建て玉して、
ちょっとがんばって100Pipsで10万円稼ぐのは
よくあることで可能な範囲の利益ですが、

口座資金1000万なら、ちょっと大目の100枚建て玉して、
たった10Pipsで、無理なく10万円を稼ぐことができます。

100Pipsの差益を狙うよりも
10Pipsの差益を狙うほうが、やはり難易度は低いわけで、
また、その程度の差益を狙うチャンス自体も多くなります。

つまり、資金量が大きいと
資金に対して同じ割合のトレードをしたとして、
難易度の低いトレードで、
なおかつトレードチャンスも多く得れる、
という有利な立場が得れるわけですね。

ですから、トレードで勝ちやすくなるためには
トレードの技術も当然大切であるものの、
資本主義のゲームという観点からは、
「資金」は優位に立つための重要なファクターで、
勝敗に大きく影響のあることとなります。

まぁ、もっとも、いくら巨大資本でも
かつて1998年のLTCMでさえ簡単に飲み込まれてしまうほど、
市場はあまりに巨大な怪物ですから
無茶なレバレッジでの運用では
破綻してしまうこともありますが、

各々の身の丈にあった適正レバレッジの投資も、
資本が大きいと、その身の丈も(自然と)大きくなって、
勝ちやすいものです。

ですので、娯楽気分の過剰なトレードを控えて
たとえトレード数が少なくなっても、
ジッとチャンスを待って、
「ここぞ!」というときだけトレードして、
まずは口座資金をある程度増やさなくてはなりません。

私がお世話になっている人の中に
たった5万円の資金で、(失礼)
一度、残高が1万になりながらも
100万円を大きく超えるほどの成績を上げられた
ボスさんという方がいらっしゃいますが、
(嘘のようなお話ですが、事実です)

その方がしみじみと
「口座資金が増えるほど、より儲けやすくなった。」
と述懐されていましたように、 

増えた資金の口座では、
有利で楽にトレードができて、
しかも勝ちやすくなるようです。

やはりトレードは、資本主義のゲームなのですね。


FX リバモアの述懐のお話

G7後の一週間のスタートです。

G7では、市場機能は改善しているとしながらも
金融市場の状況は注視を要するとして、
原油高と米住宅市場低迷は成長を鈍化させる可能性高いが、
世界経済のファンダメンタルズは引き続き強くなるとの
共同見解を示しました。
また、為替については人民元の迅速な上昇求めるとながらも、
為替は基礎的諸条件を反映すべきとして、
ユーロ、ドル、円などに具体的言及はありませんでした。

先週末19日(金)は、オセアニア時間から円高傾向となって、
東京時間では日株が大幅下落したことで
ドル円が115円をはさんだ軟調な展開となりました。
「ドイツ系ファンドが経営難になった」との噂も飛び交って、
クロス円も総じて軟調に推移しました。
一方、ドルストレートは、
「サルコジ仏大統領がユーロに関する議論から撤退せず」と
表明したことなどで揺れながらも、
流れはドル安傾向の推移で、
ユーロドルが1.43台前半まで上昇しました。

ロンドン時間に入ると、はじめ早出勢によって
英欧株価の堅調さを背景に、一時円が売られ
ドル円が115円台後半まで戻し、
ユーロ円も165円台前半まで上昇して
オセアニア通貨なども対円で上昇しました。
ドルもいったん買い戻されてユーロドルが
一時1.42後半まで押しました。
発表された英GDPが市場予想を上回る結果となって
ポンドが上昇しました。
その後、欧株が軟調に転じたことを受けて、
ドル円とクロス円も軟調となり、
ドルストレートも上下動しながら上昇していきました。
ユーロドルは史上最高値を更新しました。

ニューヨーク時間に入ると
奇しくもこの日がブラックマンデー20周年の日で、
「陶酔からの覚醒」などと報じられるなど
再来の声も聞かれる中、NYダウが360ドルを超える急落となって
ドル円とクロス円が一時的に下げ渋る場面もありましたが、
しだいにリスクアバーションの動意が強くなって
ドル円とクロス円は下落していきました。
その後、G7の草案がダウジョーンズから報道され、
前回6月のハイリゲンダムの内容を踏襲したものであったものの
懸念されていたユーロ高に対する言及はなく、
また、ドル安に対する具体的な対応策は出されなかったことと
ファンダメンタルを反映すべきとの共同声明に
ユーロ高、円高、ドル安の動意が継続することとなりました。

G7後の週はじめの今日22日(月)は、
午前10時に豪四半期生産者物価指数が発表されて、
前回の数字をやや上回る結果に限定的ながら
オージーが戻しの動きとなっています。

午後2時に日スーパー売上高
午後4時に日コンビニエンス売上高、
が発表されますが、小粒な指標です。
今日は米欧その他の経済指標の発表はありません。

要人発言としましては、
夜9時15分に米クロズナーFRB理事の金融市場に関する講演と
深夜3時45分に欧トリシェECB総裁の講演が予定されています。

さてビッグイベントのG7も終わり、
週はじめのオセアニア時間では多くの通貨ペアで
窓を空けてのスタートとなりました。
先週末に奇しくもブラックマンデー20周年の日に
今年3番目の下げ幅となったNYダウの下落を受けて、
現在、日株も500円を超える急落となって、
リスク回避の動意激しい相場となっています。
また、G7の結果の各市場での反応も注目されますが、
引き続き各市場の株価の動向に注目が集まりそうです。

為替は株価に連動性の高い傾向が続きそうで、
ロンドンとニューヨークでの初動に注目してみたいものです。
ユーロ高、円高、ドル安の流れですが、
しかしながら、次の相場への反発の機会を覗う筋もありそうで、
機敏なトレードをしていきたいものです。

<業界トピック>

個人投資家向けのFXを扱っている私の地元の
「エフエックス札幌」がサブプライム問題に絡む
急速な円高時の売買注文に失敗して、
債務超過により19日(金)に顧客の取引を強制的に決済する
案内を出して、取引業務を停止したことが報道されました。
顧客の証拠金の返還も難航するとのことで、
事実上の破綻となりました。
FXを扱う業者も過当競争が激化して、
証拠金を全額信託保全をしているかなど、
取引手数料やスプレッドばかりでなく、
しっかりとした目で業者選択をしていく必要を
改めて認識していかなくてはならないようですね。

さて今日は、リバモアの述懐のお話です。

1929年の大恐慌で1億ドル稼いだといわれる
ジェシー・リバモアが、彼の全盛期の頃の有名な述懐に

「なぜ損切りするかだって?!
 買った株が下がったとしても
 私には下がる株を止めることはできないし、
 なぜ自分の思惑と逆方向に動いているかなんて
 調べている暇はない。
 『下がっているから下がっているだけだ。』
 下がったのですぐに売る、投機家が手仕舞うのに
 これ以上の理由が必要だろうか。」

というのがあります。

トレードしているのは、株や先物やオプション自体ではなく、
それらはトランプなどと同じようなゲームの材料で
実際のトレードは、ほかのトレーダーと戦っているとする、
リバモア一流の述懐ですが興味深い言葉です。

トレードを科学的に考察したり分析したりする
金融工学という分野もありますが、
相場にはトレーダーとトレーダーの
戦いの場である側面もあって、
相場師ならではの見解ですが妙にうなずけます。

トレードに参加するということは、
プロ筋のマネーバトルに参戦することで、

あたかもタバコの紫煙が立ち込めるカジノの
テーブルに着きいたときのように、
ニヤリと不適な笑みを浮かべて
「見慣れんヤツだな。彼はニューカマーだ」と
身包みを剥ごうと目配せするつわものたちの中で
ポーカーをプレーする様子にもどことなく似ているようです。

かの有名なウォーレン・バフェットも、
ポーカーのテーブルに着いたときに、
ぐるりと周りを見渡して、
もしも誰が負けるかすぐに解らなかったら、
それは自分自身だと述べていますが、
トレードは確かに鉄火場的な側面もあります。

しかし、トレードにはカードゲームと違う点があって、

カードゲームでは必ずつわものの彼らと
戦わなくてはなりませんが、

トレードでは自身の相場観で彼らと戦おうとせずに
彼らのバトルの劣勢なほうについてしまったらすぐに降りて、
優勢なほうについたら、しっかりと乗っかるという、
動きに従った「追従」ができます。

巨人達のマネーバトルにあっても
掻痒が驥尾付して万里を渡るように
個人投資家でも利にあやかることができるわけです。

その追従を確かにする方法こそ、
トレンドとレンジに応じたテクニカル分析で、

確率的に優位な方向にポジションを持つということなのですね。


FX やぶれ靴下のお話

いよいよG7が19日午後(日本時間20日午前)に
ワシントンで開催されますね。
サブプライム問題後、初のG7となりますので注目されます。

昨日18日(木)東京時間は、
日株がプラスで寄付きその後も堅調に推移したことから、
いったんリスク回避の動きが収まり、
ドル円も116円半ば前後の落ち着いたレンジ相場となりました。
ユーロ円が165円後半まで上昇するなど円高傾向で
クロス円は全般的に堅調な展開を見せました。
アジア株も中国とシンガポールは軟調傾向でしたが、
その他の市場はおおむね落ち着いた動きでした。
前日に火種となったインド株は小高く始まった後、
しだいに軟調となって日株も午後に一時上値が重たく
ドル円とクロス円が弱含む場面もありましたが、
その後は持ち直しました。
一方、ユーロドルなどドルストレートは
ドル安に徐々に堅調となっていきました。

ロンドン時間に入ると、
中国人民銀行総裁が利上げの可能性を
ほのめかしたこともあって、
欧株価が軟化したことを背景に
急速にリスク回避の円高の動意が起こり、
午後3時過ぎからドル円とクロス円が下落を始めました。
ドル円が115円半ばあたりまで、
クロス円もユーロ円が上下動しながら
165円の大台を割り込むなど下落しました。
夕方に発表れた英小売売上高が強い数字で
一時ポンド円が上昇しましたが、
クロス円全般の下げに飲み込まれる格好で、
ポンド円も下落に転じました。
ドルストレートは、クロス円の下げとドル安に
揺れながらも、ユーロドルは堅調な上昇となりました。

ニューヨーク時間に入ると、
バンク・オブ・アメリカの四半期決算が発表されて、
サブプライム問題の影響で減収となったことが明らかになると
信用収縮懸念の動意が起こり、
ドル円とクロス円の下げが加速しました。
NYダウも軟調となって、一時ドル円が115円前半まで、
ユーロ円も164円後半あたりまで下落するなど、
ドル円とクロス円が全面安の展開となりました。
この動きに伴い米債券市場で利回りも下落して
ドル安となって、ポンドドルが2.05台に一時乗せるなど、
ドルストレートが上昇して、
ユーロドルも一時1.43台の史上最高値を更新しました。
その後、NYダウが前日プラス圏に戻したこともあって、
ドル円とクロス円は反発の場面を見せましたが、
終盤にはまた軟化していきました。
また、後半はアルムニア欧州委員の発言もあってか
ドルストレートも頭の重い展開となりました。

G7直前で週末の今日19日(金)は、
午後3時に独生産者物価指数、
夕方5時半に英第3四半期GDP(速報値)、
夜8時に加消費者物価指数、
などが発表されます。英とカナダの指標には注目です。
今日は米指標の発表はありません。

夜の11時から、セントルイス連銀での討論会で
米バーナンキFRB議長の発言が予定されています。

さて、G7直前ですが株価も軟調傾向となっていて、
市場のセンチメントもさらに調整が進みそうな
雰囲気となっているようです。
要人からユーロ高牽制の声も聞かれ注意が要りそうです。
また今回のG7では中国利上げ圧力も強まりそうな雲行きで、
円高へ傾斜すると予想する向きもあるようです。
G7の声明はいかがなりますか。注目されます。

株価の動向や市場替りでの初動、そして週末調整の可能性と、
緊張の週末ですが、午後3時過ぎと午後8時過ぎと夜11時頃、
そして深夜1時頃の動きには注目です。
流れに乗りながらも注意深くトレードしていきたいものです。

さて今日は、やぶれ靴下のお話です。

昨日、パリーグの優勝が決まりましたね。
日本シリーズが楽しみです。

新庄も引退して、小笠原も巨人に移籍した中、
ファイターズが見事にパリーグ優勝を果たしました。

私は野球のことは詳しくはないのですが、
チームプレイということの大切さを見た思いがします。

1+1が3などというかっこよいことは言えないまでも、
チームがしっかりと力を合わせると、
やぶれ靴下の重ね履きのように、(笑)
補い合いの補足協調が生じるようですね。

※補足協調の例えであって、ファイターズがやぶれ靴下だと
 言っているわけではありません。m(_ _)m

さて、よく小さな販売の会社でも、
トップ営業マンがハンティングや何らかの事情で
やめてしまうと、一時的に業績が下がることがありますが、
またしだいに業績が戻ることもあって、
組織力の地力を垣間見れることがあります。

また、アリの世界でも、ある研究者によると
80対20の法則よろしく、集団にぶら下がる
怠け者のアリのほうが多いらしいのですが、(笑)
その怠け者のアリだけを別ところに移して観察すると、
その群の中に働き者のアリがやはり2割ほど出てくるそうです。
そうしないとチームとして生きていけないから
なのでしょうけど、なんか不思議ですね。

私も早くに相場師であった父親を脳梗塞で
亡くしたものですから、少し遊び人であった私も
それからはまじめに母を助けて頑張ろうと
心に誓ったものです。(笑)

お話が横道にそれてしまいましたが、

チームとして強くあるためには、
投手陣だけ強くても打撃陣だけ強くてもダメなようで、
補い合う異種の協調が必要なようです。

相場でもチャートに表示させるテクニカル指標がありますが、
これも互いに補い合えるようなワークとする必要があります。

トレンド計測に優れたトレンド系だけでも、
また、レンジ計測に優れたオシレーター系だけでも、
弱いチーム構成となってしまいます。

また、全体観を認識する作戦参謀も必要で、
個々の指標を使い分ける監督も必要ですね。

余談ですが、
テクニカル指標には面白いものがあって、

たとえば、サンスクリット語で
「夜明けの最初の光」という意味の「AROON OSCILLATOR」や、
相場に先行して動く「MOMENTUM」などと言うものもあります。

でも、チームワークを考えますと、
これらは扱いの難しい外人選手のようなところがあって
起用が難しい場合もあるようです。

優れた選手のトレードも良いことですが、
チームとして力を発揮できるか、
ということのほうがより大切です。

個人プレーではなく、
やぶれ靴下の重ね履きのように、
補足と協調がチームの総合力を増すようですね。

優れたチーム力があれば、
それを使う監督であるトレーダーの経験が増すほど、
トレードに勝つことができます。


FX バイアスのお話

原油価格が中東情勢や需要期に入ったことなども影響してか、
投機マネーが入って高騰していますね。

昨日17日(水)は、オセアニア時間では
ドル円やクロス円が堅調に推移していましたが、
東京時間になったとたんに、
日株の軟調を背景にリスク回避の動意となって、
全面的な円高となりました。
途中反発も見せたものの、アジア株も軟調で、
インド財務相による海外資本流入制限の話もあって、
インド株も急落したことなどで、
それらの動向に連動するようにドル円が116円前半まで、
ユーロ円も同様に164円半ば近くまで下落するなど、
ドル円とクロス円が下落しました。
オセアニア通貨もオージー円が102円半ばに迫るなど
大きく下落しました。

ロンドン時間に入ると、
急落していたインド株も反発して
欧州株が落ち着いた展開となったことなどを背景に
早出勢によって円売りが仕掛けられて、
ドル円とクロス円ともに一転して上昇しました。
BOE議事録では、8対1での据え置き決定であったことが
明らかにされ、利下げ派が一人だけであったことも
好感されかポンドも上昇しました。
また、米銀大手JPモルガンの四半期決算が
市場予想を上回ったこともあってリスク回避動向が後退して、
ドル円が117円前半まで上昇して、
クロス円も全面高となりました。

ニューヨーク時間に入ると、
発表された米消費者物価指数はほぼ市場予想とおりで
あったものの、住宅着工件数と建設許可件数が
14年ぶりの低水準となって市場予想を下回ったことや
IMFの世界経済予測が押しなべて下方修正されたことなどで、
小高く始まったNYダウが軟調に転じ、
ドル円とクロス円にリスク回避の同意が起こり、
全面的な円高となって、ドル円とクロス円が下落しました。
発表されたベージュブックは、
住宅関連を中心に米経済の減速を示唆する弱い内容でしたが、
利上げ観測が後退したためか、株価は上昇に転じて、
為替もドル円とクロス円が再び上昇に転じて、
その後、終盤からオセアニア時間でまた調整と、
上下動忙しい神経質な相場展開となりました。

今日18日(木)は、午後3時15分にスイス貿易収支、
夕方5時半に英小売売上高指数、
夕方6時に欧貿易収支と欧建設支出、
夜8時半にカナダ中銀金融政策報告、
夜の9時半に米新規失業保険申請件数、
同時刻に加国際証券取扱高、
夜の11時に米景気先行指標総合指数、
深夜1時に米フィラデルフィア連銀指数、
などが発表されます。
英欧米の各指標には注目です。

G7が近づいていることもあって、
相場は株価に同調傾向のある神経質な上下動で
やや軟調なレンジ相場となっているようです。
今日もグーグルやバンク・オブ・アメリカなど
注目の決算発表が予定されていますので、
引き続き株価の動向を睨み、
市場替りの午後3時頃からと夜8時頃からの初動と
指標発表後の動きを見て
機敏にトレードしていきたいものです。

さて今日は、バイアスのお話です。

バイアスとは、「傾向」という意味ですが、
傾向はある程度硬直性があって、
一度形成されたバイアスは持続する性質があるようです。

忙しいお寿司屋さんでは、
お客が多いのでネタも新鮮、
新鮮で美味しいネタなのでまたお客が来店する、
ネタの仕入れも多いので、仕入れが安くできる、
安い仕入れなので、他店よりも品代を安くできて、
しかも安くしても儲けることができる。

てなぐあいで、
好循環のバイアスが生まれます。

暇なおすし屋さんはこの逆の
悪循環に陥りやすいバイアスとなる可能性があって、
よほどがんばらないと好循環のバイアスと
なることはできないかもしれません。

多少の日々の売り上げの変動があったとしても、
好循環のバイアスのおすし屋さんなら、
食中毒などよほどのファンダメンタルの変化がなければ、
ある月の売り上げが1000万で、次の月に500万になって
しまうようなことはほとんどありません。
不特定多数を相手とする、一見、不安定な商売でも
しっかりとした売り上げのバイアスが生まれます。

相場で言いますと、
大きな流れのメジャートレンドですね。

大きく相場を変えてしまうファンダメンタルの変化には
注意していなくてはなりませんが、
硬直性のある大きな相場の流れのバイアスは、
誰にも未来は見えないといわれる
不確実なトレードにあっても指針を示唆してくれます。

相場では、その大きな流れの中に
フラクタルな小さな流れがあって、
中長期のポジショントレードではなく、
デイやスキャルならば、
大きな流れの中の小さな流れを捉える必要があって、
小さな流れのバイアスを見きわめなくてはなりません。

そのためには、小さな時間軸で
小さな傾向を捉えるテクニカル分析が必要です。

そして、テクニカル分析のためには
小さな傾向にもトレンドとレンジがあるために
それらの判別も必要です。

また、短期的なトレンドの行き着く先を読むために
確率的な変動範囲も認識しなくてはなりません。

テクニカルトレードは、
言うなれば傾向(バイアス)をトレードすることですが、

ランダムウォークとも言われ
誰にもレートの未来は解らないものの、
傾向をたぐれば、レートの動きのその先の
不確定ながらも傾向と確率のトレードはできそうです。

FX 恐怖指数VIXのお話

VIX指数(恐怖指数)も20あたりまで上昇して、
市場は株価をテーマとする
G7を前にしたリスク回避の調整局面となっているようです。

昨日16日(火)は、朝にエコノミッククラブでの講演で
米バーナンキFRB議長が住宅市場懸念の終息を否定して、
住宅ローン市場は引き続き困難な状況にある、とした上で、
インフレ懸念が高まれば「FOMCは行き過ぎた利下げを反転する」
と述べましたが、発言当初の市場反応は限定的でした。
日経平均が前日のNY株安を受けて軟調にはじまったことから、
円高のスタートとなりましたが、
東京時間では大きな動意なく、
ドル円が117円台、ユーロ円も166円台と、
各通貨とも総じて小動きに始終しました。
一方、日株価は下落して、
原油や金などのコモディティ市場は高値を更新しました。

ロンドン時間に入ると、日財務省幹部が
G7で為替の発言が出る可能性があると述べたことや、
欧州株が続落ではじまったことなどを材料に、
早出勢によってクロス円を中心に円買いが仕掛けられました。
ドル円が116円台後半まで、
ポンド円も発表された英消費者物価指数が市場予想を
下回ったことも手伝って、237円すれすれまで急落しました。
オセアニア通貨の下落も目立ちました。
ユーロドルは、はじめいったん上昇を見せたものの、
ダマシのブレークアウトとなった後、
1.41台半ばあたりまで下落するなど
ドルストレートも下げました。
一時的に反発の場面も見られましたが、
全般的に軟調傾向で相場が推移しました。
欧英など複数の経済指標が発表されましたが、
市場の関心が株価をテーマとなっているためか、
指標発表自体には限定的な反応の印象でした。

ニューヨーク時間に入ると、
いったん反発も見られたものの、
NYダウも軟調に推移したことや、
米証券投資も大きく市場予想を下回ったこともあって、
為替も前半は軟調な展開となりました。
ドル円が116円半ばあたりまで、
ユーロ円も165円あたりまで下げました。
また、ユーロドルなどドルストレートも軟調に推移しました。
その後、後半はハイテク企業の決算が
良かったことなどもあって、
株価も軟調ながら落ち着きを取り戻し、
為替も緩やかに反発する展開となりました。
ドル円が116円後半まで、
ユーロ円も165円前半まで値を戻し、
ユーロドルも1.41台後半まで緩やかな反発となりました。
VIX指数(恐怖指数)も20あたりまで高まって、
ドル円やクロス円、ドルストレートまで同調的な
G7を前にしたリスク回避と株価をテーマとした印象も伺える
相場となりました。

今日17日(水)は、午後の2時に日景気先行指数(改訂値)、
夕方5時半に英BOE議事録と英失業率と英失業保険申請件数、
夜の9時半に米消費者物価指数と住宅着工件数と建設許可件数、
同時刻に加卸売売上高、
深夜3時に米地区連銀経済報告(ベージュブック)、
などが発表されます。
英米の指標には注目です。

要人発言としましては、
夜11時40分頃から米グリーンスパン前FRB議長の
講演が予定されているようです。

さて、為替市場はG7を前にして
神経質なセンチメントとなっているようで、
悪材料には敏感に反応しやすい地合いとなっているようです。
市場の関心のテーマは株価なってきていて、
VIX指数の高まりにリスク回避の動意が見られます。
今日のNY時間にはJPモルガンの決算発表も予定されていて、
株価の動向には要注意です。
G7が終わるまでは調整傾向となりそうですが、
市場替わりの午後3時頃からと夜8時頃からの初動とともに、
株価の動向には特に注意をしながら
慎重なトレードをしていきたいものです。

さて今日は、恐怖指数VIXのお話です。

ときに暴君のように振る舞い、
ときに処女のように臆病な振る舞いもする
なんとも気難しい市場ですが、(笑)

G7のような大きなイベントの前には、
市場のセンチメントは臆病になる傾向があるようで、
試験を控えた受験生のように緊張感でピリピリして、
シカゴ・オプション取引所がS&P500種株価指数の
オプション指数から算出したボラティリティ指数である
VIX指数(別名で恐怖指数)も高まることが多く、
ときに悪材料に過剰反応して、急落が起こります。

市場の関心のテーマが良い材料に鈍感となって、
悪材料探しをするようなところもあって、
ときに経済指標にも関心が薄くなって、
過去世界同時株安の苦い経験が蘇るのか、
株価に関心のテーマが移ることもあるようです。

市場のセンチメントがナーバスとなると、
キャリートレードのような「リスク追求モード」から
リスクを回避性性向が強く「リスク回避モード」となって、
一律的なバイアスが生まれ、
ドル円やクロス円、そしてときにドルストレートまで
似たような動きとなることがあります。

特にキャリートレードは、
キャシー・リーエンが指摘するように
市場がリスク追求モードにあるときは収益性が高まっても、
リスク回避性向が高い場合には収益性が低下しますので、
マネーは「セイフティヘイブン」を求めて、
債権や商品コモディティなどへ逃避しやすい地合いとなるために、
為替市場は下げやすい環境となります。
これは恐怖対象の結果がはっきりするまで続くことがあります。

市場がどのくらい恐怖を抱いているかは、
VIX指数が参考となります。
20を超えると急落の可能性のある危険域で、
10台の後半でも、ツンと指数が盛り上がったあたりでも
急落の危険があります。
一度急落すると、いったん恐怖エネルギーが抜けて
指数も下げますが、また高まってくると要注意です。

<参考: VIX指数>


FX 「辛抱たまらん」のお話

今朝、米バーナンキFRB議長が講演で、
「住宅ローン市場は引き続き困難な状況にある」と、
一部でささやかれていた住宅市場懸念終息を否定するとともに
「FOMCは必要と判断すれば行き過ぎた利下げを反転する」
と明言しましたね。

週はじめの昨日15日(月)は、
早朝にNZ消費者物価指数が発表されて
2004年3月以来の低水準にキウィが下落して
ドル円が下窓を空けクロス円も軟調気味となるなど
いつものようにオセアニア時間では、
先週末を調整する動きでのスタートとなりました。
その後、ドル円の窓もいつものようにほどなく埋まり
いったん反発を見せましたが、仲値の伸びも今ひとつで
ドル円クロス円がやや軟調なもみ合いとなりました。
また、仏予算相の「ユーロは対ドルで強すぎる」との
発言もあって、ユーロドルなどドルストレートも
やや軟調に推移しました。

ロンドン時間に入ると、早出勢によって円が売られて
ユーロ円を中心にクロス円とドル円が
しだいに堅調な展開に転じました。
夕方頃にはロシア勢のユーロ買いが入った模様で、
ユーロドルが1.42台前半まで上昇して、
これにつれるようにユーロ円も167円後半あたりまで、
ポンド円も240円台に乗せるなど
クロス円とドルストレートが上昇しました。
ドル円はこれらの動きにはさまれ、もみ合いとなりました。
オージーも堅調なコモディティ市場の後押しもあって、
堅調に推移しました。

ニューヨーク時間に入ると、
注目のNY連銀製造業景況指数は28.8となって、
市場予想を大きく上回る結果となり、
一時的にドルが買われましたが、
米金融大手シティグループの四半期決算が57%の減益と
なって、原油価格高騰も手伝い、
NYダウが先週末から160ドルを上回る下落となったことで、
急激なリスク回避の動意が生じて、
ドル円が117円前半まで、ユーロ円が166円半ばあたりまで、
オージー円も105円すれすれまで、
クロス円とドル円が急落しました。
これにつれてドルストレートも軟調になりました。
終盤やや戻すも全般的に軟調な相場となりました。

今日16日(火)は、朝に米バーナンキFRB議長が
エコノミッククラブでの講演で
「住宅ローン市場は引き続き困難な状況にある」と、
一部でささやかれていた住宅市場懸念終息を否定するとともに
「FOMCは必要と判断すれば行き過ぎた利下げを反転する」とも
発言して、原油と商品価格の上昇とドルの下落に
FRBは迅速な行動を取ることを示唆しましたが、
今のところ、市場の関心は軟調な株価に向けられているようで
反応は限定的となっていますが、
ロンドン時間とニューヨーク時間での反応に
注目したいものです。

午後3時に独消費者物価指数(確報値)、
午後4時15分にスイス実質小売売上高、
夕方5時半に英消費者物価指数(前年比とコア)
夕方6時に独ZEW景況感調査、
同時刻に欧消費者物価指数、
夜の9時半に加製造業出荷、
夜の10時に加政策金利、
同時刻に対米証券投資(米ネット長期TICフロー)、
夜の10時15分に米鉱工業生産と米設備稼働率、
深夜2時に米NAHB住宅市場指数、
などが発表されます。
英、欧、加、米の指標には注目です。
カナダの政策金利は据え置きがコンセンサスとなっています。

G7を前にした株価の動向に市場の関心は移っているようですが、
G7を控えての人民元への要人発言も気になるところです。
今日の深夜12時に米ポールソン財務長官の講演も
予定されていて、要人発言に注意するとともに
市場替りでメリハリのある展開の傾向が見られることから、
午後3時頃のロンドンの動向と
午後8時過ぎのニューヨークの動向、
および株価の動向を見て
機敏なトレードをしていきたいものです。

今日は「辛抱たまらん」のお話です。

もう二十数年も前のことですが、
私が東京に住んでいたころ、
けっこう呑み助だったので、
繰り出す前に赤坂の一ツ木通りの居酒屋で
まずは悪友達と一杯飲んだものでした。

かなり通ったのに、
もう何という名前の店か忘れてしまいましたが、
そこの店の壁に貼った品書きは
とても面白いものでした。

「馬力がついて辛抱たまらん、アン肝」だとか
「胃袋も嬉し泣きのカマとろの刺身」とか
愉快な品書きが貼られていました。

辛抱たまらんと言えば、
トレーダーにとっても、
昨日のロンドン時間となる前などのような
ちんたらした相場はイライラして辛く、
辛抱たまらなくなることがあります。

初心の頃は何でもトレードしたかったので、
そのようなちんたらした時でもトレードして
よくやられていました。

ある程度、相場が解ってくると
そのようなスクイーズの状態に
手出しをするバカはいませんが、

そのスクイーズの状態を
ジッと待って過ごすことができなく、
ちょっと動いたかように見えると
機が熟す前の青リンゴを食べるように
トレードして散々な結果でした。

また、「あるポイントを超えたら買う」
「あるポイントを下回ったら売る」
などということは、とても理解できなくて、
1Pipsでも早く買いたくて、
フライングばかりしていました。

マイダス・トラスト・ファンドの
トップトレーダーのマーク・バウチャーが言うように
「相場変動の70%は、20%の時間で起こる」わけで、

逆に言うと80%はトレードにふさわしくない状態で、
ジッと待って、動きのでる20%の時間を
トレードチャンスとして狙わなくてはならないようです。

イライラする低ボラのスクイーズは、
その後の大きな動きの予兆となりますが、
その低ボラの状態は、とても退屈なものであっても、
辛抱たまらなくても待つべき時間です。
トレードは数多ければ儲かるものではなく、
少ないトレードでも負けトレードを減らすと
口座は自然と増えていくようです。

ジッと機が熟すのを待って、
秋の海の幸と山の幸のように
美味しいトレードをしたいものです。(笑)


FX テクニカルトレードのお話

北海道の秋はとても海産物が美味しいです。^^

先週末12日(金)は、早朝にNZD小売売上高が発表されて、
自動車販売を除く数字が市場予想を上回ったことが好感されて、
限定的ながらもNZDがオセアニア時間での
総体的な反発の流れの中でさらに買われる展開となりましたが、
その後、東京時間に入ると日株価が軟調に推移したことや
アジア株も中国利上げの観測などで軟調に推移したことから、
為替相場は全般的に軟調傾向となっていきました。
ドル円が117円前半、
ポンド円が238円を割り込むあたりまで下げて、
ドルストレート通貨も軟調な展開となりました。

ロンドン時間に入ると、
ポンドは約700億ユーロの英RBS率いる連合グループによる
蘭ABNアムロの大型M&Aに絡むポンド売りで
しばらく軟調が継続しましたが、
クロス円とドル円の下げが一服となって
徐々に上昇に転じました。
その中でもオセアニア通貨は
堅調さが比較的目立つ展開となりました。
その後、5時を過ぎたあたりからポンド円も上昇に転じました。
ユーロドルは軟調傾向が続きましたが、
ドルストレートもオセアニア通貨などが上昇しました。
ポンドも下げ止まり上昇する場面が見られました。

ニューヨーク時間に入ると
早出勢によって、午後8時頃から円売りが仕掛けられて、
ドル円やクロス円が堅調な展開となりました。
注目の米小売売上高は+0.6%と市場予想を上回り、
同時に発表された米生産者物価指数も
コアはいま一つであったものの、総合が前回を上回り、
米株も堅調に推移したことから、
ドル円とクロス円が上昇しました。
ドル円が117円後半、ポンド円も239円前半まで上昇しました。
ドルストレートもポンドドルが2.03台半ば過ぎまで、
オージードルも0.90台半ばあたりまで上昇しました。
一方、ユーロドルはG7を意識してか、
一時上昇したものの軟調傾向で推移しました。
その後、ミシガン大消費者信頼感指数が発表されて、
市場予想とともに前回値を下回ったことで
ドル円が軟調となって、
クロス円も一時頭の重い展開となりましたが、
米株価が下げ渋ったことなどで
終盤に再び徐々に堅調となっていきました。
ドルストレートもユーロドルは重い展開であったものの、
ポンドドルが終盤にかけて上昇して、
カナダとオセアニアも原油高も後押しして
後半にかけて強い動きとなりました。

週初めでゴトウ日の今日15日(月)は、
早朝にNZ消費者物価指数が発表されて
市場予想を下回っただけではなく、
2004年3月以来の低水準にキウィが下落して
ドル円が下窓を空けクロス円も軟調気味となるなど
いつものようにオセアニア時間では、
先週末を調整する動きでのスタートとなりました。
その後、ドル円の窓もいつものようにほどなく埋まりましたが
仲値での伸びは今一つであったようです。

昼の1時半に日鉱工業生産(確報値)
夜の9時半に米ニューヨーク連銀製造業景気指数、
同時刻に加景気先行指数と加新車販売台数、
などが発表されます。
米指標には注目です。

要人発言としましては、深夜12時25分から
米ポールソン米財務長官の講演が予定されています。
また、今日はシティグループの
四半期決算が発表されますので、
米株価の動向にも注目です。

明日16日(火)の朝の8時にエコノミッククラブで
米バーナンキFRB議長の経済見通しに関する講演が
予定されています。

さて、今週末にG7を控え、
調整と思惑が交錯する難しい展開も予想されます。
ドル安と円安のバイアスが続きそうですが、
G7を前にして要人発言に敏感となる時期でもあり、
また今週は米金融機関の四半期決算の発表もありますので、
再び株価の動向にも注意が必要です。
市場替りの午後3時と夜8時からの動向と
指標発表後の動きを見ての
機敏なトレードが要求されそうです。

さて今日は、テクニカルトレードのお話です。

テクニカルトレードは、
言うなれば「(強い)傾向をトレードする」
ということです。

ですので、

トレードの基本は、
確率的に有利な方向に精査した上でポジションを持って、
後は、決めたルールに従って
利食いのエグジットか損切りを行う、
ということになるわけですが、

ここで、「確率的に有利な方向」とは、
たくさんの市場合意で形成された大きな時間軸の方向である
メジャートレンド(主なる相場)の方向です。

では、メジャートレンドとは何なのでしょうか。

メジャートレンド(大きな流れ)は、
トレードしようとするターム(期間)に対して大きな時間軸の
「移動平均線」がどちらの方向であるか、
ということになります。

大きな時間軸の移動平均線が右肩上がりであれば、
そのブルの状態
(右肩上がりの移動平均線の上にレートがある状態)
である限り、レートが上昇している場合はもちろんのこと、
レートが押しで下降してる場合でも、
メジャートレンド(大きな流れ)自体は上昇です。

ちょうどこれは、
季節が春となって大きな方向は気温は上昇していく
ことにはなっても、ときにシベリアからの寒気団がまた来て、
数日肌寒く感じる日があるのに似ています。
しかし、数日寒い日があっても、
大きな方向は気温上昇となるわけです。

次に、大きな流れの中で短期トレードするために、
メジャートレンドでの
(レートの先端方向の)状態を分析いたします。

分析は2つあります。

詳しくはメソッドの中身となるため述べられませんが、

1つは、○○○○の予見的な分析で、
2つ目は、○○のテクニカル分析です。

さらに、実際のトレード判断をするために
執行の短い時間軸を分析していきます。
そして、総合的にトレードの判断をします。

大きな時間軸の方向と小さな時間軸の分析の方向も
同調するとき、「高確率トレード」ができる理想状態となります。

※このとき各時間軸の短中長の
 移動平均線の方向も同調して、
 それら移動平均線が
 上げ相場であれば、上から短中長の順、
 下げ相場であれば、下から短中長の順となっていて、
 静かに扇を開くようになっている
 パーフェクトオーダーと呼ばれる状態では最強です。

しかし、この状態は頻繁に現れることはなく、
この状態だけを狙っていると
トレードチャンスがとても限られてしまいますので、

デイやスキャルなど短期トレードでは、
大きな時間軸での一時的な押しや戻りもトレードする
ことがあります。

たとえば、メジャートレンドが上昇していて、
レートが一時下降してきたような場合(いわゆる「押し」)、

この大きな時間軸の一時的な調整の流れに乗って、
この調整の方向に中間的時間軸と小さな時間軸が
同調するとき、

つまり、メジャートレンドが上昇でも、一時的に
ブルの範囲での調整的な下降となって、
さらに小さな時間軸も下降を示唆しているとき、
ショートポジションのエントリーも可能となります。

ただ、この調整に乗るトレードは、
メジャートレンドとは逆行していますので、
短時間でメジャートレンドの方向に反転する可能性を
常に秘めているトレードとなるために、
「高確率トレード」とはなりませんので、
いくぶん確度が劣ることとなります。
メジャートレンドの方向への反転を意識して、
注意深くトレードする必要があります。

また、各時間軸がバラバラであるとき、
小さな時間軸だけの判断でトレードすることは、
危険度が増すことになることを認識する必要があります。

大きな時間軸のメジャートレンドの方向が
明確でない状態では、高確率トレードとはならないので、
短い時間軸の分析でトレードする場合、
ロングにしてもショートにしても注意深いトレードが
必要となります。

また、頻度は少ないものの、大きなファンダメンタルの変化や
先日のサブプライム問題のような大きな出来事による
小さな時間軸でのとても強い動きが大きな時間軸に波及して、
メジャートレンド自体が変化することもありますので、
このことも認識しておく必要はあります。

そして、テクニカルでのトレードは
「(高い)傾向をトレードする」ということで、
どのような良い状態ではあっても、
ときにニュースや要人発言や突然の金利変更などで
急変する可能性はありますので、
絶対ではないことも認識しておく必要があります。


FX 退屈な男のお話

北海道の山間からは初雪の便りが聞かれるようになりました。

昨日11日(木)は、オセアニア時間から
東京時間の始めにかけては静かな相場でスタートしました。
朝に日指標が発表されて、貿易収支と経常収支は
ほぼ市場予想とおりで先行指標となる機械受注が悪い結果と
なりましたが、市場の反応は限定的でした。
午前10時半に発表された豪指標は失業率が低い水準でしたが、
新規雇用者数が芳しくなく一時オージーが売られましたが、
すぐに上げに転じました。
日政策金利はコンセンサスとおりの据え置きで、
ムーディーズによって、日国債が5番目の水準のA1に
格上げされたことや日株価が堅調に推移したこと、
そして福井日銀総裁の会見もハト派的な内容であったこと
などでクロス円を中心にユーロドルなどが上昇して
堅調な展開となりました。
そのような中ドル円も117円前半まで上昇しました。
一方、ポンドはやや軟調な上下動となりました。

ロンドン市場に入っても東京時間の流れは続き、
夕方発表された欧GDPも市場予想とおりの結果となって、
ユーロ円も167円台まで、
オージー円が106円台まで上昇するなど
クロス円が上昇しました。
ポンド円はもみ合いとなりました。
欧州株価も堅調でドル円も117半ばを超え堅調に推移しました。
トリシェECB総裁の発言がありましたが、
欧州議会を踏襲する内容に市場反応はあまり見られませんでした。
また一方、ユーロドルも1.42台まで上昇しましたが、
午後7時を過ぎたあたりから警戒感によるものか
売られて調整となりました。
ポンドドルも軟調な展開となりました。

ニューヨーク時間に入ると注目の米貿易収支が発表されて、
輸出の伸びを背景に市場予想を下回る
576億ドルの赤字にとどまり、
3ヶ月連続の縮小となりました。
輸入物価指数も持ち直し、
新規失業保険申請件数も市場予想を下回ったことから、
市場はドル買い反応となりました。
ユーロドルが1.41台半ば、
ポンドドルが2.03台前半まで下落して、
ドル円が117円台後半まで上昇しました。
一時ユーロ円も軟化しましたがほどなく戻しました。
その後、ユーロドルは1.42台前半まで反騰しました。
ポンドを除くクロス円も堅調で楽観ムードも漂う中、
ところがその後、ニューヨーク時間の後半から
ダウ平均株価が前日比で約100ドルの大幅下落と
なっていったことで、
為替も深夜1時ころから未明の4時あたりまで下げ続け、
ドル円が117円05あたりまで
ユーロ円が166円ちょうど、ポンド円が237円台後半まで、
そしてオージー円が105円前半までと、
ドル円とクロス円が急落しました。
未明の4時過ぎからは各通貨とも反発の展開となったものの、
上下動激しい波乱の相場となりました。

週末の今日12日(金)は、早朝にNZD小売売上高が発表されて、
自動車販売を除く数字が市場予想を
上回ったことが好感されたようで、
限定的ながらもNZDが反発の流れの中で
さらに買われる展開となりました。
その後、東京時間に入ると
相場は全般的に軟調傾向となっていきました。

午後2時に日消費者態度指数、
夕方6時に欧鉱工業生産、
夜の9時半に米生産者物価指数、米小売売上高、
夜の11時に米ミシガン大消費者信頼感指数(速報値)
などが発表されます。

大きくレートを動かす可能性がありますので、
米指標には大いに注目です。

要人発言としましては、夜10時過ぎから
ダラス連銀の会合でのバーナンキFRB議長ほか
複数の要人の発言が予定されているようです。

米株価が結果的に続落となって、
為替も上下動激しいボラタイルな状況となっています。
あまり上値は追いたくない雰囲気のようです。
株価の動向が注目されますが、
午後3時と夜8時の市場替りでの
早出勢の仕掛けに注意するとともに、
今日は週末なため、夜11時のミシガンの速報値や
深夜1時頃からの動向にも注意して、
機敏にトレードしていきたいものです。

さて今日は、退屈な男のお話です。

マーセル・リンクの
"High Probability Trading""という本の中に
面白いコラムがありました。

トレーディングルームの中の同僚で、
何日もトレードしないトレーダーがいるというのです。

トレーダー仲間の注文や銘柄を叫ぶ声が行きかう中、
その人は、ただ黙ってチャートを見たり
ニュースを読んだり、コーヒーを飲んだりしているだけで、
何日もトレードせずに過ごすことも多い
変なトレーダーがいたそうです。

じつはその彼はオーバートレードで
墓穴を掘ったにがい経験の過去があって、
仲間が盛んにトレードする中で、
トレードしたい気持ちをジッとこらえていたのでした。

彼は自身の望む環境が相場で整い現れるまで、
トレードはやらないという規律を自身に課して、
トレードしたいという誘惑と戦っていたのです。

これは、ご馳走を前にして空腹を我慢するほど
トレーダーにとっては辛いことですが、

果たしてそのトレードの成績はというと、
フロアの仲間の大多数よりも良い成績で、
この彼流の規律が好成績となっていました。

たくさんトレードすれば儲かるわけではなく、
トレードのテクニックそれ以上に
トレードを減らし厳選することによって
良い結果につながっていたというわけですね。

ポーカーというカードゲームでも、
手の悪い時には無理をせずすぐに降りて、
良い手の時だけベットアップするという
ディーラーに嫌われるプレーヤーがいるそうですが、
相場でも良い状態だけ選んで
トレードすると良い成績となるようです。

競馬でも

「そりゃぁ、馬券買わないと当たることもないけどさ。
 間違いなく言えることは、
 どのレースでも手を出すヤツとかはダメだね。
 どんなに研究したって全て勝てるわけじゃなし、
 数多くのレースに手を出しゃ、そりゃーやられるよ。
 馬だけじゃなくて、レースを選べるヤツが勝つんだよ。」

などとのたまうプロ馬券師もいるようで、
 
どうやら勝負の世界は、
「場」を選べる人が勝つことができるようですね。

私達トレーダーもトレードスキルを磨くとともに
ある程度は、ジッとこらえる
「退屈な男」になる必要があるのかもしれません。^^


FX 100年前の投資法のお話

北海道では一雨ごとに秋が深まってきています。

昨日10日(水)は、前日NY後半のドル安と円安の流れを継いで
オセアニア市場がはじまりましたが、
目だった調整もなく、東京時間に入っても
様子見的な展開が続き、クロス円で買いが見られたものの
限定された値動きにとどまりました。

ロンドン市場に入ると早出勢によって、
前日のNY時間でのキング英中銀総裁による
「インフレターゲット内に維持させるためには
向こう1年にかけ経済成長が減速することが必要」
との早期利下げ観測を後退させる発言を蒸し返し材料として
欧州通貨を中心に買いの仕掛けが入り、
ポンドドルやユーロドルが上昇して、
これにつれるように欧州通貨を中心として
クロス円も堅調な動きとなりました。
ポンドドルが2.04台後半まで、
ユーロドルが1.41台半ばあたりまで上昇して、
ポンド円が8月10日以来となる240円台、
ユーロ円も166円前半まで上昇しました。
ドル円もクロス円の上昇とドル安にはさまれながらも
117円半ばあたりまで上昇しました。

ニューヨーク時間に入るとこちらも早出勢によって、
ポンドの売りと円買いが仕掛けられて
ポンド円が239円台前半まで反落して、
ポンドドルやユーロドルも調整となりました。
また、米株が軟調になったことも手伝って、
クロス円が全般的に軟調に転じて、
ドル円も一時117円を割り込むなど調整相場となりました。
その後、オセアニア通貨などで盛り返しを見せるものの
全般的に軟調傾向が続く展開となりました。
その中でもポンドの下落が目立ちました。

今日11日(木)は、朝に日指標が発表されて、
貿易収支と経常収支はほぼ市場予想とおりで
先行指標となる機械受注が悪い結果となりましたが、
市場の反応は限定的にとどまりました。

午前10時半に発表された豪指標は、
失業率が低い水準であるものの、新規雇用者数が芳しくなく、
オージーが売られる展開となりました。

昼過ぎに日政策金利、
午後3時に日銀月例経済報告、
同時刻に独卸売物価指数、
午後3時半から福井日銀総裁定例記者会見、
午後5時に欧ECB月報、
午後6時に欧GDP(確報値)、
夜の9時半に注目の米貿易収支と米新規失業保険申請件数、
同時刻に加国際商品貿易と加新築住宅価格指数、
などが発表されます。

日政策金利は据え置きと思われますが、
福井日銀総裁の会見には
一応注目しておいたほうが良さそうです。
また、欧米の指標にも注目です。

アップダウン忙しい調整相場となっているようですが、
株価が軟調傾向にあることもあり、
短期的にやや下方リスクもありそうですが、
ロンドンやニューヨークでの市場替りの初動が注目されます。
押し目は拾いたい感じですが、
今日も機敏なトレードが要求されそうな相場となりそうです。

さて今日は、100年前の投資法のお話です。

近年はクウォンツに代表される
金融工学の理論をもとに
コンピュータ解析などを駆使した
ハイテク技術の投資法も盛んですが、

ダウ理論のように100年の歳月を経ても威光を放つ
時代を超越して、今なお有効なすばらしい投資法など、

歴史に埋没して忘れ去られていても、
現代でもその基本指針が有効な投資法があります。

売買を完全にコンピュータにゆだねる投資もある中、
いまだコンピュータ分析を重要な参考としながらも、
最終決断は人が行う投資法もなお多く、
「マーケットは人が動かしている」ことが、
100年前と基本的に変わらないためなのかもしれません。

もう100年以上も前、

1878年から1880年にニューヨークの綿花取引所の
所長を務めていたディクソン・G・ワッツの書いた
「スペキュレーション・アズ・ファインアート」
という名の著作の中に、
心理と規律とリスクマネジメントについて
このような記述が見られます。

1. トレードし過ぎないこと。
  資力を超えた利益を得ようとすると災いを招く。

2. トレード量を2倍にしないこと。
  一気にポジションを途転(ドテン)しないこと。

3. 迅速に動くか、まったく動かないこと。
  危険の兆候が見られたら、すぐに逃げること。
  ただし、逃げ遅れたら、そのまま踏みとどまるか
  一部を手仕舞うこと。

4. 疑わしいときは枚数を限定すること。
  安心して眠れるま枚数まで売却すること。

とあります。

まぁ、多少は古めかしく
現代の感覚と少し違うところはありそうですが、
今なおその実戦的で基本的な考え方は
それほど色あせてはいないように思われます。

ノスタルジックながら温故知新も感じますね。^^


参考: パンローリング社 
   アレキサンダーエルダー著「投資苑3」


FX 着眼大局着手小局のお話

北海道では紅葉も見られるようになって、
秋が深まってきています。

昨日9日(火)はオセアニア時間では
クロス円が一時強含む場面もありましたが、
午前7時頃からオセアニア通貨を除く
クロス円とドル円が軟調となりました。
その後、東京時間に入ると利益確定売りなどで
オセアニア通貨も対円で値を下げはじめ、
輸出勢の実需売りも入ったようで
ドル円が117円あたりまで値を落し
全般的に軟調な展開となりました。
ユーロドルの頭も重く
1.40近くまで値を下げました。

ロンドン市場に入ると
早出勢によって一時買戻しの動きとなって、
ドル円が117円半ば近くまで、ユーロ円が164円後半まで、
ポンド円も一時238円後半まで値を戻しました。
その動きが収まると、発表された貿易赤字が
市場予想よりも小幅な赤字程度であったにもかかわらず、
大口の売りが入ったことをきっかけにポンドが下落して、
ポンド円が237円半ばに迫るあたりまで、
ポンドドルも2.026に迫るあたりまで急落しました。
これにつれてユーロ円なども軟調に転じることとなりました。
また、欧州議会証言でトリシェECB総裁によって
「中期的な物価安定リスクは引き続き上向き」
「G7で為替問題を協議する」
「日本の経済状況は市場のリスク評価に織り込まれるべき」
などの発言がありましたが、予想の範囲の発言内容に
為替への影響は限定的であったようです。

ニューヨーク時間にはいると、
休み明けのファンド筋からドル売りが仕掛けられ
ユーロドルが1.41に迫るあたりまで一気に買い進めらました。
また、ダーリング英財務相が英国の成長見通しを
引き下げましたが、これはすでに織り込み済みで
ポンドも上昇して、オセアニア通貨も
対ドルで堅調な展開となりました。
発表されたカナダ住宅着工件数は27.82万件と
市場予想を上回り、カナダも堅調な展開を見せました。
一方、軟調だったドル円やクロス円も
午後11時頃からは堅調な展開となり、
後半はドル安と円安という構図となりました。
注目のFOMC議事録では、やや弱い内容であったものの
ほぼ予想の範囲で、瞬間的なドル買いの動きも見られましたが、
すぐにドル売り反応に転じて、
ニューヨーク後半の動きが継続することとなりました。

ゴトウ日の今日10日(水)は、
朝9時半に豪Westpac消費者信頼感指が発表されて
−0.3%と前回を大きく下回りましたが、
直後の反応は限定的にとどまりました。

午後3時に日工作機械受注(速報値)
夜の11時に米卸売在庫
夜の11時半に英景気動向調査(先行指数)
などが予定されています。
今日の経済指標は比較的小粒です。

要人発言としましては、
複数の欧中銀総裁の講演や米連銀総裁の講演のほか、
夜の10時にグリーンスパン前FRB議長の講演などが
予定されています。

FOMC議事録が発表されて、やや弱い内容に
ドルが軟調で株価が堅調という構図となっていますが、
G7が来週の19日開催と日程が正式に決まったことなどで、
要人発言と調整の動きには気をつけていきたいものです。
また、今日の午後3時頃からのロンドン初動にも注目されます。
流れに乗りながらも、機敏なトレードが必要なようです。

さて今日は、着眼大局着手小局のお話です。

落語に出てくる八っさんは、無類の将棋好きですが、
大家のご隠居は囲碁をたしなみます。

私も将棋好きですが、将棋はどこか下品なイメージがあって、
囲碁はどこか上品な感じがするようです。

その囲碁には「傍目八目(おかめはちもく)」という
ことが言われることがあって、
対局当事者よりも、周りで見ている人のほうが
「手」がよく見えることがあるそうです。

これは対局当事者が、なんとか良い手を見つけようとして
分析的な思考をするのに対して、
周りで見ている人は、対局者ほど手は読んでいなくても、
大局的にざっくりと大筋を概観することが
できるせいかもしれません。

さて昨日、お世話になっている方から一通のメールを
いただきまして、そこに面白いことが書かれていました。

スキーのジャンプ競技が好きで、
よくジャンプ競技を見られるそうなのですが、
何度もジャンプとその採点を見ていて、
自然と自分でも採点するようになって、

なんとしまいには、
飛距離と飛型点など採点のポイントの詳細は知り得なくても、
9割ぐらいの確率で5人の審判員の中心3人と
同じ採点ができるようになって、
外れた残りも、採用されなかった上下2人の審判員の得点と
同じということが多く、結果として100%近く
5人の審判員の採点の範囲内の採点が出来るようになった、
と書かれていました。

個々の採点の要領はわからなくても、
全体観で自然と結果だけがわかるようになってしまった
というわけです。

科学の世界でも、
スティーブン・ウルフラムらが指摘するように
ニュートン以来、

「自然界の物事は、できる限り細かい部分に
 分解して調べれば、理解することができる」

という還元主義的思想が支配していることに対して、
警鐘が鳴らされました。

数多くの構成要素が複雑に相互作用する場合、
全体としての性質や特徴が、
個々の構成要素やその集合と異なることがあって、
また、構成要素の相互作用が全体に影響を与えることもあるので、
個々の構成要素を調べただけでは、
全体を理解することができなく、
全体認識が大切であるというものです。

囲碁や将棋でいいますと、部分的最善手は、
必ずしも大局的な最善となるとは限らない、
というわけで、個も全体も大切で
全体あっての部分というわけですね。

「着眼大局、着手小局」という
将棋名人の言葉もあるようですが、

投資でも局所の分析だけでは、
全体観の認識を失ってしまうことがあります。

局所的なテクニカル分析とともに
メジャートレンドの認識や
大きな時間軸でのレートの確率範囲での位置など、
ざっくりと大雑把な大局感もとても大切なようです。

FX フェボナッチのお話

G7を控えてユーロなどを中心に調整相場となっていますね。
要人発言が注目されます。

昨日8日(月)は、日米加が祝日でお休みの中、
オセアニア通貨などで窓を空けてのスタートとなって、
いつもは早めに埋まることの多い窓空きも
東京時間では埋まりませんでした。
朝に発表された豪AiG建設業指数は
55.2と拡大と減少の分岐点50.0を3ヶ月ぶりに上回ったことで、
東京時間ではオージーが堅調な展開となりました。
ドル円も、もみ合いながら117円に乗せました。

ロンドン時間に入ると、来週のG7を警戒してか
早出勢によって初動からユーロ調整動きとなりました。
ポジション調整でドル買いの動意が起こり、
ユーロドルやポンドドル、
そしてオージーなどが軟調となりました。
注目の英指標は、好悪交錯する内容となりましたが、
インフレ傾向を示す内容と製造業生産高の前年比が
良かったことなどでポンドが買われて、
ポンド円が239円半ばあたりまで上昇して、
軟調傾向のポンドドルも一時2.04に迫るあたりまで
戻す展開となりました。
一方、オージーは軟調傾向となるなど、
クロス円はまちまちな展開となりました。
ドル円は117円半ばに迫るあたりまで上昇しました。

ニューヨーク時間に入ると、
コロンブスデーで閑散な取引の中、ドル買い傾向が続いて、
ユーロドルが1.4035あたりまで、
ポンドドルも一時2.0336あたりまで、
オージーも対ドルで0.8920あたりまで下落しました。
一方、ドル円も117円半ばあたりでやや軟調傾向となって、
クロス円も総じて軟調となりました。
その後、後半は反発の展開となって、また調整となるなど、
オセアニア通貨の戻りは強かったものの、
アップダウンしながらも全般軟調傾向の調整相場となりました。

日米加の連休明けとなる今日9日(火)は、
朝の8時過ぎに英NIESRのGDP予想が発表されましたが、
前回と同じ結果となって反応は限定的にとどまりました。

午前10時半に発表された豪NAB企業信頼感指数は、
前回値よりも悪い結果にオージーが軟調となっています。

午後3時に独貿易収支、
夕方5時半に英商品貿易収支、
夜の7時に独鉱工業生産、
夜の9時15分に加住宅着工件数、
深夜3時に米FOMC議事録、
などが発表されます。英独米の指標には注目です。

要人発言としましては、
夕方5時半にトリシェECB総裁の欧州議会経済金融委員会での
証言が予定されていて、大いに注目です。
深夜1時から複数の米連銀総裁講演も予定されています。

今日の深夜に9月18日に0.50%引き下げたときの
FOMC議事録が公表されますね。
今後の金利政策の動向を占う上でも注目です。

G7を前にして、ユーロなどを中心に
調整傾向の軟調な相場展開となってきているようです。
夕方のトリシェECB総裁の委員会証言も注目ですが、
ニューヨーク時間は連休明けですので、
早出勢の午後8時頃からの初動の動きに
大いに注目してみたいものです。

さて今日は、フェボナッチのお話です。

プラトン時代のエウドゥクソスが考え、
後にイタリアのレオナルド・ダ・ビンチが
名付けた「黄金比」というものがあります。

黄金比は、(1+√5)÷2で求められ、
この計算で求められる1.61803399は、
「1:1.618」という比率になります。

そして、時は移り13世紀に入って、
イタリアの数学者のフィボナッチという人が、
エジプトに行って持ち帰った加算数列、
1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89、…
の中において

(1)連続する2つの数の和はその上位の数となる
(2)どの数字もその下位の数に対して1.618倍の割合となる
(3)どの数字もその上位の数に対して0.618倍の割合となる

という、数列の中に黄金比の法則があることを発見しました。

そして、カタツムリの殻の渦の広がり方などに
黄金比が見られることも発見したのでした。

後にピラミッドも銀河の渦などにも
黄金比が見られることがわかり、
黄金比は「神の比」とまで呼ばれることとなりました。

1950年頃、ロンドンの投資グループによって
この「黄金比」が投資で使えないか
という研究が始まりました。

フィボナッチ・リトレースメントが
投資法として誕生したわけです。

相場の押しや戻りの目標値を推測する手法として、
ラリーウィリアムズをはじめ米欧では信奉者の多い手法です。

よく用いられる数値は、61.8%、50%、38.2%などです。
強いトレンドでは、最小の戻し38%前後、
弱いトレンドの場合は62%前後あたりまで押したり戻したり
することがあります。

計算の基点となる最高値と最低値は、
単純に前回の安値と高値を使うことも、
あるいは期間(たとえば前日の高値と安値)を
使うこともあります。
また、ダウ理論のレジスタンスラインや
サポートラインを最高値と最低値として使うこともあります。

基点となる最高値と最低値をどこにするかによっても
どの時間軸にするかによってもその結果は異なりますが、

日足や週足など各期間や各時間軸での
レジスタンスやサポートなどを
計算の基点とした複数のフェボナッチポイントが
ある程度集中するポイントが存在して、
それはフェボナッチの重合点と呼ばれることがありますが、
注目ポイントとなります。
欧米ではダウポイントやこのフェボナッチポイントの近くに
ストップを置く投資法が多いようです。

基点とする最高値と最低値を入力すると、
フェボナッチポイントを簡単に計算できる便利なサイトもあります。

少し長めの時間軸で有効度が増すようです。
また、特に米欧の市場ではフェボナッチ・リトレースメントを
使って投資行動をする筋がおおいためか、
このポイントでの仕掛けも多く見られます。

私もフェボナッチポイントは参考としますが、
私の投資法では確率境界を使った別の方法で
目標値の設定を行っています。

FXの秘密のお話

週明けの今日は、日米加がお休みですね。
今日のロンドン時間には注目です。

先週末の5日(金)は、オセアニア時間に
限定的な上下動があったものの、
東京時間では、米雇用統計の発表と三連休を控えて
様子見ムードとなりました。
ドル円は116.50前後での膠着状態となり、
他の主要通貨も小動きでした。
日景気一致指数(速報値)は30.0、
日先行指数(速報値)は83.3となりましたが、
限定的な反応にとどまりました。

ロンドン時間に入ると、
思惑売買かドル円や欧州通貨に上下動が見られましたが、
限定的な動きにとどまりました。
一方、オセアニア通貨は午後3時過ぎあたりから
堅調な動きとなりました。
午後8時に発表されたカナダ雇用統計が
市場予想を上回る強い結果となったことで、
カナダが全面高となって
ドルカナダは0.98台後半と31年来の水準に下落しました。
これをきっかけに主要通貨でもドル売り優勢となりましたが、
ユーロドルは1.41をはさんでの行って来いとなって、
ドル円も116.後半での小動きが続きました。

ニューヨーク時間に入ると注目の米雇用統計が発表されて、
非農業部門雇用者数変化は+11.0万人と市場予想を上回り、
失業率は4.7%と市場予想とおりでしたが、
雇用者数変化のほうで前回の−0.4万人が
+8.9万人と大幅に上方修正されたことを受けて、
一時ドルが買われて、
ドル円でも117.27まで上昇することとなりました。
また一方、指標発表後に1.4030あたりまで下げていた
ユーロドルにドイツ系やフランス系から
7.5億ユーロに迫る買いが入るなど、
中東筋や欧州系からの大口の実需買いで反騰したことで、
ドル円は一時116円半ば近くまで押されることとなりました。
また、米雇用統計の好結果で
NY株式市場が大幅に上昇したことで、
リスク回避の後退でのクロス円の上昇も顕著でした。
オージー円が一時105円台に乗せ、
ポンド円も239円に迫る上昇となりました。
また、ユーロやポンドドルはV字の激しい動きとなりました。
今回の米雇用統計では
発表後にも大きな動きとなる展開となりました。

週はじめの今日8日(月)は、
オセアニア通貨などで窓を空けてのスタートとなって、
いつもは埋まることの多い窓空きも
今のところ閉め切らず上昇の展開となっています。
朝に発表された豪AiG建設業指数は
55.2と2006年1月以来の高水準となって
オージーも堅調な展開となっています。
今日は日米加がお休みですが、やや閑散な取引の中、
値動きは活発となっているようです。

午後2時45分にスイス失業率、
夕方5時半に英生産者物価指数(コア)、英鉱工業生産、
英製造業生産高など複数の英指標、
夜の7時に独製造業受注、などが発表されます。
英指標には大いに注目です。

9日未明の午前4時10分頃から
英キングBOE総裁の講演も予定されています。

今日はコロンブスデーということで米市場はお休みで、
日市場も体育の日でお休みですが、
為替は活発な動きが見られています。
午後3時頃からのロンドン初動の動きと、
夕方5時半からの英指標での動きに注目しながら、
機敏ながらも流れに乗ってトレードしたいものです。

さて今日は、FXの秘密のお話です。

映画ハリーポッターの炎のゴブレットの中で、
ダンブルドアが

「いいか、ハリー。これは秘密じゃ…。
 秘密ということはみんなが知っとるということじゃ。」

と、言うシーンがあって思わず笑ってしまいましたが、
投資苑で有名なアレキサンダー・エルダー博士が
その新刊「投資苑3」の中で、面白いことを書いていました。

「投資には秘密があります。
 秘密がないということが秘密なのです。」(笑)

為替には、それを背後であやつる
影で動く超巨大資本の秘密組織もなければ、
絶対に勝つ秘密の投資法の聖杯も
存在しないというわけですね。

まぁ、多少の裏技はありますが、
それは裏技の域にとどまるもので、
決してホーリー・グレイルではありません。

もしも、そのような完璧な投資法があれば、
もうとっくに完全に世界の市場を支配しているわけで、
そのようなものはないのですね。

いやいや、それは違う。
「目立たぬように調整しながら行動しているだけで、
 投資の聖杯は実在しているのだ…。」

はて? 聖杯を求めさまようドリフターは
いろいろと夢想しますが、
さて、いったいどうなのでしょう。

かなり優秀なトレードソフトも実在するようですが、
中には魅惑のキャッチコピーで販売されていても
見事なまでに特定通貨や特定期間に依存して
カーブフィッティングされた(苦笑)
すばらしいバックテストの成績に仕立てられたソフトもあって、
億万長者を夢見てそれを購入して、
悲嘆にくれているトレーダーもいるようで、
夢や希望と現実にはかなり大きなダイバージェンス
(乖離)があるようですね。

もちろん、私のメソッドも
確率的に優位な方向を分析してトレードするだけで、
秘密の聖杯などではありません。

投資法にはパッシブ運用など
経済理論にかなったものがありますが、

アクティブな短期トレードでは、
相場は数理的に完全に解明することはできなく、
心理的な部分やヒューマンな部分も
重要な部分として入り込む余地があって、

シンプルでもあり、複雑でもあり、
数理的でもあり、心理的でもあり、ヒューマンでもあり、
それらがときに背反となることも、
それらがまた止揚され共存することもある
投資という不可解な神のパズルは
完全には永遠に解けそうもありません…。

勝ちやすい方向がわずかに
確率のカオスの中に見出せるのみのようです。

FX 第3のポジションのお話

今日は米雇用統計の発表ですね。

昨日4日(木)は、NY時間後半からオセアニア時間にかけて
クロス円を中心に前日のNY前半での動きを調整する
軟調な展開となりました。
東京時間に入ると午前11時頃までは
もみ合いながらも各通貨ともやや堅調な動きとなりました。
豪住宅建設許可件数が発表されて、
月集計と前年比が強弱交錯して
限定的ながらもオージー円が上昇しました。
昼前からテレグラフの「「BOEが利下げ?」との
憶測記事の影響や株価の軟調もあってか、
ポンドが先導する格好でクロス円や
ドルストレートが軟化しました。
ポンド円が236円半ばを割って、
ユーロドルが1.4080あたりまで下落しました。
一方、ドル円はもみ合いとなりました。

ロンドン市場に入ると、
米CITIによる買収の動きによる
英住宅大手ノーザンロック株が大幅高となったことで、
早出勢によってドル円やクロス円の買いが仕掛けられました。
ドル円が116円前半あたりまで、ユーロ円が164円後半まで、
ポンド円が237円半ばに迫るあたりまで上昇しました。
この動きにつられるように
ユーロドルも1.4120あたりまで上昇しました。
その後、ポンドドルが2.03あたりまで急落するなど、
イベント前の調整となった後、
発表された英欧の政策金利は、
市場コンセンサスとおりの据え置きとなって、
直後はユーロは限定的な動きとなりましたが、
ポンドは発表前に利下げ観測があったこともあって
発表後は上昇に転じました。

ニューヨーク市場に入ると、
トリシェECB総裁の記者会見が行われて、
成長リスクは下向きとしながらも、
物価見通しに上振れリスクがあるとして、
インフレ率が引き続き2%を大幅に上回る見通しを示し、
利上げスタンスが変わらないことを示唆しましたが、
「金融政策は緩和的」とのキーワードがなかったことから、
利上げサイクルは終焉との見方が出て、
ユーロ円が一時163円後半まで、
ユーロドルが一時1.4066まで一気に下げる
荒っぽい展開となりました。
一方、ドル円は堅調に推移しました。
午後11時過ぎになって
中東などから大口のユーロ買いがはいったことで
ユーロドルは1.4140あたりまで、
ユーロ円は164円後半まで上昇しました。
一方、ポンドドルは利下げの噂があった反動もあってか、
2.0420あたりまで上昇して、
ポンド円ももみ合いながらも上昇しました。
また、ドル円は一時116円後半まで堅調な上昇しましたが、
発表された米製造業受注指数が-3.3%と
市場予想を下回ることとなって、
いったん116円前半まで値を落とした後、
もみ合いとなっていきました。

週末でゴトウ日の今日5日(金)は、
午後2時に日景気先行指数(速報値)、
夜8時に加失業率、
夜の9時半に米雇用統計非農業部門雇用者数と
米失業率、
深夜4時に米消費者信用残高、などが発表されます。

要人発言としましては、夜10時過ぎに
FRB副議長による経済見通しに関する講演が予定されています。

さて、今日はいよいよメインイベントの米雇用統計の発表です。

前月9月の関連指標の雇用指数では、
NY連銀製造業景気指数(対前回で↑)、
リッチモンド連銀製造業指数(↓)、
シカゴ購買部協会指数(↓)、
ISM製造業景況指数(↑)、
ISM非製造業景況指数(↑)、
ADP雇用統計(↑)、
とまちまちでした。

前回の米雇用統計ではサプライズのマイナスとなりましたが、
前回値は政府雇用関連が遅れたことも
影響したとの観測もあって、
今回はやや良い数字を予測する筋が多いようです。
恒例となっている前回、前々回の修正も注目ですが、
仮に結果が多少悪くても
悪材料のいったん出尽くしとなるだろう、
という声も聞かれますが、
さて、いかがなりますか大いに注目です。
乱高下となる可能性もありそうです。

今日は米雇用統計中心の相場となりそうですが、
イベント前の市場初動での調整の動きとともに、
週明けの月曜日が日米加が祝日で休場となり、
今日が連休前となることから発表後の
いったん落ち着いた後の後半の動きにも注目したいものです。

さて今日は、第3のポジションのお話です。

長い間、たくさんのトレードをしてきた
経験の知恵だと思われますが、

米雇用統計などの巨大指標の前などには、
投機ポジションをいったん手仕舞って、
ポジションをスクエアにする投機家はけっこう多いようです。

それほど米雇用統計は
レートを大きく動かすことが多いのですが、
雇用統計のことを「偉大なる占い師」と呼ぶトレーダーもいて、
注目度が最も高い経済指標の1つですね。

米雇用統計では、失業率と非農業就業者数を中心として、
製造業就業者数や小売業就業者数や週労働時間、
そして平均時給など10数項目が発表されます。

「風が吹けば桶屋が儲かる」ではありませんが、
就業者数が増えれば労働環境が良いこととなって、
景気も底堅いと判断されます。
また、労働需要が強ければ平均賃金も上昇する傾向があって、
賃金が増えれば、個人消費も活発となります。
個人消費が活発となれば、インフレ傾向となって、
やがては金利も上昇するという構図で、
実際の経済状態を計る物差しとなるわけです。

このように市場注目度が高く、
レートを大きく動かすことから、
局所的にリスクがとても高くなるために、
巨大指標の発表前にスクエアにするトレーダーが
多いわけですね。

ポジションには、
ロングポジション、ショートポジションだけではなく、
ポジションを持たないスクエアも
トレーダーにおける「第3のポジションだ」という人もいて、
上げ下げにまったく影響されない
安全なポジション(?)を作っておいて、
この無敵のポジション(笑)にしている間にじっくりと策を練り、
動向を瞬間でもしっかり見た後に
「あと出しジャンケン」をしようというわけですが、
経験はいろいろな知恵を生むようです。

長期投資や長いタームのポジショントレードは別として、
短期のトレードでのべつ幕なしポジションを持っている人は
「必ずいつかは負け越してしまう」などと
外国の某有名トレーダーも述べていますので、
トレードを休むスクエアという名の
第3のポジションを自在に使うことも
トレードの大切な戦術なのかもしれませんね。

FX トレードコストのお話

昨夜、グリーンスパン前FRB議長から、
「サブプライム問題は落ち着きはじめてきている、
 二次的影響なければ最悪期は終了となるだろう。」
とのコメントが出されましたね。

昨日3日(水)は、いつものようにオセアニア時間から
調整的なもみ合いとなっていましたが、
朝に豪RBAの政策金利が発表されて、
市場予想とおりの据え置きとなって、
続いて発表された午前10時半の豪経済指標が、
小売売上高が+0.7%と良い数字であったとともに、
貿易収支は前回を下回ったものの輸出もやや良い数字で、
オージーが買われる市場反応となりました。
AUD/USDでオージーが買われドルが売られたことで
ドルはやや軟調となりましたが、
AUD/JPYに引っ張られる格好で
日株も堅調に推移したことから、
午前中はクロス円が堅調な展開を見せました。
これらが一服後は各通貨ともにもみ合い相場となりました。

ロンドン時間に入ると、
早出勢によって円売りが仕掛けられて、
ロシア勢とからも大口のクロス円買いが入った模様で
序盤からクロス円が上昇しました。
ユーロ円が164円台後半あたりまで、
ポンド円が一時237円台に乗せました。
その後、MPCでの利下げ説の噂が流れたようで、
ポンドが下落して、クロス円も一時つれ安となって
また戻す荒っぽい展開となりました。
日亜の株が堅調であったこともあって、
リスク投資に対する安心感が醸成されたか、
キャリーの復活の兆しにドル円も堅調な展開となりました。

ニューヨーク時間に入ると、
序盤はロンドの流れを継いで
クロス円とドル円が総じて堅調に推移して、
ユーロ円が165円台前半あたりまで、
ポンド円が237円台後半まで上昇しました。
ADP雇用統計は市場予想とおりでしたが、
その後、午後11時に注目のISM非製造業が発表されて、
総合的にやや良い数字の中、
雇用部門の数字が強弱目安の50を越えたことで、
強いドル買い反応となって、ユーロドルが1.41台を割り込み、
ポンドドルが2.03台前半まで、
豪ドル米ドルも0.88前半あたりまで下落しました。
これら欧州とオセアニア通貨の下落に
クロス円も午後11時頃から一斉に下落することとなりました。
ドル円はドル高とクロス円安にはさまれる格好で
116円後半でのもみ合いとなりました。

今日4日(木)は、午前10時半に豪住宅建設許可件数が
発表されましたが、月集計と前年比が強弱交錯して、
限定的な反応にとどまりました。

夕方6時半にスイスSACOB景況感指、
夜の8時に英BOE政策金利、
夜の8時45分に欧ECB 政策金利、
夜の9時半からトリシェECB総裁定例記者会見、
同時刻の夜の9時半に米新規失業保険申請件数と
加住宅建設許可、
夜の11時に米製造業受注指数と加Ivey 購買部協会指数、
などが発表されます。

さて今日は、注目の英欧の政策金利の発表ですが、
据え置きが市場コンセンサスとなっているものの、
一部では英BOEの利下げを思惑する筋もあるようで、
相場が揺れる可能性もありそうです。
ユーロ高を牽制する要人発言も相次いでいた中、
今日のトリシェECB総裁の記者会見には注目です。

また、米ISM製造業およびISM非製造業での雇用部門が
好転してきていることや米新規失業保険申請件数にも
好転の兆しが見られるようで、
昨日の夜にグリーンスパン前FRB議長から、
「サブプライム問題は落ち着きはじめてきている、
 二次的影響なければ最悪期は終了となるだろう。」
とのコメントが出されるなど、過度の楽観はできないものの
ドル復調の兆しも徐々に鮮明となってきている感じもします。
イベント前の調整にも注意しなくてはなりませんが、
明日はいよいよ米雇用統計で、
今日明日のイベントが大いに注目されます。

さて今日は、トレードコストのお話です。

どのようなビジネスでもコストは、
収益において大切な要素となりますが、
トレードでもコストの認識は大切です。

単純計算ですが、もし仮に
1日に5万通貨単位のトレードを3回するとして、
市場がオープンしている年に約240日、
毎日トレードしたとすると、

仮に売買手数料は無料でも
売り買いの価格差のスプレッドを
コストとして、もしそれが平均5Pipsであるならば、
年間のトレードコストは
180万円くらいにもなってしまいます。

たかがコスト、されどコストで、
1,000万円の口座でも収益を上げられなければ、
トレードコストだけで口座資金は
5年でほとんどなくなくなってしまうわけで、

これは決してバカにできない大きなコストです。

毎日のようにトレードしていれば、
たとえ取引通貨単位が小さくても
意識しているしていないにかかわらず
年に何十万かはコストを支払っているものなのですね。

どおりで、無料セミナーに行っても
とても良い待遇で本などくれるわけです。(笑)

1年間トレードして口座資金がトントンということは、
良く聞く話ですが、
実はけっこう勝っていることなのですが、
トレードコストに食われてしまっているわけで、

口座をプラスにするには、
トレードで勝って収益を上げるとともに
このトレードコストを下げなくてはなりません。

そのためには、売り買いの価格差の
小さな業者を選ぶのはもちろんのこと、
トレード頻度をなるべく少なくする必要も
あるようです。

ですので、
機に応じてスキャルピングをするとしても、
チャンスを厳しく取捨して、
トレードを厳選しなくては、
コスト倒れに陥ることがあります。

ポジポジ病ではけっこう勝っているようでも、
トレードコストがあるために
なかなか口座資金は増加しないのですね。

また、相場によりけりのところもありますが、
なるべく長いタームでのトレードも
心がける必要もありそうです。

業者やIBが増えて、
手数料が無料のところも多く、
売り買いの差のスプレッドも
小さくなる傾向がありますが、

海外にはスプレッドが通貨ペアによっては
1Pipsを下回るところもあるようで、
国内でもどこか
スキャルパーやデイトレーダー専用の
ある程度数多い取引をすることや
ある程度多い取引通貨単位でのトレードなどを前提とした
スプレッドのまだまだ安い業者が出てくると良いですね。

毎日何回も取引するトレーダーから
そんなに毎回コストをむしり取らなくても(笑)
日あたりある程度トレードコストをスプレッドで支払ったら、
後はノーチャージでコストフリーのトレードが
規定の範囲でできるようなところがあっても
良いように思います。

「おいおい、なに言い出すんだ。」

たわごとと笑われそうですが、
ポイント還元方式などで、
なんらかスキャルパー用のシステムを
作れないものでしょうか。。。

戯言を書いてすみません。m(_ _)m


FX 感情とトレードのお話

今日の北海道は気持ちの良い秋晴れです。

英FTの「ECBに対する介入期待」の記事や
「ECBが緊急ミーティングを実施するのでは?」との噂、
そして、G7を前に「EUは為替についてより強い表現を要求、
ドル安への懸念を表明する可能性」との噂、
しかし英政府筋が「そのような話し合いはなく、
為替政策はEUが強調する問題ではない」と否定するなど、
今月の19日と20日にワシントンで開かれるG7に向けて
噂と思惑が交錯しているようです。

昨日2日(火)は、朝8時半に豪AiG 製造業指数が発表されて、
50.7と年初来最低を記録したことで、
東京時間に全般的な調整の中でも
オージーが軟調の度を強めました。
これにつれるようにNZDも軟化しました。
また、G7を前にした噂や思惑が交錯して、
ここのところユーログループ議長などから
ユーロ高への懸念表明などもあったことで、
ユーロが調整の下落となって、
クロス円やドル円そしてドルストレート通貨まで
全面的な調整の動意となりました。
ユーロには債券償還の話まで出て
ユーロ円が164円割れに、
ポンド円が235円台まで売り込まれました。
オージーも0.88台をもう少しで割るあたりまで下落しました。

ロンドン時間に入ると、
G7で「欧関係者がドル安懸念についての討議を要求か」
との憶測報道などもあり、
ユーロ売りドル買いが強まることとなって、
ユーロドルがもみ合いながらも1.41台前半まで下落して、
ドル円が115円後半まで買い戻されることとなりました。
一方、発表されたスイスの消費者物価指数が
市場予想よりも弱くスイスが軟調となって
対ドルで値を下げました。
また、グリーンスパン前FRB議長から
「信用危機は終息に向かうだろう。
 重大な懸念が緩和しつつある兆候あり」
との発言も手伝ってか、
ドル買戻しの動きでドル円が上昇したのにつれて、
ユーロ円は上値が重い展開となったものの、
クロス円がしだいに戻す動きとなりました。
ポンド円は236円半ばあたりまで上昇しました。

ニューヨーク時間に入ると、
ユーロドルの下げは一服となって上下動しながらも
1.41台半ばでの保ち合いとなりました。
注目の米中古住宅販売保留は−6.5%と市場予想を下回り、
2ヶ月連続でマイナスという結果に
ドル買戻しの動きを止めることとなって、
ドル円が116円をトライしたものの上抜けはできず、
115円台後半で推移しました。
ポンドドルは2.04をはさんだレンジとなって、
ポンド円は236円台半ば過ぎまで上昇した後、
終盤には236円割れとなりました。
NY後半はドル円とクロス円がやや軟調なもみ合いとなりました。

今日3日(水)は朝に豪RBAの政策金利が発表されて、
市場予想とおりの据え置きとなりました。
続いて午前10時半に豪経済指標が発表されましたが、
小売売上高が良い数字であるとともに、
貿易収支は前回を下回ったものの輸出もやや良い数字で、
オージーが買われる市場反応となりました。

この後、主な指標では
夕方6時に欧小売売上高、
夜9時15分に米ADP雇用統計、
夜の11時に米ISM非製造業景気指数、
などが発表されます。これらの指標には注目です。

さて、G7を前にしてユーロ関連の噂や憶測が飛び交い、
明日4日に英欧の政策金利の発表と
トリシェECB総裁の記者会見が控えていると
あって難しい局面で様子見も選択肢とはなりそうですが、
株価の動向とニュースと調整の動きに注意しながら、
市場替りの動きを見て機敏にトレードしていきたいものです。

さて今日は、感情とトレードのお話です。

エドウィン・ルフェーブルの
「欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア」
という本の中には、
1929年の大恐慌でジェシー・リバモアが
1億ドル稼いだ武勇伝が綴られています。

当時の1億ドルは現在では10億ドルに近い価値が
あるとも言われ、円換算では1150億円近いのですから、
個人投資家の稼いだ金額としては驚くばかりですね。

ところがその後のリバモアは、
リチャード・スミッテンの著書
「世紀の相場師ジェシー・リバモア」によると
1億ドル稼いだたった5年後の1934年に
なんと破産申請を出して、
そしてなんということでしょう。
1940年11月28日にとあるホテルのバスルームで
頭を打ち抜いて拳銃自殺をしています。

夢にまで見る巨万の富を得た彼がなぜ?

悲劇は、一攫千金を得た相場を舞台に起こりました。

英雄となってしまったリバモアは、
高揚感と異常なまでの自信に支配されて
普通では考えられない巨大なポジションでの
無謀な投機を繰り返したのでした。

破産する前に3度大金をまた手にしますが、
それさえも相場につぎ込んで、
なんと5年もせずに彼は破綻しました。

「この俺が負けるはずがない…。」

恐ろしいことに
狂ったポジションサイズと
自信過剰の高揚感による錯覚は、
英雄でさえ葬り去ります。

市場はあまりに巨大で、
巨富でさえいとも簡単に飲み込みます。

身の丈にあったポジションと
己自身の器を知ることは相場で生き残るために
どうしても必要なことのようです。

勝った後のトレードが不思議なことに
一番負けやすい心理状態となるようで、
高揚感という名の悪魔が心に入り込んできます。

「トレードでは負けることもある」

この当たり前で大切なことを忘れてしまうと、
市場からの退場時間がすぐに迫ってきてしまいます。

浅く負けることはとても大切なトレードの技術です。

ときに感情はトレード技術以上に
口座への影響となって現れることがあります。

相場に対する畏怖の念と
謙虚さは相場で生き残るための
とても良い長寿の薬となるようですね。



FX トレードタームのお話

NYダウが1.4万ドル台を回復して最高値を更新しましたね。
ドルも買い戻しの動きとなりました。

月初めの昨日1日(月)の東京時間は、
朝に四半期に一度の日銀短観が発表されましたが、
大企業製造業業況は良い数字であったものの
中小企業関連が悪化を示し、強弱交錯する内容に
市場反応は限定的な結果にとどまりました。
オセアニア通貨が対ドルおよび対円で堅調な推移となって、
ドル円が115円から114円後半でもみ合いとなりました。
欧州通貨もユーロドルが1.42台半ばで、
ポンドドルが2.04台半ばでのもみ合いとなりました。
また、スイス大手のUBS銀行の損失報道で
スイスが軟調となりました。

ロンドン時間に入ると、トリシェECB総裁など複数の要人の
ユーロ高牽制と取られる発言が相次ぎ、
ユーロドルなど欧州通貨が対ドルで軟調になりました。
ユーロドルが1.42台前半まで、
ポンドドルもノーザンロック株が急落したことも
手伝って2.03台後半まで下落しました。
一方、ドル円やクロス円は堅調に推移して、
ドル円が115円後半まで、
ユーロ円も164円台後半まで上昇しました。
オセアニア通貨は対ドルでは値を崩す場面もありましたが、
対円では堅調に推移しました。
ドル買戻しが目立つ相場展開となりました。

ニューヨーク時間に入ると、
米シティグループがサブプライムによる損失を
計上する見通しとの報道もあって、
午後8時頃に早出勢によって
大き目の調整となる仕掛けがあり、
クロス円を中心に一時大きく値を下げる展開となりました。
ドル円も一時115円前半まで下落しました。
その後、米株が堅調に推移したことを背景に
一時的な信用収縮懸念も後退して、
ドル円やクロス円が再び堅調さを取り戻していきました。
注目の米ISM製造業景況指数は、前回よりは悪かったものの
市場予想とほぼ同じ結果となって、
反応は限定的にとどまりました。
その後、NYダウが史上最高値を更新したこともあって、
ドル円やクロス円はもみ合いながらも堅調な推移となりました。
一方、ユーロドルやポンドドルは
綱引きでの保ち合いが続く展開となりました。

今日2日(火)は、朝8時半に豪AiG 製造業指数が発表されて、
50.7と年初来最低を記録したことで、
全般的な調整の中でもオージーが軟調の度を強めています。

午後2時45分にスイス消費者物価指数、
夕方6時に欧生産者物価指数と欧失業率、
夜の11時に米中古住宅販売保留、
などが発表されます。欧米の指標には注目です。

G7が近づいているためか、
市場は要人発言やニースには敏感となってきていて、
調整を指向するセンチメントも覗えるようです。
今日の東京時間は昨日のNYでの株高を好感して
日株は堅調なものの、
FT紙による「ECBに対する介入期待が高まっている」
という記事も影響があってか、
為替のほうは多くの通貨ペアが調整の動きではじまっています。
今後の午後3時頃のロンドン初動からの動きと
夜8時頃のニューヨーク初動からの動きに
注目してみたいものです。

さて今日は、トレードタームのお話です。

トレードのターム(期間)には、
長期間ポジションを保有して大きなトレンドをトレードする
ポジショントレードなどと呼ばれるものから、
数日間から長い時は数週間ポジションを保有する
スイングトレードや、
オーバーナイトでポジションは保有しないデイトレード、
短時間でトレードを完結させるスキャルピングまで、
いろいろありますね。

どのトレードタームが良いかは一概には言えませんが、
売買手数料は無料のところが多くなってきているものの
短期トレードほど、スプレッド分など
トレードコストは高くつくようです。

このトレードコストは決してバカにできないもので、
年間で見てみると驚くくらいの額になっているものです。
短期トレードは技術的なこともさることながら、
コスト負担が大きいという意味で
ある程度ハンディを負ったトレードとなることがあって、
40Pipsの利益を上げてもスプレッドが8Pipsあれば、
20%もテラ銭を払っていることになります。
%は違ってもこれが毎回のことですから、
このような高額のコストは収益全体にも影響を与えます。

「あははっ。何言ってんだい。
 スプレッドなんて考えていたら
 トレードなんてできやしないよ。」

とも思うものですが、
スキャルピングやデイトレードでは、
トレードする際の業者選びはとても重要となります。

しかしながら、短いタームのトレードは
一時の押しや戻りもトレードできるので、
トレードチャンスも多く、
トレードする時間があまり取れないトレーダーにも
トレードチャンスが得られるため
とても人気があるようです。

私が敬愛していた今は亡き老相場師は、
よくこんなことを言っていました。

「ある程度の売買期間は決めるとしても、
 日計りだの小掬いだの中期だのと
 あんまりこだわる必要はない。
 相場がちゃぶついているレンジのときや、
 ボラが大きく少し荒れ気味の時などは
 小掬いでもやれば良いし、
 利が伸びる時は長く持てば良いだけだ。
 利が伸びているのに市場から出る必要などはなく、
 手一杯利を伸ばせばよいのであって、
 売買期間はその時の相場自体が決めることなんだよ。」

負けトレードとなったスキャルのポジションを
スイングに変更することは、
メジャートレンドの方向へ
ポジションを持っている場合以外は
すべきではありませんが、

確かに利が乗っているときは、なにも早めに利確して、
市場から出てしまう必要はなさそうです。

スキャルピングとかデイトレードやスイングなど
それらのトレードの枠にあまり固執しないで
ある程度の範囲のトレードのタームを
その時の相場に応じて
自在に使い分けられると
確かによいのかもしれませんね。

FX トレードの基本のお話

今日から10月のスタートですね。

月末で週末であった28日(金)の東京時間は、
中間期末に伴う円買い需要とあわせて
英FT紙から「英銀ノーザン・ロックが英中銀から
50億ポンドをさらに借り入れた」と報道されたことから、
円買いとドル売りとポンド売りの展開となりました。
ドル円が午前10時半頃までに115円を割り込み、
ポンド円が233円を割り込むなどの激しい動きとなりました。
他のクロス円も軟調となりました。
一方、ドルストレートは堅調な展開となりました。

ロンドン時間に入ると、いつものように早出勢によって
いったん東京時間を調整する動きとなりました。
ユーロ円が163円後半まで、ドル円も115円半ばまで、
ポンド円が234円前半まで反発する展開となりました。
夕方発表された欧指標は鉱工業信頼感や経済信頼感などが
市場予想を下回る結果となって値を崩すも、
消費者信頼感が市場予想を上回っていたことなどもあってか、
ドルを除いては底堅く推移しました。
ドル円は115円半ばをピークに
徐々に下落する展開となりました。
また、ドルインデックスが連日低下していることを背景に、
ドルストレートが利食いをこなしながらも
アクセレレーションとなる堅調な展開となりました。

ニューヨーク時間に入ると、
注目の米PCEコア・デフレータは1.8%と、
インフレ抑制を示す結果となってドルがじり安となりました。
ドル円が下げ、クロス円はもみ合いながらもしだいに上昇して、
ドルストレートは堅調が続く展開となりました。
その後発表された米建設支出と米ミシガンは
強弱交錯する結果となって、
相場の地合いは継続することとなりました。
ドル円が114円後半まで下落しましたが、
ポンド円が235円あたりまで、
ユーロ円も163円後半まで上昇しました。
一方、ユーロドルやポンドドルなどドルストレートは
もみ合う場面もあったものの堅調に推移しました。
その後、終盤はドル円が保ち合いとなって、
ユーロドルもユンケル議長のユーロ高牽制発言もあって、
1.43前のバリアの抵抗にあうこととなりました。

月初めの今日10月1日は、
朝に四半期に一度の日銀短観が発表されて、
大企業製造業業況判断が23、
大企業全産業設備投資も8.7%と市場予想を上回ったものの、
中小企業関連が悪化を示し、強弱交錯する内容に
市場反応は限定的な結果にとどまりました。

午後4時半スイスSVME購買部協会景気指数、
午後4時55分に独)造業PMI、
夕方5時に欧製造業PMI、
夕方5時半に英製造業PMI、
英マネーサプライほか複数の英指標、
夜の11時に米ISM製造業景況指数、
などが発表されます。米指標には注目です。

さて、今週も日銀短観から米ISM、週後半には
英欧の政策金利発表にトリシェECB総裁の記者会見、
そして週末には米雇用統計と注目材料が多くあります。

ドルインデックスは連日低下していて、
ドル安傾向トレンドとなっています。
また、ドル円は依然軟調傾向で、
ポンド円もノーザン・ロック問題でもたついていますが、
総じてクロス円は週足ベースでフェボナッチのポイントに
差し掛かって微妙なところはあるものの、
要所では調整も入り過度の楽観はできませんが、
日足ベースではアクセレレーションも見られ、
上昇トレンドに入った可能性が高いことをうかがわせています。

週後半からは、英欧の政策金利の発表や雇用統計があり、
いったんの調整の可能性がありますが、
いつもながら株価の動向とともに、
市場替りの初動と経済指標発表後の動きに注目しながも、
流れに乗ってトレードしていきたいものです。

さて今日は、トレードの基本のお話です。

相場の世界には裏技も含めていろいろな投資法がありますが、
やはりトレードの基本は、ただ、たんたんと
確率的に有利な方向に精査した上でポジションを持って、
後は、決めたルールに従って
利食いのエグジットか損切りを行う、
ということに尽きると思われます。

ここで、「確率的に有利な方向」とは、
たくさんの市場合意で形成された大きな時間軸の方向である
メジャートレンド(主なる相場)の方向です。

つまり、原則、メジャートレンドの方向へ
エントリーしてトレードすることが基本となります。

もちろん、相場には調整があって、
デイやスキャルでは、メジャートレンドと逆行する
短期的な押しや戻り自体の小さな流れを
トレードする逆張りもあり得るるわけですが、
基本はメジャートレンドの方向へのトレードとなります。

ですので、どの通貨ペアをトレードしたらよいかは、
好きな通貨ペアではなく、メジャートレンドの明確なものを
選ぶのが基本となります。

本来は、メジャートレンドが
保ち合いなどで不明瞭な通貨ペアは
トレードすべきではないのかもしれません。

また、これらメジャートレンドの方向へ
ポジションを持つ際に、
さらに、より有利にポジションを持つために、
いろいろな相場の局所的な分析手法がありますが、

やはり、基本的には(くどいようですが)
メジャートレンドの方向へトレードすることが、
確率的に有利な方向へのトレードとなるようです。

これが「大きな相場の流れの中の
小さな相場の流れに乗ってトレードする」
ということになります。

応用は応用として、
やはり基本となるトレードの概念だけは
しっかりと認識しておく必要があります。

少し極端ですが、小さな時間軸でのいろいろな相場計測は
あくまでもポジションを持つタイミングを取るための
手段に過ぎない、ともいえるかもしれません。

メジャートレンドに沿うトレードでは、
いったんレートが逆に動いても、
保有時間とともに戻してくることが多くなります。
安全度が増すとともに、
高い勝率やより多くの収益も期待できる
トレードとなることが多いものです。

ただ、いつかは小さな時間軸の強い動きの集積で
大きな時間軸のメジャートレンドも変化していきますので、
緩慢に見えるメジャートレンドの変化も
常に監視していなくてはなりませんね。


-PR-

小手先ではない本物のトレーディングメソッドなら
FXビクトリーメソッド

FX トレードするということ

月末要因もあってか、短期筋による仕掛けで
荒っぽい展開となる通貨ペアも見られます。

昨日27日(木)は、いつものように早朝のオセアニア時間で
小幅ながら前日のNYの動きを調整する動きとなって
東京時間に続きました。
朝にNZ住宅建設許可が発表されて
前回を上回る結果となりましたが、
市場反応はあまり見られませんでした。
日株は堅調に推移して
日経平均が一時400円を超える上昇となって、
ドル円はもみ合いが続いたものの、
多くの通貨ペアが昼前の11時頃から
しだいに堅調となって行きました。
株高にリスク回避懸念が後退して、
ポンド円が233円台半ばに上昇するなど、
東京の後半はクロス円の上昇が目立ちました。
この動きにつられるようにドルストレート通貨も上昇しました。

ロンドン時間に入っても早出勢による仕掛けはなく、
しばらく東京の流れを継いだ動きで堅調に推移しましたが、
夕方4時頃から短期筋によって、ドル売りが仕掛けられて
ドルストレート通貨を中心に下落して、これに連れて
いったんクロス円やドル円も調整の展開となりました。
調整をこなすと、その後はまた再び戻す動きとなって、
ドルストレート通貨やクロス円が上昇しましたが、
ドル円は一時115円前半まで売り込まれました。

ニューヨーク時間に入ると、
注目の米GDP確報値は市場予想のとおりでしたが、
米新規失業保険申請件数が予想を下回ったことが好感されて、
ドル買いの反応となって、ドルストレートが下げ
下落していたドル円が買い戻される展開となりました。
その後、注目の米新築住宅販売が発表されて、
2000年6月以来の80万件割れと市場予想を下回り、
販売価格は低下して在庫が増加する悪い結果となりましたが、
瞬間的にドルが売られたものの市場反応は限定的で、
ドルの底堅さや株価が比較的堅調に推移したこと、
そして、米国債の堅調さを好感したか、
ドル円は115円台後半まで上昇して、
ユーロドルが1.41台前半まで下落して
しだいにドル高に傾斜することとなる荒っぽい展開となりました。
一方、クロス円は上下動のもみ合いの展開となりました。

週末で月末の今日28日(金)は、早朝にNZのGDPが発表されて、
市場予想を上回る結果に限定的ながらキウィが上昇しました。
また、朝方に複数の日指標が発表されて、
強弱交錯する結果となりましたが、やや円高の反応となりました。

午後3時に独小売売上高指数、
夕方6時に欧消費者信頼感指数速報、
欧鉱工業信頼感など複数の欧指標、

夜の9時半に加GDP、個人支出など複数の加指標、
同時刻に米個人所得、米コアPCEデフレータ、
夜の10時45分にシカゴ購買部協会景気指数、
夜の11時に米建設支出、米ミシガン大学消費者信頼感指数、
などが発表されます。

米コアPCEデフレータを中心に
シカゴやミシガンなどの米指標には注目です。

さて、今朝は東京時間に入ると
ファンド筋の中間期末を背景とした円買い需要で
ドル売りが仕掛けられて、
ドルストレートが急上昇してドル円が急落してはじまっています。
また、英銀ノーザン・ロックが
中銀から更に50億ポンド借り入れをした報道があって
ポンドが下落しました。

仲値でもドル安は加速して、日株価も軟調となって
クロス円も下落するなど
風雲急を告げる相場展開となっています。
今日は月末で週末でもあり、
注目指標も多いため荒っぽい相場の可能性もありそうですので、
各市場初動の動きに注意しながら、
機敏なトレードをしていきたいものです。

話は変わりますが、
中国投資有限責任公司が29日にも正式に発足するとの
報道がありましたね。
この新会社の資本金は2000億米ドル(23兆円)とのことで
彼らの動きは為替市場にも影響がありそうですね。

さて今日は、「トレードするということ」のお話です。

相場は市場参加者のポジションによって形成されますが、
その相場を作る市場参加者には
個人投資家からヘッジファンドまで、
さまざまなプレーヤーがいます。

金融工学のクウォンツを擁するプロ筋や
巨大な資金量でプレーする巨大資本のプレーヤーもいるわけで、
彼らは投資技術だけではなく、
巨大資本に物を言わせて、
ときに相場を操縦しようと仕掛けてくることがあります。
ニュースや指標発表やファンダメンタルで
相場が動くことも多いですが、
ときに彼らによる仕掛けで相場が大きく動くこともあります。

トレードするということは、
その巨大資本やプロ筋のマネーバトルの中に
参戦するこということですので、
なめた気持ちではみぐるみ剥ぎ取られることにも
なりかねません。

資本主義のゲームという側面もある相場では、
巨大な資本を有する富裕層の個人投資家もいるものの
一般に個人投資家はハンディを背負って
マーケットに参加していることになります。

ですので、防御のための損切りという名の鎧を
しっかり着込まなくてはならないのはもちろんのこと、
相場をコントロールすることはできませんので、
彼らと戦おうとせずに、
しっかりと彼らの作る相場の流れに追従して
行かなくてはならなりません。

そのためには、相場を予想せずに
相場の慣性に従った投資行動をする必要がありそうです。
また、相場の急変には自身の相場観に固執しないで
付き従っていく必要があります。

チャートを読むということと
相場を予想することは似ているようですが、
しなければならないのは、
チャートを読むことで、
「もうそろそろ、戻すだろう」
などといった思惑の予想をすることではないようです。

自身で予測することと、チャートを読むことは
まったく別のことです。

また、プロ筋のマネーバトルへの参加ですので、
危険な時はトレードを休むのも
弱い立場の個人投資家にとってはときには大切で
ポジポジ病となってトレードをあまり楽しんではいけないようです。
ポジションを持つことが大切なことではなく、
利益を得るのが大切なことです。

遊び感覚の楽しむトレードで勝ち続けれるほど
市場は甘くありません。

むしろ、サインを取捨してトレードを厳選して、
勝算の確信が持てるときだけトレードする必要があります。
迷った時に「まぁ、いいか」でトレードしてはいけないようです。
無理してポジションを持たずに
模様眺めの日もあって良いかもしれません。

市場の怖さを知り、娯楽的感覚でトレードをせずに、
緊張感を持って、一つ一つのトレードを慎重に
虎が獲物を狙うように虎視眈々とチャンスを待って、
仕事という心構えでトレードする必要がありそうです。

「子育てママの方が書いたFX投資法」という
本があるのですが、すばらしいことが書いてありました。

「勝つとは、勝率でも仕掛けでもなく、
 手元に利益が残ることです。
 FXに特別な秘密なんてありません。
 当たり前のことを当たり前にやるだけです。」

心に残る一文でした。

FX 虎視眈々のお話

北海道は彼岸を過ぎてから朝夕がとても涼しくなりました。

昨日26日(水)のは、いつものようにオセアニア時間で
NYでの動きの調整となった後、東京時間に入ると
しだいに円安傾向の展開となりました。
早朝発表されたNZ貿易収支は強弱交錯して、
限定的な反応にとどまりました。
ドル円が昼頃までに114円後半まで、
ポンド円が一時232円に迫るあたりまで上昇しましたが、
午後は調整的な展開となりました。
一方、ユーロドルなどドルストレートは
もみ合いながらもやや軟調に推移しました。

ロンドン時間に入ると、早出勢によって
また再び相場は円安傾向となって、
ドル円は115円前半まで堅調な展開となりました。
一方、ポンドは英銀行の国内貸し出し枠削減報道や
英中銀の3ヶ月ものオペに対する応札なしの報道で、
不安が増したり、流動性不足の懸念が後退したりと、
振幅忙しい相場となりました。
落ち着くとともに上昇のほうへ傾斜して、
ポンドドルが2.01台半ばあたりまで、
ポンド円が232円台半ばあたりまで上昇しました。

ニューヨーク時間に入ると、
「サウジアラビアがドルぺッグを廃止するのでは?」
との噂に一部では不安視されていたものの、
サウジアラビア中銀総裁によって、
「通貨政策方針に変更はない」との声明が出され、
これについての不安は解消されることとなりました。
また、注目の米耐久財受注は市場予想を下回りましたが、
市場反応は限定的で、
ロンドンを継いだ円安の流れが続いて、
一時ドル円は115円台半ばあたりまで、
ユーロ円も163円台、ポンド円が233円台、
となるなどドル円やクロス円が上昇しました。
その後、米債利回りが戻したこともあってか、
後半はもみ合いながらも調整的な動きとなりました。
ユーロドルは神経質なもみ合いとなりました。

今日27日(木)は、早朝にNZ住宅建設許可が発表されて、
前回を上回る結果となりましたが、
市場反応はほとんど見られませんでした。

午後3時に独国際労働機関失業率統計、
英ネーションワイド住宅価格、
夕方4時55分に独失業者数、

夜の9時半に米実質GDP(確報値)、
米個人消費(確報値)、米コアPCE(確報値)
米新規失業保険申請件数、

夜の11時に米新築住宅販売件数、米求人広告指数
などが発表されます。

要人発言としましては、夜の10時に
米ポールソン財務長官の講演が予定されています。

動意が起こるとまた調整とアップダウンの相場で、
いまひとつ方向感が難しい状況のようです。
いつもながら株式の動向や市場替りの初動に注意が
要りそうですが、今日は、米実質GDPや米新築住宅販売件数など
注目してみたいものです。米GDPは確報値ですが、
景気減速を示す指標結果多い中、どのような結果となりますか。

さて今日は、虎視眈々のお話です。

易経にある言葉だそうですが、
虎視眈々(こしたんたん)は、
虎が獲物を狙って機会を覗う意味だそうです。

私はよく初心の頃、
パソコンを立ち上げてチャートを表示させると
あれこれ分析もどきのことを行って、
すぐさまポジションを持つことが多く、
よくやられていました。

レートは確かに現時点から
やがて上げるか下げるかするわけですが、
当然ながら保ち合いという踊り場的な状況もあって、
どちらに動くか不明なこともあるわけで、
当たり前ですがパッとチャートを開いた時に
いつでもトレードのグッドタイミングとなっている
わけではありません。

当時の私は、もうトレードが面白く、
一種の娯楽となっていて、チャートを開く前から
一刻も早くポジションを持ちたくて、
ウズウズしていました。

まぁ、いわゆるポジポジ病になっていたわけですが、
これではトレードに勝てるわけがありません。
うんざりするほどやられました。

そして、愚かにも散々負けた後で、ようやく
「トレードはジッとチャンスを待たなくてはいけない」
ことに気づきました。

まさにバカの知恵は後から出るの典型ですが、
トレードは、虎が獲物を狙うときに
ジッとチャンスを覗うようにしなければ
ダメなことに気づいたわけです。

「大きな時間軸で見るメジャートレンドは、こちらだが
 今は一時的な高値(安値)つかみとなる可能性もありそうだ。
 小さな時間軸でタイミングを計って、焦らずジッと待って
 もう少し押して(戻して)移動平均線近くにレートが来たら
 エントリーしよう…。」などと、

シナリオを描いてトレードできるようになっただけで、
戦績がずいぶんと変わりました。

「ポジポジ病ではトータルで必ずやられる」
ということともに、
「チャンスを待つトレードができると勝てる」
ということが解ったわけです。

このほかにも、
「損切りできないといつかは必ず大きくやられる」
「身の丈以上の大玉投機は、いつかは退場の憂き目に遭う」
などということも、高い授業料を払って身をもって学びました。

負けトレードには学びが多いものですね。
















FX 時間軸のお話

昨日は中秋の名月でしたね。
北海道は天気が冴えなくおぼろ月夜でした。

ゴトウ日の昨日25日(火)の東京時間は、
朝に日銀政策会合議事録が発表され、
日銀が利上げへの姿勢を崩していないことが
再確認されました。
朝方に英系のインディペンダント紙が
「イギリスの預金保護機構(DPS)は、
現在440万ポンドしか保有していない」と
報道したことで、ポンドが下落して、
これにつれた信用収縮懸念のリスク回避で
ドル円やクロス円が軟調な展開となりました。
ポンドドルが2.01台前半まで、
ポンド円は230円台半ばあたりまで、
ドル円も114円台の後半まで値を下げました。
一方、ユーロドルはもみ合いながらも
底堅く推移しました。
日株は後半やや堅調となって
為替の動きと温度差を感じさせる展開となりました。

ロンドン時間に入っても
ポンドの下落が、もみ合いながらも継続して、
ポンド円が一時230円割れとなって、
ドル円も114円台前半まで下落して、
欧株が銀行株を中心に売られて軟調に推移したことから、
信用収縮懸念のリスク回避の円高で
クロス円も軟調な展開となりました。
また、夕方発表された独IFO景況動向指数は
小売部門が19ヶ月ぶりの低水準となりましたが、
ある程度下げを織り込んでいたこともあってか、
ユーロドルは底堅く限定的な反応にとどまり
徐々に上昇する展開となりました。

ニューヨーク時間に入ると、
総じて東京とロンドン時間での動きに
大きく反発する展開となって、
米指標の発表前にユーロドルは1.4130台に乗せ
史上最高値を更新しました。
注目の米指標は米中古住宅販売件数が
市場予想を上回ったものの02年8月以来の水準で、
米消費者信頼感指数は市場予想を下回り
分岐点100も割り込み
05年11月以来の低水準という結果となりました。
これを受けて指標発表直後は軟調となったものの、
リッチモンド連銀製造業指数が
市場予想を上回ったことも影響してか、
NYダウが底堅く推移したこともあって、
もみ合いながらもドル円が114円台後半まで値を戻し、
ポンド円が231円台後半まで反発しました。
ユーロドルは4日連続の史上最高値更新となりました。
総じて大きな行って来いの相場となりましたが、
FOMCがインフレよりも景気に重心を置いているとの観測で
米利下げ期待が強くドル安傾向が根強い相場となりました。
対ドルではAUD/USDなどオセアニア通貨も
後半堅調な動きとなりました。
ドルカナダは原油高の一服につれて
方向感を探る動きとなりました。

今日26日(水)は、朝にNZ貿易収支が発表されましたが、
総合収支は市場予想を下回ったものの輸出がやや良く、
発表直後は一時堅調な動きを見せましたが、
ほどなく反落して限定的な結果となりました。

午後3時10分に独GFK消費者信頼感調査、
夕方5時半に英第2四半期GDP(確報値)、
英第2四半期経常収支、
夕方6時半にスイスKOF先行指数、
夜の9時半に米耐久財受注、
などが発表されます。英米の指標には注目です。
また、要人発言としましては、
深夜12時過ぎに欧トリシェECB総裁の講演が予定されています。

さて、いまだドル安傾向にはありますが、
一説では次期の米利下げを8割方織り込みつつあるとも
観測されているようです。
また市場は、ネガティブ材料には敏感に反応するものの、
戻り意欲も強く、次のフェーズを探る方向感が難しい
大きなレンジの相場となっていると指摘する声も聞かれます。
ニュースや市場替りでの反転の動きに注意して、
相場動向に機敏なトレードをしていきたいものです。

さて今日は、時間軸のお話です。

チャートにはTICから年足に至るまで
いろいろな時間軸がありますね。

長いタームの時間軸は広く大きな相場の動きを
捉えることができますが、緩慢な動きとなります。

また、短い時間軸は局所の相場の動きを
捉えることができますが、俊敏でレスポンスは良いものの、
全体像が見えなくて翻弄されてしまうことがあります。

時間軸には概観を見たり局所の動きを捉えたり
それぞれの特性があるわけですが、
どの時間軸が一番よいかは、一義的には決定できなく
トレードするターム(期間)やボラティリティによって
適不適があるようです。

短い時間軸ほど俊敏でチャートのレスポンスが良いために
短い時間軸ほど高性能となるような錯覚をして
どんどん短い時間軸のほうに傾斜してしまって、
より大きな視点で相場を捉えることの大切さを
忘れてしまうことがあります。

たとえ大きな時間軸の一時的戻りや押しを
トレードすることもあるスキャルピングでも
ある程度大きな30分足や時間足くらいまでは
把握しておくと相場での自身の立ち位置を
認識することができます。

また、たとえばデイトレードでも、
30分足や1時間足くらいを見ることが多いですが、
タイミングを取るのに俊敏なレスポンスの
より短い時間軸を使うにしても、
相場での立ち位置を把握するために、
日足などを認識しておくと
大きな方向感を間違わずにすむことがあります。

そして、中心に見る時間軸が上下に振幅して、
方向感が掴みにくいときも
一段か二段大きな時間軸にしてみると
スッキリと方向感が見えてくることがあります。

トレードのタームやトレードスタイルによって
メインとして見る時間軸は異なっても、
そのメインとなる時間軸を中心として、
大きな時間軸で相場の方向感を認識したり、
短い時間軸でタイミングを取ったり、
大小の時間軸を自在に補足・補完的に使って
多角的に相場を見てトレードすると良いようです。

これを相場のマルチフレーム計測と言いますが、
著名なアレキサンダー・エルダーやマーセル・リンクも
推奨しているチャートを見る方法です。

もしかすると、
トレードをたった一つの時間軸で決定するのは、
危険な行為なのかもしれません。

大きな市場合意の集積で
大きな時間軸の相場の方向性が強いといっても、
やがて小さな時間軸での大きな動意が
大きな時間軸に波及してトレンドが転換することがあったり、

各時間軸の動向の相違があったりして
その解釈の仕方などノウハウも必要なため
初心のうちはマルチフレーム計測は厄介で
頭の痛くなることもありますが、
使いこなせるようになると
強力なトレードの武器となりますので、
是非とも習得したいトレード法の一つです。

これに熟練することができるとトレードが劇的に向上します。

-PS-
ビクトリーメソッドは相場をマルチフレーム計測いたします。


FX情報をもっと見る
過去ログ
2017年06月(3)
2017年05月(4)
2017年04月(4)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(4)
2016年12月(4)
2016年11月(4)
2016年10月(5)
2016年09月(4)
2016年08月(2)
2016年07月(5)
2016年06月(4)
2016年05月(4)
2016年04月(4)
2016年03月(4)
2016年02月(4)
2016年01月(5)
2015年12月(3)
2015年11月(4)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(4)
2015年07月(4)
2015年06月(4)
2015年05月(4)
2015年04月(4)
2015年03月(4)
2015年02月(4)
2015年01月(3)
2014年12月(3)
2014年11月(4)
2014年10月(4)
2014年09月(4)
2014年08月(4)
2014年07月(4)
2014年06月(4)
2014年05月(3)
2014年04月(4)
2014年03月(4)
2014年02月(4)
2014年01月(4)
2013年12月(3)
2013年11月(4)
2013年10月(4)
2013年09月(5)
2013年08月(3)
2013年07月(4)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(4)
2013年01月(4)
2012年12月(4)
2012年11月(3)
2012年10月(4)
2012年09月(5)
2012年08月(3)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(5)
2012年03月(4)
2012年02月(4)
2012年01月(4)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(5)
2011年09月(4)
2011年08月(3)
2011年07月(5)
2011年06月(4)
2011年05月(5)
2011年04月(4)
2011年03月(4)
2011年02月(4)
2011年01月(5)
2010年12月(4)
2010年11月(4)
2010年10月(5)
2010年09月(4)
2010年08月(5)
2010年07月(4)
2010年06月(4)
2010年05月(5)
2010年04月(4)
2010年03月(5)
2010年02月(4)
2010年01月(4)
2009年12月(7)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(8)
2009年08月(9)
2009年07月(13)
2009年06月(13)
2009年05月(11)
2009年04月(11)
2009年03月(12)