FX 相場と君子豹変のお話

ゴルフの石川遼君が日本シリーズJTカップを終えて、
今季の獲得賞金額を約1億8252万円として
史上初の18歳の賞金王に輝きましたね。 (^-^)

<先週末4日(金)の主な出来事>

東京時間では、
主要通貨ペアが上下動の揉み合いになりました。
英紙が「ドバイ・ワールドの債権者が債務支払い停止要求を
拒否する可能性。」があることを報じました。
中国国家外為管理局が
「(中国の)外貨準備管理には大きな調整はない。
ドル安は長期的な課程である。」
との見解を発表しました。
中国人民日報が
「ドル安は各国の輸出や景気回復に悪影響。
ドル安は問題である。」
などの意見報道をしました。
日国家戦略相が
「政策展開が為替と株式市場に届いてきた。
もう少し円安が進むことを望む。」
との主旨の発言をしました。
日経平均は前日比+44.92円で取引を終えて
10月30日以来の10,000円台の大台を回復しました。

ロンドン時間では、
主要通貨ペアがしだいに堅調傾向になりました。
中国国家外為管理局が
「中国の外貨準備は依然として米ドルに投資。
外貨準備は分散するも、主要準備通貨としての
ドルの位置付けは短期的には変わらない。」
との見解を発表しました。
スイス消費者物価指数(11月)は
市場予想より強い0.2%になりました。
中国上海株式市場は前日比+52.416ポイントで引けました。
独連銀が「独実質GDP伸び率は2009年に−4.9%、
2010年に+1.6%。」などの経済見通しを発表しました。

ニューヨーク時間では、
ドル円が上昇してドルストレートが下落しました。
カナダ雇用ネット変化率(11月)は7.91万人、
カナダ失業率(11月)は8.5%と、
ともに市場予想より強い結果になりました。
ECB専務理事が
「ユーロ圏経済は崩壊が止まったが、
ユーロ圏の消費は依然として弱い。景気回復は緩やか。
ECBは非標準的措置から徐々に脱出。」
などの見解を示しました。
米非農業部門雇用者数変化(11月)は−1.1万人、
米失業率(11月)は10.0%と、
ともに市場予想よりもかなり強い結果になりました。
また、前回値も上方修正されました。
米ドルが全面高になりました。
金が一時−60ドル以上と大きく下落しました。
カナダIvey購買部協会指数(11月)は
市場予想より弱い55.9になりました。
米製造業受注指数(10月)は市場予想より強い0.6%になりました。
NY原油は75ドル台半ばで取引を終えました。
NYダウは前日比+22.75ドルで取引を終えました。

<週はじめの今日7日(月)の主な予定>

朝7時半に豪AiG建設業指数(11月)、
午後5時から欧トリシェECB総裁講演、
午後5時15分にスイス実質小売売上高(10月 前年比)、
午後8時に独製造業受注(10月)、
夜10時から欧トリシェECB総裁講演、
夜10時半に加住宅建設許可(10月)、
深夜2時から米バーナンキFRB議長講演、
明け方5時に米消費者信用残高(10月)、
などの経済指標が発表されます。

<明日8日(火)の主な予定>

朝6時45分にNZ第3四半期製造業売上高、
朝8時50分に日国際経常収支(10月)、日国際貿易収支(10月)、
午前9時01分に英RICS住宅価格(11月)、
午前9時半に豪第3四半期経常収支、
豪NAB企業景況・信頼感指数(11月)、
午後2時に日景気先行CI指数速報(10月)、
日景気一致CI指数速報(10月)、
午後2時半に日景気ウォッチャー調査(11月 現況・先行き)、
午後6時25分から豪RBA総裁講演、
午後6時半に英鉱工業生産(10月)、英製造業生産高(10月)、
午後8時に独鉱工業生産(10月)、
夜10時15分に加住宅着工件数(11月)、
夜11時に加BOC政策金利、(市場予想は据え置き)
などの経済指標が発表されます。
豪・英・独・加の指標には注目です。

そして、今週の9日(水)からの主な注目材料は、

9日(水)に、豪Westpac消費者信頼感指数(12月)、
日第3四半期実質GDP確報、日第3四半期名目GDP確報、
日第3四半期GDPデフレータ確報、
英ネーションワイド消費者信頼感(11月)、豪貿易収支(10月)、
スイス失業率(11月)、独貿易収支(10月)、独経常収支(10月)、
独消費者物価指数確報(11月)、英商品貿易収支(10月)、
米卸売在庫(10月)、

10日(木)に、RBNZ政策金利、日機械受注(10)月、
日国内企業物価指数(11月)、豪消費者インフレ期待(12月)、
豪新規雇用者数(11月)、豪失業率(11月)、
豪労働参加率(11月)、スイスSNB政策金利、欧ECB月報(12月)、
英BOE政策金利、加国際商品貿易(10月)、米貿易収支(10月)、
米新規失業保険申請件数、米月次財政収支(11月)、

11日(金)に、日消費者態度指数(11月)、英生産者物価指数(11月)、
欧トリシェECB総裁講演、米小売売上高(11月)、
米輸入物価指数(11月)、加新築住宅価格指数(11月)、
米ミシガン大学消費者信頼感指数速報(12月)、米企業在庫(10月)、

などがあります。

さて、先週末の4日(金)の米雇用統計では、
非農業部門雇用者数変化(11月)が市場予想の−12.5万人に対して
発表された数字が−1.1万人、そして失業率(11月)も10.0%に
改善されたことに加えて前回値も大幅に上方修正されたことで、
米ドルが全面高になり相場が大きく動きました。
また、基軸通貨のドル不安から高騰していた金価格も
前日比で一時60ドル以上も下落するなど波乱の展開となりました。

先週もいろいろな出来事がありました。

1日(火)には日銀が日政府にお尻を押される格好で
10兆円規模の金融の量的緩和策を発表しました。

また、日内閣府の「世界経済の潮流」という報告書では、
「欧州は不良債権の処理が道半ばで、2010年の実質成長率は
1%に満たない可能性。欧州の金融機関が抱える不良債権などの
損失推計額は、ユーロ圏が約8,000億ドル、英国が約6,000億ドルで、
そのうち6割が償却や引き当てが済んでいなく懸念される。」
ことなどや、「米国は政策効果で回復が続き、2010年は1%台の
成長が予測されるが、商業用不動産の下落がサブプライムローンに
続く新たな金融不安の火種となる可能性。」などの見解が
報告されました。

一方、米政府から資金注入を受けていて政府主導の経営再建中の
米GMでヘンダーソンCEOの突然の解任劇もありました。

他方、ドバイ問題では、今週からドバイワールドと英銀など
銀行団との総額260億ドルの債務見直し交渉が行われる予定ですが、
支援に入るUAEのアブダビ首長国もドバイのリストラを条件にする
とみられているようです。

そして、14日(月)にはイスラム債の35億ドル分の
償還日を控えていて、もしも債務不履行になると
信用不安が再燃する可能性があり、3日にはECBトリシェ総裁も
「警戒すべき状態が続いている。」と発言(日経)しているようで、
今後のドバイ問題の成り行きが大いに注目されます。

さて、今週のアナリスト予想では、「週初は良いサプライズと
なった米雇用統計の余波で円安とドル高が進む可能性がある。」と
見る向きや、「米経済の回復とともに中国当局の外貨準備での
ドル運用継続宣言もあり、ドル安は修正局面が進み、
中長期的にはドル安だがしばらくドル高が進む可能性がある。」と
見る向きなどがある一方、

「日銀の量的緩和によって一旦ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の
6ヶ月物の日米逆転は解消されたが、4日に再び円金利は上昇して
いて、日銀の緩和策の効果にも陰りが見られ、また今月中旬から
下旬にかけて三菱フィナンシャル・グループや日立製作所など
日企業の海外投資家も対象とした公募増資があるために
外貨を円に替える動きで、円に関しては円安一巡後は
反動も手伝ってしだいに円高に振れやすい。」と見る向きもあり
意見は様々ですが、

また、7日深夜2時のバーナンキFRB議長の講演や
週末の米小売売上高や、今週も相次ぐ(9日午前3時の米3年債
400億ドル、10日午前3時の米10年債210億ドル、
11日午前3時の30年債130億ドル)などの米国債入札の動向にも
注目したいとする向きは多いようです。

引き続き流れに乗りながらも機敏にトレードしていきたいものです。


さて今日は、相場と君子豹変のお話です。

「君子豹変」とは、易経が出典のようですが、

伝統的解釈では「立派な人は(自己を)変革する。」
というような良い意味なのだそうですね。

でも、この言葉が巷(ちまた)で使われるときには、

「言うことがコロコロ変わる。」
「やってることに一貫性がない。」
「発言や考えがブレる。」
「態度が急に変わる。」
「優柔不断だ。」
「言動に信念がない。」

などなど、

あまり良い意味では用いられないことが多いようです。(苦笑)

確かにこのような人とは
あまり友達になりたくない気もしますが、(笑)

どの時代やどこの国でも世の偉い人には、
良きにつけ悪しきにつけ言動の変化はあるようで、
「巷の説」にも一顧の用はあるのかもしれません。

そういえば、某国のかつての「みぞうゆー」の首相も
ずいぶんマスコミに発言のブレを指摘されていましたね。

ただ、時とともに状況が変化することもありますので、
状況の変化を顧(かえり)みない頑固な初志貫徹も
これはこれで問題となることはあるようです。

ところで、よく変わるといえば
「朝令暮改がはなはだしい。」とか、
「風見鶏のようだ。」などの悪口もありますが、(苦笑)

世間の常識が通用しないことが多い相場の世界では、
一般世間の悪口がけっこう価値あるものになっている
場合があります。

これは、恐らく相場の本質的な部分が「変化」
であることに由来するのだと思いますが、

透徹した長期の正しい相場観を持てる
バフェット氏のような相場の達人は別として、

相場が変化してトレンドが転換しても
一途なまでに初志貫徹をしていると、
多くの場合で損切りのタイミングを逸して
大きな損失を蒙(こうむ)ってしまうこともありますし、

ときにトレード判断を急に翻して変えることが、
機敏な臨機応変な対応になることもありますね。

相場の世界では、変化に不対応の初志貫徹が
命取りになることもありますし、

逆に世間で悪いとされている

「風見鶏のようだ。」
「態度を急に変える。」
「優柔不断だ。」
「コバンザメのようだ。」
「大勢に媚びる。」

などは、特に短期トレードでは
価値ある特性になることも少なくはないようです。

世間の常識や価値観と真逆な部分も多い
ヘンダーランドの相場の世界で生き抜くには、

ときとして固定観念ともなる信念や
頑(かたく)なな思いに固執せず、

むしろ、変化をもっぱらとする相場では、
「良い風見鶏」や「良いコバンザメ」
になることを目指して、

相場の変化に柔軟に対応して
良い意味での「豹変」をしていきたいものですね。(笑)


FX 相場とクロック速度のお話

12月1日の東京時間では日政府に尻を押される格好で、
日銀の臨時の金融政策会合が開催され、
思惑と事実にドル円が大きな上下動になりましたね。

<週はじめ30日(月)の主な出来事>

東京時間では、
ドル円が上下に揉み合いながらも軟調になり、
ドルストレートは堅調傾向の揉み合いになりました。
NZ住宅建設許可(10月)は11.7%の好結果になりました。
格付け会社のムーディーズが
「現時点ではUAEの銀行格付けの変更はない」
ことを発表しました。
日鉱工業生産速報(10月)は市場予想より弱い0.5%になりました。
英GFK消費者信頼感(11月)は市場予想より弱い−17、
英ホームトラック住宅調査(11月)は0.2%になりました。
日銀総裁が
「急速な円高は(日本の)企業マインドに影響。
デフレは需要の弱さに要因。物価下落圧力の長期化の可能性。
景気は持ち直しているが自律的回復は弱い。
金融緩和政策からの撤退は考えていない。」
などの見解を示しました。
中国の温家宝首相が
「EUと中国は敵対主義を克服して相互信頼を強化。
EUと中国は通商摩擦に対処して保護主義に反対する。
人民元の基本的安定を維持して独自に段階的処置。」
などの認識を示しました。
日自動車生産(10月 前年比)は−19.1%になりました。
日住宅着工戸数(10月 前年比)は市場予想よりは強い−27.1%、
日建設工事受注(10月 前年比)は−40.1%になりました。
ドバイの不動産開発会社のナヒールが
「ナスダック・ドバイに上場の3本のイスラム債の売買停止」
を要請しました。
日経平均は前週末比+264.03円で取引を終えました。

ロンドン時間では、
ドル円が下落した後に反発して、
ドルストレートが揉み合いながらも軟調に推移しました。
中国上海株式市場が前週末比+99.036ポイントで引けました。
日首相が「円高対策の迅速な手を打たなければならない。」
との認識を示しました。
英消費者信用残高(10月)は市場予想より弱い−6億ポンド、
英モーゲージ承認件数(10月)は5.73万件になりました。
欧消費者物価指数速報(11月 前年比)は
市場予想より強い0.6%になりました。
ドバイ金融当局が
「ドバイ・ワールドは政府の一部ではない。
ドバイ政府はドバイ・ワールドの債務を保証しない。
ドバイ・ワールドを再編する。」
などの認識を示しました。
格付け会社のムーディーズが
「ドバイ・ワールドの再編はUAEの銀行財務力格付けの
 引き下げへの可能性。」
との見解を発表しました。

ニューヨーク時間では、
ドル円が上下動の揉み合いになり、
ドルストレートが軟調の後に反発して揉み合いになりました。
カナダGDP(9月)は市場予想とおりの0.4%になりました。
米シカゴ購買部協会景気指数(11月)は
市場予想より強い56.1になりました。
米ダラス連銀製造業活動指数(11月)は
市場予想より強い0.3%になりました。
トリシェECB総裁が
「改善の兆候はあるが危機終息は時期尚早。
非標準的措置を適切な時期に解除することが課題。」
などの見解を示しました。
NZ財務相が「NZドル高はNZ経済への著しい向かい風。」
との認識を示しました。
ドバイ・ワールドが
「影響を受ける負債は約260億ドル。
銀行との初期交渉は建設的に進んでいる。」
と発表しました。
NY原油は77ドル台前半で取引を終えました。
NYダウは前週末比+34.92ドルで取引を終えました。

<昨日12月1日(火)の主な出来事>

東京時間では、
ドル円が急反発したの後に揉み合いになって、
ドルストレートが上下動の揉み合いになりました。
日金融担当相が
「日銀はリップサービスだけではいけない。
対策の中身を具体化すべき。」
などの見解を示しました。
豪住宅建設許可件数(10月)は2ヶ月ぶりのマイナスの
市場予想より弱い−0.6%になりました。
日銀が金融調節事項の検討のため
午後2時に臨時会合を開くことを発表しました。
豪RBAが政策金利を0.25%引き上げました。
豪RBA声明では
「世界経済は成長を再開。豪経済は徐々に回復。
インフレ率は目標に近づく見込み。
業況と企業マインドは緩やかに回復。
豪ドルの上昇は貿易財の価格抑制に寄与。」
などの見解を発表しました。
日自動車販売台数(11月)は前年比で36%になりました。
日経平均は前日比+226.65円で取引を終えました。

ロンドン時間では、
ドル円が急落後に揉み合いになって、
ドルストレートが揉み合いながらも堅調に推移しました。
日銀の臨時金融政策会合では
「供給額10兆円程度の3ヶ月0.1%の新たな資金供給オペを決定。
金利の低下を促す新しい資金供給手段を導入する。」
ことなどが決定されました。
スイス第3四半期GDPは市場予想とおりの0.3%になりました。
英ネーションワイド住宅価格(11月)は
市場予想より強い0.5%になりました。
独小売売上高(10月)は市場予想より強い0.5%になりました。
中国上海株式市場は前日比+40.062ポイントで引けました。
スイスSVME購買部協会景気指数(11月)は
市場予想より強い56.9になりました。
日銀総裁の記者会見では
「新型オペはマクロの緩和を強化するもので
今回の措置は広い意味での量的緩和にあたる。」
との認識が示されました。
独製造業PMI確報(11月)は市場予想より強い52.4、
独失業率(11月)は市場予想とおりの8.1%になりました。
欧製造業PMI確報(11月)は市場予想よりやや強い51.2になりました。
欧失業率(10月)は市場予想とおりの9.8%になりました。
スイスSNB総裁が
「スイス経済は底を打った。為替の推移については引続き警戒。
デフレのリスクは過ぎ去っていない。
SNBはスイスフランの上昇に対して明確に対処する。」
などの認識を示しました。

ニューヨーク時間では、
ドル円が軟調傾向で推移して、
ドルストレートが上昇の後に揉み合いになりました。
フランスの大統領が
「ユーロ高は欧州経済に打撃。
世界には複数の準備通貨が必要。」
などの見解を示しました。
格付け会社のフィッチが
「英銀大手の格付けは中東のエクスポージャーに影響されない。」
との見解を発表しました。
カナダ財務相が
「2010年の成長については楽観的。
ドバイ問題のカナダへの影響は限定的。」
などの見解を示しました。
米ISM製造業景況指数(11月)は市場予想より弱い53.6、
米中古住宅販売保留(10月)は9ヶ月連続プラスの
市場予想より強い3.7%になりました。
オランダ財務相が
「ドバイからのインパクトは過度に悲観的の必要はない。」
との見解を示しました。
金価格が一時1,200ドルになりました。
ドイツ財務相が
「ドバイ問題は金融恐慌に発展しない可能性。」
との認識を示しました。
米フィラデルフィア連銀総裁が
「経済の持続的回復をさらに確信。
失業率が容認水準になる前に利上が適切になる可能性。
住宅市場は底打ちした可能性があるが、
商業用不動産市場は底打ちしていない。
ドバイショックはそれほど重大にならない可能性。」
などの認識を示しました。
ユーログループ議長が、
「ユーロは過大評価されている。
財務相会合で為替レートについて議論された。
ドバイ問題によるユーロ圏への影響は小さい可能性。
2010年は出口戦略を開始する年ではない。」
などの見解を示しました。
NY原油は78ドル台前半で取引を終えました。
NYダウは前日比+126.74ドルで取引を終えました。

<今日2日(水)の主な予定>

午後6時半に英建設業PMI(11月)、
午後7時に欧生産者物価指数(10月)、
夜9時半に米チャレンジャー人員削減数(11月)、
夜10時15分に米ADP雇用統計(11月)、
夜11時半からガイトナー米財務長官議会証言、
深夜4時に米地区連銀経済報告(ベージュブック)、
などの経済指標が発表されます。
米指標には注目です。

<明日3日(木)の主な予定>

朝7時半に豪AiGサービス業指数(11月)、
朝8時50分に日第3四半法人季報設備投資、
午前10時半に豪小売売上高(10月)、
午後5時55分に独サービス業PMI確報(11月)、
午後6時に欧サービス業PMI確報(11月)、
午後6時半に英サービス業PMI(11月)、
午後7時に欧小売売上高(10月)、欧第3四半期GDP改定値、
夜9時45分に欧ECB政策金利、
夜10時半から欧トリシェECB総裁記者会見、
同夜10時半に米第3四半期非農業部門労働生産性確報、
同夜10時半に米新規失業保険申請件数、
米第3四半期単位労働費用確報、
深夜12時に米ISM非製造業景況指数(11月)、
などの経済指標が発表されます。
豪・欧・米の指標には注目です。

<週末4日(金)の主な予定>

午後5時15分にスイス消費者物価指数(11月)、
夜9時に加失業率(11月)、加雇用ネット変化率(11月)、
夜10時半に米失業率(11月)、米非農業部門雇用者数変化(11月)、
同夜10時半に米製造業雇用者数変化(11月)、
深夜12時に米製造業受注指数(10月)、
同深夜12時に加Ivey購買部協会指数(11月)、
などの経済指標が発表されます。
加・米の指標には注目です。

さて、ドバイ関連の報道では、12月30日に「ドバイ政府は
ドバイワールドの債務を保証しない。ドバイワールドは
政府の一部ではなく、債権者は投融資することに責任を持つべき。」
とのドバイ首長国サレハ金融局長の発言や、
UAE中銀が不安拡大による流動製不足を避けるために
銀行間取引市場への資金供給を行う発表や、
UAEのドバイとアブダビはドバイ問題に対し協力して対応すること
などが報道されるなど、好悪いろいろなニュースがありましたが、
リスク回避の動意も一服になり一旦収まることになりました。

しかしながら、UAE向けの融資では英RBSやHSBCなど英銀が約4割と、
最大のリスクを抱えていることが報道されて、
そして、12月14日償還予定のドバイワールド傘下の会社の社債もある
ことから、債券を期日償還できないとドバイは債務不履行になり、
銀行のドバイへの融資が不良債権に転落する可能性があるとのことで
今後も一応は引き続き注意が必要なようです。

さて、週後半は2日の米ADP雇用統計(11月)に米地区連銀経済報告
(ベージュブック)、3日のECB政策金利にトリシェECB総裁記者会見と
米ISM非製造業景況指数(11月)、週末4日の米雇用統計と
注目材料が目白押しで、ときに揺れる相場展開になる
可能性もありそうですが、流れに乗りながらも引き続き機敏に
トレードしていきたいものです。


さて今日は、相場とクロック速度のお話です。

クロック速度とは、時間の周期の速さのことですが、

近年は一般的にいろいろな分野のクロック速度が
速くなる傾向があるそうですね。

産業分野ではIT業界などはその最たるもので、
3年も前のものはときに化石化することもあるようです。

また、人の生活の基本的な部分の
「衣食住」に属する服飾は、

裸で生活できない以上、(笑)
形態は変われど本質的な「衣」としては
未来もそう変わらない様にも思えますが、

ファッションとしては意図的なまでに
業界を挙げてクロック速度を速めてる
ようにさえ思えます。

そして、投資の世界では、

名実ともに世界一の投資家のウォーレン・バフェット氏は、
投資においては100年たっても需要が変わらないくらい
「人の生活にベーシックな産業分野への投資」を
好むと聞いたことがありますが、

バフェット氏流の投資は、いわばクロック速度の遅い
産業分野への長期投資といえるのかもしれませんね。

まぁ、せっかちな私達は、(笑)
とてもバフェット氏のマネは出来そうもありませんが、

ロバート・ウィンギンス氏とティモシー・ルーフリー氏の
近代産業の研究のように、

「優位を維持できる期間は年々短期化している」

「短期的な優位をつなぎ合わせて長期的な優位を
 維持しようとする企業が多くなってきている」

「集中と寡占は優位の維持に相関がある」

などは、産業だけではなく投資や投機の世界にも
同様な「クロック速度の短期化」の傾向が
あるように思いますが、どのようなものなのでしょうか。

「短期的な優位をつなぎ合わす」とは
短期トレードを繰り返すことのようでもあり、

「集中と寡占」は資金に短期的なレバレッジをかける
ことのようでもあり、

世界のトレーダーが行うトレード自体も
年々、短期化指向になってきているのかもしれませんね。

ところで、

私が穀物相場をやっていた27年くらい前では、
第3種郵便で1日遅れで届く「穀物新聞」を
読んだりして相場を張る悠長な時代でしたが、(苦笑)

情報技術が著しく進化して
リアルタイムの情報が得れる今では
「そんな時もあったかなぁ。」
というくらいの太古の感があります。

さて、

為替相場でも世界の要人たちが異口同音に
「過度な変動はよくない」と叫ぶものの、

相場は「言うことを聞かないやんちゃ坊主」のように
いっこうに価格変動が収まらないばかりではなく、(笑)

短時間にボラティリティの拡大と収縮が
せわしなく繰り返される状況が恒常的になっているようです。

このような状況をみますと、

かつて「種の起源」で有名なチャールズ・ダーウィンが

「最も強い種や最も賢い種が生き残るのではない。
 最も変化に順応できる種が生き残るのである。」

と述べているように、

(中長期の投資を否定するものではありませんが)

私達トレーダーも生存競争で生き抜くためには、
年々速くなる「相場のクロック速度」に
順応していく必要があるのかもしれませんね。


FX ドバイ・ショックのお話

砂漠の多いサウジアラビアで記録的な大雨になりましたね。
これも地球環境の異変のひとつなのでしょうか。
メッカ巡礼にも大きな影響となっているとのことです。

<先週末27日(金)の主な出来事>

ドバイ・ショックの影響もあって、
東京時間前に一時ドル円が84円台後半まで急落しました。
東京時間ではドル円が反発して、
ドルストレートが軟調に推移しました。
NZ貿易収支(10月)は市場予想よりやや弱い
5ヶ月連続赤字の−4.87億NZドルになりました。
日失業率(10月)は市場予想より強い5.1%になりました。
日全国消費者物価指数(10月)は
前年比で市場予想より弱い−2.5%になりました。
日小売業販売額(10月)は14ヶ月のマイナスながら
前年比で市場予想より強い−0.9%になりました。
日財務相が「介入についてはコメントしないが、
為替の過度な動きには適切に対応する。」
との認識を示しました。
アジア株式市場が全面安になりました。
金価格も一時下落しました。
日銀のレートチェックの噂が飛び交いました。
日経平均は前日比−301.72円で取引を終えました。

ロンドン時間では
主要通貨ペアが下落した後に反発して揉み合う展開になりました。
英RBSが増資することを発表しました。
独輸入物価指数(10月)は市場予想より強い0.5%になりました。
英BOE副総裁が
「英第3四半期の経済にはやや失望したが、
第4四半期での成長は強くなる。」
との認識を示しました。
中国上海株式市場が前日比−74.71ポイントで引けました。
欧業況判断指数(11月)は市場予想よりは強いマイナス1.56、
欧消費者信頼感(11月)は市場予想とおりの−17になりました。
スイスKOF先行指数(11月)は市場予想より弱い1.62になりました。
オーストリア中銀総裁が
「ユーロ圏の2010年の成長は世界的にも一番弱い可能性。
利上げには回復の持続が前提の条件。
ユーロ圏にはインフレのリスクは見られない。」
などの見解を示しました。

ニューヨーク時間では、
主要通貨ペアは上下動しながらも反発が続き、
その後に揉み合う展開になりました。
カナダ第3四半期経常収支は
市場予想よりはやや強い−131億カナダドルになりました。
欧州株式市場が反発しました。
金価格も徐々に反発しました。
米シティがドバイ関連で19億ドルの
損失になる可能性があることが報道されました。
英首相が「ドバイの危機は封じ込め可能。」
との認識を示しました。
ロシア首相が
「ドバイ・ショックでの市場混乱は一時的。」
との見解を示しました。
NY原油は76ドル台前半で取引を終えました。
NYダウは半日営業でしたが
サンクスギビングデー前比−154.48ドルで取引を終えました。

<月末で週初めの今日30日(月)の主な予定>

朝6時45分にNZ住宅建設許可(10月)、
朝8時からスイスSNB総裁講演、
朝8時50分に日鉱工業生産速報(10月)、
午前9時01分に英GFK消費者信頼感調査(11月)、英HT住宅調査(11月)
午前10時から日銀総裁講演、
午後1時に日自動車生産(10月)、
午後2時に日住宅着工戸数(10月)、日建設工事受注(10月)、
午後6時半に英消費者信用残高(10月)、英モーゲージ承認件数(10月)
午後7時に欧消費者物価指数速報(11月)、
夜10時半に加GDP(10月)、加第3四半期GDP(年率換算)、
夜11時45分に米シカゴ購買部協会景気指数(11月)、
深夜12時半に米ダラス連銀製造業活動指数(11月)、
などの経済指標が発表されます。
欧・加・米の指標には注目です。

<月初めの明日12月1日(火)の主な予定>

午前9時半に豪住宅建設許可件数(10月)、
昼12時半に豪RBA政策金利、
(市場予想0.25%の利上。サプライズの可能性)
午後2時に日自動車販売台数(11月)、
午後3時45分にスイス第3四半期GDP、
午後4時に独小売売上高指数(10月 前年比)、
同午後4時に英ネーションワイド住宅価格(11月 前年比)、
午後5時半にスイスSVME購買部協会景気指数(11月)、
午後5時55分に独失業率(11月)、独製造業PMI確報(11月)、
午後6時に欧製造業PMI確報(11月)、
午後6時半に英製造業PMI(11月)、
午後7時に欧失業率(10月)、
深夜12時に米ISM製造業景況指数(11月)、米中古住宅販売保留(10月)
などの経済指標が発表されます。
豪・(スイス)・独・米の指標には注目です。

そして、今週の2日(水)からの主な注目材料は、

2日(水)に、英建設業PMI(11月)、欧生産者物価指数(10月)、
米チャレンジャー人員削減数(11月)、
米ADP雇用統計(11月)、米地区連銀経済報告、

3日(木)に、豪AiGサービス業指数(11月)、
日第3四半法人季報設備投資、豪小売売上高(10月)、
独サービス業PMI確報(11月)、欧サービス業PMI確報(11月)、
英サービス業PMI(11月)、欧小売売上高(10月)、
欧第3四半期GDP改定値、欧ECB政策金利、
欧トリシェECB総裁記者会見、
米第3四半期非農業部門労働生産性確報、
米新規失業保険申請件数、米ISM非製造業景況指数(11月)、

4日(金)に、スイス消費者物価指数(11月)、加失業率(11月)、
加雇用ネット変化率(11月)、米失業率(11月)、
米非農業部門雇用者数変化(11月)、米製造業雇用者数変化(11月)、
米製造業受注指数(10月)、加Ivey購買部協会指数(11月)、

などがあります。

さて、アラブ首長国連邦(UAE)の7つの首長国ひとつで
脱原油でリゾート開発を国をあげて進めてきたドバイですが、
資金繰りの危機が表面化して、25日にドバイ政府系の持ち株価会社
ドバイワールドと傘下の不動産会社ナキールが
両社の総額590億ドル規模の債務返済延期を求めると発表して、
先週末は世界の市場に激震が走ることになりました。

ドバイ政府自体と政府系企業を合わせると
債務が800億ドルになるとのことで、
米格付け会社のS&Pが「当社基準では債務不履行(デフォルト)に
あたる可能性がある。」と発表して、
他の格付け会社もドバイ政府系企業の格下げをしたことで、
ドバイ政府債権の貸し倒れリスクを示すクレジット・デフォルト・
スワップ(CDS)が発表前より50%近く上昇したことで、
株式市場をはじめ為替市場までリスク回避の動意になり、
軟調傾向にあったドル円は27日(金)に一時1995年7月以来の
84円台後半まで下落して、そしてドバイへの融資残高の多い
欧州銀行の懸念から一時ユーロなども下落が昂進する場面が
ありました。

ドバイ問題では、世界規模ではそれほど甚大な債務ではないことや、
原油の収入で潤っているUAEアブダビ政府系の2銀行が
50億ドルのドバイ政府債の引き受けを発表したり、
英・露の首相が「ドバイの危機は封じ込め可能。」
「ドバイ・ショックでの市場混乱は一時的。」などの発言もあり、
いったん沈静化しつつありますが、
一部では燻っている商業不動産問題の蒸し返しへと
飛び火するとの見方もあるようで、今後の動向が注目されます。

さて、12月へと向かい今年も大詰めを迎えますが、
月初めの1日は豪RBA政策金利の発表と
米ISM製造業景況指数(11月)に米中古住宅販売保留(10月)、
2日は米ADP雇用統計(11月)と米地区連銀経済報告、
3日には欧ECB政策金利とトリシェECB総裁記者会見、
週末4日には米雇用統計と注目材料が多く、
ドバイ問題の動向とともに今週も大きく揺れる
相場展開になる可能性がありそうです。

アナリスト予想では、ドバイ問題の動向で神経質な相場展開になる
と見る向きや、週前半は達成感からドル円でドルの買い戻しになる
と見る向き、また、12月はクリスマス休暇に向けて
年内の取引日が徐々に少なくなり、NYダウに利益確定売りが出て
これに連れてリスク回避的なドルストレート通貨ペアなどでの
ドル買いの動きになると見る向きなどがある一方、

2日の米地区連銀経済報告(ベージュブック)で米
金融緩和の長期化が再確認されれば、再びドル売りになる
可能性があると見る向きや、円高が節目をいったん越えたので
年末を控えて日企業が海外収益を円に転換する円買いを急ぎ
円高になりやすいと見る向きなど、いつもながら意見は様々ですが、
上下に揺れる相場展開にもなりそうで、
流れに乗りながらも機敏にトレードしていきたいものです。


さて今日は、ドバイ・ショックのお話です。

ヤシの木をかたどった人工の島の建設や
英豪華客船クイーン・エリザベス2世号を買い取ったり、
競馬の世界でも有名になって、

世界のリゾート地と中東の経済拠点を目指していた、
アラビア半島のペルシア湾沿岸の首長国のドバイですが、

25日に「ドバイ政府系の持ち株価会社のドバイワールドと
傘下の不動産会社ナキールが総額590億ドル規模の
債務返済延期を求める」と発表して、

中東の局地の出来事のようではあっても、
グローバル化している世界のマーケットに
「ドバイがヤバイ」と激震が走りましたね。

かつて古くは漁業の町であったとされるドバイですが、
1853年には大英帝国の保護国になって、
東インド会社への中継地として栄えていたそうです。

その後、近代になって

1958年にアブダビで油田が発見され、
そして、1966年にはドバイ沖にも
海底油田が発見されたことなどで、
アラブ首長国連邦(UAE)は
石油が主要な産業になっていったそうです。

そして、1971年にイギリス軍が
スエズ以東から撤退することになって
ドバイと他の6つの首長国での
アラブ首長国連邦が誕生することになりました。

UAEと呼ばれるようになったのは
まだ半世紀にも満たない歴史なのですね。

その後、21世紀に入ってからの原油高で潤うUAEでしたが、

その中にあってドバイは脱石油路線に転換して、

中東の貿易と商業の中心地のメトロポリスをもくろむ、
元首のムハンマード首長の

「エベレストに最初に登頂したヒラリー卿は
 誰でも知っているが、2番目は誰も知らない。」

との号令のもと、「ヒト、モノ、カネ」を呼び込む
中東の経済のナンバー1を目指していました。

ところが、

2007年の米サブプライム・ローン問題のあたりから、
外国企業の投資引き上げなどで
大型開発の中断や地価の大幅下落などがあって、
ドバイの経済成長に陰りがみられてきて、

そしてついに、ドバイ政府は、
総額590億ドル規模の債務返済延期を求めると
11月の25日に発表を行って

「中東のリーマン・ブラザーズ」
との揶揄(やゆ)が現実化するように、(苦笑)

ドバイ・ショックと呼ばれる事態に至ることになりました。

さて、国際決済銀行(BIS)の統計では、

6月末時点で国際与信額のうち
ドバイを含むUAE向けは1120億ドル規模とのことで、

世界全体の国際与信25兆ドルではわずか0.5%にとどまり、

また、原油の収入で潤っているUAEアブダビ政府系の
2銀行が50億ドルのドバイ政府債の引き受けを発表するなど、

そして、英・露の首相が「ドバイの危機は封じ込め可能。」
「ドバイ・ショックでの市場混乱は一時的。」などの発言もあって、

世界経済への実質的な影響は限定的と
見る向きも少なくないようですが、

一方、

「サブプライム問題の当初も、サブプライム・ローン自体は
 ローン市場全体ではそれほど大きくはないと、
 FRBなどが言っていたが、結局それが世界的な金融危機の
 トリガー(引き金)になったじゃないか。」

「リーマンの事件でも、巨大ではあっても
 たかが1つの私企業の破綻に過ぎない、
 なんていう論調も一部ではあったけれども、
 ある意味、深い病巣の膿の破裂の始まりであったではないか。」

などと、"各国政府は狼少年のようだ"との
穿(うが)った見方もあるようですね。

「一匹のゴキブリがいたらその10倍は巣食っている。」

というわけではないと思いますが、

「事件→急落→大したことないとの思惑→反発」

の一段落の安堵の後に、

「氷山の一角でやっぱりたいへん→大幅下落」

のお決まりのコースもよくあるだけに、(苦笑)

杞憂になったとしても、警戒感だけは忘れずに
いたほうが良いのかもしれませんね。

ところで、

日本は2004年3月から為替介入をしていませんが、

主要金融機関へは取引状況紹介
(レート・チェック)は行うものの、

「米経済の低迷を背景としたドル安の背景がある。」

「単独介入であれば効果が薄い可能性があり、
 また、米国は表向きの強いドル政策とは裏腹に
 米輸出増への期待も強くドル安を歓迎も覗えて、
 米欧の協調介入を得るのは容易ではない。」

などがあり、為替介入は難しいところがあるのでしょうね。

「そんなことないさ。
 ちゃんと介入しているよ。」

「???」

「狼少年よりも熱心に口先介入しているよ。」

「あれまぁ、なんてことを言うのかしら。」(笑)


FX 自己組織化臨界のお話

グラチャンバレー2009では、
竜神日本が強豪のキューバに敗れてしまいましたが、
次のブラジル戦で頑張って欲しいものです。
ガンバレ日本!

<先週末20日(金)の主な出来事>

東京時間では、
ドル円が揉み合いながらも軟調傾向になって、
ドルストレート通貨ペアが上下動の揉み合いになりました。
米ダラス連銀総裁が
「失業率が10%を下回るには時間を要する。
米国の第3四半期GDPは下方修正される可能性。」
との見解を示しました。
カナダBOC総裁が
「政策金利を0.25%で据え置くことを約束。
カナダドル高が経済成長に及ぼすリスクは大きい。」
との認識を示しました。
日銀が政策金利を0.1%で据え置くことを決定しました。
日銀声明では「景気は持ち直している。」として
3ヶ月連続で上方修正しました。
日政府が3年5ヶ月ぶりにデフレ認識を示しました。
日経平均は前日比−51.79円で取引を終えました。

ロンドン時間では、
ドル円が上下動の揉み合いになって、
ドルストレート通貨ペアが軟調に推移しました。
独生産者物価指数(10月)は市場予想より弱い0.0%になりました。
中国上海株式市場は6日ぶりに反落して
前日比−12.073ポイントで引けました。
ドイツ財務相が
「独GDPは第4四半期に鈍化する可能性。
対ドルでのユーロ高は独企業を苦しめている。」
との認識を示しました。
日銀総裁が「(デフレには様々な定義があるとしながらも)
経済と物価の情勢認識は政府と差異はない。
景気持ち直しは対策に支えられていて自律的回復は弱い。」
などの見解を示しました。
独首相が「今年の独経済は約4.5%縮小と予測。
信用供給をとても懸念している。」
との認識を示しました。
トリシェECB総裁が
「最近の金融動向は改善するも政府支援に支えられた状況。
危機が去ったとの宣言は時期尚早。
銀行はバランスシートを強化して自立できるようになるべき。
危機対策は中毒にならぬよう非伝統的措置は段階的解除が必要。」
などの認識を示しました。

ニューヨーク時間では、
ドル円が上げては下げる上下動になって、
ドルストレートが反発した後に揉み合いになりました。
IMFの筆頭専務理事が
「世界経済は持続的成長へ向かうも回復は緩やかで遅い。
新たな景気低迷のリスクが存在している。」
との見解を示しました。
前BOEの前副総裁が
「現在のポンドのレートは英国の製造業に恩恵となる。」
とのポンド安容認の発言をしました。
ウクライナのデフォルトの噂に対して
格付け会社のフィッチが
「ウクライナのデフォルトはどのソブリン債にも見られない。」
との見解を発表しました。
カナダ財務相が
「回復のサインはあるが脆さもある。
回復がはじまったとの認識は時期尚早。」
との見解を示しました。
NY原油は76ドル台後半で取引を終えました。
NYダウは前日比−14.28ドルで取引を終えました。

<週はじめ23日(月)の主な予定>

日市場は祝日でお休みです。
午前9時半に豪新車販売台数(10月)、
午後5時半に独製造業PMI速報(11月)、独サービス業PMI速報(11月)、
午後6時に欧製造業PMI速報(11月)、欧サービス業PMI速報(11月)、
夜9時45分からトリシェECB総裁講演、
夜10時半に米シカゴ連銀全米活動指数(10月)、
同夜10時半に加小売売上高(9月)、
深夜12時に米中古住宅販売件数(10月)、
などの経済指標が発表されます。
(独・欧)・加・米の指標には注目です。

<明日24日(火)の主な予定>

朝8時に豪コンファレンスボード景気先行指数(9月)、
午後2時に日銀金融経済月報、
午後4時に独第3四半期GDP確報、独第3四半期個人消費確報、
午後6時に独IFO景気動向(11月)、独IFO現況評価値(11月)、
午後6時半に英第3四半期総合事業投資速報、
午後6時45分から英BOE総裁講演、
午後7時に欧鉱工業新規受注(9月)、
夜10時半に米第3四半期GDP改訂値、米第3四半期個人消費改訂値、
同夜10時半に米第3四半期コアPCE、
夜11時に米S&Pケースシラー住宅価格(9月)、
深夜12時に米消費者信頼感指数(11月)、
リッチモンド連銀製造業指数(11月)
同深夜12時に米住宅価格指数(9月)、
深夜12時45分から英BOE総裁講演、
深夜2時半からスイスSNB総裁講演、
深夜4時に米FOMC議事録、
などの経済指標が発表されます。
独・米の指標には注目です。

<ゴトウ日25日(水)の主な予定>

朝8時50分に日通関ベース貿易収支(10月)、
日企業向けサービス価格(10月)
午後4時に独GFK消費者信頼感調査(12月)、
午後6時半に英第3四半期GDP改訂値、英第3四半期個人消費改訂値、
夜10時半に米耐久財受注(10月)、米新規失業保険申請件数、
米個人所得(10月)、米個人支出(10月)、米PCEデフレータ(10月)、
夜10時55分に米ミシガン大学消費者信頼感指数確報(11月)、
深夜12時に米新築住宅販売件数(10月)、
などの経済指標が発表されます。
英・米の指標には注目です。

<26日(木)の主な予定>

朝8時50分に日銀金融政策決定会合議事録(10月)、
午前11時にNBNZ企業信頼感(11月)、
が発表されます。
また、発表時間が未定(通常はNY時間)ですが、
独消費者物価指数速報(11月)が発表予定です。
この日は米市場が感謝祭でお休みです。

<週末27日(金)の主な予定>

朝6時45分にNZ貿易収支(10月)、NZ輸入(10月)、NZ輸出(10月)、
朝8時半に日失業率(10月)、日全国消費者物価指数(10月)
朝8時50分に日小売売上額速報(10月 前年比)、
午後4時に独輸入物価指数(10月)、
午後7時に欧消費者信頼感(11月)、欧業況判断指数(11月)、他
午後7時半にスイスKOF先行指数(11月)、
夜10時半に加第3四半期経常収支、
などの経済指標が発表されます。

さて、先週後半はドルキャリーが巻き戻される相場展開となりました。

18日の米住宅着工件数(10月改訂置)では2ヶ月ぶりに前月を下回り、
マイナス幅が今年1月以来の大きさで前年同月比−30.7%の52.9万件
となりましたが、住宅初回購入者へり最大8000ドルの減税措置の
延長を米議会が今月上旬に決定したことにより、
米政府支援に補助されながらも住宅の落込は一時的
との観測もあるようで、今後の住宅市場動向が注目されます。

また、報道によりますと、オバマ米大統領のアジア諸国の訪問では、
一定の成果があったとの評価がある一方、
「貿易不均衡の是正に人民元の切り上げが不可欠。」とする
オバマ大統領に対して、中国側は「元相場を切り上げても
不均衡是正につながらない。」として認識の相違があるとともに、
米中が世界規模の課題を主導する「G2論」に賛成しない
考えを示して、認識と見解に温度差があることが
示されることになりました。

一方、報道によりますと、新興国政府が自国通貨高に
歯止めをかけるため外国からの自国への投資に課税するなど
規制する動きを強めているとして、
各国投資家が新興国通貨を買い進めにくくなっているとのことです。

そして、今年の3月頃から米金融緩和の長期化観測や
世界景気の回復期待などを背景に、低金利のドルや円に対して
買い進められてきたユーロですが
16日にバーナンキFRB議長がドルの価値への言及をしたり、
17日にトリシェECB総裁が強いドルとの米当局の発言は重要として、
その他の要人からのユーロ高牽制発言も手伝ってか
軟調になっていて、ドル安論も根強いものの
風向きが変わりつつあるとの声も一部にはあるようで、
今後のユーロの動向が注目されます。

さて、今週のアナリスト予想ですが、
米感謝祭を前にしてドルキャリーの解消が進み
ドルの買戻しとなると見る向きがある一方、
米国債の大量入札が控えているので入札が不調となった場合は
「悪い金利上昇」でドル買いが弱まると見る向きもあるようです。

また、円に関しては、日政府がデフレ宣言をしたことで
物価動向によっては円が売られる場面があると見る向きある一方、
新興国の投資規制の強まりで高金利通貨に投資しにくい環境も
あることから円の買戻しとなる可能性を指摘する声もあるようです。

アナリストの意見は割れているようですが、
ファンド勢の決算も大詰めでポジション調整の動向とともに、
24日深夜2はFOMC議事録の発表もあり、
感謝祭で米休場となる26日前の米ドルを巡る動向が注目され、
荒い値動きとなる可能性もありそうです。


さて今日は、自己組織化臨界のお話です。

ダジャレというわけではありませんが、
円キャリートレードは
「円借り(えんかり)トレード」とも呼ばれ、(笑)

かつて2005年あたりから2007年では隆盛を極め、
金利の低い通貨の円で資金調達して、
金利の高い資源国通貨などで運用して利ザヤを稼ぐ手法として、

機関投資家やヘッジファンドなどの
有効な資金調達と運用手法とされていましたね。

2008年にサブプライム・ローン問題が表面化してからは
円キャリーという言葉は、
一時期、あまり聞かれなくなりましたが、

今年の11月に英国のセントアンドルーズで
G20財務相・中央銀行総裁会議が開かれた際に、
IMFが「米ドルがキャリートレードの資金調達通貨となっている。」
と報告書を公表したことで、
今度はドル・キャリートレードなどと言われ始めました。

ところで、

キャリートレードは「砂の山のようだ」と
いわれることがありますね。

砂の山をどんどん高くしていくと、
単に重なり合っていた砂の粒子が自己組織化して
やがてその組織化が臨界に達して、

その臨界に達した砂の山にさらに砂を積もうとすると
砂の山は部分崩落してしまいます。

「自己組織臨界」とも呼ばれていますが、

砂山の崩落の度合いは大きな場合と
小さな場合があって、崩落前の最後に載せた砂の量と
崩落度合いには密接な関係式がなく不確定なのだそうで、

どんどん山を高くしようと多くの砂を供給しても
やがていったんの部分崩落はまぬがれることはなく、
時々の崩落なしには、山をより高くは出来ないのですね。

ところが砂が部分崩落して山の裾野が広くなると
また、もう少し高い砂の山が作れるようになります。

高くなるために一時は崩れるというということは
なんか興味深いですね。

そして、
円キャリートレードでは、2009年の世界金融危機を迎えて、
「大崩落」ならぬ「陥没」にも似た状況に至りましたが、

かつて何年間も続いた円キャリートレード盛んなりし頃でも、
砂の山が部分崩落するように、
年に何度かの「大き目の調整」があったものです。

多くの人が良い目を見た祭りの後には、
反動の大きな調整が、ある意味、ゼロサムの掟(おきて)として
必定なことなのかもしれませんね。

当時、いつまでも円キャリートレードが続くと思っていた人は
大きな損失を蒙って、口座までが調整されました。(苦笑)

もしかしますと、
歴史的に起こるバブルの熱狂とその後の大暴落も
相場の自己組織臨界によるものかもしれませんが、

ごたぶんに漏れず、ドル・キャリートレードでも
この砂の山の「自己組織臨界」による部分崩落のように
一時の調整は免れえない宿命的ともいえる定めのようです。

今後の中長期のドル安は、
かつての円キャリートレードと違って、
ドル・キャリートレードという垣根を越えて
ドル信認不安により昂進するとの観測があるようで、

調整は「山が高くなるための一時の部分崩落」のようですが、

短期トレードでは時々の大き目の調整の動きへの
警戒感を忘れずにおきたいものです。

そして…、

現在、リスク回避の動意では、
金融危機の頃と同じようにドル買い反応となっていますが、

もしも今後、リスク回避の動意でドル売り反応となるときには、
米ドル自体の「自己組織臨界の崩落」となる可能性も
あるのかもしれませんね…。(謎)


※次回更新は11月30日(月)を予定しています。


FX 欧州連合(EU)のお話

オバマ大統領も使っているという今話題の"Twitter"ですが、
市民との対話集会でオバマ大統領自身が
「ツイッターは一度もやったことがない。」と
発言されたそうですね。 (^^;)

<週はじめ16日(月)の主な出来事>

東京時間では、
ドル円がやや軟調傾向の揉み合いになって、
ドルストレートがやや堅調傾向の揉み合いになりました。
NZ第3四半期生産者物価は市場予想より弱い
3期連続のマイナスの−1.1%になりました。
経済産業相が日GDPの定刻発表前に結果を報じる珍事がありました。
日第3四半期実質GDP速報は2期連続プラスの1.2%、
日第3四半期名目GDP速報はマイナス0.1%、
日第3四半期GDPデフレータ速報は0.2%と、
ともに市場予想より強い結果になりました。
英ライトムーブ住宅価格(11月)は−1.6%になりました。
中国商務省が「中国は人民元の安定を維持すべき。
一国だけに通貨の上昇を求めるのは公正を欠く。」
との見解を発表しました。
日経平均は前週末比+20.87円で取引を終えました。

ロンドン時間では、
ドル円が揉み合いながらも軟調になって、
ドルストレートの多くが軟調になった後に堅調に転じました。
スペイン中銀総裁が
「利上げが映っているわけではない。
2010年上期まではいかなる変更も予定していない。」
との認識を示しました。
中国上海株式市場は前週末比+87.40ポイントで引けました。
米商務長官が
「人民元への進展は喜ばしいがさらなる対策が必要。
中国は海外業排除などの保護主義をすべきではない。」
との見解を示しました。
金価格が最高値を更新して1130ドル超になりました。
オーストリア中銀総裁が
「危機は幅広い課題をもたらした。
中東欧諸国のユーロ導入の課題は財政状態。」
との認識を示しました。
欧消費者物価指数(10月)は市場予想より弱い0.2%になりました。

ニューヨーク時間では、
ドル円が上下動しながらも軟調に推移して、
ドルストレートの多くが堅調傾向の上下動になりました。
米GMの第3四半期暫定決算では、
最終損益が−11億5100万ドルとなりましたが、
営業キャッシュフローでは33億ドルの黒字になりました。
米小売売上高(10月)は市場予想より強い1.4%、
NY連銀製造業景気指数(11月)は市場予想より弱い23.51になりました。
米企業在庫(9月)は市場予想よりは強い−0.4%になりました。
格付け会社のフィッチが
「米国の中小金融機関の不動産関連クレジットのリスクは高い。」
との見解を発表しました。
米バーナンキFRB議長の講演では
「ドルの価値の変化に注意している。
最近のドル安は安全資産への資金流入の巻き戻しを反映。
金利を長期間の低水準とすることは正当化される。
来年末までに失業率がかなり高くなる可能性を懸念している。
大き過ぎて潰せない問題は、取り組むべき重要な課題。
財政赤字は持続不可能で持続可能な財政軌道を見出す必要。」
などの見解と認識を示しました。
英BOE政策委員が
「英経済の短期的な経済ニュースは非常にポジティブ。
インフレ報告は長期緩和的政策が高リスクとなることを示す。」
などの認識を示しました。
フィラデルフィア連銀調査では
「2009年第4四半期GDPの見通しを2.7%へ上方修正。
2010年第1四半期GDPの見通しを2.3%へ下方修正。」
となりました。
NY原油は78ドル台後半で取引を終えました。
NYダウは前週末比+136.49ドルで取引を終えました。

<昨日17日(火)の主な出来事>

東京時間では、
主要通貨ペアの多くが上下動の揉み合いになりました。
豪ドルが軟調になりました。
日第三次産業活動指数(9月)は4ヶ月ぶりのマイナスになって
市場予想より弱い−0.5%となりました。
豪RBA政策会合議事録では、
「景気が予想通りに回復すれば緩やかな利上げの可能性。
刺激策の縮小は賢明だが引き締めのペースは未定。
豪GDP見通しは数年で徐々に改善。
豪ドルの上昇が生産とインフレを抑制する可能性。」
などの認識が公表されました。
オバマ米大統領が
「人民元相場を市場原理に近づける中国の意向を歓迎。
中国と台湾の関係改善と緊張緩和を称賛する。」
などの認識を示しました。
日経平均は前日比−61.25円で取引を終えました。

ロンドン時間では、
ドル円が軟調となった後に急反発して、
ドルストレートの多くが軟調傾向になりました。
英BOEの政策委員が
「市場の回復は信頼感の回復につながる。
短期的な消費者物価指数は2%を下回る可能性。
BOEは引き締めを考える段階に入っていない。」
などの認識を示しました。
欧州委員が「中国は経済不均衡に立ち向かうべき。
保護主義が経済回復の最大の脅威。
ユーロ圏に金利を急いで引き上げる理由はない。」
との見解を示しました。
IMFの専務理事が
「世界は一国の通貨にいつまでも依存できない。
世界経済の二番底は予想していない。
人民元の上昇が中国の内需拡大につながる。」
などの認識を示しました。
中国上海株式市場は前日比+7.8ポイントで引けました。
金の先物価格が下落しました。
スイス実質小売売上高(9月)は前年比で−1.6%になりました。
英消費者物価指数(10月)は市場予想より強い0.2%になりました。
トリシェECB総裁が
「強いドルが米国の国益であることに同意。
一部の国々は財政の信頼性を失いかけている。
財政赤字の問題は、フランスだけの問題ではない。」
などの認識を示しました。
欧貿易収支(9月)は37億ユーロになりました。

ニューヨーク時間では、
ドル円が上下動の揉み合いになって、
ドルストレートも下げては上げる揉み合いになりました。
米生産者物価指数(10月)は市場予想より弱い0.3%になりました。
米長期TICフロー(9月 対米証券投資)は、
市場予想より強い407億ドルになりました。
米鉱工業生産(10月)は0.1%、設備稼働率(10月)は70.7%と、
ともに市場予想より弱い結果になりました。
リッチモンド連銀総裁が
「GDPが2%を上回るのは来年もしくは再来年。
米国の悪い財政は問題である。」
などの認識を示しました。
米ファニーメイが
「2010年に米国の住宅着工件数は35%上昇の可能性。」
との見解を発表しました。
トリシェECB総裁が
「米当局者の強いドルのコメントを歓迎。
強いドルは世界経済に利益。」
との認識を示しました。
米NAHB住宅市場指数(11月)は市場予想より弱い17になりました。
ユーログループ議長が
「ユーロは問題のある水準には達していない。
強いドルは米国の利益である。」
との見解を示しました。
NY原油は79ドル台前半で取引を終えました。
NYダウは前日比+30.46ドルで取引を終えました。

<今日18日(水)の主な予定>

午前9時に豪Westpac先行指数(9月)、
午前9時半に豪第3四半期賃金コスト指数、
午後3時に日工作機械受注確報(10月)、
午後5時40分から欧トリシェECB総裁講演、
午後6時に欧経常収支(9月)、
午後6時半に英BOE議事録、
午後7時に欧建設支出(9月)、
夜9時に加消費者物価指数(10月)、
夜10時半に米消費者物価指数(10月)、米住宅着工数(10月)、
などの経済指標が発表されます。
英・加・米の指標には注目です。

<明日19日(木)の主な予定>

午後1時半に日全産業活動指数(9月)、
午後2時に日景気先行CI指数確報(9月)、日景気一致CI指数確報(9月)
午後4時15分にスイス貿易収支(10月)、
午後6時半に英小売売上高指数(10月)、
夜10時半に米新規失業保険申請件数、
同夜10時半に加国際証券取扱高(9月)、景気先行指標指数(10月)、
深夜12時に米景気先行指標指数(10月)、
フィラデルフィア連銀指数(11月)、
深夜1時から欧トリシェECB総裁講演、
などの経済指標が発表されます。
英・加・米の指標には注目です。

<週末でゴトウ日の20日(金)の主な予定>

朝7時50分から加BOC総裁講演、
正午過ぎに日政策金利発表、(市場予想は据え置き)
午後4時に独生産者物価指数(10月)、
午後4時半に日銀総裁記者会見、
午後5時から独連銀総裁講演、
午後6時15分からスイスSNB総裁講演、
午後7時半から欧トリシェECB総裁講演、
などが予定されています。

さて、週はじめに発表された米GMの第3四半期暫定決算では、
最終損益が−11億5100万ドルとなりましたが、
営業キャッシュフローでは33億ドルの黒字になりました。
そして12月までに米政府に10億ドル、加政府に約2億ドルの
返済を、さらに四半期ごとに同額の返済をして
2011年秋までに両政府からの公的資金のうち、
負債に繰り入れられた81億ドルを完済すると発表しました。

また、16日の米バーナンキFRB議長の講演では
「ドルの価値の変化に注意している。最近のドル安は
安全資産への資金流入の巻き戻しを反映。金利を長期間の
低水準とすることは正当化される。」との見解を示したことで、
一時ドルが買い戻される場面もありましたが、
ドル売り動意が続きました。

そして、豪ドルはRBA政策会合議事録で
「景気が予想通りに回復すれば緩やかな利上げの可能性。」
としながらも、「刺激策の縮小は賢明だが引き締めの
ペースは未定。豪ドルの上昇が生産とインフレを抑制する可能性。」
との見解が発表されたこともあって軟調になりました。

一方、報道によりますと、IMFの発表によれば主要20ヵ国の
財政赤字のGDP比率が危機前の2007年に1%程度であったものが、
09年の推定では7.9%に上昇しているとして、
国別では「米国が09年12.5%」「日本が09年10.5%」
「中国が09年3.9%」になる可能性があるとして、
財政悪化による長期金利の上昇懸念が高まっているとのことです。

また、米中首脳会談では、戦略的信頼を構築して
世界経済回復へ連携することになりましたが、
「元相場の柔軟性を高めることが世界的な貿易不均衡の
是正につながる。」と主張する米に対して、
中国側が「元相場と貿易不均衡は無関係(中国商務省)」
との見解を示し、平行線となったところもあったようです。

さて、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の3ヶ月物では
ドルが円を下回ってもいるとのことで、
中期的なドル売り傾向は続いていますが、
17日にはドルストレート通貨ペアが軟調になるなど、
ときにリスク回避でのドルキャリーの巻き戻しの動きも
見られることから、短期的には柔軟なスタンスで
トレードしていきたいものです。


さて今日は、欧州連合(EU)のお話です。

以前から欧州理事会常任議長のポストを
「EU大統領」という俗称で呼ぶことはあったようですが、

先日、チェコがリスボン条約の批准文書に署名したことで、
EU加盟の27ヵ国すべての批准手続きが完了して、
リスボン条約が12月1日に発効することになって、
EUに本当の大統領が誕生することになるそうですね。

また、アルバニアもEU加盟国候補として承認されて、
既に加盟承認となっているクロアチア、トルコ、マケドニアなど、
やがてEUは31ヵ国を超えることになりそうです。

そして、欧州連合の全体のGDPでは米国のGDPをも凌ぐのだそうで、
文字とおりの超国家が誕生することになります。

ユーロ圏としては、
BMWの生産台数が危機前の水準に戻ったというドイツと、
そしてフランスとで欧州経済の4割近くを担っていますが、

欧州連合(EU)の加盟国のそれぞれは、
いろいろなお家の事情があるそうで、

金融危機後の通貨クローナの下落で輸入コストが増加して
マクドナルドが撤退したアイスランドや、

9月の失業率が19%にも達して、
「失業中は通話料を半額にします。」という
通信会社のサービスまでがあるというスペインや、

経済の低迷しているエストニアやラトビアや
リトアニアなどのバルト三国もあり、

また、現在のEU加盟27ヵ国のうち20ヵ国が
財政赤字をGDP比3%以内に収めるとする
財政協定に違反しているのだそうで、

そしてまた、一説によりますと、
欧州の金融機関のデリバティブズによる不良資産や簿外は
米銀のそれよりも多いのではないかとの噂もあるようで、

経済的にはマダラ模様となっているようですね。

まぁ、書店に並ぶ本のように悪いことをあげつらえば
いろいろあるようですが、(苦笑)

中国とともに世界最大級の市場でもあり、
EUのさらに力強い発展を願いたいものです。

相互依存が深まるグローバル化の時代では、
協調と協働が理想論ではない具体的テーマになって、

綺麗ごとではなく各国が自国の枠だけに偏せず
手を取り合って行かなくてはならないようですね。

ところで、

アジアの国々の中にも域内通貨の構想があり、
BRICsの国々でも新たな準備通貨についての討議があり、
石油産出国の国々にも新たな域内通貨の話し合いもあり、

そして、IMFのSDRを利用した準備通貨も
しばしば話題となっているようで、

「そんなの杞憂だよ。」と笑われてしまいそうですが、

将来の為替取引はどのようになるのでしょう。

少し遠い未来では通貨交換というものが
なくなってしまうのでしょうか…。

賭博黙示録の主人公のカイジが行った地下帝国では、
仮想通貨単位でビール1本が5,000ペリカでしたが、

「ビール1本30ワールド(仮想通貨単位)」なんて
時代も来るのでしょうか。(笑)

「あんた妄想で頭イカレているんじゃないの?」

はい。こりゃまた失礼しました。 m(_ _)m


FX 「敵方の失敗は蜜の味」のお話

バレーボールのワールドグランドチャンピオンズ杯で、
日本の女子チームが惜しくもイタリアチームに負けて、
メダルには届きませんでしたが白熱した好試合でしたね。

<先週末13日(金)の主な出来事>

東京時間では、
ドル円が軟調傾向の揉み合いになって、
ドルストレートが堅調傾向の揉み合ういになりました。
REINZ住宅価格指数(10月)は前月より弱い1.3%になりました。
英航空最大手ブリティッシュ・エアウェイズと、
スペイン最大手のイベリア航空との2010年末までの経営統合が
合意になったことが報道されました。
NZ財務相が「NZのリセッション回復は遅い。
米ドルはさらに下落することはありえるが、
NZドルの上昇は企業圧力となる。」
などの認識を示しました。
世界銀行が「世界経済は失業率に伴うリスクに直面している。」
との見解を発表しました。
日鉱工業生産確報(9月)は2.1%、日設備稼働率(9月)は1.6%、
になりました。
日消費者態度指数(10月)は市場予想より強い40.8%になりました。
日経平均は前日比−34.18円で取引を終えました。

ロンドン時間では、
ドル円が一時反発を見せた後に下落して、
ポンドドルが堅調になって、
ユーロドルが反発した後に軟調になりました。
中国の国家主席が
「世界経済の拡大は確固たるものではない。
危機は保護主義的な動きを高めた。内需拡大が焦点となる。」
などの認識を示しました。
独第3四半期GDP速報は2四半期連続のプラスになりましたが、
市場予想より弱い0.7%になりました。
IMFの専務理事が
「米国は予想より早く回復しつつある。
米国が二番底になるとは思っていないが、
景気回復は依然として鈍い。世界にはダウサイドのリスクがある。
多くのアジアの通貨が過小評価されている。ユーロは過大評価。
新興国市場への資本フローが再燃している。
一部の新興国は危機の支援策を巻き戻す必要。」
などの見解を示しました。
中国上海株式市場が一時軟調になったものの、
前日比+14.70ポイントで引けました。
スイス生産者輸入価格(10月)は
市場予想より弱い−0.4%になりました。
欧第3四半期GDP速報は市場予想より弱い0.4%になりました。

ニューヨーク時間では、
ドル円が軟調傾向の揉み合いになって、
ドルストレートが軟調になった後に反発して
揉み合う相場展開になりました。
ECBの専務理事が
「非標準的措置の解除は状況による。
経済が縮小している状況でも利上げを除外できない。
第4四半期の成長はプラスの見込み。
インフレなど利上げを必要とする時に利上げを行う。」
との認識を示しました。
カナダの国際商品貿易(9月)は−9億カナダドル、
カナダ新車販売台数(9月)は1.2%と、
ともに市場予想より強い結果になりました。
米貿易収支(9月)は−365億ドル、米輸入物価指数(10月)は0.7%と、
ともに市場予想より弱い結果になりました。
米ミシガン大学消費者信頼感指数速報(11月)は
市場予想よりかなり弱い66.0になりました。
米シカゴ連銀総裁が
「2四半期の間は失業率が更に悪化する可能性。
失業率低下にはまだ時間を要する。」
との見解を示しました。
NY原油は76ドル台前半で取引を終えました。
NYダウは前日比+73.00ドルで取引を終えました。

<週はじめの今日16日(月)の主な予定>

朝6時45分にNZ第3四半期生産者物価(投入高・生産高)、
朝8時50分に日第3四半期実質GDP速報、日第3四半期名目GDP速報、
午前9時01分に英ライトムーブ住宅価格(11月)、
午後7時に欧消費者物価指数(10月)、
夜10時半に米小売売上高(10月)、米NY連銀製造業景気指数(11月)、
同夜10時半に加製造業出荷(月)、
深夜12時に米企業在庫(9月)、
深夜2時15分から米バーナンキFRB議長講演、
などの経済指標が発表されます。
日・米の指標には注目です。

<明日17日(火)の主な予定>

朝8時50分に日第三次産業活動指数(9月)、
午前9時半に豪RBA政策会合議事録、
午後5時15分にスイス実質小売売上高(9月 前年比)、
午後6時半に英消費者物価指数(10月)、英小売物価指数(10月)、
午後7時に欧貿易収支(9月)、
夜10時半に米生産者物価指数(10月)、
夜11時に米ネット長期TICフロー(対米証券投資 10月)、
夜11時15分に米鉱工業生産(10月)、米設備稼働率(10月)、
深夜2時から欧トリシェECB総裁講演、
深夜3時に米NAHB住宅市場指数(11月)、
などの経済指標が発表されます。
豪・英・米の指標には注目です。

そして、今週の18日(水)からの主な注目材料は、

18日(水)に、豪Westpac先行指数(9月)、豪第3四半期賃金コスト指数
日工作機械受注確報(10月)、欧トリシェECB総裁講演、
欧経常収支(9月)、英BOE議事録、欧建設支出(9月)、
加消費者物価指数(10月)、米消費者物価指数(10月)、
米住宅着工件数(10月)、米建設許可件数(10月)、

19日(木)に、日全産業活動指数(9月)、日景気先行CI指数確報(9月)、
日景気一致CI指数確報(9月)、スイス貿易収支(10月)、
英小売売上高指数(10月)、米新規失業保険申請件数、
加国際証券取扱高(9月)、加景気先行指標指数(10月)、
加卸売売上高(9月)、米景気先行指標総合指数(10月)、
米フィラデルフィア連銀指数(11月)、欧トリシェECB総裁講演、

20日(金)に、加BOC総裁講演、日政策金利発表、
独生産者物価指数(10月)、日銀総裁記者会見、独連銀総裁講演、
スイスSNB総裁講演、欧トリシェECB総裁講演、

などがあります。

さて、先週の後半は米30年債の入札が不調に終わったことで
米長期金利が一時上昇して米ドルが買い戻される場面も
ありましたが、米ドルが実効相場ベースで
約1年3ヶ月ぶりの安値となっています。

また、12日付けのウォールストリート・ジャーナル紙によりますと、
ロシア、タイ、ブラジル、韓国、インド、その他諸国が
ドル買い介入策を実施して、同紙での取材では
過去2ヶ月でドル買い介入の総額は1500億ドル規模に達した
との試算もあるようです。

一方で、経済不均衡が指摘される中、17日の米中首脳会談を前に、
中国人民銀行は11日に発表した「四半期の通貨政策報告書」で
「国際資本の流れと主要通貨の動きの変化を考慮する。」として、
より柔軟に人民元の切り上げペースを拡大していく示唆をした
とのことで、今後、「ドル買い人民元売りが緩和」になること
によって、一部では米の金融緩和の長期化観測による
ドル安をさらに助長することになるのではないか
とする向きがあるとともに、人民元の切り上げ傾向に連れて
円高圧力になるとの観測もあるようです。

他方、報道によりますと、世界的な金融緩和で
市場に出回ったマネーが景気回復期待で新興国の株式市場や
金や原油などのコモディティ市場に流入して、
米欧の株価指数が年初来の安値水準であった3月上旬から
5割前後の上昇に対して、ブラジルでは8割、
ベトナムやインドでは2倍超も上昇して、
金も1100ドルを超える水準まで上昇していて、
一部ではやや遅滞感も出てきた実体経済とかけ離れた
「ミニバブル」と見る向きや、行き過ぎたドルキャリーの
巻き戻しを懸念する向きもあるとのことです。

さて、今週のアナリスト予想ですが、日長期金利が一転して
急低下して1.3%台で推移することになったことや、
資源国通貨がコモディティ市場の動向を背景に
中期的に堅調に推移していることから、
リスク選好の動意でキャリーでの調達通貨となる円とドルが
安くなると見る向きがある一方、

日本の財政不安と人民元の緩やかな切り上げに伴い円高になる
と見る向きもあるようです。

また、今年は多くのファンド勢が好業績をあげているため、
早々と年内の取引を手仕舞う動きもみられているとして、
今月11月がファンドの決算月でもあることから、
いったんの持ち高解消でドルを買い戻す動きによって
一時の波乱になる可能性を指摘する声もあるようです。

そして、シンガポールで開かれていたAPECでは
「持続的な景気回復が確保されるまで景気刺激策を維持する」
ことなどを盛り込んだ首脳宣言を採択して閉幕しましたが、
「市場主導の為替相場」に関する言及が削除されたとのことで、
これが各国政府の介入観測となるか市場反応は不明ながら、

中期的なドル安基調ではあってもファンド筋の
いったんの手仕舞いなどによる振幅の大きな上下動になる
可能性もあるようで、流れに乗りながらも機敏にトレードして
いきたいものです。


さて今日は、「敵方の失敗は蜜の味」のお話です。(笑)

よく商売でも同業のことを「商売敵(かたき)」などといって、
シェア争いということもあってか、
同業の繁栄はこちらにとっては良くないこととして、
火花を散らすことがありますね。

暖簾(のれん)わけでさえ、

「今までよう頑張って働いてくれましたなぁ。
 お前はんの独立は心から嬉しい。頑張りや。」

と徒弟の独立に快く甲斐性をみせる
ドラマの中のような旦那衆もいたもようですが、(笑)

「ええか。今日からお前とワシとは商売敵や!」

と敵意むき出しの主(あるじ)も少なくなかったようです。

と、まぁ、同業の多くは敵同士でもあるわけですが、(苦笑)

日本の一昔前の問屋などでの「株仲間」や
中世の商人ギルドなど、商売敵が協同する
現代の組合や共同体にも似た寄り合いはあったようです。

ところで、

ゼロサムゲームという面もある相場の世界では
「自分以外は皆敵方」ようなところもありそうで、

その時々で買い方と売り方の組に分かれての戦いでもあって、

買っている時は買い方が味方ですが、
いつ味方であるはずの買い方が
売り方に翻(ひるがえ)るかも知れず、

戦々恐々、疑心が暗鬼になって、
心底、買い方仲間を信じることなど出来ませんね。(苦笑)

むしろ、

買い方にとって敵となる売り方の失敗こそが、
「吉報」である場合が多く、

ときに「相手方の失敗(フェイラー)」が、
急転には遅延することがありがちなテクニカル指標よりも
「信頼度の高いサイン」になることもありますね。

下降ブレークが不発となった「失敗のブレークアウト」は、
少し安心感のある買いのチャンスになったり、

下降トレンドが進んだ後にいったん反発して、
そしてまた再び下降のトレンドに復帰しようとトライになるも、
その下降も反発にあって失敗(フェイラー)となると、

いわゆる「ダブル・ボトムの形」となって、
買い場となることがありますね。

また、見方によれば、

押し目買いも一種の「売り方の失敗(フェイラー)」
を機会としたトレードといえるのかもしれません。

まさに「敵の失敗は蜜の味」というわけですが、

モメンタムに追従しようとする順張りのはじめも
上下に波を描く相場なれば、
敵方の失敗をしっかり見届けたトレードともいえそうです。

また、特に逆張りであれば、穿(うが)った見方をしますと、
敵方の失敗を虎視眈々と狙う
「敵方の失敗待ち」のようなところはありますね。(苦笑)

「まける人のおかげで勝てるんだよなぁ」

と、"相田みつを"さんのように感謝の達観まではできなくても、

勝つか負けるかの修羅の世界の相場では、

負ければ敵方の肥やしとなる、食うか食われるかの戦いでもあり、

いやらしくも敵方の失敗を待ち焦がれることは
きっと、許されることなのでしょうね…。

敵方の失敗はコチラにとっては蜜の味、

「敵方負けろ、敵方しくじれ。」

なんと言うことを…、(大笑)

トレードとは、なんと因果な仕事なのでしょう。(爆)

やはり、

こんな罰当たりなこと言ってちゃいけませんかねぇ。。。m(_ _)m


FX 生存者バイアスのお話

パソコンの1台をウィンドウズ7にしてみたのですが、
使えなくなったアプリケーションがいくつもあって、
またしばらくビスタを使うことにしました。 (^^;)

<週はじめ9日(月)の主な出来事>

米雇用統計とG20後となる市場オープンでは
主要通貨ペアの多くが上窓を空けてのスタートとなりました。
東京時間では主要通貨ペアが上下動しながらも
堅調傾向で推移しました。
ECBの専務理事が
「利上げと流動性引き締めへの言及は時期尚早。」
との認識を示しました。
英首相が「最近のデータは楽観に根拠を与えるが
刺激策を打ち切る理由にはならない。
国際的な銀行への救済資金の検討が必要。」
などの見解を示しました。
格付け会社のムーディーズが中国の格付けを
"ポジティブ"に引き上げました。
日経平均は前週末比+19.64円で取引を終えました。

ロンドン時間では、
ドル円が軟調傾向の揉み合いになって、
ポンドが上昇した後に軟調になりました。
ユーロや豪ドルは上下動しながらも堅調に推移しました。
独貿易収支(9月)は市場予想より弱い106億ユーロ、
独経常収支(9月)は市場予想より強い94億ユーロになりました。
中国上海株式市場は前週末比+11.55ポイントで引けました。
独鉱工業生産(9月)は市場予想より強い2.7%になりました。
トリシェECB総裁が
「金融市場の改善と景気降下の終了が観測される。
持続可能な財政軌道に戻ることを求める。
経済成長は予想よりわずかに良好。」
などの認識を示しました。

ニューヨーク時間では、
主要通貨ペアがまちまな上下動の揉み合いになりました。
カナダの住宅着工件数(10月)は
市場予想よりは弱い15.73万件になりました。
欧州経営者連盟が
「ユーロは産業界にとって痛みの分岐点に到達。
雇用では単一通貨の上昇に深い懸念。」
との声明を出しました。
オランダの財務相が
「時期尚早の出口戦略の実施は避けるべき。
出口戦略の実施時期は2011年と予想する。」
などの見解を示しました。
NY原油は79ドル台前半で取引を終えました。
NYダウは年初来高値を更新して
前週末比+203.52ドルで取引を終えました。

<昨日10日(火)の主な出来事>

東京時間では、
ドル円が上下動の揉み合いになって、
ドルストレートが軟調傾向の揉み合いになりました。
ポンドがロンドン時間前に急落しました。
オバマ米大統領が
「通貨の評価は不均衡の一因となる。
中国は巨額のドル資産を保有している。
米国の繁栄は中国にとっても重要なこと。
米国は強い輸出戦略なしでは製造業を立て直すことが困難。」
などの認識を示す発言をしました。
日国際経常収支(9月)は市場予想より強い1兆5679億円になりました。
日国際貿易収支(9月)は市場予想より弱い5992億円になりました。
英RICS住宅価格(10月)は市場予想より強い34.0%になりました。
豪NAB企業景況感(10月)は12、豪NAB企業信頼感(10月)は16と、
好結果になりました。
日財務相が「日長期金利の上昇を危惧している。」
との認識を示しました。
FRBの理事が「米国にとって財政不均衡が中心問題になる。」
との見解を示しました。
英紙が「新たに導入される自己資本規制は
欧銀の融資に影響を与える可能性。」
との観測報道をしました。
日景気ウォッチャー調査(10月 現況判断DI)は40.9、
日景気ウォッチャー調査(10月 先行判断DI)は42.8になりました。
格付け会社のフィッチが
「日国債発行額が44兆円を大幅に上回れば格付け見直しが必要。
英国は主要国で最もAAA格付けを失うリスクがある。
主要国は財政再建計画を明確化して2011年に実行する必要。」
などの見解を発表しました。
日工作機械受注速報(10月)は前年比で−42.6%になりました。
日経平均は前日比+61.74円で取引を終えました。

ロンドン時間では、
ドル円が反発して、ドルストレートが上げては下げる
上下動の揉み合いになりました。
独消費者物価指数確報(10月)は市場予想とおりの0.1%になりました。
中国上海株式市場は前日比+3.03ポイントで引けました。
スイスSNBの理事が
「歴史的低金利は中期的に金融と物価安定を脅かすリスク。」
との認識を示しました。
オランダ財務相が「強いユーロを懸念していない。」
との見解を示しました。
英商品貿易収支(9月)は市場予想より弱い−71.94億ポンド、
英DCLG住宅価格(9月 前年比)は、
市場予想よりは強い−4.1%になりました。
独ZEW景況感調査(11月)は市場予想より弱い51.1になりました。
欧ZEW景況感調査(11月)は市場予想より弱い51.8になりました。
独首相が「2010年の財政赤字はGDPの5%を見込む。
危機は当面の経済の重荷になる可能性。
目標はより強い成長だが成功の保証はない。」
などの認識を示しました。
ルクセンブルク中銀総裁が
「ECBは12月に経済見通しを上方修正する可能性。」
との見解を示しました。

ニューヨーク時間では、
ドル円が軟調になった後に揉み合いになって、
ドルストレートが上下動の揉み合いになりました。
日財務相が
「ガイトナー米財務長官との会談で、
米国は強いドルを望んでいることを確認。
ユーロと円の上昇原因はドル安。
経済回復へ日米の協調が大切。
世界が通貨安競争を行うことは好ましくない。」
などの認識を示す発言をしました。
スイスSNB理事が
「SNBの金融政策は目標に到達。
政策スタンスは変更の理由はない。
緩和的な金融政策を維持する。」
との見解を示しました。
アトランタ連銀総裁が
「商業用不動産市場は景気回復を弱める要因となる可能性。
経済は政府による支援策に支持されている。
住宅価格は底を打った可能性。銀行の信用損失は今も拡大。
個人所得は横ばいか低下していて懸念される。」
などの認識を示しました。
ECB理事が「独の第3四半期GDPは予測よりも良い可能性。」
との見解を示しました。
サンフランシスコ連銀総裁が
「高い失業率は数年続く可能性。
経済は脆弱な状況。経済の回復が持続的であるか疑問。
住宅市場は安定しつつあるも差し押さえ物件が圧迫。
労働市場の弱さは景気回復へ影響。」
などの認識を示しました。
RBNZ金融安定報告では、
「NZドルの上昇は持続不可能。経常収支に悪影響。
NZ経済は安定しているが脆弱。
NZの金融システムはしっかりしているがリスクは拡大。
NZドル高は経済のリバランスを阻害。」
などの見解を発表しました。
NY原油は79ドル台前半で取引を終えました。
NYダウは前日比+20.03ドルで取引を終えました。

<今日11日(水)の主な予定>

(仏・加・米国が休場)
(ガイトナー米財務長官が来日中)
朝8時半に豪Westpac消費者信頼感指数(11月)、
同朝8時半に日機械受注(9月)、
午後6時半に英失業率(10月)、
午後7時半に英BOE四半期インフレリポート、
などの経済指標が発表されます。
英の指標には注目です。
ガイトナー米財務長官と日首相との会談も予定されています。

<明日12日(木)の主な予定>

朝6時45分にNZ小売売上高(9月)、NZ第3四半期小売売上高、
朝8時50分に日国内企業物価指数(10月)、
午前9時に豪消費者インフレ期待(11月)、
午前9時半に豪失業率(10月)、豪新規雇用者数(10月)、
午後6時に欧ECB月例報告、
午後7時に欧鉱工業生産(9月)、
夜10時半に米新規失業保険申請件数、
同夜10時半に加新築住宅価格指数(9月)、
深夜4時に米月次財政収支(10月)、
同深夜4時からトリシェECB総裁講演、
などの経済指標が発表されます。
NZ・豪・欧・米の指標には注目です。
またこの日、米国の30年債が160億ドル規模で入札予定です。

<週末13日(金)の主な予定>

(オバマ米大統領が来日)
午後1時半に日鉱工業生産確報(9月)、
午後2時に日消費者態度指数(10月)、
午後4時に独第3四半期GDP速報、
午後5時15分にスイス生産者価格(10月 輸入・輸出)、
午後7時に欧第3四半期GDP速報、欧消費者物価指数(10月)、
夜10時半に米貿易収支(9月)、米輸入物価指数(10月)、
同夜10時半に加国際商品貿易(9月)、加新車販売台数(9月)、
夜11時55分に米ミシガン大学消費者信頼感指数速報(11月)、
などの経済指標が発表されます。
独・欧・米の指標には注目です。

さて、米雇用統計とG20財務相・中央銀行総裁会議後の
週はじめの市場オープンでは、G20で景気刺激策の継続が
確認されたことや、為替について直接的な言及がなかった
こともあってか、主要通貨ペアが上窓を空けての
スタートとなりました。

その後も、オバマ米大統領が「米国は強い輸出戦略なしでは
製造業を立て直すことが困難。」と、ドル安容認の意向とも
取れる発言をしたことなどもあって、ドル売り基調で
推移しましたが、翌10日(火)には格付け会社のフィッチが
「英国は主要国で最もAAA格付けを失うリスクがある。」と
発表したことで、一時ポンドが下落してリスク回避の
動意になるなど、ドル売り基調ながら
上下動の忙しい相場になっているようです。

また、報道によりますと、9日の日債券市場では
指標となる新発10年物国債利回りが前週末比0.025%高い
1.475%まで上昇して、約4ヶ月半ぶりの高い水準に
なったとのことで、1.5%台に乗せるのも時間の問題という
意見が多く、アナリストの中にはやがて1.6%台乗せも
予想する向きがあるとのことで、円高圧力が懸念される
状況もあるようです。

一方、今週は米国も12日に30年債を160億ドル規模で
入札予定でとのことで、応札状況やそれに伴う金利動向が注目され、
一部では波乱を懸念する向きもあるようです。

また、報道によりますと、英RBSやスイスUBSなど
業績の悪化した金融機関もあるものの、
金融市場の改善を背景に欧州大手銀行の投資銀行部門が好調で
ドイツ銀行、クレディ・スイス、サンタンデール(スペイン)などが、
第3四半期決算で大幅黒字を計上してるとのことです。

さて、週の後半ですが、11日の英BOE四半期インフレリポートや、
週末の独欧のGDP速報、そして米ミシガン大学消費者信頼感指数速報
などが注目されます。流れに乗りながらも機敏にトレードして
いきたいものです。


さて今日は、生存者バイアスのお話です。

「統計による数字」という言葉を聴くと
人は盲目的に信じてしまう傾向がありますが、

その統計の基となるサンプルに偏りがあると
ときにとんでもない錯覚と誤謬を
生じさせてしまうことがありますね。

第二次世界大戦当時でも、科学的な分析手法の
ひとつとして統計学が用いられてきましたが、
とても興味深いエピソードが知られています。

当時、米軍は戦闘機の改良のために
帰還した戦闘機の被弾状況を詳しく調べる
プロジェクトがあったのだそうですが、

果たしてその調査では、特定の部分に
被弾が多いことが統計的に発見されました。

「この被弾の多い部位を補強して改善すれば
 パイロットの命をより守ることが出来る。」

リポートはそのようにまとめられようとしていましたが、

プロジェクト・メンバーの1人の学者から
異論が提出されました。

「いや…。それは違う。結論は間違っている。
 これは生存者バイアスによる統計だ。」

いぶかるメンバーにその学者は静かに語り始めました。

「いいですか…。
 この統計の基となっているデータは、
 帰還できた戦闘機のデータなのですよ。」

「………?」

「帰還した戦闘機で多く分布している被弾箇所は
 そこに被弾してもパイロットが致命傷に
 ならなかったことを示しているのです。
 なぜかなれば、彼らは生きて帰ってきたからです。」

「………。」

「撃墜された戦闘機のデータがないのでよくは解らないが…、
 被弾して生きて帰れなかっったということは
 別の弱い部位に被弾して墜落したと考えるのが
 合理的のように思えるが、どうなのだろうか。」

「………!」

「つまり、補強して改善すべき部位は
 被弾の多いところなんかじゃない!!
 被弾の少ないところこそ補強して改善すべきである!」

結論がまったくといってよいほど正反対となってしまった
有名な生存者バイアスのエピソードですが、

統計以前の根本的な問題として

「サンプルが公平で偏りがないものかどうかの
 検証こそが最初によく検討されるべき」

ということのようですね。

また、

米国の経済学者ジャーカー・デンレル氏による
「成功した企業」の統計調査の事例でも、
とても興味深い結論になりました。

その統計調査では
「積極的で大胆な経営方針の企業ほど成功している。」
という結論となりましたが、

これも「成功している企業」という
偏ったサンプルに因るもので、

同様に「倒産した企業」の統計調査でも、
「積極的で大胆な経営方針の企業ほど倒産している。」
という結論になったのだそうです。(苦笑)

つまり、積極的で大胆な企業は、

「成功すると大きな成果を得るが、
 失敗すると破綻することが多い。」

ということで、積極的で大胆な経営は
良きにつけ、悪しきにつけ、ブレが大きく、

「高リスクの経営である。」というのが
公平なサンプルでの結論になったのだそうです。(笑)

かつてのリーマンブラザーズもこのとおりとなりました。

まさに「統計の落とし穴」ですが、

トレードでもこのような錯覚や誤謬がありますね。

大儲けした人が

「たまたま無謀な建て玉でうまく行った人」

である場合があったり、(苦笑)

2005年〜2007年の3年間のデータでの
素晴らしい結果となったトレード・システムが
もしかしますと、

「円安の著しい偏った傾向のあるその時期だけに適合する
 カーブ・フッティングされたシステム」

であったことなどもあったかもしれません。

また、

レートの動きに影響を与えるファンダメンタルズも
一説では200以上も構成要件があるそうですが、

その時々で主要な注目テーマは異なるものの、

「AとBの理由により上げた(下げた)」

などと、1つ2つの事由で決定的な説明ができないことも
けっこうありますね。

悪い重要指標の発表で上昇することなども日常茶飯事です。

「そういえば、あの時、
 確か相場はこう動いたよなー。」

という歴史の繰り返しを思うときにも、

ひとつの偏ったバイアスでの
推定となってしまう可能性もありそうで、(苦笑)

「こうなるはずだ。」の思い入れは
ほどどが良いのかもしれませんね。^^


FX ベルリンの壁と相場のお話

今週の10日(火)〜11日(水)にはガイトナー米財務長官が、
そして13日(金)〜14日(土)にはオバマ米大統領が来日しますね。

<先週末6日(金)の主な出来事>

東京時間では、
ドル円がやや軟調傾向の揉み合いになって、
ドルストレートがやや堅調傾向の揉み合いになりました。
豪RBA四半期金融政策リポートでは、
「09年のGDP見通しは1.75%へ(大幅)上方修正。
段階的に追加利上げを実施。09年のコアインフレの見通し3.25%。
2010年のGDP見通しは3.25%、コアインフレの見通し2.25%。
米・欧の金利は2010年半ばまで上昇しない可能性。」
などの見解を発表しました。
日景気先行CI指数速報(9月)は市場予想より強い86.4、
日景気一致CI指数速報(9月)は市場予想とおりの92.5になりました。
日経平均は前日比+71.91円で取引を終えました。

ロンドン時間では、
ドル円が下げては上げる上下動になって、
ドルストレートが上げては下げる上下動になりました。
スイス失業率(10月)は市場予想とおりの4.0%になりました。
中国上海株式市場は前日比+8.98ポイントで引けました。
英銀RBSの第3四半期決算では、
15億ポンドの営業赤字となって、
1株当たり損失が0.03ポンドになりました。
英生産者仕入価格(10月)は市場予想より強い2.6%、
英生産者出荷価格(10月)は市場予想より弱い0.2%になりました。
独製造業受注(9月)は市場予想よりやや弱い0.9%になりました。
オーストリア中銀総裁が
「ECBはまず流動性を解除して、それから利上げを行う。」
との見解を示しました。

ニューヨーク時間では、
ドル円が下落した後に揉み合いになって、
ドルストレートの多くが下げた後に反発する展開になりました。
ユーロドルは下げて上げてまた下げる激しい上下動になりました。
カナダの失業率(10月)は市場予想より弱い8.6%、
カナダ雇用ネット変化率(10月)は、
市場予想よりかなり弱い−4.32万人になりました。
注目の米雇用統計では、
非農業部門雇用者数変化が市場予想より弱い−19.0万人、
失業率(10月)は市場予想より弱い10.2%になりました。
製造業雇用者数変化も市場予想より弱い−6.1万人になりました。
米卸売在庫(9月)は市場予想よりは強い−0.9%になりました。
金の先物価格が一時1,100ドルを超えました。
オバマ米大統領が「景気回復には時間と忍耐が必要。」
との認識を示しました。
ECB専務理事が
「出口戦略の論議は近い将来の行動や利上げを示唆していない。」
との見解を示しました。
英財務相が「時期尚早の刺激策解除は経済に大きなリスク。」
との認識を示しました。
英消費者信用残高(9月)は統計開始以来の最低となる
市場予想より弱い−148億ドルになりました。
NY原油は77ドル台前半で取引を終えました。
NYダウは上下動になりましたが、
前日比+17.46ドルで取引を終えました。

<週はじめ9日(月)の主な予定>

午前9時半に豪RBA四半期金融政策リポート(6日から変更)、
午後4時に独貿易収支(9月 輸入・輸出)、独経常収支(9月)、
午後8時に独鉱工業生産(9月)、
夜10時15分に加住宅着工件数(10月)、
などの経済指標が発表されます。
豪・独の指標には注目です。

<ゴトウ日の明日10日(火)の主な予定>

朝8時50分に日国際経常収支(9月)、日国際貿易収支(9月)、
午前9時01分に英RICS住宅価格(10月)、
午前9時半に豪NAB企業景況感指数(10月)、
豪NAB企業信頼感指数(10月)、
午後2時に日景気ウォッチャー調査(10月 現状判断DI・先行判断DI)
午後3時に日工作機械受注速報(10月)、
午後4時に独消費者物価指数確報(10月)、
午後6時半に英商品貿易収支(9月)、英DCLG住宅価格(9月 前年比)、
午後7時に独ZEW景況感調査(11月)、
同午後7時に欧ZEW景況感調査(11月)、
などの経済指標が発表されます。
英・独の指標には注目です。

そして、今週の11日(水)からの主な注目材料は、

11日(水)に、(仏・加・米国が休場)
豪Westpac消費者信頼感指数(11月)、日機械受注(9月)、
英失業率(10月)、英BOE四半期インフレリポート、

12日(木)に、NZ小売売上高(9月)、NZ第3四半期小売売上高、
日国内企業物価指数(10月)、豪失業率(10月)、豪新規雇用者数(10月)
豪消費者インフレ期待(11月)、欧ECB月例報告、欧鉱工業生産(9月)、
米新規失業保険申請件数、加新築住宅価格指数(9月)、
米月次財政収支(10月)、トリシェECB総裁講演、

13日(金)に、日鉱工業生産確報(9月)、日消費者態度指数(10月)、
独第3四半期GDP速報、スイス生産者輸入価格(10月)
スイス生産者輸出価格(10月)、欧消費者物価指数(10月)、
欧第3四半期GDP速報、米貿易収支(9月)、米輸入物価指数(10月)、
加国際商品貿易(9月)、加新車販売台数(9月)、
米ミシガン大学消費者信頼感指数速報(11月)、

などがあります。

さて、先週は米FOMCに英国と欧州の政策金利の発表と
週末の米雇用統計など、イベントの多い一週間で
上下に揺れる相場展開となりましたが、週単位での
高値安値の推移ではそれほど大きくはなかったようです。

また、米個人消費が低迷する中で、米雇用統計も市場予想を
下回る結果になって、失業率が26年半ぶりの高水準となる
1983年4月以来の10%を超えることとなりました。
景気がいったん底入れしつつあるも、
ジョブレス・リカバリーとも言われる「雇用なき回復」への
前途には過度の楽観はできないとの意見も聞かれます。

一方、豪(オーストラリア)やノルウェーは景気好転に
上げをしましたが、先週発表された英欧の政策金利は
据え置きとなりました。ただ、ECBのトリシェ総裁の記者会見では
「全ての緩和措置を延長する必要があるわけではない。」として、
出口戦略の着手を示唆する内容となりました。

他方、戦後最長の景気後退となっている英国も
BOEが市場予想より規模の小さな250億ポンド規模の
追加の量的緩和にとどめることになりましたが、
著名エコノミストの中には「景気回復が確実になるまで
BOEは量的緩和を拡大すべき。」との意見もあり、
金融市場では3ヶ月後にBOEは量的緩和を拡大する、
との観測もあるようです。

また、英国のセントアンドルーズで開催されたG20財務相会議では、
「経済と金融の状況は改善してきているが政策支援に依存していて、
高い失業率が懸念される。回復が確実となるまでは景気刺激策を
継続。持続可能で均衡した成長を目指す。金融システム改革を
FSBと共同で実施。」などを骨子とした採択をまとめ、
出口戦略については、財政再建を最優先課題として需要刺激にも
配慮しながら行い、量的緩和の解除前に利上げを容認する、
などで合意することになりました。

さて、今週は週末の独・欧のGDP速報が注目されますが、
今週のアナリスト予想では、円に関して
「日長期金利が直近の最高水準の1.46あたりにあり円高圧力となる」
と見る向きがある一方、「米雇用統計を受けたユーロなどに
対する円の買戻しはしだいに息切れがしてくる。」と見る向きや、
「世界経済は回復傾向にあるが先行きが読みづらく、
円相場は方向感が出にくい。」という見方もあるようです。

また、米ドルに関しては「FOMCで米国の低金利政策が
長期間の維持となることが確認されて、豪・欧などで
出口戦略に向けた政策転換への示唆も覗えるのでドル安となる。」
と見る向きがある一方、「中期的にはドル安傾向ではあるが、
11月はヘッジファンドの決算月でもあり、リスク回避も手伝って
ドルが一時買われる可能性もある。」と見る向きもあるようで、

中期的なドル安傾向の認識ではアナリストの意見は
一致しているようですが、短期的にはリスク回避の動きでの
ドル買いおよび円買いの指摘もあり、
今週も揺れる相場展開となる可能性がありそうで、
株価もにらみながら機敏にトレードしていきたいものです。


さて今日は、ベルリンの壁と相場のお話です。

今日11月9日は東西冷戦の象徴であった
ベルリンの壁の崩壊から20周年になるのだそうですね。

1989年11月に当時の東ドイツの首相が
解任されるなどの政治的混迷の中で、

「旅行許可に関する出国規制緩和」が
大した審議もされないままに法案が通過したのだそうで、(苦笑)

そして、歴史の悪戯(いたずら)か必然か、

当時の東ドイツ政府のスポークスマンの
ギュンター・シャボウスキー氏が内容をよく把握しないまま、(笑)

「東ドイツ国民はベルリンの壁を含めて、
 すべての国境通過点から出国が認められる」

と発表したことが発端となって、

「ならば」と、1989年11月9日の東ベルリン側で、
ゲートに詰めかける群衆が数万人にふくれあがり、

翌日の10日には市民の手によって
建設重機やハンマーなどで
ついに東西を28年間も隔ててきたベルリンの壁の
取り壊し作業が始まったのだそうです。

1980年代当時のドイツ社会主義統一党は、
ハンガリーやポーランドで社会変革の動きが強まってからも、
国家保安省を動員して国民の統制を強めていましたが、

当時のソ連はゴルバチョフ氏の時代で、
ペレストロイカの民主化を進めていて、

東西ドイツ市民の間でも民主化の機運が高まっていました。

その当時を述懐して、
ドイツ連銀総裁であったハンス・ティートマイヤー氏は、

「今考えても、奇跡としか思えない…。」

と感慨深げに振り返りますが、(日経新聞)

「どうか、何も起こりませんように。」

と祈ったのだそうです。

もしも東ドイツやソ連の警察や軍隊が
ベルリンの壁を壊す群衆に発砲でもすれば
大混乱になりかねないからでした。

果たして…、銃声は鳴らず、

無事にベルリンの壁は崩壊することになりました。

そして、ベルリンの壁が崩壊した当日、
会期中だった西ドイツ国会にこのニュースが伝わると、

この事件を祝福するように
議員達によるドイツ国歌の斉唱が始まったのだそうです。

そして、東西ドイツは壁の崩壊後の3週間足らずで
悲願の東西ドイツ統合へと至ることになったのでした。

歴史に「もしも」は禁句ですが、(苦笑)

このベルリンの壁の事件の歴史がなければ、
欧州圏の通貨統合による
ユーロの誕生もなかったかもしれませんね。

でも、歴史の必然か、時代の要請か…、

民意という名の「動意」は強く、

ソ連をはじめ諸外国政府の見守る中、
ベルリンの壁は見事に崩壊して、
民主化の新たな時代が到来することになりました。

よく、時代や歴史は、

「起こるべくして起こり、
 (抵抗があっても)行くところまで行く。」

と言われることがありますが、

どことなく、相場にも似ているところがありますね。

短期的には、重要経済指標発表や要人発言に揺れたり、
ビッグプレーヤーの仕掛けに揺れることや、

各国の金融政策などの発表に動いて、
クルリと「きびす」を返すことがあっても、

ある程度の中期的スパンでは

「やがて行くところまで行く」

のが相場なりかもしれませんね。

ラリー・ウィリアムズもその著書
「短期売買法入門」の中でこう語ります。

「酔った水兵(価格)は威張って歩き、よろめくが、
 彼の狂気の沙汰には筋道がある。
 彼はどこかに行こうとしているのである。」

うーん…。

確かにそんな感じがもしなくもありませんね。


FX プロ筋たちの習性のお話

チェコがリスボン条約の批准文書に署名したことで、
EU加盟の27ヵ国すべての批准手続きが完了して、
今月内にもEUの大統領が誕生することになるそうですね。

<週はじめの2日(月)の主な出来事>

市場オープンでは主要通貨ペアの多くが
下窓を空けてのスタートとなりました。
東京時間では、主要通貨ペアの多くが下落した後に
揉み合いながらも堅調傾向で推移しました。
米CITの会社更生手続き適用申請の報道がありました。
英ホームトラック住宅調査(10月)は0.2%になりました。
豪第3四半期住宅価格指数は
市場予想より強い4.2%になりました。
豪政府が
「2009年から10年のGDP成長見通しを1.5%、
同インフレ見通しを2.25%、同失業率の見通しを6.75%。」
と発表しました。
豪財務相が
「信頼感は回復しているが、失業率は上昇していく可能性。
世界経済の持続的な回復はまだ完全ではない。
豪経済は深度の景気後退を回避したが経済には重大な課題がある。」
などの認識を示しました。
アジアの多くの株式市場が軟調の中、
軟調に始まった上海株式市場が反発していきました。
日自動車販売台数(10月)は前年比で13.0%になりました。
日経平均は前週末比−231.79円で取引を終えました。

ロンドン時間では、
ドル円やポンドが軟調傾向の揉み合いとなって、
ドルストレートの多くが上下動の揉み合いになりました。
中国上海株式市場が前週末比プラス80.80ポイントで引けました。
英RBSが英政府の資産保護スキームへの参加の
合意間近であることを発表しました。
スイスSVME購買部協会景気指数(10月)は
市場予想より弱い54.0になりました。
独製造業PMI確報(10月)はほぼ市場予想とおりの51.0になりました。
欧製造業PMI確報(10月)は市場予想とおりの50.7になりました。
英製造業PMI確報(10月)は市場予想より強い53.7になりました。

ニューヨーク時間では、
主要通貨ペアが上昇した後に軟調傾向の揉み合いになりました。
米ISM製造業景況指数(10月)は55.7、
米中古住宅販売保留(9月)は6.1%と、
ともに市場予想より強い結果になりました。
米ISM製造業調査委員長が
「米経済は第4四半期に拡大する可能性。」
との見解を示しました。
米FRB当局者が
「住宅差し押さえと住宅ローン損失は高水準。
商業用不動産ローンは一段の悪化。
米銀は新たな信用損失のリスクに直面。」
などの認識を示す発言をしました。
オバマ米大統領が
「米経済は1月以降から回復傾向で安定化の兆候。
雇用の伸びは苦しめられる問題。
経済と雇用が良い方向へ向かうと確信。」
などの主旨の発言をしました。
英BOE元委員が
「BOEは資産買取プログラムを500億ポンド増やすべき。」
との見解を示す発言をしました。
NY原油は78ドル台前半で取引を終えました。
NYダウは前週末比+76.71ドルで取引を終えました。

<昨日3日(火)の主な出来事>

東京時間では日本が祝日の休場でした。
主要通貨ペアが軟調傾向の揉み合いになりました。
豪RBAが政策金利を市場予想とおり0.25%引き上げました。
豪RBA声明では
「世界経済は成長を再開。刺激措置は段階的に解除。
CPIと基調インフレ率は2010年に目標と一致の見込み。
豪労働市場には改善の初期兆候が見られる。
豪経済の状況は予想より強い。
為替レートが貿易セクターの生産を抑制したり、
物価圧力を和らげる可能性に留意している。」
などの認識を発表しました。
アジアの株式市場は上海株式市場は堅調傾向でしたが、
軟調な市場もありまちまちな展開になりました。

ロンドン時間では、
主要通貨ペアが軟調傾向で推移しました。
英財務省が
「ロイズは資産保証スキームに不参加。
RBSは資産保証スキームの契約に参加予定。
ロイズは130億ポンドの株主割当増資を行う。
RBSは英政府から255億ポンドの資本注入を行う。」
などを発表しました。
中国上海株式市場は前日比+37.578ポイントで引けました。
英建設業PMI(10月)は市場予想より弱い46.2になりました。
欧州委員が
「クレジットフローの正常化には
銀行のバランスシートの回復が必要。
今後2年間のEUの潜在成長率は1%前後の見込み。
2011年が刺激策の引き上げの時期となる可能性。」
などの認識を示す発言をしました。
欧州委員会が
「措置の実施と銀行を復興させ景気回復を支援する必要。
2011年に回復の勢いが増したら財政再建を行うべき。
2010年の前半は一時的に景気低迷となる可能性。
金融業界の追加損失は4000億ユーロに達する可能性。」
などの見解を発表しました。
スイスUSBの第3四半期の純損失が
5億6400万スイスフランになることが発表されました。

ニューヨーク時間では、
ドル円が上下動の揉み合いとなって、
他の主要通貨ペアはしだいに反発する相場展開になりました。
独連銀総裁が
「金融安定は金融政策の中でも深く考察が必要。
中銀に資産バブルの事前識別を過剰期待してはならない。
市場は改善したが楽観は出来ない。」
などの主旨の発言をしました。
米製造業受注指数(9月)は市場予想より強い0.9%になりました。
金現物価格が一時史上最高値を更新しました。
IMF国際通貨基金が
「G20の公的債務は2014年にGDPの118%に達する見込み。
日本、英国、スペイン、アイルランドは財政調整が必要。」
との見解を発表しました。
米行政管理予算局の局長が
「米財政赤字の水準は高すぎる。
現在の予想では今後10年間で9兆ドルの赤字に達して
GDP比で約5%になる見込み。持続することは不可能。」
との主旨の発言をしました。
NY原油は79ドル台後半で取引を終えました。
NYダウは前日比−17.53ドルで出取引を終えました。

<今日4日(水)の主な予定>

午前9時01分に英ネーションワイド消費者信頼感(10月)、
午前9時半に豪小売売上高(9月・第3四半期)、豪建設許可件数(9月)
午後5時55分に独サービス業PMI確報(10月)、
午後6時に欧サービス業PMI確報(10月)、
午後6時半に英サービス業PMI(10月)、
午後7時に欧生産者物価指数(9月)、
夜9時半に米チャレンジャー人員削減数(10月)、
夜10時15分に米ADP雇用統計(10月)、
深夜12時に米ISM非製造業景況指数(10月)、
深夜4時15分に米FOMC政策金利、米FOMC声明、
などの経済指標が発表されます。
豪・欧・米の指標には注目です。

<ゴトウ日の明日5日(木)の主な予定>

朝6時45分にNZ第3四半期失業率、NZ第3四半期労働参加率、
朝8時45分からRBNZ総裁講演、
朝8時50分に日銀政策会合議事録、
午前9時半に豪貿易収支(9月)、
午後2時55分から豪RBA総裁講演、
午後5時15分にスイス消費者物価指数(10月)、
午後6時半に英鉱工業生産(9月)、英製造業生産高(9月)、
午後7時に欧小売売上高(9月)、
夜9時に英BOE政策金利、
夜9時45分に欧ECB政策金利、
夜10時半からトリシェECB総裁記者会見、
同夜10時半に米第3四半期非農業部門労働生産性速報、
米第3四半期単位労働費用速報、米新規失業保険申請件数、
同夜10時半に加住宅建設許可(9月)、
深夜12時に加Ivey購買部協会指数(10月)、
などの経済指標が発表されます。
NZ・英・欧・米の指標には注目です。

<週末6日(金)の主な予定>

午前9時01分に英NIESRのDGP予想(10月)、
午前9時半に豪RBA四半期金融政策リポート、
午後2時に日景気先行CI指数速報(9月)、日景気一致CI指数速報(9月)
午後3時45分にスイス失業率(10月)、
午後6時半に英生産者物価指数(仕入価格・出荷価格 10月)、
午後8時に独製造業受注(9月)、
夜9時に加失業率(10月)、加雇用ネット変化率(10月)、
夜10時半に米失業率(10月)、米非農業部門雇用者数変化(10月)、
米製造業雇用者数変化(10月)、米週間勤労時間(10月)、
深夜12時に米卸売在庫(9月)、
深夜(早朝)5時に米消費者信用残高(9月)、
などの経済指標が発表されます。
豪・英・加・米の指標には注目です。
また、この日からG20財務相・中央銀行総裁会議が
英国のセントアンドルーズで開催されます。

さて、米CITの会社更生手続き適用申請の報道があり、
週はじめは主要通貨ペアが軟調になりましたが、
その後にショートカバーと米国の経済指標の強い結果に
反発する展開となりました。
金融懸念も根強くリスク回避の動意にまた軟調になるなど、
上下に大きく揺れる相場展開が続いています。

また、報道によりますと、日銀が2日(月)に発表した
展望リポートでは、2010年度の初めには再び経済成長が
マイナスに転じる可能性も含めて、
景気が「踊り場」を迎える見通しを明らかにしました。

また一方、米ISM(サプライ・マネジメント協会)が発表した
10月の製造業景況感指数では55.7と前月比で+3.1%になり、
好不況の判断の分岐点となる「50」を3ヶ月連続で上回ったり、
そしてフォードの第3四半期決算では純利益が9億9700万ドルと、
1億6100万ドルの赤字であった前期から
大幅に業績を回復しているとのことで、

金融セクターの懸念と製造業の回復傾向という、
悪い材料と良い材料が激しく交錯しているようですが、
一方、米株式市場のVIX指数(恐怖指数)は30に迫るあたりまで
高まっていて市場心理には怯えも見られるようです。

そしてまた、ドルと逆相関関係にある金が高騰している
ことに加えて、米行政管理予算局の局長が
「米財政赤字の水準は高すぎる。現在の予想では
今後10年間で9兆ドルの赤字に達してGDP比で約5%になる見込み。
持続することは不可能。」との主旨の発言もあり、
米国の財政不安によるドル売り圧力が強まると
指摘する声もあるようです。

他方、報道によりますと、新興国によるドル買いが
再び増加しているとのことで、今後もドルの動向は
揺れる展開になる可能性がありそうです。

さて、週中から後半にかけては、4日(水)に米ADP雇用統計(10月)と
米ISM非製造業景況指数(10月)や、深夜の米FOMC政策金利と
米FOMC声明が発表予定で、5日(木)には英・欧の政策金利発表と
トリシェECB総裁の記者会見に、
米第3四半期非農業部門労働生産性速報などあり、
そして週末には重要指標である米雇用統計の発表と、
注目材料が目白押しで、流れに乗りながらも
機敏にトレードしていきたいものです。


さて今日は、プロ筋たちの習性のお話です。

アレキサンダー・エルダー博士の著書「投資苑」には
トレーディングのいくつものヒントが綴られています。

投資苑1の第3章の「トレンドとトレーディング・レンジ」
の中の「将来を予測するという困難な仕事」の項には
こんなことが記載されています。

「トレンドやトレーディング・レンジを見出すことは
 テクニカル分析における最も困難な仕事のひとつと言えます。
 チャートを見て後ろを振り返ることは容易です。
 しかし、チャートの右端(現在)からその先に向かって
 それをやろうとすると、あなたはたちまち
 困難に遭遇することになります。」

「トレンドとトレーディング・レンジは、
 過去のチャートを見れば一目瞭然です。
 (中略) でもあなたはチャートの一番右端に立って
 トレーディングの意思決定を下さなくてはならないのです!」

「過去は固定されており、分析するのは容易です。
 しかし未来は流動的で不確実です。(中略)
 チャートの右端(現在)では多くのチャート・パターンや
 テクニカル指標が相反するシグナルを出します。
 あなたは不確実な環境下で確率に基づいて
 意思決定を下さなくてはならないのです。」

まぁ、過去のチャートを見るときは、
多くのトレーダーが天才トレーダーになることはできても、(笑)

未来未確定のチャートの右側では、迷える子羊になってしまうか、
無謀な猛獣になってしまう、というわけですね。(苦笑)

「トレンドとトレーディング・レンジを見分ける
 唯一の魔法のような方法はありません。」

としながらも、いくつかの手段を示してくれた後に、
アレキサンダー・エルダー博士は、さりげなくこう続けます。

「マーケットがトレンド局面にあるのか、
 トレーディング・レンジの局面にあるのか、
 はっきりしないときは、
 プロはトレーディング・レンジのほうに賭けるのです。」

「そして、本当によく分らないのであれば、
 分るまで様子見に徹するのです。」

トレンド状態か、レンジ状態か、がよく判らないときは
プロ筋たちの多くは「レンジ状態と見る」というわけですが、

さりげない言葉にも含蓄が光っています。

『トレンド状態として不明瞭であれば、
 相場の状態判別として、
 トレンド状態よりも多いレンジの状態と見る』

ほうが確率的に優位であるとプロ筋たちの多くは認識する、
ということのようですが、

言われてみればなるほどで、
思わず「うーむ。」唸ってしまいますね。

プロ筋たちはトレンド状態と見れば、
トレンドを追うけれども、

レンジ相場の可能性が高ければ、
レンジ上限と思われる高値で売り、
レンジ下限と思われる安値で買い、
アップダウンをトレードするというわけです。

そして、浮動が多かったり、乱高下していたり、
どうにもこうにも本当に判別がつかないときには、

状態判別がつけれるようになるまで、
「しっかりプロ筋たちは待っているのですよ。」
とのことですが、こちらもなるほどですね。

そのほかにも、プロ筋たちには

「こりゃ、ヤバイ」と思ったら、(笑)

ぐずぐずして逃げ遅れることの多いアマチュアと違って、
そそくさと手仕舞う習慣があるとも聞きますが、

プロ筋たちには興味深い習性があるものなのですね。


FX バーノン・スミス博士の研究のお話

今月から米国とカナダがサマータイム終了で標準時間になり、
経済指標の発表やNYダウの開始終了など1時間遅くなりますね。

<先週末30日(金)の主な出来事>

東京時間では、
ドル円が軟調に推移して、
ドルストレートははじめ堅調傾向でしたが、
その後、軟調に転じていきました。
NZ建設許可(9月)は市場予想より弱い3.3%になりました。
日失業率(9月)は市場予想より強い5.3%になりました。
日全国消費者物価指数(9月)は、
市場予想とおりの−2.2%になりました。
英GFK消費者信頼感調査(10月)は、
市場予想よりは強い−13になりました。
ガイトナー米財務長官が
「米第3四半期のプラス成長は心強いが回復の初期段階。
信用収縮のリスクは残存している。成長支援を継続すべき。」
などの認識を示しました。
中国人民銀行総裁が
「中国は適度に緩和的な金融政策を堅持する。」
と発言しました。
日銀が政策金利を据え置くことを決定しました。
日住宅着工戸数(9月)は前年比で−37.0%になりました。
日経平均は前日比+143.64円で取引を終えました。

ロンドン時間では、
主要通貨ペアがやや反発して揉み合う展開となりました。
英小売売上高(9月)は−0.5%、
英ネーションワイド住宅価格(10月)は0.4%と、
ともに市場予想より弱い結果になりました。
日銀総裁が
「先行きの本格的成長軌道復帰にはもう少し時間がかかる。
新興国の上振れは先進国の金融緩和による資金流入の影響も。」
などの認識を示しました。
中国上海株式市場は前日比+35.382ポイントで引けました。
中国人民銀行が
「中国の2009年のGDPは8%超える見通し。
中国の生産者物価指数は第3四半期に底打ち飲み込み。」
などの見解を発表しました。
欧消費者物価指数速報(10月)は
前年比で市場予想とおりの−0.1%になりました。
スイスKOF先行指数(10月)は市場予想より強い1.45になりました。

ニューヨーク時間では、
主要通貨ペアが軟調になりました。
米個人所得(9月)は市場予想より弱い0.0%になりました。
米個人支出(9月)は−0.5%、
米PCEデフレータ(9月)は前年比で−0.5%と、
ともに市場予想とおりの結果になりました。
カナダのGDP(8月)は市場予想より弱い−0.1%になりました。
フランス中銀総裁が、
「ドルの対ユーロでの下落はユーロ圏の経済回復を阻害する可能性。
ユーロの実効為替レートは長期的平均を上回っている。
ポンド安とドル安は為替の問題になる。」
との認識を示しました。
米シカゴ購買部協会景気指数(10月)は、
構成項目の雇用が弱かったものの、
総合では市場予想より強い54.2になりました。
米ミシガン大学消費者信頼感確報(10月)は、
市場予想より強い70.6になりました。
米CTIの破綻懸念や米シティの評価損計上の思惑や
商業不動産市場の懸念などで、NYダウが全面安になりました。
コモディティ(商品)市場が軟調になりました。
米CTIが米投資家から10億ドルの信用枠を得たことを発表しました。
NY原油は77ドルで取引を終えました。
NYダウは今年9番目の下げ幅になる
前日比−249.85ドルで取引を終えました。

<月初で週はじめの今日2日(月)の主な予定>

午前9時01分に英ホームトラック住宅調査(10月)、
午前9時半に豪第3四半期住宅価格指数、
午後2時に日自動車販売台数(10月 前年比)、
午後5時半にスイスSVME購買部協会景気指数(10月)、
午後5時55分に独製造業PMI確報(10月)、
午後6時に欧製造業PMI確報(10月)、
午後6時半に英製造業PMI確報(10月)、
深夜12時に米ISM製造業景況指数(10月)、米中古住宅販売保留(9月)、
などの経済指標が発表されます。
豪・米の指標には注目です。

<明日3日(火)の主な予定>

昼12時半に豪RBA政策金利、(市場予想は0.25%の利上げ)
午後6時半に英建設業PMI(10月)、
深夜12時に米製造業受注指数(9月)、
などの経済指標が発表されます。
豪・米の指標には注目です。
東京市場は祝日でお休みです。

そして、今週の4日(水)からの主な注目材料は、

4日(水)に、英ネーションワイド消費者信頼感、豪建設許可件数、
豪小売売上高(9月・第3四半期)、独サービス業PMI確報、
欧サービス業PMI確報、英サービス業PMI、欧生産者物価指数、
米チャレンジャー人員削減数、米ADP雇用統計、
米ISM非製造業景況指数、米FOMC政策金利、米FOMC声明、

5日(木)に、NZ第3四半期失業率、NZ第3四半期労働参加率、
日銀政策会合議事録、豪貿易収支、スイス消費者物価指数、
豪RBA総裁講演、英鉱工業生産、英製造業生産高、欧小売売上高、
英BOE政策金利、欧ECB政策金利、トリシェECB総裁記者会見、
米第3四半期非農業部門労働生産性速報、
米第3四半期単位労働費用速報、米新規失業保険申請件数、
加住宅建設許可、加Ivey購買部協会指数、

6日(金)に、英NIESRのDGP予想、豪RBA四半期金融政策リポート、
日景気CI指数速報(先行・一致)、スイス失業率、英生産者物価指数、
独製造業受注、加失業率、加雇用ネット変化率、米失業率、
米非農業部門雇用者数変化、米製造業雇用者数変化、米卸売在庫、
米消費者信用残高、G20財務相・中央銀行総裁会議の開催

などがあります。

さて、先週はアップダウンの激しい相場展開となりました。

米商務省の発表した米第3四半期のGDP速報では、
2008年第2四半期以来の5四半期ぶりのプラス成長となって、
2007年第3四半期以来の2年ぶりの高水準となる+3.5%という
結果にリスク選好動意で主要通貨ペアが堅調に推移しましたが、

翌30日の週末には米ゴールドマン・サックスによる
ノンバンク大手の米CITグループへの融資枠の供与が
削減されることになり、米著名投資家によるCITへの
融資枠の新たな供与もあったものの、CITの破綻懸念が台頭して、

さらに、米シティが第4四半期で100億ドル規模の評価損を
計上するのではないかとの憶測も飛び交い、
加えて商業不動産市場の懸念の蒸し返えしもあったようで、
NYダウなど株式市場が今年9番目の下げ幅で下落して、
為替市場でもリスク回避の動意となって主要通貨ペアが急落しました。

また、報道によりますと、証券部門の好調で業績を急回復させた
ゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースなどの
米大手銀行がある一方、証券部門を持たない米地銀では
大手地銀の10行のうち7行の第3四半期の決算が、
商業不動産市場の冷え込みによる不良債権の増大などにより
赤字になったとのことで、今後、「商業不動産問題」があらためて
市場テーマになる可能性もありそうです。

一方、中期的に経済回復基調ではありますが、報道によりますと、
世界貿易機関のWTOの貿易統計によれば、
2009年の1-6月期の世界全体の輸出額は前年同期比の32%減の
5兆5610億ドルに急減したとのことで、
2009年7月以降は減少傾向に歯止めがかかりつつあるとしながらも、
2009年の通年で大幅なマイナスとなるとの見通しなのだそうで、
景気回復に過度の楽観は許されないようです。

さて、今週のアナリスト予想ですが、
一部に新興国や資源国への債権投資など日本の外貨投信が
円安圧力になると見る向きがある一方、
11月はヘッジファンドの決算が集中する月でもあり、
今まで買進めてきた対ドルでの資源国通貨やユーロなどの持ち高を
調整する動きとなりやすいと見る向きもあるようです。

今週は、米ISMの製造業・非製造業の景況指数の発表や、
米FOMC政策金利の発表にFOMC声明などがあり、
また、各国の政策金利も相次いで発表予定で、
豪RBA政策金利や英BOE政策金利、欧ECB政策金利と
トリシェECB総裁の記者会見と注目材料が多く、
さらに週末には重要経済指標の米雇用統計と、
ビッグイベントが目白押しで、
相場が思惑と事実に揺れる値動きの比較的大きな
一週間になる可能性もありそうです。


さて今日は、バーノン・スミス博士の研究のお話です。

バーノン・スミス(Vernon Lomax Smith)博士は、
ジョージ・メイソン大学の経済学と法学の教授で
2002年にノーベル経済学賞を受賞された方です。

その博士ですが、学生を被験者として
あるゲームによる実験で経済的なバブル発生の検証を行いました。

バブルは様々な要因が絡み合って起こるもので
特定の原因によるものではないようですが、

一般には価格に特定の上限のない「終わりのない資産」に
対して起こるものだとされていました。

ところが、バーノン・スミス博士の実験によって
理論的にはバブルの起こりえない限定的な環境でも
バブルが実際に起こることがわかったのです。

博士が行った実験のモデルは、
15期間(年間)という期限のある証券を実験的に設定して
それを学生達が参加する仮想市場で売買さるというものでした。

その債権は毎年配当を受け取れるという利得がありますが、
期間を過ぎれば資産の価値はゼロになります。

ごく自然に考えれば、その債権は年を追うごとに
配当を受け取れる回数は減っていきますので、

その債権の価値は時間とともに減じていくことになりますから、
時間とともに魅力が薄れてバブルが起こるわけがないように
思えますが、実験の結果はそうではありませんでした。

なんと、その債権の売買が開始されてから
約5期間(5年)にわたり価格が本来価値よりも
異常に上昇し続けるバブル現象が何度も起こったのです。

最終的に一定期間で価値がゼロになる「終わりのある資産」の
売買でもバブルが起こることを証明したこの実験は
経済学者やファイナンス研究者に衝撃を与えることになりました。

一定期間にわたり毎年配当を受け取れる利得は魅力ですが、

ファイナンスの理論では「この先、予想されるリターンを
基準として資産価値は計算されて売買される」とされていて、

この資産を最後に買ってしまった人が必ず損をする
トランプのババ抜きのような売買ゲームに
高値をつける人がいるなどということは、

「合理的な市場参加者」を前提とした経済理論上では
ありえなかったからです。

この実験でわかったことは、

市場参加者には合理的な人だけではなく、
「あるべき適正な価格を知らない参加者がけっこうたくさんいる」
ことや、

「価格が上がっているから価値のあるものと錯誤して
 市場の勢いに乗じて投機的に買う人がけっこういる」
ということなどでした。

ちょっと冷静に考えれば

「被験者のこいつらはバカじゃないのか…。」

と思ってしまいそうですが、(苦笑)

あながちそうとも言えないようで、
そもそも市場とはこういうものなのかもしれませんね。

特に通貨の価値をトレードする為替相場では、

「○○故に、現在のユーロドルの価格は1.4720ドルなのである。」

などと、数式などを用いて1セントも狂わず計算できる人や、
適正価格として論理的に説明できる「合理的な人」は
そもそもこの世に唯1人としていないのかもしれません。

もしかしますと、

相場とは、欲と恐怖の感情の暗闇を
不確かな論理とあやふやな思惑という
松明(たいまつ)で照らしながら、

おぼろげに揺れる光と影の織りなす九十九折(つづらおり)の道を
ときに集団で寄り添い、ときに出し抜こうと戦い歩む
狂気の世界なのかもしれませんね。

「バブルの生成もバブルの崩壊も、これ皆相場なり。」

などという格言はありませんが、(笑)

相場ではどこまでこの狂った世界に
同調できるかこそが正しいことになるようで、

どうやらトレードでは
狂った利口者になる必要がありそうですね。(爆)


FX 「頂はどこにある?」のお話

マクドナルドがアイスランドから
10月末で撤退することになったそうですね。

金融危機により通貨クローナが暴落したことで、
ドイツから輸入する肉やタマネギなどの材料費が
倍近くまで増加したことによるためとのことです。(驚)

<週はじめ26日(月)の主な出来事>

東京時間では、
ドル円が軟調になった後にしだいに反発して、
ドルストレートが上昇した後に揉み合になりました。
豪第3四半期生産者物価指数は3四半期ぶりに
プラス圏になりましたが、市場予想より弱い0.1%となりました。
中国の副首相が
「中国の景気回復は強固になった。
中国は積極的な財政政策とやや緩和的な金融政策を維持する。」
との見解を示しました。
OECDの事務総長が
「全ての国で財政再建の見直しを始めるべき。」
との認識を示す発言をしました。
日経平均は前週末比+79.63円で取引を終えました。

ロンドン時間では、
主要通貨ペアが上下動の揉み合いになりました。
独GFK消費者信頼感調査(11月)は市場予想より弱い4.0になりました。
中国の上海株式市場が前週末比+1.72ポイントで取引を終えました。
元BOE委員のブランチフラワー氏が
「BOEは500億ポンドの追加の資産買入を行うべき。
資産買入プログラムは2500億ポンドに達する可能性。」
との認識を示す発言をしました。
OPECの議長が「原油価格が100ドルに上昇するなら
12月会合で増産する可能性。」との認識を示しました。
ニュージーランド首相が
「NZドルの水準は懸念しているが、ドルの問題によるところで、
為替レートを下げる手段はあまりない。」
との見解を示す発言をしました。
フィンランド中銀総裁が
「経済に対する支援措置を解除する時ではないが、
政府債務の増大は金融政策の余地を制限する可能性。
強いドルは過度のボラティリティを避けるために根拠のあること。」
などの認識を示しました。

ニューヨーク時間では、
ドル円が上げて下げてまた上げる忙しい上下動になり、
ドルストレートがいったん上昇した後に
軟調になる相場展開となりました。
シカゴ連銀全米活動指数(9月)は−0.81になりました。
カナダBOC総裁が
「第4四半期のコアインフレ率は1.4%の見込み。
カナダのGDPは2010年に3.0%の見込み。
政策金利は2010年6月まで0.25%を維持。」
などの認識を示す発言をしました。
米ダラス連銀製造業活動指数(10月)は約2年間のマイナスとなって、
市場予想より弱い−3.3%になりました。
米連邦預金保険公社総裁が
「米銀行は依然として深刻な問題に直面している。」
との見解を示しました。
英BOE政策委員が
「英経済には回復の兆候が見られる。
量的緩和がインフレを加速させる証拠はなく、
量的緩和は英経済に恩恵もたらす。」
と量的緩和の容認を示唆する発言をしました。
NY原油は軟調になり78ドル台後半で取引を終えました。
NYダウは前週末比−104.22ドルで取引を終えました。

<昨日27日(火)の主な出来事>

東京時間では、
ドル円が軟調傾向の揉み合いになり、
ドルストレートが堅調傾向の揉み合いになりました。
カナダBOC総裁が
「カナダドルの上昇は経済を鈍化させる可能性。
金融システムは破綻に耐えれるようになるべき。
世界の金融危機の最悪期は過ぎた可能性。」
などの認識を示す発言をしました。
豪第3四半期NAB企業信頼感は好結果の16になりました。
米商務長官が「米国は人民元の早急な上昇を望む。」
との見解を示しました。
豪州やアジア株式市場が軟調に推移しました。
日経平均は前日比−150.16円で取引を終えました。

ロンドン時間では、
ドル円が上下動の揉み合いとなって、
ドルストレートがまちまちな揉み合いになりました。
中国の上海株式市場が前日比−88.11ポントで取引を終えました。
中国通貨当局が
「貿易が危機前の水準を回復するには2〜3年必要。
輸出の回復までは人民元の大きな動きはない。」
などの認識を示しました。
金の先物が軟調になりました。

ニューヨーク時間では、
ドル円が上昇の後に下落して、ドルストレートの多くが
下落した後に上下に揉み合う展開となりました。
ユーロが軟調になりました。
米S&Pケースシラー住宅価格(8月)は
市場予想よりは強い−11.32%になりました。
米消費者信頼感指数(10月)は47.7、
米リッチモンド連銀製造業指数(10月)は7と、
ともに市場予想より弱い結果になりました。
カナダBOC総裁が
「必要になるなら量的緩和を実行することが出来る。
補完的な政策を伴わない為替介入は長期的に機能しない。
カナダの住宅市場は強くなる可能性。
労働市場にも安定化の兆しが見えている。
カナダドル高には良い面と悪い面がある。」
などの見解を示す発言をしました。
米2年債の応札が好結果になり、
最高落札利回りが1.020%となりました。
NY原油は79ドル台半ばで取引を終えました。
NYダウは前日比+14.21ドルで取引を終えました。

<今日28日(水)の主な予定>

朝8時50分に日小売業販売額(9月)、
午前9時半に豪第3四半期消費者物価指数、
午前11時にNBNZ企業信頼感(10月)、
午後4時に独輸入物価指数(9月)、
夜9時半に米耐久財受注(9月)、
夜11時に米新築住宅販売件数(9月)、
などの経済指標が発表されます。
また、発表時間が未定ですが(通常NY時間はじめ頃)、
独消費者物価指数速報の発表が予定されています。
豪・(独)・米の指標には注目です。

<明日29日(木)の主な予定>

早朝5時にRBNZ政策金利、(市場の大方の予想は据え置き)
朝6時45分にNZ貿易収支(9月)、NZ輸入(9月)、NZ輸出(9月)、
朝8時50分に日鉱工業生産速報(9月)、
日企業向けサービス価格指数(9月)、
午前9時に豪コンファレンスボード景気先行指数(8月)、
午後1時に日自動車生産(9月)、
午後5時55分に独失業率(10月)、独失業者数(10月)、
午後6時半に英消費者信用残高(9月)、
午後7時に欧業況判断指数(10月)、欧消費者信頼感(9月)、
欧鉱工業信頼感
夜9時半に米第3四半期GDP速報、米第3四半期個人消費速報、
米第3四半期コアPCE速報、米新規失業保険申請件数、
同夜9時半に加鉱工業製品価格(9月)、加原料価格指数(9月)、
などの経済指標が発表されます。
NZ・独・欧・米の指標には注目です。

<週末で月末の30日(金)の主な予定>

朝6時45分にNZ住宅建設許可(9月)、
朝8時半に日失業率(9月)、日全国消費者物価指数(9月)、
午前9時01分に英GFK消費者信頼感調査(10月)、
昼12時過ぎに日政策金利、(市場予想は据え置き)
午後2時に日住宅着工戸数(9月 前年比)、
日建設工事受注(9月 前年比)、
午後3時に日銀半期展望リポート、
午後4時に独小売売上高指数(9月 前年比)、
午後4時半から日銀総裁記者会見、
午後7時に欧消費者物価指数速報(10月)、欧失業率(9月)、
午後7時半にスイスKOF先行指数(10月)、
夜9時半に米個人所得(9月)、米個人支出(9月)、
米PCEデフレータ(9月)、
同夜9時半に加GDP(8月)、
夜10時45分に米シカゴ購買部協会景気指数(10月)、
夜10時55分に米ミシガン大学消費者信頼感指数確報(10月)、
などの経済指標が発表されます。
(日)・独・欧・加・米の指標には注目です。

来月から米国のサマータイムが終了して標準時間になります。

さて、報道によりますと、26日の日債券市場で指標となる
新発10年物の国債利回りが一時1.395まで上昇して、
約2ヶ月半ぶりの水準になったとのことで、
日財政不安による「悪い金利上昇」と
景気回復期待による「良い金利上昇」が重なって、
1.4%台が視野に入る状況となっているとして
円高圧力になるとの観測も台頭してきているようですが、
一部では日財政不安自体が円売りの材料となるとの見方もあり、
意見は割れているようです。

一方、中国人民銀行が所管する「金融時報」に研究員の個人的な
見解としながらも、2兆ドルを超す外貨準備の運用に関して、
「ユーロや円の比率を増すべき。」との論文が掲載されて、
一部では、今後、中国が外貨準備に占める米ドル資産の割合を
下げるのではないか、との憶測があるようです。

他方、フィナンシャルタイムズが「米FRBが金利見通しについての
文言修正を検討していて、"長期間"が"当分の間"との表現になる
可能性。」との観測報道をして、一部では米利上げ時期が
少し早まるのではないか、との思惑も台頭しているとのことで、
米ドルに関する観測も交錯しているようです。

また、日個人投資家のユーロや豪ドルの買越高は
減少してきているようですが、米シカゴのマーカンタイル取引所の
通貨先物で、投機筋の動向を示す非商業部門での豪ドルの
対ドル買越高は3週連続で拡大して約1年3ヶ月ぶりの
高水準になっているとのことです。
なお、ユーロについてはマーカンタイル取引所でも
10月中旬頃から対ドルの買越高は減少しているとのことです。

全般的に混沌としている状況のようで、
為替市場では思惑の交錯から短期的に上下動の
忙しい相場になる可能性もありそうですが、
29日(木)の米第3四半期GDP速報が注目されます。


さて今日は、「頂はどこにある?」のお話です。

10年ほど前にベストセラーになったことがある
スペンサー・ジョンソン氏の「チーズはどこへ消えた」
という本がありましたね。

その続編と言うわけでもないようですが、
今、「頂はどこにある?」という新刊が
ちょっとした話題になっています。

テーマ自体はそう目新しいものではありませんが、
人生や仕事の山と谷の対処法を大人の童話風に綴った本で

「ふーむ。なるほどぉ…。」と

「気づき」を与えてくれるなかなかの短編です。

さて、

この本の中に「山と谷はつながっている」という
くだりがあるのですが、

相場も山あり谷ありで、
相場漬けの私は、思わず苦笑してしまいました。

下落はゼロまでの可能性があり、
一方、上昇は可能性だけは果てしなくとも、

実際は歴史的な安値と歴史的な高値の間の
巨大なレンジの中の動きで、

その高値の山と安値の谷の道程の中に
幾重に続く小さな山と小さな谷が連なり、
そこにトレンドという上下の小道があって、

トレードはその小道を売り手と買い手とになって、
歩むことだと思ったわけです。

ただ、相場の場合は人生や仕事や経済とは違って、

経済にとっては良くない下落でも、

トレードで売るという視点では、
あながち谷に向かい行くことが悪いわけでもなく、

また、経済にとっては良い上昇でも、
売り側のスタンスにいる人にとっては
悪い状況とさえなることがあります。

トレーダーにとって、
株式市場でさえこうであるならば、

通貨の相対値を取引する為替市場では、
なおさら上昇にも下落にも固有の善悪はなく、

トレーダーごとにその時に取っているスタンスで、
上昇でも下落でも、天国状態にも地獄状態にもなりますね。

そういった意味でも、やはり、
相場の世界はヘンダーランドのようで、

多くの人が悲嘆にくれる歴史的下落の谷こそが
絶好の買い場となったり、

多くの人が沸き立つ高騰の山のその時が
下落の始まりであったり、

またときに、経済成長期ではプロの株屋さんよりも
バイ・アンド・ホールド爺さんが勝つことがあったり、

アクティブに売買する凄腕トレーダーのいるファンドよりも
インデックスに従ったパッシブ運用が勝ることがあったり、

そして、世界の知性を集めた
LTCMなどのファンドが破綻することがあったり、

相場の世界には摩訶不思議なヘンダーランドであることを
覗わせる事例がたくさん垣間見られます。

そういえば、私達トレーダーの日常にも
「変」なことがいろいろとありますね。

プロスペクト理論が説くように
「損をしまい。」という意識が
逆に損を招く元凶になったり、(苦笑)

ときに、後ろ向きのようではあっても、
勝つことよりも負けないようにすることが
より大切な場合もあったり、

一見ネガティブな「損切り」が
一番守るべき大切なルールであったり、

積極果敢なポジティブな行動よりも、
ときに休むことのほうが大切な場合もあったり、

安いと思ったときがまだまだ高かったり、
もう高いと思ったときがまだまだ安かったり、

また、上昇のサインや下降のサインよりも、
最も大切なのが「トレードをしてはいけないサイン」
を見抜くことである場合もあったり、

レートが上げているか、下げいるかの認識よりも、
まずは、「レンジ状態なのか、トレンド状態なのか」を
戦略として先に場を把握しておかなくてはならなかったり、

(狭いレンジで順張れば負けが多くなる場合があり、
強く長いトレンドで逆張れば大きな負けとなることがあります)

ヘンダーランドの相場の世界では、
このような奇妙なことがしばしば起こっているようです。

ところで、

スペンサー・ジョンソン氏の著書
「頂はどこにある?」の冒頭には

「知識で最も重要なことは、得た知識を活かすことである。」

という孔子の言葉を引用していますが、

ヘンダーランドの相場の世界では、

この知識というものも普通のものではなく、

ときに

「(ポイント抜けで) 高く買えたら喜びなさい。」

などという、
一見すると理屈に合わないようなものまであるようで、

相場の世界には普通の思考や感情には反する、
ちょっと「変」な常識が多いようですね。(笑)

もしかしますと、相場の世界の住人になるには、
普通の常識は捨て去らないとならないのかもしれませんね。


FX 場の認識と適用のお話

米連邦預金保険公社(FDIC)の発表によりますと、
大手金融機関は業績回復しているものの、
景気は回復基調にありますが、昨年来の金融危機の爪あとか、
米地銀の破綻件数が昨年の4倍以上となって、
17年ぶりに100件を超えたそうですね。

<先週末23日(金)の主な出来事>

東京時間では、
ドル円がやや堅調傾向の揉み合いとなって、
ドルストレートがやや軟調な揉み合いとなりました。
シカゴ連銀総裁が
「米経済は今後の18ヶ月で3%伸びる可能性があるが、
10%を上回る可能性のある失業率は大きな懸念。」
などの認識を示す発言をしました。
豪第3四半期輸入物価指数は−3.0%、
豪第3四期輸出物価指数は−9.6%と、
ともに市場予想より弱い結果になりました。
スイス経済省経済事務局長が
「景気2番底の可能性はあるがリセッションは底打ちした見込み。
デフレリスクは大いに低下した。
スイスの金融市場には国際ルールに沿った規制が必要。」
などの見解を示しました。
日経平均は前日比+15.82円で取引を終えました。

ロンドン時間では、
ドル円が下げては上げる上下動となって、
ドルストレートも上昇した後に軟調傾向で推移しました。
ポンドが英第3四半期GDP速報を受けて急落しました。
独製造業PMI速報(10月)は市場予想より強い51.1、
独サービス業PMI速報(10月)は市場予想より弱い50.9になりました。
欧製造業PMI速報(10月)は50.7、
欧サービス業PMI速報(10月)は52.3と、
ともに市場予想より強い結果になりました。
独IFO景気動向(10月)は91.9、独IFO現況評価値(10月)は87.3と、
ともに市場予想よりやや弱い結果になりました。
英第3四半期GDP速報は市場予想よりかなり弱い
6四半期連続のマイナスとなる−0.4%になりました。
ポンドが急落しました。
スロバキア中銀総裁が
「現在、ドルは弱い。ユーロ高は問題を引き起こす可能性。」
とユーロ高に懸念を表明しました。
欧鉱工業新規受注(8月)は市場予想より強い2.0%になりました。
英財務相が「成長は年末には回復する見通し。
経済には高い不確実性がある。英政府は措置を継続する。」
との見解を示しました。

ニューヨーク時間では、
ドル円が堅調傾向で推移して、
ドルストレートが軟調傾向の揉み合いになりました。
英BOE政策委員が
「銀行はバランスシートの強化に取り組む必要。
景気回復のペースは遅く起伏がある可能性。」
との認識を示しました。
バーナンキFRB議長が「包括的な銀行の見直しを実施すべき。」
との認識を示す発言をしました。
米マイクロソフトの四半期決算では、
売上高が14%減の129.2億ドル。1株利益は0.40ドルになりました。
米中古住宅販売件数(9月)は市場予想より強い557万件になりました。
英BOEの元政策委員のブイター氏が
「BOEは政策金利をゼロまで引き下げるべき。
英GDPは不確実性の高まりを示す。」
との見解を示す発言をしました。
ポルトガル中銀総裁が
「拙速な出口戦略は新たなリセッションを引き起こす可能性。
新たな危機を引き起こす可能性のある
世界経済の不均衡は是正しなくてはならない。」
などの認識を示す発言をしました。
NY原油は80ドル台半ばで取引を終えました。
NYダウは前日比−109.13ドルで取引を終えました。

<週はじめの今日26日(月)の主な予定>

午前9時半に豪第3四半期生産者物価指数、
午後4時に独GFK消費者信頼感調査(11月)、
夜9時半に米シカゴ連銀全米活動指数(9月)、
夜9時55分からカナダBOC総裁講演、
夜11時半に米ダラス連銀製造業活動指数(10月)、
などの経済指標が発表されます。
今日はNZと香港市場がお休みです。
今日から欧州がサマータイム終了で標準時間に移行します。

<明日27日(火)の主な予定>

午後4時50分に仏消費者信頼感、
夜10時に米S&Pケースシラー住宅価格指数(8月)、
夜11時に米消費者信頼感指数(10月)、
リッチモンド連銀製造業指数(10月)、
などの経済指標が発表されます。
深夜1時からガイトナー米財務長官講演、
などの経済指標が発表されます。
米指標には注目です。

そして、今週の28日(水)からの主な注目材料は、

28日(水)に、日小売業販売額速報、豪第3四半期消費者物価指数、
NBNZ企業信頼感、独輸入物価指数、独消費者物価指数速報、
米耐久財受注、米新築住宅販売件数、

29日(木)に、RBNZ政策金利、NZ貿易収支、日鉱工業生産速報、
日企業向けサービス価格指数、豪景気先行指数、日自動車生産、
独失業率・失業者数、英消費者信用残高、欧業況判断指数、
欧消費者信頼感、欧鉱工業信頼感、米第3四半期GDP速報、
米第3四半期個人消費速報、米第3四半期コアPCE速報、
米新規失業保険申請件数、加鉱工業製品価格、

30日(金)に、NZ住宅建設許可、日失業率、日全国消費者物価指数、
英GFK消費者信頼感調査、日政策金利、日住宅着工戸数、
日建設工事受注、日銀半期展望リポート、独小売売上高指数、
日銀総裁記者会見、欧失業率、欧消費者物価指数速報、
スイスKOF先行指数、米個人所得、米個人支出、米PCEデフレータ、
加GDP、米シカゴ購買部協会景気指数、
米ミシガン大学消費者信頼感指数確報、

などがあります。

来月から米国のサマータイムが終了して標準時間になります。

さて、米金融大手6社の第3四半期決算が出揃いましたが、
バンカメが3四半期ぶりの赤字とはなったものの、
収入ではモルガン・スタンレーを除く5社が前年同期比で
増収となりました。

また、米シティも1億ドルの黒字となりましたが、
米政府が持つ優先株を普通株に転換するコストを含めると
32億ドルの赤字となるようで、金融機関には依然として
不良債権処理の問題があり、またクレジットの焦げ付きの問題や
不動産担保ローンの問題も抱えていて、
一部では懸念する声も聞こえます。

一方、報道によりますと、米FRB政策委員の間で物価認識に
温度差があるとのことで、セントルイス連銀総裁は物価上昇は
リスクであるとして過小評価は出来ないとの見解で、
そしてリッチモンド連銀総裁は失業率が低下する前でも
金融引き締めをすべきであるとの認識を示していますが、

コーン副議長は潜在的なインフレ率は上昇よりも
低下のリスクのほうが大きいとの認識を示し、
バーナンキFRB議長も緩和的政策は長期にわたり正当化される
とのスタンスで、

資産バブルへの懸念と景気支援の緩和策の継続とに
意見が割れているようで、政策運営の舵取りに苦悩する
様子が覗えるようです。

他方、先週末23日の米中古住宅販売件数は
市場予想より強い数字となりましたが、来月末で期限が切れる
米住宅減税措置の駆け込み需要との憶測もあり、
市場は米住宅産業回復の継続性には疑問視する向きもあるようです。

さて、今週のアナリスト予想では、中国の第3四半期GDPが
市場予想には届かなかったものの、前年同期比8.9%となって
世界景気回復期待にもつながることから、
中期的には金利の安いドルを売って資源国通貨などを買う動きが
根強いとしながらも、資源国やユーロ圏の要人からは
通貨高懸念の声も出始めているとのことで、
いったんの調整を懸念する向きがあるようです。

また、報道によりますと、東京金融取引所の「くりっく365」では、
個人投資家のユーロや豪ドルの売りがしだいに膨らんできている
として、ユーロ売りが7ヶ月ぶりの高水準となって、
豪ドルも22日時点で買越額が2億9000万豪ドルと、
今月初旬の3分の1程度に縮小しているとして、
個人投資家の間では反落に備える動きとなりつつあるようです。

ドル円相場に関しましては、日米金利差の拡大や
日国債の増発観測による日財政悪化懸念などを背景に
円売りドル買いの動きが継続するとの見方がある一方、
月末を控える週半ばからは輸出企業などからの
円買いドル売りの可能性があると見る向きもあるようです。

また、ドルの動向では29日(木)の米第3四半期GDP速報が
注目材料となるとの見方は多くのアナリストの大方の認識と
なっているようです。


さて今日は、場の認識と適用のお話です。

一頃、KYという言葉が流行ったことがありましたね。

「空気が読めない人」という意味なのだそうで、(苦笑)
その場にふさわしくない言動をする人のことですが、

昔から「場違い」などといって、
言動にもTPOがあると教えられたことがあります。

TPOとは、Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)
のことなのだそうですが、あたりまえながら
これらは大切なことではありますね。

夏の海水浴場にタキシードを着ている人がいれば、
「何かコメディの撮影かしら…。」と奇妙に思いますし、

式典の会場にスイミング・パンツ一丁で出没したら、
何かの余興と思ってもらえればよいものの、
3分としないうちに警備員が飛んで来て
つまみ出されてしまうかもしれません。

また、最初のデートのときでも、
ほとんど無用な身支度(みじたく)ではあっても、
もしものTPOのために新しい下着を身につける人もいます。

なんと、希望的不測の事態に備えた用心なのでしょう。(笑)

まぁ、冗談はさておき、

以前に大工の職人さんから聞いたお話ですが、

「大工の腕かい? 
 そりゃ、出来の良し悪しは腕も勿論あるけどさぁ。
 でも今じゃ、半分以上は道具の使い方で
 技能ってのは決まるんじゃないかなぁ。」

宮大工さんなどは別なのかもしれませんが、
一般住宅の建築では、確かに作業に占める
電動工具の役割は大きいようです。

手回しドライバーと電動ドライバーでは
その作業と能率は技能以前の問題と
言えるくらいかもしれませんね。

そして、あたりまえのことですが、
作業に応じて電動カット・ソーや電動ドライバーを
使い分けることも大切となります。

ところで、

これらに似たようなことがトレードでもありますね。

私の亡父は穀物相場師で、部屋の壁一面に
コクヨのグラフ用紙を張り付けて、
赤と青と黒のボールペンでチャートを手描きしていましたが、

今から40年近くも前のお話しながら、
これなどは、まさに「手回しドライバーと電動ドライバー」で、
リアルタイムにチャートが描画される現代では、
文字とおりの隔世の感があります。

また、

最新のテクノロジーでリアルタイムに表示される
優秀なチャートやテクニカル指標を使っていても、

相場の場と状態の認識を誤ったTPOから逸脱した使い方では、
「夏の海水浴場にタキシードを着る」ことになってしまう
場合もありそうですね。

オシレーター系テクニカルでも、
天底張り付きでトレンド発生を認識できますが、

トレンド発生時でもオシレーター系指標を
逆張り契機の認識だけに用いてしまうと、
ダマシに泣くことが多くなりがちですし、

また、低ボラティリティの狭いレンジで
トレンド系のテクニカルを用いてしまうと、
遅行指標の弊害をもろに受けて
買えば下がり、売れば上がる、の右往左往で、

トレードするのがイヤになってしまうくらい
ことごとく負けてしまう場合もあります。

そして、

トレンドに乗って行け行けゴーゴーの状態でも、
確率範囲やレジスタンスなどを認識していないと、

式典の会場にスイミング・パンツ一丁で出没した男のように
トレンドとい名の会場から急につまみ出されて、
急反転で思わぬ損失を蒙ってしまうことがあるものです。

また、特に狭いレンジでは、
かっこよく言えば相場がとても効率的な状態で、

誰でも拾えそうな黙って落ちているお金はなく、
落ちているように見えるお金を安易に拾おうとすれば、
サッと横からさらわれるような魔界のようでもあり、

上限と下限の間を最も鋭敏なレートそのものの動きによって
振り子トレード(Buy on Dips,Sell on Rallies)も
一応は可能ではあるものの、

トレンド・フォロー派であれば、
「危険地帯には手を出さない。」と
休むも相場が一番良い選択肢となる場合もありそうです。

きっと、相場では

万能の聖杯を探し求めることよりも、
また、一刀流をかたくなに使い通そうとすることよりも、

「相場」のその名のとおり、

トレンド状態やその強弱、
レンジ状態やボラティリティ、
そして、浮動や乱高下の具合など

まずは、「場の状態」を認識して、

(休むことをも手段の一つに含めて)

それに適応する順張り逆張りの手段を
場に応じて使いこなすことが大切なのかもしれません。

もしも、このことがいつまでも解らないと、

堂々巡りの場違いなトレードとなってしまったり、
手出しをしてはいけない相場にも手を出したりして、

いつまでたってもトレードで負け続けることになって
しまいそうです。

もしかしますと、「場の状態」を認識して
それに適応する「手段を場に応じて使いこなすこと」こそが、
本来の裁量というものなのかもしれませんね。



FX プラジュニャーの智のお話

日本経済研究センターが発表した「世界景気天気図」では
景気動向を示す指数が−35.6で4ヵ月連続で上昇して、
中国の景気の天気は嵐から雨になったそうですが、
まだ世界全体では14ヶ月連続での嵐なのだそうですね。

<週はじめ19日(月)の主な出来事>

市場オープンでは、ドル円が上窓を空けて、
ドルストレートは下窓を空けてのスタートとなりました。
東京時間では、
ドル円が揉み合いながらも軟調傾向で推移して
ドルストレートが振幅の大きな上下動となりました。
豪の調査会社アクセス・エコノミクスが
「豪経済の回復は予想よりも困難となる可能性。」
との見解を発表しました。
フィナンシャルタイムズが
「ECBは過大評価となっているユーロに懸念を示すべき。」
との意見記事をオンライン版に掲載しました。
英テレグラフ紙が
「英国の公的債務が操作不能となればポンド危機となる可能性。」
との観測報道をしました。
英ライトムーブ住宅価格(10月)は2.8%の好結果となりました。
日銀会合議事録では、
「時限措置は金融市場のパニック的状況の対応のためであり、
今後は金融環境の改善を踏まえ適切に決定すべき。
景気下振れのリスクは減少。負の相乗が強まる可能性には留意。」
などの議論が公表されました。
日第三次産業活動指数(8月)は市場予想より強い0.3%となりました。
バーナンキFRB議長が
「金融危機は規制と世界的不均衡是正など政策改革の必要性を示す」
との認識を示す発言をしました。
日経平均は前週末比−21.05円で取引を終えました。

ロンドン時間では、
主要通貨ペアの多くが上下動しながらも堅調傾向となりました。
日銀大阪支店長が「円高は日企業の海外進出の手助けになる。」
との見解を示す発言をしました。
中国上海株式市場は前週末比+61.64ポイントで引けました。
日首相が「赤字国債がむやみやたらと発行されるようなことは
避けなくてはならない。」との認識を示しました。

ニューヨーク時間では、
ドル円が軟調傾向の揉み合いとなって、
ドルストレートが堅調傾向の揉み合いになりました。
カナダの国際証券取扱高(8月)は
市場予想より強い50.82億カナダドルとなりました。
バーナンキFRB議長が
「米国のアジア外需への過度の依存は問題となる可能性。
米国は財政赤字削減への取り組みを明確にする必要。
アジアの景気刺激策の解除では慎重な判断が必要。
アジアでの資産価格バブルを懸念している。」
などの見解を示す発言をしました。
米NAHB住宅市場指数(10月)は市場予想より弱い18となりました。
ECBの専務理事が
「ユーロ圏の経済は確実に回復する見込みだが、
当面ユーロ圏の金利を上げる必要はない。」
などの認識を示しました。
コモディティ市場が堅調に推移しました。
NY原油は79ドル台後半で取引を終えました。
NYダウは前週末比+96.28ドルで取引を終えました。

<ゴトウ日20日(火)の主な出来事>

東京時間では、
ドル円が軟調となり、
ドルストレートが上下動の揉み合いとなりました。
ユーログループの議長が
「景気回復には明確なサインが見えるが
刺激策を終える時期はまだきていない。
2010年と2011年にポジティブと判断されれば
刺激策は徐々に撤退するべき。」
との見解を示す発言をしました。
トリシェECB総裁が
「為替レートの過度の変動は金融安定によくない。
強いドルが米国の国益との米声明に留意すべき。
ユーロ圏は強いドルに関する米国の見解を共有している。」
などの認識を示す発言をしました。
豪RBA議事録では
「低金利はもはや必要ではなくなった。
インフレが加速する懸念があり、
拡張的政策を維持することは賢明ではない。
豪ドルの上昇は市場センチメントの改善と豪経済の強さを反映。
豪労働市場の落ち込みペースは大幅に減速した。」
などの見解が公表されました。
日景気先行CI指数確報(8月)は83.2、
日景気一致CI指数確報(8月)は91.2となりました。
日経平均は前日比+100.33円で取引を終えました。

ロンドン時間では、
ドル円など主要通貨ペアの多くが
軟調になった後に反発をみせました。
独生産者物価指数(9月)は市場予想より弱い−0.5%となりました。
日工作機械受注確報(9月)は前年比で−62.1%となりました。
中国上海株式市場は前日比+46.18ポイントで引けました。
中国人民銀行副総裁が
「中国の第3四半期のGDPは加速した可能性がある。
今以上のドル安観測は人民元の上昇見通しを拡大させる可能性。」
などの認識を示す発言をしました。
欧建設支出(8月)は−0.4%となりました。
英財務相が
「EUにとって出口戦略の策定は重要事項だか、
最優先すべきは景気回復を確実にすること。」
との認識を示しました。
日銀が日潜成長率を1%以下に下方修正しました。

ニューヨーク時間では、
ドル円が堅調になり、ドルストレートが軟調になりました。
終盤にドル円では反落が見られました。
米生産者物価指数(9月)は−0.6%、
米住宅着工件数(9月)は59.0万件と、
ともに市場予想よりは弱い結果になりました。
加卸売売上高(8月)は市場予想より弱い−1.4%、
加景気先行指標指数は市場予想より強い1.1%となりました。
加BOC政策金利は市場予想とおり0.25%に据え置かれました。
BOC声明では
「政策金利は2010年第2四半期の末まで据え置くことを約束。
カナダドル高は7月以降の好状態を相殺するにとどまらない。
執拗なカナダドル高は経済成長の鈍化をもたらす可能性。」
など加ドル高への牽制の表明もありました。
IMFの副専務理事が
「主要な先進国は財政負担に直面。世界経済にはまだ緩みが存在。
国際的な協力を続ける必要。最悪期は過ぎたが世界的な回復が
行き詰る短期的なリスクは存在している。」
などの認識を示しました。
英BOE総裁が
「英国は不安定ながらインフレへと回帰。
銀行はいまだに政府に依存しているが、
支援を中期的に維持することは出来ない。」
などの認識を示しました。
NY原油は79ドル台前半で取引を終えました。
NYダウは前日比−50.71ドルで取引を終えました。

<今日21日(水)の主な予定>

朝8時01分に豪Westpac先行指数(8月)、
午前9時半に豪新車販売台数(9月)、
午後5時半に英BOE議事録、
午後8時半に米ボーイング第3四半期決算発表、
夜9時に米ウェルズ・ファーゴ第3四半期決算発表、
同夜9時に米モルガン・スタンレー第3四半期決算発表、
深夜3時に米地区連銀経済報告(ベージュブック)、
など経済指標が発表されます。
英・米の指標と第3四半期決算には注目です。

<明日22日(木)の主な予定>

朝8時50分に日通関ベース貿易収支(9月)、
午前10時半に日全産業活動指数(8月)、
午後3時15分にスイス貿易収支(9月)、スイス輸出・輸入(9月)、
午後5時に欧経常収支(8月)、
午後5時半に英小売売上高指数(9月)、
夜9時半に米新規失業保険申請件数、
同夜9時半に加小売売上高(8月)、
夜11時に米景気先行指標総合指数(9月)、米住宅価格指数、
夜11時半に加BOC金融政策報告(マネタリーリポート)、
などの経済指標が発表されます。
英・加・米の指標には注目です。

<週末23日(金)の主な予定>

午前9時半に豪第3四半期輸入物価指数、豪第3四半期輸出物価指数
午後4時半に独製造業PMI速報(10月)、独サービス業PMI速報(10月)、
午後5時に独IFO景気動向(10月)、独IFO現況評価値(10月)、
同午後5時に欧製造業PMI速報(10月)、欧サービス業PMI速報(10月)、
午後5時半に英第3四半期GDP速報、
午後6時に欧鉱工業新規受注(8月)、
夜9時半に米バーナンキFRB議長講演、
NY株式市場オープン前にマイクロソフト第3四半期決算発表、
夜11時に米中古住宅販売件数(9月)、
などの経済指標が発表されます。
独・英・米の指標には注目です。

さて、報道によりますと、シカゴのマーカンタイル取引所の
通貨先物取引の非商業部門取引では、対ドルでの円の買越高が
3週連続で減少しているとのことで、背景には米株高と
長期金利の上昇があるようですが、今週は一時円高となる場面も
見られ、市場のセンチメントは揺れているようです。

一方、20日は資源価格が軟調となりましたが、
ここしばらくの資源高を背景に豪ドルやカナダドルなど
資源国通貨が中期的に堅調になっていますが、
カナダBOC声明ではカナダドル高に対する牽制があったり、
また、ユーロではトリシェECB総裁が「強いドルが米国の国益との
米声明に留意すべき。ユーロ圏は強いドルに関する米国の見解を
共有している。」と発言するなど、
言外にドル上昇を期待している様子も覗えるようで、
今後のドルストレート通貨ペアの動向が注目されます。

また、21日(水)には英BOE議事録の発表が予定され、
そしてニューヨーク時間のはじめ頃に米ウェルズ・ファーゴと
米モルガン・スタンレーの第3四半期決算の発表が予定されていて、
深夜の米地区連銀経済報告とともに注目されます。
そして、22日(木)には英国とカナダの小売売上高が発表予定で
注目されるとともに、週末23日(金)の英第3四半期GDP速報と
米中古住宅販売も焦点となりそうです。

一部ではドルの動向がテーマとなるも、一喜一憂の振れの大きな
レンジ相場と見る向きがあるようで、流れに乗りながらも
機敏にトレードしていきたいものです。


さて今日は、プラジュニャーの智のお話です。

直観のことをギャンは「直勘」と呼んでいたと
何かの本で読んだことがありますが、

直観(勘)などと言いますと、
理工系の頭のよい数理派の方には

「何、直観だと? 相場はアートだとでも言いたいのか?
 そんなの曖昧模糊(もこ)もいいところだ!
 論理的根拠のない非科学的なオカルトだ!」

などと、ほとんどアレルギー的に拒絶されて、
厳しく一蹴されてしまうことがあります。(苦笑)

私は不確実性のある相場では
数理だけでは解明し得ないと思っているのですが、
そんなわけで、こっそりとこのお話をさせていただきます。(笑)

さて、昨今、
商取引ではしだいに手形が少なくなる傾向にあるようですが、

私の知り合いの小さな会社の建築資材商の社長さんは、
かつて商取引で手形が盛んに使われていた頃、

「うーん。こいつは少し人相が悪くなってきたなぁ。」と、

取引先からもらった約束手形をしげしげと見つめて、(笑)
へんなことをつぶやいていたことがありまして、

担当社員に「急に仕入が膨らんだら、注意しとけ。」と
私には意味不明の指示を出していたことがありました。

興味を持った私は、

「どうして? その取引先は業績でも悪いのかい?」

と聞いてみたのですが、

微妙なハンコの押し方の違いでも感じ取っていたのか、

「うん…。ちょっとね。
 長年商売やって何度も不渡りをつかまされた経験で、
 この手形にはなんかイヤな感じがするんだよ。」

と言っていましたが、私がその約束手形を見ても
どこにもヘンな様子はわかりません。

果たしてその4ヵ月後に
その取引先は手形の不渡りを出して
事実上の倒産となったとのことでした。

「たいへんだったね。」

「いやぁ、あの後、他の納入業者が手を引いたのか、
 急にウチからの仕入が増えてきたんで
 すぐに出荷止めにしたから損害はそうでもないよ。
 あの手形もなんとか最後に無事に落ちたしね。」

よく聞くと少しは風の噂の情報も得ていたようで、
まったくの勘だけではなかったようですが、
取引停止の決断には直感によるところは多分にあったようです。

ところで、

チャートを見た瞬間に多くの人が

「上げそうだ。」「下げそうだ。」「どうも判らない。」

の3つうちのどれかの感覚を抱くものですが、

株式罫線などの著作で知られる木佐森吉太郎氏も

「人の直観とは、人それぞれの長い経験や知識の集積があって、
 それに応じて観せられるもので、(中略)
 知的にも実践的にも長年の修練の賜物である。」

と著書で述べられているように、

この勘という感覚には、
その人の経験に由来する固有のセンスという面も
少なからずあるようですね。

つまり、経験に基づいた勘でよく当たる方もいれば、
そうではない方もいらっしゃるわけです。(苦笑)

ギャンは科学的思考方法に対峙するこの直勘のことを
理論派らしく「瞬間的推論」と定義していたようですが、

経験や知識のない安易な値ごろ感や
フィーリング的な「勘」は百害あって一利なしであっても、

「経験や知識に裏打ちされたセンス」とも言える「直観」は
理屈で考える前段として「感じる」所為でもあり、
別物なのかもしれませんね。

さて、私の好きな将棋の世界にも
かつて将棋の名人位にも就いたことのある
往年の名棋士の加藤一二三 九段という方がいらっしゃるのですが、

「直感精読」を信条とされていまして、

直観により無駄手の読みを省き、無数の指し手の中から
瞬時にその局面の最善手となり得る候補を絞込み、
その直観により絞り込まれた指し手を
次の段階として一手一手細かく分析的に理論思考していく
アプローチを提唱されていました。

ともすると「思い込みのバイアス」の弊害ともなり得る直観ですが、
精読の前段のアプローチとしては有効な面もありそうですね。

「直感だけには勿論非ず、また論理だけにも非ず…」

ヘンダーランドの相場の世界では、

古代インドの聖典が説く、プラジュニャーの智(般若)と
論理的思考がともに必要なのかもしれませんね。


FX カイジのお話

パソコンの最新のOS「ウィンドウズ7」の発売が間もなくですが、
早くも上海では海賊版が出回っているようですね。
知的財産に対するモラルの低さに呆れるやら驚くやら…。(苦笑)

<先週末16日(金)の主な出来事>

東京時間では、
ドル円が揉み合いながらも堅調傾向での推移となって、
ドルストレートがいったん上昇した後に軟調となりました。
米国家経済会議議長が
「強い米ドルは米国の国益。
失業率は増す可能性があるが経済は改善。
景気刺激策の追行が優先されるべき。」
などの認識を示す発言をしました。
米経済再生諮問会議議長が
「金融市場はまだ完全回復とはなっていない。
構造上の不均衡は米国の回復持続を阻害する可能性。
中国がドル資産を放出する可能性は低い。」
などの見解を示しました。
豪オーストラリアン紙が
「対ドルで1.10ドルに達する可能性がある」
との豪RBA総裁の談話を報道しました。
日銀月例経済報告では
「景気の足元は持ち直すも自立性に乏しく判断据え置き。
失業率が高水準で依然として厳しい状況にある。
輸出、輸入、業況判断については上方修正。」
などが発表されました。
日経平均は前日比+18.91円で取引を終えました。

ロンドン時間では、
主要通貨ペアが上下動の揉み合いになりました。
スイス実質小売売上高(8月)は
前年比で市場予想より弱い−1.0%となりました。
豪紙により「IMFが豪銀行に破綻の危険性を警告した。」
ことが報道されました。
中国上海株式市場は前日比−3.16ポイントで引けました。
欧貿易収支(8月)は市場予想より弱い−40億ユーロとなりました。
欧ECBの専務理事が
「金融市場の規制強化が必要。強い規制は市場のためになる。
監督機関にはさらなる独立性が必要。」
などの認識を示しました。
カナダ消費者物価指数(9月)は
市場予想よりやや弱い0.0%となりました。
米バンク・オブ・アメリカの第3四半期決算発表では、
「主力業務のクレジット・カードと住宅ローンで
 計27億ドルの損失を計上して、10億ドルの純損失。
1株あたり利益(特別項目計上後)0.26ドル。」
という結果になりました。
独経済省が09年独GDP見通しを−5.0%に上方修正しました。
独経済相が「金融セクターは強含んでいるが困難は残っている。」
との認識を示す発言をしました。

ニューヨーク時間では、
ドル円が軟調となった後に揉み合いとなり、
ドルストレートが反発した後に揉み合いとなりました。
ガイトナー米財務長官が
「米国においてインフレを低く維持することが必要。
住宅市場を正常な状態に戻すことが必要。
ドルの信認を維持することが必要。」
などの認識を示す発言をしました。
米ネット長期フロー(対米証券投資 8月)は
市場予想より弱い286億ドルとなりました。
米鉱工業生産(9月)は0.7%、米設備稼働率(9月)は70.5%と、
ともに市場予想より強い結果になりました。
欧ECBの専務理事が
「経済は安定しつつあるが今は出口戦略を実施する時ではない。
危機はまだ完全に終わったわけではない。
金融市場がしっかりと機能することが大切。
しかし、緩和策は永続は出来ない。」
などの見解を示す発言をしました。
米ミシガン大学消費者信頼感指数速報(10月)は
市場予想より弱い69.4となりました。
ユーログループの議長が
「ユーロの水準を過度に懸念はしていない。
米国による強いドルのコメントは喜ばしい。
市場は強いドルのコメントを理解すべき。
ユーロがさらに上昇すれば懸念となる。」
などの見解を示す発言をしました。
豪貿易相が「豪ドルの上昇はファンダメンタルを反映。」
との認識を示しました。
カナダ首相が「カナダ高は懸念。経済回復はまだ脆弱。」
との見解を示しました。
米月次財政収支(9月)は市場予想より弱い−466億ドルとなりました。
米財務省が09年の財政収支が過去最悪の
約1兆4200億ドルになることを発表しました。
NY原油は78ドル台半ばで取引を終えました。
NYダウは前日比−67.03ドルで取引を終えました。

<週はじめの今日19日(月)の主な予定>

朝8時01分に英ライトムーブ住宅価格(10月)、
朝8時50分に日銀政策会合議事録(9月)、日第三次産業活動指数(8月)
午前10時から米バーナンキFRB議長談話、
夜9時半に加国際証券取扱高(8月)、
深夜2時に米NAHB住宅市場指数(10月)、
などの経済指標が発表されます。

<ゴトウ日の明日20日(火)の主な予定>

午前9時半に豪RBA議事録、
午後2時に日景気先行CI指数確報(8月)、日景気一致CI指数確報(8月)
午後3時に日工作機械受注前年比確報(9月)、
同午後3時に独生産者物価指数(9月)、
夜9時半に米生産者物価指数(9月)、米住宅着工件数(9月)、
同夜9時半に加卸売売上高(8月)、加景気先行指標指数(9月)、
午後7時半にバンク・オブ・ニューヨーク・メロン第3四半期決算、
夜10時に加BOC政策金利、(市場予想は据え置き)
深夜4時15分から英BOE総裁講演、
などの経済指標が発表されます。
豪・米・加の指標には注目です。

そして、今週の21日(水)からの主な注目材料は、

21日(水)に、豪Westpac先行指数、豪新車販売台数、
英BOE議事録、ボーイング第3四半期決算発表(午後8時半)
エェルズ・ファーゴ第3四半期決算発表(夜9時)、
モルガン・スタンレー第3四半期決算発表(夜9時)、
米地区連銀経済報告(ベージュブック)、

22日(木)に、日通関ベース貿易収支、日全産業活動指数、
スイス貿易収支、欧経常収支、英小売売上高指数、
米新規失業保険申請件数、加小売売上高、
米景気先行指標総合指数、米住宅価格指数、
加BOCマネタリーリポート、

23日(金)に、豪第3四半期輸入物価指数、豪第3四半期輸出物価指数
独製造業PMI速報、独サービス業PMI速報、独IFO景気動向、
欧製造業PMI速報、欧サービス業PMI速報、
英第3四半期GDP速報、欧鉱工業新規受注、
マイクロソフト第3四半期決算発表、
米バーナンキFRB議長講演、米中古住宅販売件数、

などがあります。

さて、米主要企業の第3四半期決算が続々と発表されています。

金融セクターではJPモルガン・チェースが証券部門の収益が改善して
純利益が35億8800万ドルと前年同期比の7倍の増益、
そしてゴールドマン・サックスの純利益が31億8800万ドルで
前年同期比の3.8倍の増益となるなど、
さい先の良いスタートでしたが、

一方、米シティは3四半期連続の黒字となったものの、
税金の還付の11億ドルを計上しての辛うじての黒字で、
バンカメでは主力業務のクレジット・カードと住宅ローンで
計27億ドルの損失を計上して、10億ドルの純損失となったり、
またセクターは異なりますが米GEの純利益が前年同期比で
44%減となるなど、過度の楽観はできないようです。

また、報道によりますと、クレジットカードローンや
住宅ローンなど米金融機関の個人向け融資の損失リスクが
一段と高まっているとして、格付け会社のムーディーズの調べでは、
損失の前倒し計上にあたる貸倒償却率が8月に前月比で
過去最高の11.49%に達して、信用度の高かったプライムローンの
延滞率が目立ってきているとのことで、
高い失業率を背景に焦げ付きがさらに悪化しているとのことです。

そして、NYダウが1年ぶりに10,000ドル台を回復していますが、
一部には「世界的な金融緩和で大量のマネーが溢れ、
実体経済の改善を上回る速さで株価が上昇している」として、
「過剰流動性のマネーに因る金融相場」
となっているとの指摘もあるようです。

また、米財政赤字が前年度の3.1倍となる戦後最悪の
1兆4171億ドルにもなっていて、今後もGDPの4〜10%前後で
推移することが予想され、経済が来年度中に本格回復しなければ、
米財政赤字が米経済の成長率を上回る公算が大きいとして、
中国など海外マネーの依存率の高い状況もあって、
ドル信認への影響を危惧する声もあるようです。

さて、今週のアナリスト予想では、
「要人発言には要注意ではあるが、新興国が対ドルでの
通貨上昇を嫌ってドル買い・自国通貨売りで膨らんだドル資産の
一部をユーロなどに分散投資をする動きや、
投機筋によるドルキャリーの動きとあいまって、
金や原油などの資源価格に連動性の強い
豪ドルやユーロに上昇圧力がある。」と見る向きがある一方、

「米企業の好決算を背景に米株高で米長期金利が上昇して、
ドル買戻しとなりやすい。」と見る向きや、
「前週後半からの円売りドル買いの流れは基本的には続く
と思われるが、ドルは基軸通貨としての信認懸念を抱えていて
ドル買いはしだいに低下する。」と見る向きもあり、
短期的には円安・ドル高と見る向きが優勢のようですが、
慎重論もあるようです。

予想は予想として、最良のアナリストとも言われる
チャートをよく見てしっかりトレードしていきたいものです。


さて今日は、カイジのお話です。^^

福本伸行さん原作の「賭博黙示録カイジ」が
佐藤東弥監督によって映画化されましたね。

藤原竜也さん主演で、天海祐希さんや香川照之さんも出演する
映画「カイジ 人生逆転ゲーム」が今話題です。

映画のほうはまだ予告編しか観ていないのですが、 (^^;)
漫画のほうは私もファンの1人なので、
早く映画を観てみたいと思っています。

なんでも藤原竜也さんは、この映画のために
10Kgも減量されて撮影に臨まれたとのことで、
メタボな私は、「凄いなぁ。」と思いました。(笑)

そして、天海祐希さんは、宝塚出身でスレンダーな方ですが、
以前のテレビドラマの女性教師の物語の「女王の教室」ときの
「真矢(マヤ)先生」のイメージとも少し重なって、
怖い女性役はまさにはまり役のようです。(笑)

また、香川照之さんもなかなかシブイ役柄ですね。

ところで、カイジといえば、

ストーリーも面白いですが、

「ざわ…。ざわ…。ざわ…。」というフレーズや

もしかして、
「原作者の福本伸行さんはギャンブラーだったのかしら?」
と思わせるような名セリフが印象的ですね。

私はFXはギャンブルとは思っていないのですが、
トレーダーの心にグサリとくるセリフも多いようです。

面と向かってもしも言われたならば
「なんだ、コノヤロー!」
とも思うような言葉ですが、(大笑)

ひとり静かに読めば、

「ふむふむ。そうだよね。
 勝負事にはこういうことってあるよねぇ…。」と、
妙に納得してしまうセリフもありますね。(笑)

<カイジ語録より>

「しょせんおまえは羊なのだ……
 狼のふりをするな…!」

はい。はい。
相場を操ることなど出来ませんので、
チャートに付き従うだけです。

「頼ろうなんて………………
 そんな気持ちだから見失うんだ。
 大事なことを………!」

はい。シグナル配信に頼るのはいつまでたっても、
自力がつかないようです。(苦笑)

「運・勘・人に頼る勝負はやめだ……
 そういうノータリンな振る舞いはもうやめ…
 自分の頭で考え………
 勝つべくして勝つ………………!」

はい。しっかりチャート分析したいものです。

「世間はおまえらの母親ではないっ……!」

はい。相場の厳しさは経験しています。

「目先を追うなっ………! いい加減気がつけっ……!
 耐えることなくして 勝利はないんだっ……!」

はい。無理して死なない程度に
利大を目指したいと思います。(笑)

「戦場で後ろから撃たれたと騒ぎたてる兵士がどこにいる…?
 戦場ではだまし討ち不意打ちが日常…
 皆、何とか相手の寝首を掻こうと
 策を巡らしている……………
 それが真剣勝負というものだっ………!」

はい。確かにそうですね。

「負けてばかりいるから
 勝つことの本当の意味がわかっていない……!
 だから今、クズとしてここにいる………!
 『勝ったらいいな』じゃない……!
 勝たなきゃダメなんだっ……!」

ちょっと言い方キツイんじゃないでしょうか。(笑)

「おまえらは今置かれている
 状況の急がわかっていない…!
 火の手はもう足を焼いてんだよっ…!
 退くべきところは退くが兵だ……!」

はい。はい。損切りはちゃんとしますってぇ。

「人間『程』ってのが肝心でよ………
 そこそこ勝てればそれでよし……
 それをよせばいいのに大抵の人間は
 突っ込んじまう…………!
 結果、欲に振り回されて自滅だ…!」

はい。グリードな過剰トレードは慎みたいと思います。

「博奕は熱くなった時点で8割9割負け……
 おまえは今その状態にある……
 その流れがなぜ見えない……?
 博打で負けに負けて最後に起死回生を狙って
 厚く張ったコマが当たった例があるか…………?」

はい。自身の感情に振り回されないようにしたいと思っています。

「ギャンブルをうつ者にとって金は寿命!」

はい。満玉の無謀はしないで命は大切にしたいと思います。

「これが『勝つ』ということか……
 勝つ人間はこれほど…
 用意周到に考え尽くしているのか……………!」

はい。どうもそのようですね。

「勝つために生きなくて
 どうするっ…!
 漕ぎ出せっ………………!
 勝負の大海へっ……!」

はい。真剣にトレードに取り組みたいと思います。

ところで、カイジの物語では、
ビルにかけられた鉄骨をわたるシーンがありますが、
高さは250mという設定なのだそうで、

東京タワーの一般展望のその上の
特別展望室くらいの高さとなるそうですね。(驚)

足がすくんでしまいそうです。

ざわ……、ざわ……、ざわ…… (笑)


FX 負けない技術のお話

オバマ米大統領が2009年度のノーベル平和賞を
受賞することになりましたね。

<先週末9日(金)の主な出来事>

東京時間ではドルが買われて
ドル円が堅調でドルストレートが軟調となりました。
カナダBOCの上級副総裁が
「2011年第2四半期に2%のインフレターゲット回帰の見込み。
2010年中頃までは金融政策において柔軟性と
安定した金利を維持する。」
との見解を表明しました。
バーナンキFRB議長が
「緩和的政策は長期間正当化される可能性が高いが、
回復が定着すればインフレ防止のための引き締めが必要。
長期国債やMBSの購入は効果を上げている。
見通しが充分に改善すればバランスシートの正常化を目指す。
市場の規律に対して効果的な監督が必要。」
などの認識を示す発言をしました。
日機械受注(8月)は市場予想より弱い0.5%となりました。
NYの時間外取引で金の先物が6ドル以上下落しました。
日経平均は前日比+183.92円で取引を終えました。

ロンドン時間では、
ドル円が一時軟調となり、
ドルストレートが一時反発する相場展開となりました。
独貿易収支(8月)は81億ユーロ、独経常収支は46億ユーロと、
ともに市場予想より弱い結果となりました。
独消費者物価指数確報(9月)は、
市場予想とおりの−0.4%となりました。
連休明けの中国上海株式市場が
前営業日比+132.29ポイントで取引を終えました。
英商品貿易収支(8月)は市場予想よりやや弱い
−62.40億ポンドとなりました。
英生産者仕入価格(9月)は−0.5%、
英生産者出荷価格(9月)は0.5%と、
ともに市場予想より強い結果となりました。
トリシェECB総裁が
「第一の任務は物価安定を確かなものにすること。
経済には安定化の兆しが見られるが回復は緩やかでリスクもある。
経済が正常化した場合は非伝統的処置を解除する。
危機が去ったと考えるには時期尚早。
まだ出口戦略を行うときではない。」
などの認識を示す発言をしました。
加失業率(9月)は8.4%、加雇用ネット変化率(9月)は3.06万人と、
ともに市場予想よりかなり強い結果となりました。

ニューヨーク時間では、
ドルが買われてドル円が堅調となり、
ポンドなどドルストレートが軟調傾向での推移となりました。
ユーロや豪ドルが後半に反発を見せました。
米貿易収支(8月)は市場予想よりは強い−307億ドルとなりました。
加国際商品貿易(8月)は
市場予想より弱い−20億カナダドルとなりました。
ロシア財務相が「原油取引の通貨をドルから替える協議はない。」
との主旨の発言をしました。
カナダの首相が
「雇用は良いニュースとなったが回復の道は遠い。
米経済にはまだ大きな懸念がある。」
との見解を示す発言をしました。
米セントルイス連銀総裁が
「FRBは低金利を長期間維持することを計画。
日本で起こったようなデフレを懸念。
雇用の伸びは2009年ないし2010年から見込まれる。
(準備通貨としては)米ドル以外の選択肢はない。」
などの認識を示す発言をしました。
NY原油は71ドル台後半で取引を終えました。
NYダウは前日比+78.07ドルで取引を終えました。

<12日(月)の主な予定>

午後3時に独卸売物価指数(9月)、
などの経済指標が発表されます。
今日は日本が体育の日で、米国がコロンブスデーで、
そしてカナダがサンクスギビングデーでそれぞれ休場です。

<13日(火)の主な予定>

朝6時45分にNZ小売売上高指数(8月)、
朝8時01分に英RICS住宅価格(9月)、
午前9時半に豪NAB企業景況感指数(9月)、豪NAB企業信頼感指数(9月)
午後4時15分にスイス生産者輸入価格(9月)、
午後5時半に英消費者物価指数(9月)、英小売物価指数(9月)、
午後6時に独ZEW景況感調査(10月)、
同午後6時に欧ZEW景況感調査(10月)、
夜9時半に加新築住宅価格指数(8月)、
などの経済指標が発表されます。
NZ・英・独欧の指標には注目です。

<14日(水)の主な予定>

朝8時50分に日国内企業物価指数(9月)、
午前9時に豪Westpac消費者信頼感指数(10月)、
昼過ぎに日政策金利、(市場予想は据え置き)
午後2時に日消費者態度指数(9月)、
午後4時半から日銀総裁記者会見、
午後5時半に英失業率(9月)、
午後6時に欧鉱工業生産(8月)、
夜9時半に米小売売上高(9月)、米輸入物価指数(9月)、
同夜9時半に加新車販売台数(8月)、
夜11時に米企業在庫(8月)、
深夜3時に米FOMC議事録(9月22-23日開催分)、
などの経済指標が発表されます。
(日)・英・欧・米の指標には注目です。
また、モルガン・スタンレーの第3四半期決算発表
(時間未定)も注目されます。

<15日(木)の主な予定>

朝6時45分にNZ第3四半期消費者物価、
朝8時半から豪RBA総裁講演、
午後1時半に日鉱工業生産確報(8月)、日設備稼働率(8月)、
午後2時に日銀金融経済月報、
午後5時に欧ECB月例報告(10月)、
午後6時に欧消費者物価指数(9月)、
午後8時25分にトリシェECB総裁講演、
午後8時半に米ゴールドマン・サックス第3四半期決算発表、
夜9時に米シティ・グループ第3四半期決算発表、
夜9時半に米消費者物価指数(9月)、米新規失業保険申請件数、
同夜9時半に米NY連銀製造業景気指数(10月)、
同夜9時半に加製造業出荷(8月)、
夜11時に米フィラデルフィア連銀数(10月)、
などの経済指標が発表されます。
NZ・欧・米の指標には注目です。

<16日(金)の主な予定>

午後4時15分にスイス実質小売売上高(8月 前年比)、
午後6時に欧貿易収支(8月)、
午後8時に加消費者物価指数(9月)、
夜10時に米ネット長期TICフロー(対米証券投資 8月)、
夜10時15分に米鉱工業生産(9月)、米設備稼働率(9月)、
夜10時55分に米ミシガン大学消費者信頼感指数速報(10月)、
などの経済指標が発表されます。
加・米の指標には注目です。
また、米バンク・オブ・アメリカの第3四半期決算
(時間未定)も注目されます。

さて、報道によりますと、中国商務省は国慶節(建国記念日)に伴う
8日間の大型連休の期間の小売売上高が約5,700億元に達して
前年同は同期比で18%増になったと発表して、
また、大型連休明けの上海株式市場でも
連休前営業日比+132.29ポイントで取引を終えたとして、
中国経済の堅調さの一端を示す状況となっているようです。

また、報道によりますと、東京金融取引所の外国為替証拠金取引では
今までの円高の反動の思惑もあってか、個
人投資家のドル買いが進んでいて、過去最高であった
2007年7月24日の15億ドルの買越額を上回り、
17億ドルの買越額となっているそうです。

さて今週のアナリスト予想では、新興・資源国で利上げ期待が
膨らむ一方、ポンドなど欧州通貨の低金利が長引くとの観測から、
ドル安の受け皿から脱落しつつあるとして、
欧州通貨の上値が重いと見る向きがあるようです。

また、円については株式市場が堅調に推移すれば、
資源国通貨などで円安となりやすいと見る向きがあるようです。

そして、米ドルについては欧・米の当局者による
ドル安牽制発言もあって、投機筋がドル売りの持ち高を
調整する動きとなるという観測があるようで、
14日(水)のFOMC議事録で金融緩和政策を見直すような議論が
確認されれば、ドル売りの巻き戻しがあると見る向きがある一方、
米国で8月に新車買い替えの補助が終了していて、
14日(水)の米小売売上高しだいではドル売りが加速すると
見る向きもあるようで、意見は割れているようですが、
ややドル売り一服と見る向きが優勢のようです。

今週は14日(水)の米小売売上高と米FOMC議事録が
焦点となりそうです。また、モルガン・スタンレーや
ゴールドマン・サックス、そしてシティ・グループや
バンカメなどの米企業の第3四半期決算も注目されます。


さて今日は、負けない技術のお話です。

(その前に別のお話を…)

「核兵器のない世界」の提唱が評価されて、
オバマ米大統領が2009年度のノーベル賞の
平和賞を受賞することになりましたね。

もちろん今までも核不拡散を説く著名な人や
その活動をされている人たちもいて、

「なぜ、オバマ米大統領が?」

と賛否はあるようですが、

世界で唯一の核行使国の大統領という立場と
その影響力も考慮されての受賞なのかもしれませね。

ところで、このオバマ米大統領の平和賞の受賞により、
米国の対外的なイメージの高まりを促すことになるとの
評価がある一方、アフガニスタンへの増派問題や
核開発を進めるイランへの抑止力の低下を危惧する向きもあり、
なかなか政治的には難しい面もあるようです。

さて、(お話は急に変わりますが)

今日はメンバーのТさんからいただいたお便りに
書かれていましたお話をお届けいたします。

そのお便りの冒頭にはこう書かれていました。

「佐野さん、こんにちは。

 突然ですが、先日、桜井章一さんの
 『負けない技術』という本を買いました。」

桜井章一さんと言えば、あのジャン鬼のことですが、
メンバーのTさんは熱心にトレードに励まれているせいか、

「最近は、何でもトレードに当てはめてしまいますので…。」
とのことで(笑)

麻雀を通じて書かれている本の内容にも
トレードに参考になることがたくさん書かれていると、
少し興奮気味にお便りが綴られていました。

(以下、「――」は引用部のようです。)

〜ここから〜

「著者の桜井さんは、なんでも20年間、
 麻雀で負け知らずという方らしいのですが、
 その秘訣は、『いかに勝つか』よりも
 『いかに負けないか』ということらしいのです。

 ――『勝ち』を求めてしまう人は、
 どこまでもプレッシャーにつきまとわれることになる。

 『勝ち』ばかりを追いかけると視野は狭まり、
 自分の技量以上のことをしようとするようになってしまう。

 それがやがて、大きなプレッシャーを生み、
 そのプレッシャーに足を引っ張られて負けてしまったりする。

 『負けない』」は『勝ちたい』より純粋なぶん、
 余計な考えも入らず、プレッシャーを感じることもなくなる。

 だから『負けない』というアプローチで勝負事に挑む人には
 プレッシャーは存在しない。――

 今日は何ピプス勝とう、今週は何ピプスと考えだすと、
 このエントリーチャンスを逃すと次はないのではないかと思って、

 (後で考えると)
 やや不利な状況でエントリーしてしまうことがありました。

 しかし、『負けない』=成功と考えれば、
 ノーエントリーも“あり”だと思えるようになりました。

 ――私は、『格好よく勝つ』より『格好よく負ける』と
 考えたほうがいいと思っている――
 
 これは、潔い損切りのことだと思ってます。

 ――難しく考えない。勝負は複雑にすればするほど、
 『負け』へと近づくことになる――

 難しく考えないとは、大きな流れに同調する
 小さな流れをトレードすることにあたるのでしょうか。

 他にもトレードの参考になることが書いてありました。

 トレードできない時間があると、焦る気持ちも正直ありますが、
 損するよりはマシという気持ちで良い状況を選りすぐって
 まずは『負けない』ようにしたいと思います。」

〜ここまで〜

ふーん。なるほどぉ。

分野は違えど、その道の達人たちは皆、
相通じることを言っていることが多いですね。

私は将棋が好きなのですが、
将棋の一流プロ棋士たちの本を読んでも
トレードに相通じることを発見することがあります。

Tさん、お便りありがとうございました。

「負けないように」などとは一見ネガティブにも思うものですが、
良い状況を選りすぐって、まずは負けないようにすることは
きっと大切なひとつのトレードの指針となりそうですね。

また、難しく考えないと言えば、
例えばここのところのGBP/AUDなどは
けっこう弱そうなGBPと最も強そうなAUDとの通貨ペアで、
素直に売ってさえいればかなり利益を得れたようです。

桜井章一さんの『負けない技術』という本は、
9月の中ごろに発売された新刊のようですが、

こんど私も本屋さんで買って読んでみたいと思います。


※次回の更新は10月19日(月)を予定しています。


FX 「きっかけと潜在」のお話

ボクシングWBA世界フライ級戦で亀田大毅選手が
健闘しましたが惜しくも判定で敗れてしまいましたね。
次のファイトに期待したいものです。  

<週はじめ5日(月)の主な出来事>

市場オープンではドル円が下窓を空けてスタートとなりましたが、
東京時間では主要通貨ペアが堅調傾向での推移となりました。
トリシェECB総裁から
「G7では利上げの国際協調については議論かをしなかった。」
との発言がありました。
NZ財務相が
「NZドルは想定よりも高い。
政策金利は豪より長期間低水準となる可能性。」
との認識を示しました。
日経平均は3日続落となって前週末比−57.38円で取引を終えました。

ロンドン時間では、
ドル円が上下動の揉み合いとなって、
ドルストレートの多くが軟調傾向の揉み合いとなりました。
オーストリア中銀総裁が
「ユーロの水準は今のところ大きな脅威ではない。」
との認識を示す発言をしました。
ECBの専務理事が
「中国はFRBとの距離を置き自らの金融政策とするべき。
金融システム上の主要な国々も米ドルから距離を置くべき。」
との見解を示す発言をしました。
独サービス業PMI確報(9月)はほぼ市場予想とおりの52.1となりました。
欧サービス業PMI確報(9月)は市場予想よりやや強い50.9となりました。
英サービス業PMI(9月)は市場予想より強い55.3となりました。
欧小売売上高(8月)は市場予想よりは強い−0.2%となりました。
オランダ中銀総裁が
「ECBは利上げの前に流動性措置の解除を行う可能性。」
との見解を示す発言をしました。
仏財務相が「経済回復が強いユーロを正当化はできない。」
との認識を示す発言をしました。
トリシェECB総裁が
「新興国など多くの通貨は対ドルと対ユーロで上昇するべき。」
との認識を示す発言をしました。

ニューヨーク時間では、
ドル円が軟調傾向の揉み合いとなって、
ドルストレートの多くがやや堅調傾向の揉み合いとなりました。
米ISM非製造業景況指数(9月)は
構成項目の雇用と新規受注が改善して、
市場予想より強い50.9となりました。
ECBの専務理事が
「最新データには希望があり来年の回復を期待するが、
金融市場には不確実性があり緊張がある。」
との認識を示す発言をしました。
NY原油は70ドル台前半で取引を終えました。
NYダウは反発して前週末比+112.08ドルで取引を終えました。

<昨日6日(火)の主な出来事>

東京時間では、
ドル円が揉み合いながらも軟調に推移して、
ドルストレートが堅調な相場展開となりました。
第3四半期NZIER企業景況感は好結果の36となりました。
NY連銀総裁が
「FF金利は長期間異例の水準にとどまる見込み。
金融市場は改善して経済は回復してきているが、
米経済はしばらく過度の緩みとなる可能性。」
などの認識を示しました。
豪貿易収支(8月)は市場予想より弱い−15.24億豪ドルとなりました。
英紙が「アラブ諸国が原油取引での米ドル利用中止について、
中国・ロシア・日本・フランスと極秘協議して、
本年中の円・元・ユーロ・金の通貨バスケット移行を検討中。」
との観測報道をしました。
日財務相が
「G7で国際的通貨安定策を行なうことは好ましくないことや、
これまでの財政・金融政策は継続することなどを話した。
G7ではドル安についての議論があった。」
などの談話をしました。
豪RBAが市場の大方の予想を覆して0.25%の利上げを決定して、
政策金利を3.25%としました。
豪RBA声明では、
「世界経済の成長の再開に伴い刺激策は縮小させる。
政策金利は非常に低い水準であったがその根拠はなくなった。
世界的経済回復は2010年も継続する見込み。」
などの見解が公表されました。
豪財務相が
「合計財は他の国よりも良い。
豪RBAはさらなる利上げの可能性を示唆した。」
などの認識を示しました。
豪ドルが対米ドルで年初来高値を更新しました。
日経平均は前日比+17.31円で取引を終えました。

ロンドン時間では、
ドル円が上下動の揉み合いとなって、
ドルストレートの多くが揉み合う展開となりました。
ポンドが上昇した後に急落しました。
ガイトナー米財務長官が
「IMFは経済バブルを発見するための監視と、
IMF加盟国がG20の目標に沿っているかの把握をするべき。」
などの見解を示す発言をしました。
サウジアラビア中銀総裁が
「(英紙の)原油取引での米ドル利用中止報道は全く不完全なもの。」
であるとの認識を示す発言をしました。
アルジェリア財務相が
「原油取引に新しい通貨は必要ない。」
との認識を示しました。
ロシア財務次官が
「原油取引での米ドルの役割変更の協議などしていない。」
との発言をしました。
米ドルが一時買い戻されました。
スイス消費者物価指数(9月)は
市場予想よりやや弱い0.0%となりました。
英鉱工業生産(8月)は−2.5%、英製造業生産高(8月)は−1.9%と、
ともに市場予想よりかなり悪い結果となりました。
これをきっかけにポンドが急落しました。
独中銀総裁が
「IMFはやがての出口戦略のために準備が必要。
IMFの出資割り当ては経済への影響力で決めるべき。」
との認識を示す発言をしました。

ニューヨーク時間では、
ドル円が軟調となった後に揉み合いとなって、
ドルストレートが堅調の後に上下動の揉み合いとなりました。
カナダ住宅建設許可(8月)は市場予想より強い7.2%となりました。
金の先物価格が史上最高値を更新しました。
資源国通貨が堅調に推移しました。
発表時間の未定であった英NIESRのGDP予想は0.0%となりました。
カナダIvey購買部協会指数(9月)は
市場予想より強い61.7となりました。
ギリシャ中銀総裁が
「世界経済は危機から浮上するも刺激策からの撤退は時期尚早。」
との認識を示しました。
イランの経済財務相が
「過去に原油取引での米ドル以外の通貨の使用について
協議したことはあったが、最近では協議は行われていない。」
との主旨の発言をしました。
NY原油は70ドル後半で取引を終えました。
NYダウは前日比+131.50ドルで取引を終えました。

<今日7日(水)の主な予定>

朝8時01分に英ネーションワイド消費者信頼感(9月)、
午後2時に日景気先行CI指数速報(8月)、日景気一致CI指数速報(8月)
午後2時45分にスイス失業率(9月)、
午後6時に欧第2四半期GDP確報、
午後7時に独製造業受注(8月)、
深夜4時に米消費者信用残高(8月)、
などの経済指標が発表されます。
欧の指標には注目です。

<明日8日(木)の主な予定>

朝8時50分に日国際経常収支(8月)、日国際貿易収支(8月)、
午前9時半に豪新規雇用者数(9月)、豪失業率(9月)、
午後1時に日企業倒産件数(9月)、
午後2時に日景気ウォッチャー調査(9月 現状判断DI・先行判断DI)、
午後3時に日工作機械受注速報(9月)、
午後7時に独鉱工業生産(8月)、
午後8時に英BOE政策金利、(市場予想は0.50%の据え置き)
午後8時45分に欧ECB政策金利、(市場予想は1.00%の据え置き)
夜9時15分に加住宅着工件数(9月)、
夜9時半にトリシェECB総裁記者会見、
同夜9時半に米新規失業保険申請件数、
夜11時に米卸売在庫(8月)、
などの経済指標が発表されます。
豪・英・欧・米の指標には注目です。

<週末9日(金)の主な予定>

朝8時からバーナンキFRB議長講演、
朝8時50分に日機械受注(8月)、
午後3時に独貿易収支(8月)、独経常収支(8月)、
独消費者物価指数(9月)、
午後5時半に英生産者物価指数(9月)、英商品貿易収支(8月)、
午後8時に加失業率(9月)、加雇用ネット変化率(9月)、
夜9時半に米貿易収支(8月)、
同夜9時半に加国際商品貿易(8月)、
などの経済指標が発表されます。
(独)・英・加・米の指標には注目です。

さて、G7開催後の今週は今のところドル安と円高の続く
相場展開となっているようです。
また、昨日6日は英インディペンデント紙による
原油取引での米ドル利用中止の観測報道がありましたが、
関係国の要人がこれをこぞって否定する発言をするという
ハプニングがありました。

また、報道によりますと、IMFは先月末のG20首脳会議を受けて、
新興国のIMF出資比率を5%増やすことを決めましたが、
その後に開催されたG7と同じ日に中国・ブラジル・インド・
ロシア4ヵ国が会議を開いて、IMFの議決権にかかわる
この出資比率について、ブラジル財務相が7%にするよう
要求するなど、新興国には不満があるようで
IMFでの発言権についての攻防があるようです。

一方、豪RBAが市場の大方の予想を覆して、金融危機後の
先進国では初めてとなる0.25%の利上げを決定して
政策金利を3.25%としました。
トリシェECB総裁によれば「G7では利上げの国際協調については
議論をしなかった。」とのことですが、
今後の市場の他国通貨への思惑による相場動向が注目されます。

そして、年末にいったん期限を迎える米金融安定化法ですが、
金融規制改でFRBに監督権限を集中させるか、関連省庁による
集団的監視体制とするかで、議論がもつれているとのことで、
FRBの権限拡大に懐疑的な米議会と、再編を嫌う関連当局と、
規制強化の回避をしたい金融界などで思惑が交錯しているようです。
金融規制改革法案が年内成立となるかどうか注目されます。

さて、今週後半は8日(木)が英BOEと欧ECBの政策金利の発表と
トリシェECB総裁の定例記者会見とイベントデーで、
事実と思惑に揺れる一日となる可能性がありそうです。


さて今日は、「きっかけと潜在」のお話です。

世界のどこかにはいつも戦火や
地政学的な緊張が絶えないようですが、

不況ではありながらも日本にいると、
本来ありがたい平和が空気のように
あたりまえに感じられることがあります。

そして、日々の生活でもその多くは文字どおりの平凡で、
単調で平穏な生活のリズムに、贅沢なことながらも
ときに飽き飽きすることもありますね。(苦笑)

でも、そのいつ果てるとも知らぬ平凡な日々が、
良きにつけ悪しきにつけ、
突如として変わってしまうことがあります。

何気ない偶然の出会いが結婚へと発展することがあったり、

偶然のような出来事が人生を変えてしまうこともありますし、

ささいなことが原因で会社を辞することになることも、

深く考えずに捺印してしまったハンコひとつで
人生が180度も変わってしまうことがあります。

また、中国の淮南子(えなんじ)に書かれている
塞翁(さいおう)が馬の故事のように、

勤めていた会社が倒産したり、リストラにあったりした
一見の不幸が、その後の起業のきっかけとなって、
後の幸いの始まりとなることもありますね。

ともあれ、

平凡が大きく変化するときには、
大なり小なり何がしかの「きっかけ」が
必ずといってよいほどあるもののようです。

さて、

相場でも同じようなことがあるようで、
飽き飽きするような平凡なレンジ相場が、
突如として大きく動くときには、

多くの場合で何がしかの「きっかけ」や、
それを利用した仕掛け的な動きによることがありますね。

その「きっかけ」は要人発言であったり、
重要経済指標の発表であることもありますが、

大きな相場の流れまでが変わるときには、
「雪解けの一花」や「一樹の紅葉」のように、

小さな現象の背後に陰存する巨大な蠢(うごめ)きに
よる場合があるようです。

つまり、

まだ肌寒い雪解けの一輪の花は、
やがて万花の咲き乱れる春の訪れの象徴となることがあり、

人里はなれた裏山の紅葉となった一本の木が、
やがての絢爛(けんらん)の紅葉の山々となることや、
その後の冬の到来の象徴となることがあります。

そう思うと、昨年のリーマンの破綻が
金融危機のトリガーを引いてしまったようではあっても、

もともと深く広く隠然と潜在していた危機の芽が、
ひとつの具現化した形になって噴出したことが
リーマン騒動であったのかもしれませんね。

当時の一部の評論では、

「リーマンの破綻は巨大な企業破綻ではあるが、
 ひとつの私企業が潰れたのに過ぎない。
 懐深い世界経済が一企業の破綻ごときで
 どうこうなるというものではない。」

などという論調もあったように記憶していますが、

あたかも、弱っていた人がたかが蜂の一刺しでも、
ショックにより重篤状態となってしまうのにも似て、

表面上ではまだあらわになっていない
潜伏していた大きな病巣の認識のほうが肝心であったようです。

もしかしますと、

ファンダメンタルズの分析でも、

そのとき一見それほど重大とは思えないようなことの中に、
隠然と背後に蠢(うごめ)く何かが潜在している状況と、

その巨大な何かが顕在化への端緒となる
「きっかけ」の芽を見抜き探ることが大切なのかもしれませんね。

そういえば、

最近の要人発言は今年の春ころとは異なり、
少しずつ時期が後ろにずれてきているようないないような。

そして、不気味なまでの金価格の上昇、
いったいその背後にあるものとは…。

景気刺激策の救命装置を外す出口戦略の
開始時期とその後の展開は如何に…。

なーんちゃって。

これではまるで書店に並ぶ金融危機関連の
センセーショナルに書き立てる本みたいですね。(自爆)


FX 古代ローマとトレードのお話

2016年に開催予定の国際オリンピックの招致では、
東京が惜しくも落選してブラジルのリオデジャネイロで
開催されることとなりましたね。

<先週末2日(金)の主な出来事>

東京時間では、
主要通貨ペアが上下動の揉み合いとなりました。
ガイトナー米財務長官が
「米国の失業率はきわめて高い。
強いドルは米国にとって重要。
景気が回復すれば財政赤字削減に取り組むべき。」
などの認識を示す発言をしました。
日失業率(8月)は5.5%、日家計調査消費支出(8月)は2.6%と、
ともに市場予想より強い結果になりました。
日経平均は下落して前日比−246.77円で取引を終えました。

ロンドン時間では、
ドル円が上下動の揉み合いとなって、
資源国通貨などドルストレートが軟調傾向の揉み合いになりました。
英ネーションワイド住宅価格(9月)は
市場予想より強い0.9%となりました。
IMFの専務理事が
「各国政府の拙速な刺激策撤退は経済回復にリスクを与える。
IMFは人民元が過小評価されていると認識。」
などの懸念を表明しました。
英建設業PMI(9月)は市場予想より弱い46.7となりました。
欧生産者物価指数(8月)は市場予想とおりの0.4%となりました。
仏財務相が「強いドルはすべの人にとって利益となる。」
との認識を示しました。
英財務相が「景気刺激策の継続は絶対的に必要。」
との見解を示しました。
世界銀行総裁が
「ドルは逃避先と見られていて、それがすぐには変わらないと認識。
ユーロの強さは欧州の動向しだい。」
との認識を示す発言をしました。
ボストン連銀総裁が
「米経済は依然として弱い。市場の期待よりも悪化する可能性。」
との認識を示しました。

ニューヨーク時間では、
ドル円が急落の後に急上昇して、
他の主要通貨ペアも軟調となった後に反発する展開になりました。
米失業率(9月)は市場予想とおりの9.8%となりましたが、
米非農業部門雇用者数変化(9月)は
市場予想より弱い−26.3万人となりました。
ボストン連銀総裁が
「米国の失業は今後数年間にわたり高水準で推移する可能性。
金融市場は本物の改善の兆候示すが商業用不動産は懸念。」
などの認識を示す発言をしました。
米大統領諮問委員会の委員長が
「雇用統計の結果には失望するが良い方向に向かっている可能性。」
との認識を示しました。
米製造業受注指数(8月)は市場予想より弱い−0.8%となりました。
米国家経済会議の委員長が
「経済が正常化するには時間を要するが、
数ヶ月以内に経済成長開始の芽が見えてくる可能性。
景気の最悪期は過ぎ去ったが我々には景気拡大支援の仕事がある。」
などの見解を示す発言をしました。
一部メディアによる「G7では為替に関して通常の文言となる見込み。」
との観測報道も影響してか、主要通貨ペアが反発しました。
NY原油は69ドル台後半で取引を終えました。
NYダウは前日比−21.61ドルで取引を終えました。

<週はじめでゴトウ日の今日5日(月)の主な予定>

午後4時55分に独サービス業PMI確報(9月)、
午後5時に欧サービス業PMI確報(9月)、
午後5時半に英サービス業PMI(9月)、
午後6時に欧小売売上高(8月)、
夜11時に米ISM非製造業景況指数(9月)、
などの経済指標が発表されます。
欧・米の指標には注目です。
また、今日は豪州が休場で、今週から豪州が夏時間となります。

<明日6日(火)の主な予定>

朝7時に第3四半期NZIER企業景況感、
午前9時半に豪貿易収支(8月)、※夏時間
昼12時半に豪RBA政策金利、(市場予想は3.00%の据え置き) ※夏時間
午後4時15分にスイス消費者物価指数(9月)、
午後5時半に英鉱工業生産(8月)、英製造業生産高(8月)、
夜9時半に加住宅建設許可(8月)、
夜11時に加Ivey購買部協会指数(9月)、
などの経済指標が発表されます。
豪・英・の指標には注目です。

そして、今週の7日(水)からの主な注目材料は、

7日(水)に、英ネーションワイド消費者信頼感、
日景気先行CI指数速報、日景気一致CI指数速報、スイス失業率、
欧第2四半期GDP確報、独製造業受注、米消費者信用残高、

8日(木)に、日国際収支(経常収支・貿易収支)、豪新規雇用者数、
豪失業率、日景気ウォッチャー調査(現状・先行)、
日工作機械受注、独鉱工業生産、英BOE政策金利、
欧ECB政策金利、加住宅着工、トリシェECB総裁記者会見、
米新規失業保険申請件数、米卸売在庫、

9日(金)に、日機械受注、独貿易収支、独経常収支、
独消費者物価指数、英生産者仕入価格、英商品貿易収支、
加失業率、加雇用ネット変化率、米貿易収支、

などがあります。

さて、週末3日イスタンブールで開催された
G7(財務相・中央銀行総裁会議)では、
「世界経済には回復の兆しがある。持続的で均衡のある成長のため、
景気刺激策を継続、雇用情勢は回復していなく成長の見通しは脆弱。
為替の過度な変動は経済と金融の安定に悪影響となる。
為替市場を注視して適切に相互協力をする。
調和の取れた出口戦略の作成を継続。金融システムの強化策を継続。
世界経済の不均衡是正の枠組みを構築。」
などの共同声明を採択して閉幕しました。

G7ではドル安の是正に各国の温度差があった模様ですが、
為替相場の過度な変動は経済と金融に悪影響があるため、
「ドル安基調が強まっている相場に対して安定を目指す。」として、
市場を注視して「適切に協力」することを確認して、
金融政策については成長の持続を最優先しながら、
出口戦略も模索することで一致することとなりました。

また報道によりますと、欧州連合(EU)の新たな基本条約
「リスボン条約」の批准の是非を問うアイルランドの
二度目の国民投票が行われ、賛成多数で批准の承認となったことで、
残るポーランドとチェコの賛同が必要ではあるものの、
EUは大統領制の新設や政策決定の迅速化などを柱とする
新体制へ移行することになるとのことです。

一方、IMFが世界経済の見通しを発表して、
2010年の世界全体の実質経済成長率を3.1%と、
前回の7月時点より0.6ポイント上方修正することとなりましたが、
世界的な景気後退は終わりつつあるとしながらも、
景気の回復ペースは弱いとして「景気刺激策の継続が必要」
との見解を示しました。

そして、先週末の米雇用統計では、米失業率(9月)は
市場予想とおりの9.8%となったものの、
米非農業部門雇用者数変化(9月)は市場予想より弱い−26.3万人と
なるなど、日米欧の失業者は昨秋から1,000万人増となっていて、
日失業者360万人、欧米それぞれ1,500万人の失業者がいるとが
報道され、ジョブレス・リカバリー(雇用なき回復)を
脆弱と見る識者は多いようです。

さて、今週のアナリスト予想では、
「スイス中銀が介入姿勢をとり続ける限り欧州通貨に
下落圧力がかかりやすい。」と見る向きや、
「出口戦略は模索しながらも、米国の金融緩和策が長引く
との見方もあり、そして、日米長期金利差の縮小傾向から、
ドルが当面売られやすく、また景気先行きの不透明感および
株安でのリスク回避で機関投資家の円買いとなる。」と見る向きや、
他方、「足元ではドル安の進行に対する欧州の牽制や、
G7の声明の影響で、今週はドルが底堅い動きとなる。」
との見方もあるようで、意見は割れているものの、
円高ドル安と見る向きがやや優勢のようで、
相場動向が注目されます。

米雇用統計とG7のイベントの後であるだけに、
週初の動向を見据えてから、
流れに乗ってトレードしていきたいものです。


さて今日は、古代ローマとトレードのお話です。

歴史上で世界で最も長きに渡り反映した国家の1つに
古代ローマがありますが、

古代ローマは、紀元前8世紀の中ごろに
小さな都市国家としてはじまって以来、
長靴形のイタリア半島を統一するのに約500年、
そして地中海の覇権を握るのに
約600年もの歳月を費やしたのだそうで、

気の遠くなるような長い覇権争いの歴史に勝利してきました。

まぁ、それ以前のビザンチン帝国を
ローマ帝国の歴史に加えるかどうかは
異論が多いですが、もしも仮に加えるとすると、
ローマの歴史はなんと2200年にも及ぶことになります。

ローマという名称はもともと
「統治権」という意味なのだそうですが、

ローマはしばらく専制的な王国であったものの、
7代目の王様を追放した後からは、
執政官制度となったのだそうで、

権力が集中しないように執政官は常に2人選ばれ、
そして任期を一年とするなど、

よほど専制体制に懲り懲りしたのか、(苦笑)

専制的な権力を極力排除する制度を採用していたとのことで、
民主主義的な体制を模索していたのかもしれませんね。

そして後にまた、
ローマは元首制と称する実質的な帝政に移行したり、
軍人皇帝時代を経たり、東西に分裂したり、
西ローマが滅亡したりとローマの歴史は変遷するのですが、

五賢帝の時代もあったものの、
実質的な帝政への復帰が衰亡の遠因となったようでもあり、
なんか興味深いですね。

さて、

ローマはその歴史で何度も存亡の危機を経験していて、
カルタゴのハンニバル将軍の侵攻でも散々な目にあって、
カンネーの戦いでは滅亡の瀬戸際に立たされたのだそうですが、

後に「ローマの盾」と呼ばれる指揮官のファビウスや
後に「ローマの剣」と呼ばれるマルッケルスや
後に「ローマの名将」とも言われることのあるスキピオ、
などの活躍もあって、

ついにイタリア半島からハンニバルを追い出すことに成功して、
ローマは危機を乗り切り、
さらに強大な国に成長した時期があったのだそうです。

まるで危機を乗り越え戦うほどに強くなり進化するさまは、
ドラゴンボールに出てくるサイヤ人のようですが、(笑)

もしかしますと明確な国家計画もなかったかもしれないローマが、

長きに渡って国を維持して覇権を得てこれた原動力は、
民主主義的な人材登用の制度とともに、

失敗を繰り返しながら、教訓を実地学習して得ていく
「試行錯誤」の能力があったからなのかもしれませんね。

試行錯誤での学習は計画のない進歩でもありますが、(笑)
「過ちを修正して身につける能力」でもあり、

当時、必勝法のなかったであろう戦いと不確実性のある覇権争いに
長きに渡り勝ち続けてこれたのは、

「負けに学ぶ進化」という試行錯誤であったことが
うかがい知れて、なんとも興味深いものです。

ところで、

不確実性のある相場をトレードする場合でも、
この試行錯誤での実地学習は大切なようで、

「負けに学び多し」であるようですが、

良い状態を待てない焦りのトレード、
休むことを知らない過剰トレード、
負けを認めれずに損切りを実行できないシンドローム、
計画性のない無限ナンピン、
根拠のない祈りのトレード、
恐れを知らない無謀なレバレッジ、
感情まかせの怒りのトレード、

などなど、

知っていることと、やっていることのギャップは、

実地学習をして教訓を身に染みて学ぶ
試行錯誤のプロセスがなければ、

「わかっちゃいるけど、やめられない。」(笑)

と、なかなか身に付かないもののようです。

もしかしますと、

いつまでも負けに学べない者が敗者となって、
負けでの教訓を早く気づく者が生き残り、

一時代の隆盛を極めたローマのように
勝ち組へとなっていくのかもしれませんね。


FX 歴史的チャートポイントのお話

南太平洋のサモア諸島沖でマグニチュード7.9の
大きな地震がありましたね。

<お詫び>

前号のコラムの記載内容につきまして、
よく内容を吟味して掲載すべきとのご批判をいただきました。

<週はじめの一昨日28日(月)の主な出来事>

ドル円は市場オープン後のオセアニア時間に下落して、
東京時間でしだいに反発する展開となりました。
ドルストレート通貨ペアは東京時間では軟調傾向で推移しました。
ドル円が一時88円台前半まで下落しました。
英ホームトラック住宅調査(9月)は0.2%となりました。
豪RBA総裁が、
「金利の低水準が長期間留まり過ぎれば不均衡となる可能性。
刺激策は民需の拡大に伴い解除が必要になるが、
景気刺激策の拙速な解除は望まない。」
との主旨の発言をしました。
日財務相が
「為替レートに人為的影響を及ぼすのは間違いだか、
円高是認とは言っていない。
為替はやや一方的に偏ってきている。
為替は安定的であることが望ましい。」
などの認識を示す発言をしました。
日経平均は辛うじて1万円台を維持して
前週末比−256.46円で取引を終えました。

ロンドン時間では、
主要通貨ペアが上下動の揉み合いとなりました。
中国上海株価は前週末比−75.32ポイントで引けました。
日首相が
「モラトリアムまでは合意していないが、
中小企業が資金繰りに困っている実態がある。」
との認識を示しました。
英財務相が
「回復が強固となる前に支援を止めれば再び景気後退になる可能性。
財政赤字は新たな財務責任法が毎年削減することになる。」
などの認識を示しました。

ニューヨーク時間では、
主要通貨ペアの上下動の揉み合いが続きました。
米シカゴ連銀全米活動指数(8月)は−0.90となりました。
発表時間が未定であった独消費者物価指数速報(9月)が
午後10時半頃に発表されて市場予想より弱い−0.4%となりました。
米ダラス連銀製造業活動指数(9月)は前回値より改善したものの、
市場予想より弱い−6.4%となりました。
トリシェECB総裁が
「経済状況は3月に比べて改善したが
景気回復のペースは非常に緩やかとなる可能性。
景気刺激策を永久に続けることは不可能。
今は出口戦略を実施する時ではない。
ECBはで口戦略を有している。
現在の政策金利は適切である。
(準備通貨として)強いドルはとても重要。」
などの認識を示す発言をしました。
格付け会社のムーディーズがリトアニアの債務格付けを引き下げ、
見通しをネガティブと発表しました。
カナダBOC総裁が
「カナダドル高はカナダ経済に悪影響。
下半期のカナダ経済は予想より強い可能性。
政策金利の見通しはインフレ見通しによって変化するが、
カナダの政策金利は2010年6月まで0.25%を維持する。」
などの見解を示す発言をしました。
NY原油は66ドル台後半で取引を終えました。
NYダウはM&Aの発表が相次いだことが背景となったか、
前週末比+124.17ドルで取引を終えました。

<昨日29日(火)の主な出来事>

東京時間では、
主要通貨ペアが揉み合いながらも堅調傾向で推移しました。
NZ住宅建設許可(8月)は1.7%となりました。
日全国消費者物価指数(8月)は
市場予想とおりの−2.2%となりました。
日財務相が
「為替介入は異常事態ではあり得る。
現在の為替の動きは急激。円高是認など一言も言っていない。」
などの発言をしました。
豪RBA経済分析局長が
「住宅価格には望まない強い伸びのリスクが見られる。
金利が現在の低水準に永くとどまる予想は非合理。
金利が正常化に向かって上昇すれば住宅価格は値ごろ感を醸成。」
などの認識を示す発言をしました。
日経平均は前日比+90.68円で取引を終えました。

ロンドン時間では、
主要通貨ペアの多くが上下に揉み合う展開となりましたが、
ユーロが軟調となり、ポンドが反発をみせました。
独輸入物価指数(8月)は市場予想より強い1.3%となりました。
英第2四半期GDP確報は市場予想とおりの−0.6%となりました。
英第2四半期経常収支は−114億ポンド、
英消費者信用残高(8月)は−0.3億ポンドと、
ともに市場予想より弱い結果となりました。
中国人民銀行が
「経済回復の足元は固まっていない。
過度に緩和的な金融政策を維持して信用の伸びを促す。」
などの見解を示しました。
欧業況判断指数(9月)は−2.07、欧消費者信頼感(9月)は−19と、
ともに市場予想より弱い結果となりました。
英BOEが金融機関のエコノミストを招いて会合を開きました。
出席した複数のエコノミストが
「BOEは準備預金金利の変更は当面予定していない。」
との主旨のコメントをしました。
ユーログループ議長が
「ユーロ圏の経済状況は安定化してきている。
回復の持続には不確実性がある。
出口戦略をいつ行うかは不確定。
ユーロ圏は世界経済不均衡を縮小へ向け行動すべき。」
などの見解を示す発言をしました。

ニューヨーク時間では、
ドル円が反発した後に揉み合いとなって、
ドルストレートが上下動の揉み合いとなりました。
米S&Pケースシラー住宅価格(7月)は
前年比で市場予想よりは強い−13.30%となりました。
米ダラス連銀総裁が
「FRBによる住宅市場の救済には限界がある。
FRBはバランスシートの縮小を早急に開始するべき。
米経済に対する楽観論には警鐘を促したい。
長期間の低成長が続く見込み。ディスインフレのリスクがある。
失業率は10%に達する可能性。」
などの認識を示す発言をしました。
米消費者信頼感指数(9月)は構成項目の雇用関連が弱く
市場予想より弱い53.1となりました。
英財務相が「英国の失業率は2010年にかけて悪化する可能性。」
との認識を示しました。
NY原油は66ドル台後半で取引を終えました。
NYダウは前日比−47.16ドルで取引を終えました。

<月末でゴトウ日の今日30日(水)の主な予定>

朝8時01分に英GFK消費者信頼感調査(9月)、
朝8時50分に日鉱工業生産速報(8月)、
午前9時に豪コンファレンスボード景気先行指数(7月)、
午前10時半に豪小売売上高(8月)、豪住宅建設許可件数(8月)、
午前11時にNBNZ企業信頼感(9月)、
午後1時に日自動車生産(8月)、
午後2時に日住宅着工戸数(8月)、日建設工事受注(8月)、
午後4時55分に独失業者数(9月)、
午後6時に欧消費者物価指数速報(9月)、
午後6時半にスイスKOF先行指数(9月)、
夜9時15分に米ADP雇用統計(9月)、
夜9時半に米第2四半期GDP確報、米第2四半期個人消費確報、
同夜9時半に加GDP(7月)、加鉱工業製品価格(8月)、
加原料価格指数(8月)、
夜10時45分に米シカゴ購買部協会景気指数(9月)、
などの経済指標が発表されます。
豪・独・欧・加・米の指標には注目です。

<月初の明日10月1日(木)の主な予定>

朝8時50分に日銀第3四半期短観、日小売業販売額(8月)、
午後2時に日自動車販売台数(9月)、
午後4時半にスイスSVME購買部協会景気指数(9月)、
午後4時55分に独製造業PMI確報(9月)、
午後5時に欧製造業PMI確報(9月)、
午後5時半に英製造業PMI(9月)、
午後6時に欧失業率(8月)、
午後8時半に米チャレンジャー人員削減数(9月)、
夜9時半に米個人所得・支出(8月)、PCEデフレータ、
新規失業保険申請件数
夜10時からバーナンキFRB議長議会証言、
夜11時に米ISM製造業景況指数(9月)、米中古住宅販売保留(8月)、
などの経済指標が発表されます。
日・欧・米の指標には注目です。
また、この日から中国上海市場が8日間の連休入りとなります。

<週末2日(金)の主な予定>

朝8時半に日失業率(8月)、
午後3時に英ネーションワイド住宅価格(9月)、
午後5時半に英建設業PMI(9月)、
午後6時に欧生産者物価指数(8月)、
夜9時半に米非農業部門雇用者数変化(9月)、米失業率(9月)、
夜11時に米製造業受注指数(8月)、
などの経済指標が発表されます。
(日)・米の指標には注目です。

さて、月末・月初と、週末に米雇用統計のイベントを控える
市場ですが、一部では米国の早期利上げ観測が後退して、
米長期金利が低下傾向になってドル売り要因になるとなると
見る向きがあるとともに、株価の不安定さを背景に
市場の関心が債券市場に向いてきているとして、
株価の不安定さがリスク回避の動きとなるのではないか
と指摘する声もあるようです。

一方、ここのところの原油など資源価格上昇に一服感が出て
きたようで、9月に対ドルで年初来高値をつけたユーロが
持ち高調整の動きが進むと見る向きもあるようです。

他方、豪RBAが11月および12月に利上げをするとの観測をする
向きがあるとのことです。

また、米国が対外不均衡の是正を打ち出したことで、
経常収支に市場の関心が集まると見る向きもあり、
経常収支不均衡の是正には為替調整を伴うことになることから、
(経常黒字は日本よりも中国が大きいものの、
人民元が自由な変動相場となっていないことで)
市場では円買いの仕掛けを誘いやすいと指摘する声もあるようです。

いろいろとファンダメンタルズ要因が交錯していて、
週末にかけて短期的に振れの大きな相場となる可能性もありそうで、
流れに乗りながらも機敏にトレードしていきたいものです。


さて今日は、歴史的チャートポイントのお話です。

週はじめの28日の月曜日の東京時間が始まろうとする前に
ドル円が、一時、今年の1月26日(月)以来となる
88円台の前半まで下落しましたね。

ドル円の過去最安値は、日本のバブル崩壊直後で
米国のクリントン大統領の時代の1995年4月19日の
79円75銭ですが、まだそこまではある程度の幅があるものの、

「やがて歴史的安値水準まで行くのではないか。」

と見ている人も少なからずいらっしゃるようです。

今後、どのような展開になるかは判りませんが、
とても興味深いですね。

さて、

チャート・ポイントには、
レジスタンスやサポートラインと呼ばれるものや、
バンドやチャネルの上限や下限、
トレンドラインやネックライン、
フェボナッチポイントやピボットのポイントなどなど、
いろいろありますが、

「歴史的な安値(高値)のポイント」だけは別格のようです。

たとえば、ドル円の1995年4月19日の79円75銭などは、
過去14年以上にわたり破られたことのなかったポイントである、
とともに、歴史においての最安値ですから、
チャートポイントの中でも注目度が違います。

いわゆる80円アラウンドには、歴史的な絶好の買い場とみて
買いオーダーが並ぶことでしょうし、

中には、

「ここを下げれば仕方がないよ。
 歴史的ポイントで買えることはそうあることではないから、
 記念ということでも根性入れて買ってみるさ。」

なーんていう人もいらっしゃるかもしれませんね。(笑)

また、売っていて含み益が大きくなった人でも、

「ここまで下げてくれりゃ、利大の極みだな。
 ここいらで利食うとするか。」

という気持ちにもなろうというもので、

「歴史的な安値のポイント」では、

新規の買い方やばかりではなく、売り方も利食いの買い決済で、
売り方、買い方ともに「こぞって買う」買い一色のポイント
となりやすいようです。

ところが、

もしもこの歴史的安値をはっきりと下抜けてしまったら、
売り方も買い方も心理状態が一変してしまいます。

「いんらなんでも、歴史的水準は下抜けないだろう…。」

と含み損に耐えて忍んで踏ん張ってきた
手持ちの買い玉のある買い方もついに観念して投げそうですし、

新規の買い方も、「あらっ、こりゃマズい。」と、
仕切り直しの損切りすることがありそうで、

そして、この動きに乗じる新規の売りも入って、

歴史的最安値という支えを失った市場は
パニック的な売り一色となる場合もありそうです。

鳥羽一郎さんの「男の港」(作詩 穂積淳/結城忍 さん) の

「板子一枚 生命(いのち)をはった〜
 男度胸の 海が呼ぶ〜♪ ………」

ではないですが、(笑)

「板子一枚」でガラリと相場が変わる
ほんとうの重要ポイントが歴史的チャートポイントなのですね。

ドル円は板子のポイントまでたどり着けるか否か―。
そして、その命運や如何に―。

相場劇場がますます面白くなってきそうですね。


<お知らせ>

北海道の書店では入荷が遅れているようで、
私自身まだ見ていないのですが、(^^;)
ダイアプレス社の「稼ぐFXマスター」という本に
私の教材の紹介ページが掲載されています。

いろいろなFX関連のノウハウが掲載されているとのことで、
発売早々にアマゾンでは完売となってしまったそうです。

楽天ブックスヤフーブックス などではまだ在庫があるようです。


FX 「予言の書」のお話

G20サミットが閉幕したと思ったら、
今週は9月期末に続く第4四半期の月初に週末の米雇用統計と
相変わらず忙しいマーケットですね。

<先週末25日(金)の主な出来事>

東京時間では、
ドル円が上下動しながらも軟調傾向となりました。
ドルストレート通貨ペアが堅調の後に反発しました。
ポンドが一時1.6000台を割り込みました。
ガイトナー米債務長官が
「世界経済および米国で回復の初期の兆候が見られる。
米提案の持続可能で均衡の取れた成長の枠組みにG20で支持。
G20では明確な規制基準の合意が必要。
IMFは世界経済の変化を反映すべき。
米国は支援プログラムを必要期間で維持。
強いドルは米国にとって重要。
米ドルの基軸通貨としての役割を長期維持することが重要。」
などの認識を示す発言をしました。
NZ貿易収支(8月)は市場予想より弱い−7.25億NZドルとなりました。
日銀政策会合議事録では
「時限措置の見直しと金融緩和政策転換の結びつけは不適切。
需給ギャップが拡大して、デフレリスクにも留意が必要。
金融調節では市場機能の自律回復を阻害しないようにすべき。」
などの意見が公表されました。
日経平均は前日比−278.24円の大幅安で取引を終えました。

ロンドン時間では、
ドル円の軟調傾向が続き、
他の主要通貨ペアも軟調傾向の揉み合いとなりました。
中国人民銀行の当局者が
「米ドルの安定は世界経済の回復に影響を及ぼすため、
米国は政策決定で準備通貨としてのドルの地位に配慮すべき。」
との主旨の発言をしました。
独GFK消費者信頼感調査(10月)は好結果の4.3となりました。
中国上海株式市場は前日比−14.71ポイントで引けました。
英第2四半期総合事業投資(確報)は、
ほぼ市場予想とおりの−10.2%となりました。
ドル円が90円台を割り込みました。

ニューヨーク時間では、
ドル円とポンド関連通貨ペアの軟調傾向が続き、
ドルストレート通貨の多くが上下動の揉み合いとなりました。
米耐久財受注(8月)は市場予想より弱い−2.4%となりました。
バーナンキFRB議長が
「経済支援プログラムの利用は収束しつつあるが、
証券化支援のTALFの必要性は依然として強い。」
との見解を示す発言をしました。
米ミシガン大学消費者信頼感指数確報(9月)は
市場予想より強い73.5となりました。
米新築住宅販売件数(8月)は
市場予想より弱い42.9万件となりました。
英財務相が「ポンド安を意図的に行う政策はない。」
との主旨の発言をしました。
中国の国家主席が
「各国はマクロ的経済政策で協調して景気刺激策を継続すべき。
準備通貨の発行国はバランスのある通貨政策とするべき。」
などの主旨の発言をしました。
米FRB理事が「出口戦略は必要性が明確となる以前に行う必要。」
との認識を示しました。
NY原油は66ドル台前半で取引を終えました。
NYダウは前日比−42.25ドルで取引を終えました。

<週はじめの今日28日(月)の主な予定>

朝8時01分に英ホームトラック住宅調査(9月)、
朝8時15分から豪RBA総裁講演、
夜9時半に米シカゴ連銀全米活動指数(8月)、
夜11時半に米ダラス連銀製造業活動指数(9月)、
同夜11時半からトリシェECB総裁議会証言、
などの経済指標が発表されます。
また、発表時間は未定(通常NY時間)ですが、
独消費者物価指数速報(9月)が発表される予定です。
独・米の指標には注目です。

<明日29日(火)の主な予定>

朝7時45分にNZ住宅許可件数(8月)、
朝8時半に日全国消費者物価指数(8月)、日東京消費者物価指数(9月)
午後3時に独輸入物価指数(8月)、
午後5時半に英第2四半期GDP(確報)、英第2四半期経常収支、他
午後6時に欧業況判断指数(9月)、欧消費者信頼感(9月)、
欧鉱工業信頼感、
夜10時に米S&Pケースシラー住宅価格(7月)、
夜11時に米消費者信頼感指数(9月)、
などの経済指標が発表されます。
(日)・英・欧・米の指標には注目です。

そして、今週の30日(水)からの主な注目材料は、

30日(水)に、英GFK消費者信頼感調査、日鉱工業生産速報、
豪小売売上高、豪建設許可件数、NBNZ企業信頼感、
日住宅着工件数、日建設工事受注、独失業者数、
欧消費者物価指数速報、スイスKOF先行指数、米ADP雇用統計、
加GDP、加鉱工業製品価格、米第2四半期GDP確報、
米第2四半期個人消費確報、米第2四半期PCEコアデフレータ確報、
米シカゴ購買部協会景気指数、

1日(木)に、日銀第3四半期短観、日小売業販売額、
スイスSVME購買部協会景気指数、独製造業PMI確報、
欧製造業PMI確報、英製造業PMI、欧失業率、
米チャレンジャー人員削減数、米個人所得、米個人支出、
米PCEデフレータ、米新規失業保険申請件数、
バーナンキFRB議長議会証言、米ISM製造業景況指数、
米中古住宅販売保留、米建設支出、

2日(金)に、日失業率、英ネーションワイド住宅価格、
英建設業PMI、欧生産者物価指数、米非農業部門雇用者数変化、
米失業率、米製造業雇用者数変化、米製造業受注指数、

などがあります。

さて、24〜25日に米ピッツバーグで行われたG20サミットでは、
「持続力のある回復が確実になるまで政策対応を維持。
出口戦略を準備するも刺激策を時期尚早に解除しない。
強力かつ持続的で均衡のある成長策を採用。
G20を国際的経済協力の首脳フォーラムとする。
金融機関の資本基準を引き上げて、過度なリスクテイクを
防止するため厳しい報酬基準を実施する。
2010年ドーハラウンド妥結を求め金融セクターを
保護主義に陥らせない。」などの主旨の声明として閉幕しました。

金融安定化理事会(FSB)が打ち出した金融機関のリスク経営抑制
のための「報酬基準」がG20で支持されることになったことで、
金融機関の活力への圧力となるのではないかと見る向きが
あるようです。

また、報道によりますと、野村ホールディングスが事業拡大と
財務基盤強化のために最大5000億円の公募増資発表するとして、
市場の一部では、今後、「他の証券や金融の大手も追従する
動きとなるのではないか。」との憶測で
日金融セクターの株価が軟調となりました。
そして、揺れてはいるものの、借金返済を3年程度猶予する
モラトリアムの法案提出の動きもあり、また、日銀の試算では、
今後3年間の不良債権処理損失が同じ期間の本業のコア業務純益を
上回る可能性があるとして、まだ金融セクターでは厳しい状況が
あるようです。

一方、「英国はAAAの格付けを失う寸前」
「英銀の見通しはネガティブ」など格付け会社の見解とともに、
「ポンド安は輸出主導の英経済に有効」とのBOE総裁の
ポンド安を容認する発言もあり、ポンドの軟調傾向が続き、
一部では「英景気の低迷の長期化の懸念がユーロ圏や東欧諸国にも
飛び火しかねない。」との憶測もあり、
欧州通貨安となるのではないか、と見る向きもあるようですが、
足元の米ドル安とのせめぎあいが注目されます。

さて、今週のアナリスト予想では、
G20で「世界経済の不均衡是正」が決まったこともあり、
経常黒字国の通貨「円」への上昇圧力になる可能性もあるとして、
また、4月の日本の税制改正で海外子会社からの配当への課税免除を
背景とした9月末の期末要因が90円台を割り込んだ円高を昂進させる
のではないか、との見方がある一方、
G20で金融機関の報酬規制が確認されたことで金融機関の
行政圧力懸念なよるリスク回避のドル買いの懸念もあり、
また積極的な円買い材料ではなく、短期の投機マネーが主導した
円高は一時的となりやすいと見るむきもあり、
今後の円とドルを巡る相場展開が注目されますが、
月末と月初で短期的な流れが変わる可能性もありそうです。


さて今日は、「予言の書」のお話です。

いつも堅い話ばかりなので、
今日は面白話をお届けいたします。

漫画週刊誌のビッグコミック・スピリッツに連載されていた
浦沢直樹さん原作のSFサスペンス「20世紀少年」が映画化されて、

その映画の3作目となる「20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗」が
8月の末頃から上映されていますが、
遅ればせながらようやく観ることができました。^^

ケンヂら少年たちが空想した「よげんの書」を中心に
展開されるSF物語ですが、

ケンヂら少年たちの時代が私の少年期でもあり、
妙な懐かしさがあって、私の好きな物語です。

さて…、

このような予言にまつわるお話は
SFの世界や映画だけかと思っていましたら、

先日、メンバーのYさんから
とても興味深い内容のメールをいただきました。

「佐野さん、Van de Meer博士を知っていますか?」

「博士は昨年の9月来の世界経済のフリーホールを
 10ヶ月前から予測していた方なのですが、
 その博士が米国破産がもうじき現実に始まるというのです…。」

リーマンの破綻以来、米国をはじめ世界が
しばらくフリーフォールの状態の経済危機となって、
米国が弱っているのはわかっていましたが、

ここのところは、仮に表面的ではあっても
経済回復の兆しが強まっているようにも見えて、

「えっ?」

と驚いてしまいました。

これからそのお話をご紹介しますが、

人によっては「あははっ。そんなのトンデモ話だよ。」と、

バッサリ切って捨てられる方もいらっしゃると思いますし、
むしろそのように思われるのがあたりまえとも思います。

しかし、

2007年のフォーチュン誌で「最も賞賛されるべき証券会社」と
紹介されたこともあるリーマン・ブラザーズが
2008年9月15日に突如として破綻したり、

ウォール街の象徴でもあった投資銀行が
銀行持株会社に移行するなどして
昨年9月のわずか1週間で消え去ってしまうなど、

ときに思いもよらぬことが現実に起こるものです。

2007年後半にサブプライム問題が惹起した頃でさえ、
「リーマンは2008年には破綻する。」といえば、
きっとキチガイ扱いされたことでしょう。

これからご紹介することは、少し過激な表現もあるようで、
ご覧になられて「世間を惑わすな。」と
不快に感じられたりするかもしれませんが、

「興味深いこんな話もあるものだ。」と、
面白話としてご覧いただくのもよいかもしれません。

メンバーのYさんからの興味深い内容のメールに
記(しる)されていたのは、このサイトでした。

世界で唯一の核兵器行使国として核軍縮の演説を行い、
今月24日の国連安保理で「核拡散防止と核軍縮」の提案をした
オバマ米大統領が古代へブライ語で「悪魔」という意味である
ということも驚きですが、

Van de Meer博士が米連銀の破綻による米国の9月30日の破産を
予測していることはさらに驚きです。

あとたった2日で「その時」が来るのですから、

昨年の9月来の世界経済のフリーホールを
オカルト的な予言ではなく、いろいろと調査の上で
10ヶ月前から予測していたというVan de Meer博士の予想なだけに、

なんとも不気味な感じがしますとともに、
興味津々との思いも禁じ得ません。

一説では、Van de Meer博士の予想は
いろいろな情報に基づいてはいても、
「けっこう外れることもある」との声もあるようですが、(苦笑)

予測(予言)の期日がここまで近いものを見れるのは、
そうあることでもなく、興味深いお話ではありますね。

今のところはこの期日での予想は外れるようにも思われますが、
水面下での逼迫状況の存在も垣間見られるようで、

「そんなのよくあるトンデモ話さ。」と
簡単に切って捨てることもできないのかもしれません。

「木の幹が割れるのは9月30日になるが、
 枝が地面に落ちるのは10月7日と10月27日、
 または11月になるであろう。」

とのことですが、その予言の事実の結末や如何に…。

「信じるも信じないもあなたしだいです。」

なーんちゃって。(爆)


FX 自己観念を外すと見える事のお話

日本では今週はシルバーウィークの連休ですね。
週後半の24日〜25日には米ピッツバーグで
G20サミットが開催されます。

<先週末18日(金)の主な出来事>

東京時間では、
ドル円がやや軟調傾向となり、
ドルストレート通貨ペアの多くも上下動しながら、
軟調傾向での推移となりました。
米WSJ紙の電子版が
「ポンドが新たなキャリートレード通貨となる可能性。」
との観測報道をしました。
米FT紙が「英銀ロイズ・バンキンググループが
不良資産保障スキームを申請する可能性。」
との観測報道をしました。
日銀金融経済月報(9月)では
「生産を上方修正して、景気の改善見通し」
を示す内容となりました。
日景気先行CI指数確報(7月)は82.5、
日景気一致CI指数確報(7月)は89.8、となりました。
中国上海株価は軟調傾向で推移しました。
日経平均は前日比−73.26円で取引を終えました。

ロンドン時間では、
主要通貨ペアの多くがいったん反発を見せて
揉み合う相場展開となりました。
独生産者物価指数(8月)は市場予想より強い0.5%となりました。
中国の銀監会が
「中国の国内銀行に対して融資急増のリスク増大を警告した。」
ことを発表しました。
中国上海株価は前日比−3.19%で取引を終えました。
欧経常収支(7月)は88億ユーロとなりました。
日財務相が
「為替相場は経済の実勢に合わせて決まるのが自然。
円高是認と報道されるのは心外。」との主旨の発言をしました。

ニューヨーク時間では、
ドル円が上下動の揉み合となり、
ドルストレートが軟調傾向の揉み合いとなりました。
カナダ卸売売上高(7月)は市場予想より強い2.8%となりました。
IMFの専務理事が
「今は出口戦略を実行すべき時期ではない。
世界経済は2010年中頃より早く回復する可能性があるが、
金融規制の進展はまだ充分ではない。」
との認識を示しました。
NY原油は72ドル台前半で取引を終えました。
NYダウは前日比+36.28ドルで取引を終えました。

<週はじめの今日21日(月)の主な予定>

朝8時01分に英ライトムーブ住宅価格(9月)、
午前10時半に豪新車販売台数(8月)、
夜9時半に加国際証券取扱高(7月)、
夜11時に加景気先行指標総合指数(8月)、
などの経済指標が発表されます。

<22日(火)の主な予定>

朝7時45分にNZ第2四半期経常収支、
朝11時にNZ第3四半期ウェストパック消費者信頼感指数、
午後3時15分にスイス貿易収支(8月)、
夜9時半に加小売売上高(7月)、
夜11時に米リッチモンド連銀製造業指数(9月)、米住宅価格指数(7月)
などの経済指標が発表されます。
NZ・加・米の指標には注目です。

<23日(水)の主な予定>

朝7時45分にNZ第2四半期GDP、
午後4時半に独製造業PMI速報(9月)、独サービス業PMI速報(9月)、
午後5時に欧製造業PMI速報(9月)、欧サービス業PMI速報(9月)、
午後5時半に英BOE議事録、
午後6時に欧鉱工業新規受注(7月)、
夜10時半にガイトナー米財務長官議会証言、
深夜3時15分に米FOMC政策金利、(市場予想は0.25%で据え置き)
などの経済指標が発表されます。
NZ・(独)・(欧)・英・米の指標には注目です。
FOMC声明は特に注目されます。

<24日(木)の主な予定>

朝8時50分に日通関ベース貿易収支(8月)、
午前10時に豪HIA新築住宅販売(8月)、
午前10時半に豪RBA金融安定についての発表、
午後1時半に日全産業活動指数(7月)、
午後5時に独IFO景気動向(9月)、独IFO現況評価値(9月)、
夜9時半に米新規失業保険申請件数、
夜11時に米中古住宅販売件数(8月)、
などの経済指標が発表されます。
豪・独・米の指標には注目です。
この日から米ピッツバーグで
G20サミット(首脳会合)が開催されます。

<週末のゴトウ日の25日(金)の主な予定>

朝7時45分にNZ貿易収支(8月)、NZ輸入(8月)、NZ輸出(8月)、
朝8時50分に日銀政策会合議事録(8月分)、
日企業向サービス価格指数(8月)
午後5時半に英第2四半期総合事業投資(確報)、
夜9時半に米耐久財受注(8月)、
夜10時55分に米ミシガン大学消費者信頼感指数(9月 確報)、
夜11時に米新築住宅販売件数(8月)、
などの経済指標が発表されます。
NZ・米の指標には注目です。
また、G20サミットの声明にも注目されます。

さて、報道によりますと、欧州連合(EU)が
金融システムの安定化のために
金融機関の高リスク経営を抑制して
「高額報酬を支払う銀行に対する制裁を含めた是正措置」を
24日〜25日に米ピッツバーグで開催されるG20サミットで
提案するとのことです。
G20サミットでは、経済・金融の主要議題のほか、
原油価格や地球温暖化問題など幅広い議論がされる予定ですが、
週末25日(金)のG20声明が注目されます。

また、景気が一応の回復基調にあることを背景に
新興諸国への投資が増加して、
対米証券投資が大幅減となるとともに、
ドルが売られて他国通貨が買われる中期的な動きが続いていますが、
先週末にはドル買戻しの動きも見られ、
今週の米ドルを巡る動向が注目されます。

そして、報道によりますと、中国株投信などに
1,000億円の資金が集まったとのことで、
今月末にかけて外貨投信による円安圧力の観測もある一方、
日新政権の財務相の「日本は基本的に円高の方が良い。」
との主旨の発言に加えて、白川日銀総裁が記者会見で
「円高は短期的にはデフレ的圧力だが、
中長期的には経済を押し上げる力もある」と
述べたことなどを背景に、一部では日本の休場の期間に
ドル円が下値試しに動く可能性があるとの観測もあるようで、
今週前半のドル円の動向が注目されます。

さて、今週のアナリスト予想では、ドル余剰感が継続して
低金利通貨の米ドルを売って他国に投資するリスク選好の
ドルキャリートレードで米ドル安と見る向きがある一方で、
米FOMCで米国の出口戦略の近さが確認されれば
米ドルの巻き戻しもあると見る向きとともに、
G20で銀行の自己資本規律の強化の方向が固まれば
銀行経営に悪影響があるとして、
リスク回避の米ドル買いの動きとなる可能性を指摘する向きもあり、
意見は割れていますが、ドル円では軟調と見る向きが
やや優勢のようです。

23日(水)深夜3時15分の米FOMCでの声明と、
FOMC前と後での相場動向が注目されますが、
今週は上下に振幅のある相場となると予想する向きも
あるようですので、流れに乗りながらも
短期的には機敏にトレードしていきたいものです。


さて今日は、自己観念を外すと見える事のお話です。

アレキサンダー・エルダー博士の著書の「投資苑」には、
翻訳者の福井 強 さんの影響もあると思いますが、
優しい言葉でサラリと文章が綴られていて、(笑)

読み手がうっかりすると、大切なところを
つい読み流してしまうことがありますね。

第3章の「20. トレーディング・レンジ」の
「トレードすべきか様子見すべきか」には、
こんなことがサラリと書かれています。

〜引用はここから〜

「上昇トレンド発見し、買いに入る決心をしたとき、
 いますぐ買うのか、下がったところを買うのかを
 決めなければなりません。
 すぐに買う場合、トレンドに乗り遅れずに済みますが、
 ストップを置くレベル(例えば間近のサポートの下)は、
 多分買値よりも相当離れたところになってしまい、
 潜在的な損の大きさは下がってから買うよりも
 大きなものとなります。」

「(しかし)もし下がったところを拾おうとするなら、
 値下がりのリスクは軽減されますが、
 あなたは次に挙げる4種類の競争相手と対決することになります。
 つまり、既に買ったもののさらに買い増ししたい人たち、
 売ったものの引かされ下がれば元値で手仕舞いたいと
 考えている人たち、まだ買っていない人たち、
 買っていたものの早く売りすぎてしまい、また下がったら
 買おうとしている人たちの4種類の集団です。」

「価格が調整するのを待っている、こうした人たちで、
 『待合室』はごった返しているのです。
 マーケットは慈善事業のために存在しているのではありませんし、
 今度の大幅な価格の調整は実はトレンドの反転の始まりを
 意味しているのかもしれません。」

〜引用はここまで〜

多くのトレーダーがトレンドに乗ろうとして悩む場面ですが、

「押し目待ちに押し目なし」とも言われ、
押しをあまりに待ちすぎれば、4種類の集団の素早い動きに
エントリー・チャンスを失ってしまうこともありますし、

「これは思惑とおり」との押しも、
トレンド反転の始まりであることもあり、

トレードはいつも、なんとも悩ましいものです。(苦笑)

「ベストのタイミング」は存在しているかもしれませんが、
それをいつも捉えることは難しいものです。

また、「早すぎれば騙される。遅すぎれば利幅がない。」
なんてこともありますね。

もしかしますと、

案外と「ベストを求めようとすること」自体が
無理を求めることとなり、
悩みの種となってしまうこともあるものですが、

この悩みにアレキサンダー・エルダー博士は
さりげなくヒントを与えてくれています。

「どのような方法を採用するにせよ、
 ここにあなたを最も危険なトレードから守ってくれる
 マネー・マネジメント・ルールが存在します。」

とリスク管理を促した上で、

「ブレイクアウトを期待して、それが起こる前に仕込むか、
 ブレイクアウトし始めたら買うのか、
 またはその後の押し目を待って買うのかを
 決めなくてはなりませんが、
 もし複数のポジションをトレードするつもりなら、
 1/3を事前に買い、次の1/3をブレイクアウト(初期)で買い、
 最後の1/3をその後の押しで買うということも可能です。」

とアドバイスされています。

不確定なマーケットにベストタイミングを求めようとせずに、
「要所のポイントで分割エントリーしてみては」ということで、
知ってしまえば簡単なことですが、

「ベストを求めよう」との自己の固定観念があると、
なかなか分割エントリーという方法を
見つけられなくなってしまうこともありますね。

また、

少し似たようなことがトレードのタームでの
エントリー・チャンスを見つけようとするときにも
起こる場合があります。

「俺はスイング・タームでしかトレードしない」

との固定観念があると、
なかなかエントリーチャンスがなくても、

自己の固定観念を外してしまうと、
エントリー・チャンスが見えてくることがありますね。

もしも、トレードのタームを
「俺はスイングだ。」「私はデイトレよ。」と決めないで、
相場状況に応じて決めるようにして、

ターム(期間)の数だけトレンドの方向と、
その正解となるトレードがあるとするならば、

たとえば、

少し複雑なマルチタイム・フレーム分析でも、

「長い足と中間の足が下向きで、そして短い足が上向きかよ。
 なんか頭がこんがらがって、何がなんだか判らないよー。」

と嘆かずに、(苦笑)

月足と週足のトレンド方向が整合をしていれば、
日足のトレンドが方向同調したときにスイングを狙う。

月足と週足のトレンド方向が整合していなければ、
(あるいは月足の方向が不明ならば)

今度は週足と日足を見て、トレンド方向が整合していれば
4時間足などのトレンドが方向同調したときに短期スイングを狙う。

週足と日足のトレンド方向が整合していなければ、
(あるいは週足の方向が不明ならば)

今度は日足と4時間足を見て、トレンド方向が整合していれば、
30分足などのトレンドが方向同調したときにデイトレを狙う。

日足と4時間足の方向が整合していなければ、
(あるいは日足の方向が不明ならば)

今度は4時間足と30分足などを見て、
トレンド方向が整合していれば、
5分足などのトレンドが方向同調したときに、
タイミングを見計ってスキャルを狙う。

そして、どうもこうにも
時間軸に整合がないバラバラの相場なら、
ダマシにあいやすいので、
(よほど強い動意があるとき以外は)基本的にトレードを休む。

などの、相場の状態に応じて、

今、どのタームでトレードをすれば良いかを
「相場に聞いてトレードのタームを決める」
という方法もありそうです。

自分自身にとっての難問は、

案外と、一度、自己の固定観念を外してしまうと

「なーんだ。そういうことかぁ。」

と回答が見えてくる場合もあるようですね。


<お知らせ> 次回のブログの更新は9月28日(月)を予定しています。


FX情報をもっと見る
過去ログ
2017年04月(4)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(4)
2016年12月(4)
2016年11月(4)
2016年10月(5)
2016年09月(4)
2016年08月(2)
2016年07月(5)
2016年06月(4)
2016年05月(4)
2016年04月(4)
2016年03月(4)
2016年02月(4)
2016年01月(5)
2015年12月(3)
2015年11月(4)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(4)
2015年07月(4)
2015年06月(4)
2015年05月(4)
2015年04月(4)
2015年03月(4)
2015年02月(4)
2015年01月(3)
2014年12月(3)
2014年11月(4)
2014年10月(4)
2014年09月(4)
2014年08月(4)
2014年07月(4)
2014年06月(4)
2014年05月(3)
2014年04月(4)
2014年03月(4)
2014年02月(4)
2014年01月(4)
2013年12月(3)
2013年11月(4)
2013年10月(4)
2013年09月(5)
2013年08月(3)
2013年07月(4)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(4)
2013年01月(4)
2012年12月(4)
2012年11月(3)
2012年10月(4)
2012年09月(5)
2012年08月(3)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(5)
2012年03月(4)
2012年02月(4)
2012年01月(4)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(5)
2011年09月(4)
2011年08月(3)
2011年07月(5)
2011年06月(4)
2011年05月(5)
2011年04月(4)
2011年03月(4)
2011年02月(4)
2011年01月(5)
2010年12月(4)
2010年11月(4)
2010年10月(5)
2010年09月(4)
2010年08月(5)
2010年07月(4)
2010年06月(4)
2010年05月(5)
2010年04月(4)
2010年03月(5)
2010年02月(4)
2010年01月(4)
2009年12月(7)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(8)
2009年08月(9)
2009年07月(13)
2009年06月(13)
2009年05月(11)
2009年04月(11)
2009年03月(12)
2009年02月(11)
2009年01月(11)