FX トレードと凡事のお話 その269


米上院本会議で2日未明に税制改革法案が僅差で可決となりましたが
週初の動向および今週末の2017年最後の米雇用統計が注目されます。



●今週(12月4日から12月8日)の主な予定


<12月4日(月)>

午後2時に日消費者態度指数(11月)、
午後6時半に英建設業PMI(11月)、
午後7時に欧生産者物価指数(10月)、
深夜12時に米製造業新規受注(10月)、
などが予定されています。
英・欧・米の指標には注目です。
そして、メイ英首相とユンケル欧州委員長の会談と
ユーロ圏財務相会合も予定されています。


<12月5日(火)>

午前9時01分に英BRC小売売上高調査(11月)、
午前9時半に豪小売売上高(10月)、豪第3四半期経常収支、
午前10時45分に中国財新サービス業PMI(11月)、
昼12時半に豪RBA政策金利発表、豪RBA声明、
午後5時50分に仏サービス業PMI改定値(11月)、
午後5時55分に独サービス業PMI改定値(11月)、
午後6時に欧サービス業PMI改定値(11月)、
午後6時半に英サービス業PMI(11月)、
午後7時に欧第3四半期GDP改定値、欧小売売上高(10月)、
夜10時半に米貿易収支(10月)、
同夜10時半に加貿易収支(10月)、
深夜12時に米ISM非製造業景況指数(11月)、
などが予定されています。
豪・中国・英・欧・米の指標には注目です。
そして、EU財務相理事会も予定されています。


<12月6日(水)>

午前9時半に豪第3四半期GDP、
午後4時に独製造業新規受注(10月)、
午後5時15分にスイス消費者物価指数(11月)、
夜9時に米MBA住宅ローン申請指数、
夜10時15分に米ADP雇用統計、
夜10時半に米第3四半期非農業部門労働生産性確報、
同夜10時半に米第3四半期単位労働コスト確報、
同夜10時半に加第3四半期労働生産性指数、
深夜12時に加BOC政策金利発表、加BOC声明、
などが予定されています。
豪・独・スイス・米・加の指標には注目です。


<12月7日(木)>

午前9時半に豪貿易収支(10月)、
午後2時に日景気先行指数速報(10月)、日景気一致指数速報(10月)、
午後3時45分にスイス失業率(11月)、
午後4時に独鉱工業生産(10月)、
午後4時45分に仏貿易収支(10月)、仏経常収支(10月)、
夜9時半に米チャレンジャー人員削減予定数(11月)、
夜10時半に米新規失業保険申請件数、
同夜10時半に加住宅建設許可件数(10月)、
深夜12時に加Ivey購買部景況指数(11月)、
早朝5時に米消費者信用残高(10月)、
などが予定されています。
独・米の指標には注目です。


<12月8日(金)>

朝6時45分にNZ第3四半期製造業売上高、
朝8時50分に日第3四半期GDP二次速報、
同朝8時50分に日第3四半期GDPデフレータ二次速報、
午前9時半に豪住宅ローン件数(10月)、
(時間未定) 中国貿易収支(11月)、
午後2時に日景気現状判断DI(11月)、日景気先行き判断DI(11月)、
午後4時に独貿易収支(10月)、独経常収支(10月)、
午後4時45分に仏鉱工業生産指数(10月)、仏財政収支(10月)、
午後6時半に英鉱工業生産指数(10月)、英製造業生産指数(10月)、
同午後6時半に英貿易収支(10月)、
夜10時に英NIESRのGDP予想、
夜10時15分に加住宅着工件数(11月)、
夜10時半に米非農業部門雇用者数(11月)、米失業率(11月)、
同夜10時半に米平均時給(11月)、
同夜10時半に加第3四半期設備稼働率、
深夜12時に米ミシガン大学消費者信頼感指数速報(12月)、
同深夜12時に米卸売売上高(10月)、米卸売在庫(10月)、
などが予定されています。
日・中国・英・米の指標には注目です。
そして、週末のこの日が米暫定予算の期限と
債務上限の適用停止の期限になります。


<12月9日(土)>

午前10時半に中国消費者物価指数(11月)、
同午前10時半に中国生産者物価指数(11月)、



欧州などの国債入札予定時間につきましては
http://jp.investing.com/economic-calendar/
が参考になります。



■先週(11月27日から12月1日)の主な出来事や要人発言


先週は、ドルインデックスが92.80で始まり、93.46へ上昇した後に
92.43へ下落して92.81で週の終値になりました。
米10年債利回りは週レベルで2.363%に上昇しました。
NY原油先物(WTI)は週の終値で58.36ドルに下落しました。
NYダウは週間673.6ドル上昇、24231.59ドルで週の取引を終える。



<11月27日(月)>

BTCが100万円台に上昇。
日経平均は106.23円高で寄り付き54.86円安の22495.99で大引け。
米10年債利回りは2.34%台で推移。
中国上海株式市場は0.94%安で取引を終える。
ハモンド英財務相
「英国の経済規模は2017年にフランスに抜かれ世界6位に低下」
ズマ南ア大統領
「週末の格下げを受けて財政支出削減などの計画策定を指示」
ランド円が上昇。
ロンドン時間に米10年債利回りは2.35%台へ上昇後2.32%台へ低下。
米新築住宅販売件数(10月)は予想より強い68.5万件。
NY時間に米10年債利回りは2.35%台へ上昇。
TBSテレビ
「政府が北朝鮮の弾道ミサイル発射準備とみられる信号を感知し警戒。
 電波信号は27日に捕捉されたが、現在のところ特異な兆候はない」
米10年債利回りは再び2.32%台へ低下。
原油先物は一時57ドル台へ下落。
米2年債入札では最高落札利回り1.765%、応札倍率2.73倍。
米5年債入札では最高落札利回り2.066%、応札倍率2.46倍。
ダラス連銀総裁
「近い将来の追加利上げが適切。雇用市場は数ヵ月先に過熱が進む。
 ビハインド・ザ・カーブに回ることを留意」
トランプ大統領 (ツイッター)
「減税法案は非常にうまくいっている。
 手を加えるだけで中間層や雇用創出者が得られるお金は増える。
 パススルー条項は一段と簡素化され非常にうまく機能する」
報道
「世界の運用資産が1.6京円へ。世界GDPの約2倍に達する見通し」
NYダウは22.79ドル高の23580.78で取引を終える。


<11月28日(火)>

パウエルFRB理事 (上院での次期FRB議長指名承認公聴会にて)
「金利は更に幾分の上昇を見込む。
 新たな経済上の脅威には断固として対応していく。
 不確実性に備え、政策設定には柔軟性が必要となる。
 ランスシートの規模は徐々に縮小へ」
日経平均は21.25円安で寄り付き9.75円安の22486.24で大引け。
米10年債利回りは2.32%から2.33%台で推移。
原油先物は57ドル台で推移。
黒田日銀総裁
「世界経済は回復を続け、金融システムは安定性維持している。
 アジアの経済成長は、世界の経済成長に対して最も貢献している。
 今後の20年でアジアの経済統合がさらに進む。
 アジアの金融市場もそうした経済の発展と統合に合わせて、
 発展・統合がさらに追及されるべきである。
 アジア金融市場が効率的で流動性に富んだ市場に育つことを期待」
NY連銀総裁
「FRB議長の交代に向けた動きはこれまで順調。全く心配はない。
 FRB及びFOMCに関して適切な政策の道筋で強く団結している。
 当局が良い仕事をすればドルの信認は高いままである。
 ドットフランク法の撤廃を望んでいない。
 資本や流動性の強化策は堅持するべき。
 世界の中銀間でのコミュニケーションについては改善が必要である。
 米国は完全雇用の状態にある。
 インフレ率が目標を少々下回っても懸念はしない。
 労働市場がさらにひっ迫し、賃金の伸びが加速していく。
 税制上の刺激策は現状では不要」
黒田日銀総裁 
「長期金利が1%上昇すると24.6兆円の損失。
 現時点で金融仲介機能が阻害されているとは思わない。
 リバーサルレートは参考となり得る一つの理論」
安倍首相
「2%目標は現時点においても妥当で、改定は必要ない。
 同目標に関する政府と日銀の共同声明の内容は今も妥当。
 日銀に対しては大胆な緩和を着実に推進することを期待。
 具体的な手法については日銀に委ねられるべき」
英BOE
「英各銀行は現在のバランスシート基準でストレステストに合格。
 RBSとバークレイズは16年度末のデータが基準に達成できず」
カーニーBOE総裁
「秩序なきブレグジットは誰も望まない。
 ブレグジット移行期間の交渉開始は早いほどよい。
 移行期間は18−24ケ月必要に。
 フィンテック革命のリスクについて留意
 秩序無きブレグジットはポンド下落と英経済弱体化につながる」
ポンド売り反応。
OECD
「2018年世界成長率+3.7%、19年+3.6%と予測。
 20188年日本の成長率+1.2%、19年+1.0%と予測。
 2018年米国の成長率+2.5%、19年+2.1%と予測。
 2018年成長は減税が押し上げと想定。
 2019年は労働力の伸び鈍化、個人消費の抑制を想定。
 2018年ドイツの成長率+2.3%、19年+1.9%と予測。
 2018年英国の成長率+1.2%、19年+1.1%と予測
 消費者物価(前年比)の伸びは2018年+2.6%、19年+2.2%と予想」
関係筋
「OPECの全加盟国が9ヶ月の減産延長を支持、ロシア待ち」
NY時間に米10年債利回りは2.31%台へ低下。
パウエル理事 (指名承認公聴会)
「FRBは最大の米国債保有者。
 バランスシート調整には3〜4年かかる。
 バランスシートは2.5兆〜3兆ドル規模に。
 ボルカー・ルルーは最も大きなトレーダーに最も強く適用すべき。
 減税の経済への影響については予見を所持していない。
 FRBの独立性に強くコミットする。
 トランプ政権は誰もFRBの独立性を脅かしてはいない。
 4.1%またはそれ以下が自然失業率。
 25歳から54歳の男性の労働者には依然としてスラックがある。
 賃金は労働市場のひっ迫を示唆していない。景気に過熱感はない。
 FRBは金利を正常化するとき。財政赤字の長期的な持続性を懸念。
 利上げに対する忍耐強さはFOMCに役立っている。
 12月利上げの論拠は強まっている。
 今年のGDP伸び率は2.5%、来年もそれに近い伸びを見込む。
 ボルカールールの修正を支持。強い成長が段階的な利上げを正当化。
 市場はバランスシート縮小にまだ反応していない。
 インフレの弱さが一時的かどうか注意深く見ている。
 インフレ基調が弱いと判断すれば、利上げはより緩やかになる」
報道
「シューマー民主上院院内総務とぺロシ下院民主院内総務が
 トランプ大統領のツイッターを受けて会合への出席を拒否」
英テレグラフ紙「英国とEUが離脱に伴う精算金で合意」
ポンド買い反応。
英FT紙「英国の負担金は最大1000億ユーロ」
英当局
「英国の負担金は最大1000億ユーロとの報道内容は承知していない」
米7年債入札では最高落札利回り2.230%、応札倍率2.36倍。
韓国の聯合ニュース
「北朝鮮が弾道ミサイルを発射」
報道
「発射されたミサイルは米本土全域を攻撃できる
 大型の核弾頭の装着が可能な新型のICBM火星15型」
円買い反応。
ボブ・コーカー米上院議員
「上院予算委員会では共和党の税制改革法案を支持する」
報道
「米上院予算委員会が共和党の税制改革法案を可決。本会議に送付へ」
米10年債利回りは2.33%台へ上昇。ドル買い反応。
NYダウは255.93ドル高の23836.71で取引を終える。最高値を更新。
S&P500とNASDAQも最高値を更新。


<11月29日(水)>

米10年債利回りは2.32%から2.33%台で推移。
日経平均は127.72円高で寄り付き110.96円高の22597.20で大引け。
韓国の聯合ニュース
「北朝鮮が午後0時半位に重大発表」円買い反応。
北朝鮮
「新しい形のICBM(大陸間弾道弾)火星15を発射した。
 火星15は米全体を射程にいれた。核戦力を完成」
金委員長
「国家核武力完成の歴史的な偉業、ミサイル強国の偉業が実現した」
S&P
「朝鮮半島での戦争は無い見通し」
カンリフ英BOE副総裁
「(英国の)経済の潜在成長率は低下している。
 国内のコスト圧力はまだ高まっていない」
EUのバルニエ主席交渉官
「英国の離脱清算金、数日中に合意を報告したい。交渉は継続中。
 合意しなければ次の移行交渉フェーズに進めない。
 支払い条件についてはまだ交渉中。
 アイルランドと北アイルランドの国境について保障を」
ロンドン時間に米10年債利回りは2.34%台へ上昇。
ECB金融安定報告
「ユーロ圏ソブリン債市場への圧力は金融危機依然の水準まで低下。
 主要国の国政選挙を終えて、懸念が後退。
 ECBの緩和的な金融政策の継続が下支え。
 金利上昇が各国の債務履行能力に懸念広げるリスクがある。
 これまでと違った政治の断片化のリスクがある」
イエレンFRB議長
「緩やかな金利上昇が適切。米景気拡大は一層の広がりをみせている。
 金融セクターの脆弱性は大きくないだろう」
NY時間序盤に米10年債利回りは一時2.39%台へ上昇。
米第3四半期GDP改定値は予想より強い前期比年率3.3%。
EIA週間石油在庫統計では原油在庫が342.9万バレルの減少。
原油先物は57ドル台前半で推移。
イエレンFRB議長 (質疑応答)
「政策金利は徐々に中立に近づけることが重要。
 直近の失業率の低下は非常に望ましいこと。
 強い雇用は経済格差の消去を支援。
 労働市場からのサインに励まされる。
 強く安定的な雇用を望む。賃金の上昇圧力は緩やか。
 労働市場も経済も過熱していない。・生産性の低さの理由は不明。
 法人税率の引き下げは議会の課題」
バイトマン独連銀総裁
「ECBが量的緩和(QE)を続けていることに疑問。
 強い指標がECBの成長見通し引き上げの可能性を示唆」
メイ英首相
「負担金についてEUとの交渉が続いている」
一部報道
「米ナスダックもビットコインの先物を来年上場する予定。
 導入は早ければ4−6月期の可能性。
 ナスダックの先物取引所NFXで取引される」
米地区連銀報告
「米景気は緩やかなペースで拡大。先行きの見通しは若干改善。
 労働市場のひっ迫が広範の地域で報告される。
 個人消費は横這い。ホリデーシーズンに楽観的。
 インフレ圧力は前回から強まった。賃金上昇は大半の地域で緩やか」
サンフランシスコ連銀総裁
「賃金の伸び率が3〜3.5%に加速すると予想。
 米経済は良好な位置にありFRBは拡大を維持しなければならない」
ミネアポリス連銀総裁
「労働市場にには我々の認識よりもスラックがある公算。
 もしも、他の手段が尽きたならばマイナス金利も排除しない」
トランプ大統領「小さいロケットマンは病気の小犬」
オランダ中銀総裁
「2018年9月以降の資産購入停止は妥当。
 インフレ見通しは物価安定への脅威なし」
NYダウは103.97ドル高の23940.68で取引を終える。最高値を更新。
NASDAQは1.27%の下落。


<11月30日(木)>

NBNZ企業信頼感(11月)は予想より弱い−39.3。NZドル売り反応。
日経平均は4.63円高で寄り付き127.76円高の22724.96で大引け。
米10年債利回りは2.38%から2.39%台で推移。
原田日銀審議委員
「円は量的・質的緩和以降、ほぼ110円程度で安定している。
 今後、物価の上昇とともに金利の上昇が期待できる。
 金融政策で景気が改善し人手が不足するならば、
 規制緩和などの動きも取りやすい。
 現行の2%目標の修正について、日本だけより低い物価目標を持てば
 円高をもたらす可能性が高い。
 物価が上がらないのは人手不足が不十分だからである。
 現行政策続ければ賃金と物価ともに上昇局面が現れる」
欧消費者物価指数速報(11月)は予想より弱い前年同月比1.5%。
プラートECB理事
「ユーロ圏の景気拡大は広範にわたっている。
 国や業種ごとの成長率のばらつきは過去20年間で最も低水準。
 高い成長率に収斂。金融政策は引き続き回復力持続に重要。
 金融政策以外の方策も成長には必要」
OPEC代表「減産延長2018年末までで合意」
ロンドンフィックスにかけてドル円が一時111円台後半へ反落。
ブルームバーグ
「ホワイトハウスはティラーソン国務長官に代わり
 ポンペオCIA長官を国務長官の起用を検討している。
 CIA長官の後任にはコットン上院議員の起用を検討。
 この件についてはケリー首席補佐官が取りまとめている」
イラクのルアイビ石油相
「OPEC総会で9ヵ月の減産延長を確認した」
原油先物は57ドル台で推移。
WSJ
「ケリー首席補佐官はティラーソン長官の更迭計画を否定した」
一部報道
「共和党のマケイン上院議員が減税賛成への意向を示した。
 市場は年内の法案成立への期待感を高めている」
ダラス連銀総裁
「労働参加率は61%以下に低下する可能性。
 FRBにとって大きな問題は完全雇用がそれに近い状態にあること。
 完全雇用と低インフレの困難に直面している。
 GDPに対する家計負債の割合は良好な状態。
 金融機関は良好な状態。企業はやや負債が多い。
 石油は世界的に均衡あるいはそれに近い状態。
 財政赤字が成長の足かせになって行くことに懸念。
 減税は短期的な浮揚を提供する可能性」
クリーブランド連銀総裁
「税制改革案は成長に大きな影響与えない。
 金融政策は予防的である必要。
 12月利上げの可能性があることには賛同する。
 インフレ期待は適切に抑制されている。個人消費は堅持されている」
サンダース大統領報道官
「政府は仮想通貨を監視している。
 ボサート大統領補佐官のチームが監視にあたっている。
 今回の税制改革法案では大統領が控除を失う」
米10年債利回りは一時2.43%台へ上昇。VIX指数は11.33へ上昇。
NYダウは331.67ドル高の24272.35で取引を終える。最高値を更新。


<12月1日(金)>

WSJ
「米下院共和党、12月22日までのつなぎ予算提案へ」
日経平均は191.97円高で寄り付き94.07円高の22819.03で大引け。
米10年債利回りは2.41%から2.40%台で推移。
麻生財務相
「円建ての通貨スワップについて
 円の通貨としての価値が上がりつつある。
 確実に円の信用を広めていく」
英通信社
「英国とEUとの離脱負担金について、
 500億ユーロ前後で基本合意とEU高官が発言」
クリーブランド連銀総裁
「株価や資産価格上昇には警戒しているが、
 イールドカーブのフラット化については懸念していない」
ロンドン時間に米10年債利回りは2.39%台へ低下。
報道
「ギリシャの10年債利回り格差が拡大、10月末以来の511bp」
独ビルト紙
「メルケル独首相とシュルツSPD党首と連立協議開始で合意」
ブルームバーグ
「ビットコイン先物、CMEとCBOEでの取引を米規制当局が認可へ」
加雇用統計は市場予想より強い。加ドル買い反応。
セントルイス連銀総裁
「利上げ継続は逆イールドのリスクもたらす。
 逆イールドになるほどの金融引き締めは不要。
 もしも、9月FOMCの金利予測通りに利上げを実施すれば
 18年の後半には逆イールドになる可能性。
 長期金利は政策金利に追随しない可能性」
米ISM製造業景況指数(11月)は予想より弱い58.2.。
NY時間に米10年債利回りは一時2.42%台へ上昇。
ブルームバーグ
「前米大統領補佐官のマイケル・フリン氏は、
 ロシア大使とのやりとりについてFBI捜査官に虚偽の発言をしたと
 今日、ワシントンの法廷で有罪を認める見通し」
フリン前米大統領補佐官 (ロシア疑惑に関する裁判所での有罪証言)
「トランプ大統領の当選後に当時の駐米ロシア大使と会い、
 対ロシア制裁やロシア側の対応について協議した。
 その後、トランプ大統領の別荘「マー・ア・ラゴ」で
 政権移行チームに対応を協議するよう電話した」
米10年債利回りは一時2.319%へ低下。ドル売り反応。
NYダウが一時350ドル超の下落。独仏の株式市場は1%超の下落。
マコネル上院院内総務
「米税制改革法案の可決に必要な共和党票を確保した」
米10年債利回りは2.363%。NY原油先物の終値は58.36ドル。
NYダウは40.76ドル安の24231.59で取引を終える。



<先週のドル円の概況>

先週のドル円は週初27日に111.51レベルで始まりロンドンフィック
スにかけて週安値となる110.84へ下落しましたが、その後、揉み合い
ながらも切り返して30日のロンドン時間前半にかけて112.48へ上昇
する展開になりました。その後、NY時間前半に111.73へ下押しまし
たが、その後、再び反発して、1日のNY時間前半にかけて週高値とな
る112.87へ上昇する展開になりました。その後、111.40へ急反落した
後に反発して112.16レベルで週の取引を終えました。


<先週のユーロドルの概況>

先週のユーロドルは週初27日に1.1926レベルで始まりNY時間序盤に
かけて週高値となる1.1961へと上昇しましたが、その後、反落して、
28日のNY時間終盤にかけて1.1827へ下落する展開になりました。
その後、29日のロンドン時間前半にかけて1.1882へ反発しましたが、
その後、NY時間序盤にかけて1.1816へ反落する展開になりました。
その後、再び反発して揉み合いになりましたが、30日のロンドン時間
前半に週安値となる1.1809へ下落する展開になりました。その後、
反発して1日のロンドン時間序盤にかけて1.1940へ上昇しましたが、
NY時間前半にかけて1.1851へ反落した後に1.1934へ急反発する上下
動の揉み合いとなって1.1895レベルで週の取引を終えました。




●今週(12月4日から12月8日)のドル・円・ユーロの注目点


<今週のドル円>

今週のドル円相場は、上昇した場合、まずは先週高値の112.87を巡る
攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は113.00の「00」ポイント
さらに上昇した場合は10月6日の高値113.43、ここを上抜けた場合は
11月14日の高値113.91、さらに上昇した場合は114.00の「00」ポイ
ントを巡る攻防が注目されます。
一方、下落した場合は、まずは112.00の「00」ポイントを巡る攻防が
注目されます。ここを下抜けた場合は10月16日の安値111.65、さら
に下落した場合は1日の安値111.40、ここを下抜けた場合は111.00の
「00」ポイント、さらに下落した場合は先週安値の110.84、ここを下
抜けた場合は8月31日の高値110.67、さらに下落した場合は110.00
の「000」ポイントを巡る攻防が注目されます。


今週のドル円相場は経済指標では、4日の米製造業新規受注、5日の
中国財新サービス業PMIと米貿易収支と米ISM非製造業景況指数、
6日の米ADP雇用統計、7日の米新規失業保険申請件数、8日の日第
3四半期GDP二次速報と中国貿易収支と米非農業部門雇用者数と米
失業率と米平均時給と米ミシガン大学消費者信頼感指数速報、などが
注目されます。


先週のドル円は週初に一時111円台を割り込みましたが、その後は
切り返して、北朝鮮のミサイル発射があるも週末のNY時間前半にか
けて112円台後半へと反発して、その後、フリン前米大統領補佐官の
ロシア疑惑に関する裁判所での有罪証言で111円台前半へ急落して、
その後、マコネル上院院内総務の「米税制改革法案の可決に必要な共和
党票を確保した」との発言を背景に112円台を回復する相場展開にな
りました。

さて今週は、2日未明に米上院本会議で2019年から法人税率を20%に
下げる税制改革法案が賛成51、反対49の僅差で可決となったことで
週初の動向が注目されますが、今週末8日の本年最後の米雇用統計が
注目されます。また、ロシアゲート問題を巡る動向、米上下両院共和党
内の米減税にかかわる時期を巡る擦り合わせの進展、そして今後、核実
験をする可能性のある北朝鮮の動向、などが注目されますとともに、
米債務上限問題で導入した暫定予算の期限を今週末の8日に迎えること
で、米債務上限問題にかかわる動向も注目されます。



<今週のユーロドル>

今週のユーロドル相場は、上昇した場合、まずは1日の高値1.1940を
巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は先週高値の1.1961、
さらに上昇した場合は1.2000の「000」ポイントから9月22日の高値
1.2004、ここを上抜けた場合は9月20日の高値1.2034、さらに上昇し
た場合は8月29日の高値1.2070、ここを上抜けた場合は9月8日の
高値1.2092を巡る攻防が注目されます。
一方、下落した場合は、まずは1日の安値1.1851を巡る攻防が注目さ
れます。ここを下抜けた場合は11月29日の安値1.1816、さらに下落
した場合は先週安値の1.1809から1.1800の「00」ポイント、ここを
下抜けた場合は10月23日の安値1.1725から11月21日安値1.1713
さらに下落した場合は1.1700の「00」ポイントを巡る攻防が注目され
ます。


今週のユーロドル相場は経済指標では、4日の欧生産者物価指数、
5日の欧第3四半期GDP改定値と欧小売売上高、6日の独製造業新規
受注、7日の独鉱工業生産、などが注目されますが、対ドル通貨ペアと
して、4日の米製造業新規受注、5日の中国財新サービス業PMIと米
貿易収支と米ISM非製造業景況指数、6日の米ADP雇用統計、7日の
米新規失業保険申請件数、8日の中国貿易収支と米非農業部門雇用者数
と米失業率と米平均時給とミシガン大学消費者信頼感指数速報、など
が注目されます。


先週のユーロドルは週初に1.1961へ上昇しましたが、その後、1.18台
前半へと下落した後に反発して1.19を挟む上下動の揉み合いとなって
1.18台後半で週の取引を終えました。

さて今週は、メルケル独首相率いる与党のキリスト教民主・社会同盟
(CDU・CSU)と第2党の社会民主党(SPD)との大連立政権の樹立に向け
た協議の進展の動向が引き続き注目されますが、対ドル通貨ペアとして
今週末8日の本年最後の米雇用統計の結果が注目されます。




さて今回は、トレードと凡事のお話 その269 です。


前回からの続きのお話です。


投資苑で有名なアレキサンダー・エルダー博士が
トレードでは当たり前なことこそが大切として、
「投資苑3」の中でこう語っています。


「相場には秘密があります。
 秘密がないということが秘密なのです。」


相場やトレードで秘密ではない「当たり前なこと」とは
いったいぜんたい何なのでしょうか…。


今回は「トレードと凡事」その第二百六十九話です。


それでは、はじまり、はじまり〜。^^



『おい、ジイさん。先週のドル円は週初に一時111円台を割り込むも
 その後は北朝鮮によるICBM発射などがあったが112円台後半へと
 反発して、そして週末は上下に振れる波乱の展開になったよな…』


「ふむ。そうであったのう…。溜口剛太郎殿。
 先週末はフリン前米大統領補佐官のロシア疑惑に関する裁判所での
 有罪証言で111円台前半へ急落したが、その後、マコネル上院院内
 総務の『米税制改革法案の可決に必要な共和党票を確保した』との
 発言を背景に112円台を回復する波乱の相場展開になったのう…」


『今週のドル円はどんな相場展開になるのかねぇ…。ジイさん。』


「ふむ…。米上院本会議で米国時間の2日未明に税制改革法案が可決
 となったことで週初のドル円は上昇して始まる可能性があろうが
 今週末8日の2017年最後の米雇用統計が注目されよう…。
 また、ロシアゲート問題を巡る動向、米減税の時期を巡る上下両院
 共和党内の擦り合わせの進展、そして今後、核実験をする可能性の
 ある北朝鮮の動向、また、米債務上限問題で導入した暫定予算の期限
 を今週末に迎える事で米債務上限問題に係わる動向も注目されよう」


『米上院本会議で税制改革法案が可決となった事は大きな前進だけど
 米下院にはフリーダム・コーカス派の厄介な連中もいるから…、
 上下両院共和党内の米減税に係わる時期協議の進展は注目されるぜ。
 また、今週末に迎える米債務上限問題もリスク要因ではあるよな…。
 さてところで…。ジイさん。今日はいったい何のお話だい?』


「ふむ…。溜口殿にお会いするまでは『情報の氾濫のお話』でも
 させてもらおうと思っとったのじゃが、また気が変わってのう…。
 今日は『金融工学が追い求めた数式トゥルース』のお話でも
 させてもらうとしようかのう…。溜口剛太郎殿。」


『いつもと随分と違ったテーマじゃないかよ。ジイさん。
 まぁ、よろしい。聞いてやるとしようじゃないか…』


「トレーダーが存在しないと知りながら密かに追い求めているものが
 絶対不敗の完全なトレード手法である『聖杯』であるならば…、
 全てを統一できると科学者たちが金融工学で追い求めたものが
 真実という名の数式『トゥルース』であろう…。溜口剛太郎殿。」


『金融工学でも聖杯のように絶対の数式を追い求めていたという事か』


「ウォール街がファンダと勘と度胸で相場を張る時代から、
 金融工学を取り入れるようになったその起こりは1960年代に
 ブラック・ジャックの必勝法をヒントにエドワード・ソープが
 考案した数式と言われておるが…、その後、フィッシャー・ブラック
 とマイロン・ショールズによって1973年に発表された数式、
 ブラック・ショールズ方程式が『トゥルース』と言われておった
 時期があったのじゃのう…。溜口剛太郎殿。」


『マイロン・ショールズ氏は1997年にノーベル経済学賞を受賞して、
 ブラック・ショールズ方程式は様々なデリバティブにも応用できる
 めっちゃ有名な金融工学の数式だよな…。ジイさん。』


「ふむ…。その後年、ブラック・ショールズ方程式で実際に市場で
 運用をはじめたドリーム・ファンドがLTCMであったが…、
 計算上では確率的には100万年に僅か3回の確率でしか起こらない
 とされた危機(1998年ロシア危機)で破綻に至ってしまったことは
 皮肉な歴史的実験の結末というワケじゃ…。溜口剛太郎殿。」


『LTCMの時のみならず、リーマンショックの時もショールズ氏が
 かかわるファンドがまたしても破綻してしまった事も有名な話だぜ』


「ただ、ブラック・ショールズ方程式それ自体はとても優れたもので、
 数式は特許にできないことでファンドごとに秘密にされておるが
 現代でも活躍する金融工学の数式の元となるものはブラック・
 ショールズ方程式だと言われておるのじゃのう…。溜口剛太郎殿。」


『でも…、破綻という歴史的な実績があるんだからなぁ…』


「金融工学の数式はその前提(仮定)となる条件の上で成り立つもので、
 その前提とは『(金融市場の)平常時』であり、危機という異常時では
 成り立たなくなる場合があるという事なのじゃ。溜口剛太郎殿。」


『欲望と恐怖が渦巻く市場と物理は似て非なるものかもしれないが、
 物理法則がブラックホールで成立しなくなるのと似ているのかもな』


「ニュートンが南海泡沫事件で損失を被った時に語ったとされる
 『星の動きは計算できるが、人間の狂気は計算できない』との
 言葉があるが、恐怖が引き起こすパニック相場は特別なのじゃのう」


『ところで…、今日は何でこんな話をしたんだい? ジイさん。』


「ふむ…。金融工学によってデリバティブなど金融派生商品は
 500兆ドル以上と、円換算すると京の単位にまで肥大している事と
 NYダウでの信用買い残が信用売り残の3倍超にもなっていて
 ひとたび手仕舞いの動きとなれば巨大な売り圧力になる要素を秘め
 『パニック相場はある日、突然にやってくる』ことで…、
 楽観に過度に浸らず、『治に居て乱を忘れず』の思いだけは
 忘れずにいたいものだと、『戒め』を思ったからなのじゃのう…」


『…で、ついでながらに聞くけど、ジイさんは金融工学に
 いったいどのような所見を持っているんだい?』


「浅学の身に所見などというような大そうなものはないが…、
 相場が波を描くということがもしも仮に正しいとするなら、
 波を描くのであれば、大なり小なり部分的に価格の連動性がある事で
 相場に於る価格の上昇(下降)の強まりと減衰を1つの単位波動として
 微分的に切り取り、それらを積算して利大を目指すという考え方は
 もしかすると有効なのやも知れぬとは思っておるがのう…」


『あははっ。浅学は浅学の身なりにいろいろと考えているんだなぁ』




なーんちゃって。

またまたお話が長くなりました。 m(_ _)m


ではまた来週。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

FX情報をもっと見る
過去ログ
2019年09月(3)
2019年08月(3)
2019年07月(4)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(3)
2019年03月(5)
2019年02月(4)
2019年01月(4)
2018年12月(4)
2018年11月(4)
2018年10月(4)
2018年09月(5)
2018年08月(3)
2018年07月(5)
2018年06月(4)
2018年05月(4)
2018年04月(4)
2018年03月(4)
2018年02月(4)
2018年01月(4)
2017年12月(4)
2017年11月(4)
2017年10月(5)
2017年09月(4)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(4)
2017年05月(4)
2017年04月(4)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(4)
2016年12月(4)
2016年11月(4)
2016年10月(5)
2016年09月(4)
2016年08月(2)
2016年07月(5)
2016年06月(4)
2016年05月(4)
2016年04月(4)
2016年03月(4)
2016年02月(4)
2016年01月(5)
2015年12月(3)
2015年11月(4)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(4)
2015年07月(4)
2015年06月(4)
2015年05月(4)
2015年04月(4)
2015年03月(4)
2015年02月(4)
2015年01月(3)
2014年12月(3)
2014年11月(4)
2014年10月(4)
2014年09月(4)
2014年08月(4)
2014年07月(4)
2014年06月(4)
2014年05月(3)
2014年04月(4)
2014年03月(4)
2014年02月(4)
2014年01月(4)
2013年12月(3)
2013年11月(4)
2013年10月(4)
2013年09月(5)
2013年08月(3)
2013年07月(4)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(4)
2013年01月(4)
2012年12月(4)
2012年11月(3)
2012年10月(4)
2012年09月(5)
2012年08月(3)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(5)
2012年03月(4)
2012年02月(4)
2012年01月(4)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(5)
2011年09月(4)
2011年08月(3)
2011年07月(5)
2011年06月(4)