FX トレードと凡事のお話 その267


今年も早いもので米国の感謝祭のシーズンとなりましたが、
再び燻り始めたロシアゲート問題、そしてイールドカーブの
フラット化が続いている米債利回りの動向が注目されます。



●今週(11月20日から11月24日)の主な予定


<11月20日(月)>

朝8時50分に日通関ベース貿易収支(10月)、
午後4時に独生産者物価指数(10月)、
夜11時からドラギECB総裁の発言、
深夜12時に米景気先行指標総合指数(10月)、
などが予定されています。
日・米の指標とドラギECB総裁の発言には注目です。


<11月21日(火)>

午前9時半に豪RBA議事録要旨、
午後1時半に日全産業活動指数(9月)、
午後4時にスイス貿易収支(10月)、
午後6時半に英財政収支(10月)、
夜10時半に加卸売売上高(9月)、
深夜12時に米中古住宅販売件数(10月)、
などが予定されています。
豪・米の指標には注目です。


<11月22日(水)>

朝8時からイエレンFRB議長の発言、
夜9時に米MBA住宅ローン申請指数、
夜10時半に米耐久財受注(10月)、米耐久財受注(除輸送用機器 10月)
同夜10時半に米新規失業保険申請件数、
深夜12時に欧消費者信頼感指数速報(11月)、
同深夜12時に米ミシガン大学消費者信頼感指数確報(11月)、
深夜4時に米FOMC議事録要旨、
などが予定されています。
欧・米の指標とイエレンFRB議長の発言には注目です。


<11月23日(木)>

※ 東京市場は勤労感謝の日で休場。
  NYは感謝祭で休場。

早朝6時45分にNZ第3四半期小売売上高指数、
午後4時に独第3四半期GDP確報、
午後4時45分に仏企業景況感指数(11月)、
午後5時に仏製造業PMI速報(11月)、仏サービス業PMI速報(11月)、
午後5時半に独製造業PMI速報(11月)、独サービス業PMI速報(11月)
午後6時に欧製造業PMI速報(11月)、欧サービス業PMI速報(11月)、
午後6時半に英第3四半期GDP改定値、
夜9時半に欧ECB理事会議事録要旨、
夜10時半に加小売売上高(9月)、加小売売上高(除自動車 9月)、
などが予定されています。
NZ・独・欧・英・加の指標には注目です。


<11月24日(金)>

※ 米国の株式と債券市場はブラックフライデーで短縮取引。

早朝6時45分にNZ貿易収支(10月)、
午後2時に日景気先行指数改定値(9月)、日景気一致指数改定値(9月)
午後5時15分にスイス第3四半期鉱工業生産、
午後6時に独IFO景況感指数(11月)、
などが予定されています。
NZ・独の指標には注目です。



欧州などの国債入札予定時間につきましては
http://jp.investing.com/economic-calendar/
が参考になります。



■先週(11月13日から11月17日)の主な出来事や要人発言


先週は、ドルインデックスが94.47で始まり、軟調傾向で推移して
93.61で週の終値になりました。
米10年債利回りは週レベルで2.345%に低下しました。
NY原油先物(WTI)12月限は週の終値で56.55ドルに低下しました。
NYダウは週間63.97ドル下落、23358.24ドルで週の取引を終える。



<11月13日(月)>

英紙サンデー・タイムズ
「英国議会の保守党議員40人がメイ首相に対する
 不信任を表明する書簡の署名に同意した。」
仏紙報道
「EUのバルニエ主席交渉官が、私の望む選択肢ではないが、
 英離脱交渉は失敗の可能性があると述べた。」
ポンド売り反応。
日経平均は73.86円安で寄り付き300.43円安の22380.99で大引け。
米10年債利回りは2.39%から2.38%台で推移。
フィラデルフィア連銀総裁
「年内にもう一回の利上げを見込んでいる。
 今後のバランスシート縮小については退屈なものになる。
 労働市場のたるみは非常にわずか。インフレ率は依然として
 当局の目標を下回っていて引き続き警戒が必要。
 労働市場がここまでひっ迫すると、
 どこかの時点でインフレの上昇が顕在化する可能性が高い。」
デベル豪RBA副総裁
「鉱山関連以外の設備投資はここ数年堅調な上向き軌道。」
ロンドン時間に米10年債利回りは2.37%台へ低下。
独仏の株式市場は軟調傾向で推移。
報道「トランプ大統領は厚生長官にアザール氏を指名」
デービスEU離脱担当相
「12月までに英国とEUと合意できるかは半々といったところ」
黒田日銀総裁 (スイスにて)
「日銀は強力な金融緩和を押し進めている。
 2%のインフレ目標にはまだ長い道のり。
 企業の賃金、価格設定スタンスは次第に積極的に。
 仮想通貨はいまのところ深刻な問題は見られない。
 仮想通貨の状況を注意深く見守っている。
 対GDP比の債務残高の高さは持続不可能。」
報道
「世界のドルの量を示すワールドダラーは
 10月末で約6.9兆ドル、10年で3.4倍に。」
原油先物は56ドル台後半で推移。
NY時間に米10年債利回りは2.24%台へ上昇。
NYダウは下げて始まるも17.49ドル高の23439.70で取引を終える。


<11月14日(火)>

ブルームバーグ
「トランプ大統領は16日に下院共和党と税制で協議する」
米10年債利回りは一時2.41%台へ上昇。
日経平均は38.06円安で寄り付き0.98円安の22380.01で大引け。
ムニューシン米財務長官
「政権の目標は米経済の3%超の成長。
 法人減税の実施については来年からが望ましい。
 現状の下院と上院における税制法案の相違はわずか。
 下院での今週の税制法案の可決を楽しみにしている」
報道「小池東京都知事が希望の党の代表を辞任」
独第3四半期GDP速報は予想より強い前年同期比2.8%。
ユーロ買い反応。
英CPIなど物価指数が予想より弱い結果に。ポンド売り反応。
ドラギECB総裁
「フォワードガイダンスは政策手段として十分に定着している」
黒田日銀総裁
「フォワードガイダンスはある程度機能した。
 インフレ期待は小幅に上昇してきている。強力な緩和策を継続する」
イエレンFRB議長
「あらゆるガンダンスは景気見通し次第であるべき。
 想定される政策の先行きについて伝えることは有益。
 FOMCの政策議論はきわめて健全に行われている
 米当局者からの発言多すぎると混乱をまねく。
 米当局は政策決定に対して市場にあらかじめ準備させようと意図」
カーニー英BOE総裁
「コミュニケーションの成功には複数の異なる手段を持つ必要」
ロンドン時間に米10年債利回りは2.38%台へ低下。
米生産者物価指数(10月)は予想より強い前月比0.4%。
セントルイス連銀総裁
「今年下期成長は予想上回る可能性。
 来年の米成長は今年下期よりは鈍化しそうだ。
 現状の政策金利が短期的には適切に。
 低インフレ継続、利上げの必要はない。
 賃金上昇のためには生産性向上が必須。
 追加利上げがインフレ期待を落とさないか懸念。
 FRBは9月の経済見通しを修正すべき。
 12月の利上げがインフレ期待を目標以下に押し下げる可能性」
ダウジョーンズ
「ホワイトハウスは次期FRB副議長の候補の1人に
 独アリアンツのエルエリアン首席経済顧問を検討している」
カンリフ英BOE副総裁
「国内での消費者物価指数からの圧力は低い。
 利上げの前に賃金上昇の証拠を確認したい」
アトランタ連銀総裁
「完全雇用に近く、成長は2%をやや上回る水準見込む。
 財政政策の影響を予想するのは時期尚早。
 企業は総じて成長の急加速を予想していない」
IEA月報
「石油価格の上昇と比較的穏やかな冬期の気候を背景に
 需要見通しを下方修正。2017年と2018年の需要見通しの伸びを
 それぞれ日量10万バレル引き下げ」
原油先物が55ドル台へ下落。米10年債利回りは2.37%台へ低下。
NYダウは30.23ドル安の23409.47ドルで取引を終える。


<11月15日(水)>

日第3四半期GDP速報は予想より弱い前期比年率1.4%。
日経平均は129.03円安で寄り付き351.69円安の22028.32で大引け。
日経平均は6日続落。
米10年債利回りは2.36%台に低下。
豪第3四半期賃金コスト指数は予想より弱い前期比+0.5%。
豪ドル売り反応。
報道
「アフリカ南部のジンバブエで国営放送局を兵士らが占拠」
一部報道
「ジンバブエのムガベ大統領が辞任の用意」
ロンドン時間に米10年債利回りは2.33%台へ低下。ドル売り優勢。
欧州の株式市場は軟調に推移。
シカゴ連銀総裁
「目標を下回るインフレ期待に直面。
 インフレを継続的に抑制する材料を懸念。
 米経済はしっかりとした足取りを示している。
 2%目標は象徴的な目標であり上限ではないこと強調すべき。
 金融安定性について金利以外の方策もある」
プラートECB理事
「今後フォワードガイダンスの重要性が増す」
ブロードベント英BOE委員
「ブレグジットの消費者物価への影響は不明確。
 英国の消費者物価は目標を上回っている。余剰資源は次第に減少。
 金利に対するリスクのバランスは不明確。
 ブレグジットは短期的に生産性に打撃与える可能性。
 今月の会合での利上げは正当なもの」
米消費者物価指数(10月)は予想とおりの前月比0.1%、
米小売売上高(10月)は予想より強い前月比0.2%、
NY連銀製造業景況指数(11月)は予想より弱い19.4。
NY時間に米10年債利回りは一時2.31%台へ低下。
ブルームバーグ
「ソフトバンクは向こう3〜4年でサウジアラビアに
 最大250億ドルを投資する計画」
EIA石油在庫統計では原油在庫が185.4万バレルの増加。
原油先物は一時55ドル台を割り込む。
アトランタ連銀GDPナウ第4四半期3.2%成長の見通し。
ウィルキンス・加BOC上級副総裁
「経済は力強く進展している。
 オイルショックの影響はほぼ後退した。
 金融刺激策の解除は適切。更なる引締めには注意深くなる。
 インフレと労働市場の間の関係は失われていない。
 NAFTAの不透さは明らかに景気に影響。
 仮想通貨は資産であり通貨ではない」
トランプ大統領
「株価上昇やGDP伸び、国防支出を称賛。米国は再び将来を楽観。
 習中国国家主席は核問題で北朝鮮に圧力と約束。
 われわれは2度と貿易上の不正に目をつぶることはない。
 貿易に関するメッセージはアジアに響いた
 米国が利用される日々は終わった」
VIX指数は13.15へ上昇。
NYダウは138.19ドル安の23271.28で取引を終える。


<11月16日(木)>

ボストン連銀総裁
「経済情勢は緩やかな利上げ継続を正当化。
 見通しは12月の利上げ予想と合致。
 失業率低下はインフレや資産価格を押し上げへ。
 一時的要因が低インフレの主因。
 失業率が4%を割り込む可能性は極めて大きい」
日経平均は53.09円安で寄り付き322.80円高の22351.12で大引け。
米10年債利回りは2.32%から2.34%台で推移。
ウィルキンス・加BOC上級副総裁
「長期間に代わって物価が低迷している場合、
 中銀は下向きリスクによりウェイトを置く。
 現状のような不透明感が強いときには慎重な施策が必要。
 但し慎重さには制限がある」
ポリティコ
「EUは英国との貿易協定で特別扱いはしない」
ロンドン時間に米10年債利回りは一時2.36%台へ上昇。
報道
「欧州新車登録台数(10月)は前年比5.9%増」
メルシュECB理事
「さらなるQE延長を見込む市場は誤っている」
一部報道で
「メイ英首相がEU離脱に関する支払額を200億ポンド引き上げ、
 倍増させる可能性がある」
プラートECB理事
「QEの再調整はインフレ見通しへの自信が強まっていること示す。
 インフレの進展は成長に比べると抑制されている。
 ECBは辛抱強く継続性もって政策実施を」
クリーブランド連銀総裁
「段階的な利上げは理にかなっている。
 段階的な利上げは均衡と取れたアプローチ。
 インフレが2%に向かうと確信」
下院共和党のロス議員
「トランプ大統領は下院共和党との会合を行い、
 減税後のステップとして福祉予算の削減を主張した」
オーストリア中銀総裁
「ユーロの回復は今後2年間は続くことが見込まれる」
カーニー英BOE総裁
「追加利上げは向こう数年間は可能。
 利上げは経済が予想通り進展するか次第。
 EU離脱交渉の結果は経済に影響」
ダラス連銀総裁
「米成長率は今年2.5%、来年2%超を予想。
 家計部門は健全で労働市場もタイト。
 FOMCは人々の中の変化を吸収するよう設計した。
 パウエル氏の議長選出は継続のサイン」
報道「米下院、共和党の税制改革法案を可決」
NY時間に米10年債利回りは2.37%台へ上昇。
原油先物は一時55ドル台を割り込む。
NYダウは187.08ドル高の23458.36で取引を終える。


<11月17日(金)>

日経平均は252.18円高で寄り付き45.68円高の22396.80で大引け。
WSJ
「モラー特別検察官がトランプ陣営のメンバーに召喚状」
米10年債利回りは2.35%台へ低下。ドル円が下落。
報道
「米上院の財政委員会は財政改革法案を賛成14反対12で可決。
 27日からの週に本会議での採決が行われる見込み」
ドンブレット独連銀理事
「銀行監督の観点からは低金利は問題。
 12月中にEU離脱交渉が次の局面に移行できるかは不確実」
ドラギECB総裁
「ユーロ圏は確固たる経済拡大の最中。回復への信頼感が増している。
 インフレはまだ自律的に上昇しているわけではない。
 財政政策の助けが必要なタイミング」
ロンドン時間に米10年債利回りは2.36%台へ上昇。
ブルームバーグ
「英EU離脱担当のデイビス氏はEU側に譲歩を求めていて、
 交渉は行き詰まり状態となっている」
アイルランドのコベニー外相
「英EU離脱交渉は次の段階に進む状況にない」ポンド売り反応。
バイトマン独連銀総裁
「緩和的なECBの政策が引き続き適切。
 インフレ圧力は引き続き抑制されている。
 ドイツ経済の回復は期間、力強さにおいて印象的。
 インフレよりも回復の進展が先んじている」
米住宅着工件数(10月)は予想より強い129.万件。
NY時間に米10年債利回りは一時2.33%台へ低下。
ダラス連銀総裁
「米10年債利回りは将来の成長に対する悲観を反映。
 米国の債務の対GDP比率は歴史的な水準に照らして高い。
 パウエル理事は優れたリーダーになるだろう」
2−10年債の利回り格差は62とフラット化が進行。
NY原油先物12月限は56.55ドル。米10年債利回りは2.345%。
NYダウは100.12ドル安の23358.24で取引を終える。



<先週のドル円の概況>

先週のドル円は、週初13日に113.50レベルで始まり揉み合いながら
も14日のロンドン時間に週高値となる113.91へ上昇しましたが、
その後、反落して、15日のNY時間序盤にかけて112.47へ下落する
展開になりました。その後、揉み合いながらも反発して16日のロンド
ン時間にかけて113.32へ上昇しましたが、その後、再び反落して、
揉み合いながらも軟調傾向で推移して、17日のNY時間後半に週安値
となる111.94へ下落して、112.09レベルで週の取引を終えました。


<先週のユーロドルの概況>

先週のユーロドルは、週初13日に1.1658レベルで始まりロンドン時
間序盤にかけて1.1637へ下落しましたが、その後、切り返して、堅調
傾向で推移して15日のNY時間序盤にかけて週高値となる1.1861へ
上昇する展開になりました。その後、反落して、16日のロンドン時間
にかけて1.1756へ下押しましたが、その後、揉み合いながらも反発し
て17日の東京時間前半に1.1821へ上昇する展開になりました。
その後、反落して揉み合いとなって1.1789レベルで週の取引を終えま
した。




●今週(11月20日から11月24日)のドル・円・ユーロの注目点


<今週のドル円>

今週のドル円相場は、上昇した場合、まずは17日のNY時間序盤の
戻り高値112.68を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は
113.00の「00」ポイント、さらに上昇した場合は17日のオセアニア
時間の戻り高値113.14、ここを上抜けた場合は16日の高値113.32、
さらに上昇した場合は15日の東京時間序盤の戻り高値113.49、ここ
を上抜けた場合は14日の高値113.91を巡る攻防が注目されます。
一方、下落した場合は、まずは先週安値の111.94を巡る攻防が注目さ
れます。ここを下抜けた場合は10月16日の安値111.65、さらに下落
した場合は9月25日の安値111.47、ここを下抜けた場合は111.00の
「00」ポイント、さらに下落した場合は8月31日の戻り高値110.67、
ここを下抜けた場合は110.00の「000」ポイントを巡る攻防が注目さ
れます。


今週のドル円相場は経済指標および要人発言では、20日の日通関ベー
ス貿易収支と米景気先行指標総合指数、21日の米中古住宅販売件数、
22日のイエレンFRB議長の発言と米耐久財受注と米新規失業保険申請
件数と米ミシガン大学消費者信頼感指数確報と米FOMC議事録要旨、
などが注目されます。


先週のドル円は、揉み合いの後に軟調傾向で推移して、「モラー特別検
察官がトランプ陣営のメンバーに召喚状」との報道も背景に一時112
円台を割り込む相場展開になりました。

さて今週は、引き続きロシアゲート問題を巡る動向、およびイールド
カーブのフラット化が続いている米債利回りの動向が注目されますが、
22日のイエレンFRB議長の発言と米FOMC議事録要旨、および米国
の年末商戦のスタートとなる感謝祭(サンクスギビング)での小売動向も
注目されます。また、北朝鮮の動向についても引き続き一応ながら注意
だけはしておきたいものです。



<今週のユーロドル>

今週のユーロドル相場は、上昇した場合、まずは17日の高値1.1821
を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は先週高値でもある
15日の高値1.1861、さらに上昇した場合は12日の高値1.1879、ここ
を上抜けた場合は1.1900の「00」ポイント、さらに上昇した場合は
9月25日の高値1.1936を巡る攻防が注目されます。
一方、下落した場合は、まずは16日安値1.1756を巡る攻防が注目さ
れます。ここを下抜けた場合は1.1700の「00」ポイント、さらに下落
した場合は10日の高値1.1677、さらに下落した場合は10日の安値の
1.1623を巡る攻防が注目されます。


今週のユーロドル相場は経済指標および要人発言では、20日のドラギ
ECB総裁の発言、22日の欧消費者信頼感指数速報、23日の独第3四半
期GDP確報と独・欧の製造業PMI速報と独・欧のサービス業PMI速
報とECB理事会議事録要旨、24日の独IFO景況感指数、などが注目さ
れますが、対ドル通貨ペアとして、20日の米景気先行指標総合指数、
21日の米中古住宅販売件数、22日のイエレンFRB議長の発言と米耐
久財受注と米新規失業保険申請件数と米ミシガン大学消費者信頼感指数
確報と米FOMC議事録要旨、などが注目されます。


先週のユーロドルは、揉み合いを経た後に、ユーロ圏経済成長見通しの
改善とドル安を背景に週半ばにかけて一時1.18台後半へと上昇して、
その後、1.18を挟む揉み合いになりました。

さて今週は、20日のドラギECB総裁の発言および欧消費者信頼感指数
速報とPMI速報などが注目されますが、対ドル通貨ペアとして、再び
燻り始めたロシアゲート問題を巡る動向およびイールドカーブのフラッ
ト化が続いている米債利回りの動向、22日のイエレンFRB議長の発言
とFOMC議事録要旨、および米国の感謝祭での小売動向が注目されま
す。




さて今回は、トレードと凡事のお話 その267 です。


前回からの続きのお話です。


投資苑で有名なアレキサンダー・エルダー博士が
トレードでは当たり前なことこそが大切として、
「投資苑3」の中でこう語っています。


「相場には秘密があります。
 秘密がないということが秘密なのです。」


相場やトレードで秘密ではない「当たり前なこと」とは
いったいぜんたい何なのでしょうか…。


今回は「トレードと凡事」その第二百六十七話です。


それでは、はじまり、はじまり〜。^^



『おい、ジイさん。先週のドル円は、揉み合いながらも
 軟調傾向で推移して一時112円台を割り込んだよな…。』


「ふむ。そうであったのう…。溜口剛太郎殿。
 先週はNYダウが週足で2週連続の陰線となって…、
 米10年債利回りも低下してイールドカーブのフラット化が進み、
 週末の『モラー特別検察官がトランプ陣営のメンバーに召喚状』
 との報道も背景にドル円は一時112円台を割り込んだのう…。」


『今年も早いもので、今週は米国の感謝祭ウイークだけど…、
 どんな相場展開になるのかねぇ…。ジイさん。』


「ふむ…。米国の感謝祭は年末商戦のスタートとなるが…、
 ブラックフライデーでは米国の株式と債券市場は短縮取引で、
 週末と合わせて連休を取る投資家が多く、手仕舞いの動きや
 流動性の低下には少しばかり留意が要るやも知れぬのう…。」


『さてところで…、ジイさん。今日は何のお話だい?』


「ふむ。そうじゃのう…。今日は『弱点の克服のお話』でも
 させてもらうとしようかのう。溜口剛太郎殿。」


『ふん。以前からペンディングとなっていたテーマだな。
 まぁ、よろしい。聞いてやろうじゃないか…。』


「人とはある意味では不思議なもので…、自分自身のことを
 誰よりも知っているようで案外と知らないものでのう…。」


『あははっ。検査を受けないと自分自身の血糖値もわからないし…、
 また背中にいくつホクロがあるかさえも案外と知らないもんだぜ。』


「同様に、トレードにおける自分自身の長所弱点も知っているようで
 案外とわかっていないという場合があるものなのじゃのう…。」


『まぁな…。自分自身のトレードの弱点や改善点ついて、
 自分自身でわかっているようで実は何もわかっていない、
 という事もあるのかもしれないよな…。ジイさん。』


「そうして、トレードを企業活動に例えるならば…、最も弱い部分、
 つまり弱点が全体の制約や足枷となるという事があるのじゃのう。」


『まぁ。商品企画や製造がいくら優秀でも、営業販売がまるでダメなら
 企業として全体の業績はなかなか向上しないだろうからなぁ…。』


「ふむ…。長所こそ伸ばすべき、という考え方があるその一方で、
 克服すべきは弱点やネックであるという考え方があるのじゃのう。」


『企業活動で例えるなら、商品企画や製造品質が優秀な会社において、
 さらに商品企画や製造品質に力を入れて改善を重ねたとしても、
 ダメな営業販売部門の改善を補うことはできないだろうからな…。』


「ふむ…。トレードを企業活動に例えるならば…、
 マーケットにおける収益が業績であり、もしも収益が悪い場合は、
 どこかに必ず、改善すべきネック(弱点)があるという事になり、
 まずは自身のトレードにおけるネックを見つけねばならぬのじゃ…」


『それにはどうしたら良いんだい? ジイさん。』


「己を知るためには、トレード日誌をつけることが必要となろう…。
 例えば、勝率は悪くないのに収益が向上していないのであれば、
 リスク・リワード比に問題がある可能性が高く、
 損切りが深過ぎたり、チキン利食いとなっているやも知れず…、
 またもしも、1回の大負けで収支がガタガタになっていたとしたら、
 資金管理やリスク管理に問題がある可能性があろうのう…。」


『その他にも過剰頻度トレード癖がネックになっている場合もあろうが
 トレード日誌によって改善すべきネック洗い出しができていないのに
 トレードの改善を目指そうとすることは、企業に例えるなら
 商品企画や製造が優秀なのに営業販売がまるでダメな会社で
 営業販売の改善をせず商品企画や製造の改善を目指そうとするような
 的外れな改善となってしまう場合もあるんだろうな…。ジイさん。』


「ふむ…。問題のネックが資金管理やリスク管理であるにもかかわらず
 自己に対する検証なき思い込みで、『良い手法さえ得れれば…』と
 手法探しの旅人となっても問題は解決できないものなのじゃのう。」


『でも…、これって逆に言えば、問題点のネックの改善さえできれば
 大きな飛躍となるという事でもあるんじゃないかな…。ジイさん。』


「おお、そのとおりじゃ! 溜口剛太郎殿。
 切れているチェーンを針金などで繋いでもまたそこで切れてしまうが
 本物のチェーン・ブロックがガチっとはまったならば、
 トレードは今まで勉強してきたことが活性化するかのように
 順調に回転して収支が向上していくことであろう…。」


『孫子の兵法風に言うならば「己を知り改善すれば百戦危うからず」
 ということにも通ずるのかもしれないな…。ジイさん。』


「あははっ。溜口剛太郎殿も面白いことを言うものじゃのう。」




なーんちゃって。

またまたお話が長くなりました。 m(_ _)m


ではまた来週。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

FX情報をもっと見る
過去ログ
2019年09月(3)
2019年08月(3)
2019年07月(4)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(3)
2019年03月(5)
2019年02月(4)
2019年01月(4)
2018年12月(4)
2018年11月(4)
2018年10月(4)
2018年09月(5)
2018年08月(3)
2018年07月(5)
2018年06月(4)
2018年05月(4)
2018年04月(4)
2018年03月(4)
2018年02月(4)
2018年01月(4)
2017年12月(4)
2017年11月(4)
2017年10月(5)
2017年09月(4)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(4)
2017年05月(4)
2017年04月(4)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(4)
2016年12月(4)
2016年11月(4)
2016年10月(5)
2016年09月(4)
2016年08月(2)
2016年07月(5)
2016年06月(4)
2016年05月(4)
2016年04月(4)
2016年03月(4)
2016年02月(4)
2016年01月(5)
2015年12月(3)
2015年11月(4)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(4)
2015年07月(4)
2015年06月(4)
2015年05月(4)
2015年04月(4)
2015年03月(4)
2015年02月(4)
2015年01月(3)
2014年12月(3)
2014年11月(4)
2014年10月(4)
2014年09月(4)
2014年08月(4)
2014年07月(4)
2014年06月(4)
2014年05月(3)
2014年04月(4)
2014年03月(4)
2014年02月(4)
2014年01月(4)
2013年12月(3)
2013年11月(4)
2013年10月(4)
2013年09月(5)
2013年08月(3)
2013年07月(4)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(4)
2013年01月(4)
2012年12月(4)
2012年11月(3)
2012年10月(4)
2012年09月(5)
2012年08月(3)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(5)
2012年03月(4)
2012年02月(4)
2012年01月(4)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(5)
2011年09月(4)
2011年08月(3)
2011年07月(5)
2011年06月(4)