FX トレードと凡事のお話 その263


報道によりますと次期FRB議長は、パウエル氏とテイラー氏と
そしてイエレン氏の「3氏が軸」で検討されているようですね。



●今週(10月23日から10月27日)の主な予定


<10月23日(月)>

※ NZがレイバーデイで休場。

午後2時に日景気先行指数改定値(8月)、日景気一致指数推定値(8月)
午後6時に欧2016年対GDP比政府債務発表、
夜9時半に加卸売売上高(8月)、
夜11時に欧消費者信頼感速報(10月)、
などが予定されています。欧の指標には注目です。


<10月24日(火)>

午後3時45分に仏企業景況感(10月)、
午後4時に仏製造業PMI速報(10月)、仏サービス業PMI速報(10月)
午後4時半に独製造業PMI速報(10月)、独サービス業PMI速報(10月)
午後5時に欧製造業PMI速報(10月)、欧サービス業PMI速報(10月)
夜11時に米リッチモンド連銀製造業指数(10月)、
などが予定されています。
仏・独・欧・米の指標には注目です。
そして、中国共産党大会閉幕となります。


<10月25日(水)>

午前9時半に豪第3四半期消費者物価指数、
午後5時に独IFO景況感指数(10月)、
午後5時半に英第3四半期GDP速報、
午後8時に米MBA住宅ローン申請指数、
夜9時半に米耐久財受注(9月)、米耐久財受注(除輸送用機器 9月)、
夜10時に米住宅価格指数(8月)、
夜11時に加BOC政策金利、加BOC声明、
同夜11時に米新築住宅販売件数(9月)、
などが予定されています。
豪・独・英・米・加の指標には注目です。


<10月26日(木)>

朝6時45分にNZ貿易収支(9月)、
朝8時50分に日企業向けサービス価格指数(9月)、
午前9時半に豪第3四半期輸入物価指数、
午後3時に独GFK消費者信頼感調査(11月)、
午後8時45分に欧ECB金融政策発表、
夜9時半からドラギECB総裁の定例会見、
夜9時半に米卸売在庫(9月)、米新規失業保険申請件数、
夜11時に米中古住宅販売成約(9月)、
などが予定されています。
NZ・欧・米の指標とドラギECB総裁の会見には注目です。


<10月27日(金)>

朝8時半に日全国消費者物価指数(9月)、
午前9時半に豪第3四半期生産者物価指数、
午後3時に独輸入物価指数(9月)、
午後3時45分に仏消費者信頼感指数(10月)、
夜9時半に米第3四半期GDP速報、米第3四半期個人消費速報、
同夜9時半に米GDPデフレータ速報、
同夜9時半に米第3四半期コアPCEデフレータ速報、
同夜9時半に米第3四半期雇用コスト指数、
夜11時に米ミシガン大学消費者信頼感指数確報(10月)、
などが予定されています。
日・豪・米の指標には注目です。



欧州などの国債入札予定時間につきましては
http://jp.investing.com/economic-calendar/
が参考になります。



■先週(10月16日から10月20日)の主な出来事や要人発言


先週は、ドルインデックスが92.95で始まり、堅調傾向で推移して
93.57で週の終値になりました。
米10年債利回りは週レベルで2.383%に上昇しました。
NY原油先物(WTI)11月限は週の終値で51.47ドルに上昇しました。
NYダウは週間456.91ドル上昇、23328.63ドルで週の取引を終える。



<10月16日(月)>

ロイター(15日)
「ティラーソン米国務長官は北朝鮮との緊張緩和に向け外交努力を
 続けるようトランプ大統領から指示があったと明らかにし、
 外交努力は最初の爆弾が落ちるまで続けると述べた。」
イエレンFRB議長(15日)
「物価の停滞は想定より長引く要素があるかもしれないが、
 今後、数年は緩やかな利上げが適切。」
日経平均は66.09円高で寄り付き100.38円高の21255.56で大引け。
日経平均は10日続伸。
米10年債利回りは一時2.29%台へ上昇。
報道「韓国・インド株は史上最高値つける。」
スイス紙
「カタルーニャ州首相、スイスを仲介として
 スペイン政府と対話を行う意思。
 住民投票結果を受けた独立の権利を擁護。」
報道
「イラク軍がクルド自治区が実効支配の油田都市キルクークに侵攻。」
原油先物は一時52ドル台へ上昇。
スペイン副首相
「カタルーニャ州政府には19日までに修正する機会与える。
 対話は法の下において議会でのみ可能。」
NY時間序盤に米10年債利回りは一時2.27%台へ低下。
NY連銀製造業景気指数(10月)は予想より強い30.2。
米10年債利回りは2.30%台へ上昇。ドル買い反応。
英FT紙
「メイ英首相はEU離脱に伴い英国がEUに支払う負担金について、
 200億ユーロから増額するつもりはないと述べた。
 EU側の試算では600億ユーロを支払う必要があるとの見解。」
コーン米国家経済会議NEC委員長
「大統領は税制改革の年内実現がいかに重要かを強調し始める。
 税制改革は年内実現が必須だとトランプ大統領に言われた。
 議会は税制改革法案を完結のため休会返上を余儀なくさせられる。
 年内の法案成立は現実的に可能だと考えている。極めて重要。」
ロシアのインターファクス通信
「米朝外交官が今週にモスクワで会談する可能性がある。」
CNN「北朝鮮は米国との外交交渉を現在は拒否している。」
一部報道
「次期FRB議長候補の選出でスタンフォード大学の
 テイラー教授がトランプ大統領の高い評価を得た。」
米10年債利回りは一時2.31%台へ上昇。ドル買い反応。
政治専門サイトのポリティコ
「トランプ大統領は19日にイエレンFRB議長と面談する。」
NYダウは85.24ドル高の22956.96で取引を終える。最高値を更新。


<10月17日(火)>

ペンス副大統領
「日米両国が雇用を増やし得る産業の特定に向け協力強化にも重点。
 米国は日本との同盟に強くコミット。
 北朝鮮孤立のために同盟国と連携。」
麻生副総理
「北朝鮮が前例のない脅威。日米同盟の重要性は増している。
 日米同盟は緊密な経済関係に支えられている。」
日経平均は96.61円高で寄り付き80.56円高の21336.12で大引け。
日経平均は11日続伸。
米10年債利回りは2.30%台で推移。
豪RBA議事録要旨
「他の国の利上げが機械的に豪州の利上げになるわけではない。
 いかなる金利の変更も豪経済の状況による。
 米ドルが下落したことによる豪ドルの上昇は物価の重石となる。
 2017年の残りの雇用市場は平均よりもやや上。
 この状況は家計消費の助けとなる。」
ロンドン時間に米10年債利回りは2.31%台へ上昇。
スペインのパイス紙
「スペイン内務省はカタルーニャ州自治権停止に向けた
 最初の措置として、カタルーニャの警察・軍・治安責任者などの
 解任を準備している。」
ルメール仏財務相
「英EU離脱交渉は離脱条件の決着が前提、英首相は決断を。
 EUの誰もハードブレグジットを望んでいない。」
ロシア下院外交委員会のモロゾフ議員
「北朝鮮は米本土攻撃能力を有する可能性。」
ラムスデン英BOE副総裁
「ブレグジットは生産性にネガティブな影響与える。
 生産性の伸びが弱まるリスク。
 英インフレは10月の3%で頭打ちとなる見込み。
 今後数ヶ月はMPCの多数派は利上げ見込まず。
 経済には引き続き余剰資源がある。」
スペイン経済・産業・競争力省
「2018年成長見通しを従来の2.6%から2.3%に引き下げる。
 経済の5分の1を占めるカタルーニャ州の政治情勢の影響が理由。」
報道「カタルーニャから週外への移転を決めた企業が約700社に。」
テンレイロ英政策委員
「ブレグジットは英経済見通しへの最大のリスク。
 英経済には緩みがあるが非常に長く続くものではないだろう。
 賃金上昇は非常に、非常に弱い。
 国内要因のインフレ圧力は目標を下回っている。
 EUとの最終的な貿易交渉の帰結もインフレに影響しそうだ。
 ポンド安に起因するインフレは10月にピークをむかえるだろう。
 国民投票以降のポンド安は強いインフレと弱い需要をもたらした。
 ポンド相場下落後の純輸出の伸びはおそらく無いだろう。」
カーニー英中銀総裁
「引き続き目標超えるインフレ、雇用と経済状況などの綱引。
 英中銀は長期的な生産性に影響を与えることはできない。
 金融政策は金融の安定における基本的な手段ではない
 金融政策に本来可能なこと以上のことを望むことは、
 中銀独立性を脅かすだろう。
 インフレは10月の3%超となって頭打ちとなるだろう。
 ポンド相場はブレグジットに関する思惑で動きやすい。
 金融政策は刺激的だが、財政政策は緊縮的、
 英国は多くの逆風に見舞われている。
 ハードブレグジットの非常事態への備えを検討。」
ポンド売り反応。
モルガンスタンレー第3四半期FICC売上・トレーディング収入は
市場予想より強い11.7億ドル。
ゴールドマンサックス第3四半期FICC売上・トレーディング収入は
市場予想より強い14.5億ドル。
NY時間に米10年債利回りは一時2.32%台へ上昇。
報道
「カタルーニャ州、中央政府の要求拒否。独立は撤回せず。」
ダラス連銀総裁
「インフレの進展で利上げは適切となるだろう。
 貿易、移民政策が米経済成長へのリスク。
 インフレ率が中期的に2%に向かう証拠を確認したい。
 利上げについては引き続き予断を持たない。」
ロイター通信
「トランプ大統領は11月のアジア歴訪前に
 次期FRB議長候補を発表する公算が大きい。」
米CNBC
「カナダとメキシコは米国が提示している
 北米自由貿易協定(NAFTA)の改定案を拒否した。」
フィラデルフィア連銀総裁
「米労働市場のスラックはほとんどない。」
報道
「北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で4回目の交渉が終了。
 結論はでず、交渉期限を来年第1四半期まで延長することで合意。」
米10年債利回りは一時2.29%台へ低下。原油先物は51ドル台後半。
NYダウは40.48ドル高の22997.44で取引を終える。最高値を更新。


<10月18日(水)>

日経平均は38.54円高で寄り付き26.93円高の21363.05で大引け。
日経平均は12日続伸。
米10年債利回りは2.30%台で推移。
フィラデルフィア連銀総裁
「物価動向がこれから2カ月でどのように展開してくか見守る必要。
 株価や他の資産の上昇は継続的な利上げの根拠となりうる。
 個人的にはできるだけ迅速に中立的な実質金利まで
 引き上げる必要があると考える。
 2017年にもう1度利上げと予想。」
ブルームバーグ
「北朝鮮が中国共産党大会に祝賀メッセージを寄せた。」
習総書記
「中国の発展の効率性と質を改善。断固として改革を包括的に深化。
 改革の強さは十分ではない。実体経済の質を向上させる必要。
 資源配分では市場が決定的役割。
 住宅は投資ではなく居住の為のもの。為替や金利市場改革を深化。
 中国経済は質の高さを目指す局面。
 高水準の貿易・投資の自由化を目指す。」
中国人民銀行潘副総裁
「中国の為替取引システムはほぼ完成している。
 現行のシステムの下で人民元の変動は通常通り。
 人民元相場は基本的に安定。」
桜井日銀委員
「現在の金融緩和の枠組みで今のところ十分。
 日銀の株式保有がそれほど大きいとは考えていない。
 ETF買いの枠組み変更の必要を考えるのはまだ早い。」
スペイン紙
「スペイン中央政府はカタルーニャを統治下に置く計画。」
ロンドン時間に米10年債利回りは2.33%台へ上昇。ドル買い優勢。
北朝鮮
「(米韓軍事演習は) 緊張局面を爆発寸前に追い込んでいる。
 予想外の時間に想定外の打撃に直面することを覚悟すべき。」
ドラギECB総裁
「金融政策が緩和的であることは経済改革の良い機会となろう。」
ダラス連銀総裁 
「米国の2017年成長は2.5%をわずかに下回る水準に。
 米国経済の底堅さはきわめて強固。
 FF金利を10年債利回り水準まで引き上げることには消極的。
 これだけの低金利だと人々にリスク志向を引き起こ可能性がある。
 リスク・パリティ・ファンドの伸びを慎重に注視。」
ダドリーNY連銀総裁
「政策課題は税制、移民、貿易など。
 より多くの人々に成長の恩恵の享受を。
 より一層複雑ではない税制が良いスタートにつながる。
 米国はきわめて引き締まった労働市場を制御している。
 今後は賃金上昇圧力につながるだろう。
 税制改革については自身の経済見通しに加味されていない。」
原油先物は一時52ドル台へ上昇。
NY時間に米10年債利回りは一時2.35%台へ上昇。
EIA週間石油在庫統計では原油在庫が573.1万バレル減少。
米地区連銀経済報告
「成長ペースは緩慢ないし緩やか。
 労働市場は逼迫して、雇用拡大は緩やか。
 労働市場の逼迫にもかかわらず賃金上昇は緩やか。
 物価上昇圧力は依然緩い。コスト転嫁は限定的。
 家計支出は緩やかに上昇。車や旅行の販売が増加。」
ホワイトハウス報道官
「FRB議長人事は数日以内に発表されるだろう。」
NYダウは160.16ドル高の23157.60で取引を終える。最高値を更新。


<10月19日(木)>

日経平均は86.99円高で寄り付き85.47円高の21448.52で大引け。
日経平均は29年ぶり13日続伸。
米10年債利回りは2.34%から2.33%台で推移。
日銀の中曽副総裁
「必要ならイールドカーブ形状の調整を行う方針。
 長短金利操作は柔軟で持続性の高い枠組み。」
報道
「NZファースト党が労働党と連立へ。
 労働党、NZファースト党、緑の党の連立政権が樹立。」
ロンドン時間に米10年債利回りは2.31%台へ低下。
スペイン政府「カタルーニャ自治停止プロセス開始へ。」
原油先物は51ドル台で推移。
英小売売上高指数(9月)は予想より弱い前月比−0.8%。ポンド売り。
NY時間に米10年債利回りは一時2.29%台へ低下。
カンリフ英BOE副総裁
「8月の見通し通りであれば緩やかな利上げが必要。
 ただ、開始時期については議論の余地がある。」
ホワイトハウス
「トランプ大統領とイエレンFRB議長の会談が終了。」
NYダウは一時下落も5.44ドル高の23163.04。最高値を更新。


<10月20日(金)>

日経平均は57.57円安で寄り付き9.12円高の21457.64で大引け。
日経平均は年初来高値を更新。56年ぶり14日続伸で歴代最長に並ぶ。
元米財務副次官補
「トランプ税制改革案の年内実現は不可能。」
メルケル独首相
「メイ英首相のブレグジッドに関するプレゼンテーションは、
 これまでの立場を変えるものでない。
 英国の離脱巡るスタンスは、現段階では不十分といえる。
 もっとも、英国の離脱交渉が成功しない訳ではない。
 2月までに交渉の第2段階に入る強いモティベーションがある。」
メイ英首相
「英国とEUとの離脱交渉を前進させるために、
 各国が緊急対応を行うように首脳らに要請。
 英国とEUの双方が国民を納得させることができる合意が必要。」
一部報道
「次期FRB議長の候補、テイラー氏かパウエル氏。」
報道
「米上院、2018年度の予算の大枠を定めた予算決議案を可決。
 賛成51、反対49。」
米10年債利回りは2.36%台へ上昇。ドル買い優勢。
麻生財務相
「TPPは米国の国益に資する。
 日米のFTAを米国が要求した記憶はない。
 内部留保は経営者の意識の問題。
 給与や設備投資に振り向けてほしい。
 課税は二重課税になるので難しい。」
原油先物は51ドル台で推移。
黒田日銀総裁
「景気は緩やかに拡大している。物価面はなお弱めの動き続いてる。
 引き続き強力な金融緩和を粘り強く続けていく。」
オーストリア財務相
「QEはアクセルから足を離すべきだが、
 緊急ブレーキを掛けるべきでない。マイナス金利は終了すべき。」
オーストリア中銀総裁
「中国が世界経済の不透明な要素になっている。」
ユンケル欧州委員長
「英国が合意せずにEUを離脱するとは考えていない。」ポンド買い。
トゥスクEU大統領
「バルニエ氏よりはブレグジットに対して少し楽観的。」
報道
「EUは英国の離脱後の通商協議に入るかどうかの判断を
 12月の首脳会議に先送りすることを決定。」
NY時間に米10年債利回りは一時2.39%台へ上昇。ドル買い優勢。
米政治専門サイトのポリティコ
「コーン米NEC委員長はトランプ大統領のアジア歴訪に同行せず。
 税制改革案を可決させることに注力する。」
トランプ大統領
「テイラー氏もパウエル氏も共に非常に有能。
 両氏のFRB入りも選択肢に。FRB議長人事、近く決定する。
 イエレン議長も大いに好ましい。」
サンダース報道官
「パウエル氏、テイラー氏の組み合わせも検討。」
クリーブランド連銀総裁
「緩やかな金利正常化が好ましい。
 金融政策を考えるうえで一定のルールを作るのは良い。
 ただ、どのようにルールを導入するか次第。」
原油先物11月限は51.47ドル。米10年債利回りは2.383%。
NYダウは165.59ドル高の23328.63で取引を終える。最高値を更新。



<先週のドル円の概況>

週初16日に111.77レベルで始まりロンドン時間序盤に週安値となる
111.65へ下落しましたが、その後、揉み合いながらも堅調傾向で推移
して19日のロンドン時間序盤にかけて113.14へ上昇する展開になり
ました。その後、NY時間序盤にかけて112.29へ反落しましたが、
その後、揉み合いを経た後に再び堅調傾向で推移して20日のNY時間
後半にかけて週高値となる113.57へ上昇して113.47レベルで週の取引
を終えました。


<先週のユーロドルの概況>

週初16日に1.1812レベルで始まり揉み合いながらも軟調傾向で推移
して17日のNY時間前半にかけて1.1736へ下落する展開になりまし
た。その後、18日の東京時間序盤にかけて1.1780へ反発しましたが、
その後、ロンドン時間前半にかけて週安値となる1.1730へ下落する展
開になりました。その後、切り返して、堅調傾向で推移して、19日の
ロンドン時間序盤に一時1.1768へ下押すもNY時間前半にかけて週高
値となる1.1858へ上昇する展開になりました。その後、揉み合いを経
た後に20日の東京時間前半から反落して、軟調傾向で推移してロンド
ンフィックスにかけて1.1762へ下落した後に1.1783レベルで週の取引
を終えました。




●今週(10月23日から10月27日)のドル・円・ユーロの注目点


<今週のドル円>

今週のドル円相場は、上昇した場合、まずは114.00の「00」ポイント
を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は5月11日の高値
114.37、さらに上昇した場合は7月11日の高値114.49、ここを上抜け
た場合は115.00の「00」ポイントを巡る攻防が注目されます。
一方、下落した場合は、まずは20日のロンドン時間の押し安値113.06
から113.00の「00」ポイントを巡る攻防が注目されます。ここを下抜
けた場合は19日の安値112.29、さらに下落した場合112.00の「00」
ポイント、ここを下抜けた場合は16日の安値111.65を巡る攻防が注
目されます。


今週のドル円相場は経済指標では、24日のリッチモンド連銀製造業指
数、25日の米耐久財受注と米新築住宅販売件数、26日の米新規失業保
険申請件数と米中古住宅販売成約、27日の日全国消費者物価指数と米
第3四半期GDP速報と米第3四半期個人消費速報と米GDPデフレー
タ速報と米第3四半期コアPCEデフレータ速報と米第3四半期雇用コ
スト指数とミシガン大学消費者信頼感指数確報、などが注目されます。


先週のドル円は、懸念れていた北朝鮮のミサイル発射等の軍事挑発行動
もなく、NYダウの連日の史上最高値更新と日経平均の56年ぶり14日
続伸、および米上院で2018年度予算の大枠を定めた予算決議案が可決
されたことで米10年債利回りが2.38%台へ上昇したことも背景に堅調
に推移して113円台半ばへ上昇する展開になりました。


さて今週ですが、週初まずは本邦の衆議院選挙の結果とその市場反応が
注目されますが、パウエル氏とテイラー氏とイエレン氏の3氏を軸とし
て検討されている次期FRB議長候補の発表が大いに注目されます。
また、次期FRB議長候補とならなかった方がFRB副議長やFRB理事
に残るとの観測もありますのでFRB副議長および理事の人選も注目さ
れます。

11月1日の米FOMCを控えてブラック・アウト期間入りしたことで、
今週はFRBの要人発言はありませんが、経済指標では27日の米第3
四半期GDP速報と米第3四半期個人消費速報と米第3四半期コアPCE
デフレータ速報などの結果が注目されます。

そして、20日に元米財務副次官補が「トランプ税制改革案の年内実現
は不可能。」とも発言していて、米上院で2018年度予算の大枠を定め
た予算決議案が可決されましたが、米税制改革案に関する市場観測が
注目されます。

また、中国共産党大会に祝賀メッセージを送るなど、ここのところ不気
味なくらい大人しい北朝鮮ですが、18日に「(米韓軍事演習は) 緊張局
面を爆発寸前に追い込んでいる。予想外の時間に想定外の打撃に直面す
ることを覚悟すべき。」と声明を出していることで、米韓軍事演習を終
えて、トランプ米大統領がアジア歴訪を始めるこの時期の北朝鮮の軍事
挑発行動には一応ながら注意が要りそうです。



<今週のユーロドル>

今週のユーロドル相場は、上昇した場合、まずは1.1800の「00」ポイ
ントを巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は19日の高値の
1.1858、さらに上昇した場合は12日の高値1.1880、ここを上抜けた場
合は1.1900の「00」ポイントから8月2日の高値1.1909、さらに上昇
した場合は9月5日の高値1.1940から9月6日の高値1.1950を巡る
攻防が注目されます。
一方、下落した場合は、20日の安値1.1762を巡る攻防が注目されま
す。ここを下抜けた場合は18日の安値1.1730、さらに下落した場合は
1.1700の「00」ポイント、ここを下抜けた場合は6日の安値1.1669か
ら8月17日の安値1.1662、さらに下落した場合は7月26日の安値の
1.1612を巡る攻防が注目されます。


今週のユーロドル相場は経済指標および要人発言では、23日の欧消費
者信頼感速報、24日の仏・独・欧の製造業PMI速報と仏・独・欧の
サービス業PMI速報、25日の独IFO景況感指数、26日の欧ECB金融
政策発表とドラギECB総裁の会見、などが注目されますが、対ドル通
貨ペアとして、24日のリッチモンド連銀製造業指数、25日の米耐久財
受注と米新築住宅販売件数、26日の米新規失業保
険申請件数と米中古住宅販売成約、27日の米第3四半期GDP速報と
米第3四半期個人消費速報と米GDPデフレータ速報と米第3四半期
コアPCEデフレータ速報と米第3四半期雇用コスト指数とミシガン大
学消費者信頼感指数確報、などが注目されます。


先週のユーロドルは、スペインのカタルーニャ自治州の独立問題の余波
にも揺れて、ECBのQE縮小期待と米10年債利回りの上昇を背景とす
るドル買いとの綱引きで上下動の相場展開になり、週の始値と終値では
29Pipsほどの下落になりました。

さて今週は、26日のECB金融政策発表とドラギECB総裁の定例会見
が最大の注目材料になります。来年以降、資産購入額を現在の月600
億ユーロから減額して緩和拡大ペースを緩めることはほぼ確実視されて
いるようですが、ECB内には低インフレに対する懸念も根強いようで
18日にドラギ総裁が「金融政策が緩和的であることは経済改革の良い
機会となろう。」と発言していることもあり、ドラギECB総裁の会見
での来年以降の資産購入の減額概要とユーロ圏のインフレに対する認識
が注目されます。安易な予断はできませんが、次第によってはドル高も
背景にネガティブ反応となる場合もありそうです。




さて今回は、トレードと凡事のお話 その263 です。


前回からの続きのお話です。


投資苑で有名なアレキサンダー・エルダー博士が
トレードでは当たり前なことこそが大切として、
「投資苑3」の中でこう語っています。


「相場には秘密があります。
 秘密がないということが秘密なのです。」


相場やトレードで秘密ではない「当たり前なこと」とは
いったいぜんたい何なのでしょうか…。


今回は「トレードと凡事」その第二百六十三話です。


それでは、はじまり、はじまり〜。^^



『おい、ジイさん。ブラックマンデーから30年経った先週だけど、
 NYダウが連日、史上最高値を更新して…、
 日経平均も56年ぶり14日続伸と凄い事になっているな…。』


「ふむ。そうじゃのう…。溜口剛太郎殿。もしかすると、
 日経平均の連騰は今週初めに新記録となるやもしれぬのう…。」


『うん。日本の好景気の実感はそれ程でもないようだけれど…、
 月曜日にもしかすると日経は連騰の新記録となるかもしれないよな。
 まぁ、その後の一旦の材料出尽くしの下げは懸念されるけどな…。
 ところで、次期FRB議長候補の人選も進んでするようだが…。』


「ふむ。パウエル氏とテイラー氏とイエレン氏の3名に絞り込まれて
 検討されているようじゃのう…。おそらく今週に発表されよう…。」


『次期FRB議長候補とならなかった方がFRB副議長やFRB理事に
 残るとの観測もあるようで、今週の発表が注目されるよな…。
 そしてところで…、北朝鮮は不気味なくらいに大人しかったが…。』


「ふむ。中国共産党大会に祝賀メッセージを送るなど、軍事挑発行動も
 控えていた北朝鮮じゃったが…、18日に『(米韓軍事演習は) 緊張局
 面を爆発寸前に追い込んでいる。予想外の時間に想定外の打撃に直面
 することを覚悟すべき。』と声明を出していることで、米韓軍事演習
 を終えて、トランプ米大統領がアジア歴訪を始めるこの時期は
 北朝鮮の挑発行動には注意しておいた方がよいのではなかろうか。」


『まぁ、先週は米韓軍事演習で米軍の原子力空母ロナルド・レーガンや
 弾道ミサイルを搭載した米原子力潜水艦ミシガンが近海にいたことで
 さすがに北朝鮮は挑発行動を躊躇ったのかもしれないが…、
 どこかのタイミングで挑発行動を仕掛けるかもしれないからな…。
 さてところで…、ジイさん。今日は何のお話だい?』


「ふむ…。溜口剛太郎殿には、『攻守のバランスのお話』や
 『因果関係と相関関係の違いのお話』や『全体思考のお話』、
 そして、『弱点の克服のお話』、などなど…、
 いろいろとさせてもらいたいお話があるのじゃが…、今日は
 『トレードの確信のお話』でもさせてもらうとしようかのう…。」


『まぁ、よろしい…。「トレードの確信のお話」とやらを
 聞いてやろうじゃないか…。ジイさん。』


「頭の良い人によくありがちな質問なのじゃが…、
 『上位時間軸も上昇トレンドで、執行時間軸でも上昇トレンド。
  下値支持線での反発も確認した上でインジケーターの上昇示唆も
  確認して買いエントリーしたにもかかわらず負けてしまいました。
  いったい私のどこが悪いのでしょう。なぜ負けたのでしょう。
  どこを修正してトレードに臨んだらよいのでしょうか?』
 溜口剛太郎殿はこのような質問を聞いてどう思われるじゃろうか。」


『いわゆる「鉄板」でのトレードで負けたという事なんだろうけれど、
 もしかしたら何波動目だったのかの認識に問題があったのかなぁ…。
 それとも、突発的なニュースや要人発言があったのかもしれないな。
 でも、カイゼンへの真摯な姿勢が伺えるように思われるけどな…。』


「ふむ。確かにカイゼンへの真摯な姿勢が伺われるのう…。
 ただ…、トレードは数学の唯一解のように絶対的なものではなく、
 まぁ…、異論もある所とは思われるけれども…、
 このような問いには完璧の追求や聖杯を指向している様子が伺え…、
 そして、確率的思考として『負けも受け入れる』必要があることが
 忘却されている場合もあるものなのじゃのう…。」


『この世にはトレードの聖杯はなく、トレードに全勝する事は不可能で
 カイゼンにも限界が存在していているということか…。』


「ふむ…。例えば仮に、勝率80%の優秀な手法があったとしても…、
 言ってみれば、100回のトレードで20回は当然と負けるワケで、
 トレードは確率的な大数指向で『トータル収支として勝つ』ことを
 目指すべきものなのじゃのう…。溜口剛太郎殿。」


『必ずしも個々のトレードで改善を指向すべきではないという事か。
 ときに鉄板でも負ける事があることも受け入れる必要があると…。』


「ふむ…。トレードの確信とは個々のトレードに対する確信ではなく、
 『トータル収支としての勝ちへの確信』であるべきなのじゃ…。」


『例えるなら、当たりが8割のクジ引きでもハズレを引くこともあるが
 続けていくなら確率的に当たりを多く引く事になる、みたいな…。』


「あははっ。まぁ、あまりスマートな例えではないが…、
 言ってみれば、そのようなことじゃ…。溜口剛太郎殿。
 個々のトレードで良し悪しを評価するよりも…、
 とりわけ『トータル収支』ということが大切なのじゃのう…。」


『……。』


「トータル収支のために、手法を集合的にブラッシュアップして、
 トータル収支のために、負けを認め『損切りする』、のじゃのう。」


『そして、トータル収支のために、無理に難平してポジションを
 助けようとすることも慎むという事か…。』


「ふむ…。トレードでは『トータル収支』として考えることや…、
 『トータル収支としての勝ちへの確信』こそが大切となろうのう。」




なーんちゃって。

またまたお話が長くなりました。 m(_ _)m


ではまた来週。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

FX情報をもっと見る
過去ログ
2019年09月(3)
2019年08月(3)
2019年07月(4)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(3)
2019年03月(5)
2019年02月(4)
2019年01月(4)
2018年12月(4)
2018年11月(4)
2018年10月(4)
2018年09月(5)
2018年08月(3)
2018年07月(5)
2018年06月(4)
2018年05月(4)
2018年04月(4)
2018年03月(4)
2018年02月(4)
2018年01月(4)
2017年12月(4)
2017年11月(4)
2017年10月(5)
2017年09月(4)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(4)
2017年05月(4)
2017年04月(4)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(4)
2016年12月(4)
2016年11月(4)
2016年10月(5)
2016年09月(4)
2016年08月(2)
2016年07月(5)
2016年06月(4)
2016年05月(4)
2016年04月(4)
2016年03月(4)
2016年02月(4)
2016年01月(5)
2015年12月(3)
2015年11月(4)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(4)
2015年07月(4)
2015年06月(4)
2015年05月(4)
2015年04月(4)
2015年03月(4)
2015年02月(4)
2015年01月(3)
2014年12月(3)
2014年11月(4)
2014年10月(4)
2014年09月(4)
2014年08月(4)
2014年07月(4)
2014年06月(4)
2014年05月(3)
2014年04月(4)
2014年03月(4)
2014年02月(4)
2014年01月(4)
2013年12月(3)
2013年11月(4)
2013年10月(4)
2013年09月(5)
2013年08月(3)
2013年07月(4)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(4)
2013年01月(4)
2012年12月(4)
2012年11月(3)
2012年10月(4)
2012年09月(5)
2012年08月(3)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(5)
2012年03月(4)
2012年02月(4)
2012年01月(4)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(5)
2011年09月(4)
2011年08月(3)
2011年07月(5)
2011年06月(4)