FX トレードと凡事のお話 その262


G20では7年ぶりに全ての国・地域で成長し回復が増している事が確
認されましたが、日本は20年までの財政黒字化公約を撤回しました。



●今週(10月16日から10月20日)の主な予定


<10月16日(月)>

朝8時01分に英ライトムーブ住宅価格(10月)、
午前10時半に中国消費者物価指数(9月)、中国生産者物価指数(9月)、
午後1時半に日鉱工業生産確報(8月)、
午後6時に欧貿易収支(8月)、
夜9時半に米NY連銀製造業景気指数(10月)、
同夜9時半に加国際証券取引高(8月)、
などが予定されています。
中・米の指標には注目です。


<10月17日(火)>

朝6時45分にNZ第3四半期消費者物価指数、
午前9時半に豪RBA議事録要旨、
午後5時15分からカーニー英BOE総裁の発言、
午後5時半に英消費者物価指数(9月)、英生産者物価指数コア(9月)、
同午後5時半に英小売物価指数(9月)、
午後6時に欧ZEW景況感調査(10月)、欧消費者物価指数確報(9月)、
同午後6時に独ZEW景況感調査(10月)、
夜9時半に米輸入物価指数(9月)、米輸出物価指数(9月)、
夜10時15分に米鉱工業生産(9月)、米設備稼働率(9月)、
夜11時に米NAHB住宅市場指数(10月)、
早朝5時に対米証券投資(8月)、
などが予定されています。
NZ・豪・英・欧・独・米の指標には注目です。


<10月18日(水)>

午後5時半に英失業者数(9月)、英失業率(9月)、英ILO失業率(9月)、
午後6時に欧建設支出(8月)、
午後8時に米MBA住宅ローン申請指数、
夜9時半に米住宅着工件数(9月)、米建設許可件数(9月)、
同夜9時半に加製造業出荷(8月)、
深夜3時に米地区連銀経済報告(ベージュブック)、
などが予定されています。
英・米の指標には注目です。
そして、NY連銀総裁とダラス連銀総裁の発言も予定されています。
また、中国共産党第19回全国代表大会が開幕されます。


<10月19日(木)>

朝8時50分に日通関ベース貿易収支(9月)、
午前9時半に豪新規雇用者数(9月)、豪失業率(9月)、
午前11時に中国第3四半期GDP、
同午前11時に中国鉱工業生産(9月)、中国小売売上高(9月)、
午後1時半に日全産業活動指数(8月)、
午後3時にスイス貿易収支(9月)、
午後5時半に英小売売上高指数(9月)、
夜9時半に米新規失業保険申請件数、
同夜9時半に米フィラデルフィア連銀製造業景気指数(10月)、
夜11時に米景気先行指標総合指数(9月)、
などが予定されてます。
日・豪・中・英・米の指標には注目です。
そして、EU首脳会議が20日まで開催されます。


<10月20日(金)>

午後3時に独生産者物価指数(9月)、
午後3時35分から黒田日銀総裁の発言、
午後5時に欧経常収支(8月)、
午後5時半に英財政収支(9月)、
夜9時半に加消費者物価指数(9月)、加小売売上高(9月)、
夜11時に米中古住宅販売件数(9月)、
などが予定されています。
加・米の指標には注目です。
そして、時間は不明ですが
イエレンFRB議長の発言も予定されているようです。


<10月22日(日)>

衆議院選挙の投開票、



欧州などの国債入札予定時間につきましては
http://jp.investing.com/economic-calendar/
が参考になります。



■先週(10月9日から10月13日)の主な出来事や要人発言


先週は、ドルインデックスが93.57で始まり、軟調傾向で推移して
92.59へ下落した後に92.92で週の終値になりました。
米10年債利回りは週レベルで2.275%に低下しました。
NY原油先物(WTI)11月限は週の終値で51.45ドルに上昇しました。
NYダウは週間98.05ドル上昇、22871.72ドルで週の取引を終える。



<10月9日(月)>

日経平均は体育の日で取引なし。
連休明け上海株式市場は1.62%高で始まり0.76%高で取引を終える。
報道
「バルセロナでカタルーニャ独立反対デモ、35万人参加。」
メルシュECB専務理事 
「最近のインフレ指標にがっかりさせられた。」
ロンドン時間はポンドのショートカバー優勢。
米はコロンブスデーの祝日で債券と為替が休場。
カナダはサンクスギビングデーの祝日で休場。
ラウテンシュレーガーECB専務理事
「ECBはできるだけ早期にQEを終了すべき。」
原油先物は49ドル台半ばで推移。
NYダウは12.60ドル安ので22761.07取引を終える。


<10月10日(火)>

マティス米国防長官
「対北、軍事選択肢も用意しなくてはならない。」
日経平均は10.17円安で寄り付き132.80円高の20823.51で大引け。
6日続伸で年初来高値を更新。TOPIXは10年ぶりの高水準。
米10年債利回りは2.36%から2.37%台で推移。
黒田日銀総裁
「2%物価目標を目指し安定持続に必要な時まで緩和を継続。」
朝鮮労働新聞
「核武力建設の歴史的な偉業を成し遂げなければならない。」
韓国報道
「昨年9月に韓国軍が北朝鮮とみられるハッキングを受け
 斬首作戦などにかかわる軍事機密資料295件が奪われていた。」
小野寺防衛相
「アメリカのトランプ大統領が来月中旬に圧力の効果を見極めた上で
 厳しい対応を取る可能性がある。」
ロンドン時間に米10年債利回りは一時2.34%台へ低下。
日銀さくらレポート
「9地区中で4地区が景気判断上方修正。
 関東甲信越、東海、近畿、中国を上方修正。
 その他地区は景気判断を据え置き。」
原油先物が50ドル台へ上昇。
安倍首相
「出口戦略についての議論は時期尚早。
 消費税引き上げできる状況つくれるようあらゆる政策総動員。
 デフレ脱却へ黒田日銀総裁がしっかりとした政策とると確信。」
カタルーニャ自治州報道官
「カタルーニャ州の経済は極めて強い。
 個人的には歴史的な一日になるとみている。
 カタルーニャ自治政府は州警察に全幅の信頼を置いている。」
関係者
「スペイン警察はカタルーニャ州首相を拘束する準備。」
IMF
「世界成長率見通し引き上げ、17年3.6%、18年3.7%。
 回復は加速も中期的リスクは下向き。
 金融環境の引き締まり、先進国・地域の低インフレ、
 新興国の金融混乱、保護主義政策などのリスクを指摘。
 米国成長率見通し、17年2.2%(7月時点2.1%)
 ユーロ圏成長率見通し、17年2.1%(7月時点1.9%)
 中国成長率見通し、17年6.8%(7月時点6.7%)」
NY時間に米10年債利回りは一時2.32%台へ低下。
トランプ大統領
「コーカー議員との対立で税制改革を損なうと思わない。
 税制改革案、もっと強力にするために調整する。
 ティラーソン国務長官を信頼している。
 オバマ前政権で成立した発電規制の撤廃を正式提案。」
カタルーニャ自治州プッチダモン首相
「緊張が高まりに対する責任を全てが受け入れなければならない。
 考えが違えどもカタルーニャの市民は伴に歩まなければならない。
 国民投票の結果を数週間停止し、スペイン中央政府と協議したい。」
一部報道
「スペイン政府はカタルーニャの提案を受け入れる気配はなく、
 憲法155条に基づいた同州の自治権剥奪も視野に検討している。」
NY時間終盤にかけて米10年債利回りは2.35%に反発。
NYダウは69.61ドル高の22830.68で取引を終える。最高値を更新。


<10月11日(水)>

スコットランド
「EU離脱条件が明確になれば独立を問う投票も。」
日経平均は19.80円安で寄り付き57.76円高の20881.27で大引け。
7日続伸で年初来高値を更新。21年ぶりの高値に。
米10年債利回りは2.35%から2.36%台で推移。
原油先物は51ドル台へ上昇。
サンダース米報道官
「トランプ大統領と国家安全保証チームの会合は、
 北朝鮮によるあらゆる形式での攻撃に対する対応や、
 北朝鮮が核兵器を用いて米国や同盟国を脅迫することに対する
 防衛に関する一連の選択肢に焦点を絞った会合。」
報道
「トランプ大統領はケリー首席補佐官の解任観測を否定。」
米共和党のブレイディ下院歳入委員長
「税制改革法案について近く公表する。」
一時ドル買い動意に。
ダラス連銀総裁
「追加利上げについては現時点での予断を持たない姿勢を続ける。
 今後の指標動向をもとに判断する。
 現時点では利上げについてより忍耐強く段階的に臨むべき。
 国内経済への最大の脅威は成長鈍化。」
報道
「海上自衛隊は米原子力空母ロナルド・レーガンと
 沖縄周辺で共同訓練を実施。」
ロンドン時間に米10年債利回りは2.34%台へ低下。ドル売り反応。
伊中銀総裁
「段階的なECBの正常化開始は歓迎されよう。」
スペイン首相
「カタルーニャ州政府の停止に向けたプロセスを開始する。」
シカゴ連銀総裁
「米国の経済ファンダメンタルズは極めて強い。
 世界経済や欧州経済は改善している。
 米国の賃金動向は予想ほど強くない。
 米国の賃金は改善していく過程にある。
 生産性の弱さが賃金に対する重石。中立的な失業率は約4.5%に。
 インフレを抑制するさまざまな潜在的要因がある。
 インフレ率をできるだけ早く2%に押し上げることが重要。
 12月の利上げについて言及することは時期尚早。
 物価が目標に達しないのに引き締めを行うことは建設的ではない。」
NY時間に米10年債利回りは一時2.33%台へ低下。
カンザスシティー連銀総裁
「緩やかな金利調整を継続すべき。
 インフレへの構造的な影響は継続する可能性も。
 インフレはドル高や原油安の影響が依然としてある。」
米10年債入札では最高落札利回り2.346%、応札倍率2.54倍。
米3年債入札では最高落札利回り1.657%、応札倍率2.83倍。
FOMC議事録
「大半のメンバーは年内の利上げが正当化されると判断。
 大半のメンバーは低インフレは一時的な要因のみではないと懸念。
 大半のメンバーはハリケーンは経済を押し下げないと判断。
 大半のメンバーは労働市場の強さから賃金が上昇すると判断。
 一部メンバーがインフレが上昇するまで利上げ見送るべきと主張。
 一部のメンバーが利上げは今後のデータ次第と判断。」
サンフランシスコ連銀総裁
「米経済は完全雇用の基準を超えた。
 向こう2年でインフレ率は2%目標に上昇。
 金利はニューノーマルの2.5%に上昇する必要。
 緩やかな利上げは適切。バランスシート縮小には約4年かかる。
 バランスシート縮小は長期金利を押し上げる傾向。
 ハリケーンは短期的に雇用と生産に影響も。」
トランプ大統領
「米国保有の核弾頭数を10倍に増やすよう口にしたという
 NBCの報道は捏造。」
NYダウは42.21ドル高の22872.89で取引を終える。最高値を更新。


<10月12日(木)>

ECBプラート専務理事
「デフレリスクは解消された。ユーロ圏のインフレは引き続き抑制。
 ECBは今後数週間に政策スタンスを検討。
 相当程度の緩和策が依然として必要。
 出口戦略の協議をするうえで十分な緩和策も必要と判断。
 再投資に関してもっとコミュニケーションをとるべき。
 まもなく再投資に関して、よりコミュニケーションをとる可能性。」
フィッシャーFRB副議長
「低金利の状況では金利が高めの時に比べて株式市場は上昇傾向。
 ただ資産市場にインフレを誘うようなバブル状況だとは思わない。」
北朝鮮外相
「トランプ大統領の国連における好戦的で常軌を逸した発言が、
 北朝鮮と米国との戦争の導火線に火をつけた。」
米10年債利回りは一時2.35%台へ上昇。
日経平均は76.91円高で寄り付き73.45円高の20954.72で大引け。
年初来高値を更新。
トランプ大統領
「イランの核合意順守状況について、
 近日中に受け入れるかどうかを公表する。」
トランプ米大統領(FOXニュース)
「米国の他国製企業が海外で上げた利益を本国へ戻す際の課税税率は
 10%前後、やや上回るか、下回る可能性がある。
 中国は北朝鮮に対する対応を巡って非常に協力的であった。
 北朝鮮に関して、現状を継続させるわけにはいかない。
 彼らはどうなるのかを見ることになる。」
アトランタ連銀総裁
「FRBのバランスシート縮小は金融政策の大きな引き締めではない。
 市場参加者もこの縮小を重大な金融引締や経済成長の阻害要因とは
 みていない。」
ロンドン時間に米10年債利回りは一時2.32%台へ低下。
EU交渉担当者バルニエ氏
「あまり大きな前進を果たせていない。
 市民の権利についてまだ合意に至らず。
 英国とのEU離脱交渉は行き詰まった。」
ポンド売り反応。
米JPモルガンの第3四半期の営業・トレーディング収益は
予想より弱い31.6億ドル。
原油先物は50ドル台で推移。
NY時間に米10年債利回りは一時2.34%台へ上昇。
シティグループ第3四半期債券取引収入は予想とおりの28.8億ドル。
パウエルFRB理事
「FRBの段階的な正常化は継続する。
 FRBにとっては二大責務に焦点をあてることが最善。
 新興国企業の負債の大きさはリスク。
 中国の社債リスクに警戒。
 低ボラティリティの中で市場が急激に動くリスクを懸念。」
ブレナードFRB理事
「インフレのオーバーシュート政策を修正するのは困難。
 FRBのインフレ目標未達はリスク。
 低インフレの持続は民間のインフレ期待を下げるリスク。」
EIA週間石油在庫統計では原油在庫が274.7万バレル減少。
ドラギECB総裁
「マイナス金利政策は成功している。
 マイナス金利による銀行の収益への悪影響はない。
 ガイダンスは低金利や量的緩和といった刺激策を強化する。
 労働市場の動向を真剣に見ている。
 賃金上昇に進展が見られるものの、まだ不十分。」
一部報道
「英EU離脱交渉を担当しているEU側のバルニエ首席交渉官が、
 明日のEU大使の会合で、英国が暫定的に2年間、
 EU単一市場へ残留する提案を行う。」
ポンド買い反応。
米30年債の入札では最高落札利回り2.870%、応札倍率2.53倍。
米地質調査所
「北朝鮮のソンジペガムの北東23キロメートルの地点で、
 マグニチュード2.9の地震が確認された。
 自然のものなのか人工的なものなのかは確認できない。」
ケリー米大統領首席補佐官
「FRB議長人事の決定はまだ先。候補者との面談は続いている。
 まだ、面談の予定はある。」
黒田日銀総裁(G20が開催されるワシントンにて)
「現在の量的緩和を継続する。所得増加が支出を支援している。
 賃金や物価が徐々に上昇している。2%インフレ目標には程遠い。
 2%のインフレ目標達成まで現在の緩和を続ける。」
ブルームバーグが
「トランプ大統領が11日に、次期FRB議長の候補として、
 スタンフォード大学のテーラー教授と面談した。」
ボストン連銀総裁
「12月の利上げが適切。18年に3度の利上げが正しいようだ。
 一部に資産バブルを懸念。」
報道「米とイスラエルがユネスコを脱退を表明。」
NY時間後半に米10年債利回りは一時2.31%台へ低下。
NYダウは31.88ドル安の22841.01で取引を終える。


<10月13日(金)>

韓国気象庁「北朝鮮ソンジペガムの地震は自然現象。」
日経平均は4.94円高で寄り付き200.46円高の21155.18で大引け。
9日続伸で21年ぶりの高値に上昇。
米10年債利回りは2.32%台で推移。
ドル円は一時112円台を割り込む。
観測報道(関係筋)
「ECBは資産購入を現在の月600億ユーロから300億ユーロに
 購入ペースを縮小させ、少なくとも9ヵ月間は続けることを検討。」
エストニア中銀総裁
「ECBの金利ガイダンスをより具体的に示すこと可能。
 債券購入の内訳で社債購入について楽観視。
 より長期のリファイナンスオペも。」
独政府報道官
「どのような英EU離脱移行手続きについての協議も時期尚早。
 EU離脱交渉の次の段階に進むのかどうかボールは英国側にある。」
バンク・オブ・アメリカの第3四半期1株利益は0.48ドル、
第3四半期投資銀行収益は陽より強い14.8億ドル。
ボストン連銀総裁
「低失業率とインフレ見通しは引き締めを正当化。
 2018年には基調インフレが2%に近づくだろう。
 インフレ動向が変化したとみるのは時期尚早。
 労働市場の逼迫で賃金は上昇、物価にも波及するだろう。
 ハリケーンの経済統計への影響には留意すべき。
 2017年下期の米GDP成長はおおむね2.5%に。
 米失業率は4%割れとなる可能性も。
 低金利が長期化すれば金利上昇を加速させるリスクに。
 今後1−2年での米景気後退は予想せず。
 FRB議長はその他メンバーと協調できる人に。」
ウェルズ・ファーゴの第3四半期1株利益は予想より弱い0.94ドル。
米消費者物価指数(9月)は市場予想より弱い前月比0.5%。
米消費者物価指数コア(9月)は市場予想より弱い前月比0.1%。
米小売売上高(9月)は市場予想より弱い前月比1.6%。
米10年債利回りは一時2.27%台へ下落。ドル売り反応。
ムニューシン米財務長官
「税制改革法案、12月上旬までの成立目指す。
 税制改革で米経済には1兆ドルのプラス効果が見込める。」
米ミシガン大学消費者信頼感指数速報(10月)は予想より強い101.1。
ドル買い反応。
フィッシャーFRB副議長(本日退任)
「更なるインフレを望む。減税は短期的には成長を引き上げる。
 ただ、財政赤字には影響。より多くの設備投資や消費の余地。
 金融規制緩和は大きな間違い。現段階では懸念。
 トランプ大統領はイエレン議長を再任すべき。」
報道
「トランプ大統領はイラン核合意認定しないが当面の離脱は否定。」
カーニー英中銀総裁
「英国は余剰生産能力を使い果たした。
 数ヵ月以内の利上げが適切かもしれない。
 英EU離脱は家計や企業の意思決定に重し。
 英中銀の政策がEU離脱に自動的に対処するわけではない。
 英中銀の対応はEU離脱の交渉次第。」
ドラギECB総裁
「基調インフレは最近上昇している。
 基調インフレはまだ信頼感がない。
 依然として大規模な緩和策が必要。」
コンスタンシオECB副総裁
「景気回復は期待を上回った。
 世界的なリフレは依然として見られない。
 ECBには量的緩和の残高とフローに関する公式な見解はない。
 個人的には量的緩和の残高は重要だと考えている。
 低インフレはECBのインフレ目標達成を困難させている。
 インフレ期待は抑制されている。ECBは緩和スタンスを維持。」
ユーロ売り反応。
英FT紙
「サウジアラムコがIPO棚上げを検討している。」
米10年債利回りは2.275%。原油先物11月限は51.45ドル。
NYダウは30.71ドル高の22871.72で取引を終える。最高値を更新。



<先週のドル円の概況>

先週のドル円は週初9日に112.59レベルで始まり小幅な揉み合いを経
た後に10日の東京時間序盤に週高値となる112.82へ上昇しましたが
その後に反落して、NY時間前半に111.98へ下落する展開になりまし
た。その後、反発して、112円台前半で揉み合いとなった後に11日の
NY時間後半に112.57へ反発しましたが、その後、再び反落して、揉
み合いながらも軟調傾向で推移して、13日のNY時間序盤に週安値と
なる111.68へ下落して、111.83レベルで週の取引を終えました。


<先週のユーロドルの概況>

先週のユーロドルは週初9日に1.1729レベルで始まり揉み合いながら
も堅調傾向で推移して、12日の東京時間後半に週高値となる1.1880へ
上昇しましたが、その後に反落して、揉み合いながらも軟調傾向で推
移して13日のNY時間序盤にかけて1.1805へ下落する展開になりま
した。その後、米経済指標の発表を受けて1.1875へ反発しましたが、
その後、再び反落して1.1821レベルで週の取引を終えました。




●今週(10月16日から10月20日)のドル・円・ユーロの注目点


<今週のドル円>

今週のドル円相場は、上昇した場合、まずは10日の安値111.98から
112.00の「00」ポイントを巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた
場合は13日の高値112.27、さらに上昇した場合は11日の高値112.57
ここを上抜けた場合10日の高値112.82、さらに上昇した場合113.00
の「00」ポイント、ここを上抜けた場合は6日の高値113.44を巡る攻
防が注目されます。
一方、下落した場合は、まずは13日の安値111.68を巡る攻防が注目
されます。ここを下抜けた場合は9月25日の安値111.47、さらに下落
した場合は9月20日の安値111.14、ここを下抜けた場合は111.00の
「00」ポイント、さらに下落した場合は8月31日の高値110.67、
ここを下抜けた場合は110.00の「000」ポイントを巡る攻防が注目さ
れます。


今週のドル円相場は経済指標では、16日の中国消費者物価指数と中国
生産者物価指数とNY連銀製造業景気指数、17日の米鉱工業生産と米
NAHB住宅市場指数と対米証券投資、18日の米住宅着工件数と米建設
許可件数と米地区連銀経済報告、19日の日通関ベース貿易収支と中国
第3四半期GDPと中国鉱工業生産と中国小売売上高と米新規失業保険
申請件数とフィラデルフィア連銀製造業景気指数と米景気先行指標総
合指数、20日の米中古住宅販売件数、などが注目されます。


先週のドル円は、警戒されていた北朝鮮のミサイル発射などの挑発行
動はありませんでしたが、株式市場の堅調とは裏腹に、週の始値と終
値では76Pips程の下落ながら、週足では5週間ぶりに陰線になりまし
た。

また、先週末の米消費者物価指数コアの前年比が5カ月連続で1.7%に
なりました。

さて今週ですが、米原子力空母ロナルド・レーガンも参加して米韓の
海軍による軍事演習も予定されていることで、18日から始まる中国共
産党第19回全国代表大会の前後の北朝鮮の挑発行動の有無が注目され
ますとともに、先週に低下傾向となった米10年債利回りの動向が注目
されます。また、今週末22日は衆議院選挙の投開票となりますが、世
論調査の動向も引き続き注目されます。



<今週のユーロドル>

今週のユーロドル相場は、上昇した場合、まずは13日の高値1.1875
から12日の高値1.1880を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた
場合は1.1900の「00」ポイント、さらに上昇した場合は9月25日の
高値1.1936、ここを上抜けた場合は9月22日の高値1.2004を巡る攻
防が注目されます。
一方、下落した場合は、まずは13日の安値1.1805から11日の安値
1.1795を巡る攻防が注目されます。ここを下抜けた場合は9日の安値
1.1719、さらに下落した場合は1.1700の「00」ポイント、ここを下抜
けた場合は6日の安値1.1669から8月17日の安値1.1662を巡る攻防
が注目されます。


今週のユーロドル相場は経済指標では、17日の独・欧ZEW景況感調
査と欧消費者物価指数確報、などが注目されますが、対ドル通貨ペア
として、16日の中国消費者物価指数と中国生産者物価指数とNY連銀
製造業景気指数、17日の米鉱工業生産と米NAHB住宅市場指数と対米
証券投資、18日の米住宅着工件数と米建設許可件数と米地区連銀経済
報告、19日の中国第3四半期GDPと中国鉱工業生産と中国小売売上
高と米新規失業保険申請件数とフィラデルフィア連銀製造業景気指数
と米景気先行指標総合指数、20日の米中古住宅販売件数、などが注目
されます。


先週のユーロドルは、週半ばにかけて堅調に推移しましたが、週後半
は上下動の相場展開になり、週の始値と終値では92Pips程の上昇とな
りました。

スペインのカタルーニャ自治州の独立を問う住民投票を巡り、スペイ
ン中央政府のラホイ首相はカタルーニャに16日までに独立宣言の有無
を明確するよう求めているとともに、仮に独立宣言をした場合、19日
までに宣言を撤回しなければ憲法に基づいて自治権を停止するなどの
強行措置に踏み切ると警告しました。

さて今週ですが、まずはスペインのカタルーニャ自治州の独立宣言問
題の行方が注目されまとともに、先週末13日に「ECBは資産購入を
現在の月600億ユーロから300億ユーロに購入ペースを縮小させ、少
なくとも9ヵ月間は続けることを検討。」との関係筋とする観測報道も
あったことで、来週26日に予定されているECB理事会に向けての市
場の思惑と動向が注目されます。




さて今回は、トレードと凡事のお話 その262 です。


前回からの続きのお話です。


投資苑で有名なアレキサンダー・エルダー博士が
トレードでは当たり前なことこそが大切として、
「投資苑3」の中でこう語っています。


「相場には秘密があります。
 秘密がないということが秘密なのです。」


相場やトレードで秘密ではない「当たり前なこと」とは
いったいぜんたい何なのでしょうか…。


今回は「トレードと凡事」その第二百六十二話です。


それでは、はじまり、はじまり〜。^^



『おい、ジイさん。先週は懸念されていた北朝鮮のミサイル発射等の
 挑発行動はなかったが、ドル円は揉み合いながらも軟調傾向で推移
 して、週足では5週間ぶりに陰線となったよな…。』


「ふむ。そうであったのう…。溜口剛太郎殿。
 まぁ、週間での下げ幅はさほど大きくはなかったが…、
 週末の米CPIや小売売上高も市場予想より弱い結果となったのう。」


『で…、先週の北朝鮮は主要各国の制裁が効いているのか、
 不気味なくらい静かだったが…、今週はどうなんだろうな…。』


「ふむ。確かな事は判らぬが…、米原子力空母ロナルド・レーガンも
 参加して米韓の軍事演習も16日から20日まで予定されていること
 もあり、18日から始まる中国共産党第19回全国代表大会の前後は
 北朝鮮の挑発行動に警戒しておいた方がよいのではなかろうか…。」


『もしかすると、静かにしていた分、グアム沖へのミサイル発射など
 何か大きな挑発行動を目論んでいるのかもしれないよな…。
 さてところで…、ジイさん。今日は何のお話だい?』


「ふむ。そうじゃのう…。今日は風邪気味で体調が良くないのじゃが
 『良くない状況排除のお話』でもさせてもらうとしようかのう…。」


『「良くない状況排除のお話」とは、もちろん相場の事と思うが…、
 季節も変わり目でジイさんのような年寄りは体調に気を付けなよ。
 宜しい。「良くない状況排除の話」を聞いてやろうじゃないか…。』


「健康のためには体調に良くない事も排除する必要があろうのう…。
 ところで…、どんな相場でもトレードできる事は理想ではあるが、
 現実にはそうは出来なく、良いトレード・チャンスとタイミングを
 探す必要があるものなのじゃのう…。溜口剛太郎殿。」


『あははっ。そんなの言われるまでもない当然のことだろうよ…。』


「トレーダーも血気盛んな時には、低ボラ相場では逆張りスキャルを
 そして、大相場ではトレンドの全幅を取るトレンド・フォローを
 目指したいと、まるで『相場の神』のようなトレードを夢見るもの
 じゃが…、実際に相場の神になれるトレーダーはほぼ皆無に近く、
 現実は、自身の得意な相場を学習と経験で徐々に拡大しつつ、
 自身にとって『良いトレード・チャンス』を探すとともに、
 自身にとって『良くない相場状況を排除』することが必要となる、
 ものなのじゃのう…。溜口剛太郎殿。」


『まぁな…。トレードの経験も積んでくれば、野球で言うなら、
 投手が毎試合完封を目指したり、打率10割を目指すようなことは、
 幼き少年の夢想に過ぎないことは身に染みてわかるものだぜ…。』


「世の中にはいろいろなトレード手法があり、一概には言えぬが…、
 もしやすると、『良いトレード・チャンスとなる相場状況』よりも、
 『トレードに良くない相場状況』の方がむしろ多いくらいで…、
 そういった意味では、『良くない相場状況を排除』することは、
 じつは、『良いトレード・チャンスを探す』ことともに、
 重要なスキル(技術)となるものなのじゃのう…。溜口剛太郎殿。」


『……。』


「相場は上がるか下がるかの二択と言われることがあるが、
 『不明』という状況も確かに存在しているものなのじゃのう…。
 よく『休むも相場』と言われるが…、優れたトレーダーと、
 そうではないトレーダーの大きな違いの1つには、もしやすると
 『良くない状況排除』のスキルの違いがあるのではあるまいか…。」


『優れたトレーダーは「良いトレード・チャンスを探す」ことに
 長けているだけではなく、「トレードに良くない状況を排除」して
 言わば休むべき時は「技術的に能動で休んでいる」ということか。
 のべつ幕なしトレード・チャンスだけを血眼になって探している、
 ワケではないんだと…。そういうことかい? ジイさん。』


「まぁ、そこまで言ってよいやらわからぬが…、優れたトレーダーは
 負けトレードを減らす為に『良くない状況を排除』して、休む事も
 技術として心得ているのではあるまいかのう…。溜口剛太郎殿。」




なーんちゃって。

またまたお話が長くなりました。 m(_ _)m


ではまた来週。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

FX情報をもっと見る
過去ログ
2019年09月(3)
2019年08月(3)
2019年07月(4)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(3)
2019年03月(5)
2019年02月(4)
2019年01月(4)
2018年12月(4)
2018年11月(4)
2018年10月(4)
2018年09月(5)
2018年08月(3)
2018年07月(5)
2018年06月(4)
2018年05月(4)
2018年04月(4)
2018年03月(4)
2018年02月(4)
2018年01月(4)
2017年12月(4)
2017年11月(4)
2017年10月(5)
2017年09月(4)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(4)
2017年05月(4)
2017年04月(4)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(4)
2016年12月(4)
2016年11月(4)
2016年10月(5)
2016年09月(4)
2016年08月(2)
2016年07月(5)
2016年06月(4)
2016年05月(4)
2016年04月(4)
2016年03月(4)
2016年02月(4)
2016年01月(5)
2015年12月(3)
2015年11月(4)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(4)
2015年07月(4)
2015年06月(4)
2015年05月(4)
2015年04月(4)
2015年03月(4)
2015年02月(4)
2015年01月(3)
2014年12月(3)
2014年11月(4)
2014年10月(4)
2014年09月(4)
2014年08月(4)
2014年07月(4)
2014年06月(4)
2014年05月(3)
2014年04月(4)
2014年03月(4)
2014年02月(4)
2014年01月(4)
2013年12月(3)
2013年11月(4)
2013年10月(4)
2013年09月(5)
2013年08月(3)
2013年07月(4)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(4)
2013年01月(4)
2012年12月(4)
2012年11月(3)
2012年10月(4)
2012年09月(5)
2012年08月(3)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(5)
2012年03月(4)
2012年02月(4)
2012年01月(4)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(5)
2011年09月(4)
2011年08月(3)
2011年07月(5)
2011年06月(4)