FX トレードと凡事のお話 その252


先週は米FOMC声明の発表の後にドルが売られる展開になりました。
今週も豪・英の政策金利と米雇用統計などイベントが目白押しです。


●今週(7月31日から8月4日)の主な予定

<7月31日(月)>

朝7時45分にNZ住宅建設許可件数(6月)、
朝8時50分に日鉱工業生産速報(6月)、
午前10時にANZ企業景況感(7月)、
同午前10時に中国製造業PMI(7月)、中国非製造業PMI(7月)、
午後2時に日新設住宅着工戸数(6月)、
午後3時に独小売売上高指数(6月)、
午後5時半に英消費者信用残高(6月)、
午後6時に欧消費者物価指数速報(7月)、欧失業率(6月)、
夜9時半に加鉱工業製品価格(6月)、加原料価格指数(6月)、
夜10時45分に米シカゴ購買部協会景気指数(7月)、
夜11時に米中古住宅販売成約(6月)、
などが予定されています。
NZ・日・中国・独・欧・米の指標には注目です。


<8月1日(火)>

※ スイスが建国記念日で休場。

午前10時45分に中国財新製造業PMI(7月)、
午後1時半に豪RBA政策金利、豪RBA声明、
午後4時半にスイスSVME購買部協会景気指数(7月)、
午後4時50分に仏製造業PMI改定値(7月)、
午後4時55分に独製造業PMI改定値(7月)、
同午後4時55分に独失業者数(7月)、独失業率(7月)、
午後5時に欧製造業PMI改定値(7月)、
午後5時半に英製造業PMI(7月)、
午後6時に欧第2四半期GDP速報、
夜9時半に米個人所得(6月)、米個人消費支出(6月)、
同夜9時半に米コアPCEデフレータ(6月)、
夜11時に米ISM製造業景況指数(7月)、米建設支出(6月)、
などが予定されています。
中国・豪・独・英・欧・米の指標には注目です。


<8月2日(水)>

朝7時45分にNZ第2四半期就業者数、NZ第2四半期失業率、
午前10時半に豪住宅建設許可件数(6月)、
午後2時に日消費者態度指数(7月)、
午後2時45分にスイスSECO消費者信頼感指数(7月)、
午後4時15分にスイス実質小売売上高(6月)、
午後4時半にスイス製造業PMI(7月)、
午後5時半に英建設業PMI(7月)、
午後6時に欧生産者物価指数(6月)、
午後8時に米MBA住宅ローン申請指数、
夜9時15分に米ADP雇用統計(7月)、
などが予定されています。
NZ・豪・英・欧・米の指標には注目です。


<8月3日(木)>

午前10時半に豪貿易収支(6月)、
午前10時45分に中国財新サービス業PMI(7月)、
午後4時50分に仏サービス業PMI改定値(7月)、
午後4時55分に独サービス業PMI改定値(7月)、
午後5時に欧サービス業PMI改定値(7月)、欧ECB月報、
午後5時半に英サービス業PMI(7月)、
午後6時に欧小売売上高(6月)、
午後8時に英BOE政策金利、英BOE資産買取プログラム規模、
同午後8時に英BOE四半期インフレレポート、英BOE議事録、
午後8時半に米チャレンジャー人員削減予定数(7月)、
夜9時半に米新規失業保険申請件数、
夜11時に米ISM非製造業景況指数(7月)、米製造業新規受注(6月)、
などが予定されています。
豪・欧・英・米の指標には注目です。


<8月4日(金)>

午前10時半に豪小売売上高(6月)、豪RBA四半期金融政策報告、
午後3時に独製造業新規受注(6月)、
夜9時半に米非農業部門雇用者数(7月)、米失業率(7月)、
同夜9時半に米平均時給(7月)、米貿易収支(6月)、
同夜9時半に加新規雇用者数(7月)、加失業率(7月)、
同夜9時半に加貿易収支(6月)、
夜11時に加Ivey購買部景況指数(7月)、
などが予定されてます。
豪・独・米・加の指標には注目です。



欧州などの国債入札予定時間につきましては
http://jp.investing.com/economic-calendar/
が参考になります。



■先週(7月24日から28日)の主な出来事や要人発言


先週は、ドルインデックスが93.65で始まり、94.12へ反発した後に
軟調傾向で推移して93.20で週の終値になりました。
米10年債利回りは週レベルで2.289%に上昇しました。
NY原油先物(WTI)9月限は週レベルで49.71ドルへ上昇しました。
NYダウは週間250.24ドル上昇、21830.31ドルで週の取引を終える。


<7月24日(月)>

報道(日経)
「安倍内閣支持率が39%に低下。不支持率52%。」
オセアニア時間に米10年債利回りが2.23%台へ低下。
オセアニア時間から東京時間序盤にドル円が111円台を割り込む。
日経平均は126.08円安で寄り付き124.08円安の19975.67で大引け。
ホワイトハウス
「トランプ大統領がヘルスケアに関する声明を本日行う予定。」
IMF四半期世界経済見通し
「世界経済成長率見通しについて、2017年3.5%、
 18年3.6%に据え置き。
 米経済成長率見通しについて、2017年2.1%、
 18年2.1%に据え置き。
 中国経済成長率見通しについて、2017年6.7%、
 18年6.4%に据え置き。
 世界経済のリスクは中期的にまだ下向き。
 英国の経済成長率見通しについて、 2017年1.7% (下方修正)」
東京時間終盤に米10年債利回りが一時2.24%台へ反発。
報道
「中国北京で18年ぶりに数千人規模の大規模デモ。」
ロンドン時間に独10年債利回りが一時0.48%台へ低下。
ロイター通信
「クシュナー大統領上級顧問は、議会委員会の宛てた
 24日付の声明でロシアとの共謀を否定。
 秘密の連絡ルートも要求していないと述べた。」
ブルームバーグ
「ドイツ銀行が3000億ユーロ規模の資産をロンドンから
 フランクフルトへ移転を計画している。
 2018年9月から実施し、2019年3月には完了する計画。」
NY時間に米10年債利回りが2.25%台へ反発。原油先物は46ドル台。
米国立ハリケーンセンター
「米太平洋岸で発生している熱帯暴風雨ヒラリーが
 ハリケーンに発達した。」
スイス中銀総裁
「スイスフランは過大評価。マイナス金利や介入の方針は維持。
 必要ならバランスシートを調整する余裕がある。」
フィッチ
「カナダの格付けのAAAを確認。見通しも安定的。
 2017年の成長見通しは2.5%を見込む。
 2019年までには1.6%に鈍化する。」
報道
「OPECと非加盟の主要産油国は
 1月から実施中の協調減産の追加策を決定。」
報道
「ギリシャが3年ぶりに国債発行。」
NYダウは66ドル安で取引を終える。NASDAQは史上最高値を更新。


<7月25日(火)>

日銀金融政策決定会合議事要旨
「予想物価上昇率は弱含みの局面が続いている。
 景気は緩やかな拡大に転じつつある。
 物価2%目標に向けたモメンタム、維持されているが力強さ欠ける。
 個人消費は、雇用・所得環境の着実な改善を背景に、
 底堅く推移している。
 物価2%の目標にはなお距離があり強力な金融緩和推進が必要。
 主要先進国が同じ物価上昇率を目指すことは、
 長い目でみると為替レートの安定につながる。
 2%の物価安定目標の実現は日本経済にとって極めて重要。」
日経平均は3.89円高で寄り付き20.47円安で大引け。
米10年債利回りは2.25%台で推移。
NZ第一次産業省
「畜牛14頭がマイコプラズマ感染症、150頭が感染を示唆。
 当該地区で家畜の移動禁止措置が取られている。」
メルシュECB理事
「世界経済の回復は安定し、すそ野を広げつつある。
 ECBの金融緩和策はなお必要とされている。
 ユーロ圏の経済成長見通しはリスクは上向きになっている可能性。
 基調インフレ率は徐々に上昇していく。
 ヘッドラインインフレについてはネルギー価格の低下が頭を抑制。
 賃金の伸びを含むコスト圧力はなお抑制されている。」
鈴木・新日銀審議委員(就任会見)
「物価めぐる環境は徐々に改善していく。
 重たい使命、誠心誠意頑張る。銀行員としての経験役立てる。
 デフレマインドからの脱却に想定以上の時間。」
片岡・新日銀審議委員(就任会見)
「なんとしても2%物価目標達成したい。
 足元の経済環境の改善は日銀金融政策の成果。
 金融政策を通じて物価目標達成に向けて努力。」
トランプ米大統領
「EUは米国に対して非常に保護主義的だ。」
NY時間に米10年債利回りが2.32%台へ上昇。
独10年債利回りが0.56%台へ上昇。原油先物は47ドル台。
オーストリア中銀総裁
「量的緩和終了の期限設定は必要ない。
 FRBも日程を示すことなく量的緩和の拡大ペース縮小を実施。
 アクセルをゆっくりと離していくのが賢明。
 秋に入手できる2018年の経済見通しを確認して判断するが、
 時期ではなく、どのように続けるかが重要。」
米2年債の入札では最高落札利回り1.395%、応札倍率3.06倍。
ワシントンポスト
「トランプ大統領がセッションズ司法長官の解任を検討している。」
報道
「ヘルスケア法案審議の動議が上院で可決。
 現行のオバマケアの廃止だけを目指す審議が開始へ。」
NYダウは100ドル高で取引を終える。4日ぶり反発。
NASDAQとS&Pは高値を更新。


<7月26日(水)>

オセアニア時間に米10年債利回りが一時2.33%台へ上昇。
原油先物は48ドル台へ上昇。
トランプ米大統領
「イエレン議長もコーン委員長も次期FRB議長の最有力候補。」
日経平均は142.94円高で寄り付き94.96円高の20050.16で大引け。
豪RBA総裁(講演テキスト)
「一部中央銀行が金利を上げ始めたことが、
 豪州での利上げを自動的に意味するものではない。
 他の中銀と足並みをそれえることはない。
 消費者物価指数2%は予想範囲。現状の賃金上昇傾向は当面続く。
 電力価格の上昇が第3四半期の消費者物価指数を押し上げる。
 電力価格の上昇がビジネスコストにつながることが懸念される。
 労働市場は極めて良い。低い政策金利が豪経済を助ける。
 低い政策金利は住宅市場へ価格上昇圧力に。
 多くの雇用を呼ぶ現状の政策は好ましい。
 豪ドルの水準がもう少し低いとよりよい。」
中曽日銀副総裁
「見通し期間後半に物価押し上げ圧力が高まる。
 物価上昇モメンタムはしっかり維持されている。
 出来るだけ早期の目標達成が必要。
 個別株式銘柄に偏った影響ないに工夫。
 無担保コール市場はある程度市場規模保っている。
 国債市場の流動性、昨日はひどく低下していない。」
ムニューシン米財務長官
「現在の債務上限でも9月一杯までは政府の運営を担保できる。
 債務上限をそのままにしておくことはコスト。
 債務上限に対する不確実性は市場に負担。
 成長が脆弱であれば経済を担保し続けることはできない。
 財政均衡は非常に重要。」
米5年債の入札では最高落札利回り1.884%、応札倍率2.58倍。
オーストリア中銀総裁
「ユーロ圏の景気は改善したがインフレは抑制。
 ECBはデフレリスクを考慮した政策を見直さなければならない。
 マイナス金利の歪みはリスク。
 量的緩和終了の技術的な側面を協議する必要。
FOMC声明
「バランスシートの正常化を比較的近い時期に開始。
 インフレは総合、コアとも鈍化し、2%下回る水準で推移。
 雇用は堅調。失業率は低下。
 インフレは短期的に2%を幾分下回る水準で推移を再表明。
 個人消費や設備投資は拡大。
 インフレの動向を注意深く見ることを再表明。
 経済は緩やかな利上げを正当化。投票は全会一致。」
米10年債利回りは2.28%台へ低下。ドル売り反応。
NYダウは97ドル高で取引を終える。史上最高値を更新。
NASDAQとS&Pも高値を更新。


<7月27日(木)>

日経平均は23.58円安で寄り付き29.48円高の20079.64で大引け。
IMFの米国年次経済調査
「米国の労働市場は完全雇用の状態。その中で賃金上昇は緩慢。
 景気の勢いは一時的に鈍化も、その後は上昇に向かった。
 インフレ(PCE)は向こう1年から1年半で2%超に上昇。」
NY時間に米10年債利回りが2.32%台へ上昇。
英金融行動監視機構(FCA)
「英LIBORを、2021年までに廃止する方針。
 廃止後は、より信頼性の高い基準金利に移行する予定。」
プーチン露大統領
「(米下院による対ロシア制裁法案可決について)
 米法の最終的な内容に応じて対応。
 いずれかの時点で米制裁に対応する必要。
 ロシアへの無礼な姿勢は永遠に許容できない。
 ロシアはトランプ氏を大統領として評価する立場にない。」
ムニューシン米財務長官(議会証言)
「インフラ整備計画を近くまとめる。年後半にも支出を検討したい。」
米7年債の入札では最高落札利回り2.126%、応札倍率2.54倍。
報道
「トランプ米政権と与党共和党は法人税の国境調整の導入を見送る。」
JPモルガンのストラテジスト
「過去最低水準のボラティリティーは
 転機が非常に近い可能性を示唆している。」
米経済誌フォーブス
「米アマゾン創業者のJ・ベゾスCEOが世界一の富豪に。」
原油先物は49ドル台へ上昇。
NYダウは85ドル高で取引を終える。史上最高値更新。
NASDAQはハイテク株が売られ反落。


<7月28日(金)>

報道
「米下院はトランプ大統領が要請している国防費増強やク
 リーンエネルギー計画縮小、米国とメキシコ国境での壁建設の予算
 を盛り込んだ総額7880億ドルの歳出法案を可決。
 上院では否決の可能性も。」
ムニューシン米財務長官
「為替操作国と認定された場合、口先だけではなく、
 実際の影響を及ぼす力が必要で、議員が提案している為替操作を
 相殺するための為替介入の法制化は可能性の一つかもしれない。
 ただ、相殺するには規模がかなり巨額になる可能性があるため、
 それを義務付けられることは望んでいない。」
日経平均は31.18円安で寄り付き119.80円安の19959.84で大引け
ロンドン時間に独10年債利回りが一時0.58%台へ上昇。
米10年債利回りが一時2.33%台へ上昇。
米第2四半期GDP速報は予想より弱い2.6%。(予想が上方修正)
報道
「米共和党の指導部が提出したオバマケア撤廃案が
 米上院で共和党議員の造反もあって否決される。」
海上保安庁
「北朝鮮からミサイルが発射され日本周辺海域に着水した可能性。」
米国防総省
「北朝鮮が発射したミサイルは大陸間弾道ミサイル(ICBM)。
 飛行距離は約1000キロで日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下。」
ミネアポリス連銀総裁
「労働市場は依然として強い。インフレの兆候は小さい。
 インフレは目標を下回る水準での推移が続いている。
 バランスシートは緩やかな縮小を望む。」
報道
「米韓、北への軍事対抗措置を検討、異例の声明。」
米10年債利回りは2.289%。原油先物は49.71ドル。
NYダウは33ドル高の21830.31ドルで取引終える。史上最高値更新。



<先週のドル円の概況>

先週のドル円は、週初24日に111.11レベルで始まり、ロンドン時間
にかけて110.62へ下落する展開になりました。その後、切り返して、
揉み合いながらも堅調に推移して26日深夜のFOMC発表直後に週高
値となる112.19へ上昇しましたが、その後、反落して、27日の東京時
間の正午過ぎに110.78へ下落する展開になりました。その後、切り返
してNY時間のロンドンフィックス過ぎに111.71へ反発しましたが、
その後、再び反落して、揉み合いながらも軟調傾向で推移して、28日
のNY時間終盤にかけて週安値となる110.55へ下落して110.67レベル
で週の取引を終えました。


<先週のユーロドルの概況>

先週のユーロドルは、週初24日に1.1667レベルで始まり、1.16台で
の揉み合いが続きましたが、25日のNY時間前半にかけて1.1712へ
上昇する展開になりました。その後、反落して、26日のロンドン時間
序盤にかけて週安値となる1.1612へ下落しましたが、その後、揉み合
いながらも切り返して、26日深夜のFOMCの発表後に上伸して27日
の東京時間の正午過ぎに週高値となる1.1776へ上昇する展開になりま
した。その後、反落して、27日のNY時間のロンドンフィックス過ぎ
に1.1650へ下押しましたが、その後、反発して、28日のロンドンフィ
ックスにかけて1.1764へ上昇して1.1752レベルで週の取引を終えま
した。




●今週(7月31日から8月4日)のドル・円・ユーロの注目点


<今週のドル円>

今週のドル円相場は、上昇した場合、まずは111.00の「00」ポイント
を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は27日のロンドンフ
ィックス過ぎの戻り高値111.71、さらに上昇した場合112.00の「00」
ポイント、ここを上抜けた場合は26日深夜のFOMC発表直後の高値
112.19、ここを上抜けた場合は20日の高値112.41を巡る攻防が注目
されます。
一方、下落した場合、まずは先週安値の110.55を巡る攻防が注目され
ます。ここを下抜けた場合は5月18日の安値110.23、さらに下落した
場合は110.00の「000」ポイント、ここを下抜けた場合は6月15日の
安値109.27から6月7日安値の109.11、さらに下落した場合109.00
の「00」ポイント。ここを下抜けた場合は6月14日の安値108.82を
巡る攻防が注目されます。


今週のドル円相場は経済指標では、31日の日鉱工業生産速報と中国製
造業PMIと中国非製造業PMIと米シカゴ購買部協会景気指数と米中古
住宅販売成約、8月1日の中国財新製造業PMIと米個人消費支出と米
コアPCEデフレータと米ISM製造業景況指数、2日の米ADP雇用統
計、3日の米新規失業保険申請件数と米ISM非製造業景況指数と米製
造業新規受注、4日の米非農業部門雇用者数と米失業率と米平均時給と
米貿易収支、などが注目されます。


先週は、米FOMC声明の発表後、バランスシートの正常化を比較的近
い時期に開始するとするも、米国のインフレ鈍化懸念を背景に利上げ
観測が後退してドルが売られ、ドル円は米国の国境税の導入見送りと
米上院でのオバマケア撤廃案の否決による財源懸念による米減税観測
の後退も背景に軟調に推移して110円台半ばへ下落する展開になりま
した。

今週も米コアPCEデフレータや米ISM、そして週末には米雇用統計と
イベントが目白押しでその結果次第ではありますが、ドル円は週足レ
ベルでは高値を切り下げ安値は切り上げる揉み合いながら、戻りは売
られる可能性がありそうです。

朝鮮が28日夜に発射したICBMに対して米韓が反発を強めているよ
うで、米国人滞在者もいるとともに、中国が「緊張した情勢をさらに
激化させないよう願う。」との声明を発していることから、すぐに軍事
行動にまでは至らないと思われますが、週初、まずは北朝鮮のICBM
発射問題に対する市場反応が注目されます。

また、日米の政府内の混乱も注目されますとともに、史上最高値を更
新し続けているNYダウではありますが、JPモルガンのクオンツ・ス
トラテジストが「過去最低水準のボラティリティーは転機が非常に近
い可能性を示唆している。」と発表していることもあり、株価の動向に
も留意していきたいものです。



<今週のユーロドル>

今週のユーロドル相場は、上昇した場合、まずは先週高値の1.1776を
巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合はここを上抜けた場合
1.1800の「00」ポイント、さらに上昇した場合は2015年1月第3週
の高値1.1871、ここを上抜けた場合は1.1900の「00」ポイントを巡る
攻防が注目されます。
一方、下落した場合、まずは25日の高値1.1712を巡る攻防が注目さ
れます。ここを下抜けた場合は1.1700の「00」ポイント、さらに下落
した場合は27日安値1.1650、ここを下抜けた場合は先週安値1.1612
から1.1600の「00」ポイントを巡る攻防が注目されます。


今週のユーロドル相場は経済指標では、31日の独小売売上高指数と欧
消費者物価指数速報と欧失業率、8月1日の独失業者数と独失業率と
欧第2四半期GDP速報、2日の欧生産者物価指数、3日の欧小売売上
高、4日の独製造業新規受注、などが注目されますが、対ドル通貨ペア
として、31日の中国製造業PMIと中国非製造業PMIと米シカゴ購買
部協会景気指数と米中古住宅販売成約、8月1日の中国財新製造業PMI
と米個人消費支出と米コアPCEデフレータと米ISM製造業景況指数、
2日の米ADP雇用統計、3日の米新規失業保険申請件数と米ISM非製
造業景況指数と米製造業新規受注、4日の米非農業部門雇用者数と米失
業率と米平均時給と米貿易収支、などが注目されます。


20日のドラギECB総裁の会見で「ECB理事会は秋に(緩和縮小の)議論
を始める。」ことが示されて以来、ユーロドルは1.16台を割り込むこと
なく堅調傾向で推移して、先週は米FOMC声明の発表後にドル売りを
背景に2015年8月の第5週の高値1.1713も上抜けて、その後に一時
1.17台を割り込み押しとなる場面はあるも、1.17台半ばへと上昇する
展開になりました。

緩和縮小開始を前にしたユーロの上昇が回復しつつある欧州の消費者
物価指数の重しとなることから、ユーロ高牽制の不測の欧州要人発言
には引き続き注意が要りますとともに、25日付のIMM通貨先物での
ユーロ買い越しが90842枚にもなっていることも警戒はされますが、
そして、米コアPCEデフレータや米ISMや米雇用統計など米重要経済
指標の結果次第ながらも、押し目は買われる可能性がありそうです。
ただ、深めの調整の動きにも注意していきたいものです。




さて今回は、トレードと凡事のお話 その252 です。


前回からの続きのお話です。


投資苑で有名なアレキサンダー・エルダー博士が
トレードでは当たり前なことこそが大切として、
「投資苑3」の中でこう語っています。


「相場には秘密があります。
 秘密がないということが秘密なのです。」


相場やトレードで秘密ではない「当たり前なこと」とは
いったいぜんたい何なのでしょうか…。


今回は「トレードと凡事」その第二百五十二話です。


それでは、はじまり、はじまり〜。^^



『おい、ジイさん。先週は米FOMCや米第2四半期GDP速報など
 重要イベントがあったが、ドルが売られる展開になったな…。』


「ふむ。そうであったのう…。溜口剛太郎殿。
 FOMC声明では『バランスシート正常化を比較的近い時期に開始』
 として、9月の資産縮小開始の示唆がされたが、その一方で、
 『インフレは総合、コアとも鈍化し、2%下回る水準で推移。
  インフレは短期的に2%を幾分下回る水準で推移を再表明。
  インフレの動向を注意深く見ることを再表明。』したことによる
 米のインフレ鈍化懸念と、そして、米国の国境税の導入見送りと
 米上院でのオバマケア撤廃案の否決による財源懸念による
 米減税観測の後退も背景にドルが売られる展開になったのう…。」


『ユーロドルやポンドドルはFOMCでのドル売りによる上昇後に
 一旦は調整となったけど、その後は再び上昇して…、
 そして一方、ドル円も110円台半ばへ下落する展開になったよな。』


「ふむ…。米第2四半期GDP速報も事前の市場予想の中央値が
 上方修正されていたことで、前期比年率2.6%の伸び率ではあったが
 ドルが売られることになったからのう…。溜口剛太郎殿。」


『今週はどんな相場展開になるのかねぇ…。ジイさん。』


「ドル安基調がまだ続く可能性はあろうが…、ドル売りには過熱感も
 観られていることから調整の動きには注意が必要ではあろうのう。
 また、北朝鮮のICBM発射問題に対する米韓の反発が強まっている
 ことから、週初、まずは同問題に対する市場反応が注目されよう。
 そして、今週も米コアPCEデフレータや米ISMや米雇用統計など
 米重要経済指標が目白押しで、それらの結果次第でボラタイルな
 相場展開になるのではなかろうかのう…。」


『今週は8月3日が英国の重要経済指標のスーパー・サースデーで
 ポンドもボラティリティが高まりそうだしな…。』


「また、今週末あたりから夏休み入りする欧米勢も多くなることで、
 手仕舞いの動きにも留意が必要であろうのう…。そして、8月は
 月足ベースで豪ドル米ドルが下落することが極めて多いという
 アノマリーのある特異月で、オージーの動きも注目されるのう…。」


『へぇ、オージーにはそんな8月のアノマリーがあるのか…。
 さてところで…、ジイさん。今日は何のお話だい?』


「ふむ。そうじゃのう…。今日は『リスクの報酬のお話』でも
 させてもらうとしようかのう…。溜口剛太郎殿。」


『よろしい。まぁ、聞いてやろうじゃないか。ジイさん。』


「トレードでも『リスクを取る』と言われているように…、
 もちろんこれは、リスクを除去するなどという意味ではなく、
 リスク・テイクで積極的にリスクに臨んでいく事を意味するが…、
 リスクを取るという事は、これはまた、不確実性に臨むという事で
 トレード及び投機や投資による報酬は『不確実性に挑戦した報酬』
 ということでもあるのじゃのう…。溜口剛太郎殿。」


『うん。「虎穴に入らずんば虎子を得ず」という言葉があるが…、
 これを英訳すると、冒険なくば勝利も得られないという意味の
 「Nothing venture、nothing win (gain).」となるらしいからな…。』


「ただ、リスク・テイクが無謀な冒険とならないように、
 負けとなる可能性は容認しつつも、トレードの学習を重ねて
 相場の環境認識と手法による確率的思考と、自身に勝つ規律で
 トータル収支で勝ちを目指せるようにならなくてはならないが、
 不確実性が相場の本質であるゆえ、確実性は求められなく、
 『勇気や英断もまた必要な事』なのじゃのう…。溜口剛太郎殿。」


『絶対的な法則の執行ではないから、まぁ、そうなんだろうな…。』


「石橋を叩いて渡らずの安全第一主義を志向するのであれば
 投機や投資はしない方が良いが、これでは現状に埋没してしまい、
 より大きな利得の可能性もまたないわけで…、
 為替や株のトレードに限らず、例えばタイムマシンビジネスとして
 かつての日本の高度経済成長期にも似たバングラディッシュなどの
 アジア新興国における不動産投資も、また仮想通貨市場への参入も
 『なんかよく分からない…。』という時期こそ、先行利得を目指す
 参入の好機という場合もあるものなのじゃのう…。」


『よく分からないものに対して扉を開け一歩を踏み出すには、
 勇気が要ることだが、立ち止まってばかりいれば現状打破はできず
 どの分野にせよ、成功者は失敗しつつも初めの一歩を人に先んじ
 踏み出した者であろうからな…。そういう意味では、
 失敗となった場合にも致命的とならない範囲で資金の一部を
 アジア新興国における不動産投資や仮想通貨市場へ投入して
 初めの一歩として踏み出してみることも良いのかもしれないな…。』


「まぁ、仮想通貨も揺籃期で今後は淘汰や分岐を迎える可能性があり
 また、実際に世の中で使えない仮想通貨はおもちゃのお金で終わる
 可能性もあることから、学習して知見を得る必要はあろうが…、
 大手企業の一部も既に参入をしはじめていて興味深い分野ゆえ、
 資金の一部を投入してみる価値はあると思われるがのう…。」


『扉を開け踏み出し初めて見える事や分かる事もあるだろうからな。
 ともあれ、トレードにも投資にも、ときに勇気は必要なようだな。』




なーんちゃって。

またまたお話が長くなりました。 m(_ _)m


ではまた来週。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX情報をもっと見る
過去ログ
2019年09月(3)
2019年08月(3)
2019年07月(4)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(3)
2019年03月(5)
2019年02月(4)
2019年01月(4)
2018年12月(4)
2018年11月(4)
2018年10月(4)
2018年09月(5)
2018年08月(3)
2018年07月(5)
2018年06月(4)
2018年05月(4)
2018年04月(4)
2018年03月(4)
2018年02月(4)
2018年01月(4)
2017年12月(4)
2017年11月(4)
2017年10月(5)
2017年09月(4)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(4)
2017年05月(4)
2017年04月(4)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(4)
2016年12月(4)
2016年11月(4)
2016年10月(5)
2016年09月(4)
2016年08月(2)
2016年07月(5)
2016年06月(4)
2016年05月(4)
2016年04月(4)
2016年03月(4)
2016年02月(4)
2016年01月(5)
2015年12月(3)
2015年11月(4)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(4)
2015年07月(4)
2015年06月(4)
2015年05月(4)
2015年04月(4)
2015年03月(4)
2015年02月(4)
2015年01月(3)
2014年12月(3)
2014年11月(4)
2014年10月(4)
2014年09月(4)
2014年08月(4)
2014年07月(4)
2014年06月(4)
2014年05月(3)
2014年04月(4)
2014年03月(4)
2014年02月(4)
2014年01月(4)
2013年12月(3)
2013年11月(4)
2013年10月(4)
2013年09月(5)
2013年08月(3)
2013年07月(4)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(4)
2013年01月(4)
2012年12月(4)
2012年11月(3)
2012年10月(4)
2012年09月(5)
2012年08月(3)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(5)
2012年03月(4)
2012年02月(4)
2012年01月(4)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(5)
2011年09月(4)
2011年08月(3)
2011年07月(5)
2011年06月(4)