FX トレードと凡事のお話 その249


G20では自由貿易の重要性で一致し保護主義と闘いを続けるとするも
対北朝鮮問題では結束できず、パリ協定は19カ国合意となりました。


●今週(7月10日から14日)の主な予定

<7月10日(月)>

朝8時50分に日国際貿易収支(5月)、日国際経常収支(5月)、
同朝8時50分に日機械受注(5月)、
午前9時半から黒田日銀総裁の発言、
午前10時半に中国消費者物価指数(6月)、中国生産者物価指数(6月)、
午後2時に日景気現状判断DI(6月)、日景気先行き判断DI(6月)、
午後3時に独貿易収支(5月)、独経常収支(5月)、
夜11時に米LMCI労働市場情勢指数(6月)、
深夜4時に米消費者信用残高(5月)、
などが予定されています。
日・中国・米の指標には注目です。
そして、ユーロ圏財務相会合も予定されています。


<7月11日(火)>

朝8時01分に英BRC小売売上高調査(6月)、
午前10時半に豪NAB企業景況感(6月)、豪住宅ローン件数(5月)、
夜9時15分に加住宅着工件数(6月)、
夜11時に米卸売売上高(5月)、米卸売在庫(5月)、
などが予定されています。
そして、EU財務相理事会も予定されています。


<7月12日(水)>

朝8時50分に日国内企業物価指数(6月)、
午後1時半に日第三次産業活動指数(5月)、
午後3時に独卸売物価指数(6月)、
午後5時半に英失業者数(6月)、英失業率(6月)、英ILO失業率(5月)、
午後6時に欧鉱工業生産(5月)、
午後8時に米MBA住宅ローン申請指数、
夜11時に加BOC政策金利、加BOC声明、
同夜11時からイエレンFRB議長の下院金融委員会での証言、
深夜3時に米地区連銀経済報告(ベージュブック)、
などが予定されています。
英・欧・加の指標および米地区連銀経済報告と
イエレンFRB議長の下院金融委員会での証言には注目です。


<7月13日(木)>

朝8時01分に英RICS住宅価格指数(6月)、
(時間未定) 中国貿易収支(6月)、
午後3時に独消費者物価指数改定値(6月)、
午後3時45分に仏消費者物価指数改定値(6月)、
午後4時15分にスイス生産者輸入価格(6月)、
夜9時半に米生産者物価指数(6月)、米生産者物価指数コア(6月)、
同夜9時半に米新規失業保険申請件数、
同夜9時半に加新築住宅価格指数(5月)、
夜11時からイエレンFRB議長の上院銀行委員会での証言、
深夜3時に米月次財政収支(6月)、
などが予定されています。
中国・独・米の指標とイエレンFRB議長の上院銀行委員会での証言
には注目です。


<7月14日(金)>

朝7時半にNZ企業景況感(6月)、
午後1時半に日鉱工業生産確報(5月)、
午後6時に欧貿易収支(5月)、
夜9時半に米消費者物価指数(6月)、米消費者物価指数コア(6月)、
同夜9時半に米小売売上高(6月)、米小売売上高(除自動車 6月)、
夜10時15分に米鉱工業生産(6月)、米設備稼働率(6月)、
夜11時に米ミシガン大学消費者信頼感指数速報(7月)、
同夜11時に米企業在庫(5月)、
などが予定されています。米の指標には注目です。
(また、7月16日に米中100日計画の期限を迎えます。)



欧州などの国債入札予定時間につきましては
http://jp.investing.com/economic-calendar/
が参考になります。



■先週(7月3日から7日)の主な出来事や要人発言


先週は、ドルインデックスが95.38で始まり、96.25へ上昇した後に
反落して95.78で週の終値になりました。
米10年債利回りは週レベルで2.386%に上昇しました。
NY原油先物(WTI)8月限は週レベルで44.23ドルへ下落しました。
NYダウは週間64.71ドル上昇、21414.34ドルで週の取引を終える。


<7月3日(月)>

報道
「東京都議会選挙では都民ファーストの会が大勝して第1党に躍進。
 自民党は惨敗して23議席に議席数を減らす。」
日経平均は22.89円高で寄り付き22.37円高で大引け。
報道
「日本の路線価は全国平均では2年連続で上昇。
 銀座中央通り鳩居堂前はバブル期を超えて過去最高に。」
報道
「英BOEの一部業務で7月31日から4日間、ストライキを実施へ。」
カナダが建国記念日で休場。NYの株式・債券市場は短縮取引。
米ISM製造業景況指数(6月)は予想より強い57.8。
独仏の株式市場は1%超の上昇で取引を終える。
アトランタ連銀「GDPナウ」第2四半期予想は3.0%に上方修正。
NYダウは129ドル高で取引を終える。


<7月4日(火)>

英BOEブリハ委員
「個人消費は依然として低迷しており、それを相殺するだけの
 新たな民間投資や輸出は発生していないと思われる。
 時期尚早の利上げは若干遅い利上げより間違い大きくなる可能性。」
日経平均は136.47円高で寄り付き23.45円安で大引け。
防衛省は
「北朝鮮が日本海に向けてミサイルを発射。
 日本の排他的経済水域(EEZ)内に着水した可能性。」
豪RBA
「政策金利の維持は持続的な経済成長に合致している。
 豪ドル高は経済の調整を複雑化。インフレ期待は徐々に上昇。
 豪州経済は徐々に成長。当面は成長を維持する。
 住宅価格は一部で上昇。雇用市場はまちまち、
 雇用者数の拡大傾向はこのところ強い。」
北朝鮮
「大陸間弾道ミサイル火星14号の実験に成功した。」
中国外務省
「中国は国連決議に反する北朝鮮のミサイル発射に反対。」
プラートECB理事
「インフレは緩やかに目標に向かって動いている。
 基調インフレ圧力は引き続き抑制されている。
 ECBは忍耐と継続性が求められている。
 ECBの使命はまだ果たせていない。
 QEプログラムはこれまで効果を発揮してきた。」
NYは独立記念日で休場。


<7月5日(水)>

北朝鮮の金朝鮮労働党委員長
「米国の脅威がなくなるまで交渉はしない。
 独立記念日の贈り物(ミサイル)は気にくわないだろうが、
 2017年中に米国に頻繁に贈り物を届ける。
 米国が譲歩するまで核とミサイルで協議しない。」
米国務省
「北朝鮮はICBMを試射した。行動を強く非難する、
 核武装した北朝鮮を決して容認しない。
 米国は北朝鮮の行動を国連安保理で討議する。」
日経平均は17.28円安で寄り付き49.28円高で大引け。
ロイター通信
「北朝鮮が6回目の核実験を行った可能性がある。」
報道
「日欧EPAが大枠合意。」
クーレECB専務理事
「外貨準備で人民元保有を増やす可能性。
 政策の変更については議論していない。」
IMF
「米経済の成長見通しは4月時点の予測より幾分か弱まった。
 欧州とアジアの成長見通しは小幅改善を見込む。
 世界経済は順調。今年と来年の世界のGDPは3.5%見込む。
 中国の負債は脆弱性を高めている。」
FOMC議事録
「バランスシート縮小開始時期で意見が分かれる。
 インフレ軟化は特殊要因が原因と大半が判断。
 緩やかな利上げを支持。
 一部は数ヵ月以内のバランスシート縮小開始を支持。
 一部はインフレの進展が緩んだ可能性を指摘。数人は株高を指摘。」
報道
「(原油の)追加減産提案が行われた場合にロシアは反対する。」
NYダウは1ドル安で取引を終える。


<7月6日(木)>

日経平均は19.95円安で寄り付き87.57円安で大引け。
仏中銀総裁
「ECBの非伝統的措置は永遠ではない。
 2017年国内成長率予想を1.6%に上方修正(6月時点1.4%)」
プラートECB専務理事
「景気循環的な回復がより力強くなっている。
 インフレ指標は引き続きボラタイル。
 基調的な価格圧力は引き続き抑制されている。
 成長見通しへのリスクは幅広くバランスしている。
 ECBの使命はまだ達成されていない、忍耐が必要。」
ECB議事録
「金融環境に幾分の引き締まりが予想される。
 現状の金融政策スタンスが適切との幅広い合意があった。
 価格安定見通しに本質的な変化はみらないと幅広く意見が一致。
 小さなコミュニケーションの変化が誤解されること懸念。
 見通しが改善すればQE緩和バイアスに見直しも。」
米ADP雇用統計(6月)は予想より弱い15.8万人。
独10年債利回りが0.50%超に上昇。
米ISM非製造業景況指数(6月)は予想より強い57.4。
EIA週間石油在庫統計では原油在庫が629.9万バレルの減少。
アトランタ連銀「GDPナウ」第2四半期予想は2.7%に下方修正。
バイトマン独連銀総裁
「景気回復がECBの出口戦略のドアを開いた。
 出口戦略の時期やペースはインフレの基調が決める。
 信頼のために、インフレが許容すれば
 ECBは出口戦略に動かなければならない。
 刺激策の量や手段に関して意見は分かれている。」
マカファティー英BOE委員
「インフレは急速に上昇した。更に加速するであろう。
 刺激策の若干の解除が必要になる公算。
 ポンド安が物価を3%上昇させた。直近のポンドの戻りは小さい。
 金融政策はアクセルを持っている。
 英国以外からのリスクが最も大きい。
 経済が見通し通りであれば緩やかな利上げを見込む。
 向こう数年で数回の利上げを見込む。」
マティス米国防長官
「北朝鮮のICBM(大陸間弾道弾)の能力では、
 米国を戦争に近づけることはない。
 アラスカのミサイル防衛は十分。
 米国は北朝鮮がミサイルを発射後直ぐに探知した。」
NYダウは158ドル安で取引を終える。


<7月7日(金)>

日経平均は137.41円安で寄り付き64.97円安で大引け。19929.09円。
フィッシャーFRB副議長
「政府の政策の方向性をより明らかにする必要がある。
 方向性の不確実さは企業が投資を鈍化させる一要因になる可能性。」
報道
「日銀が国債買い入れの増額と長期を対象に指値オペを通告。」
日銀指値オペ詳細
「新発10年利付国債347回債、買い入れ利回り0.11%。
 金額に制限を設けず。長期債の指値オペは2月3回らい。
 中期ゾーンは昨年11月17日に実施。」
ドル円が上昇。
報道
「韓国は北朝鮮との間で南北赤十字協議や軍事会議などを検討。」
オランダ中銀総裁
「明らかにリフレがデフレに置き換わった。
 政策決定は経済環境に依存する。」
メルケル独首相
「G20のモットーは相互接続された世界の構築。」
米非農業部門雇用者数(6月)は予想より強い22.2万人、
米失業率(6月)は予想より弱い4.4%、
米平均時給(6月)は予想より弱い前月比+0.2%。
米10年債利回りは2.36%台へ低下の後に2.39%台
原油先物が一時43ドル台下落。
FRB金融政策報告
「直近の金融市場は良好。家計負債は抑制されている。
 社債市場で流動性が低下しているとの証拠はほぼ見られない。
 商業不動産市場で信用ひっ迫の兆候が見られる。
 タームプレミアムの上昇は長期債の価格下落リスクを意味する。」
ティラーソン米国務長官の会見
「米ロ首脳会談でトランプ大統領は大統領選の干渉を持ち出したが、
 プーチン大統領は関与を否定した。
 米ロとヨルダンがシリア南西部の停戦で合意した。」
NYダウは94ドル高の21414.34ドルで取引を終える。


<先週のドル円の概況>

先週のドル円は、週初3日に下窓を空けて112.11レベルで始まるも、
その後、堅調傾向で推移して翌4日のオセアニア時間にかけて113.47
へ上昇する展開になりました。その後、ロンドン時間にかけて112.74
へ反落して、その後、5日オセアニア時間にかけて113.35へ反発して
その後、東京時間前半に112.82へ反落する揉み合いになりましたが、
ロンドン時間に113.68へ上昇する展開になりました。その後、6日の
東京時間に112.88へ反落しましたが、ロンドン時間にかけて113.47
へ反発する揉み合いが続きました。その後、7日の東京時間前半に日銀
が国債買い入れの増額と長期を対象に指値オペを通告したことを背景
に上伸してロンドンフィックスにかけて週高値となる114.18へ上昇し
て113.94レベルで週の取引を終えました。


<先週のユーロドルの概況>

先週のユーロドルは、週初3日に1.1419レベルで始まり揉み合いなが
らも軟調傾向で推移して、5日のロンドン時間にかけて週安値となる
1.1312へ下落する展開になりました。その後、切り返して、揉み合い
ながらも堅調傾向で推移して7日のオセアニア時間にかけて1.14台前
半へ上昇する展開になりました。その後、小幅な揉み合いとなって米
雇用統計の発表を迎えました。米雇用統計の発表後に一時、週高値と
なる1.1439へ上昇しましたが、その後、一時1.1379へと反落して、
1.1404レベルで週の取引を終えました。週間では15Pipsの下落となり
ました。




●今週(7月10日から14日)のドル・円・ユーロの注目点


<今週のドル円>

今週のドル円相場は、上昇した場合、まずは114.00の「00」ポイント
から先週高値の114.18を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場
合は5月11日の高値114.37、さらに上昇した場合は3月3日の高値
114.75、ここを上抜けた場合は2月15日の高値114.95から115.00の
「00」ポイント、さらに上昇した場合は3月10日の高値115.50を巡
る攻防が注目されます。
一方、下落した場合、まずは7月5日の高値113.68を巡る攻防が注目
されます。ここを下抜けた場合は7日米雇用統計後の押し安値113.50
さらに下落した場合は7日のオセアニア時間の押し安値113.10から
113.00の「00」ポイント、ここを下抜けた場合は6日の安値112.88
から4日の安値112.74、さらに下落した場合は30日の高値112.60、
ここを下抜けた場合は3日の安値112.10を巡る攻防が注目されます。


今週のドル円相場は経済指標および要人発言では、10日の日国際貿易
収支と日機械受注と黒田日銀総裁の発言と中国消費者物価指数と中国
生産者物価指数と米LMCI労働市場情勢指数、12日のイエレンFRB議
長の下院金融委員会での証言と米地区連銀経済報告、13日の中国貿易
収支と米生産者物価指数と米新規失業保険申請件数とイエレンFRB議
長の上院銀行委員会での証言と米月次財政収支、14日の米消費者物価
指数と米小売売上高と米鉱工業生産とミシガン大学消費者信頼感指数
速報、などが注目されます。


先週のドル円は、米10年債利回りの上昇も背景に、7日に日銀が国債
買い入れの増額と長期を対象に指値オペを通告したことによる円安で
一時114円台へ上昇する展開になりました。

日本を除く主要各国の中銀が緩和縮小へ舵を取ろうとする中、日銀が
緩和を継続することで、円の独歩安となっていますが、北朝鮮問題な
ど地政学的リスクには引き続き留意が必要な状況のようです。


そして、ドイツで開催されていたG20では、自由貿易の重要性で一致
して保護主義と闘いを続けるとするも、その一方で「合法的な貿易保
護手段の役割を認める」としてトランプ大統領の主張にも配慮するこ
ととなりました。また、対北朝鮮問題では結束に至らず、パリ協定に
関しては米を除く19カ国合意ということになりました。

週初、まずはG20を巡る市場反応が注目されますが、今週は12日と
13日の午後11時からのイエレンFRB議長の証言と、14日の米消費者
物価指数と米小売売上高などが注目の焦点になります。

ドル円と日米10年債金利差の推移
http://lets-gold.net/market/chart_gb10yr.php
にも注目してトレードしていきたいものです。



<今週のユーロドル>

今週のユーロドル相場は、上昇した場合、まずは7日のロンドン時間
の高値1.1427を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は先週
高値でもある米雇用統計後の高値1.1439から3日の高値1.1445、
さらに上昇した場合は2016年4月12日の高値1.1465、ここを上抜け
た場合は2015年10月15日の高値1.1495から1.1500の「00」ポイ
ント、さらに上昇した場合は2016年5月2日の高値1.1536を巡る攻
防が注目されます。
一方、下落した場合は、まずは7日の米雇用統計後の押し安値1.1379
から4日の高値1.1377を巡る攻防が注目されます。ここを下抜けた場
合は5日の高値1.1368から6日の高値1.1355、さらに下落した場合は
6日の安値1.1329、ここを下抜けた場合は先週安値でもある5日安値
1.1312、さらに下落した場合1.1300の「00」ポイントから6月28日
の安値1.1291、ここを下抜けた場合は6月26日の高値1.1219を巡る
攻防が注目されます。


今週のユーロドル相場は経済指標および要人発言では、12日の欧鉱工
業生産、13日の独消費者物価指数改定値、などが注目されますが、
対ドル通貨ペアとして、10日の中国消費者物価指数と中国生産者物価
指数と米LMCI労働市場情勢指数、12日のイエレンFRB議長の下院金
融委員会での証言と米地区連銀経済報告、13日の中国貿易収支と米生
産者物価指数と米新規失業保険申請件数とイエレンFRB議長の上院銀
行委員会での証言と米月次財政収支、14日の米消費者物価指数と米小
売売上高と米鉱工業生産とミシガン大学消費者信頼感指数速報、など
が注目されます。


6月27日にドラギECB総裁が「インフレを抑制している要因はすべて
一時的なもの。(中略) デフレ圧力はリフレ圧力に置き換わった。緩和
の調整も(景気の)改善基調が安全である場合に限り徐々にしなければな
らない。(後略)」と発言したことを背景に6月29日に年初来高値の
1.1445をつけたユーロドルですが、先週は、独10年債利回りは0.57%
台へ上昇するも、米10年債利回りが2.386%へ上昇して、一旦調整と
なって下へ「行って来い」となり、週の始値と終値では僅かに下落す
る展開になりました。


ユーロドルにつきましても、週初、まずはG20を巡る市場反応が注目
されますが、今週のユーロに係わる経済指標の注目度はそれぼ高くな
いようで、対ドル通貨ペアとして、12日と13日の午後11時からの
イエレンFRB議長の証言と、14日の米消費者物価指数と米小売売上高
などが注目の焦点になりそうです。

独10年債利回りチャート
https://jp.investing.com/rates-bonds/germany-10-year-bond-yield
にも注目してトレードしていきたいものです。




さて今回は、トレードと凡事のお話 その249 です。


前回からの続きのお話です。


投資苑で有名なアレキサンダー・エルダー博士が
トレードでは当たり前なことこそが大切として、
「投資苑3」の中でこう語っています。


「相場には秘密があります。
 秘密がないということが秘密なのです。」


相場やトレードで秘密ではない「当たり前なこと」とは
いったいぜんたい何なのでしょうか…。


今回は「トレードと凡事」その第二百四十九話です。


それでは、はじまり、はじまり〜。^^



『おい、ジイさん。先週のドル円は、米10年債利回りの上昇も背景に
 7日に日銀が国債買い入れの増額と長期を対象に指値オペを通告した
 ことによる円安で2円近い上昇になったが…、
 現在の「円」は最弱通貨と言ってもよい状況のようだな…。』


「ふむ。そうであったのう…。溜口剛太郎殿。
 通貨ペア別の強弱を観ても明らかなように
 https://www.barchart.com/forex/performance-leaders#/viewName=chart
 先週は円が弱く、加ドルが強い状況であったのう…。」


『この状況はまだ続くのかねぇ…。』


「主要各国の中銀が緩和縮小へ舵を取ろうとする中、
 日銀が緩和の継続をすることで、その可能性は充分にあるが…、
 現状の全てを織り込んでこのような状況になっているとともに、
 円はリスクの受け皿となる傾向もあるゆえ、株価の動向や、
 北朝鮮問題など地政学的リスクには引き続き留意は必要であろう。」


『今週のドル円はどんな展開になるのかねぇ…。』


「週初、まずはG20を巡る市場反応が注目されようが…、
 今週は12日と13日の午後11時からのイエレンFRB議長の証言と
 週末14日の米CPIと米小売売上高などが注目の焦点になろう…。
 その結果次第で動意づくのではなかろうか…。」


『さて、ところで…、ジイさん。今日は何のお話だい?』


「今日は勝ち組になられた2人のトレーダーさんから
 実際に頂いたメールの中に、勝ち組になられたその秘密を
 ご一緒に観てみようではないか…。溜口剛太郎殿。」


『それは興味深いな…。それはどんなメールだったんだい?』


「そのお1人は、先週の九州北部の豪雨で災害に遭われたかと
 ジイが心配して熊本市の健軍にお住いのトレーダーのSさんに
 お送りしたメールの返信に記されておった事じゃ…。
 (ここから: 要旨)
 お陰様で私が住んでいる東区はそれほど被害も無く
 私達家族もいつも通り、何の問題もなく過ごせています。
 (中略)
 FXの収支は昨年一年間で資産を倍にすることが出来ました。
 紆余曲折した手法はどんどんシンプルになり
 日足レベルでトレンド時だけにリスクを取る
 トレンドがハッキリしない時は何ヶ月も何もしない(笑)
 (中略)
 トレードチャンスは極端に少なくなりますが、
 一旦ポジションを持つとハッキリトレンドが
 終焉するまで積み増しながら徹底的について行く
 戻ってきたら逆指値で同値撤退か損切り(笑)
 何度も戻ってきてしまい、がっかりすることも多々ありますが、
 私にはスイングののんびりしたトレードが合っているようです。
 (中略)
 10年かかって自分のトレードをハッキリ確立出来た感じです。
 ホントに相場に秘密は無く、
 基本に従えば無理せず利益は積み上がっていきます。
 今後もコツコツ負けて、
 日足トレンド発生にドカンと利益を積み上げます! (ここまで)」


『昨年一年間だけで資産を倍にすることが出来たということか…。』


「勝ち組トレーダーになられたSさんのメールの要旨をまとめると、
 (1) シンプルなトレードをしている。
 (2) 徹底的なトレンド・フォローをしている。
 (3) トレンドがハッキリしない時は何ヶ月も何もしない。
 (4) 基本に従えば無理せず利益は積み上がっていく。
 (5) コツコツ負けて、トレンド発生にドカンと利益を積み上げる。
 というトレードをされていらっしゃるという事なのじゃのう…。」


『トレンド・フォローのみを徹底しているとともに、
 「無駄トレードをしない」という事も徹底されているようだな…。
 文章で観れば、当たり前の事が書かれているようであっても、
 「トレンドがハッキリしない時は何ヶ月も何もしない」という事を
 本当に実践できるということは凄い事だよな…。ジイさん。』


「ふむ…。この事が、もしやすると、資産を倍にすることが出来た
 その秘密なのやも知れぬのう…。溜口剛太郎殿。
 さて次に、トレーダーのFさんから頂いたメールじゃが…。
 (ここから: 要旨)
 6月の月間トータル収支が初めてプラスで終わることが出来ました。
 資金は2倍くらいになりました。もともと資金が少ないので(笑)
 トレードの記録ノートを見ていると今月は結構トレードしました。
 勝率はいつも通りで、4割前後です。
 それなのに、プラスで終える事が出来ました。
 損小利大が出来るようになった事が大きいと思われます。
 これからも負けまくると思いますが、トータルでの勝ちを目指して
 頑張っていきたいと思います! (ここまで)」


『月間で資金は2倍くらいになりましたということは、
 月利100%というワケで、これは凄い事じゃないか…。』


「そればかりではなく…、Fさんの場合は、これまで月間収支で
 負け続けておられたが、突如、勝てるようにならればかりではなく
 月利100%を達成されたという事なのじゃのう…。溜口剛太郎殿。」


『何気ない文章のようだが、その秘密が記されているというワケか。』


「もしやすると、月利100%は出来過ぎで、過剰なトレードを
 されていらっしゃったのやも知れぬが…、
 『勝率はいつも通りで、4割前後です。
  それなのに、プラスで終える事が出来ました。』
 ということは、特段に凄い事ではあるまいかのう…。」


『それだけ「損小利大のトレードが出来るようになった」、
 ということなんだろうけど…、勝率が4割ということは
 逆に言えば10回のトレードで6回も負けているということで、
 「トレードで利益を上げる = 高勝率でなければならない。」、
 「負けるトレードはダメなトレードだ。」などと思い込んでいる
 普通のトレーダーなら「こんな手法はダメだ」と手法も捨て、
 検証も「バカバカしい」と放棄するようなところで踏みとどまり、
 そして、多くのトレーダーがなかなか到達できない
 「損小利大」という次のステージに到達したという事は
 じつに凄い事だよな…。ジイさん。』


「ふむ…。世界の3大投資家のジョージ・ソロス氏でさえも
 負けトレードの方がむしろ多いと言われておるようじゃが…、
 トレードは『勝率よりも利益率が重要』ということなのじゃのう。
 『なぜ負けたのだろう。』と1つの負けに思い悩むうちはまだまだで
 『不確実性を本質とする相場では負ける事があるのも当然であり』
 負けることに屈せず、損小利大を目指せるトレーダーこそが、
 勝てるトレーダーという事なのやも知れぬのう…。」


『あははっ。SさんとFさんは一時代前風に言うならば…、
 「トレードは負ける事があると既に心得たり。
  負けながら嘆かず目指すは損小利大なりけり。
  我ついに負けながら勝つステージ(境地)に到達せしなり。」
 ってな事のかもしれないよな…ジイさん。』


「あははっ。それでは一時代前ではなく、まるで二時代前の
 昭和初期か大正あたりの文豪の物言いのようじゃのう…。」




なーんちゃって。

またまたお話が長くなりました。 m(_ _)m


ではまた来週。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX情報をもっと見る
過去ログ
2019年09月(3)
2019年08月(3)
2019年07月(4)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(3)
2019年03月(5)
2019年02月(4)
2019年01月(4)
2018年12月(4)
2018年11月(4)
2018年10月(4)
2018年09月(5)
2018年08月(3)
2018年07月(5)
2018年06月(4)
2018年05月(4)
2018年04月(4)
2018年03月(4)
2018年02月(4)
2018年01月(4)
2017年12月(4)
2017年11月(4)
2017年10月(5)
2017年09月(4)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(4)
2017年05月(4)
2017年04月(4)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(4)
2016年12月(4)
2016年11月(4)
2016年10月(5)
2016年09月(4)
2016年08月(2)
2016年07月(5)
2016年06月(4)
2016年05月(4)
2016年04月(4)
2016年03月(4)
2016年02月(4)
2016年01月(5)
2015年12月(3)
2015年11月(4)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(4)
2015年07月(4)
2015年06月(4)
2015年05月(4)
2015年04月(4)
2015年03月(4)
2015年02月(4)
2015年01月(3)
2014年12月(3)
2014年11月(4)
2014年10月(4)
2014年09月(4)
2014年08月(4)
2014年07月(4)
2014年06月(4)
2014年05月(3)
2014年04月(4)
2014年03月(4)
2014年02月(4)
2014年01月(4)
2013年12月(3)
2013年11月(4)
2013年10月(4)
2013年09月(5)
2013年08月(3)
2013年07月(4)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(4)
2013年01月(4)
2012年12月(4)
2012年11月(3)
2012年10月(4)
2012年09月(5)
2012年08月(3)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(5)
2012年03月(4)
2012年02月(4)
2012年01月(4)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(5)
2011年09月(4)
2011年08月(3)
2011年07月(5)
2011年06月(4)