FX トレードと凡事のお話 その248


2017年も半年が過ぎ7月になりましたが、
今年の夏は「スーパー猛暑」になるそうですね。


●今週(7月3日から7日)の主な予定

<7月3日(月)>

※ カナダが建国記念日で休場。
※ NYの株式・債券市場は短縮取引

朝8時50分に第2四半期日銀短観大企業製造業業況判断DI、
同朝8時50分に第2四半期日銀短観大企業非製造業業況判断DI、
同朝8時50分に第2四半期日銀短観大企業設備投資、
午前10時半に豪住宅建設許可件数(5月)、
午前10時45分に中国財新製造業PMI(6月)、
午後4時15分にスイス実質小売売上高(5月)、
午後4時半にスイスSVME購買部協会景気指数(6月)、
午後4時50分に仏製造業PMI改定値(6月)、
午後4時55分に独製造業PMI改定値(6月)、
午後5時に欧製造業PMI改定値(6月)、
午後5時半に英製造業PMI(6月)、
午後6時に欧失業率(5月)、
夜11時に米ISM製造業景況指数(6月)、米建設支出(5月)、
などが予定されています。
日・豪・中国・英・欧・米の指標には注目です。


<7月4日(火)>

※ NYが独立記念日で休場。

午前10時半に豪小売売上高(5月)、
午後1時半に豪RBA政策金利、豪RBA声明、
午後5時半に英建設業PMI(6月)、
午後6時に欧生産者物価指数(5月)、
などが予定されています。
豪・英・欧の指標には注目です。


<7月5日(水)>

午前10時45分に中国財新サービス業PMI(6月)、
午後4時50分に仏サービス業PMI改定値(6月)、
午後4時55分に独サービス業PMI改定値(6月)、
午後5時に欧サービス業PMI改定値(6月)、
午後5時半に英サービス業PMI(5月)、
午後6時に欧小売売上高(5月)、
夜11時に米製造業新規受注指数(5月)、
深夜3時に米FOMC議事録要旨、
などが予定されています。
中国・英・欧・米の指標には注目です。
そして、独中首脳会談が予定されています。


<7月6日(木)>

午前10時半に豪貿易収支(5月)、
午後3時に独製造業新規受注(5月)、
午後4時15分にスイス消費者物価指数(6月)、
午後8時に米MBA住宅ローン申請指数、
午後8時半に欧ECB理事会議事要旨、
同午後8時半に米チャレンジャー人員削減予定数(6月)、
夜9時15分に米ADP雇用統計(6月)、
夜9時半に米貿易収支(5月)、米新規失業保険申請件数、
同夜9時半に加貿易収支(5月)、加住宅建設許可件数(5月)、
夜11時に米ISM非製造業景況指数(6月)、
などが予定されてます。
豪・独・スイス・欧・米の指標には注目です。


<7月7日(金)>

午後2時に日景気先行指数速報(5月)、日景気一致指数速報(5月)、
午後2時45分にスイス失業率(6月)、
午後3時に独鉱工業生産(5月)、
午後3時45分に仏鉱工業生産指数(5月)、仏貿易収支(5月)、
同午後3時45分に仏経常収支(5月)、仏財政収支(5月)、
午後5時半に英鉱工業生産指数(5月)、英製造業生産指数(5月)、
同午後5時半に英貿易収支(5月)、
夜9時に英NIESRのGDP予想、
夜9時半に米非農業部門雇用者数(6月)、米失業率(6月)、
同夜9時半に米平均時給(6月)、
同夜9時半に加新規雇用者数(6月)、加失業率(6月)、
夜11時に加Ivey購買部景況指数(6月)、
などが予定されています。
独・英・米・加の指標には注目です。
そして、FRBの半期に一度の金融政策報告と
G20首脳会談が予定されています。



欧州などの国債入札予定時間につきましては
http://jp.investing.com/economic-calendar/
が参考になります。



■先週(6月26日から30日)の主な出来事や要人発言


先週は、ドルインデックスが96.93で始まり、軟調傾向で推移して
95.39で週の終値になりました。
米10年債利回りは週レベルで2.304%に上昇しました。
NY原油先物(WTI)8月限は週レベルで46.04ドルへ上昇しました。
NYダウは週間45.13ドル下落、21349.63ドルで週の取引を終える。


<6月26日(月)>

日経平均は0.14円高で寄り付き20.68円高で大引け。
サンフランシスコ連銀総裁(講演テキスト)
「緩やかな利上げが金融政策の正常化につながり、
 より長期間で持続可能なペースでの経済成長の維持につながる。
 インフレについてはいくつか特殊な一時的要因が押し下げている。
 しかし、これらの要因は弱まりつつあり米経済の堅調さから、
 来年にはインフレ目標2%に到達すると予想している。
 労働市場については極めて強い。
 経済が安定的な制限速度を超え、加熱するリスクを伴う。
 バランスシートの正常化については年内開始の方針を再確認。
 当初は慎重にゆっくりとスタートする見通し。」
英BBC
「英保守党はDUPと合意に達した。」
米耐久財受注速報(5月)は市場予想より弱い。
NY時間序盤に米10年債利回りが一時2.12%台へ低下。
報道
「米最高裁判所は大統領の入国禁止令を部分的認める判断を下した。」
報道
「米上院共和党がヘルスケア法案の修正案を発表。」
CBO
「上院共和党の修正案では2026年までに無保険者が2200万人へ。」
ドラギECB総裁
「金利は成長が回復している間は低くなければならない。」
米2年債入札結果
「高落札利回り1.348%、応札倍率3.03倍。」
バーナンキ前FRB議長
「景気回復は拡大する余地がある。
 FRBは二大目標(インフレ・最大雇用)に近い。
 成長は常に十分という事はないというのが米大統領選で示された。
 米有権者の信頼を勝ち取るにはより良い政策が必要。」
NYダウは14ドル高で取引を終える。


<6月27日(火)>

日経平均は75.77円高で寄り付き71.74円高で大引け。
ドラギECB総裁
「持続的な経済成長を強化することが課題。
 インフレは想定されていた成長の下で一層抑制されている。
 我々の金融政策が機能していることを確信。
 インフレを抑制している要因はすべて一時的なもの。
 刺激策の調整は慎重であるべき。
 デフレ圧力はリフレ圧力に置き換わった。
 緩和の調整も(景気の)改善基調が安全である場合に限り
 徐々にしなければならない。
 かなりの規模の刺激策が引き続き必要。金融政策は継続性が重要。
 世界経済の要因がユーロ圏のインフレに対する重石。
 供給過剰による原油価格の動向を注視。
 インフレはまだ継続的でも自律的でもない。
 世界経済の不透明感は慎重な政策調整を意味する。
 政策スタンスを変更しないために政策の調整はあり得る。」
独債利回りが急上昇。ユーロ買い反応。
サンフランシスコ連銀総裁
「インフレは来年ごろに2%に上昇する見込み。
 米国経済は完全雇用を取り戻しており、それを超える勢いも。
 FOMCは緩やかな刺激策の解除の過程にある。」
英BOE金融安定化報告
「銀行の資本バッファーを11月から1%に引き上げる。
 カウンターシクリカル資本バッファーを0.5%に引き上げる。」
カーニー英BOE総裁
「ブレグジットが金融安定へのリスク。
 英総選挙ではブレグジット緊急対応プランを変更せず
 現時点では利上げは望ましくない。」
米上院共和党
「ヘルスケア法案の採決を7月4日の独立記念日以降に延期する。」
共和党のライアン下院議長
「ヘルスケア法案に関してマコーニル上院院内総務が示した
 共和党案に反対することはない。
 上院は法案を採決の方向に進めると予想。
 時期については言及しない。」
フィラデルフィア連銀総裁
「インフレ抑制要因は一時的なもの。
 2%の目標達成予測を18年初期に後ずれ。
 2017年にもう1回の利上げを支持。
 今年の米成長は平均2.3%を予想。
 バランスシート縮小は年内のどこかで開始する。
 現在のドルは問題ではない。
 ドルは自身の危険リスクのリストでは高い位置にはない。」
フィッシャーFRB副議長
「高い資産価格は将来の不安定リスクにつながる恐れ。
 金融市場の脆弱性は過去に比べ和らいだ。」
米5年債入札では最高落札利回り1.828%、応札倍率2.33倍。
イエレンFRB議長
「銀行システムは非常に強く健全。
 新たな金融危機は排除できないがシステムは格段に安全。
 銀行はショックに耐え得るほど良好。
 我々は物価安定をコミットしている。
 多くが低失業率がインフレを上昇させると信じている。
 緩やかなペースの利上げを明確にしている。
 緩やかなペースの利上げを市場は予想している。
 資産価格は幾分高い。」
報道
「米車販売でローン焦げ付きが急増して1割に迫る。」
NYダウは98ドル安で取引を終える。


<6月28日(水)>

ミネアポリス連銀総裁
「低インフレのため、先日のFOMCでは反対票を投じた。
 米経済は景気過熱に近づいていない。
 我々は低いインフレを望んでいるがそれは落ち着いたインフレだ。
 バランスシート縮小がどの程度小さいものなのかまだ分からない。」
日経平均は75.89円安で寄り付き94.68円安で大引け。
コンスタンシオECB副総裁
「米国U-6に相当する失業の広義の概念ではユーロ圏失業率は18%。
 経済のたるみが従前の考えよりも大きいこと示す。
 粘り強さが必要との前日のドラギECB総裁の講演終盤の発言が
 正当化されよう。
 インフレ目標達成のために従来からの金融政策を続ける必要。」
S&P
「ユーロ圏の2017年成長率見通し2%に上方修正(3月時点1.6%)」
サンフランシスコ連銀総裁
「米国は実質賃金の伸びが生産性上昇ペースを上回っている。
 パートタイム労働比率ここ1、2年で減少、フルタイム求人が増加。
 労働市場の引き締まりで賃金の伸びが加速する兆候。」
ECB関係筋
「市場はドラギ総裁講演の刺激策について誤解している。」
ユーロ売り反応。
カーニー英BOE総裁
「ある程度の刺激策の解除が必要となる公算。」
EIA週間石油在庫統計では原油在庫が11.8万バレルの増加。
米7年債入札では最高落札利回り2.056%、応札倍率2.46倍。
NYダウは143ドル高で取引を終える。


<6月29日(木)>

報道
「FRBが包括的資本分析(CCAR)の結果を公表し、
 大手34行全ての資本計画を承認。」
日経平均は130.46円高で寄り付き89.89円高で大引け。
マクマスター米大統領補佐官
「北朝鮮は米国を標的にする最も緊迫した脅威。
 大統領から北朝鮮に対して軍事オプションを含めた
 制裁準備の指示を受けた。」
原田日銀審議委員
「日銀の国債購入はデフレ脱却と金利低下が目的。
 需給ギャップと物価の適切化が目的。」
独連銀総裁
「現時点では拡張的金融政策は適切。
 ただ、緩和策の程度の適切さについては意見が異なる。
 従来から述べてきたように国債購入については懐疑的な立場。」
独消費者物価指数速報(6月)は予想より強い前月比+0.2%。
米第1四半期GDP確報は予想より強い1.4%。
米10年債利回りが一時2.29%台へ上昇。
コーン米NEC(国家経済会議)委員長
「ヘルスケア法案で政府と上院は合意できる。
 9月に税制改革のアジェンダに取り組む。
 3%の米成長率はそれほど高い目標ではない。」
ライアン米下院議長
「2018年1月1日までには新税制で臨みたい。」
セントルイス連銀総裁
「現在の政策金利の水準は適切と再度指摘。
 弱いインフレ指標は2%目標到達に疑問生じさせると再度指摘。
 もしも失業率がさらに低下してもインフレへの影響は小さい。」
ムニューシン米財務長官
「北朝鮮が態度をあらためるまで資金を止める。
 北朝鮮の非道な振る舞いは許容できない。
 北朝鮮への制裁で中国を標的にしていない。
 中国とは建設的な協議を続けている。これからもそれを希望する。
 FRB議長に関してはまだ何も決まっていない。」
ホールデン英BOE委員
「インフレに注意を払う理由は低所得者に甚大な影響を及ぼすため。
 高インフレが定着しないように金利を決める必要がある。」
NYダウは167ドル安で取引を終える。


<6月30日(金)>

日経平均194.67円安で寄り付き186.87円安で大引け。2万円台維持。
ロンドン時間に米10年債利回りが一時2.29%台へ上昇。
ラウテンシュレーガーECB専務理事
「金融政策の正常化が正当化されよう。
 インフレ上昇の安定した動きはまだ顕在化に至っていない。
 異常に緩和的な政策は望ましくない効果もたらす。
 正常化に向けて準備を。」
クーレECB専務理事
「ユーロ圏の経済状況がまちまちであることが金融政策の課題。
 危機を乗り越えて実質所得の収斂が必要に。」
トランプ大統領(米韓首脳会談後の共同声明)
「北朝鮮のミサイル計画に対し決意を持って対応する必要。
 北朝鮮への忍耐の限度を超えた。
 外交、経済的手段を駆使して対応する。」
原油先物8月限は46.04ドル。
NYダウは62ドル高で取引を終える。



<先週のドル円の概況>

先週のドル円は、週初26日に111.19レベルで始まり、揉み合いなが
らも堅調傾向で推移して、翌27日の東京時間前半に112.07へ上昇し
ました。その後、ロンドン時間前半にかけて111.46へ下押しましたが
その後、ロンドンフックスにかけて112.46へ上昇する展開になりまし
た。その後、112円台半ばから111.83を範囲とする揉み合いが続きま
したが、29日のロンドン時間から上伸してNY時間前半に週高値とな
る112.92へ上昇する展開になりました。その後、反落して、30日の
東京時間前半にかけて111.73へ下押しする展開になりました。その後
切り返し、NY時間後半にかけて112.60へ反発して、112.36レベルで
週の取引を終えました。


<先週のユーロドルの概況>

先週のユーロドルは、週初26日に1.1200レベルて始まり小幅な揉み
合いが続きましたが、27日のロンドン時間前半から上伸して、28日の
ロンドン時間序盤にかけて1.1388へ上昇する展開になりました。
その後、NY時間序盤に1.1293へ反落しましたが、その後、再び反発
して、揉み合いながらも堅調傾向で推移して、29日のNY時間後半に
かけて週高値となる1.1445へ上昇する展開になりました。その後、高
値圏で揉み合いが続きましたが、30日のロンドン時間に前半に1.1392
へ反落して、その後、反発して小幅な揉み合いになり1.1426レベルで
週の取引を終えました。




●今週(7月3日から7日)のドル・円・ユーロの注目点


<今週のドル円>

今週のドル円相場は、上昇した場合、まずは30日の高値112.60を巡
る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は先週高でもある29日の
高値112.92、さらに上昇した場合は113.00の「00」ポイント、ここを
上抜けた場合2月23日の高値113.46から3月17日の高値113.49、
さらに上昇した場合は2月21日の高値113.78、ここを上抜けた場合は
114.00の「00」ポイントを巡る攻防が注目されます。
一方、下落した場合は、まずは29日のロンドン時間序盤の押し安値の
112.13から112.00の「00」ポイント、ここを下抜けた場合は28日の
安値111.83から30日の安値111.73、さらに下落した場合は27日の
安値111.46から28日のNY時間の押し安値111.35、さらに下落した
場合は21日の安値111.06、ここを下抜けた場合は111.00の「00」ポ
イントから22日の安値110.95、さらに下落した場合は16日NY時間
の押し安値110.64を巡る攻防が注目されます。


今週のドル円相場は経済指標では、7月3日の日銀短観と中国財新製造
業PMIと米ISM製造業景況指数、5日の中国財新サービス業PMIと米
製造業新規受注指数と米FOMC議事録要旨、6日の米ADP雇用統計と
米貿易収支と米新規失業保険申請件数と米ISM非製造業景況指数、
7日の米非農業部門雇用者数と米失業率と米平均時給、などが注目され
ます。


先週は米10年債利回りが2.30%台へ上昇するも、ECBやBOE総裁か
ら出口戦略を示唆する発言があったことでユーロやポンドが上昇した
ことを背景に相対的にドルが弱含み、ドルインデックスが95.39へ下落
しましたが、ドル円は円安を背景に一時112.92へ上昇する展開になり
ました。

今週の注目の焦点は週末の米雇用統計およびFRBの半期に一度の金融
政策報告とG20首脳会談になりますが、トランプ大統領が米韓首脳会
談後の共同声明で「北朝鮮への忍耐の限度を超えた。」と発言して、
29日にマクマスター米大統領補佐官が「北朝鮮は米国を標的にする最
も緊迫した脅威。大統領から北朝鮮に対して軍事オプションを含めた
制裁準備の支持を受けた。」と発表していることから、6月8日以降、
ミサイル発射などをしていなかった北朝鮮の挑発行動の再開が懸念さ
れるとともに、もしもそのような行動があった場合には米国の対応が
注目されます。

米雇用統計では、前回は4月分と3月分のNFPが下方修正されてNFP
の3か月の平均値は+12.1万人と、2012年7月以来、約5年ぶり低水
準となっていることもあり今回のNFPの結果が大いに注目されます。



<今週のユーロドル>

今週のユーロドル相場は、上昇した場合は、まずは先週高値でもある
29日と30日の高値1.1445を巡る攻防が注目されます。ここを上抜け
た場合は2016年4月12日の高値1.1465から2016年5月6日の高値
1.1480、さらに上昇した場合は1.1500の「00」ポイント、ここを上抜
けた場合2016年5月2日の高値1.1536、さらに上昇した場合1.1600
の「00」ポイントを巡る攻防が注目されます。
一方、下落した場合は、まずは1.1400の「00」ポイントを巡る攻防が
注目されます。ここを下抜けた場合は30日の安値1.1392から29日の
NY時間の押し安値1.1386、さらに下落した場合は1.1300の「00」ポ
イントから28日の安値1.1293、ここを下抜けた場合5月22日の高値
1.1268から5月21日高値1.1263を巡る攻防が注目されます。


今週のユーロドル相場は経済指標では、7月3日の欧失業率、4日の欧
生産者物価指数、5日の欧小売売上高、6日の独製造業新規受注とECB
理事会議事要旨、7日の独鉱工業生産、などが注目されますが、対ドル
通貨ペアとして、7月3日の中国財新製造業PMIと米ISM製造業景況
指数、5日の中国財新サービス業PMIと米製造業新規受注と米FOMC
議事録要旨、6日の米ADP雇用統計と米貿易収支と米新規失業保険申
請件数と米ISM非製造業景況指数、7日の米非農業部門雇用者数と米
失業率と米平均時給、などが注目されます。


先週は、27日にドラギECB総裁が「インフレを抑制している要因はす
べて一時的なもの。(中略) デフレ圧力はリフレ圧力に置き換わった。
緩和の調整も(景気の)改善基調が安全である場合に限り徐々にしなけれ
ばならない。(後略)」と発言して、翌日にECB関係筋が牽制を試みる
も、ユーロドルは週間で200Pips超上昇する展開になりました。

30日にラウテンシュレーガーECB専務理事が「金融政策の正常化が正
当化されよう。(中略) 正常化に向けて準備を。」と発言するも、同日、
クーレECB専務理事が「ユーロ圏の経済状況がまちまちであることが
金融政策の課題。」とも発言していて、ECB要人には微妙な温度差もあ
るようで、今週も引き続き欧州の要人発言が注目されますが、対ドル
通貨ペアとして、週末の米雇用統計が注目されます。




さて今回は、トレードと凡事のお話 その248 です。


前回からの続きのお話です。


投資苑で有名なアレキサンダー・エルダー博士が
トレードでは当たり前なことこそが大切として、
「投資苑3」の中でこう語っています。


「相場には秘密があります。
 秘密がないということが秘密なのです。」


相場やトレードで秘密ではない「当たり前なこと」とは
いったいぜんたい何なのでしょうか…。


今回は「トレードと凡事」その第二百四十八話です。


それでは、はじまり、はじまり〜。^^



『おい、ジイさん。先週はユーロドルがドラギECB総裁の発言に
 27日のロンドン時間から上昇して、そしてポンドや豪ドルなども
 上昇したことから相対的にドル安の状況となったが…、
 米10年債利回りは2.30%台へ上昇するも、ドル円は円安を背景に
 一時112.92へ上昇する展開になったよな…。』


「ふむ。そうであったのう…。溜口剛太郎殿。
 そして、『強いドルストレート』と『弱い円』を背景に、
 クロス円は合成的に強い動きとなって堅調に推移したのう…。」


『6月13日にヒンデンブルク・オーメン2年ぶり発生したことで
 話題になっていたが、NYダウは先週こそ45ドルほど下落するも、
 まだ堅調は維持しているようだし、2017年の今年は7のつく年の
 暴落のアノマリーは杞憂になるのかなぁ…。ジイさん。』


「ふむ…。1987年にブラックマンデー、1997年にアジア通貨危機、
 そして、2007年にBNPバリパショックが起ったことで、
 7のつく年には経済危機のアノマリーがあるとされておるが、
 2017年は今のところ、まだ杞憂と言える状況のようじゃのう…。」


『……。』


「ただ…、『米車販売でローン焦げ付きが急増して1割に迫る。』との
 報道がされていたり、トランプ大統領が30日の米韓首脳会談後の
 共同声明で『北朝鮮への忍耐の限度を超えた。』と発言して、
 その前日の29日にマクマスター米大統領補佐官が
 『北朝鮮は米国を標的にする最も緊迫した脅威。大統領から
 北朝鮮に対して軍事オプションを含めた制裁準備の指示を受けた。』
 と発表していることから、有事の火種も燻っていることで…、
 まだ何も起こっていうちに予想や怯えて売る必要はないけれども、
 過度の楽観をすることなく、いつ何時なにが起こってもよいように
 『治に居て乱を忘れず』は心得ておきたいものじゃのう…。」


『市場では何でも起こり得る、とも言われているからなぁ…。
 さてところで…、ジイさん。今日は何のお話だい?』


「ふむ。そうじゃのう…。今日は先週にペンディングとなっておった
 『サインの強弱のお話』でもさせてもらおうかのう…。」


『宜しい。「サインの強弱の話」とやらを聞いてやろうじゃないか。』


「トレードに際しては、相場の環境認識とも呼ばれる
 (1)『トレンドの状況および方向の認識』
 (2)『ボラティリティ(の大小)の認識』
 (3)『抵抗線(抵抗ゾーン)の位置の認識』
 (4)『ローソク足の状況(プライスアクション)の認識』
 (5)『時間(帯)の認識』など、が大切であるが…、
 当然ながら、例えばトレンドにしても、
 強いトレンドや弱いトレンドがあり、いつも同じではなく、
 また、トレードの執行を判断する手法におけるサインにも
 強弱があるものなのじゃのう…。溜口剛太郎殿。」


『手法によっては、「ボリバンの±3σにタッチしたら」、
 「ラインにタッチしたら(あるいは抜けたら)」、
 というものもあるけれど…、
 移動平均線などインジケーターを用いる手法では
 その角度など、サインには強弱があるものだよな…。』


「そして、環境認識や手法には絶対性や確実性は求められなく、
 強いトレンドで、手法において強いサインが示現しても
 ときにダマシとなることがあるものじゃが…、一般論として、
 あまり良くない相場環境で弱いサインでトレードするより、
 より良い相場環境で、かつ強いサインでトレードする方が、
 勝率も高くなり、戦績も向上する傾向があるものでのう…。」


『サインには強弱があり、取捨する必要もあるということか…。』


「ふむ…。ただ、より良い相場環境と強いサインだけを選別すると、
 これはこれで無駄トレードを抑制して良いことではありながら…、
 ときにトレード・チャンスを限定し過ぎてしまう場合も
 あるものなのじゃのう…。溜口剛太郎殿。」


『数多くトレードすればするほど儲かるという事ではないとしても、
 例えば月に1回のトレード・チャンスじゃ困るってもんだぜ…。
 トレンドの強さやボラティリティなど相場状況によっては、
 例えば、300Pipsの獲得は難しくても、30Pipsなら行けそう、
 なんて場合もあるだろうからな…。』


「ふむ…。一般にタームを小さくするほどトレードチャンスを得られ
 つまり、小さな時間軸にするほどトレードチャンスは得やすいが、
 また、小さな時間軸にするほどノイズ的な動きにも翻弄されやすく
 どの時間軸(ターム)でトレードするかは、時間軸の性向とともに、
 トレーダー自身の性格や好みや、トレードに取り組める時間や
 口座資金量にもよる所となるのではあるまいか…。」


『トレードの時間が充分に取れない場合など、スイング・タームでの
 トレードという選択肢もある一方、口座の資金量が多ければ、
 例えば、「1ロットで1000Pips = 100ロットで10Pips」という、
 スキャル的な思想のトレードもあり得るだろうからな…。』


「ふむ…。トレードは獲得Pips競争ではなく、利益を得るという
 ことでは、パンローリング社の『FXの小鬼たち』に登場する
 フーサイン・ハーネカー氏のトレード・スタイルも肯定されよう。」


『……。』


「ただ、『1ロットで1000Pips = 100ロットで10Pips』という
 考え方の基のトレードでは、さらにより一層、
 『より良い相場環境で、かつ強いサインでトレードする』
 ということが重要になってくるのではあるまいかのう…。」


『相場の環境にはより良い状況とそうではない状況があり、また、
 サインには強弱がある故に「環境とサインを取捨する」という事は
 トレードにおいて大切な技術になるんだろうな…。ジイさん。』




なーんちゃって。

またまたお話が長くなりました。 m(_ _)m


ではまた来週。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX情報をもっと見る
過去ログ
2019年09月(3)
2019年08月(3)
2019年07月(4)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(3)
2019年03月(5)
2019年02月(4)
2019年01月(4)
2018年12月(4)
2018年11月(4)
2018年10月(4)
2018年09月(5)
2018年08月(3)
2018年07月(5)
2018年06月(4)
2018年05月(4)
2018年04月(4)
2018年03月(4)
2018年02月(4)
2018年01月(4)
2017年12月(4)
2017年11月(4)
2017年10月(5)
2017年09月(4)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(4)
2017年05月(4)
2017年04月(4)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(4)
2016年12月(4)
2016年11月(4)
2016年10月(5)
2016年09月(4)
2016年08月(2)
2016年07月(5)
2016年06月(4)
2016年05月(4)
2016年04月(4)
2016年03月(4)
2016年02月(4)
2016年01月(5)
2015年12月(3)
2015年11月(4)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(4)
2015年07月(4)
2015年06月(4)
2015年05月(4)
2015年04月(4)
2015年03月(4)
2015年02月(4)
2015年01月(3)
2014年12月(3)
2014年11月(4)
2014年10月(4)
2014年09月(4)
2014年08月(4)
2014年07月(4)
2014年06月(4)
2014年05月(3)
2014年04月(4)
2014年03月(4)
2014年02月(4)
2014年01月(4)
2013年12月(3)
2013年11月(4)
2013年10月(4)
2013年09月(5)
2013年08月(3)
2013年07月(4)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(4)
2013年01月(4)
2012年12月(4)
2012年11月(3)
2012年10月(4)
2012年09月(5)
2012年08月(3)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(5)
2012年03月(4)
2012年02月(4)
2012年01月(4)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(5)
2011年09月(4)
2011年08月(3)
2011年07月(5)
2011年06月(4)