FX トレードと凡事のお話 その227


トランプ米大統領が誕生して早くも一週間が過ぎましたね。
今週は日銀金融政策とFOMCに米雇用統計とイベント目白押しです。


●今週の主な予定

<1月30日(月)>

※香港・上海が旧正月で休場。

早朝6時45分にNZ貿易収支(12月)、
朝8時50分に日小売業販売額(12月)、
午後5時にスイスKOF景気先行指数(1月)、
午後7時に欧消費者信頼感確報(1月)、欧経済信頼感(1月)、
夜10時に独消費者物価指数速報(1月)、
夜10時半に米個人所得(12月)、米個人消費支出(12月)、
同夜10時半に米コアPCEデフレータ(12月)、
深夜12時に米中古住宅販売成約(12月)、
などが予定されています。
NZ・独・米の指標には注目です。


<1月31日(火)>

※香港・上海が旧正月で休場。

朝8時半に日全世帯家計調査消費支出(12月)、日失業率(12月)、
朝8時50分に日鉱工業生産速報(12月)、
午前9時01分に英GFK消費者信頼感(1月)、
午前9時半に豪NAB企業景況感指数(12月)、
正午前後(時間未定)に日銀金融政策発表、
午後2時に日新設住宅着工戸数(12月)、
午後3時半から黒田日銀総裁の定例会見、
同午後3時半に仏第4四半期GDP速報、
午後4時に独小売売上高指数(12月)、
午後4時45分に仏消費者物価指数速報(1月)、仏卸売物価指数(12月)
午後5時55分に独失業者数(1月)、独失業率(1月)、
午後6時半に英消費者信用残高(12月)、
午後7時に欧第4四半期GDP速報、
同午後7時に欧消費者物価指数速報(1月)、欧失業率(12月)、
夜10時半に加GDP(11月)、
同夜10時半に加鉱工業製品価格(12月)、加原料価格指数(12月)、
夜11時に米ケースシラー住宅価格指数(11月)、
夜11時45分に米シカゴ購買部協会景気指数(1月)、
深夜12時に米消費者信頼感指数(1月)、
などが予定されています。
日・仏・独・欧・加・米の指標と黒田日銀総裁の会見には注目です。


<2月1日(水)>

※上海が旧正月で休場。

早朝6時45分にNZ第4四半期就業者数、NZ第4四半期失業率、
午前10時に中国製造業PMI(1月)、中国非製造業PMI(1月)、
午後5時半にスイスSVME購買部協会景気指数(1月)、
午後5時50分に仏製造業PMI改定値(1月)、
午後5時55分に独製造業PMI改定値(1月)、
午後6時に欧製造業PMI改定値(1月)、
午後6時半に英製造業PMI(1月)、
夜9時に米MBA住宅ローン申請指数、
夜10時15分に米ADP雇用統計(1月)、
深夜12時に米ISM製造業景況指数(1月)、米建設支出(12月)、
深夜4時に米FOMC政策金利、米FOMC声明、
などが予定されています。
NZ・中国・英・米の指標には注目です。


<2月2日(木)>

※上海が旧正月で休場。

午前9時半に豪貿易収支(12月)、豪住宅建設許可件数(12月)、
午後2時に日消費者態度指数(1月)、
午後5時15分にスイス実質小売売上高(12月)、
午後6時に欧ECB月報、
午後6時半に英建設業PMI(1月)、
午後7時に欧生産者物価指数(12月)、
夜9時に英BOE政策金利、英BOE資産買取プログラム規模、
同夜9時に英BOE議事録要旨、英BOE四半期インフレレポート、
夜9時半からカーニー英BOE総裁の発言、
同夜9時半に米チャレンジャー人員削減予定数(1月)、
夜10時半に米第4四半期非農業部門労働生産性速報、
同夜10時半に米第4四半期単位労働コスト速報、
同夜10時半に米新規失業保険申請件数、
などが予定されています。
豪・欧・英・米の指標には注目です。


<2月3日(金)>

朝8時50分に日銀金融政策決定会合議事録(12月開催分)、
午前10時45分に中国財新製造業PMI(1月)、
午後5時50分に仏サービス業PMI改定値(1月)、
午後5時55分に独サービス業PMI改定値(1月)、
午後6時に欧サービス業PMI改定値(1月)、
午後6時半に英サービス業PMI(1月)、
午後7時に欧小売売上高(12月)、
夜10時半に米非農業部門雇用者数(1月)、米失業率(1月)、
同夜10時半に米平均時給(1月)、
夜11時に米ISM非製造業景況指数(1月)、米製造業受注指数(12月)、
などが予定されています。
中国・英・欧・米の指標には注目です。
また、EU首脳会が開催予定です。



欧州などの国債入札予定時間につきましては
http://jp.investing.com/economic-calendar/
が参考になります。



●今週(1月30日から2月3日)のドル・円・ユーロの注目点


先週は、ドルインデックスが100.75で始まり、軟調傾向で推移して
99.77へ下落した後に反発して100.53で週の終値になりました。
米10年債利回りは週レベルでは2.483%に上昇しました。
NYダウは週間266.53ドル上昇、20093.78ドルで週の取引を終える。


<ドル円>

今週のドル円相場は、上昇した場合、まずは19日の高値115.62を巡
る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は116.00の「00」ポイン
ト、さらに上昇した場合は11日の高値116.87、ここを上抜けた場合は
117.00の「00」ポイント、さらに上昇した場合は9日の高値117.53、
ここを上抜けた場合は118.00の「00」ポイント、さらに上昇した場合
3日の高値118.60を巡る攻防が注目されます。
一方、下落した場合は、まずは115.00の「00」ポイントを巡る攻防が
注目されます。ここを下抜けた場合は19日の安値114.40から20日の
安値114.21、さらに下落した場合は114.00の「00」ポイント、ここ
を下抜けた場合は16日の安値113.63、さらに下落した場合は25日の
安値113.04から113.00の「00」ポイント、ここを下抜けた場合は23
日の安値112.53、さらに下落した場合は112.00の「00」ポイント、
ここを下抜けた場合は11月28日の安値111.36を巡る攻防が注目され
ます。


今週のドル円相場は経済指標および要人発言では、30日の米個人消費
支出と米コアPCEデフレータと米中古住宅販売成約、31日の日失業率
と日鉱工業生産速報と日銀金融政策発表と黒田日銀総裁の定例会見と
米ケースシラー住宅価格指数とシカゴ購買部協会景気指数と米消費者
信頼感指数、2月1日の中国製造業PMIと中国非製造業PMIと米ADP
雇用統計と米ISM製造業景況指数とFOMC政策金利とFOMC声明、
2日の米新規失業保険申請件数、3日の日銀金融政策決定会合議事録と
中国財新製造業PMIと米非農業部門雇用者数と米失業率と米平均時給
とISM非製造業景況指数と米製造業受注指数、などが注目されます。


先週のドル円 (概況) は、週初23日に114.27レベルで始まりトラン
プ新米大統領の保護主義的な政策への懸念があったか米10年債利回
りの低下も背景に24日のオセアニア時間にかけて週安値となる112.53
へ下落しましたが、その後、切り返して、NYダウが2万ドルの大台へ
上昇して史上最高値を更新したことも背景に26日のオセアニア時間に
113.99へ反発する展開になりました。その後、113円台前半へ下押し
て揉み合いになりましたが、26日のロンドン時間からドル買い動意が
強まり米10年債利回りの上昇も背景に堅調に推移して、NY時間後半
に一時揉み合うも27日の東京時間に115円台へ上昇する展開になりま
した。その後、揉み合いとなってNY時間に発表された米第4四半期
GDP速報が市場予想を下回ったことで114.75へ下押すも、その後、
押し目は買われて週高値となる115.37へ上昇して、115.09レベルで
週の取引を終えました。

トランプ米大統領が誕生して1週間目となる先週ですが、米国第一主
義のもとTPPからの完全離脱など選挙時に掲げた公約を有言実行して
13の大統領令を発してドル円相場は揺れる展開になりましたが、115
円台へ上昇する展開になりました。
26日には2国間の通商協議の対象に通貨を含めることを表明して、異
例の方針に、今後の通商協議において為替相場も影響を受けることに
なると思われますが、ドル円のチャート的には17・18日と23・24日
のボトムに対する19日のネックラインをしっかり超えていけるのかど
うかが注目されます。
また、今週のイベントとしましては日銀金融政策の発表と米FOMCに
週末の米雇用統計などが注目されます。日米ともに大きな金融政策の
発表はないものと思われますが、リスク管理をしっかりしてトレード
に臨みたいものです。


<ユーロドル>

今週のユーロドル相場は、上昇した場合、まずは27日の高値1.0725
を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合24日の高値1.0775、
さらに上昇した場合は1.0800の「00」ポイント、ここを上抜けた場合
12月8日の高値1.0874、さらに上昇した場合は1.0900の「00」ポイ
ント、ここを上抜けた場合11月11日の高値1.0923から11月10日
の高値1.0953、さらに上昇した場合は1.1000の「000」ポイントを巡
る攻防が注目されます。
一方、下落した場合は、まずは26日の安値1.0657を巡る攻防が注目
されます。ここを下抜けた場合は1.0600の「00」ポイントから19日
の安値1.0589、さらに下落した場合は1.0500の「00」ポイント、
ここを下抜けた場合は11日の安値1.0454、さらに下落した場合は
1.0400の「00」ポイントから4日の安値1.0390を巡る攻防が注目さ
れます。


今週のユーロドル相場は経済指標では、30日の独消費者物価指数速報
31日の仏第4四半期GDP速報と独小売売上高指数と独失業者数と独
失業率と欧第4四半期GDP速報と欧消費者物価指数速報と欧失業率、
2月2日の欧生産者物価指数、3日の欧小売売上高、などが注目されま
すが、対ドル通貨ペアとして、30日の米個人消費支出と米コアPCEデ
フレータと米中古住宅販売成約、31日の米ケースシラー住宅価格指数
と米シカゴ購買部協会景気指数と米消費者信頼感指数、2月1日の中国
製造業PMIと中国非製造業PMIと米ADP雇用統計と米ISM製造業景
況指数とFOMC政策金利とFOMC声明、2日の米新規失業保険申請件
数、3日の中国財新製造業PMIと米非農業部門雇用者数と米失業率と
米平均時給と米ISM非製造業景況指数と米製造業受注指数、などが
注目されます。


先週のユーロドル (概況) は、週初23日に1.0703レベルで始まり米
10年債利回りの低下も背景に揉み合いながらも堅調傾向で推移して
24日のNY時間に週高値となる1.0775へ上昇する展開になりました。
その後、イタリア憲法裁判所が下院の選挙法の一部は違憲との判決が
あるなか25日のロンドン時間に1.0711へ下押した後に1.07代後半へ
反発して揉み合いになりましたが、26日のロンドン時間から米10年
債利回りの上昇も背景に反落してNY時間に週安値となる1.0657へ下
落する展開になりました。その後、揉み合いながらも反発して、27日
のNY時間に発表された米第4四半期GDP速報が市場予想を下回った
こと背景とするドル売りに一時1.0725へ上昇した後に1.0698レベル
で週の取引を終えました。

先週のユーロドルは週始値と週終値の差が5Pipsと上下動の揉み合い
相場となりましたが、今週は独・欧の消費者物価指数速報と欧第4四
半期GDP速報などが注目されます。また、対ドル通貨ペアとして、
米ISMの景況指数、米FOMCと週末の米雇用統計などが注目されま
すが、ある程度動意づくことに期待したいものです。




さて今回は、トレードと凡事のお話 その227 です。


前回からの続きのお話です。


投資苑で有名なアレキサンダー・エルダー博士が
トレードでは当たり前なことこそが大切として、
「投資苑3」の中でこう語っています。


「相場には秘密があります。
 秘密がないということが秘密なのです。」


相場やトレードで秘密ではない「当たり前なこと」とは
いったいぜんたい何なのでしょうか…。


今回は「トレードと凡事」その第二百二十七話です。


それでは、はじまり、はじまり〜。^^



『おい、ジイさん。先週はトランプ米大統領が就任してから
 最初の一週間だったけど、米国第一主義のもとTPP完全離脱など
 有言実行を示すように13もの大統領令を矢継ぎ早に発令して…、
 週前半は保護主義にリスク回避の動きも見られたが、
 その後、NYダウがついに2万ドル台へ上昇したよな…。』


「ふむ。そうであったのう…。溜口剛太郎殿。
 通商は多国間から2国間へとシフトすることとなって、
 そして、2国間の通商協議の対象に通貨を含めることを表明した
 ことから、今後の通商協議において為替相場も影響を受ける
 ことになろうと思われるが…、一部では米国の保護主義的な政策が
 1990年代前半のように日米金利差が拡大しても円高となる可能性を
 指摘する声も聞かれ始めているようじゃのう…。
 まぁ…、ただ、1990年代当時とは異なり、日本の多くの製造業は
 米国での現地生産も進んでいて、先週はNYダウが2万ドル台へと
 上昇して米10年債利回りも回復してきたことを背景に
 ドル円も115円台を回復する展開になったがのう…。」


『ドル円は、チャート的には18日と24日の2つのボトムに対する
 19日のネックラインとなる所を超えかけてきているようだが…、
 しっかり超えていけるのか、はたまた再び反落するのか、
 今週は日銀金融政策発表や米FOMCや米雇用統計など
 イベントが多く、今週のドル円の展開が注目されるな…。』


「ふむ…。日銀金融政策やFOMCでは大きな政策変更はない
 ものと思われるが、黒田日銀総裁の会見やFOMC声明は
 それなりに注目材料になることであろうのう…。」


『ところでさぁ…、トランプ政権のショーン・スパイサー報道官が
 「トランプ大統領就任式に集まった聴衆の数は過去最高であった。」
 と虚偽の事実を述べてしまったことに対して、
 トランプ大統領のケリーアン・コンウェイ顧問が
 「それはオルタナティブ・ファクト(もう1つの事実)。」だなんて
 強弁していていたけど…、写真を見れば明らか虚偽なのに、
 報道官や大統領顧問として信用を毀損する行為で
 みっともなく恥ずかしい寸劇だったよな…。ジイさん。』


「まぁ、新政権の発足当初で引っ込みがつかず、
 勢い、無理やり強弁で擁護してしまったものと思われるが…、
 前列側の人は過去最多であったくらいに受け止めようではないか。
 それよりも、トランプ大統領や顧問がどこまで事実を認識して
 そして深く思慮したうえで政策を実行しようとしているのかが…、
 むしろ注目されるのではなかろうか。溜口剛太郎殿。」


『それって、どういうことだよ。』


「今後、2国間の通商協議の対象に通貨を含めることになろうが…、
 世界最大の輸入大国である米国はドル高が国を利する面も多く、
 もしも副作用について深い思慮をせずドル安に誘導してしまうと
 モノが高くなって困るのは米国民となってしまうことになろう…。
 そして、中国からの輸入を制限したり、高い関税をかけたりすると
 米国の中流以下の人々の衣料品は高騰することになり…、
 また、自動車でも自国生産に重点を置き輸入に高い関税をかけると
 車両価格が高騰して困るのは米国の庶民たちとなろう…。
 『トランプ大統領を信じて投票したが生活が苦しくなった。』との
 批判が米国内から湧き上がる場合もあるのではなかろうか…。
 そして、雇用を取り戻すとしておるが…、米国はすでに
 完全雇用に近い状況という事実も無視できない事ではあるまいか。」


『政策においては副作用も十分に考慮すべきなのかもしれないよな。
 さてところで…、ジイさん。今日は何のお話だい?』


「ふむ…。今日は『人工知能(AI)とトレード』について
 お話をさせてもらうと思っておったが…、
 トランプ米大統領の就任一週間目ということで
 そちらの話に花が咲いてしもうたようじゃ…。
 そのお話はまた次回にでもさせてもらうとしよう。
 まずはAIとトレードについてとても参考になるサイトがあるので
 https://matome.naver.jp/odai/2143505597597036701
 こちらを勉強しようではないか…。」


『じゃあ、また来週に会おうぜ。ジイさん。』




なーんちゃって。

またまたお話が長くなりました。 m(_ _)m


ではまた来週。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX情報をもっと見る
過去ログ
2017年10月(3)
2017年09月(4)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(4)
2017年05月(4)
2017年04月(4)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(4)
2016年12月(4)
2016年11月(4)
2016年10月(5)
2016年09月(4)
2016年08月(2)
2016年07月(5)
2016年06月(4)
2016年05月(4)
2016年04月(4)
2016年03月(4)
2016年02月(4)
2016年01月(5)
2015年12月(3)
2015年11月(4)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(4)
2015年07月(4)
2015年06月(4)
2015年05月(4)
2015年04月(4)
2015年03月(4)
2015年02月(4)
2015年01月(3)
2014年12月(3)
2014年11月(4)
2014年10月(4)
2014年09月(4)
2014年08月(4)
2014年07月(4)
2014年06月(4)
2014年05月(3)
2014年04月(4)
2014年03月(4)
2014年02月(4)
2014年01月(4)
2013年12月(3)
2013年11月(4)
2013年10月(4)
2013年09月(5)
2013年08月(3)
2013年07月(4)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(4)
2013年01月(4)
2012年12月(4)
2012年11月(3)
2012年10月(4)
2012年09月(5)
2012年08月(3)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(5)
2012年03月(4)
2012年02月(4)
2012年01月(4)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(5)
2011年09月(4)
2011年08月(3)
2011年07月(5)
2011年06月(4)
2011年05月(5)
2011年04月(4)
2011年03月(4)
2011年02月(4)
2011年01月(5)
2010年12月(4)
2010年11月(4)
2010年10月(5)
2010年09月(4)
2010年08月(5)
2010年07月(4)
2010年06月(4)
2010年05月(5)
2010年04月(4)
2010年03月(5)
2010年02月(4)
2010年01月(4)
2009年12月(7)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(8)
2009年08月(9)
2009年07月(13)