トレードと凡事の徹底のお話 その2


中国人民銀行が上下0.5%以内に規制していた人民元の変動幅を
今月16日から上下1%に拡大することを決定しましたね。

●先週の主な出来事

<4月9日(月)>

週初のオセアニア時間は豪ドルがやや反落して始まりました。
米雇用統計明けの週初の市場は比較的静かなスタートでした。
イースターで豪やNZの市場は休みでした。
ダウ先物が大きく下落して始まりました。
原油先物も下落して始まり軟調に推移しました。
主要通貨ペアがリスク回避動意で軟調になりました。
東京時間が近づく頃に一時ドルストレートがやや反発をみせました。
日国際貿易収支(2月)は予想より弱い+1021億円、
日国際経常収支(2月)は予想より強い1兆1778億円になりました。
限定的ながら円買い反応が一時みられました。
日経平均は大きく下落して始まり軟調に推移しました。
東京時間序盤はドル買い動意が優勢の展開になりました。
ドルストレートが反落してドル円がやや反発しました。
アジアの株式市場は下落して始まりました。
中国消費者物価指数(3月)は予想より強い+3.6%、
中国生産者物価指数(3月)は予想とおりの−0.3%になりました。
市場反応は限定的でした。
その後、ダウ先物やアジアの株式市場が下げ渋りになりました。
中国上海株式市場が下げ幅を縮小しました。
ダウ先物がやや反発して揉み合う展開になりました。
ドルストレートやクロス円が反発をみせました。
東京時間午後は主要通貨ペアが揉み合い推移になりました。
日景気ウォッチャー調査現状判断DI(3月)は予想より強い51.8、
同先行判断DI(3月)は前回値より弱い49.7になりました。
市場反応は限定的でした。
日経平均は前週末比−142.19円で大引けになりました。
中国上海株式市場が終盤にかけて再び軟調傾向になりました。
欧・英・独・スイスなどの市場はイースターで休みでした。
ロンドン時間序盤はややドル売り優勢の展開になりました。
ドルストレートが反発してドル円が反落しました。
クロス円はやや軟調傾向の上下動の揉み合いになりました。
日経済財政相が、
「デフレ脱却と経済活性化が課題。新会議で経済状況を点検する。」
との発言をしました。
ポルトガル統計局が、
「2月の貿易収支では輸出の急増と輸入の減少を受け赤字が縮小。
輸出が前年同月比13.2%増加。輸入は3.5%減。」
との発表をしました。
ポルトガル中銀が、
「ポルドガル国内民間銀行によるECBの資金供給の利用残高は、
2月の475.5億ユーロから、3月は563.2億ユーロに18%増加。」
との発表をしました。
英債務管理庁のスティーマン長官が、
「英BOEの資産買い入れプログラムを注視している。
今のところ問題はないはないが英BOEによる大量購入が
需給関係を歪める可能性がありその場合はBOEに連絡を取る。」
との発言をしました。
IIF国際金融協会が、
「欧州にはより規模の大きい域内救済基金と、
ギリシャやアイルランドやポルトガルが直面する恐れのある
資金不足を補うための取り組みが必要。」
との見解を示しました。
NY時間が近づく頃にダウ先物が再び反落しました。
原油先物は軟調に推移しました。
ポンドドルなどに反落の動きがみられました。
NYダウは下落して始まり軟調に推移しました。
NY時間序盤ではドルストレートやクロス円に反落がみられました。
米10年債利回りが2.03%あたりに低下しました。
その後、ドルストレートが反発上昇しました。
資源国通貨が一時堅調傾向で推移しました。
ドル円は小幅な揉み合いが続きました。
加第1四半期企業景況感調査は予想売上高が+35.00になりました。
米CB雇用トレンド指数(3月)は前月比で0.18%低下の107.28でした。
スペイン政府が、
「財政再建のために保有している銀行株の売却を加速させる。
ヘルスケアや教育分野での100億ユーロの予算削減の実施をする。
来年には単年度財政赤字をGDPの3%に削減する目標を再度表明。」
などの発表をしました。
原油先物が一時101ドル台を割り込む場面がありました。
その後、NYダウが下げ幅を縮小していきました。
ユーロドルやポンドルなどドルストレートが堅調に推移しました。
クロス円も堅調傾向で推移しました。
深夜2時頃からドル円が反発上昇しました。
ユーロ円が107円台を一時回復しました。
原油先物が反発上昇していきました。
NY時間終盤にかけてNYダウが再び反落する展開になりました。
豪ドル米ドルなどドルストレートが反落しました。
ドル円は小幅揉み合いになっていきました。
米10年債利回りは2.04%あたりになりました。
NY原油(WTI)は102ドル台半ばあたりで引けました。
NYダウは祝日前比−130.55ドルでこの日の取引を終えました。
3月13日以来の約1ヶ月ぶりに13000ドルの大台を割り込みました。

<4月10日(火)>

ブラジル大統領が、オバマ米大統領との首脳会談で、
「世界経済にはややスタグフレーションのリスクがある。
幾つかの国は人為的に通貨を切り下げている。
財政抑制策が景気回復を阻害している。」
などの認識を示しました。
米WSJ紙のウェブ版が、
「ギリシャでは11日に議会の解散が見込まれている。」
と観測報道しました。
ギリシャの新民主主義党の党首が、
「ギリシャの総選挙は5月6日に実施される見込み。。
ギリシャ新民主主義党は議会で過半数を得ることを目指す。」
などの発言をしました。
ロイター通信の調査では、
「米政府公認証券ディーラー15社のうち11社が、
バーナンキ議長は6月にQE3を発表すると予想している。」
との結果が示されました。
ギラード豪首相が、
「財政黒字を達成する予定。それはRBAに政策変更の余地を与える。
豪州の高齢者ケアは問題が山積。成長見通しは潜在成長に沿うもの。
豪経済のファンダメンタルズは強固。」
などの発言をしました。
オセアニア時間は主要通貨ペアが一時やや軟調に推移しました。
その後、ドル売り傾向の展開になりました。
豪ドル米ドルなどドルストレートが反発をみせました。
ドル円は上下動の小幅な揉み合いになりました。
英RICS住宅価格(3月)は予想より強い−10.0%になりました。
市場反応は限定的でした。
バーナンキFRB議長が、
「米経済は金融危機の影響から回復したとの状況からはほど遠い。
金融安定政策の枠組みはまだ水準に達していない。
システムリスクの理解と体系的監督の観点採用には進展が見られる。
金融安定化政策は現在では中銀にとって金融政策と同等の責務。」
などの見解を示しました。
経済情勢や金融政策見通しに言及しなく市場反応は限定的でした。
豪AIG建設業指数(3月)は前月より強い36.2になりました。
市場反応は限定的でした。
日経平均は前日比プラス圏で始まりました。
東京時間序盤はドル買い動意が優勢の展開になりました。
ドル円が反発上昇してドルストレートがやや反落しました。
バーナンキFRB議長が、講演後の質疑応答で、
「FRBは新たな住宅大幅下落の回避措置をとった。
FRBは信用危機回避のために多くの新たな手段を用いた。
FRBは国際的に一貫性ある資本ルールを望んでいる。
世界の監督当局者の間に協力の精神が必要。
金融システム内の不透明な領域の精査に重点を置き、
金融システム全体を保護する規制を設ける必要。
MMF業界を守るためには更なる規制措置が必要になる可能性。」
などの発言をしました。
日財務相が、
「(円相場では)一喜一憂しない。
4月は経済指標など上向きな流れとなっている。
ここで土台を作り飛躍しないといけない。
日銀は注意深く適宜適切に対応していくれると思う。」
などの発言をしました。
日経済相が、
「日銀にはCPI1%上昇に向けて柔軟・果断な金融政策を期待。」
との発言をしました。
ダウ先物や原油先物がしだいに反発していきました。
日経平均が堅調傾向で推移しました。
仲値近くからユーロドルなどドルストレートが反発しました。
値値後にドル円が反落する展開になりました。
豪NAB企業景況感指数(3月)は前月より強い+4になりました。
豪NAB消費者信頼感(3月)は前月より強い+3になりました。
豪求人広告件数(3月)は前月比+1.0%の3年ぶりの高水準でした。
豪ドル買い反応がみられました。
アジアの株式市場はまちまちの展開になりました。
韓国の株式市場は堅調傾向で推移しました。
中国上海株式市場は安寄りの後に反発して揉み合いました。
香港の株式市場は軟調傾向で推移しました。
新華社が「中国の第1四半期の中国貿易収支は6.7億ドルの黒字。」
との観測報道をしました。
豪ドルなど資源国通貨が上昇しました。
その後、中国上海株式市場が軟調に推移する展開になりました。
韓国の株式市場が反落しました。
ダウ先物がやや反落して揉み合いになりました。
中国貿易収支(3月)は予想より強い+53.5億ドルになりました。
豪ドルなどドルストレートが事実売りを浴びて反落しました。
正午過ぎに日銀が政策金利の据え置きを発表しました。
日銀声明では、
「金融政策の現状維持を全員一致で決定。
金利を6ヶ月物ドルLIBORで半年ごとに見直し貸付期間は1年で
3回の借り換えを可能とする米ドル融資枠の新設を決定。
成長基盤支援ドル供給は貸付総額120億ドル。
1回あたり20億ドル程度を予定。金融機関ごと貸付上限は10億ドル。
成長基盤支援ドル供給は四半期に一度貸し付けを実施する。
資産買い入れ基金の水準は現状維持とする。
日本経済は横ばい圏内にあるが持ち直しに向ける動きがみられる。
日本経済の先行きは緩やかな回復経路に復していくと考えられる。
消費者物価の前年比は当面ゼロ%近辺で推移。
海外経済は全体としてなお減速した状態から脱していない。
国際金融資本市場は総じて落ち着いている。
世界経済めぐる不確実性が引き続き大きい。
国際商品市況や中長期的な予想物価上昇率など注視必要。
デフレからの脱却は成長力強化と金融面の後押しを通じて実現。
日銀は強力に金融緩和を推進。成長強化に向けた取組を支援。」
などが示されました。
追加緩和が見送られたことで円買い動意になりました。
ドル円やクロス円が反落する展開になりました。
原油先物に反落の動きがみられました。
日経平均が上げ幅を縮小して前日比マイナス圏へ反落しました。
スイス失業率(3月)は予想より強い3.2%になりました。
市場反応は限定的でした。
日工作機械受注速報(3月)は前月より強い+2.4%になりました。
日経平均は前日比−8.24円で大引けになりました。
独貿易収支(2月)は予想より強い+147億ユーロ、
独経常収支(2月)は予想より弱い+11億ユーロになりました。
市場反応は限定的でした。
中国上海株式市場が終盤にかけて反発しました。
ダウ先物にやや反発の動きがみられました。
AP通信が「北朝鮮がロケット打ち上げの準備を完了させた。」
と報道しました。
日銀総裁の記者会見では、
「穏やかな回復復帰の可能性高まりつつある。
欧州債務問題のテールリスクは低下している。
次回会合では特に念入りに点検し適切に政策運営する。
次回会合の判断を予め予断するのは慎む。」
などの発言をしました。
ロンドン時間序盤は主要通貨ペアが軟調傾向で推移しました。
ポンドドルなどドルストレートが下落しました。
スペイン中銀の総裁が、
「景気が悪化し続けるようなら銀行の更なる資本増強が必要。
国内銀行の検査はまもなく完了する。スペインは更なる改革が必要。
債務危機からの回復は遅い。」
などの認識を示しました。
祝日明けの欧州株式市場は下落して始まりました。
午後5時頃から主要通貨ペアの下落が一服になりました。
欧州の株式市場が下げ幅を縮小して揉み合いになりました。
ダウ先物がやや反発上昇して揉み合いました。
スペイン10年債利回りが5.90%、ポルトガル10年債利回りが12.32%、
伊10年債利回りが5.58%など、それぞれ利回りが上昇しました。
伊の株式市場が5%近く下落しました。
午後6時頃から主要通貨ペアが再び反落して揉み合いました。
ダウ先物に再び反落の動きがみられました。
EU筋が、スペインの財政案への最初の検査を終えて、
「好ましく見ている。スペインは正しい方向に向かっている。」
との見解を発表しました。
スイスSNBの暫定総裁が、
「フラン相場をめぐる政策への(市場の)懐疑は間違っている。
あらゆる手段でフラン相場の上限を防衛する。」
と発言しました。
ややフラン売りがみられましたが限定的でした。
午後8時頃からユーロドルなどドルストレートが反発しました。
クロス円に一時反発の動きがみられました。
原油先物にやや反発の動きがみられました。
LIBORドル3ヶ月物金利は祝日前水準の0.46915%でした。
OECDが、
「ユーロ圏経済は転換点に達した可能性。
しかし伊や仏など主要国経済は低迷が続く見通。」
などの見解を発表しました。
NY時間序盤はドル売り動意が優勢の展開になりました。
ドル円が再び下落して一時81円台を割り込みました。
ドルストレートが上昇しました。
仏短期債の入札では、
「12週間物では発行額が37.06億ユーロ。
応札倍率は2.763倍、平均落札利回りは0.084%。」
などになりました。
午後10時近くからドルストレートに反落の動きがみられました。
NYダウは小幅安で始まり前日比マイナス圏で揉み合いました。
ドル円にやや反発の動きがみられました。
米卸売在庫(2月)は予想より強い+0.9%になりました。
ダウ先物が下落幅を拡大しました。
ドル円が再び81円台を割り込み下落しました。
主要通貨ペアが軟調に推移しました。
原油先物が軟調に推移しました。
独与党のCDUキリスト教民主同盟の幹部のフックス議員が、
「欧州ファイアウォールをこれ以上拡大するのは適切ではない。
スペインと伊は必要なことを実施している。
スペインに関しては懸念する必要はない。
独議会にはこれ以上のファイアウォール拡大には反対が多い。」
などの発言をしました。
欧州株式市場が終盤にかけて下げ幅を拡大しました。
NYダウの下落が強くなっていきました。
ドルストレートが一段安になりました。
米10年債利回りが一時1.98%あたりまで低下しました。
深夜1時半頃からドルストレートが反発をみせました。
オーストリア中銀総裁が、
「現状では長期流動性供給のLTROは必要ないが、
今後の可能性は排除しない。
スペインは更なるステップをとる必要がある。」
などの認識を示しました。
米3年債の入札では、
「最高落札利回りが0.427%、応札倍率が前回より弱い3.36倍。」
などの結果になりました。
ドル円の軟調が続きました。
豪ドル円が82円台後半へ下落しました。
ダラス連銀総裁が、
「米国は過剰流動性の状況。雇用について伸びが不充分。
財政については不透明感が最大限に高まっている。
弱い雇用統計に関してはやや注目されるが、
経済に対する見方に変化を及ぼすものではない。
単月の数字で物事の決定はできない。」
などQE3へ否定的見解を示しました。
アトランタ連銀総裁の講演では金融システム改革の必要性
についてが主で金融政策への言及はありませんでした。
ミネアポリス連銀総裁が、
「6〜9ヶ月の間に緩和解除を始める必要。
2012年終盤にも利上げを正当化する条件が整う可能性。」
などの見解を示しました。
豪ドル米ドルなどドルストレートが再び反落しました。
FRBの公定歩合議事録では、
「カンザスシティー連銀が公定歩合1%への引き上げを要求。
10地区連銀が公定歩合の据え置きを要求。
ボストン連銀が公定歩合0.5%へ引き下げを要求。
経済活動は引き続き改善。見通しは慎重なまま。
エネルギー高が消費者の購買力奪い物価上げるリスク。
理事らは大半が公定歩合の維持を推奨した。」
などが示されました。
米10年債利回りは1.99%あたりになりました。
NY原油(WTI)は101ドルあたりに下落しました。
NYダウは大幅下落になり前日比−213.66ドルで取引を終えました。


<4月11日(水)>

NYクローズ後に発表された米アルコアの1-3月期決算では、
「1株利益が市場予想より強い0.10ドル、売上高60億ドル。」
と、69%の減益にはなりましたが予想より強い結果でした。
ダウ先物にやや反発の動きがみられました。
API米石油協会の週間石油在庫統計では、
原油在庫が658万バレルと大幅に増加しました。
NZ第1四半期NZIER企業景況感は前期より強い+13になりました。
英BRC小売売上調査の既存店売上は予想より強い前年比+1.3%、
同全店調査が予想より強い前年比+3.6%になりました。
市場反応は限定的でした。
オセアニア時間ではドル買い動意がやや優勢の展開になりました。
午前8時頃にドル円が一時反発をみせました。
ドルストレートが軟調に推移しました。
IMF関係筋が「中国の経常黒字見通しを下方修正へ。」
との発表しました。
豪ドルなど資源国通貨が下落しました。
日財務相が「為替の動向に一喜一憂しない。」と発言しました。
ドル円が再び反落して揉み合いになりました。
日機械受注(2月)は予想より強い+4.8%になりました。
日経平均は大きく下落して始まりました。
東京時間序盤はドル円が揉み合いになりました。
豪ドルなど資源国通貨に反発の動きがみられました。
ダウ先物はやや反発した後に揉み合いになりました。
豪Westpac消費者信頼感指数(4月)は前月より弱い94.5でした。
アジア開銀が、
「中国の2013年の成長率予想を8.7%と予想。
2012年の中国の成長率予想を9.1%から8.5%に引き下げる。
中国の2012年のインフレ率は4.0%の見込み。
短期的にさらなる刺激策が必要な明確な根拠はない。
中国の成長にとっての下振れリスクは対外需要。
新興アジア諸国の成長率予想、2012年6.9%、2013年7.3%。
アジアの平均インフレ率は2012年4.6%、2013年4.4%。」
などの見通しを発表しました。
豪住宅ローン許可件数(2月)は予想よりは強い−2.5%でした。
アジアの株式市場は下落して始まりました。
その後、中国上海株式市場が反発上昇する展開になりました。
豪ドルが反発上昇を強めました。
ユーロドルなどドルストレートが反発しました。
ダウ先物はジリ高で推移しました。
豪主要労働組合のAWUが、
「豪RBAは金利政策を誤っている。
豪ドル安を促すとともに製造業部門の雇用喪失に歯止めするべく
政策金利を引き下げるよう要請する。」
との発表をしました。
市場反応は限定的でした。
午後1時半頃に一部メディアが、日銀の関係筋からの情報として、
「日銀は次回会合で追加緩和検討へ。
日銀は追加緩和で資産買入基金の増額を検討。」
との観測報道をしました。
ドル円やクロス円が一時急上昇する場面がありました。
日経平均が下げ幅をやや縮小しました。
日銀金融経済月報では、
「先行きの生産緩やかに増加。4-6月にかけて増加基調へ。
海外経済は改善の動きがみられている。
輸出はこれまでのところ横ばい圏内。
生産は横ばい圏内にあるが持ち直しに向かう動きがみられている。
復興需要で公共投資が増加。住宅投資持ち直しへ。
日本経済は横ばい圏内にあるが持ち直しに向かう見込み。」
などが示されました。
中国上海株式市場がやや反落して前日終値レベルで揉み合いました。
日経平均は7日続落で前日比−79.28円で大引けになりました。
原油先物は101ドル台前半で揉み合いになりました。
独卸売物価指数(3月)は前月より弱い前月比+0.9%になりました。
ロンドン時間序盤はドル売りが優勢の展開になりました。
ドル円が反落してユーロドルなどドルストレートが上昇しました。
ユーロドルが1.31台を回復しました。
中国上海株式市場が小幅高で取引を終えました。
欧州株式市場は安寄りの後に前日比プラス圏へ反発しました。
ダウ先物に上昇の動きがみられました。
スペイン国債のCDSの保証料が過去最高水準に上昇しました。
その後、ユーロドルなどドルストレートが反落しました。
クロス円に反落の動きがみられました。
欧州の株式市場やダウ先物に反落の動きがみられました。
ECBのクーレ専務理事が、
「スペイン情勢は市場が神経質であることを示唆している。
長期資金供給オペが変動金利であることは重要。
スペイン金利は正常化すべき。
国債購入措置に関してスペインについても活用は可能。」
などの認識を示しました。
スペインの10年債利回りが5.91%あたりに低下しました。
その後、午後5時頃からドルストレートが反発して揉み合いました。
ドル円がやや反発をみせてクロス円が反発しました。
欧州の株式市場やダウ先物が反発して揉み合いになりました。
インドネシア地方でM8.6の地震が発生しました。
日財務相が、
「日銀には2月の緩和策の効果を見極め次回会合に臨んで欲しい。
デフレ脱却の出口に関して今月はこの1年を占ううえで重要な月。
日銀は適時適切に対応してくれると思う。
政策を出し渋ってはいないと思っている。」
などの発言をしました。
伊短期債の入札では、目標11億ユーロに対して同額発行されて、
「1年物では、発行額が80億ユーロ。
落札利回りが前回より高い2.840%、
応札倍率が前回より高い1.52倍。」
などの結果になりました。
独10年債の入札では、
「応札額41.09億ユーロに対して発行額が38.7億ユーロ。
平均落札利回りが前回より低い1.77%、
応札倍率が前より低い1.1倍。」
となるなど、応札額が目標を下回る「札割れ」になりました。
ユーロ売り反応がみられユーロドルなどが反落しました。
ロンドン時間序盤の為替市場は神経質な上下動になりました。
その後、欧州株式市場やダウ先物が反発して堅調推移になりました。
原油先物に反発の動きがみられました。
ユーロドルや豪ドル米ドルなどドルストレートが反発上昇しました。
ドル円も反発してクロス円も反発上昇しました。
欧州委員会が、
「スペインは赤字に対して重要な努力をしている。
スペインは新たな財政緊縮プランの全体像を提示する必要がある。
スペインは銀行資本増強のためEFSFから支援は必要ない可能性。」
などの見解を示しました。
ドイツ当局が、低調だった10年債入札を受けて、
「投資家の独債への興味が欠乏したわけではない。
多少高い不確実性の中では良い結果だった。」
などの見解を示しました。
LIBORドル3ヶ月物金利は0.46865%に低下しました。
ダウ先物や欧州の株式市場は堅調傾向で推移しました。
スペインの首相が、
「膨大な仕事が待ち受けている。我々の責任は大変大きい。
多くの地域は資金調達に問題がある。
向こう4年間の目的は成長と雇用創出。
スペインが救済を必要としないことは明白だが、
債権者の信頼を得なければならない。」
などの発言をしました。
午後7時頃からドル円の反発が一服になりました。
午後8時頃からドルストレートが上昇一服になりました。
欧州株式市場やダウ先物にやや反落の動きがみられました。
市場替わりのNY時間序盤はドルストレートが反落しました。
加住宅着工件数(3月)は予想より強い21.56万人になりました。
市場反応は限定的でした。
アトランタ連銀総裁が、
「2014年終盤まで低金利維持との文言は経済の現状に概ね一致。
追加緩和が必要なら不胎化伴う国債買い入れが選択肢の1つ。
追加国債買い入れには米経済に劇的な負の変化が必要。」
などの発言をしました。
米輸入物価指数(3月)は予想より強い+1.3%になりました。
午後9時半頃から欧州株式市場やダウ先物が再上昇をみせました。
ドルストレートやドル円に再び反発の動きがみられました。
米10年債利回りが2.03%超に上昇しました。
午後10時頃にユーロドルなどドルストレートが一時反落しました。
NY時間序盤は為替市場が神経質な展開になりました。
NYダウは上昇して始まりました。
ドル円が上昇して81円台を回復しました。
主要通貨ペアが堅調傾向で推移しました。
原油先物が反発上昇しました。
米CNBCが「ギリシャ債務交換の参加率が96.6%になった。」
との報道をしました。
米当局がアップルなどを反トラスト法違反で提訴しました。
EIA週間石油在庫統計は原油在庫が279万1000バレルの増加でした。
ロンドンフィックスが近づく頃に主要通貨ペアが反落しました。
欧州の株式市場が終盤にかけて上昇幅を縮小しました。
格付け会社のフィッチが、
「中国の外貨建て格付けをA+に据え置く。
自国通貨建て格付けをAA−に据え置く。
見通しは外貨建てが安定的、自国通貨建てがネガティブ。
中国不動産市場の巻き戻しとなった場合は大きなリスクの可能性。」
との発表をしました。
深夜1時頃からドルストレートが反発をみせて揉み合いました。
ギリシャの総選挙が5月6日に実施されることが決定しました。
米10年債の入札では、最高落札利回りが2.043%、
応札倍率が前回より低い3.08倍になりました。
伊の財務省債務管理局の局長が、
「伊と独の利回り格差の拡大の半分は独国債の利回り低下に起因。
投資家は避難先を求めている可能性。
債券下落の多くはスペインからの影響が大きい。」
などの見解を示しました。
オランダ中銀総裁が、
「スペインはユーロ圏の最大の問題になっている。
市場の信頼回復のために迅速に改革に着手する必要。
長期流動性供給オペLTROはファンダメタルズの根本的な
解決にはならない。時間稼ぎにしかならない。」
などの見解を示しました。
米財政収支(3月)は予想より弱い−1982億ドルになりました。
米地区連銀経済報告では、
「5地区の活動は緩やかなペースで拡大。
クリーブランドとセントルイスは緩慢な成長。
製造業は自動車とITを中心に大半の地区で拡大継続。
多くの地区の製造業は短期的な成長見通しを楽観。
石油価格の上昇をやや懸念。
小売業は前向き。異例の暖冬が販売増に貢献の地区もある。
家計消費の短期的な見通しは勇気づけられる。
新車販売は多くの地区で強いか強まっていると報告。
住宅市場はやや改善。非居住用不動産は強まったか安定的。
雇用活動は安定的か小幅に増加した地区が多い。
賃金上昇圧力は抑制。インフレ率全般的に低い。」
などが示されました。
NYダウが終盤にかけてやや反落する展開になりました。
主要通貨ペアがやや反落しました。
米WSJ紙が、ゴールドマン・サックスのエコノミストの見解として
「スイスSNBが防衛ラインを1.25に引き上げる可能性。」
との観測報道をしました。
ユーロスイスが上昇しました。
ユーロドルなどドルストレートが終盤にかけてやや反発しました。
米10年債利回りは2.03%あたりになりました。
NY原油(WTI)は102ドル台後半で引けました。
NYダウは6日ぶりに反発して前日比+89.46ドルで大引けました。

<4月12日(木)>

セントルイス連銀総裁が、
「3月の米雇用統計はデータのひとつに過ぎない、
景気回復との見通しを大きく変えるものではない。
最近の雇用データの多くは上方修正されていた。
2014年までの文言によりツイストオペ終了後も緩和効果が続く。」
などの見解を示しました。
オセアニア時間はややドル売り傾向の揉み合いになりました。
メキシコの太平洋沖でM6.9の地震がありました。
イエレンFRB副議長が、
「米経済は徐々に回復と予想。米国外の低成長が米見通しを圧迫。
住宅市場や財政政策が経済への逆風。
最近の雇用増は我々が必要しているよりもはるかに少ない。
インフレ率は2%以下にとどまると予想。
雇用の拡大ペースは時間とともに若干強まる見通し。
米雇用見通しは非常に緩和的な政策を正当化。
回復ペースが予想下回れば一段の金融緩和が正当化される可能性。
回復が大幅に加速すれば予測より早い時期の引き締め開始が必要。
ECBとのスワップ枠が安定化で役割果たしてきた。
米国の財政アプローチは持続的でない。秩序ある金融政策を支持。
さらなるQE後にFRBがインフレ抑制可能と確信。
6月のツイストオペ終了は引き締めにならないだろう。」
などの発言をしました。
東京時間が近づく頃に主要通貨ペアが反発上昇しました。
日国内企業物価指数(3月)は予想より強い+0.6%になりました。
日経平均は前日比プラス圏で始まりました。
ダウ先物が反発の後に反落して揉み合う展開になりました。
東京時間序盤はドルストレートに反落の動きがみられました。
ドル円は小幅な揉み合いになりました。
日経平均が前日マイナス圏へ一時反落しました。
日銀総裁が、
「日本経済のデフレからの脱却がきわめて重要な課題と認識。
日銀は強力に金融緩和を推進。成長に向けて民間金融機関を支援。
日本経済は横ばい圏内にあるが持ち直しに向かう動きみられている。
消費者物価の前年比は当面ゼロ%近辺で推移。
世界経済をめぐる不確実性は引き続き大きい。」
などの見解を示しました。
豪新規雇用者数(3月)は予想よりかなり強い4.4万人、
豪失業率(3月)は予想より強い5.2%になりました。
豪ドルが急上昇しました。
日経平均が反発して前日プラス圏で揉み合いになりました。
ドル円が反発をみせました。
アジアの株式市場はまちまちの展開になりました。
韓国の株式市場は前日比マイナス圏で推移しました。
中国上海株式市場は前日比プラス圏で揉み合いました。
その後、ダウ先物が反発上昇しました。
午前11時頃からドル売り優勢の相場展開になりました。
ユーロドルなどドルストレートが上昇してドル円が反落しました。
世界銀行が、
「中国の2012年インフレ率は3.2%。
中国2012年のGDP見通しを8.2%に下方修正。
中国の輸出は弱く人民元の上昇ペースは鈍化。」
などの見通しを発表しました。
正午頃からユーロドルなどドルストレートがやや反落しました。
NZの財務相が、
「NZの成長見通しは妥当。NZドルは相対的に高い。
財政は黒字化に向けて軌道に乗っている。」
などの発言をしました。
市場反応は限定的でした。
フィンランド中銀総裁が、
「インフレ期待は充分に抑制されている。
スペインは公約を維持する必要。
債務危機からの回復は一様でなく脆弱。
世界の経済成長は鈍化しつつある。」
などの認識を示しました。
午後1時過ぎにダウ先物や上海株式市場や原油先物が反発しました。
日経平均が終盤にかけて反発上昇しました。
主要通貨ペアに反発の動きがみられました。
日月例経済報告では、
「景気は緩やかに持ち直して6ヶ月連続で基調判断を維持。
輸出と住宅建設を上方修正。物価は横這いに変更。」
などが示されました。
日銀地域経済報告では、
「9地域の景気判断は東海・四国で改善、7地域で横ばい。」
などが示されました。
日経平均は前日比+66.05円で大引けになりました。
中国上海株式市場がしだいに堅調に推移になりました。
ロンドン序盤は伊債入札が意識されてかユーロドルが反落しました。
欧州の株式市場は前日比プラス圏で始まりました。
その後、欧州の株式市場やダウ先物が反落して揉み合いました。
午後5時頃から主要通貨ペアにやや反発の動きがみられました。
ECBの月報では、
「景気回復は緩慢の見込み。リスクは下向き。
インフレのリスクは上方向。」などが示されました。
英商品貿易収支(2月)は予想より弱い−87.72億ポンドでした。
ポンドが上げては下げる上下動になりました。
伊国債の利回りが一時上昇しました。
欧鉱工業生産指数(2月)は予想より強い+0.5%になりました。
伊債の入札と重なりユーロが上下動になりました。
伊3年債の入札では、28.84億ユーロ発行されて、
「落札利回りが前回よりかなり高い3.89%、(前回は2.76%)
応札倍率が前回より低い1.435倍。」と、やや不調でした。
その後、伊10年債利回りは5.40%あたりに、
スペイン10年債利回りは5.81%あたりと、それぞれ低下しました。
ダウ先物や欧州の株式市場が反発する展開になりました。
原油先物が堅調傾向で推移しました。
午後7時頃からドル売りが優勢の相場展開になりました。
ユーロドル主導でドルストレートが反発上昇しました。
ドル円はやや軟調傾向の揉み合いになりました。
ダドリーNY連銀総裁が、
「米経済はリスクに直面して強い逆風を受けている。
米第1四半期GDP伸び率は2.25%と予想。
失業率8.2%は受け入れがたい高水準。
ガソリン価格の上昇が購買力を奪っている可能性。
FRBはQE3の費用対効果を考慮する必要。
景気見通しが悪化すればQE3の利点が高まる。
14年終盤までの低金利維持の変更を正当化する指標は未確認。」
などの認識を示しました。
LIBORドル3ヶ月物金利は0.46665%に低下しました。
NY時間序盤はドルストレートにやや反落の動きがみられました。
ドル円がやや反発をみせて揉み合いました。
米貿易収支(2月)は予想よりは強い−460億ドル、
米生産者物価指数(2月)は前年比で予想より弱い+2.8%、
米生産者物価指数コア(2月)は前年比で予想より強い+2.9%、
米新規失業保険申請件数は予想より弱い38.0万件になりました。
指標発表直後はドル売り反応になりました。
ドル円が81円台を割り込み反落しました。
ダウ先物や欧州株式市場や原油先物が反落する展開になりました。
その後、ドルストレートが反落する展開になりました。
主要通貨ペアが軟調になりました。
加新築住宅価格指数(2月)は予想より強い+0.3%、
加国際商品貿易(2月)は予想より弱い+2.9億加ドルになりました。
加ドル売り反応がみられました。
欧州の株式市場が前日比マイナス圏へ一時下落しました。
米10年債利回りが一時2.0139%あたりに低下しました。
午後10時頃からドルストレートが反発上昇しました。
ドル円は軟調傾向が続きました。
NYダウは上昇して始まり堅調に推移しました。
欧州の株式市場や原油先物が反発上昇しました。
米10年債利回りが一時2.06%あたりに上昇しました。
NYダウが堅調に推移しました。
しばらくドル売り動意が優勢の展開になりました。
ドルストレートが上昇してドル円が軟調に推移しました。
ユーロドルが一時1.32台に乗せる場面がありました。
豪ドル米ドルが1.04台を回復しました。
IMFが「資金増強について当初に目指した5000億ドルから
4000億ドル規模に縮小する方針。」との発表をしました。
フィラデルフィア連銀総裁が、
「経済のシグナルは追加緩和QE3の必要性を示していない。
FRBはトレンドに注視すべき。単月数値にとらわれてはならない。」
などの見解を示しました。
深夜2時半ころからユーロドルが緩やかに反落していきました。
米30年債の入札では、
「最高落札利回りが3.230%、応札倍率が前回より高い2.76倍。」
になりました。
ECBのゴンザレスパラモ専務理事が、
「ECBは国債の購入が依然として可能。
スペインは大き尽力をしている。財政目標を達成するだろう。」
などの発言をしました。
FRBのラスキン理事が、
「回復ペースが上向きつつある可能性示す兆候がある。
長期失業問題は明らかに道のりは長い。
現在の弱い回復は住宅活動の厳しい低迷で説明できる。
一段の緩和政策姿勢は株価など引き上げるがドル相場は引き下げる。
物価安定のもとで雇用最大化ができること何でも実施する。」
などの発言をしました。
NY時間終盤にかけてドル円がやや反発しました。
WSJ紙のエコミスト調査では、
「弱い米雇用統計でも多くのエコノミストはQE3を期待していない。
年末までの失業率のエコノミスト予想は7.9%。
エコノミストの多くはFRB利上げ再開は14年の前と見込んでいる。」
などが示されました。
米10年債利回りは2.05%あたりになりました。
NY原油(WTI)は103ドル台後半で引けました。
NYダウは前日比+181.19ドルでこの日の取引を終えました。

<4月13日(金)>

グーグルの1-3月期決算では、1株利益が予想より強い10.08ドル、
売上高は予想とおりの81.4億ドルなどになりました。
また、実質的に1対2の株式分割を提案しました。
オセアニア時間はドル買い傾向での小幅揉み合いになりました。
ホワイトハウスが「北朝鮮ミサイル発射を確認。」と発表しました。
米ABCが「北朝鮮のロケット発射は失敗した。」と報道しました。
ややドル買い反応がみられましたが限定的でした。
日銀金融政策決定会合議事録要旨では、
「宮尾審議委員が設備投資需要顕在化のため長期国債増額を主張。
複数委員が札割れ生じているが買入れの一段と努力が必要と主張。
欧州に対する市場の見方急変する可能性があり注意が必要。
リーマンショックのようなテールリスク顕在化の可能性は低下。
中短期国債利回りが一段と低下。累次の基金増額に一定の効果。
緩やかながら基調的に物価上昇に向かっている。」
などが示されました。
日経平均は上昇して始まり堅調に推移しました。
東京時間前半は主要通貨ペアが堅調傾向で推移しました。
ドル円がやや反落した後に反発上昇しました。
ドル円やクロス円が堅調に推移しました。
一時ドル円が81円台を回復してユーロ円が107円台を回復しました。
アジアの株式市場は上昇して始まり堅調傾向で推移しました。
中国第1四半期GDP前年同期比は予想より弱い+8.1%、
中国第1四半期GDP前期比は予想より弱い+1.8%、
中国鉱工業生産(3月)前年比は予想より強い+11.9%、
中国小売売上高(3月)前年比は予想より強い15.2%になりました。
中国のGDPは5四半期連続での低下になりました。
ドルストレートを中心に主要通貨ペアが反落しました。
豪ドル米ドルが1.04を割り込み下落しました。
ダウ先物やアジアの株式市場にやや反落の動きがみられました。
中国国家統計局が、
「第1四半期のGDP伸び率鈍化は妥当なレンジの範囲内。
輸出の伸びの安定化で依然として困難に直面。中小企業が厳しい。
第1四半期に顕在化した経済問題は特に注意が必要。
中国経済に安定化の兆し。全体の経済成長は良好な状態にある。
中国経済は着実な成長を維持する。
経済ファンダメンタルズは変わっていない。
今年、輸出の伸びを維持することは可能。
輸入インフレと国内コスト高でインフレ警戒を緩められない。」
などの見解を発表しました。
主要通貨ペアが一旦戻りとなった後に再び軟調傾向になりました。
その後、ダウ先物やアジア株式市場が反発をみせ揉み合いました。
主要通貨ペアが軟調傾向の揉み合いになっていきました。
日経平均は前日比+113.20円の9637.99円で週取引を終えました。
ドル円が81円台を割り込み下落しました。
独生産者物価指数確報(2月)は予想とおりの+2.1%でした。
市場反応は限定的でした。
欧州株式市場は下落して始まった後に一時下げ幅を縮小しました。
ユーロドルが一時反発をみせました。
ダウ先物は一時反発をみせた後に軟調傾向で推移しました。
その後、欧州株式市場が再び反落して軟調傾向で推移しました。
ドルストレートがやや軟調傾向の揉み合いになりました。
ドル円やクロス円は軟調傾向で推移しました。
原油先物は103ドル台前半で揉み合いが続きました。
ECBのアスムセン専務理事が、
「債務危機は継続している。ECBができる最高の貢献は物価安定。
財政安定はECBにとって二番目の目標。債券市場には安定の兆し。
インフレ率は来年に2%%以下へ。経済に下振れリスクがある。
ECBは必要なら行動する。ECBは危機解決でその役割を実行した。
今度は各国政府が役割を実施べき。資金供給は問題解決しない。
今年のユーロ圏は緩やかなリセッションにとどまると予想。」
などの発言をしました。
午後5時過ぎにドル円やクロス円が一段安になりました。
一部メディアが、
「スペインの銀行のECBからの借り入れが3月に倍近くに拡大。」
と報道しました。
スペインの10年債利回りが5.92%、伊の10年債利回りが5.47%、
ポルトガル10年債利回りが12.5%あたりに上昇しました。
ポンドドルなどドルストレートが軟調に推移しました。
英生産者物価指数コア(3月)は予想より弱い+2.5%、
英生産者仕入価格指数(3月)は予想より強い+1.9%、
英生産者出荷価格指数(3月)は予想より強い+0.6%でした。
一時ポンド買い反応がみられました。
その後、ポンドドルは揉み合いになりました。
午後5時半頃からドル円が反発をみせて揉み合いました。
英BOEのフィッシャー委員が、
「経済活動を活発化させるのには低金利が必要。
資産購入策は銀行を支援するための計画ではない。
量的緩和はデフレと不景気を防ぐのに役立った。」
などの認識を示しました。
市場反応は限定的でした。
その後、午後7時頃から伊の債券利回りがやや低下しました。
ダウ先物や欧州の株式市場が下げ幅を縮小して反発しました。
原油先物に反発の動きがみられました。
ポンドドルなどドルストレートが反発上昇しました。
ドル円も反発を強めて81円台を回復してクロス円が上昇しました。
LIBORドル3ヶ月物金利は0.46615%に低下しました。
JPモルガン・チェースの1-3月期決算では、
「1株利益が予想より強い1.31ドル、純利益が53.8億ドル、
総収入が予想より強い274.2億ドル。」などになりました。
午後8時頃からドル円がやや反落して揉み合いになりました。
ユーロポンドが下落しました。
NY時間が近づく頃ユーロドルなどドルストレートが反落しました。
ダウ先物や欧州の株式市場に再び反落の動きがみられました。
米ウェルズ・ファーゴの1-3月期決算では、
1株当たり利益が市場予想よりやや強い0.75ドルになりました。
米消費者物価指数(3月)は予想とおりの+2.7%、
米消費者物価指数コア(3月)は予想より強い+2.7%になりました。
ドル買い反応がみられました。
ユーロドルが下落しました。
NYダウは下落して始まり軟調に推移しました。
ミシガン大学消費者信頼感指数速報(4月)予想より弱い75.7でした。
NYダウや欧州の株式市場が下落しました。
ドル円が反落して上下動の揉み合いになりました。
主要通貨ペアが軟調に推移しました。
ユーロドルが一時1.31台を割り込み下落しました。
ユーロ円が106円台を割り込み下落しました。
米10年債利回りが2%を割り込みました。
一部メディアが、
「スペイン国債のCDS保証コストが過去最高の498BP超に上昇。」
との報道をしました。
スペインの10年債利回りが一時6%超になりました。
オランダ中銀総裁が、
「スペインは崖から落ちたわけではない。
市場は過剰反応のように見られる。
国債購入を増やしてはならないと考えるが手段として残っている。
3年物の長期流動性供給LTROは再度実施されると思っていない。
これまでのLTRO実施でインフレへの影響もなく効果は続いている。
金融機関の資金は潤沢にある。」
などの認識を示しました。
深夜12時半頃からダウ先物が反発して下落幅を縮小しました。
主要通貨ペアに反発の動きがみられました。
格付け会社のS&Pが、
「英国のAAA格付けは維持。見通しも安定的。」
との発表をしました。
ポルトガル中銀総裁が「欧州は緩やかなリセッションにある。」
との認識を示しました。
バーナンキFRB議長が講演で、
「流動性供給だけで信用上のリスクと損失の問題解決できないが、
資産価格下落による信用混乱を和らげる。
金融安定促進は金融政策運営とともに最重要の優先課題。
規制がバブルの第1の防壁。金融安定は金融政策と一体。
金融政策がバブルを誘発するという見解は根拠が弱い。」
などの発言をしました。
米経済や金融政策の見通しへの言及はありませんでした。
市場反応は限定的でした。
深夜3時頃からNYダウが再び反落して揉み合いました。
ドル買い動意がみれました。
NYダウが終盤に一段安になりました。
ドル円やクロス円が深夜4時過ぎに反落する展開になりました。
ドルストレートは小幅な揉み合いになりました。
米10年債利回りは1.988%で引けました。
NY原油(WTI)は102ドル台後半で週取引を終えました。
NYダウは前日比−136.99ドルの12849.59ドルで週取引を終えました。


●今週の主な予定

<4月16日(月)>

午前8時01分に英ライトムーブ住宅価格(4月)、
午後4時15分にスイス生産者輸入価格(3月)、
午後6時に欧貿易収支(2月)、
夜9時に米シティ・グループの第1四半期決算の発表、
夜9時半に米小売売上高(3月)、NY連銀製造業景気指数(4月)、
夜10時に米ネット長期フロー(2月 対米証券投資)、
夜11時に米企業在庫(2月)、米NAHB住宅市場指数(4月)、
などが予定されています。
米の指標には注目です。

<4月17日(火)>

午前10時半に豪RBA議事録、
午後1時半に日鉱工業生産確報(2月)、
午後2時に日消費者態度指数(3月)、
午後5時半に英消費者物価指数(3月)、英消費者物価指数コア(3月)、
同午後5時半に英小売物価指数(3月)、英DCLG住宅価格(2月)、
午後6時に独ZEW景況感調査(4月)、
同午後6時に欧ZEW景況感調査(4月)、
同午後6時に欧消費者物価指数確報(3月)、欧消費者物価指数コア、
午後8時からドラギECB総裁の講演、
夜9時に米ゴールドマン・サックスの第1四半期決算の発表、
夜9時半に米住宅着工件数(3月)、米建設許可件数(3月)、
同夜9時半に加製造業売上高(2月)、
夜10時に加BOC政策金利、加BOC声明、
夜10時15分に米鉱工業生産(3月)、米設備稼働率(3月)、
などが予定されています。
豪・英・独・米・加の指標には注目です。
ロンドン時間にスペイン国債の入札も予定されていて注目です。

<4月18日(水)>

午後5時に欧経常収支(2月)、
午後5時半に英BOE議事録、英失業率(3月)、英失業保険申請件数、
午後6時に欧建設支出(2月)、
午後7時半に米バンク・オブ・NYメロンの第1四半期決算の発表、
夜11時半に加BOC金融政策リポート、
などが予定されています。
英・加の指標には注目です。

<4月19日(木)>

朝7時45分にNZ第1四半期消費者物価、
朝8時50分に日通関ベース貿易収支(3月)、
夜8時にバンク・オブ・アメリカの第1四半期決算の発表、
夜8時15分にモルガン・スタンレーの第1四半期決算の発表、
夜9時半に米新規失業保険申請件数、
夜11時に米中古住宅販売件数(3月)、米景気先行指標総合指数(3月)
同夜11時に米フィラデルフィア連銀景況指数(4月)、
同夜11時に欧消費者信頼感速報(4月)、
などが予定されています。
NZ・(日)・米の指標には注目です。
ロンドン時間にスペイン国債の入札も予定されていて注目です。
また、G7財務相・中央銀行総裁会議がワシントンで開催されます。

<4月20日(金)>

朝8時50分に日第三次産業活動指数(2月)、
午前10時半に豪第1四半期輸入物価指数、同輸出物価指数、
午後3時に独生産者物価指数(3月)、
午後5時に独IFO景気動向指数(4月)、
午後5時半に英小売売上高指数(3月)、
夜9時半に加消費者物価指数(3月)、加消費者物価指数コア(3月)、
同夜9時半に加景気先行指標指数(3月)、
などが予定されています。
独・英・加の指標には注目です。
また、G20財務相・中央銀行総裁会議がワシントンで開催されます。

※22日(日)には仏大統領選挙の第1回投票が行われます。


<先週のドル・円・ユーロの総括と今週の注目点>

米ドルについては、先週はドルインデックスが週初にやや反落して
週半ばにかけて揉み合いになりました。そして週後半に79.25あたり
まで下落しましたが週末に79.8あたりまで反発する上下動の展開に
なりました。また、LIBORドル3ヶ月物金利は週末時点で0.46615%
に低下しました。そして、米10年債利回りは週末時点で1.988%に
低下する展開になりました。一方、先週のNYダウは週間で210ドル
と1.6%の今年の週間で最大の下落になって、週末時点で12849.59
ドルと13000ドルの大台を割り込んで大引けになりました。

先週の米主要経済指標では、11日の米輸入物価指数(3月)は+1.3%と
市場予想より強く、同日の米財政収支(3月)は−1982億ドルと弱く、
12日の米貿易収支(2月)は−460億ドルと市場予想より弱く、同日の
米生産者物価指数(3月)は+2.8%と弱く、米生産者物価指数コアは
+2.9%と強く、同日の米新規失業保険申請件数は38.0万件と弱く、
13日の米消費者物価指数(3月)は+2.7%と市場予想のとおり、米消
費者物価指数コア(3月)は+2.3%と強く、同日のミシガン大学消費
者信頼感指数(4月)は75.7と弱く、強弱混在でしたが弱い指標結果が
やや多い1週間になりました。

また、米要人発言では、10日にバーナンキ議長が「米経済は金融危
機の影響から回復したとの状況からはほど遠い。金融安定政策の枠
組みはまだ水準に達していない。」など米経済回復と金融安定化に
慎重な見方を示し、同日にダラス連銀総裁が「米国は過剰流動性の
状況。弱い雇用統計に関してはやや注目されるが経済に対する見方
に変化を及ぼすものではない。」とタカ派の見解を維持し、同日に
ミネアポリス連銀総裁が「6-9ヶ月の間に緩和解除を始める必要。
2012年終盤にも利上げを正当化する条件が整う可能性。」とタカ派
の見解を示し、11日にアトランタ連銀総裁が「2014年終盤まで低金
利維持との文言は経済の現状に概ね一致。追加国債買い入れには
米経済に劇的な負の変化が必要。」と条件付でハト派の見解を示し、
12日にセントルイス連銀総裁が「3月の米雇用統計はデータの1つ
に過ぎない、景気回復との見通しを大きく変えるものではない。
最近の雇用データの多くは上方修正されていた。2014年までの文言
でツイストオペ終了後も緩和効果が続く。」と中立的見解を示し、
同日にイエレンFRB副議長が「米経済は徐々に回復と予想。住宅市場
や財政政策が経済への逆風。インフレ率は2%以下に留まると予想。
米雇用見通しは非常に緩和的な政策を正当化。 回復ペースが予想を
下回れば一段の金融緩和が正当化される可能性。回復が大幅に加速
すれば予測より早い時期の引き締め開始が必要。」と経済回復の認識
とともに条件による引き締めに言及するもハト派寄りの見解を示し、
同日にNY連銀総裁が「米経済はリスクに直面して強い逆風を受けて
いる。失業率8.2%は受け入れがたい高水準。FRBはQE3の費用対効果
を考慮する必要。景気見通しが悪化すればQE3の利点が高まる。14年
終盤までの低金利維持の変更を正当化する指標は未確認。」とハト派
の見解を示し、同日にフィラデルフィア連銀総裁が「経済のシグナル
は追加緩和QE3の必要性を示してない。FRBはトレンドに注視すべき。
単月の数値にとらわれてはならない。」とタカ派の見解を維持して、
同日にラスキンFRB理事が「回復ペースが上向きつつある可能性示す
兆候がある。長期失業問題は明らかに道のりは長い。一段の緩和政策
姿勢は株価など引き上げるがドル相場は引き下げる。物価安定のもと
で雇用最大化ができること何でも実施する。」と慎重ながらもやや
ハト派の見解を示し、13日にバーナンキFRB議長が「流動性供給だけ
で信用上のリスクと損失の問題解決できないが資産価格下落による
信用混乱を和らげる。金融安定促進は金融政策運営とともに最重要の
優先課題。金融安定は金融政策と一体。金融政策がバブルを誘発する
という見解は根拠が弱い。」と緩和的金融政策擁護の姿勢と金融安定
の必要性を示し、米雇用統計明けの週もハト派とタカ派の見解が混在
していて、米雇用統計の結果に対しては単月の1つのデーターに過ぎ
ないとの見方で、タカ派の要人達はタカ派の見解のままで、また一方
ハト派の要人達がそのハト派の見解を特に強めている様子でもなく、
米要人達のスタンスに特筆すべき変化は観られなかったようです。

11日深夜の米地区連銀経済報告では「5地区の活動は緩やかなペース
で拡大。クリーブランドとセントルイスは緩慢な成長。製造業は自動
車とITを中心に大半の地区で拡大継続。多くの地区の製造業は短期的
な成長見通しを楽観。小売業は前向き。異例の暖冬が販売増に貢献の
地区もある。家計消費の短期的な見通しは勇気づけられる。住宅市場
はやや改善。雇用活動は安定的か小幅に増加した地区が多い。」など
各地区で経済が緩やかに改善していることが示されました。

今週の米経済指標では、16日の米小売売上高(3月)とNY連銀製造業景
気指数(4月)、17日の米住宅着工件数(3月)に米建設許可件数(3月)、
19日の米新規失業保険申請件数に米中古住宅販売件数(3月)とフィラ
デルフィア連銀製造業景況指数(4月)および米景気先行指標総合指数
などが注目されます。

また、16日の米シティ・グループ、17日のゴールドマン・サックス、
18日の米バンク・オブ・NYメロン、19日のバンク・オブ・アメリカ
とモルガン・スタンレーなどの第1四半期決算発表も注目されます。

円については、先週初9日に日国際貿易収支(2月)は+1021億円と黒
字転換しましたが市場予想よりやや弱い結果になりました。一方、
日国際経常収支(2月)は1兆1778億円と黒字に転換して市場予想より
強い結果になりました。そして、12日の日銀金政策決定会合では政策
金利が据え置きになり、注目の日銀声明では「金融政策の現状維持を
全員一致で決定。成長基盤支援として貸付総額120億ドル規模の米ド
ル融資枠の新設を決定。日本経済の先行きは緩やかな回復経路に復し
ていくと考えられる。消費者物価の前年比は当面ゼロ%近辺で推移。
日銀は強力に金融緩和を推進。成長強化に向けた取組を支援。」など
が示されましたが、9日時点では追加緩和が見送られたことで、10日
の正午過ぎから円買い動意が優勢の展開になりました。

11日に日財務相が「為替動向に一喜一憂しない。」と発言するなど、
日政府に特段の動きは観られませんでしたが、同日に一部メディアが
日銀の関係筋からの情報として「日銀は次回会合で追加緩和検討へ。
日銀は追加緩和で資産買入基金の増額を検討。」との観測報道をして
その後、日財務相が「日銀には2月の緩和策の効果を見極め次回会合
に臨んで欲しい。デフレ脱却の出口に関して今月はこの1年を占う上
で重要な月。日銀は適時適切に対応してくれると思う。政策を出し渋
ってはいないと思っている。」と発言して、また、12日に日銀総裁が
「日本経済のデフレからの脱却がきわめて重要な課題と認識。日銀は
強力に金融緩和を推進。成長に向け民間金融機関を支援していく。」
と発言していることから、米FOMC後の4月27日にもう1回開催される
日銀金融政策決定会合で「5-10兆円規模の追加の資産購入決定や、
国債購入の年限を5年ほど長期化する」など、日銀によって何らかの
追加緩和が打ち出されるとの市場観測が高まっているようです。

ドル円は、先週初9日から10日の東京時間序盤にかけて81円台後半
まで上昇しましたが、その後の日銀金融政策決定会合後の日銀声明
の発表を契機に下落に転じて、11日のオセアニア時間にかけて80円
台後半まで下落する展開になりました。その後、11日の東京時間の
終盤に一時81円に迫るあたりまで反発しましたが、ロンドン時間の
序盤に再び80円台後半まで反落して、同日のNY時間の前半にかけて
再上昇して81円台を回復した後、週末まで81円台前半から80円台後
半の範囲のレンジを上下動する相場展開になりました。

今週のドル円相場では、まずは81円台前半から80円台後半の範囲の
レンジを上下どちらに抜けていくかが注目されますが、チャート・
ポイントとしまして、反発上昇となった場合、10日の高値の81.86
から82.00円の節目の「00ポイント」、ここを上抜けた場合は、5日
と6日の高値の82.55-82.65円アラウンド、ここを超えた場合は、
4日の高値アラウンドでもある83.00円の節目の「00ポイント」が
レジスタンスとして注目されます。
また、下落となった場合は、3月7日と4月11日の安値の80.58円
アラウンド、ここを下抜けた場合は、2月28日の安値アラウンドで
もある80.00の大台の節目「000」ポイントが2月1日から3月15
日の上昇波動の50%アラウンドでもあり重要なサポートとして注目
されることになりそうです。更に下落となった場合は昨年10月31日
の79.50アラウンド、および2月1日から3月15日の上昇波動のフィ
ボナッチ61.8%戻しの水準の79.15-25アラウンドがサポートとして
注目されることになりそうです。


ユーロについては、週初9日のオセアニア時間から東京時間序盤に
かけてユーロドルが1.30台半ばあたりに下落した後、中国消費者物
価指数には反応薄でしたが、欧州の市場がイースターで休みの中、
ポルトガル統計局の「2月の貿易収支では輸出の急増と輸入の減少
を受け赤字が縮小。」との発表があり、ロンドン時間序盤にかけて
反発しました。その後、NY時間序盤にかけて反落した後、下落して
いたNYダウが下げ幅を縮小したことを背景に、ドル売り動意でユー
ロドルは1.31台前半まで反発しましたが、その後にNYダウが再び下
落して1.31あたりまで再び反落する展開になりました。

10日の東京時間前半にドル売り動意にユーロドルは1.31台半ばまで
反発しましたが、中国上海株式市場が軟調に推移してダウ先物が反
落する中、発表された中国貿易収支が+53.5億ドルと強い結果にな
りましたが豪ドルが事実売りを浴びて下落して、ユーロドルも軟調
になっていきました。その後、イースター明けの欧州の株式市場が
下落して始まり、スペイン10年債利回りが5.90%、ポルトガル10年
債利回りが12.32%、伊10年債利回りが5.58%など、それぞれ利回り
が上昇して、伊の株式市場が5%近く下落したことを背景に、ユー
ロドルはロンドンフィックスにかけて1.30台半ばまで下落する展開
になりました。その後、1.31あたりまで反発をみせるも、NYダウが
大幅下落となったことを背景にリスク回避動意でユーロドルが再び
反落しました。

11日の東京時間からロンドン時間が始まる頃にかけてドル売り動意
を背景にユーロドルは1.31台前半まで反発しましたが、ロンドン時
間序盤に一時スペイン国債のCDSの保証料が過去最高水準に上昇する
などリスク回避動意に押されるも、スペイン10年債利回りが5.91%
あたりに低下したことなどで、ユーロドルは再び1.31台半ばまで上
昇する展開になりました。その後、独10年債の入札で「応札額41.09
億ユーロに対して発行額が38.7億ユーロ。」と札割れになったことで
ユーロドルが再び反落する神経質な展開になりました。その後、
欧州株式市場やダウ先物が反発したことを背景に再び1.31台半ばに
反発しましたが、オランダ中銀総裁の「スペインはユーロ圏の最大
の問題になっている。市場の信頼回復のために迅速に改革に着手す
る必要。長期流動性供給オペLTROはファンダメタルズの根本的な解
決にはならない。時間稼ぎにしかならない。」などの発言もあり、
ユーロドルはロンドンフィックス過ぎに1.31台を割り込むあたりま
で下落する展開になりました。

12日はオセアニア時間から東京時間序盤の揉み合いを経て、ダウ先
物や中国上海株式市場の上昇を背景にユーロドルは1.31台半ばまで
反発しましたが、ロンドン時間序盤では伊債入札が意識されてか、
1.31に迫るあたりまで下落した後、伊3年債の入札はやや不調でし
たが、その後に伊10年債利回りが5.40%あたりに、スペイン10年債
利回りが5.81%あたりへ低下して、ダウ先物や欧州の株式市場が反
発したことでユーロドルは揉み合いながらも反発上昇して、NYダウ
が堅調に推移したことを背景に一時1.32台を回復しました。

13日は、オセアニア時間から東京時間序盤の揉み合いを経た後に、
中国第1四半期GDPが発表されて、前年同期比で+8.1%と予想より
弱い結果になり5四半期連続での低下になったことで、ユーロドル
はリスク回避動意に反落して軟調推移になっていきました。そして
ロンドン時間の序盤に一部メディアの「スペインの銀行のECBからの
借り入れが3月に倍近くに拡大した。」と報道があったとともに、
スペインの10年債利回りが5.92%、伊の10年債利回りが5.47%、
ポルトガル10年債利回りが12.5%あたりに上昇して、1.31台半ばへ
と下落しました。その後、伊の債券利回りが一時やや低下して、
ダウ先物や欧州の株式市場が下げ幅を縮小したことでユーロドルは
反発をみせましたが、NY時間に一部メディアが「スペイン国債のCDS
保証コストが過去最高の498BP超に上昇。」との報道をして、スペイ
ンの10年債利回りが一時6%超になり、NYダウの下落と相俟って、
リスク回避の動意が強まり、ユーロドルはロンドンフィックスにか
けて1.30台後半まで下落する展開になりました。その後、小幅な揉
み合いになって1.30776で週の取引を終えました。ユーロドルは神経
質な動きになりましたが、週間では上下180Pipsほどの範囲で、ほぼ
「行って来い」の相場でした。

今後のイベントでは、ワシントンでの19日のG7財務相・中央銀行総裁
会議や、20日のG20財務相・中央銀行総裁会議、そして、22日の仏大
統領選挙の第1回投票、5月6日のギリシャ総選挙や仏大統領選の決
選投票(予定)などがありますが、世界経済を牽引してきた中国のGDP
が5四半期連続で低下したことを契機に、市場がリスクに敏感にな
っていることが観測されていて、17日および19日のスペイン国債の
入札など、ロンドン時間序盤での欧州の重債務国の国債利回り動向
がリスク回避のバロメーターとして注目されます。
ユーロ圏で第4位の経済規模のスペインで再び危機が観測されてき
たことでリスク動向には注意が必要となってきているようです。
また、米10年債利回りも前週末時点で1.988%と2%を割り込んでき
ていて、為替と相関が強いNYダウの動きに影響を与えることで米債
券市場の動向(利回り低下でNYダウ下落)も注目材料になりそうです。

ユーロドルのチャートポイントでは、週初まずは1.3050から1.3100
を巡る攻防が注目されますが、上昇となった場合は、1.32の「00」
ポイント、そして、ここを上抜けた場合は3月9日と21日と23日の
高値アラウンドの1.3280から1.33の「00」のポイント、及び3月下
旬に何度も上値抵抗となった1.3375-85のポイントが注目されます。
また、下落となった場合は、2月16日と3月15日に下値をサポート
した心理的な節目でもある1.3000の「000」の重要ポイント、
そして1月16日の安値から2月29日の高値の上昇波の61.8%戻しの
1.2950-60のポイントなどが注目されます。ここを下抜けた場合は
下落が強まる可能性がありそうです。


さて今回は、トレードと凡事の徹底のお話 その2です。

前回からの続きのお話です。

投資苑で有名なアレキサンダー・エルダー博士が
トレードでは当たり前なことこそが大切として、
「投資苑3」の中でこう語っています。

「相場には秘密があります。
 秘密がないということが秘密なのです。」

相場やトレードで秘密ではない「当たり前なこと」とは
いったいぜんたい何なのでしょうか…。

今回は「トレードと凡事の徹底」の第二話です。

それでは、はじまり、はじまり〜。^^

「前回、アレキサンダー・エルダー博士の『投資苑1』を引用して
 Moneyにあたる『資金とリスク管理』と、
 Methodにあたる『トレード手法』と、
 そして、Mindにあたる『マインドと規律』の3つМが、
 三位一体として必要なことを話したのじゃが、
 今回からトレードで当然なことを一緒に検討していこうかのう。」

『でもさぁ、トレードで当たり前なくらいに当然な事って、
 本当にあるものなのかなぁ…。』

「うむ。もっともな問いじゃ…。
 トレードは数学のように絶対則として解明されたものはなく、
 語られるほとんど全ては『大いなる仮説』であるからのう…。
 ただ…、いくつかは当たり前とも言える事もあるものじゃ。」

『……。』

「『トレードとは価格の差分・差益を得る行為である。』
 これはこのように定義できるかもしれないのう。どうじゃ?」

『そんなのあらためて定義するほどのこともないように思うが、
 まぁ、そうとは言えるかもな。』

「もしも、このように定義されるならば、
 (ボラティリティの二義については話が煩雑となるのでさて置くが)
 価格変動が活発になる『ボラティリティの拡大期』、
 もしくは『ボラティリティの拡大からの修正期』に
 トレードという行為を行うことは、
 基本的な意味において良い機会となる可能性がありそうじゃが、
 どうなのじゃろう。」

『まぁ、理屈っぽく言えばそういうことになのかな。
 でもさぁ、相場にはレンジ状態ってのもあるぜ。』

「ふむ。そうじゃのう…。
 だが、膠着(こうちゃく)的な揉み合いの小幅レンジよりも、
 ある程度は大きなレンジで価格が上下動しているほうが、
 やはりトレードの機会としては良い状態ではないのだろうか。」

『あららっ。ジイさん知らねぇんだな。
 小幅レンジでもトレード機会として、
 小さなPipsを積算的に積み重ねて収益としていく
 高速スキャルピングという手法があるんだぜ。』

「確かに応用的にはそのような手法もあるのう…。
 ただ、価格の差分・差益を得ようとするとき、
 『価格変動の活発なボラティリティがある状態』のほうが
 どちらかといえばトレードにとって良い状態となるものじゃ。」

『まぁ、一応、そういうことにしておいてやらぁ…。
 で、それがどうしたってんだ。』

「もしも、こうであるならば…、トレードでは、
 価格変動が活発になる『ボラティリティの拡大期』、
 もしくは『ボラティリティの拡大からの修正期』に行い、
 そして、『低ボラティリティ期ではトレードを避ける』こと、
 が大切になってくることになるのじゃ。」

『それが基本ということでは当たり前ということか…。』

「これらは言い換えると『トレードに良い状態』と、
 『トレードに良くない状態』とを識別していくことになるが、
 これが初心のうちはなかなかできないものなのじゃのう…。」

『……。』

「相場の状態にかかわらず、
 常にトレードの機会だけを血走った目で貪欲に探し、
 何にでも食らいつくダボハゼのようにトレードして、
 大切な『待つ』と『休む』ができないものなのじゃて。」

『……。』

「トレードでトータル的に収益を上げるためには、
 トレードの機会を探すとともに、
 『トレードに良くない状態』を識別していくことが大切じゃ。
 いや…、むしろ、良くない状態でのトレードを
 どこまで排除していけるかということこそが大切なのじゃのう。
 排除の技術を持たぬとトータルでは勝てないものなのじゃ。
 超絶技能のスーパー・トレーダーは別としてもじゃが、
 どんな相場状態でもトレードできるよりも、
 良くない状態ではトレードしないで我慢ができるトレーダーが
 優れたトレーダーなのかもしれぬのう…。」

『ふん。そんなもんかねぇ…。
 で、他にもあるのかい、トレードで当たり前なことって。』

「まだまだあるぞよ。じつはのう…、
 この『トレードとは価格の差分・差益を得る行為』、
 ということは二次的な定義で、
 『トレードは適正リスクの範囲で利益を上げる行為』、
 ということのほうがより基本となるのじゃ。」

『そんなこたぁ、どうでもよいような言葉遊びじゃないのか。』

「そうではないのじゃて…。
 トレードではより大きなPipsを得ることが全てではないのじゃ。
 『利益を上げること』こそが大切なのじゃ。」

『そんなの同じことでは? それに大きなPipsを得れるほうが
 優れていることに決まってんじゃないかよ。』

「もちろん、大きなPipsを得れるほうが良いのじゃが、
 利益はPipsだけで決定はされぬのじゃ。」

『……?』

「天底を上手く捉えトレードしたり、大きなPipsを得ることや、
 高いプロフィットファクターや、高い勝率こそが
 優れたトレードと思われているようじゃが、
 それらは確かにそうではあっても、
 利益を得るということの要素の断片に過ぎないのじゃ。」

『……?』
 
「よく『頭と尻尾はくれてやれ。』と言われるように、
 トレードは天底を取るために行う行為でもなく、
 また、大きなPipsを得るためだけに行う行為でもなく、
 高いプロフィットファクターを目指すだけの行為でもなく、
 高い勝率のために行うものでもないのじゃ。」

『さっぱり言っていることが解らないぜ。』

「天底でなくても利益は利益であり、
 また、1万通貨単位の100Pipsの利益は、
 当然ながら10万通貨単位の10Pipsの利益と等価であり、
 高いプロフィットファクターでも
 トレード・チャンスがあまりに少なければ価値はなく、
 そして、高い勝率でコツコツも、ドカーンとやられていれば
 トータルでは負けになるものなのじゃ。」

『……!』

「『適正リスクの範囲で利益を上げることを目指す行為』
 ということこそがトレードの第一定義となるもで、
 トレードではこれを自身の口座資金で取れるリスクの範囲で
 最大化を目指そうということになるのではなかろうかのう…。
 それでは次にじゃが……、」

『おいおい、ジイさん、また話が長くなってるぜ。
 続きの話は来週にでもしたらどうだい。』


なーんちゃって。

またまたお話が長くなりました。 m(_ _)m

ではまた来週。


<ご案内>

私が講師を務めていましたeラーニング講座の
"勝つためのFXチャート分析講座"が「DVDと製本」になりまして、

マエストロFX (Maestro FX)」という教材名で
ウィニングクルー株式会社(関東財務局長(金商)第2098号)から
発売されました。

トレードの根っこになる重要な基礎とコアの部分を中心に
より深く体系的に19時間学んでいただければと思います。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX情報をもっと見る
過去ログ
2019年09月(3)
2019年08月(3)
2019年07月(4)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(3)
2019年03月(5)
2019年02月(4)
2019年01月(4)
2018年12月(4)
2018年11月(4)
2018年10月(4)
2018年09月(5)
2018年08月(3)
2018年07月(5)
2018年06月(4)
2018年05月(4)
2018年04月(4)
2018年03月(4)
2018年02月(4)
2018年01月(4)
2017年12月(4)
2017年11月(4)
2017年10月(5)
2017年09月(4)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(4)
2017年05月(4)
2017年04月(4)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(4)
2016年12月(4)
2016年11月(4)
2016年10月(5)
2016年09月(4)
2016年08月(2)
2016年07月(5)
2016年06月(4)
2016年05月(4)
2016年04月(4)
2016年03月(4)
2016年02月(4)
2016年01月(5)
2015年12月(3)
2015年11月(4)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(4)
2015年07月(4)
2015年06月(4)
2015年05月(4)
2015年04月(4)
2015年03月(4)
2015年02月(4)
2015年01月(3)
2014年12月(3)
2014年11月(4)
2014年10月(4)
2014年09月(4)
2014年08月(4)
2014年07月(4)
2014年06月(4)
2014年05月(3)
2014年04月(4)
2014年03月(4)
2014年02月(4)
2014年01月(4)
2013年12月(3)
2013年11月(4)
2013年10月(4)
2013年09月(5)
2013年08月(3)
2013年07月(4)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(4)
2013年01月(4)
2012年12月(4)
2012年11月(3)
2012年10月(4)
2012年09月(5)
2012年08月(3)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(5)
2012年03月(4)
2012年02月(4)
2012年01月(4)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(5)
2011年09月(4)
2011年08月(3)
2011年07月(5)
2011年06月(4)