FX 防御の技術と戦略的活用のお話


伊のヴェッキオ宮殿のジョルジョ・ヴァザーリの壁画の裏に
ダビンチの失われた壁画が隠れているらしいのですが、
市民の反対があって穴あけ調査は中止になっているようです。

●先週の主な出来事

<3月19日(月)>

独の首相が、ウェブサイトで
「ユーロ圏の危機はもはや独予算への脅威ではない。
独は新たな借り入れを削減できると確信している。」
との見解を示しました。
ギリシャ中銀総裁が、ギリシャのトビマ紙のインタビーで、
「ギリシャには経済再始動させる強力な火力がある。
債務交換後の環境会以前で最大150億ユーロが生み出される可能性。
ギリシャ債務を2020年までに対GDP比116.5%に低下させる目標。
楽観的すぎるとは思わない。逆に良い数字になると考えている。」
などの発言をしました。
ビニスマギ前ECB理事が、
「アイルランドが国民投票によって新しい財政協定を拒否すれば
欧州における影響力を失うことになる。」
との見解を示しました。
為替市場は前週末終値レベルで静かなスタートになりました。
NZ第1四半期Westpac消費者信頼感指数は前期より強い102.4でした。
オセアニア時間はドル円やクロス円が堅調傾向で推移しました。
ユーロ円が一時昨年10月以来の110円台に乗せました。
ギリシャ首相が、英FT紙のインタビューで、
「ギリシャ経済は景気回復に向けて半分以上前進した。
今後2年足らずでプラス成長を回復できる可能性。
2015年までに金融市場に復帰できない場合は、
外部からのさらなる支援を必要とする可能性はあるが、
今回の改革プログラムで経済成長と財政再建が進む。」
などの発言しました。
ユーログループ議長が、ギリシャ紙のインタビューで、
「私自身はIMFの関与を望まなかったが、
独とオランダがIMFによるギリシャへの金融支援を望んだ。」
との発言をしました。
東京時間が近づく頃にドル円やクロス円に反落がみられました。
日経平均は小幅高で始まりました。
ダウ先物が反発をみせました。
東京時間序盤は主要通貨ペアがやや軟調傾向で推移しました。
アジアの株式市場はまちまちの展開になりました。
中国上海株式市場が前週末比マイナス圏で始まりました。
朱IMF副専務理事が、
「世界の経済成長は改善しているが緩慢。リスクは依然下向き。
米国の経済指標は改善している。
新興国の経済成長は強いが期待ほど強くはない。
欧州の金融市場は依然として非常にもろい。欧州は構造改革が必要。
中国経済はソフトランディングに向かっている。
中国のインフレと投資は減速しつつある。
中国は経済のリバランスがとても重要。
日本の債務は極めて高く持続不可能。日本の強い成長を予想。
日本は高水準の債務に対処する財政計画が必要。」
などの見解を示しました。
ダウ先物が揉み合いになっていきました。
中国上海株式市場が下げ幅をやや縮小して揉み合いました。
ドルストレートが一時反発をみせて揉み合いました。
ドル円は上下動の揉み合いになりました。
格付け会社のムーディーズが、
「日銀によるドル供給計画は日メガバンクにとって特に重要。
低コストのドル資金調達の選択肢となる。邦銀格付にもプラス。」
などの見解を示しました。
豪RBA総裁が、
「豪経済はそれほど悪くない。GDPは経済成長がややトレンドを
下回っていることを示唆しているが他のデータは成長を指摘。
金融政策はインフレを考慮する必要があるが需要をサポートするもの。
豪ドルの水準はいくつかの分野の再編を促した。
国際資本の流入は豪ドルの上昇を招き利益を相殺する。
中国経済の成長は当面平均すれば強い成長の見込み。
豪の今後数年間のインフレは2-3%の目標にとどまると予想。
最近の豪経済指標はまちまち。
中国の減速はすでに豪ドルに反映されている。
豪ドル相場は米ドルに大きく左右される。」
などの認識を示しました。
一時、限定的ながら豪ドル買い反応がみられました。
東京時間後半は主要通貨ペアが小幅な揉み合いになりました。
日経平均が上げ幅を縮小しました。
日経平均は前週末比+12.16円で大引けになりました。
中国上海株式市場が終盤に反発しました。
時間外取引で米2年債の金利が低下しました。
ロンドン時間序盤は主要通貨ペアが軟調に推移しました。
ドル円が下落してクロス円も下落しました。
ダウ先物や原油先物やアジアの株式市場が反落しました。
ドルストレートにも反落の動きがみられました。
欧州の株式市場は下落して始まりました。
欧経常収支(1月)は季調前で前回より弱い−123億ユーロでした。
市場反応は限定的でした。
その後、ドルストレートが反発をみせて揉み合いました。
ダウ先物がやや反発して揉み合いました。
欧州の株式市場は前週末比マイナス圏で揉み合いました。
欧建設支出(1月)は前月比で前回値よりは強い−0.8%になりました。
ESFS関係者が、
「EFSFは最大15億ユーロの20年債を発行する方向。
利回りはスワップ金利に約120bp上乗せする可能性。」
との発表をしました。
午後7時頃からドル円やクロス円が反発をみせて揉み合いました。
ポンドが上昇しました。
一部メディアが、
「ギリシャCDSの清算入札では暫定値で額面1ユーロあたり
21.75セントの価格がついた。」と報道をしました。
LIBORドル3ヶ月物金利は0.47365%の前週末と同水準になりました。
加卸売売上高(1月)は予想より弱い−1.0%になりました。
限定的ながら加ドル売り反応がみられました。
NY連銀総裁が、
「米経済はようやくやや基盤が強固になりつつある可能性。
困難な状況を脱したと結論付けるのはあまりに時期尚早。
ガソリン価格が引き続き上昇。消費者の購買力を奪う可能性。
追加債券購入に関して何の決定もされていない。
QE3は経済の動向次第。低金利の継続が早期回復への最善の道。」
などの見解を示しました。
NY時間序盤はドル買いが優勢の展開になりました。
ドル円が反発を強めていきました。
ドルストレートがやや反落して揉み合いになりました。
クロス円が徐々に反発しました。
ポンドに反落の動きがみられました。
原油先物に反発の動きがみられました。
NYダウは前週末比マイナス圏で始まり揉み合いになりました。
米NAHB住宅指数(3月)は予想より弱い28になりました。
午後11時頃からドル円に反落の動きがみられました。
ドルストレートが反発上昇しました。
ECBが「先週の債券購入プログラムによる国債購入はゼロ。」
との発表をしました。
ユーロドルが1.32台半ばまで上昇しました。
ユーロポンドが急反発しました。
CDS決済入札でギリシャ債の価値は額面の21.5%に最終決定されました。
EFSFが20年債15億ユーロを起債しました。
その後、NYダウが反発して前週末比プラス圏に上昇しました。
ドル円が反発をみせました。
クロス円が堅調に推移しました。
米10年債利回りが2.35%あたりに上昇しました。
欧州の株式市場が終盤にかけて下げ幅を縮小していきました。
ダラス連銀総裁が、
「市場の流動性は充分にある。
米経済はこれ以上の流動性を必要としていない。」
などの見解を示しました。
ギリシャ中銀の年次報告書では、
「2011年財政赤字は対GDP比10.6%に達する見込み。
経済成長率は2012年が−4.5%、13年は−0.5%と予測。
2012年の失業率は19%以上に高止まりする。」
などが示されました。
しだいにドル円が上下動の揉み合いになっていきました。
NYダウが終盤にかけて上げ幅を縮小しました。
豪ドル米ドルなどドルストレートが上昇幅をやや縮小しました。
米10年債利回りは2.38%あたりまで上昇しました。
NY原油(WTI)は108ドル台に乗せて引けました。
NYダウは前週末比+6.51ドルでこの日の取引を終えました。

<3月20日(火)>

オセアニア時間は主要通貨ペアが小幅な揉み合いになりました。
豪景気先行指数(1月)は前回値より強い+1.1%になりました。
市場反応は限定的でした。
東京時間が近づく頃から豪ドルに反落の動きがみられました。
他のドルストレートにもやや反落の動きがみられました。
東京市場は祝日で休みでした。
東京時間序盤は主要通貨ペアがやや反発をみせて揉み合いました。
豪RBA議事録では、
「下振れリスクが具体化する可能性はやや低下。
必要に応じて金融緩和実施する余地は充分にある。
喫緊の追加利下げの必要はない。
欧州が非常に悪い状態に陥るリスクは低下。
世界経済の見通しは改善している。
失業率は低い水準を保ち、インフレも抑制されている。」
などが示されました。
豪ドル買い反応がみられました。
その後、ダウ先物に反落の動きがみられました。
韓国株式市場は上昇して始まりましたが反落しました。
豪英系資源大手のBHPビリトンが、
「中国の鉄鉱石需要の成長が一桁台に低下した。」
との発表をしました。
中国上海株式市場は下落して始まり軟調に推移しました。
アジアの株式市場が軟調推移になりました。
午前10時半頃から豪ドルなど資源国通貨が反落する展開になりました。
ユーロドルにやや反落の動きがみられました。
ドル円にやや反発の動きがみられました。
中国人民銀行総裁が、
「資本流出の経路を拡大へ。人民元の兌換性を着実に推し進める。」
との発言をしました。
その後、ダウ先物がやや反発をみせました。
12時過ぎにドルストレートが反発をみせて揉み合いました。
ドル円がやや反落して揉み合いました。
中国財政省が、
「金融を除く国有企業の1-2月の利益は
前年比−10.9%減の3635億元(約575億ドル)となった。」
との発表をしました。
東京時間終盤は主要通貨ペアが小幅な揉み合いになりました。
独生産者物価指数(2月)は予想とおりの+3.2%になりました。
市場反応は限定的でした。
ロンドン時間序盤は資源国通貨が軟調傾向で推移しました。
ダウ先物や原油先物が軟調傾向で推移しました。
午後4時半頃からドル買い動意が優勢の展開になりました。
ドル円が反発をみせてドルストレートが反落しました。
スイス第4四半期鉱工業生産は予想より強い+7.9%になりました。
市場反応は限定的でした。
欧州の株式市場が下落して始まり軟調傾向で推移しました。
午後5時半頃にドルストレートが一時反発をみせました。
ドル円は83円台後半まで上昇しました。
ユーロ円が110円台後半まで上昇しました。
英消費者物価指数(2月)は予想より強い+3.4%、
英消費者物価指数コア(2月)は予想より+2.4%、
英小売物価指数(2月)は予想より強い+0.8%になりました。
ポンド買い反応がみられました。
スペイン債の入札では、
「目標上限55億ユーロに対して50.4億ユーロ発行。
12ヶ月債では、発行額が35.98億ユーロ、
平均落札利回りが前回より低い1.418%、
応札倍率が前回より低い2.14倍。」などになりました。
午後7時過ぎからユーロドルが下落一服になりました。
ドル円に反落の動きがみられました。
豪ドルなど資源国通貨の軟調は続きました。
クロス円が反落しました。
ダウ先物や欧州株式市場や原油先物の軟調が続きました。
オーストリア中銀総裁が、
「ギリシャはスペインや伊と比較できない。
ポルトガルはギリシャよりもかなり良い状態にある。
PIMCOのポルトガル見通しは大変に疑わしい。」
などの発言をしました。
午後8時半からドル買いが再び優勢になりました。
ドルストレートが再び反落しました。
ドル円がやや反発して揉み合いになりました。
LIBORドル3ヶ月物金利が0.47415%に上昇しました。
米住宅着工件数(2月)は予想より弱い69.8万件、
米建設許可件数(2月)は予想より強い71.7万件になりました。
限定的ながらドル売り反応がみられました。
ドル円がやや反落してドルストレーがやや反発をみせました。
NYダウは下落して始まり揉み合いになりました。
ギリシャ政府当局者が、
「ギリシャは第二次支援に基づく最初の融資75億ユーロを受領。
ユーロ圏から59億ユーロ、IMFから16億ユーロを受け取った。
このうち46.6億ユーロを20日償還の元本償還金として
ECBと各国中銀に支払う。2億ユーロは同利払いに充てる。
残りは歳出に回す。」などの発表をしました。
NY時間序盤はドル売り動意が優勢の展開になりました。
ユーロドルが反発上昇しました。
ドル円が反落しました。
資源国通貨は軟調傾向が続きました。
ポンドは揉み合い傾向が続きました。
原油先物の軟調傾向がしばらく続きました。
ガイトナー米財務長官が、
「原油供給増加に向けたサウジの取り組みを歓迎する。
欧州支援のためIMFの原資を増加させる必要性は想定していない。
ボルカールールが欧州などの流動性に影響すると思っていない。
欧州が最悪の事態に陥るリスクは遠のいたが、
多くの欧州諸国の成長は長期にわたり非常に弱い公算。」
などの見解を示しました。
午後11時半頃からドル円が反発をみせました。
ECBのプラート専務理事が、
「ユーロ圏は非常に厳しい改革の過程にある。
銀行セクターでは大規模なリストラが実施されている。
ソブリン債務が金融システムの中心的役割を担う。」
などの発言をしました。
深夜12時頃からユーロドルがやや反落しました。
ECBが、
「3月16日時点のユーロ圏各国中央銀行の純外貨資産は
前週比10億ユーロ増の2507億ユーロ。金準備は4234億4900万ユーロ。
ユーロシステムのバランスシートは2兆9860億ユーロ。」
との発表をしました。
ロンドンフィックス頃からユーロがやや反発して揉み合いました。
ドル円の反発がしばらく続きました。
クロス円が反発しました。
米10年債利回りが一時2.39%あたりまで上昇しました。
IMFがスイス経済に関する年次調査報告書で、
「デフレ圧力が緩和し成長が上向き次第、
スイスフラン相場の上限目標を撤廃すべき。」
との見解を示しました。
バーナンキFRB議長が、
「経済状況は依然として非常に困難なもの。
米国経済の長期的な見通しは非常に良好。
深刻な景気後退後での早急な緩和策反転の回避は歴史の教訓。」
との見解を示しました。
格付け会社のムーディーズが、
「スペインの財政見通しは2012年の財政赤字目標を緩和した今も
依然厳しく年内に大幅な財政調整を行う必要がある。」
との見解を示しました。
メキシコでM7.6の地震が発生しました。
NY時間終盤は主要通貨ペアが小幅な揉み合いになりました。
米10年債利回りは2.37%あたりになりました。
NY原油(WTI)は下落して105ドル台後半で引けました。
NYダウは前日比−68.94ドルでこの日の取引を終えました。

<3月21日(水)>

オセアニア時間は主要通貨ペアが小幅な揉み合いになりました。
ミネアポリス連銀総裁が、
「金融と金融以外の政策は労働需要の低下を防ぐため協力が必要。
政策金利を適切な時期に引き上げることでインフレの抑制が可能に。
現時点でもう一段の金融緩和が必要であるとは認識していない。
2012-13年にゼロ金利政策からの出口政策を開始する根拠がある。
今すぐ引き締めを望んでいることを意味しない。
原油高のインフレへの影響は一時的。」
などの見解を示しました。
バーナンキFRB議長が、米下院の委員会で
「欧州の金融の緊張は和らいだ。欧州銀の更なる強化が必要。
欧州のファイアウォールの増強が必要。成長と競争力の向上が必要。
欧州の金融情勢は引き続き厳しい。
政策担当者がコミットメントを遂行することが不可欠。
米銀の欧州周辺国へのエクスポージャーは限定的。
ドルスワップラインで欧州の資金繰りが緩和。
米マネーファンドは欧州危機に対して脆弱。」
などの見解を示しました。
NZ第4四半期経常収支は市場予想より強い−27.63億NZドルでした。
市場反応は限定的でした。
豪Westpac先行指数(1月)は前月より弱い+0.6%になりました。
東京時間が近づく頃からドル売り動意が優勢の展開になりました。
東京時間序盤はドル円が反落してユーロドルなどが反発しました。
日経平均は前日比マイナス圏で始まりました。
日経済産業相が、
「米政府から日本の努力への理解をいただき歓迎している。
過去5年でイランから輸入40%削減。この傾向が続くと米国に説明。
イランからの輸入直ちにゼロになるわけではない。」
などの発言をしました。
ダウ先物に反発の動きがみられました。
ユーロドルなどドルストレートの反発が強まりました。
ドル円の反落が一服になりました。
アジアの株式市場はまちまちの展開になりました。
中国上海株式市場は前日比プラス圏で始まり揉み合いました。
午前11時半頃からドル円が反発をみせました。
クロス円が堅調に推移しました。
ユーロ円が111円台に乗せました。
日銀のドル供給オペでは応札がありませんでした。
その後、アジアの株式市場に反落の動きがみられました。
ダウ先物にやや反落の動きがみられました。
ドルストレートがやや反落して揉み合いになりました。
ドル円の反発が一服になりクロス円の上昇も一服になりました。
豪ドルが反発した後に軟調推移になりました。
日全産業活動指数(1月)は予想より弱い−1.0%になりました。
市場反応は限定的でした。
アスナール元スペイン首相が、
「スペインは経済危機から回復が可能。
ECBの行動はスペインにとって非常に有益。」
などの発言をしました。
東京時間後半は主要通貨ペアが揉み合い傾向の展開になりました。
日経平均は前日比−55.50円で大引けになりました。
中国上海株式市場が下げ幅を縮小して前日比プラス圏になりました。
ロンドン時間序盤はドル円が一時反落しました。
ユーロドルなどドルストレートが一時反落しました。
ポンドが揉み合いの後に反発上昇しました。
欧州の株式市場は前日比プラス圏で始まりました。
ダウ先物に反発の動きがみられました。
ドル円など主要通貨ペアに反発の動きがみられました。
ギリシャ国営アテネ通信社が、
「ギリシャの新財務相にサキニディス氏が就任する見通し。」
との報道をしました。
ECBのアスムセン専務理事が、
「出口戦略を練るのには時期尚早。出口の時期は市場成長次第。
ECBのバランスシートは増加しているがコントロール下にある。」
などの見解を示しました。
午後6時過ぎにポンドドルやユーロドルが反落しました。
ダウ先物や欧州株式市場が反落して上げ幅を縮小しました。
英公共部門ネット負債(2月)は予想より弱い+129億ポンドでした。
英財政赤字(2月)は予想より弱い152億ポンドになりました。
英BOE議事録では、
「全会一致で金利の据え置きを決定。
7対2で資産購入規模の3250億ポンド据え置きを決定。
ポーゼン委員とマイルズ委員は250億ポンドの拡大を主張。」
などが示されました。
ポンド売り反応がみられました。
独2年債の入札では、
「発行額が41.08億ユーロ、
平均落札利回りが前回より高い0.31%、
応札倍率が前回と同じ1.8倍。」になりました。
ポルトガルの短期債入札では、
「12ヶ月債で発行額が16.1億ユーロ、
平均落札利回りが前回より低い3.652%、
応札倍率が前回より高い2.5倍。」などになりました。
しだいにドル買い動意が強まりました。
ドル円が上昇して84円台に乗せました。
ユーロドルなどドルストレートが下落しました。
LIBORドル3ヶ月物金利は前日と同水準の0.47415%になりました。
加景気先行指標指数(2月)は予想とおりの+0.6%になりました。
市場反応は限定的でした。
英の財務相が、
「今年の英成長率の政府見通しは0.8%、
2013年の成長率見通しは2%、
財政赤字は来年に対GDP比で7.6%の見通し。
英インフレ率見通しは今年2.8%、来年は1.9%。
法人税率は4月から24%に下がる。法人税率は14年までに22%へ。」
などの発表をしました。
欧州の株式市場が前日比マイナス圏へ下落しました。
午後10時頃からドル売り動意がみられました。
ドル円が83円台へ反落しました。
ドルストレートに反発の動きがみられました。
NYダウは小幅高で始まり揉み合いの後に反落する展開になりました。
米中古住宅販売件数(2月)は予想より弱い459万件になりました。
米中古住宅販売件数(2月)前月比は予想より弱い−0.9%でした。
NY時間序盤はドル売り動意が強まる展開になりました。
ドル円が下落してドルストレートが反発しました。
豪ドルなど資源国通貨は軟調傾向で推移しました。
米10年債利回りが2.32%あたりに低下しました。
ロイター通信が、
「ポルトガル財務省は2012年1-2月の中核の公的部門赤字が
7億9900万ユーロになったと発表。前年同期のからほぼ3倍増。
同国が財政目標を達成できずギリシャと同様に
追加支援の要請を余儀なくされる可能性。」
との観測報道をしました。
EIA週間石油在庫統計では原油在庫が116.2万バレルの減少でした。
原油先物が反発していきました。
しだいにNYダウが下落幅を拡大しました。
ドルストレートが再び下落する展開になりました。
クロス円が軟調傾向で推移しました。
ドル円がしだいに反落を強めました。
バーナンキFRB議長が、
「状況が求めれば米金融市場の安定を支えるために
(FRBとしての)道具を行使する用意がある。
欧州の金融情勢はまだ困難なまま。
ECBとのスワップ協定は非常に有益である。
欧州はもっと行動の強化が必要。
エネルギー価格高騰はインフレ圧力を生じる。
エネルギー高騰はおそらく短期的に成長を押し下げる。
ユーロは独の輸出を有利にしている。
現在の米財政赤字は持続不可能。
米債務を対GDP比75%に削減すべき。
ソブリン債務不履行の回避に向けてECBが
インフレもたらすほどの紙幣増刷する危険性はない。
経済が上向けば金利が上昇。ドルは金利の変化に反応する。
FRBの政策はドルの価値を損なっていない。
FRBは責務遂行によって強いドルに貢献する。」
などの見解を示しました。
NYダウが下げ幅を縮小して揉み合いになりました。
欧州の株式市場が終盤にかけて反発しました。
ロンドンフィックスから主要通貨ペアがやや反発をみせました。
ポンドドルやユーロドルが緩やかに反発しました。
その後、ドル円やクロス円が再び下落する展開になりました。
FRBのタルーロ理事が、
「適切な自己資本保有の義務付けが救済回避の最善策。
監督当局者はボルカールールへの懸念を検討する必要。」
などの見解を示しました。
NYダウが終盤にかけて再び下げ幅を拡大しました。
米10年債利回りは2.29%あたりに低下しました。
NY原油(WTI)は107ドル台前半で引けました。
Nyダウは前日比−45.57ドルで取引を終えました。

<3月22日(木)>

オセアニア時間は主要通貨ペアが揉み合いになりました。
ドル円がやや反発して小幅な揉み合いました。
ドルストレートは小幅な揉み合いになりました。
NZ第4四半期GDPは前期比で予想より弱い+0.3%になりました。
NZドルが下落しました。
豪RBAの総裁補佐が、
「銀行の資本調達コストはRBAの豪政策金利に比べ上昇している。
RBAは政策金利の設定で資金調達コスト上昇を考慮する。」
との発言をしました。
市場反応は限定的でした。
格付け会社のフィッチが、
「発表された英国予算案は現行のAAA格付けに対して影響しない。」
との見解を発表しました。
ボルカー元FRB議長が、
「米国は金融制度改革や住宅ローン市場などの
さらなる改革を必要としている。」と発言しました。
NZの財務相が、
「NZ経済はほどよい状況。2012年これからは拡大していく。
NZ経済は輸出と投資から利益を得ている。
主要輸出品である農産物などの商品への需要がある。」
などの発言をしました。
NZドルに買戻しの動きがみられました。
ギリシャの財務省が、
「1-2月の財政赤字が前年同期の11億ユーロから4.9億ユーロに減少。
2月に年間歳出計画で修正した目標の8.79億ユーロを下回った。」
との発表をしました。
日通関ベース貿易収支(2月)は予想より強い+329億円になりました。
日輸出が5兆4409億円で前年比−2.7%の5ヶ月連続減少、
日輸入が5兆4079億円で前年比+9.2%の26ヶ月連続増加でした。
円買い反応がみられました。
ドル円やクロス円が下落しました。
日経平均は小幅安で始まった後に前日比プラス圏へ反発しました。
東京時間序盤はドル円が反発してクロス円も反発しました。
ユーロドルなどドルストレートが反発しました。
ダウ先物がやや反発をみせて揉み合いました。
独連銀総裁が、南独新聞のインタビューで、
「独政府の2013-16年予算計画について、
財政赤字をより迅速に削減する必要がある。
財政均衡を16年までに達成という政府計画は充分意欲的ではない。」
との見解を示しました。
仲値過ぎからドル円が再び反落して揉み合いました。
ドルストレートの反発がしばらく続きました。
アジアの株式市場はまちまちに始まりました。
中国HSBC製造業PMI速報(3月)は前回値より弱い48.1になりました。
豪ドルやNZドルなど資源国通貨が急落しました。
ドルストレートに反落の動きがみられました。
アジアの株式市場が前日比マイナス圏で揉み合いになりました。
ダウ先物や原油先物に反落の動きがみられました。
中国人民銀と豪RBAが2000億元規模の通貨スワップ協定をしました。
日経平均がやや反落して前日比終値レベルで揉み合いました。
東京時間後半はダウ先物やアジアの株式市場がやや反発しました。
主要通貨ペアがやや反発する展開になりました。
森本日銀審議委員が「原油価格上昇は日経済下押しに大きな影響。」
との認識を示しました。
日経平均は終盤にやや反発して前日比+40.59円で大引けました。
午後3時過ぎから主要通貨ペアに反落の動きがみられました。
日銀総裁が、
「ボルカールールで米当局が適切に対応するよう期待している。
デフレ脱却は成長力の強化と金融の下支えで初めて実現する。
日銀はデフレ脱却に全力を尽くしていてこれからも全力尽くす。
財政ファイナンスを目的とした国債の買い入れは行っていない。」
などの発言をしました。
中国上海株式市場が小幅安で引けました。
スイス貿易収支(2月)は予想より強い+26.8億フランになりました。
市場反応は限定的でした。
欧州の株式市場は前日比マイナス圏で始まりました。
仏製造業PMI速報(3月)は予想より弱い47.6になりました。
ユーロドルやドル円が軟調に推移しました。
独製造業PMI速報(3月)は予想より弱い48.1、
独サービス業PMI速報(3月)は予想より弱い51.8になりました。
ユーロが急落してユーロドルが1.31台半ばまで下落しました。
ユーロドル主導でドルストレートやクロス円が軟調に推移しました。
ドル円が83円台を割り込みました。
ユーロ円が109円台を割り込みました。
ダウ先物や原油先物に反落の動きがみられました。
欧製造業PMI速報(3月)は予想より弱い47.7、
欧独サービス業PMI速報(3月)は予想より弱い48.7になりました。
ユーロ主導で主要通貨ペアの下落が続きました。
英小売売上高(2月)は予想より弱い−0.8%になりました。
ポンド売り反応がみられました。
欧鉱工業受注(1月)は予想より弱い−2.3%になりました。
市場反応は限定的でした。
午後7時頃から主要通貨ペアに反発の動きがみられました。
ダウ先物や欧州株式市場に一時やや反発の動きがみられました。
午後8時過ぎからドル円が再び反落する場面がありました。
LIBORドル3ヶ月物金利が0.47365%に低下しました。
米新規失業保険申請件数は予想より強い34.8万件になりました。
ドル円が反発して83円台を回復しました。
ドルストレートが一時反落の後にやや反発して揉み合いました。
クロス円が反発しました。
加小売売上高(1月)は予想より弱い+0.5%になりました。
加ドル売り反応がみられました。
午後10時頃から主要通貨ペアが再びやや反落して揉み合いました。
NYダウは大きく下落して始まりました。
原油先物が一時105ドルを割り込みました。
資源国通貨が軟調傾向で推移しました。
米景気先行指標総合指数(2月)は予想より強い+0.7%、
米住宅価格指数(1月)は予想より弱い±0.0%になりました。
市場反応は限定的でした。
その後、NYダウが下げ幅をやや拡大しました。
独とスペインの10年債利回り格差が361bpに拡大しました。
ドル円やクロス円が再び下落する展開になりました。
ドル円が83円を再び割り込み下落しました。
深夜12時前あたりからNYダウが下げ幅を縮小する展開になりました。
ESRB欧州システミックリスク委員会が、
「12月時点よりもユーロ圏経済に安定化の兆候。
マーケットの状況は改善してきている。
不透明で脆弱な環境は継続。悪循環が続くリスクはある。
銀行は資本基盤の強化が必要。
銀行が市場からの資金調達に復帰する兆候もある。」
などの見解を発表しました。
ユーロドルなどドルストレートが反発上昇しました。
欧消費者信頼感指数速報(3月)は予想よりは強い−19.0でした。
市場反応は限定的でした。
しだいにドル売り動意が強まりました。
ドル円が一時82円台前半まで下落しました。
米10年債利回りは低下して2.27%あたりで揉み合いました。
ロンドンフィックス頃からドルストレートが反発しました。
カナダ財務相
歳出カットは急激ではなく緩やかなものになる。
中期的な財政均衡を目指す。予算は年金、資源開発、移民対策や研
究開発による競争力改善などに振り向ける。」
などの発表をしました。
米10年インフレ連動債の入札では、
「130億ドル発行。最高利回りが過去最低の−0.089%、
応札倍率が2.81倍。」などの結果になりました。
スイスSNBのダンシン理事が、
「スイスフランの上限設定が為替相場の変動を抑制した。
フラン高は大きな困難もたらす。無制限に介入する用意がある。
デフレリスクがあれば一段の措置もある。
スイス経済は明らかにデフレ状態ではない。
今後インフレが戻ってくる見通し。」
などの発言をしました。
市場反応は限定的でした。
シカゴ連銀総裁が、
「引き締めガイダンスはインフレを抑制する可能性。
景気回復支援のため一段の金融緩和が適切なのは明白。」
などの発言をしました。
ダラス連銀総裁が、
「米経済は以前よりも良い状況になっている。
経済が改善していて一段の量的緩和は正当化できない。
インフレは2%前後に低下する見通し。」
などの見解を示しました。
深夜3時過ぎからドル円が反発をみせました。
クロス円が反発しました。
NYダウが後半に下げ幅を拡大しました。
セントルイス連銀総裁が、
「先進国の主要中央銀行が金融政策の緩和を推進しているため、
米国とそのほかの地域で年末にかけインフレリスクは増大する。」
との見解を示しました。
バーナンキFRB議長が、
「米消費は依然危機前の水準を大幅に下回っている。
経済は需要の源泉を欠いている。
透明性は金融政策をより良く機能させる可能性。」
などの発言をしました。
ECBのゴンザレスパラモ専務理事が、
「ユーロ圏の成長は安定してきているが依然として脆弱。
改革が進展していてスペインがデフォルトするとは思わない。
政府がどう行動するかの重要な決定は来週になる。」
などの発言をしました。
NYダウが終盤にかけて下げ幅を縮小しました。
米10年債利回りは2.28%あたりになりました。
NY原油(WTI)は終盤にやや反発して105円台前半で引けました。
NYダウは前日比−78.48ドルでこの日の取引を終えました。

<3月23日(金)>

オセアニア時間は主要通貨ペアがやや反発して揉み合いました。
INSEE仏国立統計経済研究所が、
「仏は2012年上半期にリセッションを回避する見込み。
輸出と個人消費は堅調。1-3月期はゼロ成長、
4-6月期は前期比0.2%成長を見込む。」
などの予想を発表しました。
NY連銀総裁が、
「店頭デリバティブ取引の標準化と
清算機関CCP経由での清算義務だけでは不充分。
大規模な混乱や極端な市場の状況でも対応できる用意を整え、
万全のものなる必要がある。」との見解を示しました。
オセアニア時間はダウ先物や原油先物がやや反発しました。
東京時間が近づく頃にドル売り動意がやや優勢になりました。
ドル円が一時やや反落して揉み合いました。
ドルストレートに反発の動きがみられました。
英ネーションワイド消費者信頼感(2月)は予想より弱い44でした。
市場反応は限定的でした。
日財務相が、
「景気は上向きつつある。株価も上昇気流。」
との認識を示しました。
日経済相が、
「原油高の日本経済に対する影響に留意したい。
今の段階で対策をすぐやるとは考えていない。
日銀にはCPI1%実現に向けて金融資産買入も含めた
果断な対応を期待している。」との発言をしました。
日首相が、
「日銀と円高克服でデフレ脱却の問題の意識共有することが大事。
日銀は果断な対応をしている。適時適切な対応を期待している。」
などの発言をしました。
英FT紙が、
「欧州委員会はユーロ圏救済基金の規模を5000億ユーロから
9400億ユーロに増額すべきと勧告した。」と報道しました。
日経平均は下落して始まりました。
東京時間序盤は主要通貨ペアが反発上昇する展開になりました。
午前9時半頃からドルストレートがやや反落して揉み合いました。
ドル円の反発上昇が続きました。
日銀総裁が、参議院予算委員会で、
「デフレ脱却へ成長力強化と企業の取り組みが大事。
政府、日銀は認識を共通している。今後もしっかり取り組みたい。
日銀の金融政策は効果があると信じて実行している
金融政策の効果が発揮されるまでには時間がかかる。
日銀の金融政策が財政ファイナンスと受け止められると
長期金利が上昇して政策目的と矛盾する。
ツイストオペは短期金利上昇の可能性があり適切でない。
物価安定を中長期的に実現する。」
などの発言をしました。
日財務相が、
「日銀は目指すCPIと時間軸を設定した。
実質的なインフレターゲットと判断した。」
との発言をしました。
アジアの株式市場は前日比マイナス圏で始まり揉み合いました。
シンガポールの株式市場は前日比プラス圏で推移しました。
セントルイス連銀総裁が、
「金融政策は転機にある可能性。経済見通しは夏以来大幅に改善。
超緩和的政策は現在まで適切だったが常に適切とは限らない。
今年の米GDP成長率は3%に達する可能性がある。
失業率の削減に急激な成長は必要がない。プラス成長で充分。
低成長でのインフレ率上昇はGDPギャップが小さいことを示唆。
インフレ見通しが金利決定の主要な要因となる。
金融政策を失業率にのみ関連づけない慎重な対応が必要。
米経済が大幅に悪化しない限りQE3はない。
米国の最初の利上げの時期は早まる可能性。
2013年終盤になる可能性が高い。」などの見解を示しました。
ドラギECB総裁が、
「ギリシャはユーロを離脱しても状況は改善しない。
ユーロ共同債は1、2ヶ国が支払い、残りの国は費やす。
全ての資金はユーロ共同債で賄われることになる可能性。」
などの見解を示しました。
中国人民元が1ドル6.2891元と切り上げ後の最高値を更新しました。
中国商務次官が「人民元相場は基本的に安定し続ける。」
との発言をしました。
昼12時頃からドル円がやや反落して揉み合いました。
東京時間後半にドルストレートがやや反落して揉み合いました。
日経平均は前日比−115.61円の10011.47円で週取引を終えました。
中国上海株式市場が終盤にかけて下げ幅を拡大しました。
ダウ先物がやや反落する展開になりました。
ロンドン時間序盤はドル売り優勢の展開になりました。
午後4時からユーロドルなどドルストレートが上昇しました。
ドルストレートの上昇に連れてクロス円も上昇しました。
ドル円は反落する展開になりました。
ダウ先物が反発しました。
ユーロドルが1.32台後半まで上昇しました。
欧州株式市場は前日比プラス圏で始まりました。
スイスSNBの四半期政策レポートでは、
「ユーロでのスイスフランの上限を1.20に維持。
為替で無制限の介入を行う準備。
いつでも更なる方策を採る準備がある。」
などが示されました。
市場反応は限定的でした。
伊小売売上高(1月)は前月比で予想より強い+0.7%になりました。
午後6時頃からダウ先物が反落しました。
欧州の株式市場が前日比マイナス圏へ反落しました。
ドルストレートに反落の動きがみられました。
ドル円は軟調傾向で推移しました。
英住宅ローン承認件数(2月)は予想より弱い3万3103件でした。
市場反応は限定的でした。
ギリシャ10年債利回りが債務交換後で初めて20%に達しました。
伊10年債利回りが今月初以来となる5.16%まで上昇しました。
加消費者物価指数(2月)は予想より弱い+2.6%、
加消費者物価指数コア(2月)は予想より強い+2.3%になりました。
市場反応は限定的でした。
LIBORドル3ヶ月物金利が0.47315%に低下しました。
米10年債利回りが2.25%を下回りました。
午後9時過ぎにユーロドルなどドルストレートが反発をみせました。
ダウ先物や欧州株式市場がやや反発しました。
米国シンクタンクのピーターソン国際経済研究所の中国担当が、
「中国経済が不動産市場の急落を受け崩壊する可能性に関して、
中国の市場アナリストは甘く見すぎている。
中国では不動産価格の大幅修正の可能性を否定しているが
下振れリスクとして数年の期間に及ぶ減速が見込まれる。」
などの認識を示しました。
ロイター通信が、
「ギリシャ新国債10年物の債券価格が下落。利回りが20%に急上昇。
債務再編がギリシャ経済を持続可能な軌道に乗せるには
不充分との悲観的な見方を反映しているとみられる。」
との観測報道をしました。
オバマ米大統領がダートマス大学のジム・ヨン・キム総長の
世銀総裁候補指名を正式に発表しました。 
午後10時過ぎにユーロドルが再び反落して揉み合いました。
NYダウは前日終値を挟んでの上下動の揉み合いになりました。
米新築住宅販売件数(2月)は予想より弱い31.3万件になりました。
ドル円の下落が強まりクロス円が軟調に推移しました。
ドル円が一時82円を割り込む場面がありました。
NYダウが前日比マイナス圏に反落しました。
欧州株式市場が下げ幅を拡大しました。
午後11時半頃からNYダウが反発して前日比プラス圏へ上昇しました。
欧州株式市場が下げ幅を縮小しました。
ECBが、
「EUおよびIMFから支援を受けているユーロ参加国が
保証する銀行債を担保として受け入れる義務は
ユーロ圏諸国の中銀にはない。」との発表をしました。
イラン原油輸出が3月14%減少の報道に原油先物が反発しました。
ドルストレートが反発する展開になりました。
豪ドルが堅調に推移しました。
深夜12時頃からドル円が反発していきました。
ポンドドルやユーロドルにやや反落の動きがみられました。
伊モンティ政権が閣議で雇用市場の刷新を承認しました。
一部メディアが、外交筋からの情報として、
「来週金曜日にコペンハーゲンでのユーロ圏財務相会合に向けて
ユーロ圏救済基金を合計融資能力約7000億ユーロとする
妥協案での合意が間近。」との観測報道をしました。
ECBのゴンザレスパラモ専務理事が、
「インフレ動向を注視しているが現状ではインフレ期待は抑制。
追加の3年物資金供給オペについては考えていない。
現状では出口戦略の詳細についての議論はない。」
などの発言をしました。
英BOEのウィール委員が、英地方紙バース・クロニクルで、
「昨年10-12月期は0.2%のマイナス成長となったが、
今年1-3月期の経済動向は想定より好調。
プラス成長の可能性の方が高いと思う。」など認識を示しました。
欧州の株式市場が小幅高で取引を終えました。
バーナンキFRB議長が、
「金融システムの機能のもろさについて多く学ぶべき。」
との発言をしました。
ギリシャ政府が「外国法に基づく債務交換期限を4月4日に延長。」
との発表をしました。
アトランタ連銀総裁が、
「米経済は持ち直してきている。
成長率のレンジは2.5%から3.0%と予測。
方向性はプラスだが望ましい水準には達していない。
消費活動は底堅い。インフレは満足すべき範囲に留まっている。
金融引き締めを時期尚早かつ不用意に実施しないことが重要。
労働市場は引き続ききわめて弱い。
FRBのバランスシートは懸念を受けて増加。
バランスシートの規模は現状程度までにとどめるべき。
欧州からのリスクは数ヶ月前より緩和されている。
追加緩和の可能性を排除しない。
ただし判断を下す前に経済状況の進展を充分に検証すべき。」
などの見解を示しました。
NY時間終盤にかけてドル円が再びやや反落しました。
ドルストレートは緩やかに上昇して揉み合いました。
米10年債利回りは2.2335%になりました。
NY原油(WTI)は106ドル台後半で週の取引を終えました。
NYダウは前日比+34.59ドルの13080.73ドルで週取引を終えました。


●今週の主な予定

※欧・英・スイスが夏時間に移行します。

<3月26日(月)>

朝6時45分にNZ貿易収支(2月)、
午後5時に独IFO景況指数(3月)、
夜9時からバーナンキFRB議長の講演、
夜11時に米中古住宅販売保留(2月 成約)、
深夜1時からドラギECB総裁の講演、
などが予定されています。
NZ・独の指標には注目です。

<3月27日(火)>

朝8時50分に日企業向けサービス価格指数(2月)、
午後3時に独GFK消費者信頼感調査(4月)、
夜10時にS&Pケースシラー住宅価格指数(1月)、
夜11時に米消費者信頼感指数(3月)、
同夜11時に米リッチモンド連銀製造業景況指数(3月)、
深夜2時に米2年債の入札、
などが予定されています。
米の指標には注目です。

<3月28日(水)>

午後2時半に仏第4四半期GDP確報、
午後5時半に英第4四半期GDP確報、英第4四半期経常収支確報、
夜9時に独消費者物価指数速報(3月)、
夜9時半に米耐久財受注(2月)、
深夜2時に米5年債の入札、
などが予定されています。
英・独・米の指標には注目です。

<3月29日(木)>

午前9時にNBNZ企業信頼感(3月)、
午後4時55分に独失業者数(3月)、独失業率(3月)、
午後5時半に英消費者信用残高(2月)、
午後6時に欧消費者信頼感確報(3月)、
夜9時半に米第4四半期GDP改訂値、米第4四半期個人消費改訂値、
同夜9時半に米第4四半期GDP価格指数改訂値、
同夜9時半に米第4四半期コア・デフレータ改訂値、
同夜9時半に米新規失業保険申請件数、
同夜9時半に加鉱工業製品価格指数(2月)、加原材料価格指数(2月)、
深夜2時に米7年債の入札、
などが予定されています。
(独)・米の指標には注目です。

<3月30日(金)>

朝6時45分にNZ住宅建設許可(2月)、
朝8時01分に英GFK消費者信頼感調査(3月)、
朝8時半に日失業率(2月)、日全国消費者物価指数(2月)、
朝8時50分に日鉱工業生産速報(2月)、
午後4時にスイスKOF景気先行指数(3月)、
同午後4時からユーロ圏財務相会合、
午後6時に欧消費者物価指数速報(3月)、
午後7時半からEU非公式財務相会合、
夜9時半に米個人所得(2月)、米個人消費支出(2月)、
同夜9時半に米PCEデフレータ(2月)、米PCEコア・デフレータ(2月)、
同夜9時半に加GDP(1月)、
夜10時45分に米シカゴ購買部協会景気指数(3月)、
夜10時55分にミシガン大学消費者信頼感指数確報(3月)、
などが予定されています。
(日)・欧・米・加の指標には注目です。


<先週のユーロドルのサマリー>

先週のユーロドルは、週初の19日は静かなスタートになりました。
ギリシャ中銀総裁が「「ギリシャには経済再始動させる強力な火力
がある。債務交換後の環境会以前で最大150億ユーロが生み出される
可能性。ギリシャ債務を2020年までに対GDP比116.5%に低下させる
目標。」との見解を示した一方、ビニスマギ前ECB理事が「アイルラ
ンドが国民投票によって新しい財政協定を拒否すれば欧州における
影響力を失うことになる。」との見解を示しました。オセアニア時間
ではやや上昇する展開になりました。東京時間ではユーロドルはやや
軟調傾向での小幅な揉み合いになりました。ロンドン時間序盤はダウ
先物や原油先物の反落を背景にユーロドルは一時1.315を割り込みま
した。その後「ギリシャCDSの清算入札では暫定値で額面1ユーロあ
たり21.75セントの価格がついた。」があり、ダウ先物の反発を契機
にユーロドルが反発をみせてNY時間序盤にかけて小幅上下動の揉み合
いになりました。その後にECBが「先週の債券購入プログラムによる
国債購入はゼロ。」との発表や、CDS決済入札でギリシャ債の価値が
額面の21.5%に最終決定されとの報道があり、NYダウが前週末比マイ
ナス圏からプラス圏へと反発したことを契機に、クロス円の上昇に
連れてロンドンフィックスにかけてユーロドルが1.32台半ばあたり
まで上昇する展開になりました。その後、NY時間後半はユーロドルは
やや反落した後に小幅な揉み合いになっていきました。

20日は、オセアニア時間にユーロドルはやや下げた後に、東京時間の
序盤に一時小反発をみせましたが、豪英系資源大手のBHPビリトンが
「中国の鉄鉱石需要の成長が一桁台に低下した。」との発表をしたこ
とで豪ドルが下落して、それに連れてユーロドルは仲値過ぎに再び小
反落して東京時間後半まで小幅な揉み合いになりました。ロンドン時
間序盤はドル買い動意が優勢になり、欧州の株式市場の軟調を背景に
ユーロドルは揉み合いながらも下落して1.32を割り込む展開になりま
した。その後、スペイン債の入札が無事に通過したことで一時反発を
みせましたが、ダウ先物や欧州株式市場や原油先物の軟調が続き、ユ
ロドルは1.31台後半まで下落しました。その後、NY時間序盤にギリシ
ャ政府当局者が「ギリシャは第二次支援に基づく最初の融資75億ユー
ロを受領した。」との発表をしたことを契機に、ユーロドルは一時
1.325をつけるあたりまで上昇する展開になりました。その後、ロン
ドンフィックス頃からやや反落して、格付け会社のムーディーズの
「スペインの財政見通しは2012年の財政赤字目標を緩和した今も依然
厳しく年内に大幅な財政調整を行う必要がある。」との発表に揺れな
がら上下動の揉み合いなっていきました。

21日は、オセアニア時間での小幅揉み合いを経て、東京時間前半に
ダウ先物の反発を契機にユーロ円の上昇に連れてユーロドルは1.32台
後半まで上昇しました。ユーロ円が111円台に乗せました。その後、
東京時間後半はユーロドルは小幅揉み合いになりました。ロンドン時
間序盤は一時反落して、その後に欧州の株式市場が前日比プラス圏で
始まったことやダウ先物の反発を背景にユーロドルは反発する上下動
となった後、独2年債やポルトガルの短期債入札が無事に通過しまし
たが、ダウ先物や欧州株式市場が反落して、ドル買い動意に押される
格好でユーロドルは1.32台前半まで反落する展開になりました。
市場替わりのNY時間に入るとドル売り動意に一時1.32台半ばまでユー
ロドルは反発をみせましたが、その後にロイターが「ポルトガル財務
省は2012年1-2月の中核の公的部門赤字が7億9900万ユーロになったと
発表。前年同期のからほぼ3倍増。同国が財政目標を達成できずギリ
シャと同様に追加支援の要請を余儀なくされる可能性。」との観測報
道をして、NYダウが軟調推移になったことも背景にユーロドルは一時
1.32を割り込むあたりまで下落する展開になりました。ロンドンフィ
ックス頃からNY時間後半にかけて、欧州株式市場が反発してNYダウも
下げ幅を縮小したことを背景にユーロドルは緩やかに反発しました。

22日は、オセアニア時間では小幅揉み合いとなりましたが、ギリシャ
の財務省が「1-2月の財政赤字が前年同期の11億ユーロから4.9億ユー
ロに減少。2月に年間歳出計画で修正した目標の8.79億ユーロを下回
った。」との発表をして、ダウ先物や日経平均が反発したことを契機
にユーロドルは小幅反発する展開になりました。その後、中国HSBC製
造業PMI速報が弱い結果となって、アジアの株式市場やダウ先物が軟
調推移となったことを背景に一時反落となりましたが、東京時間終盤
にかけてユーロドルは1.32台半ばまで反発しました。その後、市場替
わりのロンドン時間に入ると発表された独PMI速報が弱い結果となっ
たことを契機に、ユーロドルは1.31台半ばまで急落する展開になりま
した。その後、NY時間が始まる頃まで小幅な揉み合いになって、発表
された米新規失業保険申請件数が強い結果となったことでのドル買い
動意や、独とスペインの10年債利回り格差が361bpに拡大したことや
NYダウが大きく下落したことを背景に、ユーロドルは一時再び1.315
を割り込むあたりまで反落しましたが、その後にNYダウが下げ幅を縮
小したことや、ドル円の下落に伴うドル売り動意に、ロンドンフィッ
クスにかけて1.32に迫るあたりまでユーロドルは反発する展開になり
ました。その後、やや反落して、NY時間後半はECBゴンザレスパラモ
専務理事の「ユーロ圏の成長は安定してきているが依然として脆弱。
改革が進展していてスペインがデフォルトするとは思わない。政府が
どう行動するかの重要な決定は来週になる。」との発言に揺れながら
ユーロドルは揉み合いになっていきました。

23日は、オセアニア時間の小幅揉み合いを経て、東京時間が始まる前
に英FT紙の「欧州委員会はユーロ圏救済基金の規模を5000億ユーロか
ら9400億ユーロに増額すべきと勧告した。」と報道があり、ユーロド
ルは小幅上昇しましたが、その後にドラギECB総裁の「ユーロ共同債
は1、2ヶ国が支払い、残りの国は費やす。全ての資金はユーロ共同
債で賄われることになる可能性。」とのユーロ共同債への否定的な発
言が伝わり、ユーロドルは小幅反落して東京時間後半まで揉み合いに
にりました。市場替わりのロンドン時間に入ると、ダウ先物の反発や
欧州の株式市場が前日比プラス圏で始まったことを契機に、ユーロド
ルは1.32台後半まで上昇する展開になりました。その後、午後6時過
ぎ頃からダウ先物や欧州株式市場が反落したことや、ギリシャ10年債
利回りが債務交換後で初めて20%に達しことや、伊10年債利回りが今
月初以来となる5.16%まで上昇したことなどを背景に、1.32台前半ま
で反落しました。その後、市場替わりのNY時間に入ると、ダウ先物や
欧州株式市場がやや反発したことを背景にユーロドルは反発をみせま
したが、ロイター通信の「ギリシャ新国債10年物の債券価格が下落。
利回りが20%に急上昇。債務再編がギリシャ経済を持続可能な軌道に
乗せるには不充分との悲観的な見方を反映しているとみられる。」
との観測報道などもあり、NYダウが前日終値を挟んでの揉み合いで
始まったことで上下に揺れる展開になりました。
その後、一部メディアが「来週金曜日にコペンハーゲンでのユーロ圏
財務相会合に向けてユーロ圏救済基金を合計融資能力約7000億ユーロ
とする妥協案での合意が間近。」との観測報道や、NYダウが反発上昇
して前日比プラス圏での推移になったことを背景に、午後11時過ぎか
らユーロドルは1.32台後半まで反発上昇しました。その後、NY時間の
後半はやや反落した後に小幅揉み合いになって週取引を終えました。


<ドル円の簡易サマリー>

先週のドル円は、週初19日のオセアニア時間にクロス円の上昇に伴い
83円台半ばまで上昇しましたが、東京時間が近づく頃にやや反落して
仲値にかけて再び反発を試すも東京時間は軟調傾向の揉み合いになり
ました。その後、ロンドン時間序盤は主要通貨が軟調推移になって、
ドル円も83円に迫るあたりまで下落しましたが、NY時間序盤にかけて
クロス円の反発に連れてドル円も83円台半ばまで反発する展開になり
ました。その後、午後11時頃からドル円は83円台前半まで反落して、
ダラス連銀総裁の「市場の流動性は充分にある。米経済はこれ以上の
流動性を必要していない。」との発言などもありNYダウの揉み合いに
上下動しながら三角保ち合いを形成していきました。

20日は、オセアニア時間から東京時間序盤にかけてドル円は小幅な揉
み合いになって、仲値過ぎにやや反発を試すも再び小反落して東京時
間は揉み合い推移になりました。その後、ロンドン時間序盤はドル買
い動意が優勢になってドルストレートが下落する中、ドル円は83円台
後半まで反発しました。その後、NY時間に発表された米住宅着工件数
や米建設許可件数には反応薄でドル円はやや反落するに留まりました
が、ギリシャ政府当局者が「「ギリシャは第二次支援に基づく最初の
融資75億ユーロを受領。」との報道を受けてユーロドルが反発して、
ドル売り動意となったことでドル円は83円台前半まで反落する展開に
なりました。その後、午後11時半頃からNY時間後半にかけて再び反発
していきましたが、その後、バーナンキFRB議長の「経済状況は依然
として非常に困難なもの。米国経済の長期的な見通しは非常に良好。
深刻な景気後退後での早急な緩和策反転の回避は歴史の教訓。」との
発言もやや意識されたか上げ止まり、ドル円は83円台後半での小幅な
揉み合いになりました。

21日は、オセアニア時間、ミネアポリス連銀総裁の「現時点でもう
一段の金融緩和が必要であるとは認識していない。2012-13年にゼロ
金利政策からの出口政策を開始する根拠がある。」との発言には反
応薄で、東京時間の午前11時頃までドル円はやや軟調傾向の小幅な
揉み合いとなった後、ユーロ円が111円台に乗せるなどクロス円の
堅調に連れてドル円もやや反発をみせましたが、東京時間後半も揉
み合い推移になりました。ロンドン時間序盤に一時反落しましたが、
午後4時半頃からクロス円などが反発するに伴いドル円も反発して
NY時間が近づく頃に一時84円台を超えるあたりまで上昇する展開に
なりました。その後、市場替わりのNY時間に入ると一転してドル売
り動意が優勢になりドル円が反落して、米中古住宅販売件数も弱い
結果となったことで下落が強まる展開になりました。ロンドンフィ
ックス過ぎに一時ドル円は反発をみせましたが、バーナンキFRB議長
の「状況が求めれば米金融市場の安定を支えるために(FRBとしての)
道具を行使する用意がある。」との発言もあり、その後も続落して
NY時間後半にかけてドル円は83円台前半まで下落して行きました。

22日は、オセアニア時間に下落小康になり揉み合いになりましたが、
日通関ベース貿易収支が市場予想より強い+329億円とプラス収支
になったことで円買い動意になって、東京時間序盤にドル円は再び
下落する展開になりました。その後、一旦切り返しの反発をみせて、
中国HSBC製造業PMI速報の弱い結果には反応薄でしたが、東京時間の
後半までドル円はやや振幅のある上下動の揉み合いになりました。
その後、市場替わりのロンドン時間序盤にユーロ円が109円台を割り
込み下落して、ドル円も82円台前半まで下落する展開になりました。
その後、午後7時頃に主要通貨ペアの反発に伴いドル円も反発をみせ
ましたが、再び反落しました。そして市場替わりのNY時間に入ると
再び反発をみせて、発表された米新規失業保険申請件数が市場予想
より強い結果となったことで83円台前半まで反発しましたが、午後
10時過ぎからの主要通貨ペアの反落に伴ってドル円はロンドンフィ
ックスを過ぎる頃まで軟調推移になり82円台前半まで下落する展開
になりました。その後、ダラス連銀総裁の「米経済は以前よりも良
い状況になっている。経済が改善していて一段の量的緩和は正当化
できない。」との発言もあり午後3時頃からやや反発して、ドル円
は83円台半ばでの揉み合いになっていきました。

23日は、オセアニア時間の小幅な上下動の後に、東京時間に日経済相
の「日銀にはCPI1%実現に向けて金融資産買入も含めた果断な対応
を期待している。」との発言や、日首相の「日銀は果断な対応をして
いる。適時適切な対応を期待している。」との発言などがあったこと
も影響してか、東京時間前半にドル円が83円に迫るあたりまで反発す
る展開になり、東京時間後半に小幅上下動の揉み合いになりました。
そして市場替わりのロンドン時間に入るとドルストレートの上昇に伴
うドル売り動意にドル円は反落しました。その後、市場替わりのNY時
間に入ってもその流れが続き、米新築住宅販売件数が市場予想より弱
い結果となったことで一時82円台を瞬間割り込むあたりまで下落する
展開になりました。その後、深夜12時過ぎから反発して82円台半ば
あたりまで反発した後、NY時間終盤にかけて軟調傾向の揉み合いと
なってドル円は82.32円で週の取引を終えました。

※新年度4月になる来週からユーロドルとドル円のサマリーは
 ブログが長くなりすぎることで割愛させていただきます。


<先週のドル・円・ユーロの総括と今週の注目点>

米ドルについては、先週はドルインデックスが週初に下落して週中に
80.0に迫るあたりまで反発しましたが週末に再び下落して79.3あたり
になり、週足でMA200にほぼ接する陰線になりました。そしてLIBOR
ドル3ヶ月物金利は週末にが0.47315%に低下しました。また米長期
金利は上昇傾向にありますが、先週の米10年債利回りは2.2335%と
週間で低下しました。そして、NYダウについては週間で151.89ドルの
下落になりましたが13000ドルの大台は維持しました。

米の主要経済指標では、先週は20日の米建設許可件数(2月)は71.7万
件と市場予想より強かったものの、米住宅着工件数(2月)は69.8万件
で、21日の米中古住宅販売件数(2月)は459万件で、21日の米住宅価
格指数(1月)は±0.0%で、23日の米新築住宅販売件数(2月)は31.3
万件といずれも弱く、米住宅市場の低迷が覗える結果になりました。
一方、22日の米新規失業保険申請件数は34.8万件で、米景気先行指
標総合指数(2月)は+0.7%と、雇用と景気は改善しつつあるること
が覗われる結果になりました。

また、米要人発言では、19日にNY連銀総裁が「米経済はようやくやや
基盤が強固になりつつある可能性。困難な状況を脱したと結論付ける
のはあまりに時期尚早。ガソリン価格が引き続き上昇。消費者の購買
力を奪う可能性。追加債券購入に関して何の決定もされていない。
QE3は経済の動向次第。低金利の継続が早期回復への最善の道。」と
米経済回復の認識を示すも低金利継続を示唆して、同日にダラス連銀
総裁が「市場の流動性は充分にある。米経済はこれ以上の流動性を
必要としていない。」とタカ派の見解を示し、20日にバーナンキFRB
議長が「経済状況は依然として非常に困難なもの。米国経済の長期的
な見通しは非常に良好。深刻な景気後退後での早急な緩和策反転の
回避は歴史の教訓。」と長期見通しは良好としながらもハト派の見解
を示し、21日にミネアポリス連銀総裁が「現時点でもう一段の金融
緩和が必要であるとは認識していない。2012-13年にゼロ金利政策か
らの出口政策を開始する根拠がある。今すぐ引き締めを望んでいる
ことを意味しない。原油高のインフレへの影響は一時的。」と慎重
ながらややタカ派の見解を示し、同日にバーナンキFRB議長が「状況
が求めれば米金融市場の安定を支えるために(FRBとしての)道具を行
使する用意がある。(中略)経済が上向けば金利が上昇。ドルは金利
の変化に反応する。FRBの政策はドルの価値を損なっていない。FRB
は責務遂行によって強いドルに貢献する。」と状況によっての追加
緩和の可能性とともに強いドルへの貢献を示し、22日にシカゴ連銀
総裁が「景気回復支援のため一段の金融緩和が適切なのは明白。」
とハト派の見解を示し、同日にダラス連銀総裁が「経済が改善して
いて一段の量的緩和は正当化できない。インフレは2%前後に低下
する見通し。」とタカ派の見解を示し、23日にセントルイス連銀総
裁が「超緩和的政策は現在まで適切だったが常に適切とは限らない。
今年の米GDP成長率は3%に達する可能性がある。米経済が大幅に悪
化しない限りQE3はない。米国最初の利上げ時期は早まる可能性。」
とタカ派の見解を示し、同日にアトランタ連銀総裁が「米経済は持ち
直してきている。方向性はプラスだが望ましい水準には達していな
い。金融引き締めを時期尚早かつ不用意に実施しないことが重要。
追加緩和の可能性を排除しない。」と経済回復を認識しながらもハト
派の見解を示し、先週の要人発言に関してはハト派とタカ派が混在
していて金融政策に対する見解が均衡的な対立となりました。


円については、19日に朱IMF副専務理事が「日本の債務は極めて高く
持続不可能。日本の強い成長を予想。日本は高水準の債務に対処する
財政計画が必要。」と、債務対処の必要性とともに日本の強い成長の
観測を示しました。また、22日の日通関ベース貿易収支(2月)は5ヶ
月ぶりの黒字で市場予想より強い+329億円になり、2月の輸出額は
前年同月を下回りはしましたが輸出数量指数ベースで前月比4%増と
持ち直しがみられました。中国向け輸出は14%減になりました。
日要人発言では、23日に日財務相が「景気は上向きつつある。株価も
上昇気流。」との認識を示し、同日に日経済相が「日銀にはCPI1%
実現に向けて金融資産買入も含めた果断な対応を期待している。」と
の発言があり、同日に日首相が「日銀は果断な対応をしている。適時
適切な対応を期待している。」との発言をして、同日に日銀総裁が
「デフレ脱却へ成長力強化と企業の取り組みが大事。政府、日銀は
認識を共通している。今後もしっかり取り組みたい。」と発言して、
緩和策の継続が示されることになりました。

ドル円は、先週21日に再び一時84円台に乗せる場面がありましたが、
2010年11月下旬から12月中旬および2011年2月中旬のトライでも強固
な上値抵抗となった84円アラウンドの壁は強く、週後半にかけて下落
して週末に一時82円台を瞬間割り込み、82円台前半で週取引を終える
相場展開になりました。

米経済は住宅市場には低迷が見られますが総体的に回復傾向にあり、
また米短期金は低下傾向にありますが、先週はやや低下とはなった
ものの米長期金利は上昇傾向にあり、一方、日銀の緩和指向は継続
していて、日米に金利差があることで中期的な円安トレンドはまだ
ついえていないものと思われますが、織り込みが進んできたことと、
先週の米要人発言は金融政策に対する見解が均衡的な対立となった
ことも影響してか、先週のドル円は週間で軟調な展開になりました。

83.00円の節目を割り込んできたことで、今後さらに下落となる場合
は、2011年5月下旬の価格抵抗となった82.00円アラウンドでもある
3月13日の安値の81.96円や、さらに下落となった場合は昨年4月高
値と10月末安値の下落波動の61.8%の戻りの81.60-70円アラウンドが
サポートとしてあらためて注目されることになりそうです。
また、反発上昇となった場合は、83.00円の節目や2010年11月下旬
から12月中旬および2011年2月中旬のトライでも強固な上値抵抗と
なった84円アラウンドの壁が再度レジスタンスとして注目されます。


ユーロについては、19日にCDS決済入札でギリシャ債の価値が額面の
21.5%に最終決定されたとともに、20日にギリシャが第二次支援に
基づく最初の融資75億ユーロを受領して国債償還が無事通過となっ
たことで一安心になり、市場センチメントが改善したことに加え、
先週はドル安傾向になったことでユーロドルは上下動しながらも週
間で上昇する展開になりました。

ただ、3月も終盤になったことで、ギリシャ与党の支持が低下してい
る中での4月の「ギリシャ総選挙」も視野の中に意識される時期に入
ってくることと、ポルドガル10年債利回りが約13%に上昇していて、
また、スペインの10年債の利回りが22日には2ヶ月半ぶりに5.5%を
超えているとともに、ユーロ圏の中で唯一スペインが昨年末比で株価
が下落していることに加え、ECBの域内銀行への融資残高でもその半
分がスペイン銀行向けになっていることで、スペインへの懸念が高ま
っていていることや、IMFの試算でもユーロ圏2012年の経済成長予測
が0.5%のマイナスとなっていて、心配の種は抱えています。

一方、「最悪期は過ぎた」との観測で市場センチメントが改善してい
るとともに、ユーロ共同債構想への期待や、欧州ファイアーウォール
に関して、30日のコペンハーゲンでのユーロ圏財務相会合に向けて
「ユーロ圏の救済基金を合計融資能力を約7000億ユーロとする妥協案
での合意が間近。」との観測報道もあり、期待感からユーロが上昇す
る要因もあることがら、ドルとの動向とともに、今週も好悪材料の綱
引きによるアップダウンの相場展開となる可能性がありそうで、機敏
に対応してトレードしたいものです。

ユーロドルのチャートポイントしましては、上昇となった場合は、
3月9日と21日と23日の高値アラウンドの1.3280から1.33の「00」
のポイントが注目されますが、ここの抵抗は過去に何度も上値を阻
んできただけになかなか強い関門となりそうです。そして、ここを
上抜けた場合は1.34の「00」のポイント、および2月29日の高値の
1.3480-90と、直上1.35「00」のポイントが注目されます。
また、下落となった場合は1.32の「00」ポイント、および3月22日
の安値の1.3133、1.31の「00」のポイント、そして2月16日と3月
15日に下値を阻まれた1.30の「000」トリプルゼロのポイントが注目
されます。トリプルゼロは底堅そうです。


経済指標関連では、26日のNZ貿易収支に独IFO景況指数と
米中古住宅販売保留(成約)、
27日の米消費者信頼感指数、
28日の英第4四半期GDP確報に独消費者物価指数速報と米耐久財受注
29日の米第4四半期GDP改訂値に米第4四半期個人消費改訂値と
米新規失業保険申請件数、
30日のNZ住宅建設許可に欧消費者物価指数速報と
米シカゴ購買部協会景気指数にミシガンと加月次GDP、
などが注目されます。



さて今回は、防御の技術と戦略的活用のお話です。


多くの著名なトレーダーがほとんど異口同音に
「損切り」の重要性を説いていますが、

なぜ、彼らはそれほどまで「損切りが重要」と言うのでしょう。

今回は「損切り」の第三話です。

それでは、はじまり、はじまり〜。^^

「確かにお前さんの言うように、
 誰も好き好んで損切りをしているわけはない…。
 ということじゃが、はたしてどうなのじゃろう。」

『まぁ、口座資金を守るって建前は解るんだけどさぁ、
 好んで損切りをしているヤツはこの世にいないと思うよ。』

「ふむ。どうやらお前さんは損切りはただ忌み嫌うものとして、
 損切りの活用や効能を知らんようじゃのう。」

『損切りの活用だって? 何だよそれ。』

「ふむ。お前さんにこの話をする前に、
 まずは玉手箱の話をせねばなるまい。」

『あの浦島太郎の?』

「まぁ、そうじゃ…。
 トレードで売りか買いかを決めてその決済を1年後とする、
 その間、チャートを見てはいけない。
 どうじゃ、これはポジションの玉手箱にならんかのう。」

『あははっ。非現実的なことだけど、なんか面白い想定の話だね。
 でも開けるときなんか怖い感じがするよ。』

「そうじゃ…。
 大儲けとなっているか大損となっているかは
 玉手箱を開けるまで判らないことじゃが、
 同値であるよりは大きな価格変動となっている
 その可能性のほうが圧倒的に高いのじゃ。」

『まぁ、そうなっているだろうな。』

「これはとても重要なことじゃ。
 日々、ランダムとも思える価格変動が、
 『時』を経て上昇方向もしくは下降方向へ大きく偏り、
 変移している、ということを意味しているのじゃ。」

『だから損切りは必要だって言うんだろう。』

「まぁ、そういうことでもあるのじゃが、
 結論を急ぎなさんな。これから話すことは別のことじゃ。」

『……。』

「価格変動は『時間』にも相関している、
 ということになるのじゃが…。ときにトレンドとは何かね?」

『ジョー・ディナポリ氏ばりの質問だけど、
 トレンドは時間軸の数だけ存在していて、
 時間軸を限定せずにトレンドを言うことは無意味だ、
 なんてオチじゃないだろうな。』

「あれあれ、これはこれは…。では質問を変えよう。
 上昇トレンドとは何かね?」

『そんなの決まってんだろう。
 高値を切り上げ、安値も切り上げている状態のことさ。
 移動平均線が右方上がりで上昇トレンドラインが引ける状態さ。』

「ふむ…。価格グラフを読むチャーチスト的な定義では
 そういうことになるのう。」

『他に何があるって言うんだい。』

「時間での定義では、時間とともに価格のアベレージが
 上昇している状況が上昇トレンドじゃ。」

『時間論的にはそういうことか…。』

「でじゃ…。時間とともに価格が変動すると仮定をするならば、
 ポートフォリオのフィルタリングに応用できないじゃろうか。」

『話が唐突すぎて解りゃしねぇよ。』

「そうじゃのう。こりゃすまんすまん…。
 さて、ここに猿がダーツを投げて決めたような
 ランダムなポートフォリオ…、
 まぁ、為替の複数ポジションがあったとしよう。」

『適当でいい加減な複数のポジションてわけだな。』

「そして、分散投資の考え方をさらに拡張させて、
 買いポジションだけではなく、売りポジションも含め、
 ランダムなポートフォリオとする場合、
 ある特徴が現れるのじゃ。」

『ランダムなのに特徴があるだって?
 そんなのありえねーし。』

「特徴がないという特徴じゃよ。
 儲かりも損もしないポートフォリオじゃ。」

『なーんだぁ、言葉遊びかよ。
 それにそんなポートフォリオは意味ねーし。』

「いやいや言葉遊びではない。
 模擬的に行うならば、例えばドルストレートを6つほど選び、
 そのうち適当な3つを買い、残りの3つを売る、
 というように売り買いがバランスするように
 ポジションを持つわけじゃ。」

『そんなことして、いったいぜんたい何になるんだよ。』

「そして、時間と価格の事実のフィルターにかけて、
 時間とともに損失となるポジションを切るのじゃ。
 そうすると儲けの出ているポジションだけが残るわけじゃ。
 このとき行うことになる損切りは損切りの活用となるのじゃ。」

『話としては解るけど、大切なリアル口座で
 そのフィルタリングの作業をする気にはならないね。』

「なにもリアル口座でフィルタリング作業をする必要はないのじゃ。
 デモ口座でランダム・ポートフォリオのフィルタリングをして、
 定義する時間とともに儲けの出てきたポジションを
 リアル口座に実際に移植する感覚で良いポジション群の
 ポートフォリオを構築していけばよいのじゃ。」

『でも、短・中期的にでもトレンドが変ることもあるし…。』

「それゆえ、リアル口座では、
 一定の利益となった成績上位のポジションの利食いをしたり、
 フィルタリングを経ても一定の損失となったポジションを切り、
 それらをランダム・ポートフォリオのほうへ移し、
 そしてランダム・ポートフォリオから
 またフィルタリングすることによって
 よい成績のポジションをリアル口座に移管する作業を
 常に繰り返していくのじゃ。」

『ふーん。あたかも野球チームの一軍と二軍で、
 常にベストメンバーのチームを編成していくようなもんだな。
 利食ったポジションも本当に強ければまた一軍に昇格してくるし、
 弱かったヤツも強くなれば一軍へ昇格ってわけだ。面白いね。』

「ただ、ここで言いたいことは、
 こんな手法のことなどではないのじゃ。
 損切りは忌み嫌うだけのものではなく、応用もでき、
 価値ある戦略的な活用もできるということじゃ。」

『あっ、ジイさん、やべーよ。話がバカ長になってるぜ。』

「あれまぁ、こりゃいかん。続きはまた来週じゃ。」

『おいおい、また来週も損切りの話かよー。
 点と線の話はいつのことやら…。』


なーんちゃって。

またまたお話が長くなりました。 m(_ _)m

ではまた来週。




<ご案内>

私が講師を務めていましたeラーニング講座の
"勝つためのFXチャート分析講座"が「DVDと製本」になりまして、

マエストロFX (Maestro FX)」という教材名で
ウィニングクルー株式会社(関東財務局長(金商)第2098号)から
発売されました。

トレードの根っこになる重要な基礎とコアの部分を中心に
より深く体系的に19時間学んでいただければと思います。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX情報をもっと見る
過去ログ
2019年09月(3)
2019年08月(3)
2019年07月(4)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(3)
2019年03月(5)
2019年02月(4)
2019年01月(4)
2018年12月(4)
2018年11月(4)
2018年10月(4)
2018年09月(5)
2018年08月(3)
2018年07月(5)
2018年06月(4)
2018年05月(4)
2018年04月(4)
2018年03月(4)
2018年02月(4)
2018年01月(4)
2017年12月(4)
2017年11月(4)
2017年10月(5)
2017年09月(4)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(4)
2017年05月(4)
2017年04月(4)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(4)
2016年12月(4)
2016年11月(4)
2016年10月(5)
2016年09月(4)
2016年08月(2)
2016年07月(5)
2016年06月(4)
2016年05月(4)
2016年04月(4)
2016年03月(4)
2016年02月(4)
2016年01月(5)
2015年12月(3)
2015年11月(4)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(4)
2015年07月(4)
2015年06月(4)
2015年05月(4)
2015年04月(4)
2015年03月(4)
2015年02月(4)
2015年01月(3)
2014年12月(3)
2014年11月(4)
2014年10月(4)
2014年09月(4)
2014年08月(4)
2014年07月(4)
2014年06月(4)
2014年05月(3)
2014年04月(4)
2014年03月(4)
2014年02月(4)
2014年01月(4)
2013年12月(3)
2013年11月(4)
2013年10月(4)
2013年09月(5)
2013年08月(3)
2013年07月(4)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(4)
2013年01月(4)
2012年12月(4)
2012年11月(3)
2012年10月(4)
2012年09月(5)
2012年08月(3)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(5)
2012年03月(4)
2012年02月(4)
2012年01月(4)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(5)
2011年09月(4)
2011年08月(3)
2011年07月(5)
2011年06月(4)