FX 防御の技術と機会利益のお話


日経平均が週足ベースで10週連続の陽線となりましたね。
これは1987年の17週連続陽線以来の25年ぶりのことだそうです。

●先週の主な出来事

<3月12日(月)>

米と加の市場がサマータイムに移行しました。
ユーロドルや豪ドル米ドルなどがやや下窓を空けて始まりました。
その後、オセアニア時間に窓が埋められました。
中国海関総署が10日に発表した貿易収支(2月)は、
314億8000万ドルの赤字になりました。
オセアニア時間は主要通貨ペアが前週終値レベルで揉み合いました。
ロイター通信が、
「JPモルガンが9日に公表したリポートでは、
2月の米プライムMMFのユーロ圏銀行債保有が2ヶ月連続で増加。」
と報道しました。
新華社が、
「中国の格付け会社大公国際資信評価が
ギリシャ国債をデフォルトに陥ったことを示すDに格下げした。」
との報道をしました。
毎日新聞が、
「市場では保険金支払いでの金融システムへの影響は限定的との
見方が多いが債務の強制削減がポルトガルなど他の財政悪化国にも
適用されるのではと波及を懸念する声も出ている。」
との観測報道をしました。
日機械受注(1月)は予想より強い+3.4%、
日国内企業物価指数(2月)は予想とおりの+0.6%になりました。
東京時間が近づく頃にドル円やクロス円が反落しました。
豪ドルが軟調に推移しました。
原油先物やダウ先物が軟調に推移しました。
日経平均は前週末比プラス圏で軟調に推移しました。
東京時間序盤は主要通貨ペアに反落の動きがみられました。
日経平均が上げ幅を縮小していきました。
ドル円やクロス円が下落しました。
アジアの株式市場は前週末比マイナス圏で始まりました。
ユーロドルが一時1.31台を割り込み下落しました。
中国人民銀行が、
「2012年の金融政策運営では為替相場と預金準備率を用いる、
適切な時期に金融政策を微調整する。金利の自由化を進め、
徐々に人民元レートのメカニズムの改革を推進する。」
などの発表をしました。
日首相が「基調的にはまだ円は高めの評価。」と認識を示しました。
日財務相が、
「欧州危機が為替に反映。単に投機的動きでない。」
との認識を示しました。
中国人民銀行総裁が、
「預金準備率変更は緩和のシグナルではない。
預金準備率の調整は主に市場の流動性調整を目的としている。
預金準備率の引き下げは株式市場や不動産セクターの押し上げが
目的ではない。人民元相場には一段の柔軟性必要。
人民元の上昇が終わったというのは単純すぎる。
人民元相場はより均衡のとれた水準になれば介入は減る見込み。
預金準備率は20%台に達していて理論的には引き下げ余地は大きい。」
などの発言をしました。
午前11時半頃からドル円やクロス円の下げが一服になりました。
中国外為当局者が、
「1-2月期の中国貿易赤字は人民元が均衡水準に
近づいていることを示す明るい証拠。
中国は互恵原則に基づいて日本国債市場に投資する。
円の急激な上昇の際には日本国債の購入を減らす。
日本側が必要とすれば日本国債をさらに購入することも可能。」
など発言をしました。
日消費者態度指数(2月)は予想より弱い39.5になりました。
日経平均が前週末比マイナス圏に反落しました。
インドの大統領が、
「インドの11-12年度成長率は前年度の8.4%から
約7%に減速する見通し。」との見解を発表しました。
東京時間後半はドルストレートが軟調傾向で揉み合いました。
日経平均は前週末比−39.88円で大引けになりました。
東京時間終盤にアジア株式市場やダウ先物が下げ幅を縮小しました。
ドルストレートに反発の動きがみられました。
ユーロドルが1.31を回復しました。
独卸売物価指数(1月)は予想とおりの+1.0%になりました。
欧州の株式市場が前週末比マイナス圏で始まりました。
ロンドン時間序盤に主要通貨ペアが一時反落しました。
その後、欧州の株式市場が前週末比プラス圏へ反発しました。
ダウ先物に反発の動きがみられました。
ギリシャ2023年償還新発債の利回りが18.40-18.83%になりました。
独6ヶ月物国債の入札では、
「発行額が34.93億ユーロ。平均落札利回りが前回より低い0.053%、
応札倍率が前回より高い1.6倍。」との結果で好調でした。
主要通貨ペアが反発上昇する展開になりました。
午後7時近くからドルストレートが反落して揉み合いました。
ポンドが軟調に推移しました。
豪ドル米ドルが一時1.05を割り込みました。
ドル円はやや軟調傾向の揉み合いになりました。
ダウ先物や欧州の株式市場に反落の動きがみられました。
原油先物は軟調傾向が続きました。
LIBORドル3ヶ月物金利は0.47355%と前週末と同水準になりました。
スイスNSBが、新たなコンプライアンス規則として、
「5月1日から理事による個人的な取引を規制する。
四半期ベースで個人資産を公表する。」などの発表をしました。
NY時間に入る頃からダウ先物や欧州株式市場が反発をみせました。
ドルストレートに反発の動きがみられました。
ECBが「先週は2700万ユーロの国債購入をした。」と発表しました。
NYダウは小幅高での揉み合いになりました。
欧州の株式市場が前週末終値レベルで揉み合いになりました。
主要通貨ペアが揉み合いになりました。
米10年債利回りが一時2.00%あたりまで低下しました。
ギリシャ政府が、
「国内法のもと民間との1772.5億ユーロの債務交換を完了した。」
との発表をしました。
独財務相が、
「ギリシャの第2次支援プログラムは週内に署名されるだろう。
ユーロ圏財務相会合では金融取引税に関する決定事項はない。
金融取引税に関する最終目標はEU27国レベルになる。」
などの発言をしました。
ユーログループ議長が、
「ギリシャ向けの最終決定は14日になるだろう。
ユーロ圏のファイアオール規模について30日会合で議論される。」
などの発言をしました。
ユーロ圏財務相会合が始まるロンドンフィックスにかけて
ユーロドルが堅調推移になりました。
米3年債の入札では、
「最高落札利回りが0.456%、応札倍率が前回より高い3.44倍。」
などの結果になりました。
NYダウが揉み合いながらやや上昇しました。
ポンドドルや豪ドル米ドルがやや反発して揉み合いになりました。
ドル円は揉み合いが続きました。
米月次財政収支(2月)は前年比4.1%増の−2317億ドルになりました。
市場反応は限定的でした。
NY時間終盤にかけて主要通貨ペアが小幅な揉み合いになりました。
米10年債利回りは2.03%あたりになりました。
NY原油(WTI)は106ドル台前半で引けました。
NYダウは終盤に上げ幅を縮小し前週末比+37.69ドルで引けました。

<3月13日(火)>

FRBが、
「住宅価格が21%下落、失業率は13%、株価が50%下落など
厳しい経済条件を仮定した米銀19行のストレステストの結果を
15日に公表する。」と発表しました。
オセアニア時間は主要通貨ペアが揉み合いになりました。
ユーログループ議長が、ユーロ圏財務相会合の後に、
「ギリシャへの新たな支援プログラムがユーログループによって
今夜承認された。正式なギリシャ第2次支援は14日に承認される。
民間の債券交換で2020年のギリシャ累積債務は117%まで低下する。
IMFの大きな強力を期待。280億ユーロ支援というIMF提案を歓迎。
ユーロ圏の防火壁を強化する必要がある。
スペインの2013年財政赤字目標をGDP3%維持することに合意。
スペインは赤字を削減することが重要。」
などの発表をしました。
午前8時半過ぎにユーロドルなどドルストレートが反発しました。
ドル円もやや反発をみせてクロス円が反発しました。
日第三次産業活動指数(1月)は予想より弱い−1.7%になりました。
英RICS住宅価格指数(2月)は予想よりは強い−13.0%になりました。
市場反応は限定的でした。
日財務相が、
「中国当局が中国国債購入枠650億人民元を許可した。
当面は購入枠の範囲内で小額から(日国債購入を)開始する。」
との発表をしました。
日経平均は前日比プラス圏で始まり堅調に推移しました。
東京時間序盤はドルストレートがやや反落して揉み合いました。
豪住宅ローン許可件数(1月)き予想より弱い−1.2%になりました。
一時、豪ドル売り反応がみられましたが限定的でした。
アジアの株式市場が前日比プラス圏で推移しました。
ダウ先物や原油先物が堅調傾向で推移しました。
しだいに主要通貨ペアが堅調傾向の揉み合いになりました。
日経平均が一時10000円台を回復しました。
午前11時近くからドル売り動意が優勢になりました。
ドル円が反落してドルストレートがやや反発を強めました。
格付け会社のS&Pが、
「中国の銀行に関しては低迷を克服できるはず。
2012年も健全さが続く。見通しは引き続き安定的。
中国の緩和はインフレの低下につれて今年も継続する。
中国の預金準備率は19%を下回る可能性 。」
などの見解が示されました。
日銀の政策発表がいつもの月より遅くなりました。
ドル円が神経質な上下動になりました。
東京時間午後からはややドルが買い戻され揉み合いになりました。
一部メディアが、
「昨年の輸出トップは中国で世界の輸出の約11%を占めた。
2位の米国は8.4%、独は8.3%だった。」と報じました。
午後2時過ぎに日銀が政策金利の据え置きを発表しました。
日銀声明では、
「(政策金利据え置きの)決定は全会一致。
前回10兆円増額した資産買入基金65億円は据え置く。
日銀保有の米ドル資金で新たにドル建て貸付枠1兆円の導入をして、
円貨・外貨の両面の拡充で貸付額の総額を3兆5000億円から
5兆5000億円に2兆円増額する。
成長基盤強化の従来型融資の受付期限を14年3月末まで2年延長。
日本経済の先行きは横ばい圏内の動きを脱し緩やかな回復経路へ。
CPI1%目指し実質ゼロ金利政策や資産買入れで金融緩和を推進。
デフレからの脱却は成長力強化の努力と金融面の後押しで実現へ。
海外経済は減速から脱していないが米国に改善の動き。
欧州も停滞感の強まりに歯止めがかかりつつある。
欧州債務問題の展開など世界経済をめぐる不確実性が大きい。
宮尾審議委員が基金増額5兆円を提案したが反対多数で否決。」
などが示されました。
日銀の発表後、ドル円主導で主要通貨ペアが反落しました。
ドル円が一時82円台を割り込む場面がありました。
日経平均が上昇幅を縮小しました。
日経平均は前日比+9.22円で大引けになりました。
独連銀総裁が、FAZ紙のインタビューで、
「支援が改革を遅らせる言い訳になるべきでない。
リスクに関する決定は各国政府が下す必要。
弱い銀行を存続させることは金融政策の役割ではない。
金融政策措置は限定的で一時的な必要。」
などの見解を示しました。
格付け会社のS&Pが、
「日本は名目GDPがプラス成長にならないと本格的財政再建は困難。
数年内の可能性低いが将来に通年で経常赤字に転落の可能性もある。
12年に日本の経常収支の黒字幅はやや回復すると予測。
12年の日本の実質GDPは2.0%と小幅プラス成長に戻ると予想。」
などの見解を示しました。
東京時間終盤は主要通貨ペアがやや反発をみせて揉み合いました。
ダウ先物や原油先物は堅調傾向の揉み合い推移が続きました。
格付け会社のムーディーズが、
「キプロス格付をBaa3からBa1に引き下げる。見通しネガティブ。」
との発表をしました。
市場反応は限定的でした。
日銀総裁が、記者会見で、
「物価1%上昇は一朝一夕に実現出来るわけではない。
前回会合で決定した金融緩和強化と今回の成長力強化はパッケージ。
欧州債務問題の展開引き続き大きなリスク。
中銀が政治的な圧力意識して金融政策を運営することは自殺行為。
日銀のデフレ脱却への構えは一貫してして真剣。」
などの発言をしました。
ロンドン時間序盤はドル買い動意が優勢の展開になりました。
ドル円が反発上昇してドルストレートが反落しました。
スイス生産者輸入価格(2月)は予想より強い−1.9%になりました。
欧州の株式市場は前日比プラス圏で堅調に推移しました。
ダウ先物も堅調に推移しました。
ドル円が82円台後半まで上昇しました。
EUとIMFによる分析が発表されて、
「ギリシャ債務は基本シナリオでは2020年に対GDP比で116.5%へ。
2030年には90%を下回る見込み。
好ましくないシナリオでは、ギリシャ債務の削減には
大きなリスクがあり2020年に145%になる恐れがある。
ギリシャがプログラム終了時に市場での資金調達が可能になるか
見通しは不確実。」などが示されました。
午後6時からドル売り動意になりました。
ドル円がやや反落してドルストレートがやや反発しました。
英商品貿易収支(1月)は予想よりは強い−75.32億ポンド、
英DCLG住宅価格(1月)は前回値より強い+0.2%になりました。
市場反応は限定的でした。
伊の短期債の入札では、目標上限の120億ユーロ調達されて、
「1年物では85億ユーロ発行されて、
落札利回りが前回より低い1.405%、
応札倍率が前回より高い1.38倍。」などになりました。
独ZEW景況感調査(3月)は予想よりとても強い+22.3、
独ZEW現況指数(3月)は予想より弱い+37.6、
欧ZEW景況感調査(3月)は予想より強い+11.0になりました。
一時、限定的ながらユーロドルが反発を強める場面がありました。
その後、程なくユーロドルが再び反落する展開になりました。
ポンドドルや豪ドル米ドルがやや連れ安となって揉み合いました。
ドル円が反発をみせました。
EUの報道官が、
「昨年のスペインの債務削減計画では大きなずれが生じていた。」
と発言をしました。
LIBORドル3ヶ月物金利は0.47365%に上昇しました。
午後9時過ぎにユーロドルが1.31を割り込み下落しました。
他のドルストレートもしだいに軟調になりました。
欧州委報告では、
「ギリシャ政府は6月までに必要な歳出削減措置を特定。
2013-14年予算で実施。財政目標達成には13-14年に
対GDP比5.5%の歳出削減が必要。」などが示されました。
米小売売上高(2月)は予想とおりの+1.1%になりました。
ドル買い反応がみられました。
バイトマン独連銀総裁が、
「ECBは緊急措置を一部解除する方法について協議中。
ECBの出口戦略は幾つかの要素に左右される。
ギリシャは特別なケース。現状で二次的影響はみられない。」
などの発言をしました。
欧州委員会のレーン副委員長が、
「アイルランドは自らの約束と義務を果たすべき。
アイルランド政府が金融危機の際に国内銀行を救済するため
利用した約束手形は約束を守り必ず返済しなければならない。」
との発言をしました。
NY時間序盤はFOMCが意識されてかドル買い優勢の展開になりました。
ユーロドルが1.30台半ばまで急落しました。
ユーロポンドが下落しました。
ダウ先物や欧州株式市場や原油先物に反落の動きがみられました。
NYダウは上昇して始まり13000ドルの大台を回復しました。
ポンドドルなどドルストレートが反発上昇しました。
ユーロドルが1.31台を回復しました。
ドル円は当日高値圏で揉み合いが続きました。
欧州の株式市場が再上昇しました。
米10年債利回りが2.08%あたりまで上昇しました。
原油先物が反発しました。
米企業在庫(1月)は予想より強い+0.7%になりました。
EU財務相会合が、
「13年にハンガリー支援基金の一部を停止へ。
インフラ助成停止で妥協が成立。」との発表をしました。
米労働省が、
「1月の米失業率は全米で45州が低下した。
NY州だけは上昇している。その他は変わらず。
雇用者数は37の州で増加して13の州は減少している。」
などの発表をしました。
ギリシャの財務相が、
「1300億ユーロの第2次支援に加えて、
2015年までIMFから82億ユーロ支援される。」
との発言をしました。
各付け会社のフィッチが、
「ギリシャをRDからB−に格上げする。見通しは安定的。」
との発表をしました。
米10年債の入札では、
「最高落札利回り2.067%、応札倍率は前回より高い3.24倍。」
になりました。
NYダウは堅調に推移しました。
ロイターが、
「オランダ議会はEU財政協定採決で過半数を確保できない可能性。」
との観測報道をしました。
FOMCは政策金利を0.25%で据え置きの決定しました。
FOMC声明では、
「経済は緩やかに拡大してきていることを示している。
失業率は目に見えて低下したが依然として高い水準。
世界市場の歪みは緩和したがリスクを示唆。
少なくとも2014年遅くまで異例な低金利を正当化。
原油とガソリンの上昇が一時的にインフレ押し上げる。
インフレは原油とガソリン上昇でも抑制されている。
国際金融市場の緊張は和らいだが著しい下振れリスク。
オペレーションツイストを計画通り維持。
MBSと政府機関債の償還資金をMBSに再投資維持。
米国債の償還資金を米国債に再投資維持。
保有証券の規模と構成を定期的に再検討し調整。」
などが示されました。
一部で噂されていた「不胎化QE3」などの示唆はありませんでした。
上下動となりながらもドル買い反応になりました。
ドル円が上昇してドルストレートが反落しました。
ドル円が一時83円台をつけました。
NY時間終盤にJPモルガンが、
「150億ドル相当の自社株買いを設定する。
このことについてFRBの反対はなかった。」
との発表をしました。
NYダウが一段と上昇しました。
NY時間終盤はドル売り動意がやや優勢になりました。
ドルストレートがやや反発してドル円がやや反落しました。
米10年債利回りは2.13%あたりまで上昇しました。
NY原油(WTI)は106ドル台後半で引けました。
NYダウは前日比+217.97ドルでこの日の取引を終えました。
NYダウは4年ぶりの高値になりました。

<3月14日(水)>

FRBが米銀大手19のストレステストの結果を前倒しで公表して、
「テストでは失業率13%、株価50%下落、住宅価格21%下落を想定。
19社のうち15社が資本規制の最低基準に合格。
テストの条件下では、シティグループ、アリー、サントラストは
中核的自己資本が5%を下回る。
メットライフがストレステストで基準満たさなかった。」
などが示されました。
シティグループの株価が時間外取引で4%程度下落しました。
シティグループが、
「資本計画の修正案をFRBへ年内に提出する。」と発表しました。
ドル円にやや反落の動きがみられました。
米石油協会APIが、
「米週間石油在庫統計は原油在庫が280万バレル増。」
との発表をしました。
オセアニア時間では主要通貨ペアが揉み合いになりました。
豪Westpac消費者信頼感指数(3月)は前月より弱い96.1になりました。
東京時間が始まる前にややドル買い優勢の動きになりました。
日経平均は大幅上昇して始まりました。
東京時間序盤はドル買い優勢の展開が続きました。
ドル円が83円台に乗せました。
ドルストレートが反落しました。
豪第4四半期新規住宅は予想より弱い−6.9%になりました。
市場反応は限定的でした。
仲値過ぎに一時ドル売りになる場面がみられました。
その後、再びドル買い優勢の相場展開になりました。
アジアの株式市場は上昇して始まりました。
ダウ先物は当日高値圏で小幅な揉み合いになりました。
格付け会社のムーディーズが、
「キプロスの格付けをBaa3から投機的水準のBa1に1段階引き下げ。
見通しはネガティブ。」との発表をしました。
東京時間午後は一時ややドル売り傾向になりました。
その後、再びドル買い優勢の相場展開になりました。
中国の温家宝首相が、
「不動産バブルが崩壊すれば経済への打撃になる。
住宅価格を妥当な水準まで下落するにはほど遠い状況。
規制の手を緩めれば住宅市場の混乱を引き起こす恐れがある。
中国経済の変革を達成するには7.5%のGDP伸び率目標達成が必要。
質の高い成長を達成するには構造調整が必要。
ユーロ圏危機や海外市場の収縮が、中国経済の下押し圧力。
中国の均衡のとれた成長は世界経済にプラス。」
などの認識を示しました。
日鉱工業生産指数確報(1月)は速報値より弱い+1.9%、
日設備稼働率指数確報(1月)は前月値より強い3.4%になりました。
市場反応は限定的でした。
日銀金融経済月報では、
「4-6月生産は増加基調続ける。4-6月生産は自動車は高水準を維持。
日本経済は持ち直しに向けた動き見られているがなお横ばい圏内。
個人消費は自動車需要刺激策などで底堅さ増す。
日本経済の先行き次第に横ばい圏内脱し緩やかな回復経路に復す。
内外需要のもと生産は緩やかに増加していく。
海外経済は全体としてなお減速した状態脱していない。」
などの見解が示されました。
中国上海株式市場が急反落しました。
東京時間終盤はユーロドルなどドルストレートが下落しました。
ドル円もやや反落してクロス円が下落しました。
日工作機械受注確報(2月)は速報値と同じ−8.6%になりました。
日経平均は前日比+151.44円で終値で1万円台を回復しました。
ダウ先物や原油先物にやや反落の動きがみられました。
ブルームバーグが、
「中国は大手銀行の融資能力抑制を緩和させる方向となった。」
との観測報道をしました。
ロンドン時間序盤はポンドドルやユーロドルなどが反発しました。
豪ドル米ドルや米ドル加ドルなど資源国通貨は軟調に推移しました。
ドル円も再上昇してポンド円などが反発上昇しました。
ドル円が83円台半ばまで上昇しました。
ユーロポンドが軟調に推移しました。
ユーロスイスは堅調に推移しました。
欧州の株式市場は上昇して始まり堅調推移になりました。
ダウ先物が反発をみせました。
金価格が軟調に推移しました。
午後6時頃からドル円の上昇が一服になりました。
英失業率(2月)は予想とおりの5.0%、
英失業保険申請件数(2月)は予想より弱い+0.72万件になりました。
ポンドに売り反応がみられました。
欧生産者物価指数確報(2月)は予想とおりの+2.7%、
欧生産者物価指数コア確報(2月)は予想より弱い+1.5%、
欧鉱工業生産指数(1月)は予想より弱い+0.2%になりました。
市場反応は限定的でした。
伊国債の入札では、目標上限の60億ユーロが発行されて、
「3年債では発行額が50億ユーロ、落札利回が前回より低い2.76%、
応札倍率が前回より高い1.56倍。」になりました。
ユーログループ議長が、
「ギリシャ第2次追加支援は正式に承認された。
EFSFは394億ユーロをギリシャに拠出できる。
プログラムによってギリシャは持続可能は軌道に復帰する。」
との発表をしました。
午後7時半頃からユーロドルやポンドドルが反発しました。
ドル円が再び上昇しました。
NY時間が近づく頃にドル買い優勢の展開になりました。
ユーロドルやポンドルなどドルストレートが反落しました。
ドル円は堅調に推移しました。
資源国通貨は軟調推移が続きました。
欧州の株式市場やダウ先物にやや反落の動きがみられました。
LIBORドル3ヶ月物金利は0.47365%の前日同水準になりました。
米輸入物価指数(2月)は予想より弱い+0.4%、
米第4四半期経常収支は予想より弱い−1241億ドルになりました。
加第4四半期設備稼働率は予想より弱い80.5%になりました。
市場反応は限定的でした。
NY時間に入ると欧州の株式市場が反発をみせて揉み合いました。
NY時間序盤はドル買い傾向の揉み合いになりました。
NYダウは前日比プラス圏で始まりしばらく堅調に推移しました。
米10年債利回りが2.23%あたりに上昇しました。
バーナンキFRB議長が、
「米景気回復は最近は改善の兆しも苛立たしいほど緩慢。
収益性のある融資機会を制限している。
新たな規制が中小銀行にも適用されるか明確にする方針。
ドッド・フランク法は主に大手行に適用されるもので、
大半の新基準の中小行への適用は不適切。」
などの見解を示しました。
EIA週間石油在庫統計は原油在庫が予想より多い175万バレルでした。
ロンドンフィックス前あたりからNYダウが一時反落しました。
ドルストレートが軟調に推移しました。
ドル円が83円台後半まで上昇しました。
深夜1時半頃からドル売りが一時優勢になる場面がありました。
NYダウが一時再び反発をみせました。
オバマ米大統領が、英首相との共同記者会見で、
「核兵器開発が疑われるイランに圧力をかけ続ける。
外交的解決の余地はまだある。」との発言をしました。
米30年債の入札では、
「最高落札利回りが3.383%、応札倍率が前回より高い2.70倍。」
になりました。
その後、NYダウが再び反落して揉み合いになりました。
ドルストレートが再び反落して上下動の揉み合いになりました。
ドル円も小幅な上下動の揉み合いになっていきました。
米10年債利回りは2.27%あたりまで上昇しました。
NY原油(WTI)は105ドル台半ばで引けました。
NYダウは前日比+16.42ドルでこの日の取引を終えました。

<3月15日(木)>

レーン欧州委員が、
「ポルトガルの財政再建は規定どおりに進んで信頼を回復している。
重要なのは今年の目標を遵守すること。」との発言をしました。
格付け会社のフィッチが、
「英国のAAA格付けを確認。見通しはネガティブ。
英国の債務水準が高く、景気回復が見通しよりも弱まる可能性。
累積債務が2014〜15年に対GDP比で94%前後でピークとなれば
AAAで安定する。」などの発表をしました。
ポンドに限定的ながら売り反応がみられました。
英財務省が、
「予算編成で財政の緩みは格下げにつながる。
財政再建の計画を堅持することが重要。」との発表をしました。
オセアニア時間は主要通貨ペアが小幅な揉み合いにりました。
NBNZ企業景況感(2月)は前月値より強い57.7になりました。
NZドルが緩やかに反発しました。
時事通信が、
「ギリシャのベニゼロス財務相は18日に最大与党PASOKの
党首に選出されるのを受けて財務相を辞任すると表明。」
との報道をしました。
東京時間が近づく頃からドル買い優勢の相場展開になりました。
ドル円が上昇してドルストレートが反落しました。
クロス円は上昇しました。
豪消費者インフレ期待(3月)は前月より強い+2.7%になりました。
ANZ消費者信頼感指数(3月)は前月より弱い110.2になりました。
日経平均は前日比プラス圏で揉み合いになりました。
ドル円が昨年4月13日以来の84円台に上昇しました。
ダウ先物に反発の動きがみられました。
原油先物は軟調傾向で推移しました。
アジア株式市場は前日終値あたりで軟調な揉み合いになりました。
午前10時半頃から豪ドル米ドルなどドルストレートが反発しました。
クロス円が堅調傾向で推移しました。
中国商務省が、
「1-2月の対中直接投資は前年比−0.56%、
2月の対中直接投資、前年比−0.9%、
1-2月のEUからの対中直接投資、前年比−33.3%の9.06億ドル、
1-2月の対外投資は前年比+41.1%、
2月の貿易赤字は一時的。今後も続く公算は小さい。
中国は今年貿易黒字を計上する見通しだが規模は縮小へ。」
などの発表をしました。
午前11時過ぎにドル円が一時84円台を割り込む場面がありました。
東京時間午後は主要通貨ペアが揉み合い傾向の展開になりました。
午後2時頃ドルストレートやクロス円に反落の動きがみられました。
インドの株式市場が下落しました。
東京時間終盤にドル売り動意が優勢になりました。
ドル円が反落してドルストレートが反発しました。
ドル円が84円台を割り込みました。
クロス円はやや反落して揉み合いになりました。
日経平均は前日比+72.76円で大引けになりました。
ダウ先物に一時反落の動きがみられました。
スイス政府が、
「経済は景気後退には陥らないだろう。
2012年のGDPを従来予想の0.5%から0.8%%に上方修正。
指標はいくつかの安定したサインを出している。」
などの発表をしました。
スイスフラン買い反応がみられました。
ロンドン時間序盤はドル売り動意が強まる展開になりました。
ドルストレートの反発が強まりました。
午後4時半頃からドル買戻しの動きがみられました。
ユーロドルなどドルストレートが反落しました。
ドル円がやや反発する展開になりました。
中尾財務官が、
「G7は必要なら協調介入を行う可能性。市場の動きを注視する必要。
行き過ぎた無秩序な為替変動は望ましくないとのコンセンサス。」
などの発言をしました。
欧州の株式市場は前日終値レベルでまちまちに始まりました。
独株式市場は前日比プラス圏で推移しました。
ダウ先物が上下動の揉み合いになりました。
スイスSNBが政策金利を0.00%に据え置きました。
スイスSNB声明では、
「スイスフランの現在の水準は依然として高い。
更なる措置を講ずる用意がある。」などが示されました。
ユーロスイスなどが下落の後に反発しました。
欧州の株式市場はしだいに前日比プラス圏での推移になりました。
ECBの月報では、
「インフレに上振れリスクが残る。
インフレ率はおそらく年内2%を超える状況となる見込み。
ユーロ圏経済に安定化の兆候がみられる。」
などが示されました。
フィンランド中銀総裁が、
「ECBは必要であれば利下げの余地がある。
ECBは危機対応時には適時かつ管理された出口が必要。」
などの見解を示しました。
スペイン債の入札では、
「目標上限35億ユーロに対して30億ユーロ調達。
2015年償還債では、発行額が10.04億ユーロ、
平均落札利回りが前回より低い2.44%、
応札倍率が前回より高い5.0倍。
2016年償還債では、発行額が9.76億ユーロ、
平均落札利回りが前回より低い3.374%、
応札倍率が前回より高い4.1倍。」などになりました。
仏の2017年2月償還債の平均利回りは前回より低い1.78%でした。
その後、欧州株式市場が反落して揉み合いになりました。
ドル円やクロス円が下落する展開になりました。
ドル円が83.50円を割り込み下落しました。
ドルストレートが反発しました。
LIBORドル3ヶ月物金利は0.47365%の前日同水準になりました。
午後8時半頃からドル買戻しの動きがみられました。
ドル円が反発をみせました。
米生産者物価指数(2月)は予想とおりの+3.3%、
米生産者物価指数コア(2月)は予想より強い+3.0%、
米NY連銀製造業景気指数(3月)は予想より強い+20.21、
米失業保険申請件数は予想より強い35.1万件になりました。
直後にドル買い反応となりましたがドル売りとなっていきました。
ドル円が反落してドルストレートが反発する展開になりました。
米10年債利回りが2.29%超に上昇しましたがその後に低下しました。
対米証券投資(1月)は予想より強い+1010億ドルになりました。
市場反応は限定的でした。
NYダウは前日比終値レベルの揉み合いの後に軟調になりました。
ドル円やクロス円が軟調傾向で推移しました。
フィラデルフィア連銀製造業景況指数(3月)は
市場予想より強い+12.5になりました。
限定的ながらドル売り反応がみられました。
その後、NYダウが前日比プラス圏へ反発上昇しました。
欧州の株式市場が終盤に反発しました。
ユーロドルなどドルストレートが反発上昇をみせました。
ドル円が軟調傾向で推移しました。
ロイター通信が、英関係筋の話として、
「英政府が米国とともに戦略石油備蓄SPRを放出することを決定。」
との観測報道をしました。
原油先物が下落しました。
IMFが「IMFの負担分である280億ユーロのギリシャ支援を承認。」
との発表をしました。
ユーロドルが上昇して1.31台を回復しました。
米政府当局者が「米英の戦略備蓄放出の報道は不正確。」
との発表をしました。
原油先物が反発しました。
格付け会社のS&Pが、
「ギリシャ格付けは引き続き選択的デフォルト。
新発債の格付けはCCC。」との発表をしました。
市場反応は限定的でした。
オーストリア中銀総裁が、
「ECBは長期流動性供給LTROからの出口戦略は検討しているが、
タイミングは物価と金融市場の状況しだいになる。
ECBは追加の流動性供給の検討はしていない。
ECBは政策金利の引き下げは検討していない。
今年の南欧経済は厳しい局面に立たされるが、
独やオランダなど北部の経済がサポートする。」
などの発言をしました。
EU欧州連合が、
「資産凍結の対象となるイランの個人および企業による
送金サービスの利用禁止を決定した。」との発表をしました。
深夜3時時近くからユーロドルが反落する展開になりました。
ユーロドルが再び1.31台を割り込みました。
ドルストレートが徐々に反落する展開になりました。
ドル円が徐々に反発しました。
米10年債利回りは2.28%あたりまで上昇しました。
NY原油(WTI)は105ドル台前半で引けました。
NYダウは前日比+58.66ドルでこの日の取引を終えました。

<3月16日(金)>

欧州委員会のバローゾ委員長が、
「ユーロ圏の状況は危機対応の観点から前進がみられる。
以前より改善はしているが依然として脆弱。
ユーロは安定した通貨。そうあり続けることを確信。」
などの発言をしました。
IMF専務理事が、
「ギリシャ向けの救済プログラムには遅延の余地はない。」
との発言をしました。
ガイトナー米財務長官が、
「石油価格の上昇は依然として危険で不確実な世界に直面している
ことを示す。石油コストを引き下げる簡単な解決策は存在しない。
米失業率が非常に高く改善の速度も望むより遅いが、
米経済の見通しは心強い。中国元は人民元の柔軟性を高める必要。
持続可能な財政の実現には増税と歳出削減の組み合わせが必要。
景気回復のダウンサイドが世界的に薄れた。」
などの認識を示しました。
一部メディアが、
「日政府は人民元を日本で取引できるオフショア市場設立を検討。」
との観測報道をしました。
オセアニア時間はややドル買い傾向での推移になりました。
東京時間が近づく頃にユーロドルがやや反発をみせ揉み合いました。
ドル円に反落の動きがみられました。
日財務相が、
「株式市場や外国為替市場は2月半ば以降は堅調に推移も、
なお予断を許さない。長期金利動向を注意しながら見ていく。」
などの認識を示しました。
日銀金融政策決定会合議事録(要旨)では、
「より長い目では目指すべき物価上昇1%を上回る。
今後も必要に応じて追加的手段講じていく。
物価目標1-2%という表現も一案。
日銀の物価安定に関する基本的考え変わらない。
国債購入は政策姿勢明確化を裏付けるために望ましい。」
などが示されました。
日経平均は小幅安で始まりました。
午前9時半頃からドル円が反発をみせて揉み合いました。
ドルストレートが軟調傾向の揉み合いになりました。
その後、日経平均は前日終値を挟んでの上下動になりました。
アジアの株式市場はまちまちの展開になりました。
中国上海株式市場は前日比プラス圏で推移しました。
他のアジアの株式市場は軟調傾向で推移しました。
ダウ先物や原油先物は小幅な揉みあいが続きました。
中国の陳商務次官が、
「ユーロ圏の債務危機は悪化していて金融危機は続いている。
ここ4ヶ月連続で対中直接投資が減少しているがこれは短期的。
中国の投資環境は改善してして資本流出の問題はなく、
依然として資本は流入している。
中国の輸出は大きな圧力に直面していて、
貿易の10%拡大の目標達成は簡単ではないが達成できると確信。」
などの見解を示しました。
市場反応は限定的でした。
午前11時前頃からドルストレートが反発する展開になりました。
ドル円に反落の動きがみられました。
WTOのラミー事務局長が、
「世界中で保護主義圧力が強まっている。世界の危機対応は不足。
WTOは米中間の通貨問題について協議しているが問題は複雑。」
などの発言をしました。
リッチモンド連銀総裁が、ホームページ上で、
「長期間にわたる異例の低金利は妥当ではない。
2014年を通しては必要ないと思う。
インフレ圧力を回避するために金利は上昇が必要。
米国のインフレ率はFOMCが掲げる2%の目標に近い。
2013年には金利の引き上げが必要となる可能性が高い。」
などの見解を示しました。
東京時間午後はややドル買い優勢の展開になりました。
ドルストレートがやや反落してドル円がやや反発しました。
日銀総裁が、
「金利上昇は財政信任低下と景気が良い場合とで(意味が)異なる。」
との見解を示しました。
日景気一致CI指数確報(1月)は速報値より弱い92.7、
日景気先行CI指数確報(1月)は速報値より弱い94.4になりました。
中国上海株式市場が後半にかけて一時やや上げ幅を縮小しました。
日経平均は前日比+6.55円の10129.83円で週取引を終えました。
その後、中国上海株式市場が終盤にかけて再び反発上昇しました。
ドルストレートが再びやや反発をみせい揉み合いました。
独FTD紙が、
「独首相はユーログループのユンケル議長の後任に
ショイブレ独財務相を推す考え。
仏の大統領はこの提案にまだ同意していない。」
などの観測報道をしました。
インド政府の予算案では、
「2011-12年度の成長率は6.9%の見込み。
インド経済は1-3月期に持ち直しの兆し。
2011-12年度の経常赤字は対GDP比約3.6%の見通し。」
などの見通しが示されました。
インドの株式市場が軟調傾向で推移しました。
ロンドン時間序盤はドル買い傾向で上下動の揉み合いになりました。
フィンランド中銀総裁が、ブルームバーグのインタビューで、
「ECBは危機対応措置から慎重かつタイムリーに脱却する必要。
追加LTROについてはすでに大量に行った。
前回の会議で金利変更は議論されず。
ユーロ圏はなお長く深い危機の中にある。
LTROで政府にさらなる改革進める余裕がある。
政府の約束は堅持しなければならない。
ECBの全ての危機対応策は暫定的なもの。
債務危機で成長に下振れリスク。
ECBのバランスシートは管理されている。
本当の課題は不均衡と経常収支赤字である。」
などの見解を示しました。
欧州の株式市場は揉み合いながらも小幅高推移になりました。
午後5時からドル買い動意が優勢になりました。
ドル円が堅調傾向で推移してユーロドルなどが軟調に推移しました。
独連銀が「3月19日に20億規模のEFSF短期証券の入札を実施予定。」
との発表をしました。 
欧貿易収支(1月)季調前は予想より弱い−76億ユーロになりました。
伊の経常収支(1月)は前月よりかなり弱い79.53億ユーロの赤字でした。
一時、ユーロドルなどドルストレートが下落する場面がありました。
その後、ダウ先物や欧州株式市場が堅調推移になっていきました。
ユーロドルなどドルストレートが反発しました。
ドル円が堅調に推移しました。
クロス円が堅調傾向で推移しました。
独連邦債10年物利回りが2%超に上昇しました。
独の首相が、
「独にはESMの規模拡大を望む人はいない。
独はEMSの上限5000億ユーロの引き上げに反対だが、
EUはESMとEFSF統合への可能性を協議している。」
などの発言をしました。
米消費者物価指数(2月)前月比は予想とおりの+0.4%、
米消費者物価指数コア(2月)前月比は予想より弱い+0.1%でした。
ドル売り反応がみられました。
ドルストレートが上昇してドル円が反落しました。
ダウ先物が上昇しました。
加製造業売上高(1月)前月比は予想より弱い−0.9%、
加国際証券取扱高は予想より弱い−41.9億加ドルになりました。
瞬間的に加ドル売りがみられましたが限定的でした。
ドル売り動意にドルカナダが下落しました。
ユーロ圏当局筋が、
「ユーロ圏は拡大に反対するドイツに配慮した妥協案として
ESMとEFSFの合計融資能力を現行の5000億ユーロから
7000億ユーロ近くに拡大する可能性がある。
30-31日のEU財務相非公式理事会で協議される見込み。」
との発表をしました。
米鉱工業生産(2月)は予想より弱い±0.0%、
米設備稼働率(2月)は予想より78.7%になりました。
限定的ながら一時ドル買い戻し反応がみられました。
NYダウは小幅高で始まりました。
米10年債利回りが一時2.35%あたりに上昇しました。
ドル売り動意が続きました。
ユーロドルが1.31台後半まで上昇しました。
原油先物が反発しました。
ミシガン大学消費者信頼感指数速報(3月)予想より弱い74.3でした。
ドル売り動意が続きました。
その後、NYダウが前日比終値あたりでの上下動になりました。
欧州の株式市場にやや上げ幅を縮小する動きがみられました。
バローゾ欧州委員長が、
「債務危機は鮮明には解決していない。
EUは金融安全網で一段前進。EUの焦点は成長。」
などの認識を示しました。
深夜12時前頃からドル円がやや反発をみせて揉み合いになりました。
ドルストレートがやや反落して小幅な揉み合いになっていきました。
シカゴ連銀総裁が、
「経済が強化されるようにさらなる刺激策を要求する。
流動性の落とし穴に陥っているのかどうか判らない。
インフレ見通しは抑制されている。
失業率が7%を下回れば緩和の程度を縮小するべきかもしれない。
インフレ率は中期的な見通しとして3%が望ましい。」
などの見解を示しました。
NYダウが終盤にやや反落しました。
米10年債利回りは2.30%あたりになりました。
NY原油(WTI)は上昇して107ドル台前半で引けました。
NYダウは前日比−20.14ドルの13232.62ドルで週取引を終えました。


●今週の主な予定

<3月19日(月)>

午後2時から豪RBA総裁の講演、
午後6時に欧経常収支(1月)、
午後7時に欧建設支出(1月)、
夜9時半に加卸売売上高(1月)、
夜9時35分からNY連銀総裁(ハト派)の講演、
夜11時に米NAHB住宅市場指数(3月)、
などが予定されています。

<3月20日(火)>

※東京市場はお休みです。

朝8時に豪景気先行指数(1月)、
午前9時半に豪RBA議事録、
午後4時に独生産者物価指数(2月)、
午後5時15分にスイス第4四半期鉱工業生産、
午後6時半に英消費者物価指数(2月)、英小売物価指数(2月)、
夜9時半に米住宅着工件数(2月)、米建設許可件数(2月)、
などが予定されています。
豪・英・米の指標には注目です。

<3月21日(水)>

朝6時45分にNZ第4四半期経常収支、
午後1時半に日全産業活動指数(1月)、
午後6時半に英BOE議事録、英公共部門ネット負債、
夜9時半に加景気先行指標指数(2月)、
夜11時に米中古住宅販売件数(2月)、
などが予定されています。
英・米の指標には注目です。

<3月22日(木)>

朝6時45分にNZ第4四半期GDP、
朝8時50分に日通関ベース貿易収支(2月)、
午後4時にスイス貿易収支(2月)、
午後5時28分に独製造業PMI速報(3月)、独サービス業PMI速報(3月)
午後5時58分に欧製造業PMI速報(3月)、欧サービス業PMI速報(3月)
午後6時半に英小売売上高指数(2月)、
午後7時に欧鉱工業受注(1月)、
夜9時半に米新規失業保険申請件数、
同夜9時半に加小売売上高(1月)、
夜11時に米景気先行指標総合指数(2月)、米住宅価格指数(1月)、
深夜12時に欧消費者信頼感速報(3月)、
深夜5時にシカゴ連銀総裁(ハト派)の講演、
などが予定されています。
NZ・(日)・独・英・米・加の指標には注目です。

<3月23日(金)>

午前9時01分に英ネーションワイド消費者信頼感指数(2月)、
夜8時に加消費者物価指数(2月)、加消費者物価指数コア(2月)、
夜11時に米新築住宅販売件数(2月)、
などが予定されています。
加・米の指標には注目です。


<先週のユーロドルのサマリー>

先週のユーロドルは、中国の海関総署が10日に発表した貿易収支が
314.8億ドルの赤字になったことも影響したか下窓を空けて始まり
ました。その後、オセアニア時間にいったん窓埋めとなりましたが、
週初12日の東京時間前半にユーロドルは再び反落して、1.31を割り
込みました。その後、下落一服になりましたがインド政府が11-12
年度成長率について約7%に減速する見通しと発表したことで、新
興国の経済減速懸念からドルストレート全般の軟調に連れて、ユー
ロドルも軟調傾向の揉み合い推移になりました。その後、東京時間
終盤にアジア株式市場やダウ先物が下げ幅を縮小したことや、独の
短期債の入札が好調であったことなどを背景にユーロドルは1.31台
前半まで反発しました。その後、ダウ先物や欧州の株式市場が反落
となったことでNY時間が始まる前あたりまでユーロドルは再び反落
する展開になりました。その後、ギリシャ政府の「国内法のもと民
間との1772.5億ユーロの債務交換を完了。」との発表や、独財務相
の「ギリシャ第2次支援プログラムは週内に署名されるだろう。」
との発言などがあり、ロンドンフィックスにかけてユーロドルは堅
調推移になって1.31台半ばを回復しました。その後、NY時間後半は
小幅揉み合いでの推移になりました。

13日、オセアニア時間にユーロドルは保ち合い推移になりましたが
ユーロ圏財務相会合の後にユーログループ議長が「ギリシャへの新
たな支援プログラムがユーログループによって承認された。正式な
ギリシャ第2次支援は14日に承認される。民間の債券交換で2020年の
ギリシャ累積債務は117%まで低下する。IMFの大きな強力を期待。
280億ユーロ支援というIMF提案を歓迎。スペインの2013年財政赤字
目標をGDP3%維持することに合意。」との発表をしたことで、東京
時間前半にかけてユーロドルは1.31台後半まで上昇する展開になり
ました。東京時間後半は日銀の政策金利の発表後のユーロ円の下落
もあってユーロドルは反落する展開になりました。その後ロンドン
時間序盤にかけていったん上下動の揉み合いとなった後に、EUとIMF
による分析が発表されて「ギリシャ債務は基本シナリオでは2020年に
対GDP比で116.5%へ。2030年には90%を下回る見込み。好ましくない
シナリオでは、ギリシャ債務の削減には大きなリスクがあり2020年に
145%になる恐れがある。ギリシャがプログラム終了時に市場での資
金調達が可能になるか見通しは不確実。」などが示され、ユーロドル
は下落する展開になりました。その後、伊の短期債入札で目標上限の
120億ユーロが無事に調達されたことで下落が一服になりました。
その後、独ZEW景況感調査が発表され市場予想よりとても強い+22.3
になったことで一時ユーロドルは反発しましたが、EU報道官の「昨年
のスペインの債務削減計画では大きなずれが生じていた。」との発表
を契機としたか、ユーロドルはFOMCを意識したと思われるポジション
調整で下落する展開になりました。その後に発表された米小売売上高
は市場予想とおりの+1.1%でしたが、ユーロドルは1.30台半ばまで
下落する展開になりました。その後、NYダウが堅調推移で上昇して、
13000ドルの大台回復したことや、ギリシャ財務相が「1300億ユーロ
の第2次支援に加えて、2015年までIMFから82億ユーロ支援される。」
との発表をしたことや、各付け会社のフィッチが「ギリシャをRDから
B−に格上げする。見通しは安定的。」との発表などポジティブ材料
が重なりユーロドルは1.31台前半まで反発する展開になりました。
その後、ロイターが「オランダ議会はEU財政協定採決で過半数を確保
できない可能性。」との観測報道をした後に、米FOMCが発表されて、
声明で「米経済は緩やかに拡大してきていることを示している。原油
とガソリンの上昇が一時的にインフレ押し上げる。」など、米経済回
復の認識とインフレ懸念が示されたことや、「少なくとも2014年遅く
まで異例な低金利を正当化。」とはしながらも一部で噂されていた
「不胎化QE3」の示唆がなく、ドル買い動意にユーロドルは再び反落
して、1.30台半ばに迫るあたりまで下落する展開になりました。
その後、NY時間終盤にやや戻して揉み合いとなっていきました。

14日は、オセアニア時間で小幅揉み合いとなりましたが、東京時間に
格付け会社のムーディーズが「キプロスの格付けをBaa3から投機的
水準のBa1に1段階引き下げる。見通しはネガティブ。」との発表を
したこともあって、東京時間前半はやや反落した後に軟調傾向の揉み
合い推移になりました。その後、中国の温家宝首相が「不動産バブル
が崩壊すれば経済への打撃になる。住宅価格を妥当な水準まで下落す
るにはほど遠い状況。中国経済の変革を達成するには7.5%のGDP伸び
率目標達成が必要。質の高い成長を達成するには構造調整が必要。」
などの発言をしたことで中国上海株式市場が急反落して、リスク回避
の動意にユーロドルは1.30台前半まで下落する展開になりました。
その後、ブルームバーグの「中国は大手銀行の融資能力抑制を緩和さ
せる方向となった。」との観測報道や、欧州の株式市場が上昇して始
まり堅調推移になったことや、伊の国債入札で目標上限60億ユーロが
無事に調達できたことや、ユーログループ議長が「ギリシャ第2次
追加支援は正式に承認された。EFSFは394億ユーロをギリシャに拠出
できる。プログラムによってギリシャは持続可能は軌道に復帰する」
との発表をしたことを背景に、ユーロドルは1.30台後半まで反発しま
した。その後、市場替わりのNY時間が近づく頃からユーロドルは再び
反落する展開になりました。NYダウの取引が始まると一時反発をみせ
て揉み合いになりましたが、米長期金利の上昇を背景としたドル買い
動意と、ロンドフィックスにかけてのNYダウの軟調にユーロドルは
1.30台前半まで下落する展開になりました。その後、NYダウが反発
をみせたことでユーロドルは一時やや反発しましたがその後に再び
やや反落して1.30台前半での小幅揉み合いになりました。

15日は、オセアニア時間での揉み合いを経た後に、一部メディアの
「ギリシャのベニゼロス財務相は18日に最大与党PASOKの党首に選出
されるのを受けて財務相を辞任すると表明。」との報道も材料となっ
たか、東京時間序盤にドル買い動意を背景にユーロドルが1.30にほぼ
迫るあたりまで下落する展開になりました。しかし1.30を下抜けるこ
となくトリプルゼロのバリアに下落を阻まれて東京時間後半にかけて
ユーロドルは揉み合いながら緩やかに反発する展開になりました。
その後、新興国インドの株式市場の急落にユーロドルも下押されまし
たが、市場替わりのロンドン勢参入で1.30台後半まで反発しました。
その後、スペイン債や仏債の入札が無事に経過したものの、NY時間が
始まるまで上下動の揉み合い推移になりました。その後、市場替わり
のNY勢の参入でユーロドルは再び堅調推移になって、米経済指標が
強い結果となったことを背景に揉み合いながらもNYダウが上昇をした
ことで、リスク選好動意にユーロドル堅調傾向で推移して、IMFの
「IMFの負担分である280億ユーロのギリシャ支援を承認した。」との
発表もあり、深夜2時頃にかけてユーロドルは1.31台前半まで上昇す
る展開になりました。その後、格付け会社のS&Pの「ギリシャ格付け
は引き続き選択的デフォルト。新発債の格付けはCCC。」との発表も
あり、米長期金利の上昇によるドル買いもあったか、ユーロドルは
徐々に反落して再び1.31台を割り込む展開になりました。

16日は、オセアニア時間から東京時間序盤にかけての小幅な上下動の
揉み合いを経て、午前11時頃からユーロドルが反発をみせましたが、
リッチモンド連銀総裁がホームページ上で「長期間にわたる異例の
低金利は妥当ではない。2014年を通しては必要ないと思う。インフレ
圧力を回避するために金利は上昇が必要。米国のインフレ率はFOMCが
掲げる2%の目標に近い。2013年には金利の引き上げが必要となる
可能性が高い。」などの見解を示したことも影響したか、ドル買いの
動意にユーロドルがしだいに軟調傾向になっていきました。その後、
市場替わりのロンドン時間になってもドル買い動意が続いて、欧貿易
収支や伊の経常収支が弱い蹴った異なったこともあって、ユーロドル
は1.30台半ばまで下落する展開になりました。その後、市場替わりの
NY勢参入でユーロドルがやや反発をみせた後に米消費者物価指数コア
が前月比で予想より弱い+0.1%となったことでのドル売りに加えて、
ユーロ圏当局筋が「ユーロ圏は拡大に反対するドイツに配慮した妥協
案としてESMとEFSFの合計融資能力を現行の5000億ユーロから7000億
ユーロ近くに拡大する可能性がある。30-31日のEU財務相非公式理事
会で協議される見込み。」との発表をしたことを契機にユーロドルは
急反発する展開となって、深夜12時頃までストップを巻き込みながら
1.31台後半まで上昇する展開になりました。その後、やや反落して
小幅な上下動の揉み合いとなってユーロドルは週取引を終えました。


<ドル円の簡易サマリー>

先週のドル円は、中国海関総署が10日に発表した貿易収支が314.8億
ドルの赤字になったことも影響したか、リスク回避の動意とともに、
また、中国外為当局者の「中国は互恵原則に基づいて日本国債市場に
投資する。」などの報道もあり、週初12日の東京時間前半までやや
円買い優勢でドル円は軟調推移になりました。その後、一時反発と
なって、東京時間終盤からNY時間になるまでドル円はやや軟調な小幅
揉み合いになりました。そしてNY時間前半にやや反発をみせた後に、
再び小幅な揉み合い相場になりました。

13日は東京時間序盤に一時反発をみせましたが、日銀の政策発表を
前にしたポジション調整もあったか、昼前にドル円がやや反落して、
その後、日銀の政策発表がいつもの月より遅くなったことで、追加
緩和期待にやや戻す神経質な展開となった後に日銀の金融政策が発
表されることになりました。政策金利は市場予想とおり据え置きと
なりましたが、日銀声明で「前回10兆円増額した資産買入基金65億
円は据え置く。円貨・外貨の両面の拡充で貸付額の総額を3兆5000
億円から5兆5000億円に2兆円増額する。CPI1%目指し実質ゼロ
金利政策や資産買入れで金融緩和を推進。宮尾審議委員が基金増額
5兆円を提案したが反対多数で否決。」などが示されると、ドル円
は82円台を一時割り込むあたりまで下落する展開になりました。
その後、東京時間終盤から反発して、市場替わりのロンドン勢の参
入で為替市場全般のドル買い動意を背景にドル円は82円台後半まで
上昇する展開になりました。その後、午後6時からドル買い動意で
82円台半ばまで押されましたが、NY時間序盤まで堅調推移になりま
した。その後、米FOMCの発表まで小幅な揉み合いになりました。
米FOMCでは「米経済は緩やかに拡大してきていることを示している。
原油とガソリンの上昇が一時的にインフレ押し上げる。」など、米
経済回復の認識とインフレ懸念が示されたことや「少なくとも2014
年遅くまで異例な低金利を正当化。」とはしながらも一部で噂され
ていた「不胎化QE3」の示唆がなくドル買い動意になって、ドル円
は83円を一時回復するあたりまで上昇する展開になりました。
その後、NY時間終盤にやや押しが入り揉み合いとなりました。

14日は、オセアニア時間の小幅揉み合いを経て、東京時間に入ると
ドル買い動意になってドル円は82円台前半まで上昇する展開になり
ました。そして東京時間終盤に中国の温家宝首相が「不動産バブル
が崩壊すれば経済への打撃になる。住宅価格を妥当な水準まで下落す
るにはほど遠い状況。中国経済の変革を達成するには7.5%のGDP伸び
率目標達成が必要。質の高い成長を達成するには構造調整が必要。」
などの発言をしたことで中国上海株式市場が急反落して、リスク回避
の動意にドル円はやや反落しましたが、ブルームバーグの「中国は
大手銀行の融資能力抑制を緩和させる方向となった。」との観測報道
や欧州の株式市場は上昇して始まり堅調推移になったことで、リスク
回避の動きが後退してドル円は再び反発する展開になり、ロンドン
フィックスにかけて83円台後半まで上昇しました。その後、NY時間の
後半からオセアニア時間にかけて揉み合い推移になりました。

15日は、東京時間が近づく頃からドル買い動意になって、仲値を過ぎ
にかけて84円台前半まで上昇する展開になりました。その後に一時
84円台を割り込むあたりまで反落した後に、昼頃にかけて上昇の再
トライがありましたが上昇は続かず、為替市場の全般的なドル売りの
動意にしだいにドル円は反落する展開になりました。その後、市場替
わりのロンドン勢の参入で午後4時半頃から反発をみせましたが、
再び反落してドル円は83円台前半まで下落する展開になりました。
その後、市場替わりのNY勢の参入で83円台半ば過ぎまで反発しました
が、為替市場全般のドル売り動意に83円台前半まで押されて、その後
小幅な揉み合い相場になりました。そしてNY時間終盤からドル円は
83円台半ばまで反発する展開になりました。

16日は、オセアニア時間のややドル買い傾向の揉み合いを経て、東京
時間の近づく頃から為替市場全般のドル売り動意にドル円は反落しま
した。その後、仲値にかけて一時ドル円は反発をみせましたが、再び
ドル売り動意に反落して昼過ぎにかけて83円台前半まで下落する展開
になりました。その後、リッチモンド連銀総裁がホームページ上で
「長期間にわたる異例の低金利は妥当ではない。2014年を通しては必
要ないと思う。インフレ圧力を回避するために金利は上昇が必要。
米国のインフレ率はFOMCが掲げる2%の目標に近い。2013年には金利
の引き上げが必要となる可能性が高い。」などの見解を示したことも
影響したか、ドル買い動意にドル円は83円台半ばまで反発しました。
その後、揉み合いを経て市場替わりのロンドン勢の参入でNY時間序盤
にかけて83円台後半まで上昇する展開になりました。
そしてNY時間に発表された米消費者物価指数コアが前月比で予想より
弱い+0.1%になり、為替市場全般がドル売り動意となったことで、
午後11時過ぎあたりにかけてドル円は83円台前半まで下落する展開に
なりました。その後は小幅な上下動の揉み合いとなって、終盤にかけ
て83.42円あたりに小幅反発してドル円は週取引を終えました。


<今週の注目点>

米ドルについては、先週はドルインデックスが週中に80.5超まで上昇
しましたが週末にかけて79.8あたりまで下落する展開になり、週足レ
ベルで上下にヒゲを伴う小さな陰線になりました。また、LIBORドル
3ヶ月物金利は13日から16日まで0.47365%と変らず下げ止まりになり
ました。そして、米10年債利回りは2.2976%と週間で上昇する展開
になりました。そして、NY連銀によりますとFRBが各国の主要中銀に
供給するドル資金が3月14日時点の残高で649億ドルと前週末比で
9%の減少になり、米短期金利は低下する傾向になりました。

そして、NYダウについては週間で310ドル高となり、ようやく4年ぶ
りに13000ドルの大台に乗せて、週末の終値で13232.62ドルになりま
した。

米指標では、13日の米小売売上高は+1.1%、15日の米生産者物価
指数は+3.3%、16日の米消費者物価指数は前月比で+0.4%と、
それぞれ市場予想とおりで、また、13日の米小売売上高(除自動車)
は+0.9%、13日の企業在庫は+0.7%、15日の米新規失業保険申請
件数は35.1万件、同日の対米証券投資は+1010億ドル、同日のフィ
ラデルフィア連銀製造業景況指数は+12.5と、それぞれ市場予想よ
り強い結果となりましたが、14日の輸入物価指数は+0.4%、16日
の米消費者物価指数コアは前月比で+0.1%、同日の米鉱工業生産
は±0.0%、同日のミシガン大学消費者信頼感指数速報は74.3と、
それぞれ市場予想より弱い結果となり、先週は好悪が混在する状況
になりました。

また、米要人発言では、14日にバーナンキFRB議長が「米景気回復は
最近は改善の兆しも苛立たしいほど緩慢。」との認識を示し、16日
にシカゴ連銀総裁が「経済が強化されるように更なる刺激策を要求
する。インフレ見通しは抑制されている。失業率が7%を下回れば
緩和の程度を縮小するべきかもしれない。インフレ率は中期的な見
通しとして3%が望ましい。」などの発言をして、ハト派の見解な
がら条件付で緩和縮小に言及して、そして16日にガイトナー米財務
長官が「米失業率が非常に高く改善の速度も望むより遅いが、米経
済の見通しは心強い。」との米経済回復の認識を示し、また同日に
タカ派のリッチモンド連銀総裁がホームページ上で「長期間にわた
る異例の低金利は妥当ではない。2014年を通しては必要ないと思う。
インフレ圧力を回避するために金利は上昇が必要。米国のインフレ
率はFOMCが掲げる2%の目標に近い。2013年には金利の引き上げが
必要となる可能性が高い。」との認識を示し、先週も要人達の発言
に米経済回復の認識と金融政策に対する軸足がハト派寄りから少し
ずつタカ派寄りへと変化しつつあることが覗われました。

そして、注目の米FOMCでは「「米経済は緩やかに拡大してきている
ことを示している。原油とガソリンの上昇が一時的にインフレ押し
上げる。」など米経済回復の認識とインフレ懸念が示され、「失業
率は目に見えて低下したが依然として高い水準。少なくとも2014年
遅くまで異例な低金利を正当化。」とはしながらも、緩和策につい
ては「オペレーションツイストを計画通り維持。MBSと政府機関債の
償還資金をMBSに再投資維持。米国債の償還資金を米国債に再投資を
維持。」と従来の緩和策の維持に留まり、一部で噂されていた
「不胎化QE3」など追加の緩和を示唆する内容はありませんでした。


円については、13日の日銀声明で「前回10兆円増額した資産買入基
金65億円は据え置く。円貨・外貨の両面の拡充で貸付額の総額を3
兆5000億円から5兆5000億円に2兆円増額する。CPI1%目指し実質
ゼロ金利政策や資産買入れで金融緩和を推進。宮尾審議委員が基金
増額5兆円を提案したが反対多数で否決。」などが示され、一部で
更なる日銀の追加緩和への期待があったことで、やや失望する向き
もありましたが、先週も週間で円安となって中期的な円安トレンド
が継続することになりました。

ドル円は先週に一時84円台に乗せる場面がありましたが、週終値で
は週間1円ほどの上昇になりました。84円台乗せでは2010年11月下
旬から12月中旬および2011年2月中旬のトライでも強固な上値抵抗
とりましたが、先週のトライでも一旦押し戻されることになり、
84.00円の抵抗の強さがあらためて示されることになりました。

米経済も回復しつつあり、また米短期金は低下傾向にありますが、
米長期金利は上昇傾向にあり、FRBよりも日銀の追加緩和観測の方
が根強いとともに、日米に金利差があることで、中期的な円安トレ
ンドは継続していると思われますが、スポットでは今週は日本企業
の年度末の3月後半になり、駆け込みのリパトリによる調整の動き
には注意が要りそうです。

まずは「84円台の壁を越えれるかどうか」が注目されますが、超え
れた場合は、85.00円の節目および昨年4月の高値の85.50-55円で
の動向が注目されます。また、84円台の壁をどうしても越えられず
失速した場合は、83.00円の節目や、2011年5月下旬の価格抵抗と
なった82.00円アラウンドおよび、昨年4月高値と10月末安値の下
落波動の61.8%の戻りの81.60-70円アラウンドがサポートのポイン
トとしてあらためて注目されることになりそうです。

先週のドル円はドル主導の動きが観られましたが、円の動向として
(以前は市場の関心が高くなかった) 日本の貿易収支や経常収支へ
市場の関心度が高くなっていることから、22日の日通関ベース貿易
収支が注目されます。


ユーロについては、先週、ギリシャが民間との1772.5億ユーロの
債務交換を完了をして、ようやくギリシャへの第2次支援が正式に
決定されて、EFSFが394億ユーロをギリシャに拠出することになり、
また、15日にIMFが負担分の280億ユーロのギリシャ支援を承認して、
3月20日のギリシャ国債償還が無事に通過できることになりました。
また、各付け会社のフィッチが「ギリシャをRDからB−に格上げす
る。見通しは安定的。」との発表をして、そして先週は独・伊・
スペイン・仏などの国債入札も無事に通過して、ユーロに対する
市場センチメントは一応の改善とはなったようです。ユーロドルは
先週、週足で小さな陽線を示現することになりました。

ただ、一旦のヤマバは越えることになりましたが、スペインの2011
年の対GDP比の財政赤字が8.5%と伊の3.9%より大きく、ユーロ圏
財務相会合で「スペインの2013年財政赤字目標をGDP3%維持する
ことに合意。」とはなったものの、スペインの国債利回りが伊を上
回るようになって「スペイン財政への懸念が強まっている」ことや、
ポルトガルの10年物国債利回りが14%前後で取引価格が額面の50%
ほどと「デフォルトが意識される水準」にあることや、、EUとIMF
による分析の悲観シナリオのほうでは「ギリシャ債務の削減には大
きなリスクがあり2020年に145%になる恐れがある。ギリシャがプロ
グラム終了時に市場での資金調達が可能になるか見通しは不確実。」
とされ、また13日にはロイターが「オランダ議会はEU財政協定採決
で過半数を確保できない可能性。」との観測報道をしていることも
あり、そして先のECBのスタッフ予想では「12年ユーロ圏GDP伸び率
見通しが−0.5%〜+0.3%に下方修正。」され、またギリシャ与党
の支持が低下している中で、4月下旬に「ギリシャ総選挙」が行わ
れる予定であるなど「いばらの道」はまだ遠く続いているようです。

ユーロドルのチャートポイントしましては、先週末の終値レベルで
3月13日の高値と肩を並べたことで、週初、まずは1.3180-90での
売り買いの攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は1.32の「00」
ポイントおよび3月5日の高値の1.3240-50、そして3月9日高値の
1.3290から1.33の「00」のポイント、および1.34の「00」のポイント
などが注目されます。また、反落した場合は、1.31の「00」のポイン
トおよび1.30の「000」トリプルゼロのポイントが注目されます。
トリプルゼロは底堅そうですが、ここを下抜けた場合は、2月16日
の安値でもある、1月16日から2月29日の上昇波動のフィボナッチ
61.8%戻しの1.2950-60のポイントが注目されます。

また、3月20日のギリシャ国債償還は無事に通過することになりま
したが、ユーロについてはこれまでここを巡り市場が動いてきたこ
とから、その一里塚へ到達した当日以降の一旦の手仕舞いの動きや、
利益確定の動き、および市場の新たなテーマ探しなども注目されそ
うです。


経済指標関連では、20日の豪RBA議事録に英CPIと米住宅着工件数、
21日の英BOE議事録と米中古住宅販売件数、
22日のNZ第4四半期GDPに日通関ベース貿易収支と独PMI速報と
英小売売上高指数に米新規失業保険申請件数と加小売売上高、
23日の加消費者物価指数と米新築住宅販売件数、
などが注目されます。


さて今回は、防御の技術と機会利益のお話です。

多くの著名なトレーダーがほとんど異口同音に
「損切り」の重要性を説いていますが、

なぜ、彼らはそれほどまで「損切りが重要」と言うのでしょう。

今回は「損切り」の第二話です。

それでは、はじまり、はじまり〜。^^

「そうなのじゃ…。
 まぁ、LTCMの場合は巨額資金にさらにレバレッジをかけて
 市場の流動性を超えたポジションを有したが故に
 受け手なく損切りしようにもできなかったようじゃが、
 名だたる著名なトレーダー達の中にも自分は負けるわけがないと
 ユーフォリアの慢心にとりつかれ、市場を去り往くばかりか
 リバモアのように自ら命を絶つ者までいるのが相場なのじゃ。」

『……。』

「おそらくは、損切りを説く著名トレーダー達の教えは
 辛酸を舐めたつわもの達の命の叫びなのかもしれぬのう…。」

『……。』

「ところで…、お前さんの話の端々に損切りを忌み嫌い、
 勝率を重視するようなところを感じるが、どうなのじゃ?」

『そりゃそうだろう。ジイさんよ。
 どこの世界に損切りを好むヤツなんかいるものか。
 損切りを奨めるヤツらだって嫌々やっているに決まってるぜ。
 それに、勝率が良いことにこしたぁことはないじゃないか。』

「ふむ…。なるほどのう。
 後日、また重要なテーマとして取り上げたいと思うけれども、
 『トレードの目的』の定義にかかわることじゃが、
 もしもそれが勝つことではなく『収益を上げること』、
 であるならば損切りは防御の技術として必要なのじゃ。」

『何だそれ。どうゆーことだよ。』

「損切りせずにトレードをするということは
 100%勝とうとすることを意味し目指すということにもなるが、
 不確実性のある相場では勝率100%など
 ほとんど不可能であるだけではなく、
 トレードにおいて大切なものを失うことになるのじゃ。
 そして、不思議なことに100%勝つことが
 必ずしも最善とはならないこともあるのじゃ。」

『……??』

「そうじゃのう…。例えば判りやすく、
 現在レート100円の通貨ペアがあったとして、
 そしてその通貨ペアを目一杯ロング(買い)持ちしたとしよう。
 それが300Pips下落して97円になったとすると、
 損切りしていなければ、建て玉数×300Pipsの含み損じゃ。」

『まぁ、そうはなるな。』

「その後さらに下落して口座を飛ばす可能性もあったけれども、
 祈りが効いてレートが戻ってきたとしよう。」

『冷や汗も引いてくるってもんだ。』

「さぁ、何を願う?」

『そんなの決まってんだろう…。
 神様お願いだ、なんとかゼロ決済させてくれー、だよ。』

「目一杯の建て玉で口座資金の余力はないから、
 別にトレードするなんてことも考えられず、
 頭の中はゼロ決済になることを願い一杯となろうのう。」

『まぁ、そうだろうな。』

「そして果たして、レートは元の100円に戻り、
 さらに勢いづいて100円20銭となった。どうじゃね。」

『天恵の戻りに+20Pipsなら、喜んで決済するよ。』

「ふむ。そうすることじゃろう。
 建て玉数×20Pipsの実利となったことになるのう。
 そしてこのトレードに限ればお前さんの好きな勝率100%じゃ。」
 
『強運のオレ様によくあるパターンだ。』

「ところがじゃ。
 同じところをトレードしていたB氏がいたとしよう。
 B氏は99円70銭で損切りした。1敗で30Pipsの実損じゃ。」

『肝っ玉の据わらない小心者だな。』

「そしてB氏は下落の様子をしばらく観ていて、
 まだ下げると恐る恐るショート(売り)持ちをした。
 そして下落に乗った後に利確して30Pipsの実利を得た。
 これが1勝目じゃ。」

『プラマイ・ゼロになったってわけか。
 そんなこともあるかもな。』

「その後も下落する相場をジッと観ていたB氏じゃが、
 まだ下がりそうだとショートをした。
 ところがじゃ、あいにく相場は反発に転じて
 30Pipsの実損となった。2敗目じゃ。」

『B氏は欲張って突っ込みすぎて踏まれたってわけだ。』

「その後の反発上昇をジッと観ていたB氏じゃが、
 この反発は本物だとロングをして、
 30Pips上昇したところでビビリで利確した。
 これで2勝2敗となるのう。」

『ふん。そんなこともあるだろうな。』

「その後も上昇が続いて降りねばよかったと後悔しながら、
 またしばらくしてB氏はロングを持って、
 そして、お前さんと同じ100円20銭のところで利確して
 30Pipsの実利となったとしよう。3勝2敗となるのう。」

『ビビリのB氏の話はストーリーとしてはありえることだが、
 おいおい、さっきの含み損を抱えて冷や汗かいて
 命からがら20Pips取ったってのはオレ様のことかよ。』

「わっはっは。こりゃ失礼。仮にの話じゃよ。
 そう怒りなさんな。」

『ったくもう…。で、どうだっていうのさ。』

「さて、ここで検証してみようかのう。
 命からがら勝ったお前さんは1勝ゼロ敗の勝率100%で、
 獲得利益は20Pipsとなる。
 一方、ビビリのB氏は3勝2敗の勝率60%で
 獲得利益は30Pipsということになる。」

『うん。まぁ、そういうことになるなぁ…。』

「確かにお世辞にもトレードがうまいとは言えず
 お前さんがビビリと笑い勝率も劣るB氏のほうが
 暴挙と奇跡の強運のお前さんの獲得Pipsより
 勝ち負けトータルの獲得Pipsにおいて勝っているのだよ。」

『おいおい、ちょっとちょっと。
 話に紛れてオレ様のこと悪口言っていない?』

「わっはっは。仮にの話じゃて。そう怒りなさんな。」

『うん。仮にの話だったね。そうかぁ、勝率が劣っているのに
 実利に勝るってことはあるわけだぁ…。』

「そうじゃ、確かに勝率は高いにこしたことはないが、
 トレードは勝つことや勝率が全てではないのじゃ。
 トレードの1つのファクターに過ぎんのじゃ。
 勝率だけに限ればリスク・リワード比で損大利小とすれば
 勝率を高めることはそう難しいことではないのじゃ。
 肝心なのは『収益を上げること』なのじゃよ。」

『で…、さっき言ってた勝率にこだわり失うものって何よ。』

「ふむ…。過剰にリスクを選好することで
 夜に寝れないくらい精神の活力が奪われるだけではなく、
 『機会利益』を損失するのじゃよ。
 つまり、辛い含み損に耐えてそれでたとえ勝ったとしても、
 その間の『トレードチャンス』と『時間』を失うのじゃ。」

『……!』

「先ほどのビビリのB氏とお前さんのトレードでは
 機会利益に差があったのじゃ。
 辛い含み損に耐えてそれでたとえ勝ったとしても
 マインドは疲れに疲れズタズタに疲弊して、
 さらに機会利益の損失となることがあるのじゃよ。
 それゆえに損切りは大切なのじゃ。」

『そういうことか…。
 あっ、ジイさん今日は話がメチャ長になってるぜ。』

「おやおや、いつのまにかそうじゃのう。
 では来週は『ランダム・ポートフォリオと戦略的損切り』
 についてじゃ。」

『なんだそれ。ランダム・ポートフォリオだって?
 それにまた損切りの話かい。点と線の話はどうするのさ。』

「またいつの日かじゃ。」


なーんちゃって。

またまたお話が長くなりました。 m(_ _)m

ではまた来週。




<ご案内>その1

「使っているチャートはどこのですか?」
というご質問をよくいただきます。

私の使っているチャートはGFT系のefx.comの「DealBook」
というチャートです。

※サザインベストメント社が「efx.com」に社名変更しました。

(オープン直後でアクセスが集中して表示しづらいことがあります)

チャートはトレーダーの大切なツール(道具)になりますが、
描画のノーマルさとフィーリングが気に入っています。

無料でチャート・フィーリングを試してみることができます。

「DealBook」



<ご案内>その2

私が講師を務めていましたeラーニング講座の
"勝つためのFXチャート分析講座"が「DVDと製本」になりまして、

マエストロFX (Maestro FX)」という教材名で
ウィニングクルー株式会社(関東財務局長(金商)第2098号)から
発売されました。

トレードの根っこになる重要な基礎とコアの部分を中心に
より深く体系的に19時間学んでいただければと思います。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX情報をもっと見る
過去ログ
2019年09月(3)
2019年08月(3)
2019年07月(4)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(3)
2019年03月(5)
2019年02月(4)
2019年01月(4)
2018年12月(4)
2018年11月(4)
2018年10月(4)
2018年09月(5)
2018年08月(3)
2018年07月(5)
2018年06月(4)
2018年05月(4)
2018年04月(4)
2018年03月(4)
2018年02月(4)
2018年01月(4)
2017年12月(4)
2017年11月(4)
2017年10月(5)
2017年09月(4)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(4)
2017年05月(4)
2017年04月(4)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(4)
2016年12月(4)
2016年11月(4)
2016年10月(5)
2016年09月(4)
2016年08月(2)
2016年07月(5)
2016年06月(4)
2016年05月(4)
2016年04月(4)
2016年03月(4)
2016年02月(4)
2016年01月(5)
2015年12月(3)
2015年11月(4)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(4)
2015年07月(4)
2015年06月(4)
2015年05月(4)
2015年04月(4)
2015年03月(4)
2015年02月(4)
2015年01月(3)
2014年12月(3)
2014年11月(4)
2014年10月(4)
2014年09月(4)
2014年08月(4)
2014年07月(4)
2014年06月(4)
2014年05月(3)
2014年04月(4)
2014年03月(4)
2014年02月(4)
2014年01月(4)
2013年12月(3)
2013年11月(4)
2013年10月(4)
2013年09月(5)
2013年08月(3)
2013年07月(4)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(4)
2013年01月(4)
2012年12月(4)
2012年11月(3)
2012年10月(4)
2012年09月(5)
2012年08月(3)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(5)
2012年03月(4)
2012年02月(4)
2012年01月(4)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(5)
2011年09月(4)
2011年08月(3)
2011年07月(5)
2011年06月(4)