FX 劇薬の処方箋のお話


アップルのジョブズ会長がお亡くなりになられました。m(_ _)m

また、日本が誇る世界最速のスパコン「京」が新興・資源国を中心に
世界に向けて輸出されることになりましたね。

●先週の主な出来事

<10月3日(月)>

1日(土)の中国製造業PMI(9月)は予想より強い51.2になりました。
一部メディアが、
「ギリシャ政府は2012年予算案を公表して、11年、12年ともに
財政赤字削減目標に到達できない見込みになった。」と報じました。
ユーロドルやポンドドルが下窓を空けて始まりました。
オセアニア時間では原油先物が軟調になりました。
豪AIG製造業指数は前月より弱い42.3になりました。
豪州の株式市場などはレーバー・デイで休みでした。
英ホームトラック住宅調査(9月)は前月と同じ−0.1%になりました。
日銀短観(第3四半期)では、
「大企業製造業業況判断指数が市場予想とおりの+2、
大企業製造業先行きが市場予想より強い+4、
大企業非製造業業況判断指数が市場予想より弱い+1、
大企業非製造業先行きが市場予想より弱い+1
大企業全産業設備投資が市場予想より弱い+3.5」
などになりました。好悪混在で市場反応は限定的でした。
大企業製造業のドル円の想定レートは81.15円になりました。
東京時間前半では主要通貨ペアが軟調傾向で推移しました。
日経平均は軟調傾向で推移しました。
中国非製造業PMI(9月)は前月より強い59.3になりました。
中国市場は国慶節で休みでした。
アジアの株式市場は軟調傾向で推移しました。
ダウ先物は軟調傾向の揉み合いになりました。
仏中銀総裁が、東京での講演で、
「世界は大規模な経済的混乱を経験している。
主要国の政府債はもはやリスク無しとは言えないが、
流動性という点で米債に代わるものはない。
スペインと伊は8月以来は負のスパイラルとはなっている。
ユーロ圏の対外収支は均衡していて長期的支払能力の強固な保証。
データは欧州周辺国の債務が持続不能であるとは示唆していない。
市場は物価安定をもたらす通貨を信頼する。
仏金融機関へのギリシャ国債の影響は大きくはない。」
などの見解を示しました。
米格付け会社のムーディーズが、
「独議会のEFSF拡充案可決はギリシャ銀の支援となる可能性。」
との見解を発表しました。
東京時間の後半は主要通貨ペアが揉み合いになりました。
日経平均は前週末比−154.81円で大引けになりました。
一部メディアが、
「トロイカ調査団の協議は事実上終了。
全ての主要論点をカバー。5日に報告書の取りまとめを開始。」
との報道をしました。
ロンドン時間序盤はドル売りが優勢の相場展開になりました。
スイス実質小売売上高(8月)は前月より弱い−1.9%になりました。
スイスSVME購買部協会景気指数(9月)は48.2になりました。
ともに弱い結果になりましたが市場反応は限定的でした。
欧州の株式市場は軟調傾向で推移しました。
英財務相が、
「英国債務は世界的な債務問題の嵐を乗り切る戦略で臨む。
ユーロ圏債務危機の解決は英経済を最大限に浮揚させる可能性。
欧州は支援基金をより一層強化する必要。
財政削減計画は今のところ順調。
英国の経済成長にはより多くの措置が必要。
量的緩和に関する議論については英中銀の範疇。」
などの見解を示しました。
独製造業PMI確報(9月)は市場予想より強い50.3、
欧製造業PMI確報(9月)は市場予想より強い48.5になりました。
限定的ながらユーロ買い反応になりました。
英製造業PMI(9月)は市場予想より強い50.3になりました。
ポンドが大きめの上下動になりました。
しだいにダウ先物と原油先物が反発をみせました。
主要通貨ペアが揉み合う展開になりました。
IMF副専務理事が、
「欧州は債務問題で進展している。状況は以前より安定。
欧州の高水準の債務と成長鈍化は依然リスクではある。
今年および来年のアジアの経済成長を確信している。」
などの認識を示しました。
ギリシャが、
「2012年のギリシャGDPは−2.5%の見込み。
予算案はトロイカ調査団と合意した。」などの発表をしました。
OECD事務総長が、
「投資家はギリシャ債でより一層の損失覚悟が必要。
7月の合意された計画ではギリシャの財政赤字を減らすどころか、
増やしてしまう可能性。ギリシャは重荷を軽くすることが必要。」
などの見解を示しました。
オーストリア中銀総裁が、
「銀行の長期的流動性に依然課題がある。
ECBの国債買い入れは一時的なものに留まる。」
との認識を示しました。
レーン欧州委員が、
「EFSFのレバレッジにECBを含める案が選択肢にある。
ユーロ圏の銀行セクターはまだ脆弱。」などの見解を示しました。
格付け会社のS&Pが、
「英国の長期国債格付けをAAAで確認。見通しは安定的。」
との発表をしました。
ダラス連銀総裁が、CNBCのインタビューで、
「オペレーションツイストの効果はそれほどでもない。
そのコストが利益を上回るとは思わない。
財政当局は景気刺激の必要があるが長期的な確実性の確保も重要。
年内の米成長率は2%を下回る公算。
インフレトレンドは2%に向かっていてデフレは想定していない。
米経済は力強くはないが弱まっているわけではない。
個人的な意見だがFRBの使命は物価安定のみとすることが良い。」
などの認識を示しました。
様々な要人発言に主要通貨ペアが上下に振れる展開になりました。
NY時間の序盤では主要通貨ペアが軟調になりました。
NYダウはしばらく軟調傾向で推移しました。
米ISM製造業景況指数(9月)は市場予想より強い51.6になりました。
米建設支出(8月)は市場予想より強い+1.4%になりました。
指標発表直後はNYダウや原油先物が反発上昇しました。
主要通貨ペアも一時反発上昇しました。
その後、NYダウが反落して主要通貨ペアも軟調になりました。
ユーロ円が一時2001年6月以来の安値をつけました。
IMF国際通貨基金が、
「ユーロ圏は信用逼迫の危機に直面している。
欧州金融安定ファシリティーEFSFの更なる柔軟性が求められる。」
との見解を発表しました。
ブルムバーグ通信が、EU関係筋の話として、
「ギリシャの担保問題で妥協は近い。支援の障害の除去へと
向かっている。」と報じました。
その後、NYダウが再び反発した後に再下落する展開になりました。
主要通貨ペアが揉み合いの後に下落が強まっていきました。
一部メディアが、
「EFSFの規模拡大に関して、スペイン財務相は規模拡大が
必要との意見、フィンランド財務相は必要ないとの意見で、
意見が対立している。」と報じました。
独財務相が、
「EFSFに対するレバレッジ計画は各国がEFSFの機能拡充案を
批准するまでは議論はできない。」との認識を示しました。
ユーロ円が100円台に下落しました。
S&P500が1年ぶりに1100台割れになりました。
NY原油(WTI)は下落して77ドル台後半で引けました。
NYダウは前週末比−258.08ドルで取引を終えました。

<10月4日(火)>

FT紙の独版が、
「ギリシャのパパンドレウ首相は過去3週間に2度、
側近に辞任について話した。首相は2度とも辞職を申し出たが、
その後も職務を続けた。」と報じました。
ギリシャ首相のスポークスマンが、
「パパンドレウ首相が辞任に言及したとの報道は真実ではない。」
との発表をしました。
ユーログループのユンケル議長が、
「財務相会合ではギリシャのトロイカ審査の進展について協議。
ギリシャの追加的な措置を歓迎。ギリシャの措置は決意を示す。
ギリシャは2013年の追加的措置への合意が求められる。
報告書の準備後にギリシャ協議。準備は13日以降になる可能性。
ギリシャのデフォルトの回避のために全てのことを実施。
EFSFの各国承認は10月半ばまでに終える見通し。
EFSFの上限は引き上げられるべきではない。
EFSFの機能を可能な限り拡大する必要。
民間セクター関与について見直しが協議されている。」
などの発言をしました。
レーン欧州委員が、
「ユーロ圏は成長が失速するリスクに直面。
ギリシャは財政目標の達成に向けて努力。
ギリシャ融資には条件を順守の必要。
ユーロ圏はギリシャ担保問題で合意。柔軟で強力なEFSFが必要。」
などの認識を示しました。
ユーロが軟調傾向で揉み合う展開になりました。
原油先物が軟調傾向で推移しました。
豪ドルが軟調に推移しました。
スロバキアの財務相が、
「10月11日までにEFSFに関する議会採決の見通し。」
と発表しました。
米リッチモンド連銀総裁が、
「出口戦略の時がくれば資産売却よりも利上げになる可能性。
追加的金融緩和は雇用改善に寄与せずインフレを加速する可能性。
景気低迷の主因は需要の欠如ではない。
米国債10年物利回りを下げても効果はない。」
などの見解を示しました。
日経平均は軟調傾向で推移しました。
韓国当局がウォン支援でドル売り介入を実施しました。
豪貿易収支(8月)+31.00億豪ドル、豪住宅建設許可(8月)+11.4%と
ともに市場予想より強い結果になりました。
指標発表直後では豪ドルが反発しましたがその後に再下落しました。
東京時間序盤では主要通貨ペアが軟調傾向の揉み合いになりました。
アジアの株式市場は軟調傾向で推移しました。
日財務相が、
「輸出産業では円高は企業努力を上回る不安定要因になっている。
円高は喫緊の課題であり政府として全力で取り組む。」
との発言をしました。
東京時間の仲値のあたりから主要通貨ペアが一時反発をみせました。
ダウ先物と原油先物が一時下げ幅を縮小しました。
中国人民銀行が、
「米議会の対中為替制裁法案は非常に遺憾。
対中法案が通過すれば深刻な影響及ぼす可能性。
貿易不均衡は人民元が原因ではない。人民元の実質為替レートは
インフレを考慮すれば対米ドルで大幅に上昇した。」
との声明を発しました。
その後、主要通貨ペアがやや反落して揉み合う展開になりました。
豪RBAの政策金利が市場予想とおり4.75%に据え置きになりました。
豪RBA声明では、
「現行のキャッシュレートは依然として適切。
現在の金融政策は賢明。豪ドルは非常に高い水準から低下。
世界の金融市場は安定していない。
インフレ動向は目標に整合している公算。
インフレ見通しの改善は政策の需要支援余地を高める。
改訂された指標はコアインフレの上昇が急速でないことを示す。
慎重な家計部門の動向が需要を抑制。成長は先の見通しより鈍化。
中国やアジアの大半の国は引き続き成長。
世界の成長見通しは不透明さが増している。」
などが示されました。
豪ドルが下落する反応になりました。
一部で豪ドルの年内利下げ観測がありました。
東京時間後半はドルストレートが軟調傾向の揉み合いになりました。
フィンランド政府が、
「ユーロ圏各国の財務相がギリシャ融資の担保問題で合意。
原則的にすべてのユーロ圏各国が担保を要求ができる。」
と発表しました。
ロンドン時間が近づく頃からダウ先物や原油先物が反発しました。
ドルストレートに反発の動きが見られました。
日経平均は下げ幅を縮小して前日比−89.36円で大引けました。
ロンドン時間序盤は主要通貨ペアが反落する展開になりました。
ロンドン時間序盤ではダウ先物や原油先物が軟調に推移しました。
欧州の株式市場が軟調に推移しました。
英建設業PMI(9月)は市場予想より弱い50.1になりました。
ポンド売り反応が見られました。
韓国企画財政省高官が、
「G20は市場の流動性拡大に向けた措置を協議する。」
と発言しました。
その後、ダウ先物や原油先物に反発の動きが見られました。
ドルストレートに一時反発の動きが見られました。
欧生産者物価指数(8月)は市場予想より強い+5.9%になりました。
市場反応は限定的でした。
豪ドルの軟調が続きました。
フィンランドの首相が、
「今回合意された担保モデルは将来の支援の際にも有用。
ユーロ圏共同債は必要ない。」などの認識を示しました。
ギリシャ財務相が、
「ギリシャは11月半ばの支援を待つことができる。
2011年は想定を超える景気後退に見舞われた。
財政赤字削減目標の達成できなかったことは正当化されよう。
2012年には追いつけると予想。新規の方策は必要ない。
デフォルトに向けた協議はなかった。
他の諸国はフィンランド型の担保には興味を示さず、
フィンランドには8.8億ユーロ規模の債券を担保として提供。
改革についてトロイカ調査団との協議が継続中。
調査団とは2013−2014年の見通しについて合意する必要。
債務交換計画の反応について評価する段階にある。」
などの発言をしました。
ダウ先物や原油先物が再び軟調になりました。
ドルストレートが再び軟調傾向の揉み合いになりました。
加財務相が、
「避難通貨として米ドルが買われている。
加ドルもその影響受けているが驚きは無い。
加ドルの過度の変動は常に懸念材料。
必要に応じて成長を刺激するための行動をとる。」
などの認識を示しました。
ラスキンFRB理事が、
「300万の家計がローン残高が資産価値を上回っている。
衝撃的な住宅価格下落でローン借り換えが困難になっている。
米住宅価格は衝撃的かつ大幅に下落している。」
などの認識を示しました。
NY時間時序盤では主要通貨ペアにやや反発の動きが見られました。
トリシェECB総裁の議会証言では、
「ECBは完全に独立している。ECBはユーロを守っていく。
インフレ率は今後数ヶ月間2%以上を維持する公算。
インフレ期待の抑制は容易ではなかった。
来年の秋には2%を下回る可能性。見通しのリスクは下向き。
中期的なインフレ期待は引き続き安定している。
今年下期の経済成長は緩やかになる見込み。欧州の財務省が必要。
ユーロは今後10年間に渡ってその価値を維持できる。」
などが示されました。
NYダウはしばらく軟調傾向で推移しました。
米製造業受注指数(8月)は市場予想より弱い−0.2%になりました。
バーナンキFRB議長の議会証言では、
「インフレは鈍化し始めた。金融政策は米経済の万能薬ではない。
雇用の伸びは一段と鈍化へ。回復は期待よりも弱い。
財政の均衡には長期的な取り組みが必要。
欧州の危機は米経済の成長にとってリスク。
FOMCは米経済の支援に向けて適切な行動わとる用意がある。
労働市場の緩みがインフレを抑制する可能性。
ツイストオペはFF金利50bpの引き下げに等しい。
米経済は行き詰まりに近い。財務省の承認で銀行に資金供給可能。
あらたなEQの計画は今のところない。」
などが示されました。
NYダウが軟調傾向での上下動になりました。
スイスSNBが対ユーロの設定を1.30に変更するとの噂がありました。
午後11時過ぎからユーロが急反発しました。
その後、NYダウが下落幅を縮小していきました。
主要通貨ペアが反発する展開になりました。
英財務相が、
「英銀の資本は十分で問題はない。英金融庁も監視している。
ユーロ圏の金融機関については資本を強化する必要がある。」
などの認識を示しました。
独財務相が「ユーログループはEFSFのレバレッジ計画の選択肢
については議論していない。」と発言しました。
S&Pが「ポルトガルの格付けを現状のBBB−に据え置く。
見通しはネガティブ。」との発表をしました。
独首相が「ギリシャのデフォルトの選択肢を否定する。」
との発言をしました。
一部メディアが、
「日本政府はEFSFが発行する債券の買い増しを検討している。
日本政府はEFSFが発行した債券のうち約20%を保有している。」
との観測報道がありました。
英FT紙が「EUは欧州銀の資本増強に関して新たな方法を模索中。」
との報道をしました。
NY時間の終盤にかけてNYダウが急反発しました。
ドル売り動意でドルストレートが急反発する展開になりました。
NY原油(WTI)は75ドル台後半で引けました。
NYダウは前日比+153.41ドルで取引を終えました。

<10月5日(水)>

原油先物が時間外取引で上昇しました。
ベルギーの首相が、
「デクシア銀のためにバッドバンクを設立する。
デクシアのベルギー銀行部門の継続を保証する。」
との発表をしました。
格付け会社のムーディーズが、
「伊国債の格付けを3段階引き下げる。見通しはネガティブ。
伊の公的債務は年末にGDP比120%になると予想。
ユーロ圏の市場圧力はまだピークに達していない。
ユーロ圏でAAA格を保有する国以外の全てに、
持続的でネガティブな圧力が直面する可能性。
AAA格の国の格下げを引き起こすような圧力は現在はない。」
などの発表をしました。
ユーロなどドルストレートが反落しました。
先行織り込みもあったか下落幅は大きくはありませんでした。
ガイトナー米財務長官が、
「米銀行システムは6ヶ月前よりも強固。
欧州はより迅速な行動が必要。」などの認識を示しました。
豪AIGサービス業指数(9月)は前月より弱い50.3になりました。
日財務相が、
「昨日一部で報じられた日本政府によるEFSF債の追加購入は
まだ決定はしていない。」と発言しました。
東京時間前半では主要通貨ペアが軟調傾向で推移しました。
日経平均は上昇して始まった後に下落する展開になりました。
豪小売売上高(8月)は市場予想より強い+0.6%になりました。
豪ドル買い反応になりましたが限定的でした。
ダウ先物が上昇幅を縮小して反落しました。
アジアの株式市場はまちまちの展開になりました。
日本政府高官が「EFSF債の購入検討の方針には変わりはない。」
との発言しました。
日銀総裁が、衆院の震災復興特別委員会で、
「日本経済の先行きについて大変厳しい認識を持っている。
日銀は他の中銀にはない大胆な政策を行っている。
資金供給は潤沢に行っている。」などの発言をしました。
その後、ダウ先物が下げ幅を縮小しました。
東京時間の午後は主要通貨ペアが揉み合いになりました。
日経平均は4日続落して前日比−73.14円で大引けになりました。
仏経済相が、
「ギリシャ支援における民間セクターの関与を
修正すべきかどうか判断するのは時期尚早。
各国は7月21日の合意を重視する必要。」
との認識を示しました。
ロンドン時間序盤は主要通貨ペアが反発後に揉み合いになりました。
欧州の株式市場が堅調傾向で推移しました。
独サービス業PMI確報(9月)は市場予想より弱い49.7、
欧サービス業PMI確報(9月)は市場予想より弱い48.8になりました。
市場反応は限定的でした。
英サービス業PMI(9月)は市場予想より強い52.9になりました。
英第2四半期GDP確報は市場予想より弱い+0.1%になりました。
ポンドが反落して再び上昇する神経質な展開になりました。
欧小売売上高(8月)は市場予想とおりの−0.3%になりました。
IMF国際通貨基金が、
「ユーロ圏危機克服のために7月21日の合意の実施を早めるべき。
欧州には主要銀行の資本増強など包括的な行動が求められている。
欧州には景気後退のリスクもある。インフレ期待は抑制。
ECBの金融緩和を正当化する可能性。
ギリシャの銀行セクターはECBの流動性がなくては存続できない。
ECBはギリシャ救済計画で中心的役割を担う。
IMFは直接的に債券市場に介入することはできない。」
などの見解を示しました。
その後、ダウ先物や原油先物が反発しました。
しだいにドルストレートが堅調になっていきました。
米チャレンジャー人員削減数(9月)は前年比+211.5%になりました。
米ADP雇用統計(9月)は市場予想より強い+9.1万人になりました。
NY時間時序盤ではドル買い動意が優勢になりました。
加財務相が、
「欧州はギリシャ支援を明確に決定すべき。
新興国市場は為替の柔軟性を通して世界需要の均衡化を図るべき。」
などの見解を示しました。
米ISM非製造業総合景況指数(9月9は予想より強い53.0になりました。
構成項目の雇用指数は48.7に低下しました。
ISMの非製造業担当のニーブス氏が、
「雇用の悪化は明らかなサインで、サービス業は不確実な状況。
雇用悪化は信頼感の欠乏を意味している。」
などの見解を発表しました。
ドル買いが優勢に転じる展開になりました。
NYダウは下落して始まった後に反発して揉み合う展開になりました。
ドル円がロンドンフィキシングにかけて上昇しました。
その後ドル円が反落しました。
米原油在庫が減となって原油先物が堅調傾向で推移しました。
資源国通貨が堅調傾向で推移しました。
欧州通貨は揉み合いになりました。
一部メディアが、
「米企業が海外の利益を本国に送金すれば一定期間の優遇税制が
受けられる本国回帰法案を米上院超党派議員が提出する予定。」
と観測報道をしました。
ギリシャの内相が、
「年内に経済危機に関連した問題について国民投票を行う。
国民投票ではギリシャがユーロ圏に留まる是非は問わない。」
との発表をしました。
アイルランドの財務相が、
「金融取引税については独仏が導入を提案しようとしているが、
経済力が低下すると反対意見も多い。コンセンサスはまだない。」
との認識を示しました。
IMF国際通貨基金が、
「米国の財政状況を懸念している。FOMCの低金利継続政策は適切。
米経済浮揚のためにFOMCは追加行動を要する可能性。
加の成長見通しは2011年が2.1%、2012年が1.9%。
加中銀の金融政策は緩和的である。」
などの見解を示しました。
その後、NYダウがしだいに堅調になっていきました。
独の首相が、
「欧州銀の資本増強については各国で実施すべき。
EFSFの使用は最後の最後ということになる。
第2次ギリシャ支援では民間債権者の負担増もあり得る。
EU条約の改正を協議をする用意がある。」
などの見解を示しました。
NY原油(WTI)は上昇して79ドル台後半で引けました。
NYダウは前日比+131.24ドルで取引を終えました。

<10月6日(木)>

ガイトナー米財務長官が、
「米国や他の地域の成長は弱くなっている。
欧州では厳しい金融危機が起こっている。
欧州の動きは遅すぎる。欧州は力強く聞きに立ち向かうべき。」
などの見解を示しました。
FT紙電子版が、
「EU財務相会議は、EUの銀行監督当局の欧州銀行監督機構(EBA)に、
ギリシャのソブリン債が大幅に評価減された場合を想定した
銀行のストレステストを再度実施するように求めた。」
との報道動をしました。
榊原元財務官が、
「ユーロ円は近く90〜100円のレンジに下落する。
米国や欧州当局は日本の市場介入を容認しない可能性。」
との見解を示しました。
オセアニア時間は主要通貨ペアが揉み合いになりました。
米アップルのジョブズ会長が5日に死去したとの報道がありました。
日経平均は堅調傾向で推移しました。
東京時間前半ではダウ先物が揉み合いになりました。
東京時間では主要通貨ペアが小幅な揉み合いになりました。
アジアの株式市場が堅調傾向で推移しました。
英FT紙が、
「欧州銀行監督機構がEU圏内銀行のストレステストを開始。
銀行の資本不足額は最大2千億ユーロに達する可能性。」
と報じました。
カーニー米大統領報道官が、
「対中制裁法案は米国の国際的な責任と矛盾が生じる恐れがある。」
との懸念を表明しました。
IMFのボルヘス欧州局長が、
「IMFがユーロ圏の債務危機を食い止める助けとして、
民間市場で債券を買い入れる特別目的機関を設立する可能性がある。」
との見解を示しました。
日経平均は前日比+139.04円で大引けになりました。
ロンドン時間序盤はドル売り動意が優勢になりました。
ドルストレートが上昇して、ドル円が軟調に推移しました。
スイス地元紙が、
「フランの対ユーロ相場は現在の1.20スイスフラン近辺よりも
1.30-1.40フラン程度が望ましい。中銀の介入は安定につながった。
少なくとも企業は状況が悪化しないと確信が持てる。」
とのスイス経済省経済管理局長の発言を報じました。
スイスフランに売りが見られました。
独地元紙が、
「仏ソシエテはギリシャが債務不履行となった場合でも、
その影響は限定的と予想。」との観測報道をしました。
英ハリファックス住宅価格(9月)は−2.3%になりました。
市場反応は限定的でした。
欧州の株式市場は堅調傾向で推移しました。
スイス消費者物価指数(9月)は予想より強い+0.5%になりました。
ダウ先物や原油先物が堅調傾向で推移しました。
NRF全米小売業協会が、
「年末商戦期の米小売売上高は前年比+2.8%の4656億ドルで、
2010年11〜12月の前年比+5.2%は下回る見込み。」
との発表をしました。
バローゾ欧州委員長が、
「ユーロ圏諸国が協調して銀行の資本増強を実施することを提唱。」
との発言をしました。
EBA欧州銀行監督機構が、
「ストレステストの公式要請は受けていない。」と発表しました。
スペイン国債の入札では、
「2014年4月償還債の平均利回りは前回より低い3.589%、
応札倍率は前回より低い1.8倍。
2014年10月償還債の平均利回りは前回より低い3.495%、
応札倍率は前回より低い2.0倍。
2015年4月償還債の平均利回りは前回より低い3.639%、
応札倍率は前回より低い2.1倍。」
などになり、当初目標額を調達しました。
独製造業受注指数(8月)は市場予想より弱い−1.4%になりました。
ユーロ売り反応が見られました。
英BOE政策金利発表前にポンドに反落の動きが見られました。
英BOE政策金利は市場予想とおり0.50%に据え置きになりました。
英BOE資産買入規模が2750億ポンドに拡大されました。
ポンドが急落しました。
英BOE声明では、
「インフレ率は中期的には目標の2%を下回ると予想。
英インフレ率は5%以上に上昇するが、
来年には急低下する可能性も高い。
追加の資産購入750億ポンドに関しては4ヶ月で完了する予定。
世界経済の拡大ペースは鈍化。
世界経済の緊張が英景気回復を脅かしている。
英国の基調成長率は鈍化した。
銀行の資金調達環境の悪化で、与信が逼迫する可能性。
英経済の緩みが拡大が持続する可能性。」
などが示されました。
欧政策金利の発表の前にユーロが下落して行きました。
欧ECB政策金利は市場予想とおり1.50%の据え置きになりました。
ユーロが上下動しましたがしばらく軟調傾向が続きました。
NY時間に入るとダウ先物や原油先物が一時反落しました。
NY時間序盤ではドル買い動意が優勢の展開になりました。
OECDの事務総長が、
「ECBは現在の経済成長の懸念を考慮し利下げを検討するべき。」
との見解を表明しました。
米新規失業保険申請件数は予想より弱い40.1万件になりました。
加住宅建設許可件数(8月)は予想より弱い−10.4%になりました。
一時加ドル売り反応が見られましたが限定的でした。
トリシェECB総裁の記者会見では、
「インフレは依然として上昇。
今年の後半にインフレは2%を越えて推移する可能性。
その後はインフレが低下する見通し。不確実性が高い。
インフレリスクを抑制し続けることが大事。
景気は厳しい下方リスクに直面。
ECBは1年物と13ヶ月物の長期リファイナンスオペを実施する。
ECBは11月からカバーボンドの買入を再開する。
カバーボンドの新たな購入規模は400億ユーロの予定。
少なくても2012年7月までオペの応札の全額供給を継続。
今年下半期の実質GDPはとても緩やかになる見込み。
ソブリン市場の緊張が成長を阻害。
成長に対するリスクは引き続き下向き。
銀行はバランスシートの強化に取り組むべき。
全ての政府は断固として行動すべき。7月の決定を実行すべき。
プログラム実行中の国は履行すべき。労働市場の改革が重要。
8年の任期中に市場の波が穏やかなときはなかった。
利下げの可能性を協議した。金利据え置きはコンセンサス。
EFSFが機能を拡大しユーロ圏政府が最大限活用することを要求。
アイルランドの信頼性は改善している。
危機は日本と米国と欧州に集中。信頼ある警戒態勢が重要。」
などが示されました。
トリシェECB総裁の記者会見中はユーロが上下動になりました。
その後、欧州銀へのECBの支援姿勢が好感されたか
ユーロが反発する展開になりました。
NYダウは上下動の揉み合いの後に上昇して行きました。
加Ivey購買部協会指数(9月)は予想より強い55.7になりました。
市場反応は限定的でした。
しだいにドルストレート通貨ペアが反発しました。
原油先物が堅調に推移しました。
豪ドルなど資源国通貨が堅調傾向で推移しました。
ガイトナー米財務長官の議会証言では、
「債務上限引き上げめぐる議論が企業と消費者の信頼を損ねた。
欧州危機は世界的な景気回復の著しいリスク。
米国内の経済強化する力強い方策実施が最も重要。
対中為替法案は米国の国際義務と整合するか検討する必要。」
などが示されました。
ベルギー政府がデクシア銀の株式売買の停止を要請しました。
ユーログループ議長が、
「ギリシャのデフォルトは深刻な被害もたらし、
世界の金融システムを揺るがすことになる。
独首相はギリシャの債務再編が現時点で協議されていないと言明。
ギリシャへの3者調査団の報告は10月24日の見通し。
EFSF拡大には反対。ユーログループは各国議会を考慮し
道理にかなったレバレッジを考えている。
EUがギリシャ支援プログラムを見直す必要もありえる。」
などの見解を示しました。
ロンドンフィキシングを過ぎて一時ユーロがやや反落しました。
英BOE総裁が、
「世界経済は冷え込んでいる。経済データは悪い。
CPIを上昇させるために利上げすることは景気後退に繋がる。
インフレは今秋9月にピークを迎えた可能性。
英国のインフレは2012年に急減速する可能性。
為替動向を止める試みは問題となる。
英国のマネーの不足は1930年代以来。マネーの拡大の必要。
現在の経済危機は1930年以降で最悪。
更なる量的緩和の可能性を排除しない。」
などの見解を示しました。
米10年債利回りが1.99台あたりまで上昇しました。
NY原油(WTI)は上昇して82ドル台後半で引けました。
NYダウは3日続伸して前日比+183.38ドルで取引を終えました。

<10月7日(金)>

独経済紙のハンデルスブラットが、
「独政府はEFSFによる国債購入に制限を主張。仏と対立。」
と報じました。
スイスの財務相が、
「フランは依然として過大評価されている。SNBの措置を歓迎。」
との認識を示しました。
オセアニア時間では主要通貨ペアが小幅な揉み合いになりました。
東京時間序盤はユーロドルなどに一時反落の動きが見られました。
ドル円は小幅揉み合いが続きました。
東京時間前半は日経平均が堅調傾向で推移しました。
格付け会社のS&Pが、
「欧州金融大手のデクシアの長期債の格付けを1段階引き下げる。」
との発表をしました。
ダウ先物は揉み合いになりました。
原油先物が徐々に反落していきました。
アジアの株式市場は堅調傾向で推移しました。
その後、ドルストレートがしばらく小幅反発する展開になりました。
日銀が政策金利を市場予想とおり据え置きました。
日銀の声明では、
「資産買入規模を50兆円に据え置き。
長期国債の買入規模は月1.8兆円に据え置き。
政策金利と資産買入規模の据え置きは全会一致。
被災地金融機関支援オペは6ヶ月間延長。
日本経済は持ち直しの動きが続いている。」
などが示されました。市場反応は限定的でした。
IMF国際通貨基金が、
「豪RBAは必要ならば利下げ余地がある。
豪ドルは中期的に10%から20%の過大評価となっている。
豪の基調インフレは徐々に上昇。豪の経済見通しは好ましい状況。」
などの見解を発表しました。
限定的ながら堅調傾向の豪ドルに一時売りの反応が見られました。
英国の銀行セクターが格下げされるとの噂が飛び交いました。
一時的にポンドが下げる展開になりました。
スイス失業率(9月)は市場予想とおりの2.8%になりました。
日経平均は前日比+83.60円の8605.62円で週の取引を終えました。
ムーディーズがポルトガル9行の優先債などを格下げしました
市場反応は限定的でした。。
ゴンザレスパラモECB専務理事が、
「金利は充分に低水準。欧州各国は銀行の資本増強が必要。
欧州は引き続き世界経済の低成長の影響を受ける。」
などの認識を示しました。
ロンドン時間序盤はドルストレートに反発の動きが見られました。
ムーディーズが英国の12の金融機関を格下げしました。
ポンドが一時下押すもその後に反発する展開になりました。
ダウ先物や原油先物が上下動の揉み合いになりました。
欧州の株式市場は下げて始まった後に一時反発しました。
IMFの欧州担当ボルゲス氏が、
「ユーロ圏には金利を下げる余地がある。
ユーロ圏債務危機の影響が新興国市場に広がること懸念。
ユーロ圏のインフレへの懸念は後退。」
などの見解を示しました。
英財務相が、
「英国は信頼できる財政計画と追加緩和で危機克服していく。
英国の銀行の資本や流動性は問題ない。」との認識を示しました。
日銀総裁の記者会見では、
「景気の下振れリスクをより意識する必要。
リーマンショックのような事態の回避が重要。
円高は日本経済に大きな影響を与える可能性。
欧州の金融機関に対する充分な信用確保がされていない。」
などの認識を示しました。
レーン欧州委員が、
「欧州委はユーロ共同債について作業進めている。
ユーロ共同債についての報告は複数の選択肢が含まれる。
最大の難局を迎えている。ユーロ圏の分裂は惨事になる。
10月のユーロ圏首脳会合では銀行の資本増強について決定できる。
最終手段として銀行の資本増強にEFSFを活用することも可能。」
などの見解を示しました。
IMFのギリシャ調査団トムセン氏が、
「近日中にギリシャ調査の結果が発表できると期待しているが、
まだ重要な問題について話し合いが続いている。」
との発表をしました。
英生産者物価指数コア(9月)は予想より強い+3.8%になりました。
市場反応は限定的でした。
その後、ダウ先物や欧州株式市場に反落の動きが見られました。
ドルストレートに一時反落の動きが見られました。
独鉱工業生産指数(8月)は市場予想より強い−1.0%になりました。
独経済省が、
「生産は引き続き成長過程だがやや弱い動きも見られる。
受注の低下が一段の生産活動の動きを抑制する可能性。」
との見解を示しました。
市場反応は限定的でした。
加雇用ネット変化率(9月)は+6.09万人、加失業率(9月)は7.1%と、
ともに市場予想より強い結果になりました。
加ドルが急上昇しました。
独首相が、
「独とオランダはEFSFは当該国が手に負えない時に限って
銀行の資本増強に使用されることで合意した。
次回のEU首脳会議では銀行の資本増強に明確なシグナルを送る。」
との発言をしました。
米雇用統計前に主要通貨ペアにやや反発の動きが見られました。
米失業率(9月)は市場予想とおりの9.1%になりました。
米非農業部門雇用者数変化(9月)は+10.3万人、
米民間部門雇用者数変化(9月)は+13.7万人と、
ともに市場予想より強い結果になりました。
米製造業雇用者数変化(9月)は予想より弱い−1.3万人になりました。
前月の非農業部門雇用者数変化が+5.7万人に上方修正されました。
ドル円など主要通貨ペアがリスク選好動意で上昇しました。
ダウ先物や原油先物や欧州株式市場が反発しました。
その後、主要通貨ペアに押しの動きが見られました。
NYダウは上昇して始まった後に揉み合いになりました。
米卸売在庫(8月)は市場予想より弱い+0.4%になりました。
その後、しばらくドル売りが優勢の揉み合いになりました。
ダラス連銀総裁が、
「緊急課題は雇用創出と景気回復。個人消費回復には時間かかる。
インフレは目標の2%へ低下する可能性。」
などの見解を示しました。
アトランタ連銀総裁が、
「QE2はデフレリスクに対応して導入したものでそれは奏功した。
経済状態は弱いが極めて弱いとうわけではない。
FRBが更なる資産購入を行う可能性は排除しないが条件が整う必要。
やがてFRBはバランスシートを正常化しなければならない。」
などの見解を示しました。
深夜1時過ぎに格付け会社のフィッチが、
「伊の格付けをA+に1段階引き下げる。見通しはネガティブ。
スペインの長期格付けをAA−に2段階引き下げる。
欧州債務問題や財政リスクを反映。
ポルトガルの格付けをジャンク級に引き下げる可能性がある。
第4四半期に再検討の予定」
などの発表をしました。
ユーロが急落して、他のドルストレートも反落しました。
NYダウや原油先物が反落しました。
加財務相が、
「加雇用統計の結果は成長が正軌道にあることを示しているが、
職を得れていない加国民も多く存在する。」
との認識を示しました。
欧州委員会が、
「ポルトガルとトロイカとで合意した再生プログラム強化のため
専門家チームをポルトガルに派遣する。」との発表をしました。
その後、しだいにNYダウや原油先物に反発の動きが見られました。
ホワイトハウスが、
「失業率は受け入れ難いほど高水準。
民間雇用は19ヵ月連続で増加し計260万人の雇用を創出している。
オバマ大統領が議会に求めている雇用創出法案の可決が重要。」
との声明を発しました。
米消費者信用残高(8月)は予想より弱い−95.01億ドルになりました。
同指標のマイナスは11ヶ月ぶりでした。
NYダウは終盤に再度下落する展開になりました。
NY原油(WTI)は3日続伸して83ドルに迫るあたりで引けました。
米10年債利回りは2.1%を回復して引けました。
NYダウは前日比−20.21ドルの11103.12ドルで週取引を終えました。
NYクローズ後に格付け会社のムーディーズが、
「ベルギーのAa1格付けを引き下げる可能性。」と発表をしました。
円買い動意が見られました。


●今週の主な予定

<10月10日(月)>

※日・米・加が祝日で休場です。

午前9時半に豪ANZ求人広告件数(9月)、
午後3時に独貿易収支(8月)、独経常収支(8月)、
午後3時45分に仏鉱工業生産(8月)、
などが予定されています。

<10月11日(火)>

朝7時からトリシェECB総裁の講演、
朝8時01分に英RICS住宅価格(9月)、
朝8時50分に日国際貿易収支(8月)、日国際経常収支(8月)、
午後2時に日金融経済月報(10月)、日消費者態度指数(9月)、
午後3時に日景気ウォッチャー調査(9月 現状判断DI・先行判断DI)
午後5時半に英鉱工業生産(8月)、英製造業生産高(8月)、
同午後5時半に英DCLG住宅価格(8月 前年比)、
夜9時15分に加住宅着工件数(9月)、
深夜3時に米FOMC議事録、米月次財政収支(9月)、
などが予定されています。
英・(加)・米の指標には注目です。
また、NY市場クローズ後に米アルコアの
第3四半期決算発表も予定されています。

<10月12日(水)>

朝8時半に豪Westpac消費者信頼感(10月)、
朝8時50分に日機械受注(8月)、
午前9時にANZ消費者信頼感指数(10月)、
午前9時半に豪住宅ローン許可件数(8月)、
午後5時半に英失業率(9月)、英失業保険申請件数推移(9月)、
午後6時に欧鉱工業生産(8月)、
夜9時半に加新築住宅価格指数(8月)、
深夜2時に米10年債の入札、
深夜3時半からトリシェECB総裁の講演、
などが予定されています。
英・欧の指標には注目です。

<10月13日(木)>

朝8時50分に日銀政策会合議事録、日第三次産業活動指数(8月)、
午前9時半に豪雇用者数変化(9月)、豪失業率(9月)、
午前11時に中国貿易収支(9月)、
午後3時に独消費者物価指数確報(9月)、
午後4時15分にスイス生産者輸入価格(9月)、
午後5時にECB月例報告、
午後5時半に英商品貿易収支(8月)、
午後8時(予定)にJPモルガン・チェースの第3四半期決算発表、
夜9時半に米貿易収支(8月)、米新規失業保険申請件数、
同夜9時半に加国際商品貿易(8月)、
深夜2時に米30年債の入札、
などが予定されています。
豪・中国・(英)・米・(加)の指標には注目です。

<10月14日(金)>

朝8時50分に日国内企業物価指数(9月)、
午前11時に中国消費者物価指数(9月)、中国生産者物価指数(9月)、
午後6時に欧貿易収支(8月)、欧消費者物価指数確報(9月)、
夜9時半に米小売売上高(9月)、米輸入物価指数(9月)、
同夜9時半に加製造業出荷(8月)、
夜10時55分に米ミシガン大学消費者信頼感指数速報(10月)、
夜11時に米企業在庫(8月)、
などが予定されています。
中国・(欧)・米の指標には注目です。
また、この日から15日まで
G20財務相・中央銀行総裁会議が行われます。


さて今週ですが、円については、引き続き欧米の経済減速を背景と
した逃避的な「経常黒字国の通貨としての円買い」と、スイスSNB
が施行したフランの対ユーロでの下限設定の金融政策によっての
「リスク回避時の受け皿としての円の役割の強まり」がありますが、
一方、日財務省が外国為替資金証券の発行限度額の引き上げを行う
との発表をして、46兆円を介入資金として実弾利用できる状況を目
指していることから、ドル円が76円台を割り込む事態になった場合
などでは、日政府・日銀の為替介入もありえるとの観測はあるよう
です。

ただ、先のG20財務相・中央銀行総裁会議の声明に「過度の為替変動
は経済安定を損なう。」との一文が盛り込まれたものの、米欧による
日為替介入への風当たりもないわけではなく、できればそのような
事態にならずに円高が緩和されればというのが本音ではないかと思
われますが、7日の日銀の政策会合では「資産買入規模を50兆円に
据え置く。長期国債の買入規模は月1.8兆円に据え置く。」との決定
がされて、日緩和策は据え置きとなりました。

米ドルについては、オペレーション・ツイストによって米FRBのバラ
ンスシートを拡大させずに短期金利と長期金利のスティーブ化を抑制
する策がとられることになりましたが、住宅金利の低下で住宅セクタ
ーの支援は見込まれるものの、消費や雇用などへの効果には疑問の声
もあるようで今後の実体経済への波及効果が注目されます。

一方、米経済指標に関しては、先々週の経済指標の結果に引き続き
先週も米ISM製造業景況指数(9月)が51.6、米ISM非製造業総合景況
指数(9月)が53、米ADP雇用統計(9月)が+9.1万人、米新規失業保険
申請件数が40.1万件、そして米雇用統計の米非農業部門雇用者数変
化(9月)が+10.3万人、米民間部門雇用者数変化(9月)が+13.7万人
と、主要経済指標の多くに市場予想よりも強い結果が見られました。

ただ、米失業率が9.1%に高止まりしているとともに、失業が長期化
していて、米失業者の3人に1人が1年以上も職がない状況となって
いて、金融危機により失われた800万人の雇用に対して取り戻せたの
はまだ約200万人と「ジョブ・レス」の状況が根深いだけに、楽観は
できないものの、ここのところの米経済指標の結果には少しの明るみ
が見られ、米経済への過度の悲観はやや後退することになりました。

他方、ドット・フランク法(米金融規制改革法)で中小小売業保護の
ため銀行カード利用手数料の店舗負担分が制限されたことで、
米銀が個人顧客から新たなカード利用手数料を取る動きが見られ、
一部では小売売上高の抑制を懸念している向きがあるようです。

また、2005年に期間限定で導入されたことのある、米「本国投資法」
が再導入されることになり、米企業などが海外拠点から米本国に送金
する際の税負担が減ることになって、現在、海外の現地法人に滞留
されている1兆4000億ドル程度のドル資金の4割ほどが米本国に
還流される可能性があるとの観測があるようで、投機筋の資金引揚げ
によるドル巻き戻しの動きとあいまってドル高圧力となりそうです。

米ドルに関しては、米経済の過度の悲観の後退による基軸通貨として
のリスク選好のドル売り圧力がある一方、米本国投資法の再導入での
ドル還流によるドル買いおよび欧州不安によるリスク回避のドル買い
の圧力があり、ドル売りとドル買い双方の綱引きとなりそうで、
不安定な状況が続く可能性がありそうです。

ドル円相場では、先週は週初に下落した後に、上下動の揉み合いに
なりましたが、76円台アンダーのサポートと、77.00アラウンドの
レジスタンスに挟まれ、膠着感のあるレンジ相場となりました。
どちらかというと米ドル主導の相場展開になっているようです。
ロンドン銀行間取引金利LIBORも上昇傾向にあり底堅い面も見られ、
ドル円のモメンタムは総体やや上向きとなってきている様子も見ら
れなくもありませんが、一方では日米金利差縮小による下方圧力も
あり、方向感はどうもはっきりしていないようで、ポイントでの
売り買いの攻防と、どちらに抜けていくかが注目されます。

ユーロについては、引き続き「財政不安」「景気減速」「金融損失」
に加え、日経新聞が指摘(8日14面)するように欧州は中銀と政府との
対立とともに、1990年代のバブル後の日本に酷似した「実情否定」
「先送り」「外圧」「小出し」という状況なっていて、またユーロ圏
が17ヶ国の大所帯のために諸事項の議会承認に時間がかかるなど、
対策が後手になっているとの指摘はまぬがれ得ないようです。

今月で8年間の任期を終え退任するトリシェ総裁の問い「単一市場、
単一通貨、単一の中央銀行がある経済圏で、1つの財務省を思い浮
かべるのは大胆すぎるだろうか。」との欧州財務省構想には、まだ
程遠いとともに、8月分の雇用統計でも、スペインの失業率は問題
のギリシャの16.7%を超える21.2%にもなり、25歳未満の若年層の
失業率はスペインでは実に46.2%にもなり不気味な感じすらします。

そして、先週末7日の米雇用統計後の深夜に格付け会社のフィッチ
が、「伊の格付けをA+に1段階引き下げる。見通しはネガティブ。
スペインの長期格付けをAA−に2段階引き下げる。欧州債務問題や
財政リスクを反映。ポルトガルの格付けをジャンク級に引き下げる
可能性。」との発表をして、米雇用統計後のリスク選好に冷や水
が浴びせられることになりました。

EFSFの規模拡大に関しては、スペイン財務相は規模拡大が必要との
意見で、フィンランド財務相は必要ないとの意見で、また4日には
ユーログループのユンケル議長が「EFSFの上限は引き上げられるべ
きではない。」と発言しているなど、あいかわらずコンセンサスが
形成されていなく、また3日に独財務相が「EFSFに対するレバレッ
ジ計画は各国がEFSFの機能拡充案を批准するまで議論はできない。」
との認識を示し、EFSFに対するレバレッジ計画にも進展が見られない
とともに、ギリシャにかかわるトロイカ審査についても4日にユーロ
グループのユンケル議長が「報告書の準備後にギリシャ協議。準備は
13日以降になる可能性。」を示して、6日には同議長が「ギリシャへ
の調査団の報告は10月24日の見通し。」と明確化して、結果の発表が
10月24日へと遅延することになりました。

ただ、EFSFの拡充案(債務不安国の国債購入や銀行への資本注入)に
関しては4日に議会採決の行方が懸念されているスロバキアの財務
相が「11日か14日に議会採決の見通し。」と発言して、一部、11日
が本線ということで、10月11日(火)にEFSFの拡充案の承認ユーロ圏
17ヶ国全てで出揃うことになりそうです。スロバキア議会で否決の
可能性も全くないわけではないようですが、一部の情報筋では同案
に反対していたスロバキア連立与党の一角の「自由と連帯」と同国
首相とで水面下の協議をしていて可決の目処が立ったそうで、
EFSFの拡充案のユーロ圏合意はユーロの押し上げ要因になるだけに
11日を前にした思惑の動きと事後の動きが注目されます。

一方、先週末7日に格付け会社のフィッチが「伊とスペインを格下
げする。」と発表して、さらにポルトガルの格付けをジャンク級に
引き下げる可能性があることを示して、また週末のNYクローズ後に
格付け会社のムーディーズが「ベルギーのAa1格付けを引き下げる
可能性。」と発表しているなど、地合いが弱くなっていることや、
スペインに関しては、他の格付け会社の追従のネガティブな発表も
ある可能性があるとともに、ギリシャ国債を保有する民間投資家へ
の負担について、4日にユンケル議長が「(負担増へと)見直す必要
があるかもしれない。」との発言していて、ネガティブ材料も強め
に存在しているようです。

ユーロドル相場では、先週は週初に下落した後に反発して、1.3350
アラウンドの4時間足レベルでのチャートポイントでの売り買いの
攻防が目先の焦点となりそうですが、ここで支えられればもう少し
反発が継続する可能性はあるものの、ここを下抜けると、4時間足
レベルでの下降フラッグの下抜けともなりそうで、週初の動向が
注目されます。米経済の過度の悲観が後退して、リスク選好のドル
売り動意と、先週末に格付け会社の発表によるユーロ自体のリスク
回避の動意との綱引きともに、11日を中心としたスロバキア議会に
よるEFSFの拡充案の採決の行方が注目され、相場が揺れる展開とな
る可能性もありそうです。

また、NYダウや欧州株式市場の相場動向との同期性が引き続き強い
傾向があり、「ダウ上昇ではリスク選好でのドル売り」「ダウ下落
ではリスク回避でのドル買い」となりやすく、リスク選好度のベン
チマークとしてダウ先物とNYダウの動向も注目されます。
暴れ馬のユーロは今週もトレードチャンスを多く提供してくれそう
ですが、柔軟にトレードしていきたいものです。

そして資源国通貨の豪ドルなどにつきましては、今回は長くなりま
したので、詳細は割愛いたしますが、短期的には堅調傾向にありま
すが、目先は0.9750アラウンドのチャートポイントでの売り買いの
攻防が注目されます。ここで支えられた場合はもう少し反発が継続
する可能性はあるものの、ここを下抜けた場合は、リスク選好の
巻き戻しで下落する可能性がありそうです。

引き続きリスクの動向(選好と回避)に敏感なベータ系の通貨として、
中国の経済指標の発表にも留意するとともに、NYダウやダウ先物
および原油価格の動向もリスク選好度のベンチマークの参考として
トレードしていきたいものです。

経済指標関連では、11日の英鉱工業生産と米FOMC議事録、
12日の英失業率に英失業保険申請件数推移と欧鉱工業生産、
13日の豪雇用統計と中国貿易収支に英商品貿易収支と
米貿易収支に米新規失業保険申請件数、
14日の中国消費者物価指数に米小売売上高と
米ミシガン大学消費者信頼感指数速報などが注目されます。

今週から始まる米主要企業の第3四半期決算発表も注目されます。

また、今週末のG20財務相・中央銀行総裁会議では、
主要銀行の中核的自己資本比率を実質7%以上とするバーゼル3の
導入や、FSB金融安定理事会による巨大金融機関への上乗せ規制など
も了承の見込みとなっているとともに、日本政府によるEFSF債の
購入の発表なども予定されていて注目されます。


さて、今回は劇薬の処方箋のお話です。

医薬品の分類の中に「劇薬」というのがあるのだそうですね。

口径投与で体重1kgで300mg以下、皮下注射で同200mg以下が
致死量となるのだそうで、その用量や用法には
とても厳格な基準が設けられているそうです。

用量や用法によっては致死になるので、
こんな危険なものは用いない方が良いようにも思われますが、

劇性はありながらも、用量や用法を正しく用いた場合に、
とても強い薬効があることがあり、

厳格な管理と用量用法のもと、
治療薬として用いられることがあるそうです。

トレードでいいますと、劇薬に該当するものは、
さしずめ「難平(ナンピン)」ということになりそうですが、

絶対反対派と限定賛成派に意見が分かれ、
いまだ論争には決着がついていないようです。

たとえば、ウィリアム・D・ギャンは、
彼の「価値ある28のルール」の第13条で
明確にナンピンを否定して、

また、著名トレーダーのジョン・F・カーター氏も、
「難平は、沈み行く船にさらに水を注ぎ込む愚劣な行為」と、
強い言葉で否定して、

そして、米相場の神様とも言われ、坂田五法でも有名な
伝説の相場師の本間宗久の宗久翁秘録には、

「不利運の時、売平均(ならし)、買平均は決してせざるものなり」
と、難平を禁ずる記述をしています。

一方、商家秘録という古書には、

「或いは思入れ違いたる所にて、是程の損にて仕舞と分別し、
 又は一ぱい平均(なら)して、其の上にても違ふならば、
 あやまりて早く見切り仕舞ふべし。
 最初に計りし損より多く損すべからず。」

と、一回の難平は善しとして、それでもダメだったら
規定の損切りをすることを奨めていて、

また、三猿金泉秘録という古書には、

「三割の高下に徳は転変(ドテン)し損は平すが秘密なりけり」と、

三割くらいの相場の高下ではトレンド転換することがあるので、
損は難平で平均化することが秘術になると教えています。

(話は相(あい)前後しますが)

難平(ナンピン)とは、たとえば買い玉を持っていたとして、
相場の下落時には含み損の「難」となるも、

下がったところで逆に買い増して「買いの平均価格を下げる」
ことによって、難を「平らかに」させて、
反発上昇時に「難を逃れる」、もしくは利益を得る行為
のことをいいますが、

下げては上げ、上げては下げる、往来相場のレンジと
なることも少なくない相場では、

勝率に限れば、ときに「驚くほどに向上する」ことさえあり、

含み損の死に玉が利益を伴って蘇ることがある難平は、
全く無効とは言い切れないようです。

ただし、損失になるところの玉が難平によって蘇り、
利益となる経験は強い快感を伴ことで麻薬的な常習性があり、

節操なく行うと、取り返しのつかない大きな実損となって、

典型的な「コツコツ勝って、ドカーンとやられる」
ことにもなりがちな、危険行為でもあり、

そういった意味では、用法用量をわきまえずに服用してはならない
「劇薬」に該当するものと思われます。

しかし、この難平に関する用法や用量についての文献は、
先の商家秘録や、三猿金泉秘録におぼろげにあるだけで、

明確なルールとなるもの(文献)はどうもないようで、
示すことができないのですが、

主旨を察するところ、難平を用いる場合は

1. 回数を厳格に限定せよ。(無限難平絶対禁止)

2. レンジ内もしくは順トレンド方向に用法を限定せよ。

3. 建て玉総数は資金管理の範囲に限定せよ。
  
4. 明確にトレンドと逆方向となったことが判明したら、
  躊躇せずに難平玉を全て損切りせよ。

などの4原則は必要なようです。

ただ、これらを絶対ルールとするならば、

オペレーションとしては「買うか」「売るか」しかない
トレードにおける建て玉操作として、

「ポジションの位置をチューニングして持つ分割エントリー」や
いわゆる「ゾーン・エントリー」をするということであり、

ただ単に食らいつくように反転するまで
「買い下がる(売り上がる)」というイメージもある難平とは、
少し違った「似て非なるもの」となりそうです。

つまり、スナイパーのように一発必中は理想だけれども、
相場にはブレがあって、一発での最善は簡単ではないために、

資金管理の範囲内で、たとえば10万通貨単位のトレードであれば、

その10万通貨という建て玉量のトレードを計画的に
4万通貨単位、3万通貨単位、3万通貨単位などに分割して、

ブレの具合を見てポジションの位置をチューニングしながら
分割エントリーして、総合的に10万通貨単位の建て玉として、
トレードするということになりそうです。

また、初期エントリーから利が乗ったら、難平ではなく、
利乗せの増し玉として追加エントリーすることになります。

損切りについても、総合10万通貨単位のポジションの位置に対して
ルールに基づき行うということになります。

「なーんだぁ。結局、それって分割エントリーじゃんかぁ。」

確かに4原則を守る限り、管理された「限定難平」は
そのようなことになりそうです。

ただ、ポジションの位置を調整できる後玉があることで、
初期エントリーのリスク選好がマインド的にしやすくなったり、

勝率を格段に向上させる効果がある場合があります。

「ふーん。そんなもんかねぇ。
 下手な難平は怪我の元でも、
 管理難平と鋏(はさみ)は使いようってか?」

あれまぁ…。。。



<ご案内>

私が講師を務めていましたeラーニング講座の
"勝つためのFXチャート分析講座"が「DVDと製本」になりまして、

マエストロFX (Maestro FX)」という教材名で
ウィニングクルー株式会社(関東財務局長(金商)第2098号)から
発売されました。

トレードの根っこになる重要な基礎とコアの部分を中心に
より深く19時間体系的に学んでいただければと思います。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX情報をもっと見る
過去ログ
2019年09月(3)
2019年08月(3)
2019年07月(4)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(3)
2019年03月(5)
2019年02月(4)
2019年01月(4)
2018年12月(4)
2018年11月(4)
2018年10月(4)
2018年09月(5)
2018年08月(3)
2018年07月(5)
2018年06月(4)
2018年05月(4)
2018年04月(4)
2018年03月(4)
2018年02月(4)
2018年01月(4)
2017年12月(4)
2017年11月(4)
2017年10月(5)
2017年09月(4)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(4)
2017年05月(4)
2017年04月(4)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(4)
2016年12月(4)
2016年11月(4)
2016年10月(5)
2016年09月(4)
2016年08月(2)
2016年07月(5)
2016年06月(4)
2016年05月(4)
2016年04月(4)
2016年03月(4)
2016年02月(4)
2016年01月(5)
2015年12月(3)
2015年11月(4)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(4)
2015年07月(4)
2015年06月(4)
2015年05月(4)
2015年04月(4)
2015年03月(4)
2015年02月(4)
2015年01月(3)
2014年12月(3)
2014年11月(4)
2014年10月(4)
2014年09月(4)
2014年08月(4)
2014年07月(4)
2014年06月(4)
2014年05月(3)
2014年04月(4)
2014年03月(4)
2014年02月(4)
2014年01月(4)
2013年12月(3)
2013年11月(4)
2013年10月(4)
2013年09月(5)
2013年08月(3)
2013年07月(4)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(4)
2013年01月(4)
2012年12月(4)
2012年11月(3)
2012年10月(4)
2012年09月(5)
2012年08月(3)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(5)
2012年03月(4)
2012年02月(4)
2012年01月(4)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(5)
2011年09月(4)
2011年08月(3)
2011年07月(5)
2011年06月(4)