FX トレードと凡事のお話 その383


先週はドル需給逼迫の緩和を背景にドルの売り戻しになりました。
さて、今週は週末の米雇用統計の発表と市場反応が注目されます。



■今週(3月30日から4月3日)の主な経済指標


※ 欧州と英国が夏時間に移行します。


<3月30日(月)>

午後4時にスイスKOF景気先行指数(3月)
午後5時半に英消費者信用残高(2月)
午後6時に欧消費者信頼感確定値(3月)、欧経済信頼感(3月)
夜9時に独消費者物価指数速報(3月)
夜11時に米住宅販売保留指数(2月)
などが予定されています。
独・米の指標には注目です。


<3月31日(火)>

朝6時45分にNZ住宅建設許可件数(2月)
朝8時01分に英GFK消費者信頼感調査(3月)
朝8時半に日失業率(2月)、日有効求人倍率(2月)
朝8時50分に日鉱工業生産速報(2月)、日小売業販売額(2月)
午前9時にNBNZ企業信頼感(3月)
午前10時に中国製造業PMI(3月)
午後2時に日新設住宅着工戸数(2月)
午後3時に英第4四半期GDP改定値、英第4四半期経常収支
午後3時に独輸入物価指数(2月)
午後3時半にスイス実質小売売上高(2月)
午後3時45分に仏消費者物価指数速報(3月)、
午後3時45分に仏卸売物価指数(2月)、仏消費支出(2月)
午後4時55分に独失業者数(3月)、独失業率(3月)
午後6時に欧消費者物価指数速報(3月)
午後6時に欧消費者物価指数コア速報(3月)
夜9時半に加月次GDP(1月)、
夜9時半に加鉱工業製品価格(2月)、加原料価格指数(2月)
夜10時に米ケースシラー住宅価格指数(1月)
夜10時45分にシカゴ購買部協会景気指数(3月)
夜11時に米消費者信頼感指数(3月)
などが予定されています。
NZ・日・中国・英・独・欧・加・米の指標には注目です。


<4月1日(水)>

朝8時50分に日銀短観第1四半期大企業製造業業況判断
朝8時50分に日銀短観第1四半期大企業製造業先行き
朝8時50分に日銀短観第1四半期大企業非製造業業況判断
朝8時50分に日銀短観第1四半期大企業非製造業先行き
朝8時50分に日銀短観第1四半期大企業全産業設備投資
午前9時半に豪住宅建設許可件数(2月)、
午前9時半に豪RBA金融政策会合議事録要旨
午前10時45分に中国財新製造業PMI(3月)
午後3時に独小売売上高指数(2月)
午後4時半にスイスSVME購買部協会景気指数(3月)
午後4時50分に仏製造業PMI改定値(3月)
午後4時55分に独製造業PMI改定値(3月)
午後5時に欧製造業PMI改定値(3月)
午後5時半に英製造業PMI改定値(3月)
午後6時に欧失業率(2月)
午後8時に米MBA住宅ローン申請指数、
夜9時15分に米ADP雇用統計(3月)
夜10時45分に米製造業PMI改定値(3月)
夜11時に米ISM製造業景況感指数(3月)、米建設支出(2月)
などが予定されています。
日・豪・中国・独・英・欧・米の指標には注目です。


<4月2日(木)>

午後3時半にスイス消費者物価指数(3月)
午後6時に欧卸売物価指数(2月)
午後8時半に米チャレンジャー人員削減数(3月)
夜9時半に米貿易収支(2月)
夜9時半に米新規失業保険申請件数、米失業保険継続受給者数
夜9時半に加貿易収支(2月)
夜11時に米製造業新規受注(2月)
などが予定されています。
欧・米の指標には注目です。


<4月3日(金)>

午前9時半に豪小売売上高(2月)
午前10時45分に中国財新サービス業PMI(3月)
午後3時45分に仏財政収支(2月)
午後4時50分に仏サービス業PMI改定値(3月)
午後4時55分に独サービス業PMI改定値(3月)
午後5時に欧サービス業PMI改定値(3月)
午後5時半に英サービス業PMI改定値(3月)
午後6時に欧小売売上高(2月)
夜9時半に米非農業部門雇用者数変化(3月)、米失業率(3月)
夜9時半に米平均時給(3月)
夜10時45分に米サービス業PMI改定値(3月)、
夜10時45分に米総合PMI改定値(3月)
夜11時に米ISM非製造業景況指数(総合 3月)
などが予定されています。
豪・中国・英・欧・米の指標には注目です。



欧州などの国債入札予定時間につきましては
http://jp.investing.com/ から入って
http://jp.investing.com/economic-calendar/
が参考になります。



■先週(3月23日から3月27日)の主な出来事や要人発言


先週は、ドルインデックスが103.415で始まり、軟調傾向で推移して
98.537で週の終値になりました。
米10年債利回りは週レベルの終値で0.676%へ低下しました。
NY原油先物(WTI)5月限は週の終値で21.51ドルへ上昇しました。
NYダウは週間2462.8ドル上昇、21636.78ドルで取引を終える。
VIX指数は週レベルでは65.54へ低下しました。



<3月23日(月)>

【オセアニア・東京時間】
報道 (週末)
「メルケル独首相は、担当医師が新型コロナに感染したため、
 当面、人と接触しないよう自宅で執務を続ける」
トランプ米大統領 (週末)
「NY州に大規模災害宣言を発令」
中国人民銀副総裁 (週末)
「中国経済は4-6月に改善するだろう」
セントルイス連銀総裁 (週末)
「新型コロナウイルスを受けて、米国の失業率は
 4-6月期に30%にまで悪化する可能性がある」
報道
「新型コロナウイルス感染、全世界での感染者数は32万人超。
 イタリアでは6万人に迫る勢い、米国では急増し3万2000人。
 スペインでも2万8000人、ドイツで2万3000人、
 フランスで1万4000人」
RBNZ
「最大300億NZドル(1兆8900億円)相当の国債を
 向こう1年間で買い入れる。今週開始へ」
NZドル米ドルは一時0.56台を割り込む。
ドル円は110.82レベルで始まり一時110.53へ下落。
ユーロドルは1.0708レベルで始まり1.0636へ反落。
ポンドドルは1.1674レベルで始まり1.1533へ反落。
豪ドル米ドルは0.5807レベルで始まり0.5705へ下落。
報道「米株価指数先物、サーキットブレーカー発動」
その後、ドル円は一時111.26へ反発。
セントルイス連銀総裁
「4-6月期に米GDPは50%減になる可能性も」
バイトマン独連銀総裁
「新型コロナウイルスのパンデミックを受けて、
 ドイツのリセッションは避けられない」
ダウ先物は一時900ドル超に下落。
米10年債利回り0.79%台へ低下。原油先物は22ドル台へ下落。
東京時間が近づく頃にドル円は110.29へ下落。
ドルストレートはやや反発して揉み合う。
モルガンスタンレー
「新型コロナウイルスの打撃により、米GDPは
 第2四半期に30%減と歴史的な落ち込みになる見通し」
日経平均は17.74円高で寄り付き一時200円超に上昇。
安倍首相
「東京五輪の中止ということはあり得ない」
ドル円はやや反発した後に一時110.27へ下落して揉み合う。
その後、日経平均は一時マイナス圏へ反落。
豪ドル米ドルは0.5701へ下落。
報道
「トランプ大統領、カリフォルニア州の大規模災害宣言を承認」
ミネアポリス連銀総裁
「FRBはさらなる措置を講じること可能」
中国人民銀行「人民元中心レート 1ドル=7.0940元」
中国上海株式市場は2.48%安で始まる。
日銀
「臨時の国債買い入れオペ通知 総額8000億円」
CBC
「カナダ、東京五輪が延期されなければ、選手を派遣しない」
香港紙SMCP
「中国の新型コロナウイルス感染者は12万人超の可能性」
ドル円は一時110.00へ下落。
東京時間午後に日経平均は一時400円超に上昇。
米10年債利回りは一時0.84%台へ上昇。
ドル円は一時やや反発して揉み合う。ユーロドルは堅調に推移。
東京時間終盤にドル円は109.80へ下落。ユーロドルは堅調に推移。
ポンドドルは堅調に推移。
米10年債利回りは0.80%台へ低下。
日経平均は334.95円高の16887.78で大引け。
【ロンドン時間】
仏中銀総裁
「新型コロナ危機対応でESM活用に支持表明」
ユーロドルは一時1.0769へ上昇。ポンドドル一時1.1714へ上昇。
ドル円は一時109.67へ下落。豪ドル米ドルは一時0.5808へ上昇。
その後、ドル円はやや反発。ユーロドルはやや反落。
ビスコ伊中銀総裁
「ECBは一層の対応を行う用意」
中国上海株式市場は3.11%安の2660.17で取引を終える。
ドルストレートはやや反落。
安倍首相 
「場合によってはリーマンショックより上回る対応したい」
中国外務省
「五輪に関する中国の立場は変わらない」
香港
「全てのバー、エンタメ施設の閉鎖を要請へ。
 非居住者の入境を14日間禁止。
 香港空港、全ての乗り継ぎサービスを停止へ」
独英の株式市場はマイナス圏で始まり4%超に下落。
スロベニア中銀総裁
「もし必要であれば、追加措置の用意がある」
英財務省
「中小企業向けに500万ポンドまでの政府保証貸出を提供へ」
英BBC政治編集者
「英政府は生活必需品以外の小売店舗の閉鎖を検討」
独IFO研究所
「新型コロナウイルスの影響、
 2020年独GDPを2550億から7290億ユーロ押し下げる可能性。
 経済への影響は、ここ数十年に独を見舞ったいかなる
 経済危機や天災を上回る規模になるだろう。
 経済の部分的な停止状態が2カ月続いた場合、
 GDPの押し下げ幅は2550億から4950億ユーロ、
 3カ月続いた場合の影響は3540億から7290億ユーロに」
スペイン中銀総裁
「新たな欧州債務危機を防ぐためにESMによる
 超長期のコロナ債の発行を」
独保健当局
「ドイツにおけるコロナ感染拡大ペースは、
 対数的上昇カーブから平坦化する初期の兆候みられる」
政府・自民党筋
「2020年度に追加予算編成する可能性、5月1日までに策定目指す」
EU外交筋
「バルカン半島2か国のEU加盟交渉開始で合意
 北マケドニア、アルバニアが対象国」
スペイン
「過去24時間の新型コロナ死者数が462人増、計2182人に」
スイス保健当局
「新型ウイルス感染者数が一日で7014人から8060人に増加、
死者は66人に」
独政府
「新型ウイルスで、総額7500億ユーロの措置を承認」
報道
「G20財務相・中央銀行総裁が緊急電話会議を開催。
 新型コロナウイルスの世界経済への影響を最小限の抑えるため
 政策総動員で取り組む方針が改めて確認された」
ショルツ独財務相
「仕事と健康を守るために必要なあらゆることを行う」
ドル円は110.89へ反発。ユーロドル1.0666へ反落。
ポンドドルは1.1507へ下落。豪ドル米ドルは0.5723へ反落。
【NY時間】
黒田日銀総裁 (G20電話会議後)
「必要あればさらに潤沢に資金供給。
 前倒し会合での金融緩和強化策を説明」
FRB
「臨時FOMCを開催して景気支援で新たに広範な措置を発表。
 米国債とMBSで必要な額だけ購入へ、終了期限を設けず」
ダウ先物はプラス圏へ反発して400ドル超に上昇。
米10年債利回り一時0.71%台へ低下。
独株式市場は一時プラス圏へ反発。原油先物は一時23ドル台へ上昇。
ドル円は一時109.82へ下落。ユーロドルは一時1.0802へ上昇。
ポンドドルは一時1.1661へ上昇。豪ドル米ドル一時0.5846へ上昇。
ドルカナダは1.4337へ下落。
加卸売売上高(1月)は前回値より強い前月比1.8%。
市場反応は限定的。
ムニューシン米財務長官
「本日中のコロナ法案成立を目指す。きょう上院指導者と会談する。
 すべての中小企業が解雇しないように資金を必要としている。
 G7、G20指導者はIMFや世銀と緊密に協力、これはチーム作業」
その後、ドル円は110円台後半へ反発。
ドルストレートはやや反落して揉み合う。
米10年債利回り一時0.87%台へ上昇。ダウ先物は上げ幅を縮小。
原油先物は22ドル台で推移。
NYダウはマイナス圏で始まり一時600ドル超に下落。
米10年債利回りは0.73%台へ低下。
ポンドドルは1.1675へ上昇した後にやや反落。
ユーロドルは1.0827へ上昇して揉み合う。
報道
「マサチューセッツ州知事は、新型コロナウイルス感染対策で、
 住民の自宅待機命令と、食料品や薬品などの本質的なものを除いた
 すべてのビジネスのクローズを命じた」
加BOC
「カナダ中銀、150億カナダドルの銀行引き受け債購入」
ドルカナダは1.4516へ反発。
欧消費者信頼感速報(3月)は予想より強い−11.6。
ユーロドルはやや反落。ポンドドルは1.14台へ下落。
ドル円は111円台へ上昇。豪ドル米ドルは0.5739へ反落。
NYダウは900ドル超に下落。
ロンドンフィックス過ぎドル円は111.59へ上昇した後にやや反落。
ユーロドルは1.0724へ反落して揉み合う。
ポンドドルは1.1447へ下落。豪ドル米ドルはやや反発して揉み合う。
NYダウは下げ幅を縮小。
IMF
「今年の世界経済は縮小を見込む。来年には回復を見込んでいる。
 リセッション入りする国は世界金融危機以来となる見通し。
 80カ国近くがIMFの支援を必要とするだろう」
独DAXは2.10%安の8741.15で取引を終える。
英FTSE100は3.79%安の4993.89で取引を終える。
ポンドドルは1.1573へ反発。ユーロドルは揉み合う。
報道
「イタリア、ミラノでの新規感染者の伸びが鈍化」
報道
「英国政府は海外を旅行中のすべての旅行者に対して、
 英国への帰国を指示」
報道
「米上院、新型コロナウイルス対策予算法案可決できず」
NYダウは再び下げ幅を拡大。
ドル円は111.57へ反発。ポンドドルはやや反落。
報道
「パウンドIOC委員 東京オリンピックは延期へと米紙に発言」
セントルイス連銀総裁
「新型コロナウイルス対策として、食品、薬品といった
 本質的なものを除いた企業活動を3カ月休業するべき。
 大統領と議会は全国的なパンデミックに対応を」
原油先物は23ドル台へ上昇。
NY時間終盤にドル円はやや反落。ユーロドルは1.0720へ下落。
ポンドドルやや反発。豪ドル米ドルはやや上昇。
NY金先物6月限の終値は1572.70。
原油先物5月限の終値は23.36ドル。
NYダウは582.05ドル安の18591.93で取引を終える。
NASDAQは0.27%安の6860.67で取引を終える。
S&P500は2.93%安の2237.40で取引を終える。
米10年債利回りは0.766%。VIX指数は61.59へ低下。
ドル円、110.82(始値)、111.59(高値)、109.67(安値)、111.25(終値)、
ユーロドル、1.0708(始値)、1.0827(高値)、1.0636(安値)、1.0726(終値)
ポンドドル、1.1674(始値)、1.1714(高値)、1.1447(安値)、1.1540(終値)
豪ドルドル、0.5807(始値)、0.5846(高値)、0.5701(安値)、0.5839(終値)


<3月24日(火)>

【オセアニア・東京時間】
ドル円は110.79へ反落。ユーロドルは1.0765へ反発。
豪ドル米ドルは一時やや反落した後に0.5885へ上昇。
ポンドドルは1.1500へ反落した後に1.1597へ上昇。
ダウ先物は一時400ドル超に上昇。原油先物は24ドル台へ上昇。
米10年債利回りは0.76%台で推移。
報道
「外務省は新型コロナウイルス感染拡大を受けて、
 独仏など欧州15カ国を渡航警戒レベル3の対象に加えた」
トランプ大統領
「米国は早期にビジネス活動を再開することになるだろう。
 3-4カ月よりはるかに早いだろう。
 ドル高は多くの点で良いが、貿易を困難にする面も。
 FRBに満足、正しい措置を取った。パウエル氏に満足している」
WTO事務局長
「パンデミックは加速しており、ほぼ全ての国に広がっている。
 最初の報告があった日から10万人になるまで67日、
 20万人に増えるのにそれから11日、
 次の10万人まではたったの4日だった」
日経平均は319.10円高で寄り付き800円超に上昇。
ドル円はやや反発した後に下落して軟調に推移。
ポンドドルはやや反落した後に上昇。
ユーロドルは一時1.0823へ上昇。豪ドル米ドルは堅調に推移。
米10年債利回りは0.80%台へ上昇。
麻生財務相
「市場は不安定な動きが続いている、
 相場操縦などの不正行為への監視を徹底する」
金融庁
「年度末に向けて不正な空売りなどの監視を強化」
中国人民銀行「人民元中心レート 1ドル=7.0999元」
中国上海株式市場は1.61%高で始まる。
日経平均は1100円超に上昇。ダウ先物は一時700ドル超に上昇。
ドル円は一時110.09へ下落。ポンドドルは1.1658へ上昇。
豪ドル米ドルは0.5945へ上昇。
黒田日銀総裁 (衆院財務金融委員会にて)
「保有ETFの含み損は先週末時点で2-3兆円、
 保有J-REITの含み損は0.1兆円程度。市場の動向を注視」
その後、ドル円は一時110.58へ反発。ドルストレートはやや反落。
米10年債利回りは一時0.82%台へ上昇。
東京時間午後に日経平均は上げ幅を一時やや縮小。
ドル円は揉み合う。ポンドドルは揉み合う。
中国
「武漢市の交通規制措置を4月8日に解除へ。
 武漢市の封鎖措置を4月8日に解除へ」
日景気先行指数改定値(1月)は前回値より強い90.5、
日景気一致指数改定値(1月)は前回値より強い95.2。
ドルストレートはやや軟調傾向で推移。
韓国
「総額48兆5000億ウォン規模の債券株式市場安定化策を行う」
東京時間終盤にドル円はやや反発して揉み合う。
日経平均は1204.57円高の18092.35で大引け。
【ロンドン時間】
ドル円は110.49へ反発した後にやや反落して揉み合う。
ユーロドルは一時1.0866へ上昇。ポンドドル一時1.1693へ上昇。
豪ドル米ドルは一時0.5976へ上昇。
ダウ先物は一時800ドル超に上昇。
米10年債利回りは一時0.83%台へ上昇。
安倍首相
「新型コロナで世界的に相当甚大な悪影響出てくる。
 強大な経済財政政策を実施していきたい。
 国債発行も含めてさまざまな方策組み合わせて財源確保」
中国上海株式市場は2.34%高の2722.44で取引を終える。
ドル円は110.69へ反発した後に上げ幅を縮小。
ドルストレートやや反落して揉み合う。
黒田日銀総裁(衆院財務金融委員会にて)
「企業支援オペ、金融機関から有効との声。
 企業支援オペ、企業金融の円滑確保に効果。
 企業支援オペ、金融機関の積極的な取り組み促す」
独英の株式市場はプラス圏で始まり4%超に上昇。
その後、独の株式市場は一時6%超に上昇。
仏製造業PMI速報(3月)は予想より強い42.9、
仏サービス業PMI速報(3月)は予想より弱い29.0。
ユーロドルは一時やや反発して揉み合う。ドル円は再びやや上昇。
独製造業PMI速報(3月)は予想より強い45.7、
独サービス業PMI速報(3月)は予想より弱い34.5。過去最低水準。
ユーロドルはやや反落して揉み合う。ポンドドルはやや反発。
米10年債利回りは一時0.78%台へ低下。
欧製造業PMI速報(3月)は予想より強い44.8、
欧サービス業PMI速報(3月)は予想より弱い28.4。
ドル円は一時110.94へ上昇。
GPIF
「外債比率を15%から25%に引き上げへ。
 国内債比率を35%から25%に引き下げへ」
英製造業PMI速報(3月)は予想より強い48.0、
英サービス業PMI速報(3月)は予想より弱い35.7。
ポンドドルは1.1790へ上昇。ユーロドルは1.0888へ上昇。
ドル円は一時110.30へ反落して揉み合う。豪ドル米ドルは揉み合う。
ダウ先物は900ドル超に上昇。原油先物は一時25ドル台へ上昇。
米10年債利回りは一時0.83%台へ上昇。
トランプ大統領
「マスクと人工呼吸器の世界市場は狂っている。
 米国はこれら医療器材を得ようとしているが簡単なことではない」
アルトマイヤー独経済相
「ドイツのリセッションは、金融危機の時よりも深くなる可能性。
 月曜日に発表した経済支援策はまだ初期の段階にすぎない」
NHK
「安倍首相が東京五輪の一年程度延期を提案へ」
ドル円は反発。ドルストレートはやや反落。
【NY時間】
安倍首相
「バッハICO会長と電話会談、東京五輪中止ないと確認。
 遅くとも2021年の夏までに東京五輪開催で合意」
ドル円は111.00へ上昇した後にやや反落して揉み合う。
ユーロドルは1.0814へ下落。ポンドドルは一時1.1684へ下落。
豪ドル米ドルは一時0.5865へ下落。
米10年債利回りは0.86%台へ上昇。
その後、ドルストレートはやや反発。
スロバキア中銀総裁
「ETF購入の可能性は排除しないがECBは何も決定はしていない」
麻生財務相
「G7は医療に関しては資金提供行う。
 東京五輪延期に伴う財政対応は東京都が行うだろう。
 新興国はたいへんな事になる、債務に関しきちんとした計画必要」
NYダウはプラス圏で始まり1200ドル超に上昇。
原油先物は23ドル台へ下落。
ドル円は111円台へ上昇。ユーロドルは1.0788へ下落。
ポンドドルは一時やや反落して揉み合う。豪ドル米ドルはやや反発。
米製造業PMI速報(3月)は予想より強い49.2、
米サービス業PMI速報(3月)は予想より弱い39.1、
米総合PMI速報(3月)は前回値より弱い40.5。
ペロシ下院議長
「新型コロナウイルス対策景気刺激法案は
 あと数時間で通過と非常に楽観的に見ている」
ドル買い反応。ドル円は上昇。
IOC理事会
「全会一致で東京オリンピックの延期を承認。延期は史上初」
米新築住宅販売件数(2月)は予想より強い76.5万件、
リッチモンド連銀製造業指数(3月)は予想より強い2。
ドル円は堅調傾向で推移。ユーロドはル軟調に推移。
ポンドドルはやや反発。
NYダウは1500ドル超に上昇して堅調に推移。
伊経済・財務相
「伊の2020年のGDPについて、数%ポイントの単位で低下する。
 3月、4月に明確に縮小。4月以降は回復へ」
その後、豪ドル米ドル0.5964へ上昇した後にやや反落。
ペロシ下院議長
「景気対策案での支給金、株の買い戻しには使用不可。
 失業者には4か月分の完全給付を」
米10年債利回りは一時0.89%台へ上昇。
ドル円は揉み合う。ユーロドル揉み合いながらもは軟調傾向で推移。
ポンドドルは1.1799へ上昇した後にやや反落して揉み合う。
独DAXは10.98%高の9700.57で取引を終える。
英FTSE100は9.05%高の5446.01で取引を終える。
報道
「伊、これまでで二番目に多い一日743名の新型コロナでの死亡者」
トランプ大統領
「イースター(4月12日)には米経済が再開していることを望む」
豪ドル米ドルは0.5889へ反落した後にやや反発。
NYダウは堅調に推移。米10年債利回りは0.81%台へ低下。
NY時間後半にドル円は111.71へ上昇した後に反落。
ユーロドルは1.0746へ下落した後にやや反発。
豪ドル米ドルは0.5958へ反発。ポンドドルは小幅に揉み合う。
NY金先物6月限の終値は1663.3。
原油先物5月限の終値は24.01ドル。
NYダウは2112.98ドル高の20704.91で取引終える。史上最大上げ幅。
NASDAQは8.12%高の7417.86で取引を終える。
S&P500は9.38%高の2447.33で取引を終える。
米10年債利回りは0.853%。VIX指数は61.67へ上昇。
ドル円、111.25(始値)、111.71(高値)、110.09(安値)、111.22(終値)、
ユーロドル、1.0726(始値)、1.0888(高値)、1.0721(安値)、1.0788(終値)
ポンドドル、1.1540(始値)、1.1799(高値)、1.1500(安値)、1.1762(終値)
豪ドルドル、0.5839(始値)、0.5976(高値)、0.5811(安値)、0.5957(終値)


<3月25日(水)>

【オセアニア・東京時間】
ドル円は111.16へ下落した後に一時111.55へ反発して揉み合う。
ユーロドルは1.0768へ反落した後にやや反発。
NZ貿易収支(2月)は予想より強い5.94億NZドル。
市場反応は限定的。
豪ドル米ドルはやや反落して揉み合う。
トランプ大統領 (新型コロナに関するブリーフィングにて)
「最終的な目標はガイドラインを緩和し、再開すること。
 データを検証し、イースターまでに再開できれば素晴らしい。
 追加緩和策について、上院で近く採決と期待する」
ドル円は111.05へ下落。ユーロドルは一時1.0815へ上昇。
豪ドル米ドルは0.5990へ上昇。ポンドドルは1.1795へ上昇。
ダウ先物は一時200ドル超に上昇。原油先物は24ドル台で推移。
その後、ドルストレートはやや反落。
関係者
「トランプ米政権、輸入関税の90日間支払い繰り延べを検討」
ダウ先物はマイナス圏へ反落。
日経平均は354.45円高で寄り付き1000円超に上昇。
ドル円は一時111.28へ反発して揉み合う。
ユーロドルは1.0760へ下落。ポンドドルは1.1755へ反落。
豪ドル米ドルは0.5935へ反落。
報道
「NZ、7日間の国家非常事態を宣言」
ムニューシン米財務長官
「新型コロナウイルス法案で詳細詰める作業続けている」
報道
「日銀、国債売り現先オペを通知、総額2.4兆円」
報道
「カリフォルニア州、新型コロナ感染で10代が死亡。米国初」
ドル円は軟調に推移。ドルストレートはやや反発して揉み合う。
ダウ先物は一時200ドル超に下落。米10年債利回り0.85%台で推移。
WHOハリス報道官
「新型コロナウイルス感染、今後、米国が流行の中心になる可能性」
韓国
「新型コロナウイルス、新たに100人の感染を確認。計9137人」
中国人民銀行「人民元中心レート 1ドル=7.0742元」
中国上海株式市場は1.94%高で始まり一時2%超に上昇。
ダウ先物は一時プラス圏へ反発。原油先物は一時25ドル台へ上昇。
ドル円は110.75へ下落。
その後、ダウ先物は再びマイナス圏へ反落して200ドル超に下落。
米10年債利回り0.84%台へ低下。原油先物は再び24ドル台へ下落。
フランス農相
「仕事無くなった人は畑仕事手伝うよう呼びかけ」
トランプ大統領
「来週の月曜日か火曜日(30日、31日)に
 新型コロナウイルス感染拡大に対応する
 さらなる措置を明らかにする予定だ」
ドル円は一時111.04へ反発して揉み合う。
ポンドドルは1.1817へ上昇。ユーロドルは1.0824へ上昇。
トランプ大統領
「安倍首相と電話協議、東京五輪延期は賢明で素晴らしい判断」
その後、ドルストレートはやや反落。
FT紙
「中国人民銀行 銀行預金金利の引き下げ巡り協議へ」
米上院
「超党派の景気刺激策で合意」
ホワイトハウス
「新型コロナ景気対策で民主党と合意」
日経平均は堅調に推移。
東京時間終盤にドル円は111.49へ上昇した後にやや反落。
ポンドドルは1.1859へ上昇。豪ドル米ドルは堅調に推移。
ユーロドルは揉み合う。
米10年債利回り一時0.86%台へ上昇。ダウ先物はプラス圏へ反発。
日経平均は1454.28円高の19546.63で大引け。上げ幅は歴代5位。
【ロンドン時間】
ドル円は111.14へ反落した後にやや反発して揉み合う。
ポンドドルはやや反落して揉み合う。豪ドル米ドル0.6048へ上昇。
中国上海株式市場は2.17%高の2781.59で取引を終える。
ドル円はやや反落した後に反発。豪ドル米ドルはやや反落。
報道
ユーロドルは1.0840へ上昇した後にやや反落。
「英国、25日夜に議会を閉鎖する計画」
中国
「オリンピック開催延期は責任ある態度を示すものだ。
 医療関連のサプライ製品生産を加速させる」
独英の株式市場はプラス圏で始まり3%超に上昇。
ショルツ独財務相
「今回のような危機に対処できる事前の設計図はない」
ドル円は111.57へ上昇した後にやや反落して揉み合う。
ユーロドルは1.0846へ上昇。豪ドル米ドルは0.6074へ上昇。
ポンドドルは1.1946へ上昇。
NHK
「東京都、新たに40人以上の新型コロナ感染確認。
 都が1日に発表する感染者の数としては、これまでで最多」
ダウ先物は一時700ドル超に上昇。
独IFOエコノミスト
「ここ数日で悲観的な企業の割合がかなり上昇した。
 少なくとも2四半期の深刻なリセッションを想定。
 製造業の指数は2009年8月以来の最低水準記録。
 サービス業が最も急激な落ち込みとなった。
 食品と医療関連店舗など一部店舗が上向いた。
 2020年の独成長は5-20%落ち込む可能性、
 経済活動停止の期間に依存」
英消費者物価指数(2月)は予想とおりの前年同月比1.7%、
英消費者物価指数コア(2月)は予想より強い前年同月比1.7%、
英卸売物価指数コア(2月)は予想より弱い前年同月比0.4%、
英小売物価指数(2月)は予想とおりの前年同月比2.5%。
ポンドドルは1.1973へ上昇。ユーロドルは1.0849へ上昇。
豪ドル米ドルはやや反落。
日経 
「政府の現金給付、5月に所得減少世帯に現金20万-30万円を検討。   
 売り上げの急減が予想される飲食業や観光業は
 割引券や商品券を発行して支える。
 経済対策の事業規模は名目GDPの1割にあたる56兆円超目指す」
その後、ポンドドルやユーロドルはやや反落。
独の株式市場はマイナス圏へ反落。原油先物は23ドル台へ下落。
ダウ先物はマイナス圏へ反落。
報道
「外務省、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、
 世界全体の危険情報をレベル2に引き上げ、
 海外への不要不急の渡航をやめるよう求める方針。
 世界中を対象に不要不急の渡航をやめるよう求めるのは初」
英PA通信
「英チャールズ皇太子が新型コロナ陽性」
スペイン保健当局
「過去24時間の死者数が738人、これまでで最多」
米MBA住宅ローン申請指数は前回値より弱い−29.4%。
ドル円は111.07へ下落した後にやや反発。
ポンドドルは一時1.1854へ反落。
ユーロドルは1.0800へ反落した後にやや反発。
豪ドル米ドルは0.5992へ反落した後にやや反発。
小池都知事
「週末は急ぎでない外出は控えてほしい。
 今の状況は感染爆発重大局面」
【NY時間】
ダウ先物はプラス圏へ反発。
セントルイス連銀総裁
「第4四半期および来年の第1四半期は景気回復期間となろう。
 第3四半期は移行期間。支援計画は適切な規模」
シューマー民主党上院院内総務
「コロナ法案、本日中の法案成立を目指す」
米耐久財受注(2月)は予想より強い前月比1.2%、
米耐久財受注(除輸送用機器 2月)は予想より弱い前月比−0.6%。
ドル円はやや上昇。ポンドドルは下落。
英の株式市場は一時マイナス圏へ反落。
米住宅価格指数(1月)は予想より弱い前月比0.3%。
ドル円は一時111.47へ上昇。
NYダウはプラス圏で始まり一時700ドル超に上昇。
ドル円は111.68へ上昇。ポンドドルは軟調に推移。
ユーロドルや豪ドル米ドルはやや反落。
セントルイス連銀総裁
「新型コロナ感染を受けた外出禁止やビジネスの停止などを受けて
 最大4600万人の職が失われる可能性」
NYダウは一時マイナス圏へ反落。
米10年債利回りは一時0.78%台へ低下。
ドル円は揉み合いの後にやや反落。
ショルツ独財務相
「新規の貸し出しは企業の資金繰りをサポート。
 独政府は一時的に企業の株を購入へ。必要とあれば躊躇しない。
 危機終息時に的を絞った景気対策の可能性。
 銀行は政府のヘルプが必要とは思えない。金融危機には見えない。
 EUは加盟国救済のための予算を決定」
その後、NYダウ再びプラス圏へ反発。原油先物は24ドル台へ上昇。
ユーロドルは1.0785へ反落した後にやや反発。
ポンドドルは1.1639へ下落した後に反発。
豪ドル米ドルは0.5931へ反落した後にやや反発して揉み合う。
クオモNY市長
「NY州の感染者5146人増。30811人に」
ECB関係者筋
「ECB、必要に応じてOMT(国債買い入れプログラム)を
 発動させることに多くの支持」
マコネル上院院内総務(共和党)
「一体となって救済パッケージを通過させよう」
シューマー民主党上院院内総務
「コロナウイルス支援法案は1300億ドルのヘルスケアシステム、
 1500億ドルの州および地方機関、財務省による
 大規模な企業融資など含まれる」
独DAXは終盤に反発して1.79%高の9874.26で取引を終える。
英FTSE100は4.45%高の5688.20で取引を終える。
ユーロドルやポンドドル堅調に推移。豪ドル米ドル小幅に揉み合う。
マッカーシー共和党下院院内総務
「この合意を大統領へ届けよう」
報道
「伊の新型コロナでの死者数、昨日は683人、24日を下回る」
ドル円は111.09反落した後にやや反発して揉み合う。
NYダウは一時1300ドル超に上昇。
NY時間後半にポンドドルは1.1917へ上昇。
米10年債利回りは一時0.87%台へ上昇。
NY時間終盤にNYダウは上げ幅を縮小。
ユーロドルは1.0894へ上昇。
NY金先物6月限の終値は1634.30。
原油先物5月限の終値は24.49ドル。
NYダウは495.64ドル高の21200.55で取引を終える。
NASDAQは0.45%安の7384.30で取引を終える。
S&P500は1.15%高の2475.56で取引を終える。
米10年債利回りは0.872%。VIX指数は63.95へ上昇。
ドル円、111.23(始値)、111.68(高値)、110.75(安値)、111.21(終値)、
ユーロドル、1.0788(始値)、1.0894(高値)、1.0760(安値)、1.0883(終値)
ポンドドル、1.1762(始値)、1.1973(高値)、1.1639(安値)、1.1875(終値)
豪ドルドル、0.5957(始値)、0.6074(高値)、0.5931(安値)、0.5959(終値)


<3月26日(木)>

【オセアニア・東京時間】
ドル円は111.31へ反発した後にへ反落して軟調に推移。
ユーロドルはやや反落して揉み合う。ポンドドル一時1.1777へ反落。
豪ドル米ドルは0.5894へ下落。
ブルームバーグ
「サンダース上院議員は、一部の共和党議員が低賃金労働者の
 失業給付拡充に関する条項の変更を求めており、
 変更が行われるようであれば、法案を阻止する用意があると表明。
 去最大となる2兆ドル規模の景気刺激策法案は対立により
 上院採決が遅れる可能性がある」
ダウ先物はプラス圏で推移。米10年債利回りは0.82%台へ低下。
日企業向けサービス価格指数(2月)は予想より弱い前年同月比2.1%。
日経平均は311.86円安で寄り付き一時900円超に下落。
ドル円は一時110.46へ下落。豪ドル米ドルは軟調傾向で推移。
ユーロドルは1.0934へ上昇した後にやや反落。
ポンドドルはやや反発して揉み合う。
ダウ先物は200ドル超に上昇した後にマイナス圏へ反落。
米10年債利回りは0.80%台へ低下。原油先物は24ドル台で推移。
韓国
「新型コロナウイルス、新たに104人の感染を確認。計9241人」
中国人民銀行「人民元中心レート 1ドル=7.0692元」
中国上海株式市場は0.71%安で始まる。
豪ドル米ドル0.5871へ下落。ポンドドル一時やや反落して揉み合う。
政府専門家会議
「新型コロナウイルス「蔓延のおそれ高い」報告書を了承」
米10年債利回りは0.79%台へ低下。
その後、ドル円はやや反発。豪ドル米ドルはやや反発。
ユーロドルは1.0892台へ反落した後にやや反発して揉み合う。
中国上海株式市場は一時プラス圏へ反発。
報道
「東京都、神奈川・埼玉・千葉に都内移動自粛呼びかけを要請へ」
報道
「新型コロナウイルスの死者数、米国で1000人突破」
西村経済再生担当相
「緊急事態宣言の発令は現時点では考えていない」
米上院
「2兆ドルの新型コロナ景気対策法案を可決」
ドル円は110.85へ反発した後に反落。
ユーロドルはやや反落して揉み合う。ポンドドルは揉み合う。
豪ドル米ドルは0.5935へ反発した後に小幅に反落して揉み合う。
報道
「26日時点で全世界の感染者数は47万人。
 米国で6万9000人、スペイン抜」
日経平均は882.03円安の18664.60で大引け。
【ロンドン時間】
ドル円はやや軟調に推移。ドルストレートやや軟調傾向で揉み合う。
原油先物は23ドル台へ下落。
仏企業景況感指数(3月)は予想より弱い95。
中国上海株式市場は0.60%安の2764.91で取引を終える。
独GFK消費者信頼感調査(4月)は予想より弱い2.7。
英小売売上高(2月)は予想より弱い前月比−0.3%、
英小売売上高(除自動車 2月)は予想より弱い前月比−0.5%。
ユーロドルは上昇。ポンドドルは上昇。
ドル円は軟調に推移。豪ドル米ドルは堅調傾向で推移。
米10年債利回りは一時0.81%台へ上昇。
報道
「東京で新たに45人以上の感染確認、これまでで最多」
独英の株式市場はマイナス圏で始まり2%超に下落。
ポンドドルは一時1.1961へ上昇。豪ドル米ドルは堅調に推移。
ドル円は110.円台前半へ下落。ユーロドルは堅調に推移。
ダウ先物は300ドル超に下落。
その後、ポンドドルはやや反落して揉み合う。
内閣府月例経済報告
「景気判断「厳しい状況」に下方修正。
 6年9カ月ぶりに「回復」を削除。
 個人消費や設備投資、雇用情勢など7項目の判断を引き下げ。
 個人消費「弱い動き」37カ月ぶり下方修正。世界景気は急速減退」
ドル円は一時109.81へ下落。豪ドル米ドルは0.5978へ上昇。
ECB
「1発行体当たり買入れ額を発行残高の33%までのルール適用せず。
 買い入れ対象証券の残存期間の下限を1年から70日に引き下げ」
リトアニア中銀総裁
「OMTはECBの兵器庫に保存しており使用可能。
 ECBはPEPPを柔軟に運用する」
ECB
「新型コロナ対策の緊急債券購入、26日から開始した」
スペイン
「過去24時間の新型コロナ死者数は655人、前日よりは少ない。
 新型コロナ感染者数は累計5万6188人」
パウエルFRB議長
「財務省の後ろ盾で実質的に貸し出しに上限ない。
 今回は典型的な景気後退ではない
 大幅な失業、経済活動の落ち込み見込まれるが大幅反発の可能性。
 米国は恐らくリセッションに入る。経済再開はウイルスが決める。
 感染拡大が早期に管理下になれば、回復も早い。
 米経済、ファンダメンタルズ的には何も悪くない。
 米当局、手段が尽きるということはない。
 政治を考慮しないDNAがFRBにある。
 当局の行動による長期的なインフレリスクないとみる。
 新型コロナ次第で米経済は下期に回復へ」
ドル円は揉み合いの後に109.58へ下落。ユーロドル1.0978へ上昇。
ポンドドルは1.2002へ上昇。豪ドル米ドルは0.6024へ上昇。
米10年債利回りは0.79%台へ低下。
【NY時間】
英BOEは政策金利を0.10%に据え置く。
英BOE資産買取プログラム規模は6450億ポンド。
英BOE
「QEに変化なし、必要であれば拡大も。
 政策金利据え置きは9対0での決定。
 新型ウイルスの感染拡大が経済活動の極めて急激かつ顕著な
 落ち込みにつながる可能性。経済に長期的な打撃与える可能性。
 英国および世界の金融環境はかなり引き締まっている状況。
 財政支援による個人や企業への対応を念頭に置いている。
 インフレ率は春の間に1%下回る可能性も。
 インフレ率は急激なポンド安のあとにリバウンドする可能性」
英中銀調査担当
「多くの企業で深刻な資金繰り問題を報告。
 多くの企業で2008年上回る危機を懸念」
ポンドドルは一時やや反落。
ドル円はやや反発。ユーロドルは一時やや反落。
ダウ先物は400ドル超に下落。米10年債利回り一時0.77%台へ低下。
米第4四半期GDP確報は予想とおりの前期比年率2.1%、
米第4四半期GDP個人消費確報は予想より強い前期比1.8%、
米第4四半期コアPCE確報は予想より強い前期比1.3%、
米新規失業保険申請件数は予想より弱い328.3万件、
米失業保険継続受給者数は予想より弱い180.3万人。
ドル円は一時109.38へ下落。ユーロドルは一時1.0990へ上昇。
ポンドドルは一時1.2032へ上昇。豪ドル米ドル一時0.6057へ上昇。
ダウ先物はプラス圏へ反発。米10年債利回りは0.80%台へ上昇。
報道
「伊ロンバルディア州、感染拡大数が2500余に増加」
NYダウはプラス圏で始まり堅調に推移。
独英の株式市場はプラス圏へ反発。
その後、ドル円は一時110.08へ反発。
ドルストレートは揉み合いながらも堅調に推移。
報道
「米エネルギー省、先日発表していた戦略石油備蓄用の原油を
 買い上げるとの提示を取り下げることを公表」
原油先物は22ドル台へ下落。
ドル円は再び反落して軟調に推移。
報道
「米国 ベネズエラ・マドゥロ大統領を起訴」
IEAビロル事務局長
「世界的な石油需要の減少はフリーフォール。
 第2四半期に米シェールオイルの本格的な減産始まる。
 シェール産業には大きな苦しみ」
G20
「全ての国が積極的な対策を講じなけば数百万人が死ぬかもしれない。
 新型コロナ感染拡大に伴う経済・社会的打撃を最小限に抑え
 世界経済の回復のために出来ることはすべて行う。
 5兆ドル超を世界経済に投入する」
独DAXは1.28%高の10000.96で取引を終える。
英FTSE100は2.24%高の5815.73で取引を終える。
イタリア当局
「ここ5日間で最多の6153名が新規に感染。
 死亡者は662名増え8165名」
フランス当局
「3922名の新規感染者、計29155名に。新規死亡者は365名」
ドル円は109.21へ下落した後にやや反発。
ポンドドルは1.2229へ上昇した後にやや反落。
豪ドル米ドルは0.6088へ上昇した後にやや反落。
ユーロドルは1.1059へ上昇した後にやや反落。
パウエルFRB議長 (米金融安定監督評議会にて)
「景気後退の可能性がある。積極的な行動をとってきた。
 経済のセーフガードとしてすべての手段を駆使。
 主要なビジネスに向けた流動性の供給を計っている」
ムニューシン米財務長官
「市場を開き続けるためにあらゆることをする」
米10年債利回りは0.84%台へ上昇。原油先物は23ドル台へ上昇。
NY金先物6月限の終値は1660.30。
原油先物5月限の終値22.60ドル。時間外取引で23ドル台へ上昇。
NYダウは1351.62ドル高の22552.17で取引を終える。
NASDAQは5.60%高の7797.54で取引を終える。
S&P500は6.24%高の2630.07で取引を終える。
米10年債利回りは0.851%。VIX指数は61.00へ低下。
ドル円、111.20(始値)、111.31(高値)、109.21(安値)、109.59(終値)、
ユーロドル、1.0882(始値)、1.1059(高値)、1.0870(安値)、1.1031(終値)
ポンドドル、1.1875(始値)、1.2229(高値)、1.1777(安値)、1.2202(終値)
豪ドルドル、0.5959(始値)、0.6088(高値)、0.5871(安値)、0.6063(終値)


<3月27日(金)>

【オセアニア・東京時間】
ドル円は109.73へ反発した後にやや反落。
ポンドドルは1.2133へ反は楽。豪ドル米ドルは0.6035へ反落。
ユーロドルは小幅に揉み合う。
フィッチ
「米国の格付けをAAAに据え置く。見通しは安定的」
報道
「米国の新型コロナウイルス感染者は中国・伊を抜き世界最多に。
 前世界の新型コロナウイルス感染者は52万人」
スイス
「新型コロナ感染者1万人を突破、人口1千万人未満の国で初」
ダウ先物はプラス圏で推移。原油先物は23ドル台で推移。
米10年債利回りは0.83%台へ低下。
東京時間が近づく頃にドルストレートはやや反発。
東京都区部消費者物価指数(3月)は予想とおりの前年同月比0.4%。
ドル円は軟調に推移。豪ドル米ドルは0.6083へ反発。
日経平均は357.37円高で寄り付き一時700円超に上昇。
ドル円は109.08へ下落した後に一時やや反発。
ドルストレートはやや反落。
安倍首相
「仮に都市封鎖のような事態を招けば日本経済に甚大な影響及ぼす」
中国外務省国際経済局の局長
「計3440億ドル規模の経済対策を実施してるとG20首脳に説明。
新華社
「中国国家主席、経済対策における協調を改善するよう呼びかけ。
 WTOのリーダーシップを支持」
米10年債利回りは0.85%台へ上昇した後に0.81%台へ低下。
その後、日経平均は上げ幅をやや縮小。
ダウ先物はマイナス圏へ反落して300ドル超に下落。
ドル円は軟調に推移。ドルストレートやや反発。
中国人民銀行「人民元中心レート 1ドル=7.0427元」
中国上海株式市場は1.02%高で始まる。
報道
「中国1-2月の工業利益は38.3%減。過去最大の落ち込み」
トランプ大統領
「共和党大会を中止することは決してない」
その後、ドル円は108.26へ下落。ポンドドルは1.2306へ上昇。
ユーロドルは1.1087へ上昇。豪ドル米ドルは0.6126へ上昇。
S&P
「独自動車大手BMWとダイムラー格下げ、VW見通しネガティブ」
東京時間午後にダウ先物は一時400ドル超の下落。
米10年債利回りは一時0.79%台へ低下。
ドルストレートはややして揉み合う。
東京時間終盤にドル円は108.24へ下落して揉み合う。
新華社
「習主席、中国は新型コロナ制御巡り米国を支援する用意。
 米中関係は重要な局面にある。
 関係改善に向けた具体的な措置を米国に期待。
 米国が新型コロナ拡散を近く制御できると期待」
モリソン豪首相
「新型コロナ感染拡大に対する経済対策第3弾を数日中に発表」
日経平均は724.83円高の19389.43で大引け。
【ロンドン時間】
豪ドル米ドルは0.6126へ上昇した後にやや反落。
ドル円はやや反発。ユーロドルやポンドドルはやや反落。
ダウ先物は下げ幅をやや縮小。
中国上海株式市場は0.26%高の2772.20で取引を終える。
ドル円は一時109.00へ上昇。ドルストレートは下げ幅をやや拡大。
小池都知事
「27日、40人が新型コロナ感染したこと確認。3日連続40人超」
仏消費者信頼感指数(3月)は予想より強い103。
市場反応は限定的。
原油先物は22ドル台へ下落。
豪ドル米ドルは一時0.6048へ下落。
独英の株式市場はマイナス圏で始まり3%超に下落。
ドル円はやや反落した後に一時109.07へ上昇。
ポンドドルは1.2145へ下落の後にやや反発。豪ドル米ドル揉み合う。
米10年債利回り0.75%台へ低下。ダウ先物は一時500ドル超に下落。
その後、ドル円はやや反落して揉み合う。
ECB報道官
「銀行は配当について決定する際は慎重を期するべき。
 リスクに関しフォワードルッキングな視点を。
 資本調達が必要になる事態を避けるべき」
英BBC
「ジョンソン英首相は新型コロナウイルス検査で陽性」
ユーロドルは1.0991へ下落の後にやや反発して揉み合う。
ポンドドルは1.2285へ上昇した後にやや発落。
豪ドル米ドルやや反発して揉み合う。
スペイン
「新型コロナ死者数が769人増加、これまでで最多」
ダウ先物は600ドル超に下落。
【NY時間】
英BOE
「来週3日間の一日あたりの英国債購入額を45億ポンドに増額」
ポンドドルはやや反発。豪ドル米ドルはやや反落。
米10年債利回りは0.78%台へ上昇。
ダラス連銀総裁
「原油は劇的な供給過剰に見舞われている。
 原油生産は部分的に縮小を余儀なくされている」
ムニューシン米財務長官
「トランプ米大統領は労働者および企業を守るため何でも行う。
 最近の統計データは正常な経済状況を示していない」
米個人所得(2月)は予想より強い前月比0.6%、
米個人消費支出(2月)は予想とおりの前月比0.2%、
米PCEデフレータ(2月)は予想より強い前年同月比1.8%、
米PCEコアデフレータ(2月)は予想より強い前年同月比1.8%。
ドル買い反応。ドル円はやや反発。
米10年債利回りは0.73%台へ低下。原油先物は21ドル台へ下落。
英BBC
「ハンコック英保健相、新型コロナウイルス検査で陽性」
アトランタ連銀総裁
「米経済は力強く回復する見込みだが、予想は困難。
 第1四半期は横ばい、第2四半期はマイナス成長に。
 第3四半期およびそれ以降についての予想は困難。
 感染拡大をいかに食い止めるかどうかにかかっている。
 大恐慌に起きたことを繰り返さないよう望む」
加BOC
「政策金利を0.75%から0.255%に引き下げ。
 CP購入プログラムを開始する。
 週間で少なくとも50億カナダドルの国債を購入」
加ドル売り反応。ドルカナダは一時1.4154へ上昇。
NYダウはマイナス圏で始まり一時1000ドル超に下落。
ユーロドルは一時1.0953へ下落した後にやや反発。
豪ドル米ドルは0.6023へ下落した後にやや反発。
ポロズ加BOC総裁
「一段の追加措置の用意がある。
 本日の措置は長期的な成長の礎となるもの。
 マイナス金利も追加措置の用意に含まれる。
 銀行に与えるマイナス金利の影響は大きい。
 (今回の会合では) マイナス金利は検討せず。
 金融システムの機能が主要な目的。信用確保が機能すること望む。
 今回の0.25%よりも金利が下がると信じる事は鋭いとは言えない。
 多くのカナダ金融市場は依然として緊張。
 今日の行動は市場の緊張緩和が主なもの。
 4月15日に新たな経済見通しを発表。
 経済に今後与える影響について語ることは難しい。
 お金ではなく流動性を創造」
ウィルキンス加BOC副総裁
「主要な市場のビッドとオファーのスプレッドが拡大。
 信用の緩和もまた政策手段の1つ」
ミシガン大学消費者態度確報(3月)は予想より弱い89.1。
ドル円は軟調に推移。ドルストレートは堅調に推移。
グロルギエバIMF専務理事
「リセッションに入ったのは明確である。
 マイナス幅は非常に深いと見越している。
 発展途上国は2.5兆ドルの資金調達を必要としている。
 80の国家が救済を求め、それ以上が期待している。
 G20サミットでは感染の即時封じ込めが焦点に。
 危機対応に際しての支援制度の見直しに着手している」
クオモNY州知事
「新型コロナ新規感染者数は7377名で、計44,635名。
 人工呼吸器は3000の保有に対して、4万人が必要としている。
 月曜日に海軍の医療船が着く。新規死者数は134名で計519名」
イタリア当局
「新型コロナ、新規死亡者数969名と最多。新規感染者数5959名」
S&P
「ECBには非常に高い金融政策の柔軟性があり、
 信用と政策の効果をサポートしている」
独DAXは3.68%安の9632.52で取引を終える。
英FTSE100は5.24%安の5511.25で取引を終える。
NYダウは下げ幅を縮小。
ポロズ加BOC総裁
「中央銀行は幾分かの変化の余地。
 財政政策は現状のショックにおける正しい政策手段。
 技術的な問題で今回引き下げた0.25%が最も低い水準近辺。
 カナダ中銀は900億カナダドル規模でバランスシートが拡大。
 量的緩和は状況次第で調整」
カナダ財務相
「家族の内二人が新型コロナウイルスの陽性。
 何が起こってもカナダ政府は準備ができている。
 政府保証信用でエネルギー部門サポート、詳細は動き出してから」
ドルカナダは軟調に推移。
米下院
「2兆ドル規模の大型経済対策を可決」
NY時間後半にドル円は107.75へ下落。ポンドドル1.2486へ上昇。
豪ドル米ドルは0.6200へ上昇。
FRB
「4月2日、3日の財務省証券購入を1日当たり600億ドルに減額」
NYダウは再び下げ幅を拡大。米10年債利回りは0.67%台へ低下。
ユーロドルは1.1147へ上昇。
トランプ大統領
「国防生産法の下、米自動車大手GMに人工呼吸器の生産を命じる。
 2兆ドル規模の大規模経済対策にサイン。法案成立」
NY時間終盤にドル円は107.59へ下落。豪ドル米ドルはやや反落。
ホワイトハウス
「トランプ大統領とメルケル独首相、新型コロナウイルス調査を約束」
フィッチ
「英国の格付けをAAからAA−に引き下げ、見通しもネガティブ」
NY金先物6月限の終値は1654.10。
原油先物5月限の終値は21.51ドル。
NYダウは915.39ドル安の21636.78で取引を終える。
NASDAQは3.79%安の7502.38で取引を終える。
S&P500は3.37%安ので2541.47取引を終える。
米10年債利回りは0.676%。VIX指数は65.54へ上昇。
ドル円、109.56(始値)、109.73(高値)、107.59(安値)、107.63(終値)、
ユーロドル、1.1031(始値)、1.1147(高値)、1.0953(安値)、1.1142(終値)
ポンドドル、1.2202(始値)、1.2486(高値)、1.2133(安値)、1.2460(終値)
豪ドルドル、0.6063(始値)、0.6200(高値)、0.6023(安値)、0.6145(終値)



●今週(3月30日から4月3日)のドル・円・ユーロの注目点


<今週のドル円>

今週のドル円相場は、上昇した場合、まずは108.00の「00」ポイ
ントを巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は27日の
東京時間終盤の安値108.24、さらに上昇した場合は109.00の「00」
ポイントから27日ロンドン時間の戻り高値109.07、ここを上抜け
た場合は20日の安値109.33、さらに上昇した場合は23日の安値
109.67から27日の高値109.73、ここを上抜けた場合は110.00の
「00」ポイントを巡る攻防が注目されます。
一方、下落した場合、まずは107.00の「00」ポイントを巡る攻防が
注目されます。ここを下抜けた場合は18日の安値106.76、さらに
下落した場合は106.00の「00」ポイントから11日の高値105.92、
ここを下抜けた場合は16日の安値105.15、さらに下落した場合は
105.00の「00」ポイントを巡る攻防が注目されます。


今週のドル円相場にかかわる経済指標では、30日の米住宅販売保留
指数、31日の日失業率と日鉱工業生産速報と中国製造業PMIと
米ケースシラー住宅価格指数とシカゴ購買部協会景気指数と米消費
者信頼感指数、1日の日銀短観と中国財新製造業PMIと米ADP雇
用統計と米製造業PMI改定値と米ISM製造業景況感指数、2日の
米貿易収支と米新規失業保険申請件数と米失業保険継続受給者数と
米製造業新規受注、3日の中国財新サービス業PMIと米非農業部門
雇用者数変化と米失業率と米平均時給と米サービス業PMI改定値と
米総合PMI改定値と米ISM非製造業景況指数などが注目されます。


先週のドル円(概況)は、週初23日に110.82レベルで始まり揉み合
いながらも軟調傾向で推移してロンドン時間序盤に109.67へ下落す
る展開になりました。その後、反発してロンドンフィックス過ぎに
111.59へ上昇しましたが、その後、反落して24日の東京時間前半
にかけて110.09へ下落する展開になりました。その後、反発して
NY時間後半にかけて週高値となる111.71へ上昇しましたが、
その後、反落して25日の東京時間前半に110.75へ下落する展開
になりました。その後、揉み合いながらも反発してNY時間前半に
111.68へ上昇しましたが、その後、反落して軟調傾向で推移して
27日東京時間終盤にかけて108.24へ下落する展開になりました。
その後、反発してロンドン時間前半に109.07へ戻しましたが、
その後、再び反落してNY時間終盤にかけて週安値となる107.59
へ下落して107.63レベルで週の取引を終えました。


先週は、前週末にトランプ米大統領が「NY州に大規模災害宣言を
発令」して、セントルイス連銀総裁の「新型コロナウイルスを受け
米国の失業率は4-6月期に30%にまで悪化する可能性がある」との
発言がある中、110.82レベルで始まり、23日にセントルイス連銀
総裁の「4-6月期に米GDPは50%減になる可能性も」との発言も
背景に揉み合いながらも軟調傾向で推移してロンドン時間序盤に
109.67へ下落しましたが、NY時間にFRBが「臨時FOMCを開催
して景気支援で新たに広範な措置を発表。米国債とMBSで必要な
額だけ購入へ、終了期限を設けず」との発表がある中、ロンドン
フィックス過ぎに111.59へ上昇する展開になりました。その後、
IMFの「今年の世界経済は縮小を見込む。来年には回復を見込んで
いる。リセッション入りする国は世界金融危機以来となる見通し。
80カ国近くがIMFの支援を必要とするだろう」との発表や、24日
のWTO事務局長の「パンデミックは加速しており、ほぼ全ての国
に広がっている」との発言がある中、24日の東京時間前半にかけて
110.09へ下落しましたが、その後、安倍首相の「バッハICO会長と
電話会談、東京五輪中止ないと確認。遅くとも2021年の夏までに
東京五輪開催で合意」との発言がある中、堅調に推移してNY時間
後半にかけて週高値となる111.71へ上昇する展開になりました。
その後、25日の東京時間前半に110.75へ反落しましたが、米上院
の「超党派の景気刺激策で合意」との発表や、ホワイトハウスの
「新型コロナ景気対策で民主党と合意」との発言がある中、揉み
合いながらも反発してNY時間前半に111.68へ上昇する展開になり
ました。その後、セントルイス連銀総裁の「新型コロナ感染を受け
た外出禁止やビジネスの停止などを受けて、最大4600万人の職が
失われる可能性」との発言もあるなか反落して、「ドル需給の逼迫
状況の緩和を背景とするドルの売り戻し主導」で軟調に推移して、
27日東京時間終盤にかけて108.24へ下落する展開になりました。
その後、ロンドン時間前半に109.07へ戻しましたが、IMF専務
理事の「リセッションに入ったのは明確である。マイナス幅は非常
に深いと見越している。(後略)」との発言や、クオモNY州知事の
「新型コロナ新規感染者数は7377名で、計44,635名。人工呼吸器
は3000の保有に対して、4万人が必要としている」の発言もある中
軟調に推移して、米下院の「2兆ドル規模の大型経済対策を可決」
との発表はあるも、NY時間終盤にかけて週安値となる107.59へ
下落して107.63レベルで週の取引を終えました。


さて今週ですが、経済指標では、31日の中国製造業PMI、1日の
日銀短観と中国財新製造業PMIと米ADP雇用統計と米ISM製造業
景況感指数、2日の米新規失業保険申請件数と米失業保険継続受給
者数、3日の中国財新サービス業PMIと米非農業部門雇用者数変化
と米失業率と米平均時給と米ISM非製造業景況指数、などが特に
注目されますが、引き続き、米国の給与税の減税にかかわる米議会
の動向、株式市場の動向、米10年債利回りの動向、新型コロナウ
イルス(COVID-19)関連報道、そして、先週は「ドル需給の逼迫状況
の緩和を背景とするドルの売り戻し」が見られたことから、ドル
インデックスの動向にも留意してトレードしていきたいものです。


<今週のユーロドル>

今週のユーロドル相場は、上昇した場合、まずは1.1200の「00」
ポイントを巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は16日
高値1.1237、さらに上昇した場合は1.1300の「00」ポイント、
ここを上抜けた場合は12日の高値1.1333、さらに上昇した場合は
11日の高値1.1367を巡る攻防が注目されます。
一方、下落した場合、まずは1.1100の「00」ポイントを巡る攻防
が注目されます。ここを下抜けた場合は27日の東京時間の高値
1.1087、さらに下落した場合1.1000の「000」ポイント、ここを
下抜けた場合は27日安値1.0953、さらに下落した場合は1.0900
の「00」ポイントを巡る攻防が注目されます。


今週のユーロドル相場にかかわる経済指標では、30日の独消費者
物価指数速報、31日の独失業者数と独失業率と欧消費者物価指数
速報、1日の独小売売上高指数と仏・独・欧の製造業PMI改定値と
欧失業率、2日の欧卸売物価指数、3日の仏・独・欧のサービス業
PMI改定値と欧小売売上高、などが注目されますが、対ドル通貨
ペアとして、30日の米住宅販売保留指数、31日の中国製造業PMI
と米ケースシラー住宅価格指数とシカゴ購買部協会景気指数米消費
者信頼感指数、1日の中国財新製造業PMIと米ADP雇用統計と
米製造業PMI改定値と米ISM製造業景況感指数、2日の米貿易収支
と米新規失業保険申請件数と米失業保険継続受給者数と米製造業
新規受注、3日の中国財新サービス業PMIと米非農業部門雇用者数
変化と米失業率と米平均時給と米サービス業PMI改定値と米総合
PMI改定値と米ISM非製造業景況指数、などが注目されます。


先週のユーロドル(概況)は、週初23日に1.0708レベルで始まり
週安値となる1.0636へ下落した後に反発して、揉み合いながらも
堅調傾向で推移して24日ロンドン時間に1.0888へ上昇する展開に
なりました。その後、反落して、NY時間後半にかけて1.0746へ
下押しましたが、その後、反発して、揉み合いながらも堅調傾向で
推移して27日の東京時間正午過ぎに1.1087へ上昇する展開になり
ました。その後、反落してNY時間前半にかけて1.0953へ下押し
ましたが、その後、反発して堅調に推移してNY時間終盤にかけて
週高値となる1.1147へ上昇して1.1142レベルで週の取引を終えま
した。


先週は、1.0708レベルで始まり週安値となる1.0636へ下落した後
に反発して、バイトマン独連銀総裁の「新型コロナウイルスのパン
デミックを受けて、独のリセッションは避けられない」との発言や
独IFO研究所の「(前略) 新型コロナウイルスの独経済への影響は、
ここ数十年に独を見舞ったいかなる経済危機や天災を上回る規模に
なるだろう」との発表、また一方、スペイン中銀総裁の「新たな
欧州債務危機を防ぐためにESMによる超長期のコロナ債の発行を」
との発言や、独政府の「新型ウイルスで、総額7500億ユーロの
措置を承認」との発表、24日のアルトマイヤー独経済相の「独の
リセッションは、金融危機の時よりも深くなる可能性。月曜日に
発表した経済支援策はまだ初期の段階にすぎない」などの発言が
ある中、揉み合いながらも堅調傾向で推移して24日ロンドン時間
に1.0888へ上昇する展開になりました。その後、NY時間後半に
かけて1.0746へ下押しましたが、その後、新型コロナの感染拡大
の報道はあるも「ドル需給の逼迫状況の緩和を背景とするドルの
売り戻し主導」で揉み合いながらも堅調傾向で推移して、その後、
26日のリトアニア中銀総裁の「OMTはECBの兵器庫に保存して
おり使用可能。ECBはPEPPを柔軟に運用する」との発言や、
ECBの新型コロナ対策の緊急債券購入、26日から開始した」との
発表も背景に27日の東京時間正午過ぎに1.1087へ上昇する展開に
なりました。その後、S&Pの「独自動車大手BMWとダイムラー
格下げ、VW見通しネガティブ」との発表や、「スペイン、新型コロ
ナ死者数が769人増加、これまでで最多」との報道も背景に、NY
時間前半にかけて1.0953へ下押しましたが、S&Pの「ECBには
非常に高い金融政策の柔軟性があり、信用と政策の効果をサポート
している」との発表もある中、ドル売り主導でNY時間終盤にかけ
て週高値となる1.1147へ上昇して1.1142レベルで週の取引を終え
ました。


さて今週ですが、経済指標では、30日の独消費者物価指数速報、
31日の独失業者数と独失業率と欧消費者物価指数速報、1日の
欧失業率などが注目されますが、対ドル通貨ペアとして、31日の
中国製造業PMI、1日の中国財新製造業PMIと米ADP雇用統計と
米ISM製造業景況感指数、2日の米新規失業保険申請件数と米失業
保険継続受給者数、3日の中国財新サービス業PMIと米雇用統計、
などが特に注目されます。

仏中銀総裁が「新型コロナ危機対応でESM活用に支持表明」して
いますとともに、リトアニア中銀総裁が「OMTはECBの兵器庫
に保存しており使用可能」と発言していることから、ECBによる
更なる危機対応の動向が注目されます。また、先週は「ドル需給の
逼迫状況の緩和を背景とするドルの売り戻し」が見られたことから
ドルインデックスの動向にも留意してトレードしていきたいものです。

<米ドル指数先物>
https://jp.investing.com/currencies/us-dollar-index-advanced-chart





さて今回は、トレードと凡事のお話 その383 です。


前回からの続きのお話です。


投資苑で有名なアレキサンダー・エルダー博士が
トレードでは当たり前なことこそが大切として、
「投資苑3」の中でこう語っています。


「相場には秘密があります。
 秘密がないということが秘密なのです」


相場やトレードで秘密ではない「当たり前なこと」とは
いったいぜんたい何なのでしょうか…。


今回は「トレードと凡事」その第三百八十三話です。


それでは、はじまり、はじまり〜。^^



『おい、ジイさん。先週は東京オリンピック延期が決定されたが、
 マーケットの方ではFRBが「臨時FOMCを開催して、米国債と
 MBSで必要な額だけ購入へ、終了期限を設けず」と無制限緩和
 を発表して、ドル円は週前半まで揉み合うも、その後は「ドル
 需給逼迫の緩和を背景とするドル買いの逆回転による売り戻し」
 で軟調傾向で推移して107円台へと下落する展開になり…、
 一方、NYダウは週間2462.8ドル上昇する展開になったよな…』


「ふむ。そうであったのう…。溜口剛太郎殿。
 先週末時点で世界における新型コロナ感染者数は60万人になり
 死亡者も3万人超となっておるが、先週はドルの売り戻しと、
 NYダウなど株式市場が反発上昇する一週間とはなったのう…」


『新型コロナ感染者数では米国が中国やイタリアを抜き10万人超
 となり、そのうち60%以上がNY州なんだそうだけど…、英国の
 チャールズ皇太子やジョンソン首相も陽性で、今後もCOVID-19
 関連報道には留意が要りそうだよな…。ジイさん』


「ふむ…。新型コロナCOVID-19は世界的なパンデミックの最中で
 先週は、セントルイス連銀総裁が『新型コロナウイルスを受けて
 米国の失業率は4-6月期に30%にまで悪化する可能性がある』、
 『4-6月期に米GDPは50%減になる可能性も』と発言していて、
 実体経済への波及に警戒が必要であろうのう…。溜口剛太郎殿」


『そして今週は米雇用統計が発表されるが、どうなるんだろうな』


「ふむ…。先週、米新規失業保険申請件数が発表されてレイオフを
 背景に通常の10倍にもなる328.3万件にもなり話題となったが、
 今週末の米雇用統計では月次ながら3月半ば時点での数値となる
 ようで、先週の米新規失業保険申請件数ほどにはならない可能性
 はあるも、弱い結果とはなる事であろう…。サプライズになるか
 は判らぬが、ただ問題はその市場反応がどうなるかであろう…」


『おっと…、また前段の話があまり長くなり過ぎるといけねぇ…。
 さてところで…、ジイさん。今日はいったい何のお話だい?』


「ふむ。そうじゃのう…。今日は『基礎と実践のお話』でも、
 ひとつさせてもらうとしようかのう…。溜口剛太郎殿」


『うん。「基礎と実践のお話」とやらを聞いてやろうじゃないか』


「何事も基礎は重要であり…、例えば自動車の運転でも基礎を習得
 しなければ免許も付与されず、公道を走行する事は許されないが、
 実際の公道では自動車教習所練習コースのような道路状況はなく
 左側に停車してトラックがあったり、歩行者の乱横断があったり
 信号が青のゴーサインとなってもまだ横断歩道を渡り切れてない
 老人がいたりと、実際の公道の状況はより複雑なものでのう…」


『まぁな…。日曜日の早朝5時でさえ自動車教習所の練習コースの
 ような道路状況はどの町にもないんじゃないかな…。ジイさん。
 信号が青になったからといって他に何も確認せずに発信したなら、
 ときに事故を起こしてしまう場合だってあるだろうぜ…』


「トレードも同様で、例えばインジが買いサインを示したとしても
 現在値の直上に何度も上値を止めた強固なレジスタンスがあれば
 そのレジスタンスを巡る価格の動向を確認する必要があろうし…、
 また…、株高ではリスク選好の円売りとはなりやすいけれども、
 ただ単純にドル円を買えば勝てるというものでもなかろう…」


『あははっ。それは最近の相場が如実に物語っているよな…』


「では、『株高ではリスク選好の円売りとなりやすい』という事は
 間違いなのかと言うとそうではなく…、為替相場は相対値ゆえに
 株高でのリスク選好の円売りよりも、『それまでのドル需給逼迫が
 緩和された事を背景とする、それまでのドル買いの逆回転による
 ドルの売り戻し』、つまり円売りよりドル売りが勝った場合は…、
 相対値としてドル円は下落する場合があるワケなのじゃのう…」


『相対値としての為替の値動きは、まるでシーソーのようだよな。
 村一番の体重120kgの巨漢でも、町一番の巨漢の体重160kgが
 相手ならシーソーは体重160kg側に傾くだろうからな…』


「基礎は重要じゃが実践はより複雑で、基礎に加えて様々な要素を
 考慮しなくてはならないものなのじゃのう…。そしてさらに、
 よりスピーディーな判断が求められるものなのじゃ…」


『それって、どういう事だよ…。ジイさん』


「ふむ…。例えば先週のドル円では、週前半に上下動の振幅が徐々
 に値幅収束していき、週半ばから大きく下落して行ったが…、
 週前半当初ではアセンディング・トライアングルとも見えて、
 トレーダーの中にはさらなる上昇を見込んでいた向きがあるも、
 やがて、典型的な『ダイアゴナル・トライアングル』となって
 http://yukimasafx.com/2016/11/18/diagonal/
 これを早めに察知できたなら収益機会にできたというワケじゃ…。
 これを後付け講釈師のように出来上がってから気づいたとしても
 時すでに遅しとなる場合もあるのじゃのう…。溜口剛太郎殿」


『ダイアゴナル・トライアングルは勉強した人なら知ってはいるが、
 それを「実践に即して早めに察知する」事が大切というワケか…』


「自動車の運転が公道での実際の走行経験で養われていくように
 トレードにおいても知識を実践に生かすには、実際のトレードで
 研鑽し『知識を体得へと昇華させる必要』があるのじゃのう…」


『知識を知ってるで終わらせないために実践こそ大切という事か』




なーんちゃって。

またまたお話が長くなりました。 m(_ _)m


ではまた来週。


FX トレードと凡事のお話 その382


先週は米日欧中銀の緩和策の発表がありましたが、世界の株価は
12%下落し、ドル名目実効レートは34年ぶり高値をつけました。



■今週(3月23日から3月27日)の主な経済指標


<3月23日(月)>

夜9時半に加卸売売上高(1月)
深夜12時に欧消費者信頼感速報(3月)
などが予定されています。
欧の指標には注目です。


<3月24日(火)>

午後2時に日景気先行指数改定値(1月)、日景気一致指数改定値(1月)
午後5時15分に仏製造業PMI速報(3月)
午後5時15分に仏サービス業PMI速報(3月)
午後5時半に独製造業PMI速報(3月)、独サービス業PMI速報(3月)
午後6時に欧製造業PMI速報(3月)、欧サービス業PMI速報(3月)
午後6時半に英製造業PMI速報(3月)、英サービス業PMI速報(3月)
夜10時45分に米製造業PMI速報(3月)、
夜10時45分に米サービス業PMI速報(3月)、米総合PMI速報(3月)
夜11時に米新築住宅販売件数(2月)、
夜11時にリッチモンド連銀製造業指数(3月)
などが予定されています。
仏・独・欧・英・米の指標には注目です。


<3月25日(水)>

朝6時45分にNZ貿易収支(2月)
午後6時半に英消費者物価指数(2月)、英消費者物価指数コア(2月)
午後6時半に英卸売物価指数コア(2月)、英小売物価指数(2月)
午後8時に米MBA住宅ローン申請指数
夜9時半に米耐久財受注(2月)、米耐久財受注(除輸送用機器 2月)
夜10時に米住宅価格指数(1月)
などが予定されています。
NZ・英・米の指標には注目です。


<3月26日(木)>

朝8時50分に日企業向けサービス価格指数(2月)
午後4時に独GFK消費者信頼感調査(4月)
午後4時45分に仏企業景況感指数(3月)
午後6時半に英小売売上高(2月)、英小売売上高(除自動車 2月)
夜9時に英BOE政策金利、英MPC議事録要旨
夜9時に英BOE資産買取プログラム規模
夜9時半に米第4四半期GDP確報、米第4四半期GDP個人消費確報
夜9時半に米第4四半期コアPCE確報
夜9時半に米新規失業保険申請件数、米失業保険継続受給者数
などが予定されています。
英・米の指標には注目です。


<3月27日(金)>

朝8時半に東京都区部消費者物価指数(3月)
午後4時45分に仏消費者信頼感指数(3月)
夜9時半に米個人所得(2月)、米個人消費支出(2月)
夜9時半に米PCEデフレータ(2月)、米PCEコアデフレータ(2月)
夜11時にミシガン大学消費者態度確報(3月)
などが予定されています。
米の指標には注目です。



欧州などの国債入札予定時間につきましては
http://jp.investing.com/ から入って
http://jp.investing.com/economic-calendar/
が参考になります。



■先週(3月16日から3月20日)の主な出来事や要人発言


先週は、ドルインデックスが98.040で始まり、堅調傾向で推移して
2017年1月の高値を上抜け103.502で週の終値になりました。
米10年債利回りは週レベルの終値で0.885%へ上昇しました。
NY原油先物(WTI)4月限は週の終値で22.53ドルへ下落しました。
NYダウは週間4011.64ドル下落、19173.98ドルで取引を終える。
VIX指数は週レベルでは66.04へ上昇しました。



<3月16日(月)>

【オセアニア・東京時間】
報道
「週末にRBNZが0.25%への緊急利下げを実施」
報道
「米FRBが15日、臨時の米連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、
 政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を
 1.00-1.25%の範囲から0.00-0.25%の範囲に引き下げを決定」
FRB
「政策金利は新型コロナウイルスが風化するまで0.0-0.25%維持。
 それにより物価や雇用の目標に向かう
 今後も経済見通し、公共の健康、世界経済の成長について注視。
 雇用の最大化と物価の安定を支えるために取れること全てを行う。
 5000億ドルの米国債、2000億ドルのMBS債の購入を行う。
 投票は9対1。クリーブランド連銀総裁がより小さな利下げ主張」
トランプ大統領
「FRBの緊急利下げには非常に満足している」
ペンス米副大統領
「新型ウイルスに関する緊急法案の議会通過を要請する」
報道
「日銀は、FRB、ECB、英中銀、カナダ中銀、スイス中銀とともに、
 米ドル・スワップ取り決めを通じた流動性供給を
 拡充するための協調行動を行う」
ドル円は107.08レベルへ下げて始まり106円台へ下落。
ユーロドルは1.1072レベルに下げて始まり1.1199へ上昇。
ポンドドルは1.2266レベルで始まり1.2427へ上昇。
豪ドル米ドルは0.6143レベルに下げて始まり一時0.6306へ上昇。
オアRBNZ総裁
「さらなる刺激策としてQEが最も効果的な手段である可能性。
 現時点でマイナス金利の導入は予想していない。
 新型肺炎によるNZ経済への悪影響は著しく続くだろう」
ダウ先物は1000ドル超に下落。原油先物は30ドル台へ下落。
報道「サーキットブレーカーが発動」
その後、ドル円は一時105.77へ下落。
ユーロドルやポンドドルやや反落して揉み合う。
豪ドル米ドル一時0.6109へ下落して揉み合う。
パウエル議長
「今後の経済及び金融市場の動向を注視する。
 3月18日のFOMCはキャンセル。
 (質疑応答)
 経済の今後は意見が分かれるところ。
 テレワークなどの定着で経済活動の鈍化を予想。
 2020年第2四半期のGDPは弱くなる。それ以降の予想は難しい。
 新型コロナウイルスはどこかのタイミングで収束、
 それまでFRBは家計・企業に流動性を供給。
 今日の決定以外でもFRBは様々なツールをとる。
 フォワードガイダンスとQEがより望ましいと結論。
 米国ではマイナス金利の導入は考えない。
 米金融機関は健全、資本は高水準を維持、流動性は高水準を確保。
 新型コロナウイルスの直近の経済への悪影響は明確。
 国債市場、金利市場の正常化のために実施。
 国債市場の機能不全によるマイナスを除去するところから始める。
 家計に対しては財政出動など別の角度からのアプローチ必要。
 新型コロナウイルスでインフレ見通しは低下。
 現状で財務省証券とMBS以外の購入は法律違反」
 QEの購入で期間ごとのキャップはない。
 経済の正常化まで現状の0.00%-0.25%を維持
 財務省とは密接に連携、意見交換・協力をしている。
 財政出動は議会が今準備している。国債市場動向を注視している。
 マクロの経済データはまだ影響を反映していない。
 指標は今後大きく乱れる。判断の材料としてはいいものではない」
米10年債利回りは一時0.67%台へ低下。
ドル円は一時105.74へ下落して揉み合う。
トランプ大統領
「食料品などの買いだめをする必要はない」
日機械受注(1月)は予想より強い前月比2.9%。
米10年債利回りは0.70%台へ上昇。
日銀
「12時から金融政策決定会合を招集」
ドル円は一時106.85へ反発して揉み合う。
日経平均は155.03円高で寄り付き一時250円超に上昇。
英ライトムーブ住宅価格(3月)は前回値より強い1.0。
市場反応は限定的。
米10年債利回りは一時0.64%台へ低下。原油先物は31ドル台へ上昇。
日経平均はマイナス圏へ反落して一時200円超に下落。
ドル円は一時107.11へ反発。
日経平均は再びプラス圏へ反発。
WHO
「新型コロナウイルスの感染が確認された国と地域は147。
 感染者数は前日比1万978人増の計15万3517人。
 死者は前日比342人増の計5735人」
豪RBA
「債券購入の用意がある。追加の政策対応を19日に発表へ」
豪ドル米ドルは0.6096へ下落。ユーロドルは1.1085へ下落。
ポンドドルは1.2285へ下落。ドル円は反発。
中国人民銀行「人民元中心レート 1ドル=7.0018元」
中国上海株式市場は0.34%高で始まりマイナス圏へ反落。
韓国
「新規感染者2日連続で100人下回る、新たな死者の報告なし」
中国小売売上高(2月)は予想より弱い前年同月比−20.5%、
中国鉱工業生産(2月)は予想より弱い前年同月比−13.5%。
中国人民銀行
「中期貸出ファシリティーを通じて市場に1000億元を供給。
 1年物TMLF金利は3.15%に据え置き」
ドル円は一時107.57へ上昇。
RBNZホークスビー総裁補
「NZの金融機関はマイナス金利の準備ができていない」
新型コロナウイルス米対策調整官
「今後1週間で感染者数が急増する可能性」
NY市
「ナイトクラブ、映画館、コンサート会場を閉鎖へ。
 レストラン、バーをテイクアウトと配達に制限へ」
その後、ドル円はやや反落。ドルストレートはやや反発。
RBNZチーフエコノミスト
「必要であれば5月にも量的緩和を実施する準備ができる」
ロサンゼルス市長
「バー、スポーツジムなど閉鎖へ。レストランはテイクアウトのみ」
東京時間午後に日経平均は一時再びマイナス圏へ反落。
日銀
「当座預金のうち政策金利残高に対する0.1%のマイナス金利を維持。
 10年債利回りがゼロ%程度で推移するよう長期国債の買入れ行う。
 その際、保有残高の増加額年間約80兆円をめどとしつつ、
 弾力的な買入れを実施する。
 指数連動型上場投資信託受益権(ETF)の購入枠を
 現行の年間約6兆円から12兆円に拡大。
 CPの残高を2.2兆から3.2兆、
 社債の残高を3.2兆円から4.2兆円にそれぞれ引き上げ。
 J-REITを年間900億円から1800億円に引き上げ。
 政策金利の据え置きに原田委員、片岡委員が反対。
 景気はこのところ弱い動き。一層潤沢な資金供給の実施。
 円資金の一層潤沢な供給に務める
 米ドル資金については本日、カナダ、イングランド、ECB、
 FRBおよびスイス中銀と協調して貸付金利を0.25%引き下げる
 とともに1週間物に加えて3カ月物を週次で実施。
 企業金融支援のための措置として、
 新型コロナウイルスにかかわる企業金融支援特別オペの実施。
 民間企業債務を担保に最長1年の資金をゼロ金利で供給。9月まで。
 CP/社債の買い入れ増額」
日経平均は450円超に下落。中国上海株式市場は2.5%超に下落。
ドル円は106.33へ下落。ドルストレートは小幅に揉み合う。
安倍首相
「今後も日銀やG7と連携し機動的に経済財政政策講じる」
日経平均は429.01円安の17002.04で大引け。
【ロンドン時間】
ドル円は一時106.16へ下落。豪ドル米ドルは小幅に反落。
原油先物は30ドル台へ下落。
コンテ伊首相
「イタリアは新型コロナ感染のピークにまだ達してない」
安倍首相 
「世界が感染症克服したことにつながる五輪にしたい。
 安全安心な五輪開催したい。効果を勘案しながら検討、需要喚起策」
中国上海株式市場は3.40%安の2789.25で取引を終える。
黒田日銀総裁
「6中銀と協調して米ドル資金供給に万全期す。
 今回の会合で景気判断引き下げた。
 新型コロナ、すでに日本経済に影響みられている。
 新型コロナの影響の期間は不確実性高い、内外経済注視。
 新型コロナの影響は今後も当面続くと予想。
 感染拡大はいずれ収束、緩やかな拡大基調に景気復す。
 ETF購入増額、市場のリスクテイク弱くなっているため。
 ETF購入増額、リスクプレミアムへの働きかけ大きくなる。
 マイナス金利、限界ではなく深掘り可能。
 80兆円めどあり、まだまだ必要に応じ国債買える。
 政府はコロナ早期収束と財政措置で経済落ち込み防ぐ。
 コロナ拡大一時的でも、資金繰りや市場機能に問題生じる。
 金利深堀り、経済拡大にプラスなら金融機関にマイナスではない。
 日本、コロナ収束すれば需要は回復に向かう。
 次の一手、具体的に申し上げるのは難しい。
 新型コロナ、リーマンショックと全く違う経済・金融ショック。
 経済・物価のさらなる下押しなら、躊躇なく追加緩和」
菅官房長官
「日銀決定について、金融市場安定のための適切な対応。
 生活不安への対策で、緊急対応を早急に検討」
スイス生産者輸入価格(2月)は前回値より弱い前月比−0.9%。
市場反応は限定的。
米10年債利回りは0.80%台へ上昇。
ドル円はやや反発して揉み合う。ポンドドルは一時1.2280へ反落。
独英の株式市場はマイナス圏で始まり一時8%超に下落。
安倍首相
「消費税率の引き下げについても検討していきたい」
独ババリア州(バイエルン州)
「14日間の緊急事態宣言を発令。
 全てのスポーツ・イベントやレジャー施設を禁止。
 オーストリアとの国境を規制」
独外務省報道官
「不要不急なすべての海外渡航禁止を勧告」
独政府
「破産法適用期限を延長、条件を緩和へ」
ベイリー英BOE新総裁
「必要に応じて速やかに追加措置とると約束。
 新型コロナによる経済への長期的打撃を最小化することに注力」
ユーロドルは1.1237へ上昇した後に一時1.1143へ反落。
ポンドドルはやや反発した後に一時1.2259へ下落して揉み合う。
ドル円は105円台へ下落。豪ドル米ドルはやや反発して揉み合う。
米10年債利回り0.76%台へ低下。原油先物は29ドル台へ下落。
米公衆衛生局長官
「最悪期乗り越えるまで6から8週間必要な可能性」
英首相報道官
「ジョンソン英首相は保健当局および科学技術アドバイザーらと
 新型ウイルスについて協議。
 英首相は本日の緊急会議で、高齢者や社会的弱者の
 隔離措置について協議。
 英首相は英中銀総裁、英財務相らと最新の世界市場の状況、
 昨晩からの協調行動について協議。
 EUとは引き続き将来の関係について話し合う。
 感染のモデル化およびデータについてすぐに発表する」
ユーロドルやポンドドルはやや反発して揉み合う。
【NY時間】
豪大手金融機関のマッコーリー・グループ
「中国経済は今年の第1四半期に前年同期比で6%縮小する」
NY連銀製造業景気指数(3月)は予想より弱い−21.5。過去最大下落幅
ドル円は105.15へ下落。豪ドル米ドルは0.6104へ下落。
独の株式市場は一時10%超に下落。
その後、ドル円はやや反発。ユーロドルやポンドドルやや下落。
NYダウはマイナス圏で始まり2250ドル下落。
米株式市場はサーキットブレーカー発動。
豪ドル米ドル一時0.6079へ下落。ポンドドルは1.2216へ下落。
NYダウ一時2700ドル超に下落。原油先物は一時30ドル台へ上昇。
ドル円は106.47へ反発した後に105.59へ反落。
ユーロドルは1.1094へ下落した後にやや反発。
ポンドドルは1.2330へ反発した後に再び反落。
豪ドル米ドルは一時0.6166へ反発して揉み合う。
米10年債利回りは一時0.85%台へ上昇。
安倍首相 (G7テレビ会議の後)
「何よりも治療薬開発が重要。G7で協力を。
 経済対応でG7として力強いメッセージ出すべき。
 G7の保健、財務相間で定期的やりとりで一致。
 五輪を完全な形で実現することでG7の支持得た」
クドロー米NEC委員長
「FRB行動は非常に素晴らしい。米国は経済支援に4000億ドル保有。
 給与税の期間免除は非常に強力な武器。
 航空会社の支援は議論の重要なトピック。
 全国民に14日間の移動制限の噂は嘘」
フォンデアライエン欧州委員長
「30日間のEUへの不要不急の渡航禁止を提案」
独DAXは5.26%安の8746.25で取引を終える。
英FTSE100は4.01%安の5151.08で取引を終える。
原油先物は29ドル台へ下落。
ドル円はやや反発。ポンドドルは1.2202へ下落した後にやや反発。
豪ドル米ドルは小幅に反落。
G7首脳
「必要なら何でもの経済政策で一致。
 中央銀行間の協調継続が望ましい。
 金融・財政措置をウイルス対策に活用。
 新型ウイルスとの闘い、医療保健の研究で協調へ」
米10年債利回りは0.70%台へ低下。
ブルームバーグ
「米厚生省のコンピューターシステムがハッカー攻撃を受けていた」
トランプ大統領
「不要な旅行や外食は自粛を。
 米経済はウイルス影響でリセッションに向かう可能性も。
 7月、8月までウイルスとの闘い続く可能性も。
 現時点で全米の検疫までは考えていない。
 軍の展開までは必要ないことを希望。航空業界を100%支援」
ドル円は106.44へ反発した後に105.75へ反落。
NYダウは3000ドル超に下落。
対米証券投資(1月)は前回値より強い1229億ドル。
ドル円は一時やや反発して揉み合う。
NY金先物4月限の終値は1486.50。
原油先物4月限の終値は28.70ドル。
NYダウは2997.10ドル安の20188.52で取引を終える。最大下落幅
NASDAQは12.32%安の6904.59で取引を終える。
S&P500は11.98%安の2386.13で取引を終える。
米10年債利回りは0.725%。VIX指数は82.69へ上昇。
ドル円、107.08(始値)、107.57(高値)、105.15(安値)、105.84(終値)、
ユーロドル、1.1072(始値)、1.1237(高値)、1.1069(安値)、1.1184(終値)
ポンドドル、1.2266(始値)、1.2427(高値)、1.2202(安値)、1.2270(終値)
豪ドルドル、0.6143(始値)、0.6306(高値)、0.6079(安値)、0.6116(終値)


<3月17日(火)>

【オセアニア・東京時間】
報道
「日本は米国債保有を1月に4.9%増やし、
 2015年5月以降で最高水準の1.21兆ドルになった。
 日本は米国債全体の7.2%を保有し国別では第1位」
ユーロドルはやや反落。ポンドドルは一時やや反落して揉み合う。
豪ドル米ドルは一時0.6089へ下落して揉み合う。
ドル円は一時106.35へ反発した後にやや反落。
ダウ先物は200ドル超に上昇。原油先物は29ドル台へ上昇。
日経平均は275.09円安で寄り付き一時600円超に下落。
ドル円は揉み合う。ドルストレートは揉み合う。
米10年債利回りは一時0.76%台へ上昇。
ロイター
「中国政府、延期した全人代を4月下旬か5月上旬にも開催の計画」
麻生財務相
「下方リスクに備えあらゆる政策手段をとる。
 為替について特に申し上げることはない。
 市場動向、動きをしっかりみておく必要がある。
 市場動向に緊張感を持って、G7、G20合意に沿って適切に対応
 早ければ今夜にもG7財務相会談を実施する」
その後、日経平均は下げ幅を縮小。原油先物は30ドル台へ上昇。
ポンドドルはやや反落して揉み合う。
豪第4四半期住宅価格指数は予想より弱い前期比3.9%。
豪RBA金融政策会合議事録要旨
「経済支援のためさらなる緩和的な金融政策の用意がある。
 長期的な低金利が必要。
 新型肺炎が経済に著しい影響を与えていることでメンバーは合意。
 新型肺炎が短期的に抑えられる可能性は非常に低い。
 観光と教育だけで第1四半期GDPを0.5%押し下げる」
豪ドル米ドルはやや反発。
ドル円は107円台へ上昇。ユーロドルは揉み合う。
米10年債利回りは0.80%台へ上昇。
日経平均はプラス圏へ反発して一時500円超に上昇。
ダウ先物は800ドル超に上昇。上方サーキットブレーカー発動。
中国人民銀行「人民元中心レート 1ドル=7.0094元」
中国上海株式市場は0.25%高で始まりマイナ圏へ反落。
ドル円は一時107.19へ上昇。豪ドル米ドルは0.6149へ上昇。
その後、日経平均はマイナス圏へ反落。ダウ先物は上げ幅を縮小。
ドル円は106円台へ反落。
報道
「豪RBAは、公開市場操作で88億豪ドル規模の資金供給を実施」
ロバートソンNZ財務相
「新型コロナウイルス対策として121億NZドルの対策を実施。
 NZの対GDP比で4%に上る対応。
 リセッションは現時点ではほとんど確実。
 財政赤字はGDP比で25%を超えることになる。
 51億NZドルを給与対策に」
市場反応は限定的。
日経平均は一時150円超下落。中国上海株式市場は一時2%超下落。
ユーロドルは一時1.1189へ反発。
香港特別区行政長官
「4月20日にすべての学校の再開は不可能」
東京時間午後に日経平均はプラス圏へ反発。
中国上海株式市場はプラス圏へ小反発。
ドル円は106.17へ反落した後にやや反発して揉み合う。
日経平均は再びマイナス圏へ反落。
日鉱工業生産確報値(1月)は前回値より強い前月比1.0%、
日設備稼働率(1月)は前回値より強い前月比1.1%。
市場反応は限定的。
中国上海株式市場は再びマイナス圏へ反落。
東京時間終盤にドル円はやや反落。ドルストレートはやや反落。
日経平均は9.49円高の17011.53で大引け。
【ロンドン時間】
ドル円は106.23へ反落した後に反発。
豪ドル米ドルは0.6065へ下落。
ルメール仏経済相
「2020年のフランスGDP成長はマイナス1%となる見込み。
 2020年予算改定を発表する予定。
 当局は仏株式市場での空売りを今後24時間禁止」
中国上海株式市場は0.34%安の2779.64で取引を終える。
菅官房長官
「予定通りの東京五輪開催に向けて準備を着実に進めたい」
米10年債利回りは0.82%台へ上昇。
ユーロドルは軟調に推移。ポンドドルは1.2193へ下落。
豪ドル米ドルは一時小幅に反発。
独英の株式市場はプラス圏で始まり一時4%超に上昇。
ドル円は107.04へ上昇した後にやや反落。ポンドドル一時やや反発。
英独の株式市場はマイナス圏へ反落。
ダウ先物は上げ幅を縮小。原油先物は29ドル台へ下落。
ポンドドルは1.2175へ下落。
五輪組織委事務総長 
「IOC、政府、開催都市とも予定通り開催で一致」
日経
「政府・与党、4月緊急経済対策で固定資産税の中小向け減税拡大へ」
英失業保険申請件数(2月)は前回値より弱い1.73万件、
英失業率(2月)は前回値より弱い3.5%、
英ILO方式失業率(1月)は予想より弱い3.9%。
ポンドドルは1.2157へ下落。豪ドル米ドルは0.6035へ下落。
独英の株式市場は一時3%超下落。ダウ先物は一時マイナス圏へ反落。
英スカイ
「ロンドンの公共交通機関は運行本数を減少へ」
独ZEW景況感調査(期待指数 3月)は予想より弱い−49.5。
欧ZEW景況感調査(3月)は前回値より弱い−49.5。
ダウ先物はプラス圏へ反発。豪ドル米ドルは0.5993へ下落。
独ZEW
「経済には赤い警告灯がともっている。
 金融市場の専門家は第1四半期の実質GDP減少を見込んでいる。
 第2四半期は一段と落ち込む可能性が極めて高いと見込んでいる。
 現状・期待指数がともに強くマイナスとなるのは、
 2008年秋の金融危機以来」
ユーロドルは1.1000へ下落。ポンドドルは一時1.2085へ下落。
ドル円は107.15へ上昇した後にやや反落して揉み合う。
豪州政府
「すべての国民に海外旅行の必要を再考すること促す。
 海外渡航中の豪市民に直ちに帰国すること促す」
【NY時間】
サウジ
「石油輸出を過去最大の日量1千万バレルに増加」
原油先物は29ドル台前半で推移。
ユーロドルは1.0986へ下落。豪ドル米ドルは0.5982へ下落。
麻生財務相
「ムニューシン米財務長官と電話会談実施。
 緊急対応策の意見交換。市場に与える影響を注意深く注視。
 適切な手段を用いる用意があることを再確認。
 G7財務相会合の早期開催必要と発言。
 日米で連携できている意味は大きい。
 次の経済対策を考えなければならないと米側に発言」
米小売売上高(2月)は予想より弱い前月比−0.5%、
米小売売上高(除自動車 2月)は予想より弱い前月比−0.4%。
ドル円は一時やや反落。ユーロドルは1.0973へ下落。
加製造業出荷(1月)は予想より強い前月比−0.2%、
対カナダ証券投資額(1月)は前回値より強い170.1億加ドル。
市場反応は限定的。
ラーブ英外務相
「英国民に今後30日間、不要不急な海外旅行の中止を要請」
原油先物は一時28ドル台へ下落。
ポリティコ
「ムニューシン財務長官、8500億ドル以上の経済対策模索へ。
 対策の大部分は給与税引き下げとなる見通し」
米鉱工業生産(2月)は予想より強い前月比0.6%、
米設備稼働率(2月)は予想より弱い77.0%。
NYダウはプラス圏で始まり一時500ドル超に上昇。
ポンドドルは軟調に推移。ユーロドルや豪ドル米ドル一時やや反発。
NYダウは一時マイナス圏へ反落。一時2万ドル台を割り込む。
クリーブランド連銀総裁
「流動性ひっ迫が続けば更なる行動を支持。
 CP(コマーシャル・ペーパー)やTAFも選択肢の一つ。
 潤沢な流動性があることが重要。
 政策余地を残すためにゼロ金利への利下げは好ましくない」
観測報道
「FRBがCP買い入れを復活へ」
米NAHB住宅市場指数(3月)は予想より弱い72、
米企業在庫(1月)は予想とおりの前月比−0.1%。
ドル円は揉み合いの後に上昇。ユーロドルは1.0955へ下落。
ポンドドルや豪ドル米ドルは軟調傾向で推移。
独英の株式市場はプラス圏へ反発。
報道
「FRBがCP買い入れ復活を正式発表」
ドル円は堅調傾向で推移。豪ドル米ドルは0.5959へ下落。
トランプ大統領
「大型で大胆な包括的措置を財務長官が上院と検討中。
 旅行業界や産業のサプライヤーと面談へ」
ムニューシン米財務長官
「国民への支援金の2週間内の支給が可能。
 納税申告、最長90日の延長が可能に。
 トランプ大統領が最大3000億ドルの納税猶予を承認」
ロンドンフィックス過ぎポンドドルは1.2002へ下落の後にやや反発。
NYダウは一時800ドル超に上昇。米10年債利回り0.89%台へ上昇。
トランプ大統領
「国民1人当たり1000ドル以上の直接支援を検討している」
独DAXは2.25%高の8939.10で取引を終える。
英FTSE100は2.79%高の5294.90で取引を終える。
ドル円は一時やや反落。ユーロドルや豪ドル米ドルはやや反発。
トランプ大統領
「パンデミックは宣言のずっと前から感じ取っていた。
 中国はウイルスの感染源に関する誤った情報を出した。
 彼らの誤りゆえに中国ウイルスと呼ぶ。
 給与税減税を検討しているが、時間がかかる。
 ボーイングとGEの支援を真剣に検討」
ブルームバーグ
「FRB、銀行のレバレッジと会計規則の緩和を検討」
CNN
「ホワイトハウスとムニューシン米財務長官は
 1兆ドル規模の刺激策を検討」
報道
「米財務長官、総額5000億ドルの国民支援を議員らに提案」
報道
「米財務長官とホワイトハウスは最大1.2兆ドルの刺激策を協議」
ドル円は107.86へ上昇。ユーロドルは1.1020へ反発。
ポンドドルは1.2115へ反発。豪ドル米ドルは0.6008へ反発。
米10年債利回り一時1.02%台へ上昇。原油先物は27ドル台へ下落。
NYダウは一時1100ドル超に上昇。
その後、ドル円はやや反落。ドルストレート小幅に反落して揉み合う。
NY金先物4月限の終値は1525.80。
原油先物4月限の終値は26.95ドル。時間外取引で27ドル台回復。
NYダウは1048.86ドル高の21237.38で取引を終える。
NASDAQは6.23%高の7334.78で取引を終える。
S&P500は6.00%高の2529.19で取引を終える。
米10年債利回りは1.087%。VIX指数は75.91へ低下。
ドル円、105.92(始値)、107.86(高値)、105.83(安値)、107.69(終値)、
ユーロドル、1.1184(始値)、1.1189(高値)、1.0955(安値)、1.0998(終値)
ポンドドル、1.2271(始値)、1.2274(高値)、1.2002(安値)、1.2054(終値)
豪ドルドル、0.6116(始値)、0.6149(高値)、0.5959(安値)、0.5999(終値)


<3月18日(水)>

【オセアニア・東京時間】
豪ドル米ドルは一時0.6026へ反発。
アトランタ連銀総裁
「第2四半期の成長は厳しいがリセッションはまだ見込んでいない。
 追加のFRBの手段に質問には、すべてが選択肢にあると言及。
 できる限りの支援提供をFRBはコミット」
米10年債利回りは1.06%台へ低下。
NZ第4四半期経常収支は予想より強い−26.57億NZドル。
NZドルの反応は限定的。
モリソン豪首相
「すべての国民に海外旅行をやめるように通達。
 100名以上の室内の集会を停止。看護学生の就労を制限。
 人類の健康に関する緊急事態と表現。
 コロナウイルスは100年に一度の事態。短期の解決策はない」
豪ドル米ドルはやや反落。
FRB
「新型コロナウイルスに関連した流動性の逼迫に備えて
プライマリーディーラーに対する緊急貸出制度を発表する。
翌日物から90日までの期間での貸し出しが3月20日まで可能」
ムニューシン米財務長官
「行動なければ失業率は20%になる公算」
ダウ先物は500ドル超に下落。原油先物は一時26ドル台へ下落。
ドル円は107.22へ下落した後に小幅に反発。
ユーロドルは1.1023へ上昇。ポンドドルは1.2121へ反発。
日通関ベース貿易統計(季調前 2月)は予想より強い1兆1098億円。
日経平均は142.55円高で始まり一時300円超に上昇。
ドル円は一時107.57へ反発。ユーロドルはやや反落。
米10年債利回りは一時1.03%台へ低下。
報道
「G20首脳、来週テレビ会議を緊急開催へ」
報道
「イラク石油相、OPECプラス臨時会合の開催を要請」
AP通信
「ネバダ州知事がカジノとレストランの閉鎖を命じる」
NYタイムズ
「米政府はパンデミックが1年半以上続くと予測し、
 広範囲にわたる品不足や医療システム負担に対応。
 1950年代の朝鮮戦争時代に行使された特別な大統領権限を行使し
 国防生産法に基づいた人工呼吸器などの増産を命じる可能性ある」
日経平均は一時上げ幅を縮小。ダウ先物は一時600ドル超に下落。
中国人民銀行「人民元中心レート 1ドル=7.0328元」
中国上海株式市場は0.46%高で始まり1%超に上昇。
ドル円は一時107.10へ下落した後に下げ幅をやや縮小。
ユーロドル1.0985へ下落した後にやや反発。
ポンドドルは1.2130へ上昇。豪ドル米ドルはやや反発。
独経済相
「新型コロナウイルスに対する対応について、
 経済成長が減速する明確で強い兆候が今後数週間で現れるなら
 景気下支え実行する必要。独政府支出ルールは柔軟な運用が可能」
スイス政府当局
「現状のペースで感染者が増えた場合、
 今月末までに医療制度が崩壊する可能性がある」
ホワイトハウス
「連邦政府職員に直接の人との接触を制限」
カリフォルニア州オレンジ郡
「職場を含む複数の集合を禁止するなど完全封鎖へ」
黒田日銀総裁 (参議院金融委員会)
「米欧金融市場の変動大きい。
ETF増額、欧米に比べて株式市場の変動が抑制され一定の効果。
 グローバルに投資家のセンチメントが悪化して市場は不安定。
 ETF買い入れは当面従来の倍のペースで実施。
 保有ETFの含み損は現時点で2から3兆円」
報道
「バイデン前副大統領、アリゾナ・イリノイ・フロリダ全てで勝利」
東京時間午後にドル円は107.06へ下落。
米10年債利回りは1.00%台へ低下。原油先物は27ドル台で推移。
その後、ドル円は一時やや反発して揉み合う。
豪ドル米ドルは一時0.6028へ上昇。
東京時間終盤に日経平均はマイナス圏へ反落。
ダウ先物は800ドル超に下落。米10年債利回り一時0.98%台へ低下。
ドル円は一時106.94へ下落。ユーロドル1.1045へ上昇。
オーストリア中銀総裁
「ECBのコンセンサスとして財政出動が必要。
 金融政策は限界に達している。
 市場の期待に応えることはECBには不可能」
日経平均は284.98円安の16726.55で大引け。
【ロンドン時間】
ドル円は一時106.76へ下落。ドルストレートはやや反落。
原油先物は26ドル台へ下落。
地銀協会長
「国内外で利回り下がる中、新規の債券投資難しさ増す」
中国上海株式市場は1.83%安の2728.76で取引を終える。
米10年債利回りは1.12%台へ上昇。
ドル円は反発。ドルストレートは下落。
欧州自動車工業会
「2月欧州新車登録は7.4%減、1月に引き続き減少」
ルメール仏経済相
「必要であれば、企業を国有化する用意。
 言い換えれば、救済措置の用意があるということ」
デギンドスECB副総裁
「新型ウイルスは一時的に経済の影響を与える。
 新型ウイルスによる影響は、数週間もしくは数カ月間続くだろう。
 EUの各政府が協調した行動をとることが極めて重要。
 新型ウイルスは金融危機ではなく、健康に関する危機だ。
 ECBは必要であればあらゆる措置を行う用意」
独英の株式市場はマイナス圏で始まり4%超に下落。
オーストリア中銀総裁
「ECBの金融政策はまだ限界に達していない。
 政策手段は引き続き温存されている」
ドル円は107.61へ上昇。ユーロドルは1.0956へ下落。
豪ドル米ドルは0.5921へ下落。
その後、ドル円はやや反落。ユーロドルはやや反発。
ポンドドルは1.1986へ下落の後にやや反発。豪ドル米ドルやや反発。
米10年債利回り1.22%台へ上昇。原油先物は25ドル台へ下落。
欧消費者物価指数改定値(2月)は予想とおりの前年同月比1.2%、
欧消費者物価指数コア改定値(2月)は予想とおりの前年同月比1.2%、
欧貿易収支(季節調整前 1月)は前回値より弱い13億ユーロ。
市場反応は限定的。
英BOE
「84日物ドル資金オペで72億4500万ドルを市中銀行に供給」
伊保健当局
「新型コロナウイルスの感染者数3万人超え、死者は2503人に」
スタンパ紙 
「イタリア、4月3日までの外出禁止措置が延長される可能性」
独英の株式市場は5%超に下落。米10年債利回り1.11%台へ低下。
ドル円は一時107.09へ反落。ポンドドルや豪ドル米ドル再び反落。
米MBA住宅ローン申請指数は前回値より弱い−8.4%。
報道
「ECBはイタリア中銀を通じてイタリア市場に介入」
トランプ大統領
「米FDA(米食品医薬品局)から非常に重要なニュースがある」
ドル円はやや反発して揉み合う。ユーロドルはやや反落。
独財務相
「きょうは在宅勤務を行っている、強い風邪を引いている。
 予防措置として検査を受けた」
ラガルドECB総裁
「ユーロ圏GDPは5%収縮する可能性」
【NY時間】
ドル円は反発。ドルストレートは軟調に推移。
トランプ政権
「コロナウイルス進行するなかで別枠の458億ドル追加予算を要請」
米住宅着工件数(2月)は予想より強い159.9万件、
米建設許可件数(2月)は予想より弱い146.4万件。
発表直後の市場反応は限定的。
加消費者物価指数(2月)は予想とおりの前月比0.4%。
発表直後の市場反応は限定的。
米10年債利回り一時1.06%台へ低下。
ベイリー英BOE新総裁
「経済を支援するため必要なことをおこなう」
米10年債利回りは1.12%台へ上昇。原油先物は24ドル台へ下落。
NY市長
「軍隊の支援を必要としている。
 昨日までにNY市の感染者数は、前日の923人から1000人超に」
NYダウはマイナス圏で始まり一時1200ドル超に下落。
ドル円は108.09へ上昇。ポンドドルは1.1758へ下落。
豪ドル米ドルは0.5868へ下落。
トランプ大統領
「米国とカナダ国境を不要不急の場合を除いて閉鎖」
ドル円は堅調に推移。ドルストレートは軟調に推移。
EIA週間石油在庫統計では原油在庫が195.4万バレルの増加。
ロンドンフィックス過ぎにポンドドルは一時1.1449へ下落。
トランプ大統領
「国防生産法を発動すると表明。
 4月まで住宅・都市開発省の差し押さえや立ち退きを中止。
 FDAに規制緩和するよう要請。
 ムニューシン米財務長官の失業率20%の警告には賛同しない。
 中国ウイルスと呼ぶことは差別ではない。
 何百万ものマスクや換気装置が必要。
 中国は関税の停止を求めていない」
米株式市場はサーキットブレーカー発動。
独DAXは5.47%安の8450.25で取引を終える。
英FTSE100は4.05%安の5080.58で取引を終える。
ドル円は一時108.66へ上昇。ポンドドルはやや反発して揉み合う。
ユーロドルは1.0802へ下落した後にやや反発。
豪ドル米ドルは一時0.5702へ下落した後にやや反発。
NYダウは一時2300ドル超下落。原油先物は一時20ドル台へ下落。
米10年債利回りは一時1.26%台へ上昇。
ドル円は一時107円台へ反落して揉み合う。
フィラデルフィア連銀総裁
「ターム物オークション・ファシリティは検討中。
 ターム物オークション・ファシリティは迅速に導入可能。
 地方債購入の決定はないが、議論する価値がある。
 政府の国民に対する現金支給は理に適う。
 債券市場はなお変動が激しいが、流動性はより改善」
報道
「ECB理事が新型ウイルス感染対応で緊急電話会議」
ユーロドルは1.0919へ反発。
米上院
「新型コロナ対策法案を可決」
クドロー米NEC委員長
「米政府が企業の株式取得の可能性」
NY金先物4月限の終値は1477.90。
原油先物4月限の終値20.37ドル。時間外取引で22ドル台へ上昇。
NYダウは1338.46ドル安の19898.92で取引を終える。
NASDAQは4.70%安の6989.84で取引を終える。
S&P500は5.18%安の2398.10で取引を終える。
米10年債利回りは1.200%。VIX指数は76.45へ上昇。
ドル円、107.68(始値)、108.66(高値)、106.76(安値)、108.09(終値)、
ユーロドル、1.0997(始値)、1.1045(高値)、1.0802(安値)、1.0914(終値)
ポンドドル、1.2055(始値)、1.2130(高値)、1.1449(安値)、1.1612(終値)
豪ドルドル、0.5998(始値)、0.6028(高値)、0.5702(安値)、0.5773(終値)


<3月19日(木)>

【オセアニア・東京時間】
ドル円は一時107円台へ下落して後にやや反発。
ポンドドルは一時1.1489へ下落した後にやや反発。
米10年債利回りは1.18%台へ低下。
NZ第4四半期GDPは予想とおりの前期比0.5%。
市場反応は限定的。
報道
「全米50州で新型ウイルスの感染を確認」
ダウ先物はマイナス圏で推移。原油先物は23ドル台へ上昇。
ECB
「民間セクター債権を対象に7500億ユーロの
 緊急買い入れプログラムを発表。QE上限の見直しを検討する」
ラガルドECB総裁
「我々のもつ手段のすべてのポテンシャルを使う。
 非常時には非常時の対応が求められる」
ダウ先物はプラス圏へ反発して一時500ドル超に上昇。
ユーロドルは一時1.0981へ上昇。ポンドドルは一時1.1663へ上昇。
豪ドル米ドルは0.5816へ反発。
日全国消費者物価指数(2月)は予想より強い前年同月比0.6%。
東京時間が近づく頃にドル円は108.40へ上昇。
原油先物は24ドル台へ上昇。
ミネアポリス連銀総裁
「新型肺炎は大恐慌並み、もしくはそれ以上の可能性」
日銀金融政策決定会合議事録要旨
「大方の委員は、物価安定の目標に向けたモメンタムが
 損なわれる惧れに注意が必要な状況は続いており、
 金融政策は緩和方向を意識して運営していくこと適切の見方共有。
 ある委員は次なる景気後退への備えを考えておくべきであり、
 政府の財政政策および成長政策との連携強化が一層重要と述べた」
日経平均は269.22円高で寄り付き一時400円超に上昇。
ドル円は堅調に推移。ドルストレートは軟調に推移。
米10年債利回りは1.15%台へ低下。
報道
「NYの刑務所で新型コロナウイルス感染を確認」
トランプ大統領
「新型コロナウイルス対策法案に署名」
豪新規雇用者数(2月)は予想より強い2.67万人、
豪失業率(2月)は予想より強い5.1%。
市場反応は限定的。豪ドル米ドルは軟調に推移。
日経平均は一時マイナス圏反落。ダウ先物は一時マイナス圏反落。
韓国
「新型コロナウイルス、新たに152人の感染を確認。計8565人」
中国武漢
「新型コロナウイルスで新たな感染者の報告なし」
中国人民銀行「人民元中心レート 1ドル=7.0522元」
中国上海株式市場は0.34%安で始まり一時プラス圏へ反発。
ユーロドルは1.0886へ反落した後にやや反発して揉み合う。
豪ドル米ドルは0.5508へ下落。
報道
「フロリダ州選出下院議員がコロナウイルス陽性、米連邦議員で初」
日経平均はマイナス圏へ反落して100円超に下落。
ドル円は一時109.50へ上昇。
ダウ先物は一時900ドル超に下落。原油先物は一時21ドル台へ下落。
中国上海株式市場は一時2%超に下落。
ユーロドルは1.0878へ下落した後にやや反発。
ポンドドルは1.1474下落。
東京時間午後に日経平均は300円超に下落。
豪RBAは政策金利を0.50%から0.25%に引き下げる。
RBA声明
「金融市場の流動性を保証し続ける。
 雇用や物価の改善がなければ利上げしない。
 3年債のターゲットを0.25%へ
 金融システムのために期間物ファシリティ」
豪ドル米ドルは一時やや反発して揉み合う。
米10年債利回りは一時1.27%台へ上昇。
日銀
「午後に3000億円の5-10年国債買入。午前に同期間で4000億買入」
FRB
「マネーマーケットミューチュアルファンド(MMMF)を支援する
 緊急ファンドを開始する。FRBの緊急権限に基づき、
 MMMF流動性ファシリティにより100億ドルの信用保護を提供」
ドル円は一時109.56へ上昇。
日全産業活動指数(1月)は予想より強い前月比0.8%。
ドル円はやや反落。ドルストレートは小幅に反発。
モリソン豪首相
「豪政府はコロナウイルス対策を進めている。近日経済対策を発表。
 金曜日より豪国籍を持たないすべての人の入国を禁止」
ロウRBA総裁
「政策金利は現状の水準で数年維持。明確な雇用減少が見込まれる。
 見通しの改善が保証できない。回復に向けてすべての役割を果たす。
 政府からの直接の国債買い入れはしない。
 現状から金利水準が下がるには少し時間が必要。
 為替介入はまだ実施していない。必要であれば準備はある」
NZ首相
「今晩午前0時から非NZ国民の入国を禁止する。
 我々はこのことがNZ経済にインパクトがあることを理解している。
 歴史上なかったこと。対象は人だけで、物流などは継続
ドル円は108円台へ下落。豪ドル米ドルは反発。
原油先物は一時23ドル台へ上昇。
日経平均は173.72円安の16552.83で大引け。
【ロンドン時間】
ドル円は108.46へ下落、豪ドル米ドルは0.5795へ上昇。
ユーロドルは1.0947へ反発。ポンドドルは1.1610へ反発。
ショルツ独財務相
「ウイルス検査は陰性だった」
中国上海株式市場は0.98%安の2702.13で取引を終える。
ドル円は109.24へ反発。ドルストレートは反落。
原油先物は一時22ドル台で推移。ダウ先物は400ドル超安で推移。
安倍首相
「コロナに打ち勝ち、東京五輪を完全な形で実施したい。
 強大な経済政策打ってV字回復目指したい。
その後、ポンドドル1.1475へ下落。
米10年債利回り一時1.13%台へ低下。原油先物は23ドル台へ上昇。
独英の株式市場は前日終値を挟んで揉み合う。
ドル円は一時やや反落して揉み合う。
ユーロドルは1.0814へ下落した後に一時やや反発。
ポンドドルや豪ドル米ドルはやや反発して揉み合う。
ルメール仏経済相
「ECBの緊急債券購入計画の発表は遅かったが、大変歓迎している。
 ECBの行動は債券スプレッドの縮小の助けとなろう}
スイスSNBは政策金利を−0.75%に据え置く。
SNB声明
「為替市場介入を強化する。
 今年のスイス経済成長はマイナスとなる見込み。
 経済見通しには高い不透明感がある。
 カウンターシクリカル資本バッファーの引き下げを検討」
市場反応は限定的。ドルスイスは揉み合う。
ダウ先物は一時プラス圏へ反発。
独IFO企業景況感指数(3月)は前回値より弱い87.7。
独IFO
「独経済はリセションに陥ってきている。独企業の士気が低下してる。
 3月期待指数は82.0、前回2月93.2(93.4から下方修正)
 3月現況時数は93.8、前回2月99.0(98.9から上方修正)」
独IFO所長
「好ましいシナリオでは今年の独経済は1.5%収縮する可能性。
 主要な生産が新型ウイルス感染拡大で打撃を受ける。
 最悪のケースでは今年の独経済は6%収縮する可能性ある」
ユーロドルは揉み合いの後に軟調に推移。
独英の株式市場はマイナス圏で推移。ダウ先物はマイナス圏で推移。
スイスSNB総裁
「銀行の余資能力は年間6000万フランを確保。
 現在の状況は金融政策だけでは打開できない。
 スイスの企業の信用力を維持させる。
 金融セクターに必要な流動性を供給するためあらゆる手段講じる。
 あまり好ましくないが、必要であれば一段の追加利下げが可能。
 政府と協議中、一段の支援策の詳細について明かすこと時期尚早」
ドルスイスは揉み合いながらも堅調傾向で推移。
欧建設支出(1月)は前回値より強い前月比3.6%。
バルニエEU首席交渉官
「新型ウイルス検査で陽性だった」
イラン保健当局
「新型コロナの感染者数は18407人、死者は1284人に」
ロイター通信
「中国は財政赤字拡大へ、今年の経済成長率5%に低下も」
原油先物は22ドル台へ下落。
英首相報道官
「ロンドン市内への出入り移動を制限しない」
【NY時間】
ドル円は一時110.00へ上昇。ユーロドルは1.0726へ下落。
米ホワイトハウス
「50年および25年債の発行を検討、刺激策で1.3兆ドル調達」
米第4四半期経常収支は予想より弱い−1098億ドル。
フィラデルフィア連銀製造業景気指数(3月)は予想より弱い−12.7、
米新規失業保険申請件数は予想より弱い28.1万件、
米失業保険継続受給者数は予想より強い170.1万人。
FRB
「ドル・スワップライン、新たに9中銀と締結」
ドル円はやや反落。ポンドドルは一時1.1680へ上昇。
ユーロドルは1.0840へ反発。豪ドル米ドルは一時0.5847へ上昇。
米10年債利回りは一時1.10%台へ低下。
独英の株式市場は一時2%超に下落。
NYダウはマイナス圏で始まり一時700ドル超に下落。
ドル円は揉み合う。ドルストレートは揉み合う。
ムニューシン米財務長官
「200億ドルの資金を投じ、戦略石油備蓄(SPR)を
 10年間満タンにするよう推奨」
米景気先行指標総合指数(2月)は予想とおりの前月比0.1%。
ドル円は110.18へ上昇した後に109.62へ反落。
豪ドル米ドルは0.5876へ上昇。
NYダウはプラス圏へ反発。原油先物は23ドル台へ上昇。
英BOE
「緊急利下げ発表。政策金利を0.15%引き下げ0.10%とする
 量的緩和(QE)として新たに国債と社債を買入る。大部分は国債。
 新規買い入れプログラムの規模を6450億ポンドとする」
ポンドドルは1.1794へ上昇した後に反落。ユーロドルは下落。
豪ドル米ドルは0.5964へ上昇した後に上げ幅を縮小。
ドル円は110円台へ反発。
英独の株式市場はプラス圏へ反発。
NYダウ一時500ドル超に上昇。原油先物は24ドル台へ上昇。
報道
「英国の新型ウイルス感染者数3229に増加。死亡者数144名に増加。
 英政府がロンドンのレストランとバー、パブ、映画館を閉鎖、
 公共交通機関利用を必須の通勤者のみに制限する緊急措置を策定」
報道
「米国務省、ウイルス感染への警戒で
 海外への渡航控えるよう国民に注意する意向」
トランプ大統領
「ウイルス感染治療で、抗マラリア薬クロロキン使用をFDAが承認。
 政府による民間企業の株式取得を支持。
 雇用をたくさん生み出す企業を無くしたくはない。
 G7でオリンピック延期を協議した。安倍首相はまだ決めていない」
報道
「FDA、トランプ大統領の『クロロキン使用FDA承認』発言を否定」
ベイリー英BOE新総裁
「市場の状況は無秩序。今は行動する時。指標を待ってはいられない。
 行動は金融ファイナンスではない。
 私はタンクに何も残っていないとは言わない。
 マイナス金利には否定的。ただ、何も排除はしない。
 ロンドン閉鎖の噂が市場に影響している」
イタリア政府
「新型コロナウイルスによる死者が3405人となり中国を上回った」
独DAXは2.00%高の8610.43で取引を終える。
英FTSE100は1.40%高の5151.61で取引を終える。
NYダウは上げ幅をやや縮小。米10年債利回り一時1.00%台へ低下。
ボストン連銀総裁
「市場は来週か再来週に安定すると思う。
 社債の購入を含むすべてが選択肢としてあるべき。
 失業率は大幅に上昇すると予測。
 来週か再来週のうちに多くのレイオフが見られると予測」
ドル円は堅調に推移。ユーロドルは1.0655へ下落して揉み合う。
ポンドドルは1.15台へ下落。豪ドル米ドルは反落。
NY時間後半にポンドドルは1.1494へ下落して揉み合う。
原油先物は一時26ドル台へ上昇。
NY時間終盤にドル円は110.95へ上昇した後にやや反落。
豪ドル米ドルは0.5737へ下落。
NY金先物4月限の終値は1479.30。
原油先物4月限の終値は25.22ドル。
NYダウは188.27ドル高の20087.19で取引を終える。
NASDAQは2.30%高の7150.58で取引を終える。
S&P500は0.47%高の2409.39で取引を終える。
米10年債利回りは1.149%。VIX指数は72.00へ低下。
ドル円、108.10(始値)、110.95(高値)、107.89(安値)、110.71(終値)、
ユーロドル、1.0914(始値)、1.0981(高値)、1.0655(安値)、1.0692(終値)
ポンドドル、1.1592(始値)、1.1794(高値)、1.1474(安値)、1.1487(終値)
豪ドルドル、0.5773(始値)、0.5964(高値)、0.5508(安値)、0.5743(終値)


<3月20日(金)>

【オセアニア・東京時間】
報道
「英のEU離脱交渉担当するフロスト氏が新型ウイルス感染で隔離」
FRB
「金融機関による家計や企業への与信を支援するため、
 貸出窓口の継続的な利用を歓迎している」
ポンドドルは1.1412へ下落。豪ドル米ドルは0.5665へ下落。
ダウ先物は一時300ドル超に下落。米10年債利回り1.15%台で推移。
原油先物は26ドル台へ上昇。
東京時間が近づく頃にドル円は111.36へ上昇。
ポンドドルや豪ドル米ドルはやや反発。
日本は春分の日で休場。
豪RBA
「QE第1弾として50億豪ドルの国債購入を提示」
ドル円は110円台へ反落。豪ドル米ドルやポンドドルは反発。
ユーロドルは1.0653へ下落した後に1.07台へ反発。
中国人民銀行「人民元中心レート 1ドル=7.1052元」
中国上海株式市場は0.92%高で始まる。
ダウ先物は下げ幅を縮小。
ホークスビーRBNZ総裁補佐
「次の刺激策は量的緩和(QE)であることは明白。
 必要ならばさらなる政策の準備と意思がある」
ドル円は109円台へ下落。豪ドル米ドル0.5911へ上昇して揉み合う。
ユーロドルやポンドドルは揉み合いながらも堅調傾向で推移。
東京時間終盤にドル円は109.78へ下落。ユーロドル1.0769へ上昇。
【ロンドン時間】
馬駿中国人民銀行中央銀行金融政策委員
「預金準備率の引き下げ余地は比較的大きい。
 ターゲットを絞った預金準備率の調整可能。
 必要に応じた公開市場操作の拡充が可能」
ドル円は軟調に推移。ドルストレートは堅調に推移。
米10年債利回り1.12%台へ低下。原油先物は27ドル台へ上昇。
ダウ先物はプラス圏へ反発。
中国上海株式市場は1.61%高の2745.62で取引を終える。
独生産者物価指数(2月)は予想より弱い前月比−0.4%。
ユーロドルは小幅に反落した後に1.0831へ上昇。
ドル円は109.33へ下落。豪ドル米ドルは0.5986へ上昇。
独英の株式市場はプラス圏で始まり一時5%超に上昇。
ダウ先物は一時900ドル超に上昇。
米10年債利回り1.01%台へ低下。原油先物は一時28ドル台へ上昇。
ドル円はやや反発。ユーロドルや豪ドル米ドルはやや反落。
ポンドドルは1.1878へ上昇。
欧経常収支(季調前 1月)は前回値より弱い87億ユーロ。
スペイン中銀総裁
「ECBの資産購入プログラムは非常に柔軟。
 ECBは、新型コロナウイルスによる影響をめぐる対応で
 やらなければならないことは何でもする」
ドル円は110.28へ反発。ポンドドルは反落。
米10年債利回り0.98%台へ低下。原油先物は26ドル台へ下落。
ダウ先物は上げ幅をやや縮小。
IMF
「2020年のイタリアのGDP成長率を−0.6%と予想」
その後、ドル円はやや反落して揉み合う。
ポンドドルは一時1.1714へ下落。ユーロドルは一時1.0697へ下落。
【NY時間】
ユーロドルやポンドドルは一時やや反発。
加小売売上高(1月)は予想より強い前月比0.4%、
加小売売上高(除自動車 1月)は予想より弱い前月比−0.1%。
限定的ながら加ドル売り反応。
原油先物は25ドル台へ下落。
ドル円は反発。ユーロドルは一時1.0678へ下落。
NYダウはプラス圏で始まり一時300ドル超に上昇。
原油先物は24ドル台へ下落。
その後、NYダウはマイナス圏へ反落して一時200ドル超に下落。
その後、NYダウは一時再びプラス圏へ反発。
ドル円は111.00へ上昇。豪ドル米ドル0.5825へ下落。
米中古住宅販売件数(2月)は予想より強い577万件。
FRB
「主要国中銀と結んだドル・スワップ協定の実施に関して、
 週次から日次に移行する。3月23日から実施し、
 少なくとも4月末まで行う。短期金融市場でのオペの対象を
 一部の地方債にも拡大する」
ドル円は一時やや反落。ポンドドルは一時1.1935へ上昇。
ユーロドルや豪ドル米ドルは一時やや反発。
NY州
「州内の新型ウイルス感染者が2950人増加し、7102人になった」
報道
「NY州のクオモ知事は労働者は全員、家に留まるよう命じた」
ドル円は再び上昇。ポンドドルは反落。
ユーロドルや豪ドル米ドルは再び反落して軟調に推移。
NYダウはマイナス圏へ反落。
トランプ大統領
「連邦学生ローンの支払いを60日間猶予。
 メキシコから不要不急の入国を停止。
 全米での外出禁止は不必要と思う。
 ウイルス対策を自社株買いに使うは望まず。国防生産法を使用へ」
ムニューシン米財務長官
「共和党の対策法案は規模が小さい。もっと広く現金給付を。
 個人の納税申告期限を7月15日に延長」
WSJ
「原油相場が急落する中、米石油業界の規制当局者とOPECが
 対話の場を持つ見通し。主要生産者間での停戦を促し、
 サウジアラビアとロシアによる価格競争解決に向かう可能性ある」
原油先物は23ドル台へ下落した後に一時反発。
独DAXは3.70%高の8928.95で取引を終える。
英FTSE100は0.76%高の5190.78で取引を終える。
ドル円は111.51へ上昇した後にやや反落して揉み合う。
ドルストレートは軟調に推移。
スナック英財務相
「賃金の80%、月2500ポンドを上限に補助金。
 企業融資スキームは1年間無利子。社会福祉で家賃も支援」
ポンドドルは軟調に推移。
EU高官
「今年の景気後退は従来予想よりも遥かに悪い可能性がある。
 影響を緩和するためEU適用の厳しい財政規律の停止を提案。
 ウイルス感染の危機が6月の初めまで続くと仮定すると、
 今年の経済活動低下は2009年金融危機の景気後退に匹敵の可能性」
報道
「米大手証券から米成長見通しでは、第2四半期の成長率は
 マイナス24%と歴史的な落ち込みとなる可能性。
 レイオフと投資縮小が歴史的な規模と速度で進み、
 失業率も今後数四半期で9%に上昇する可能性もある」
報道
「メキシコ中銀は0.5%の緊急利下げ。政策金利は6.5%に」
NYダウは700ドル超に下落。米10年債利回りは8.8%台へ低下。
ユーロドルは1.0638へ下落した後にやや反発。
ポンドドルは1.1555へ下落した後にやや反発。
NY時間終盤に豪ドル米ドルは一時0.5747へ下落。
NY金先物4月限の終値は1484.60。
原油先物4月限の終値22.53ドル。時間外取引で23ドル台へ上昇。
NYダウは913.21ドル安の19173.98で取引を終える。
NASDAQは3.79%安の6879.52で取引を終える。
S&P500は4.34%安の2304.92で取引を終える。
米10年債利回りは0.885%。VIX指数は66.04へ低下。
ドル円、110.71(始値)、111.51(高値)、109.33(安値)、110.91(終値)、
ユーロドル、1.0692(始値)、1.0831(高値)、1.0638(安値)、1.0697(終値)
ポンドドル、1.1486(始値)、1.1935(高値)、1.1412(安値)、1.1632(終値)
豪ドルドル、0.5743(始値)、0.5986(高値)、0.5665(安値)、0.5800(終値)



●今週(3月23日から3月27日)のドル・円・ユーロの注目点


<今週のドル円>

今週のドル円相場は、上昇した場合、まずは週高値でもある20日
高値111.51を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は
112.00の「00」ポイント、さらに上昇した場合は2月20日高値
112.23、ここを上抜けた場合は2019年4月24日の高値112.40、
さらに上昇した場合は113.00の「00」ポイントを巡る攻防が注目
されます。
一方、下落した場合、まずは110.00の「00」ポイントを巡る攻防
が注目されます。ここを下抜けた場合は20日の安値109.33、
さらに下落した場合は109.00の「00」ポイント、ここを下抜けた
場合は13日の高値108.50を巡る攻防が注目されます。


今週のドル円相場にかかわる経済指標では、24日の米製造業PMI
速報と米サービス業PMI速報と米総合PMI速報と米新築住宅販売
件数とリッチモンド連銀製造業指数、25日の米耐久財受注、26日
の米第4四半期GDP確報と米第4四半期GDP個人消費確報と
米第4四半期コアPCE確報と米新規失業保険申請件数と米失業保険
継続受給者数、27日の米個人所得と米個人消費支出と米PCEデフ
レータと米PCEコアデフレータとミシガン大学消費者態度確報、
などが注目されます。


先週のドル円(概況)は、週初16日に107.08レベルへ下げて始まり
東京時間前半に107.57へ反発しましたが、その後、反落してNY
時間序盤にかけて週安値となる105.15へ下落する展開になりまし
た。その後、反発して、揉み合いながらも堅調に推移して17日の
NY時間後半にかけて107.86へ上昇する展開になりました。
その後、反落して18日ロンドン時間序盤にかけて106.76へ下押し
ましたが、その後、再び反発して、揉み合いながらも堅調に推移し
て20日のオセアニア時間にかけて111.36へ上昇する展開になりま
した。その後、反落してロンドン時間前半にかけて109.33へ下押し
ましたが、その後、再び反発してNY時間後半にかけて週高値とな
る111.51へ上昇する展開になりました。その後、やや反落して揉み
合いになり110.91レベルで週の取引を終えました。


先週は、週初にFRBがFOMCを前倒し開催して「1%の緊急利下げ
で事実上のゼロ金利政策復活、米債など7000億ドルの購入」の発表
をして、日銀も金融政策決定会合を前倒し開催して「ETF年12兆円
REIT年1800億円と購入を倍増、CPと社債で合計2兆円の追加購入
枠の新設、企業の資金繰り支援のため金利0%で原資を金融機関に
貸し付ける制度の新設」するなど、日米中銀が協調的に金融緩和を
しましたが、新型コロナウイルスの世界的パンデミックによる渡航
禁止や移動制限や外出禁止などを背景する世界的な経済減速懸念に
株式市場は軟調に推移して、ドル円は週初105.15へ下落した後に
反発して、IMM通貨先物で円の買持ちは過去16年で最大になるも
さらに旺盛なドル需要を背景に堅調に推移する展開になりました。
その後、トランプ政権と米議会による「1人1000から1200ドルを
目安とする現金給付」など、1兆ドル規模の経済対策の詰めの協議、
そして19日にはFRBによるMMF支援、そしてECBによる7500
億ユーロ規模の緊急資産購入など、米欧中銀による信用収縮回避に
向けた協調行動がとられましたが、世界の貿易量を考慮したドルの
名目実効レートはプラザ合意の翌年1986年以来の34年ぶりの高値
を付け、ドル円は111円台半ばへ上昇する展開になりました。


さて今週ですが、経済指標では、24日の米国のPMI速報と米新築
住宅販売件数、25日の米耐久財受注、26日の米第4四半期GDP
確報と米第4四半期GDP個人消費確報と米第4四半期コアPCE
確報と米新規失業保険申請件数と米失業保険継続受給者数、27日の
米個人所得と米個人消費支出と米PCEデフレータと米PCEコア・
デフレータなどが特に注目されます。

今週の経済指標では新型コロナウイルスの感染拡大の影響を反映し
た数値になる可能性があり、26日に発表される米新規失業保険申請
件数ではゴールドマンサックスが225万件、バンクオブアメリカが
300万件と驚きの予測をしていて、レイオフを反映してかつてない
数値が発表される可能性があり、市場反応が大いに注目されます。

主要中銀の協調行動による緩和策は一旦は出揃った感もありますが、
引き続き、米国の給与税の減税にかかわる米議会の動向、株式市場
の動向、米10年債利回りの動向、新型コロナウイルス(COVID-19)
関連報道などに留意してトレードしていきたいものです。


<今週のユーロドル>

今週のユーロドル相場は、上昇した場合、まずは1.0700の「00」
ポイントを巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は19日
のNY時間序盤の安値1.0726、さらに上昇した場合は1.0800の
「00」ポイント、ここを上抜けた場合は20日の高値1.0831、
さらに上昇した場合は1.0900の「00」ポイント、ここを上抜けた
場合は19日のロンドン時間序盤の戻り高値1.0947を巡る攻防が
注目されます。
一方、下落した場合、まずは週安値でもある20日の安値1.0638
を巡る攻防が注目されます。ここを下抜けた場合1.0600の「00」
ポイント、さらに下落した場合2017年4月第2週の安値1.0570
ここを下抜けた場合は1.0500の「00」、さらに下落した場合は
2017年2月第4週の安値1.0494、ここを下抜けた場合は2017年
1月第2週の安値1.0454を巡る攻防が注目されます。


今週のユーロドル相場にかかわる経済指標では、23日の欧消費者
信頼感速報と24日の仏・独・欧の製造業PMI速報と仏・独・欧の
サービス業PMI速報、などが注目されますが、対ドル通貨ペアと
して、24日の米製造業PMI速報と米サービス業PMI速報と米総合
PMI速報と米新築住宅販売件数とリッチモンド連銀製造業指数、
25日の米耐久財受注、26日の米第4四半期GDP確報と米第4四
半期GDP個人消費確報と米第4四半期コアPCE確報と米新規失業
保険申請件数と米失業保険継続受給者数、27日の米個人所得と
米個人消費支出と米PCEデフレータと米PCEコアデフレータと
ミシガン大学消費者態度確報、などが注目されます。


先週のユーロドル(概況)は、週初16日に1.1072レベルで始まり、
揉み合いの後にロンドン時間前半に週高値となる1.1237へ上昇する
展開になりました。その後、NY時間前半にかけて1.1094へ反落し
た後にやや反発して揉み合いになりましたが、17日のロンドン時間
から軟調に推移してNY時間前半にかけて1.0955へ下落する展開に
なりました。その後、揉み合いながらも反発して18日の東京時間
終盤にかけて1.1045へ戻しましたが、その後、再び反落してNY
時間後半にかけて1.0802へ下落する展開になりました。その後、
19日のオセアニア時間にかけて1.0981へ反発しましたが、揉み合
いを経た後にロンドン時間から再び反落して揉み合いながらも軟調
傾向で推移して20日の東京時間序盤にかけて1.0653へ下落する
展開になりました。その後、反発してロンドン時間序盤にかけて
1.0831へ戻しましたが、その後、再び反落してNY時間後半にかけ
て週安値となる1.0638へ下落した後にやや反発して1.0697レベル
で週の取引を終えました。


先週のユーロドルは、週初にFRBがFOMCを前倒し開催して「1%
の緊急利下げで事実上のゼロ金利政策復活、米債など7000億ドルの
購入」の発表をしたことを背景に、週高値となる1.1237へ上昇しま
したが、その後、独ババリア州(バイエルン州)「14日間の緊急事態
宣言を発令」も背景に反落して揉み合いとなった後に17日ロンドン
時間にルメール仏経済相の「2020年のフランスGDP成長は−1%と
なる見込み」との発言や、ZEW景況感調査(3月)が−49.5になり、
軟調に推移する展開になりました。その後、やや戻す場面はあるも
18日のラガルドECB総裁の「ユーロ圏GDP5%収縮する可能性」
との発言も背景に軟調に推移しました。その後、19日のオセアニア
時間にECBによる「民間セクター債権を対象に7500億ユーロの
緊急買い入れプログラムを発表。QE上限の見直しを検討する」との
緩和措置やラガルドECB総裁の「我々のもつ手段のすべてのポテン
シャルを使う。非常時には非常時の対応が求められる」との発言に
反発しましたが、その後、ロンドン時間での独IFO所長の「好まし
いシナリオでは今年の独経済は1.5%収縮する可能性。主要な生産
が新型ウイルス感染拡大で打撃を受ける。最悪のケースでは今年の
独経済6%収縮する可能性ある」との発言も背景に軟調に推移して
その後のNY時間にイタリア政府の「新型コロナウイルスによる
死者が3405人となり中国を上回った」との発表も背景に20日の
東京時間序盤にかけて1.0653へ下落する展開になりました。
その後、反発してロンドン時間序盤にかけて1.0831へ戻しました
が、その後、再び反落して、NY時間にEU高官の「今年の景気後退
は従来予想よりも遥かに悪い可能性がある。影響を緩和するため
EU適用の厳しい財政規律の停止を提案。ウイルス感染の危機が6月
の初めまで続くと仮定すると、今年の経済活動低下は2009年金融
危機の景気後退に匹敵の可能性」との発言がある中、週安値となる
1.0638へ下落した後にやや反発して1.0697レベルで週の取引を終
えました。


さて今週ですが、経済指標では、23日の欧消費者信頼感速報と
24日の仏・独・欧のPMI速報が特に注目されますが、対ドル通貨
ペアとして、24日の米国のPMI速報と米新築住宅販売件数、25日
の米耐久財受注、26日の米第4四半期GDP確報と米第4四半期
GDP個人消費確報と米第4四半期コアPCE確報と米新規失業保険
申請件数と米失業保険継続受給者数、27日の米個人所得と米個人
消費支出と米PCEデフレータと米PCEコアデフレータなどが注目
されます。

新型コロナウイルスの感染が深刻なイタリアでは、感染者が4万
7000人超になり、死者が4000人を超える状況となっていて、医療
崩壊懸念も高まっているようです。引き続き、新型コロナウイルス
(COVID-19)関連報道には留意が要りますが、チャート的には2月
20日安値1.0778を下抜ける展開となっていて、一旦ボトムを形成
するのか、さらに下落するのか、週初の動向が注目されます。




さて今回は、トレードと凡事のお話 その382 です。


前回からの続きのお話です。


投資苑で有名なアレキサンダー・エルダー博士が
トレードでは当たり前なことこそが大切として、
「投資苑3」の中でこう語っています。


「相場には秘密があります。
 秘密がないということが秘密なのです」


相場やトレードで秘密ではない「当たり前なこと」とは
いったいぜんたい何なのでしょうか…。


今回は「トレードと凡事」その第三百八十二話です。


それでは、はじまり、はじまり〜。^^



『おい、ジイさん。先週は週初にFRBがFOMCを前倒し開催して
 「1%の緊急利下げで、事実上のゼロ金利の政策復活。米債など
 7000億ドルの購入」の発表をして、日銀も金融政策決定会合を
 前倒し開催して、日米中銀が協調的に金融緩和をするとともに
 19日にはECBが「民間セクター債権を対象に7500億ユーロの
 緊急買い入れプログラムを発表。QE上限の見直しを検討する」
 との緩和措置をとったけど…、NYダウの週間4011.64ドル下落
 など世界の株式市場は週間12%もの下落になり…、一方、旺盛な
 ドル需要からドルの名目実効レートは34年ぶりの高値をつけて、
 ドル円も111円台半ばへ上昇する展開になったよな…』


「ふむ。そうであったのう…。溜口剛太郎殿。
 新型コロナウイルスの世界的パンデミックによる渡航禁止や移動
 制限や外出禁止などによる世界的な経済減速懸念がその背景では
 あるが…、IMM通貨先物での円の買い持ちは過去16年で最大に
 なっていたという事で、円は売られていたわけではないものの、
 ドル円の111円台半ばへの上昇は、その円買いを遥かに凌駕する
 旺盛な(有事の)ドル買い需要によるものであったようじゃのう…。
 まぁ、先週末は円買いのストップが付いた可能性もあろうがのう」


『原油価格も一時20ドル台へ下落して凄い事になっているけど…、
 米主要州が移動制限をした事で米経済は3割が休止状態になって
 この先どうなるのかと底なし沼のような不気味ささえ感じるよな。
 ところで、米国では新型コロナが「Boomer Remover」と呼ばれ
 この和約が「老害除去装置」とされ、オレ様も驚いているが…、
 現在、世界の新型コロナの感者数は25万人にもなり、まだ感染
 拡大はもうしばらく続くのかもしれないよな…。ジイさん』


「イタリアではハグなど濃厚接触の習慣の影響もあるためか…、
 新型コロナで1日に793人死亡して、致死率は9%にもなって
 いるとの報道があったが…、溜口殿がご指摘のように世界的な
 感染拡大は、まだ今しばらくは続くのやもしれぬのう…」


『日銀の保有資産の株式でも日経平均が19000円を下回ると赤字に
 転じて、16000円が下限ボーダーとのことで懸念されるけど…、
 世界の株式市場の下落はいつまで続くんだろうな…。ジイさん』


「ふむ。確かなことは誰にも判らぬことで…、また落ちるナイフを
 掴むことは大怪我の元とはなるが…、株式市場のような主要市場
 では、後で振り返ると絶好のバーゲンセールの買い場であった、
 という事はあろうのう…。溜口剛太郎殿」


『これまで市場は、1929年ウォール街大暴落(ブラックサーズデー)
 1971年のニクソンショック、1987年のブラックマンデー、
 1997年のアジア通貨危機、2001年のITバブル崩壊、そして
 2008年のリーマンショックなど、数々の経済危機があったが…、
 未来人として振り返ると「垂涎の絶好の買い場」だったからな』


「オランダのチューリップバブルの崩壊のように二度と元に戻らぬ
 マイナー市場はあるが…、こと株式市場のような主要市場では、
 冬来たりなば春遠からじで、ジョン・テンプルトンの言葉である
 『相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、
  幸福感の中で消えていく」はいつの世も真実となろうのう…」


『インフルエンザでの死亡者数より新型コロナでの死亡者数は少なく
 一日も早く新型コロナの闇が晴れて市場に旭日が昇る事を願うぜ。
 おっと、前段の話がまた長くなっちまったようだな…。ジイさん』


「ふむ。テーマ別のお話はまた次回以降にさせてもらうとしよう…」




なーんちゃって。

またまたお話が長くなりました。 m(_ _)m


ではまた来週。


FX トレードと凡事のお話 その381


先週は週初ドル売りも週後半からドルが買われる展開になりました。
今週はコロナ関連報道とFOMCと日銀金融政策発表が注目されます。



■今週(3月16日から3月20日)の主な経済指標


<3月16日(月)>

朝8時50分に日機械受注(1月)
午前9時01分に英ライトムーブ住宅価格(3月)
午前11時に中国小売売上高(2月)、中国鉱工業生産(2月)
午後4時半にスイス生産者輸入価格(2月)
夜9時半にNY連銀製造業景気指数(3月)
早朝5時に対米証券投資(1月)
などが予定されています。
日・中国・米の指標には注目です。


<3月17日(火)>

午前9時半に豪第4四半期住宅価格指数、
午前9時半に豪RBA金融政策会合議事録要旨
午後1時半に日鉱工業生産確報値(1月)、日設備稼働率(1月)
午後6時半に英失業保険申請件数(2月)、
午後6時半に英失業率(2月)、英ILO方式失業率(1月)
午後7時に独ZEW景況感調査(期待指数 3月)
午後7時に欧ZEW景況感調査(3月)、欧建設支出(1月)
夜9時半に米小売売上高(2月)、米小売売上高(除自動車 2月)
夜9時半に加製造業出荷(1月)、対カナダ証券投資額(1月)
夜10時15分に米鉱工業生産(2月)、米設備稼働率(2月)
夜11時に米NAHB住宅市場指数(3月)、米企業在庫(1月)
などが予定されています。
豪・英・独・欧・米の指標には注目です。


<3月18日(水)>

朝6時45分にNZ第4四半期経常収支
朝8時50分に日通関ベース貿易統計(2月)
午後7時に欧消費者物価指数改定値(2月)、
午後7時に欧消費者物価指数コア改定値(2月)、欧貿易収支(1月)
午後8時に米MBA住宅ローン申請指数
夜9時半に米住宅着工件数(2月)、米建設許可件数(2月)
夜9時半に加消費者物価指数(2月)
深夜3時に米FOMC、米FOMC声明
深夜3時半からパウエルFRB議長の定例記者会見
などが予定されています。
日・欧・米・加の指標と
パウエルFRB議長の定例記者会見には注目です。


<3月19日(木)>

朝6時45分にNZ第4四半期GDP
朝8時半に日全国消費者物価指数(2月)
午前9時半に豪新規雇用者数(2月)、豪失業率(2月)
正午過ぎ(時間未定)に日銀金融政策発表
午後1時半に日全産業活動指数(1月)
午後3時半から黒田日銀総裁の定例記者会見
午後5時半にスイスSNB金融政策発表
夜9時半に米第4四半期経常収支
夜9時半にフィラデルフィア連銀製造業景気指数(3月)
夜9時半に米新規失業保険申請件数、米失業保険継続受給者数
夜11時に米景気先行指標総合指数(2月)
などが予定されています。
NZ・豪・日・スイス・米の指標と
黒田日銀総裁の定例記者会見には注目です。


<3月20日(金)>

※ 日本は休場

午後4時に独生産者物価指数(2月)
午後6時に欧経常収支(1月)
夜9時半に加小売売上高(1月)、加小売売上高(除自動車 1月)
夜11時に米中古住宅販売件数(2月)
などが予定されています。
加・米の指標には注目です。



欧州などの国債入札予定時間につきましては
http://jp.investing.com/ から入って
http://jp.investing.com/economic-calendar/
が参考になります。



■先週(3月9日から3月13日)の主な出来事や要人発言


先週は、ドルインデックスが97.720で始まり94.610へ下落した後に
上昇して98.764で週の終値になりました。
米10年債利回りは週レベルの終値で0.983%へ上昇しました。
NY原油先物(WTI)4月限は週の終値で31.73ドルへ下落しました。
NYダウは週間2679.16ドル下落、23185.62ドルで取引を終える。
VIX指数は週レベルでは57.83へ上昇しました。



<3月9日(月)>

【オセアニア・東京時間】
報道 (週末)
「NY州のクオモ知事はNY市を含む州全域に対して
 新型コロナウイルスの感染拡大による非常事態宣言を発令」
米PIMCO (週末)
「米国はリセッション入りする可能性がある」
米陸軍 (週末)
「兵士及びその家族のイタリア・韓国と米本土との移動を禁止」
報道 (週末)
「中国貿易収支(1-2月合算)は予想より弱い−425.9億元」
ロイター
「サウジは現在日量970万バレルの生産量を4月に1000万バレル
 を超す水準まで引き上げる。また、原油価格の引き下げも行う」
報道「レバノンがデフォルトへ」
ドル円は104.22レベルに下落して始まり一時やや反発して揉み合う。
ユーロドルは1.1351レベルに上昇して始まる。
ポンドドルは1.3078レベルに上昇して始まる。
豪ドル米ドル0.6607レベルに下落して始まり一時0.66台割り込む。
報道
「北朝鮮が何らかの飛翔体を発射」
米10年債利回りは0.495%へ低下。最低水準を更新。
ドル円は103.52へ下落した後に一時104円台を回復。
豪ドル米ドルは一時0.6623へ反発。
ユーロドルは一時1.1396へ上昇。ポンドドルは1.3106へ上昇。
ダウ先物は1000ドル超に下落。
原油先物は30ドル台へ下落した後に一時33ドル台へ上昇。
日第4四半期GDP改定値は予想より弱い年率換算−7.1%、
日国際貿易収支(1月)は予想より弱い−9851億円、
日国際経常収支(季調前 1月)は予想より弱い6123億円。
市場反応は限定的。
日経平均は406.44円安で寄り付き900円超に下落。2万円割れ。
ドル円は一時104円台を回復。ポンドドルやユーロドルやや反落。
豪ドル米ドルは0.6625へ上昇した後にやや反落。
米10年債利回り一時0.55%台へ上昇。原油先物は32ドル台で推移。
報道
「米大手金融機関は、18日のFOMCで0.50%、4月FOMCで0.25%
 の計0.75%の利下げを見込むレポートを出している」
ドル円は再び103円台へ反落。ユーロドルやポンドドルはやや反発。
中国人民銀行「人民元中心レート 1ドル=6.9260元」
中国上海株式市場は1.56%安で始まり2%超に下落。
韓国
「新型コロナウイルス、新たに248人の感染を確認。計7382人」
日経平均は1100円超に下落。原油先物は30ドル台へ下落。
ドル円は一時101.58へ下落。豪ドル米ドルは一時0.6312へ下落。
ユーロドルは一時1.1497へ上昇。ポンドドル一時1.3125へ上昇。
ダウ先物は1100ドル超に下落。
その後、豪ドル米ドルは下げ幅を縮小して反発。
ユーロドルやポンドドルは上げ幅を縮小して揉み合う。
日経平均は1200円超に下落。ダウ先物は1200ドル超に下落。
米10年債利回り0.477%へ低下。最低水準を更新。
ドル円は101.56へ下落した後に一時103円台を回復して揉み合う。
財務省幹部
「三者会合 (財務省・金融庁・日銀) は検討中。各国とも協力。
 市場は神経質な動き、注視していく」
東京時間午後に原油先物は一時27ドル台へ下落。
麻生財務相
「市場の動きについて、しばらくよく見ておく、慎重に見極める。
 協調介入の可能性についてコメントすることはない」
ドル円は揉み合う。ドルストレートは揉み合う。
日景気現状判断DI(2月)は予想より弱い27.4、
日景気先行き判断DI(2月)は予想より弱い24.6。
ドル円の反応は限定的。
黒田日銀総裁
「新型コロナウイルス感染症拡大で経済の不透明感高まる。
 投資家のセンチメントが悪化している。
 市場は不安定な動きが続いている。
 追加的なオペで金融市場への資金供給を増額。
 日本銀行も方針に沿って適切に躊躇なく対応。
 G7声明では適切かつ効果的な施策を行う用意があることを確認」
ドル円は102円台後半で揉み合う。ポンドドルは1.3048へ下落。
ユーロドルはやや反落。豪ドル米ドルは小幅に揉み合う。
日経平均は下げ幅をやや縮小。
東京時間終盤に米10年債利回りは一時0.54%台へ上昇。
日経平均は1050.99円安の19698.76で大引け。
【ロンドン時間】
ユーロドルは小幅に反発。
ポンドドルは1.3035へ下落した後に反発。
スイス失業率(2月)は予想より%。
市場反応は限定的。
武内財務官
「三者会談、神経質な金融市場、背景の情報交換で開催。
 政府はG7声明合意に沿って対応する。
 第二弾で必要な対応策を盛り込み明日まとめる。
 状況変化見極め必要な対応を迅速に取る。
 為替水準について申し上げない。
 対策には企業向けの無利子貸し付けが含まれる」
中国上海株式市場は3.01%安の2943.29で取引を終える。
独鉱工業生産(1月)は予想より強い前月比3.0%、
独貿易収支(1月)は予想より弱い139億ユーロ、
独経常収支(1月)は前回値より弱い166億ユーロ。
ユーロドルは1.1475へ上昇。ポンドドルは1.3200へ上昇。
ドル円は101.81へ下落。
米10年債利回りは一時0.342%へ低下。最低水準を更新。
原油先物は29ドル台から30ドル台で推移。
報道
「仏中銀、第1四半期GDP見通しを0.1%に引き下げ」
安倍首相
「現状は急速な感染拡大に進むかどうか瀬戸際の状況と認識。
 イベント自粛は近く示される専門家の見解踏まえて判断」
独英の株式市場はマイナス圏で始まり一時8%超に下落。
ユーロドルやポンドドルはやや反落。ドル円はやや反発して揉み合う。
米10年債利回り一時0.51%台へ上昇。原油先物は32ドル台へ上昇。
豪ドル米ドルはやや上昇。
その後、独英の株式市場は下げ幅をやや縮小。
ロイター通信
「日本政府はコロナウイルスで影響を受けた中小企業向けの
 特別融資枠を1兆6000億円に増額する方針を明日発表へ」
その後、ユーロドルは1.1366へ反落した後にやや反発して揉み合う。
ポンドドルは1.30台へ下落。豪ドル米ドルは一時0.66台へ上昇。
イラン保健当局
「新型コロナウイルスによる感染者数は合計7161人、
 死者数は合計237人に増加」
米FED
「オーバーナイトとターム物のオペ規模を増額する
 オーバーナイトは1000億ドルから少なくとも1500億ドルに。
 ターム物は200億ドルから450億ドルに」
スペイン保健省
「新型コロナウイルス感染者数が999名に急増」
米10年債利回りは0.41%台へ低下。
ドル円はやや反落して揉み合う。ポンドドルは一時1.3063へ下落。
【NY時間】
加住宅着工件数(2月)は予想より強い21.01万件。
市場反応は限定的。
米10年債利回りは一時0.49%台へ上昇。
スペイン首相
「速やかに新型ウイルス対応の緊急計画を発動する用意」
加住宅建設許可件数(1月)は予想より強い前月比4.0%。
ドルカナダの反応は限定的。ポンドドルはやや反発。
WHOテドロス事務局長
「パンデミックの脅威が現実味を帯びてきた」
NY連銀
「翌日物レポで1129.3億ドル供給、9月開始以降最大規模」
ドル円は101円台へ下落。ユーロドルは1.1470へ上昇。
豪ドル米ドルは一時0.6621へ上昇。
NYダウはマイナス圏で始まり一時2000ドル超に下落。
ドル円は101.18へ下落。ユーロドルは1.1484へ上昇。
報道
「米株式市場、サーキットブレーカーが発動」
その後、ドル円は102円台へ反発。ユーロドルは反落して揉み合う。
NYダウは下げ幅を縮小。原油先物は33ドル台で推移。
メルケル独首相
「ウイルス感染との対峙には時間が最も重要。
 重要なのは感染拡大が緩やかになること。
 3月26日にEU首脳会談を行う。
 経済相と財務相が今週、企業への流動性供給対策を提案」
米10年債利回り0.54%台へ上昇。原油先物は一時34ドル台へ上昇。
豪ドル米ドルは0.6685へ上昇。ユーロドルはやや反発。
ポンドドルは1.3150へ反発した後にやや反落して揉み合う。
ドイツ通信(DPA)
「ドイツのブランデンブルク州で、新型ウイルス感染により
 4000から5000人を隔離。新型ウイルス感染で初の死者を確認」
WSJ
「トランプ大統領が高官による会合を開き、
 新型ウイルス感染拡大を受けた経済対策を協議する方針」
豪ドル米ドルはやや反落。
独DAXは7.89%安の10631.63で取引を終える。
英FTSE100は7.51%安の5976.90で取引を終える。
報道
「米10年物の物価連動債と米国債利回りの格差を示す
 ブレークイーブンレートが1%を割り込む。2009年以来の低水準」
ドル円は揉み合う。ユーロドルは1.1479へ反発した後にやや反落。
その後、NYダウは再び2000ドル超に下落。
報道
「英政府、EUとのFTA案を独自に策定する計画」
米10年債利回り0.57%台で推移。原油先物は30ドル台へ下落。
報道
「イタリアが渡航禁止規制を全国に拡大」
NY金先物4月限の終値は1675.70。
原油先物4月限の終値31.13ドル。時間外取引で30ドル台へ下落。
NYダウは2013.76ドル安の23851.02で取引を終える。最大下げ幅。
NASDAQは7.29%安の7950.68で取引を終える。
S&P500は7.60%安の2746.56で取引を終える。
米10年債利回りは0.547%。VIX指数は54.46へ上昇。
ドル円、104.22(始値)、104.61(高値)、101.18(安値)、102.36(終値)、
ユーロドル、1.1351(始値)、1.1497(高値)、1.1336(安値)、1.1452(終値)
ポンドドル、1.3078(始値)、1.3200(高値)、1.3035(安値)、1.3128(終値)
豪ドルドル、0.6607(始値)、0.6685(高値)、0.6312(安値)、0.6588(終値)


<3月10日(火)>

【オセアニア・東京時間】
ポンドドルはやや反落して揉み合う。ユーロドル小幅に揉み合う。
カナダ財務相
「カナダには財政余力がある。困難な時には適切に対応する。
 まもなく予算を発表する」
NZ第4四半期製造業売上高は前回値より強い前期比2.4%。
市場反応は限定的。
トランプ大統領
「サウジとロシアの争いと、フェイクニュースが株急落の原因」
ダウ先物は200ドル超に下落。
ドル円は一時102.01へ下落。豪ドル米ドルは小幅に反発。
ECB
「スタッフの1人が新型コロナウイルスに感染」
報道
「トランプ米大統領 経済対策で10日に記者会見」
トランプ米大統領
「給与税減税の可能性で議会と協議へ」
ダウ先物は400ドル超に上昇。原油先物は32ドル台へ上昇。
米10年債利回りは0.61%台へ上昇。
ドル円は一時103.25へ上昇。ユーロドルやポンドドルやや下落。
豪ドル米ドルは小幅に反落。
米CDC
「新型コロナウイルスは人から人への感染が容易で、
 この状態が続けば来年にかけて多くの米国人が感染する。
 収束には時間がかかるとの見通し。
 10日時点で全世界で11万人の感染が確認。米国では605人」
日経平均は223.87円安で寄り付き一時700円超に下落。
ドル円は102円台へ反落。ユーロドルやポンドドル一時小幅に反発。
英BRC小売売上高調査(2月)は予想より弱い前年同月比−0.4%。
市場反応は限定的。
ダウ先物は上げ幅をやや縮小。米10年債利回り0.63%台へ上昇。
ムニューシン米財務長官
「米当局は、新型コロナウイルスの影響で流動性を必要とする
 中小企業と協力している。パウエルFRB議長と同問題について
 毎日意見交換をしている」
豪NAB企業景況感指数(2月)は前回値より弱い0。
限定的ながら豪ドル売り反応。
麻生財務相
「神経質な動き見られる、新型コロナの状況見極める。
 G7で金融・財政政策で各国は適切に対応すると合意した」
日経平均は下げ幅を縮小。ダウ先物は一時600ドル超に上昇。
米10年債利回りは一時0.68%台へ上昇。
ドル円は103.68へ上昇した後にやや反落。
ユーロドルは1.1372へ下落した後にやや反発。
ポンドドルは1.3041へ下落した後にやや反発。
韓国
「新型コロナウイルス、新たに131人の感染を確認。計7513人」
中国人民銀行「人民元中心レート 1ドル=6.9389元」
中国上海株式市場は0.83%安で始まり一時プラス圏へ反発。
中国消費者物価指数(2月)は予想とおりの前年同月比5.2%、
中国生産者物価指数(2月)は予想より弱い前年同月比−0.4%。
米政府
「複数国家のたくらみが原油価格の大幅下落を呼んだ」
黒田日銀総裁
「新型コロナウイルスで内外不透明感高まり市場は不安定な動き。
 今後影響が大きくなる可能性を十分認識、不確実性大きい。
 適切な市場調整・資産買い入れで市場の安定確保。
 必要に応じて適切な対応を躊躇なくとる」
米10年債利回りは一時0.68%台へ上昇。
豪ドル米ドルは0.6550へ下落。
NZ金融相
「RBNZは金利変更の余地。第1四半期の経済は成長しない。
 NZドルの現水準はおおむねOK。
 非伝統的な金融政策手法は直近ではなさそう」
豪財務相
「新型コロナウイルスに対する経済の反応は実体的なもの。
 経済の力強さを維持するためにできることはする。
 豪金融システム、豪経済は依然強い。
 財政黒字は政府の目標ではない。財政支援は経済に影響を与える」
豪ドル米ドルは小幅に反発して揉み合う。
ユーロドルやポンドドルはやや反落して揉み合う。
黒田日銀総裁 (国会答弁)
「昨年9月末以降簿価が500円程度切りあがっている可能性。
 保有ETFについて、日経平均が1万9000円程度を下回ると
 時価が簿価を下回る。必要に応じ躊躇なく適切に対応」
モリソン豪首相
「政府は豪中銀・金融機関と密接に連携。
 豪中銀と共に備えを万全に。量的緩和についてはRBA専任事項」
新華社
「中国の習近平国家主席が武漢に到着。
 (新型コロナウイルス感染拡大以降で初めての訪問)」
東京時間午後に日経平均はプラス圏に反発して一時200円超に上昇。
ドル円は105.02へ上昇。豪ドル米ドルは0.6546へ下落。
ユーロドルは1.1332へ下落。ポンドドルは1.3023へ下落。
米10年債利回り0.69%台へ上昇。原油先物は33ドル台で推移。
ダウ先物は800ドル超に上昇。中国上海株式市場は1%超に上昇。
RBNZ総裁
「NZ経済はグローバル経済の混乱の中でうまくやっている。
 必要と信じるあらゆることを行う用意」
日経平均は168.36円高の19867.12で大引け。
【ロンドン時間】
ドル円は一時やや反落して揉み合う。
ドルストレートは一時やや反発して揉み合う。
その後、ポンドドルは1.3017へ下落。豪ドル米ドル0.6544へ下落。
中国上海株式市場は1.82%高の2996.76で取引を終える。
ドル円は103円台へ下落。ドルストレートはやや反発。
ダウ先物は上げ幅を縮小。原油先物は一時32ドル台へ下落。
独IFO所長
「コロナウイルスの影響でドイツはリセッション入りも」
仏鉱工業生産指数(1月)は予想より弱い前月比1.2%。
市場反応は限定的。
湖北省中部の潜江市
「隔離処置を近く解除する方針。時期はまだ未定」
米10年債利回りは0.65%台へ低下。
独英の株式市場はプラス圏で始まり3%超に上昇。
ドル円は104円台を回復。
安倍首相
「新型コロナウイルスに関する緊急対策第2弾として
 総額約4300億円の財政措置を講じる」
ユーロドルは1.1401へ反発した後にやや反落。
ポンドドルは1.3080へ反発した後にやや反落して揉み合う。
豪ドル米ドルは0.6581へ反発。
ダウ先物は1000ドル超に上昇。米10年債利回り0.72%台へ上昇。
欧第4四半期GDP確定値は予想とおりの前期比0.1%。
ユーロドルは1.1336へ下落。豪ドル米ドルはやや反落。
米10年債利回りは一時0.74%台へ上昇。
ドル円は一時105.22へ上昇。
その後、ユーロドルはやや反発。ポンドドルは一時1.3021へ下落。
ドル円はやや反落。豪ドル米ドルは小幅に反発して揉み合う。
【NY時間】
ダウ先物は上げ幅をやや縮小。米10年債利回りは0.62%台へ低下。
独仏の株式市場は上げ幅をやや縮小。
米CNBC
「ホワイトハウスは新型コロナウイルスをめぐる
 経済対策案を提示する準備ない」
ドル円は一時103.84へ下落。ユーロドルは一時1.1394へ反発。
NYダウはプラス圏で始まり一時900ドル超に上昇。
ドル円は104.65へ反発した後にやや反落。
ユーロドルはやや反落して揉み合う。
仏大統領府
「ウイルス感染に予算措置が必要。
 行動する用意があることを示さなければならない。
 EU首脳会談にラガルドECB総裁も参加。
 ウイルス感染への対応は金融政策だけとうわけには行かない」
伊首相
「ECBに、新型ウイルス感染対策で可能な手段の総動員を要請」
NYダウは一時マイナス圏へ反落。独英の株式市場はマイナス圏へ反落。
ドル円は一時103.22へ下落。ドルストレートは軟調に推移。
報道
「ニュージャージー州が新型ウイルス感染で初の死者を報告」
トランプ大統領
「クルーズ業界と航空業界は支援される。
 トランプ政権は新型ウイルス感染でクルーズ業界と親密に協議」
ロンドンフィックス過ぎドル円は反発。豪ドル米ドル0.6463へ下落。
NYダウは再びプラス圏へ反発。
独DAXは1.41%安の10475.49で取引を終える。
英FTSE100は0.09%安の5960.23で取引を終える。
3年債入札では最高落札利回り0.563%、応札倍率2.20倍。
豪ドル米ドルはやや反発。
報道
「英予算案では、公共部門のインフラ投資をGDPの2.2%から
 3%に引き上げることを許容する案を提出へ。インフラ投資を
 年200億ポンド、5年で1000億ポンド増やす案を盛り込む見込み」
ポンドドルは一時やや反発。
トランプ大統領
「共和党上院議員らと協議。給与税も議題の一つ。
 給与税は選挙まで免除が望ましいと共和党議員らに打診。
 新型ウイルス感染は終息へ。冷静さ失うな。
 航空、船舶関連産業を保護したい」
NYダウ上げ幅を拡大して堅調に推移。原油先物は34ドル台へ上昇。
ドル円は堅調に推移。ユーロドルやポンドドルは軟調に推移。
ムニューシン米財務長官
「ウイルス対策で超党派合意への道筋見える。
 米財務省は独自のウイルス対策を模索」
ドル円は一時105.92へ上昇。ユーロドルは1.1275へ下落。
米10年債利回りは0.79%台へ上昇。
NY時間終盤にかけてポンドドルは1.2882へ下落。
豪ドル米ドルは0.6514へ反発。
NY金先物4月限の終値は1660.30。
原油先物4月限の終値は34.36ドル。
NYダウは1167.14ドル高の25018.16で取引を終える。
NASDAQは4.95%高の8344.25で取引を終える。
S&P500は4.94%高の2882.23で取引を終える。
米10年債利回りは0.808%。VIX指数は47.30へ低下。
ドル円、102.36(始値)、105.92(高値)、102.01(安値)、105.64(終値)、
ユーロドル、1.1449(始値)、1.1459(高値)、1.1275(安値)、1.1281(終値)
ポンドドル、1.3128(始値)、1.3129(高値)、1.2882(安値)、1.2912(終値)
豪ドルドル、0.6588(始値)、0.6613(高値)、0.6463(安値)、0.6505(終値)


<3月11日(水)>

【オセアニア・東京時間】
報道
「新型ウイルス感染の影響でバイデン、サンダース両氏の集会が中止」
ドル円は反落。ポンドドルは一時1.2869へ下落。
ユーロドルは反発。豪ドル米ドルは揉み合う。
その後、ポンドドルはやや反発。
ダウ先物は300ドル超に下落。原油先物は34ドル台で推移。
米10年債利回りは0.74%台へ低下。
豪RBAデベル副総裁
「新型コロナウイルスの拡大によるリスクは不確定」
報道
「英ドリス保健相が新型コロナウイルスのテストで陽性反応。
 大臣は現在自宅で隔離療養されている」
報道
「トランプ米大統領、記者会見に出席せず」
豪モリソン首相
「新型コロナウイルス対策予算として24億豪ドルを計上する」
東京時間が近づく頃にドル円は一時104.82へ下落。
ユーロドルは一時1.1323へ反発。
AP通信
「バイデン氏、ミズーリ州民主党予備選で勝利」
日経平均は108.86円安で寄り付き一時プラス圏へ反発。
米10年債利回りは一時0.77%台へ上昇。
ドル円は105.25へ反発した後に104.78へ反落して揉み合う。
ポンドドルや豪ドル米ドルは小幅に揉み合う。
ユーロドルは堅調傾向で推移。
日経平均は再びマイナス圏へ反落。米10年債利回り0.72%台へ下落。
ダウ先物は一時400ドル超に下落。原油先物は35ドル台へ上昇。
韓国
「新型コロナウイルス、新たに242人の感染を確認。計7755人」
中国人民銀行「人民元中心レート 1ドル=6.9612元」
中国上海株式市場は0.17%高で始まる。
日経平均は一時300円超に下落。ダウ先物は一時500ドル超に下落。
米10年債利回りは0.68%台へ低下。
ドル円は軟調に推移。
報道
「ミシガン、ミシシッピ、ミズーリ州の予備選挙でバイデン氏勝利」
ドル円は一時やや反発して揉み合う。
ジョンズホプキンズ大学
「米国 新型コロナウイルスの感染者1001名に」
報道
「州内で初めて2人の感染者が出た事でミシガン州が非常事態宣言」
豪ドル米ドルは0.6518へ上昇した後に小幅に反落。
ユーロドルやポンドドルは堅調に推移。
報道
「アイダホ州でバイデン氏が勝利」
東京時間午後に日経平均は400円超に下落。
ダウ先物は700ドル超に下落。
中国上海株式市場はマイナス圏へ反落。
米10年債利回りは0.65%台へ低下。原油先物は34ドル台へ下落。
ドル円は104.10へ下落。
日経平均は451.06円安の19416.06で大引け。
【ロンドン時間】
ドル円はやや反発して揉み合う。ユーロドルは1.1365へ上昇。
ポンドドルは1.2937へ上昇。豪ドル米ドルは小幅に反発。
ブルームバーグ
「中国、価格急落後、石油の国家備蓄拡大を検討」
中国上海株式市場は0.94%安の2968.52で取引を終える。
報道
「BOE、政策金利を0.25%に引き下げ。
 カウンターシクリカル・バッファーを1%から0%に引き下げ。
 中小企業向けの新たなターム物融資計画を発効」
ポンドドルは一時1.2828へ下落。ユーロドルはやや反落。
米10年債利回り一時0.64%台へ低下。
その後、ポンドドルは下げ幅を縮小。
原油先物は33ドル台へ下落。ダウ先物は下げ幅をやや縮小。
独英の株式市場はプラス圏で始まり一時1.5%超に上昇。
ドル円は105.33へ上昇。ユーロドルは一時1.1309へ下落。
ポンドドルは一時1.2955へ上昇。豪ドル米ドルは0.6536へ上昇。
米10年債利回りは0.74%台へ上昇。
ラガルドECB総裁
「新型コロナで、欧州に08年のような危機のリスク。
 緊急に行動を起こすべき。ECBはあらゆる手段を講じる用意」
ユーロドルは一時やや反発。ドル円はやや反落。
カーニー英BOE総裁
「ウイルスのショックは強く急激となる可能性も、
 一時的にとどまるだろう。
 ウイルスはサプライチェイン、企業のキャッシュフローに影響。
 ウイルス感染拡大は需要・供給両面に影響。
 予算案の発表と協調した措置。
 ベイリー次期総裁も政策決定すべてに関わった。
 英国を救うため全ての必要な追加措置とる。
 QEは引き続き英中銀の政策手段の一部。
 きょうの英中銀の決定は大きなパッケージ」
ベイリー次期英BOE総裁
「今月の英金融政策委員会(MPC)は予定通り行う。
 ウイルスめぐる状況については常に監視する。
 必要であれば、英中銀は追加措置行う余地がある」
ポンドドルは1.2973へ上昇。
英月次GDP(1月)は予想より弱い前月比0.0%、
英鉱工業生産指数(1月)は予想より弱い前月比−0.1%、
英製造業生産指数(1月)は予想とおりの前月比0.2%、
英商品貿易収支(1月)は予想より強い−37.20億ポンド、
英貿易収支(1月)は予想より強い42.12億ポンド。
ポンドドルは小幅に反落した後に一時1.2977へ上昇。
ユーロドルは1.1302へ下落。
英の株式市場はマイナス圏へ反落。
伊経済相
「コロナ対策で25億ユーロを支出する」
関係筋
「日銀は現在の1日当たり1000億円規模のETF購入を
 少なくとも会計年度末3月31日まで継続する」
スナック英財務相
「英国は新型ウイルスによる経済への潜在的な影響を
 世界で最もよく管理できている国の一つ。
 予算は企業を支援、ウイルスと戦う市民と公共サービスを支える。
 我々は新型ウイルスによる損害を克服する経済的手段を有する」
メルケル独首相
「新型ウイルスが欧州に襲来したことよく理解すべき。
 専門家によると、今後、人口の60-70%が感染する可能性。
 新型ウイルスの感染拡大ペースを抑制すべき。
 今まさに感染拡大を遅れさせることに成功しつつある。
 欧州の各国が互いに孤立してはならない」
ユーロドルはやや反発。ポンドドルはやや反落。
イラン保健当局
「新型ウイルスの感染者数9000人に達する、死者は累計354人に」
米MBA住宅ローン申請指数は前回値より強い55.4%
市場反応は限定的。
ECB関係筋
「ECB銀行監督部門は理事会で金融セクター支援策概要を示す見込み。
 金融政策の発表とともに声明を公表する見込み」
【NY時間】
ポンドドルは1.2905へ反落した後に小幅に反発。
ユーロドルは一時1.1352へ反発。豪ドル米ドル一時0.6540へ上昇。
ロイター
「日銀はセンチメントの悪化を防ぐため来週の会合で追加緩和へ。
 具体的な施策は定まっていないが、
 ETF購入の増額がもっともあり得る選択肢」
米消費者物価指数(2月)は予想より強い前月比0.1%、
米消費者物価指数コア(2月)は予想とおりの前月比0.2%。
市場反応は限定的。
加第4四半期設備稼働率は予想より強い81.2%。
市場反応は限定的。
スナック英財務相
「英経済は一時的に混乱する見込み。
 英経済を支援するためには何でも行う。
 英公共サービスは新型ウイルスに対してよく準備している。
 英経済はしっかりとしており、財政は健全。
 新型ウイルスは現在の英国が直面する課題だが、
 それが唯一の課題ではない。中小企業向けに様々な支援策を行う。
 支援策の総額は300億ポンドに。
 2020年英GDP成長見通しは1.1%、昨年3月時点1.4%。
 2021年英GDP成長見通しは1.8%、昨年3月時点1.6%。
 2022年英GDP成長見通しは1.5%、昨年3月時点1.6%。
 2023年英GDP成長見通しは1.3%、昨年3月時点1.6%。
 実質賃金は毎年、上昇する見込み。
 英予算は財政規律の範囲内、今後に余地を残す」
ポンドドルは一時やや反落して揉み合う。
独株式市場はマイナス圏へ反落。ダウ先物は800ドル超に下落。
ドル円は104.37へ下落した後に反発。
NYダウはマイナス圏で始まり700ドル超に下落。
米財務省
「納税申告期限の先延ばしを検討」
ムニューシン米財務長官
「新型ウイルス感染でG7電話会議をしたほか、
 IMFや世銀とも連絡を取った」
ドルストレートは反落して軟調に推移。
ユーロドルは一時1.1257へ下落。
EIA週間石油在庫統計では原油在庫が766.4万バレルの増加。
ロンドンフィックス過ぎドル円は105.13へ上昇した後にやや反落。
米10年債利回りは0.85%台へ上昇。
WHOテドロス事務局長
「新型ウイルスはパンデミックになった。
 新型ウイルスのパンデミックはコントロールが可能」
独DAXは0.35%安の10438.68で取引を終える。
英FTSE100は1.40%安の5876.52で取引を終える。
米10年債入札では最高落札利回り0.849%、応札倍率2.36倍。
報道
「イタリアで新型ウイルス感染の死者が827人に達し、31%急増」
ユーロドルは1.12台後半で揉み合う。
ポンドドルや豪ドル米ドルは軟調に推移。
米CNBC
「トランプ大統領は全米対象に大規模災害宣言を検討している」
米月次財政収支(2月)は予想より強い−2353億ドル。
NYダウは1600ドル超に下落。
NY時間後半にドル円は一時104.23へ下落。
NY時間終盤にポンドドルは1.2805へ下落した後に小幅に反発。
豪ドル米ドルは0.6482へ下落。
NY金先物4月限の終値は1642.30。
原油先物4月限の終値は32.98ドル。
NYダウは1464.94ドル安の23553.22で取引を終える。
NASDAQは4.70%安の7952.05で取引を終える。
S&P500は4.89%安の2741.38で取引を終える。
米10年債利回りは0.874%。VIX指数は53.90へ上昇。
ドル円、105.65(始値)、1.5.66(高値)、104.10(安値)、104.56(終値)、
ユーロドル、1.1281(始値)、1.1367(高値)、1.1257(安値)、1.1270(終値)
ポンドドル、1.2912(始値)、1.2977(高値)、1.2805(安値)、1.2816(終値)
豪ドルドル、0.6505(始値)、0.6540(高値)、0.6480(安値)、0.6484(終値)


<3月12日(木)>

【オセアニア・東京時間】
報道
「トランプ大統領は欧州からの不要不急の渡航制限を検討」
伊首相
「食料品店と薬局以外のすべての小売店閉鎖を指示」
ユーロドルは1.1251へ下落。ポンドドルは小幅に反発。
トランプ大統領
「新型ウイルス感染の拡大を阻止できれば、
 米経済は景気刺激策を必要としないかもしれない。
 ただ、政権は全ての可能性を検討する。
 給与税に関する措置が実施されば素晴らしいが、
 一部の人たちがなぜ反対するか理解できない」
ドル円は一時104.33へ下落した後にやや反発。
ダウ先物は一時200ドル超に上昇。原油先物は33ドル台へ上昇。
中国国務院
「人民銀行が市中銀行に対する預金準備率引き下げへ。
 新型コロナ感染被害による中小企業に対する融資促進を目的」
ドル円は一時104.80へ上昇。豪ドル米ドルは0.6470へ下落。
報道
「ランプ米大統領は、新型コロナウイルスの感染拡大に対する
 経済支援策として、現状で病欠の際しての保障面で
 不整備の時間給労働者に対する病欠有給の措置や、
 中小企業の確定申告の期限延長などの措置を実施する見通し」
ワシントンポスト
「トランプ大統領がムニューシン財務長官に対して、
 パウエルFRB議長に一段の景気刺激策をとるよう促すこと求めた」
ナバロ米大統領補佐官
「トランプ大統領が示した給与減税の方針について、
 完全な形で迅速に成立することができれば米GDPにプラス影響。
 新型コロナウイルスの悪影響を相殺も。
 中間所得層などにとっては7.65%の賃上げに相当、
 中小企業を中心に短期的なキャッシュフローの問題にも有効」
ダウ先物は一時プラス圏へ反発。米10年債利回り0.86%台で推移。
日第1四半期大企業全産業業況判断指数は前回値より弱い−10.1、
日第1四半期大企業製造業業況判断指数は前回値より弱い−17.2、
日国内企業物価指数(2月)は予想より弱い前月比−0.4%。
モリソン豪首相
「財政出動は合計229億豪ドル規模。雇用の確保にフォーカスする。
 176億豪ドルをウイルスからの豪経済の支えに
 財政出動はGDPの1.2%に達する。
 来年6月30日を超えないように執行」
豪ドルの反応は限定的。
日経平均は351.55円安で寄り付き一時500円超に下落。
英RICS住宅価格指数(2月)は予想より強い29。
ポンドドルは小幅に揉み合う。
ドル円は一時104.36へ下落して揉み合う。ユーロドルはやや反発。
米10年債利回り0.81%台へ低下。原油先物は32ドル台へ下落。
トランプ大統領
「いくつかの協力で必要な策を講じる。
 欧州は新型コロナウイルスの対応に失敗。
 欧州からの今後30日間の渡航禁止。英国は対象から除外。
 安心を提供するために緊急措置をとる。
 米中小企業省に対する500億ドルの予算を議会に提案。
 2000億ドルの追加的な流動性を供給。
 警戒を持って対応すると感染はかなり防げる。
 年配者は不要不急の旅行を手控えるように。
 多くの米国市民にとってリスクは非常に小さい」
韓国
「新型コロナウイルス、新たに114人の感染を確認。計7869人」
中国人民銀行「人民元中心レート 1ドル=6.9641元」
中国上海株式市場は1.09%安で始まる。
ドル円は一時103.08へ下落。豪ドル米ドルは一時0.6451へ下落。
ユーロドルは一時1.1333へ上昇。ポンドドルは一時1.2849へ上昇。
日経平均は1000円超に下落。ダウ先物は一時1100ドル超下落。
米10年債利回りは一時0.73%台へ低下。
原油先物は一時30ドル台へ下落。
報道
「俳優トム・ハンクス夫妻が滞在先の豪州で新型コロナ陽性反応。
 NBA全試合中止、ユタジャズの選手が新型コロナの陽性反応」
その後、ドル円はやや反発して揉み合う。
ユーロドルやポンドドルはやや反落して揉み合う。
豪ドル米ドルは一時小幅に反発して揉み合う。
米国務省
「米国民に対して海外への渡航を再考するように勧告。
 渡航における健康に関する勧告を引き上げ、レベル3に」
黒田日銀総裁
「安倍首相に市場変動状況を含めてお話しした。
 G7の電話会合、コミュニケーションについて話した。
 最近の経済不透明性、市場変動に対して
 潤沢な流動性を供給するなど躊躇なく対応。
 適切な資産買い入れを進め、マーケットの安定を図る。
 談話に沿って様々なことを実行している」
東京時間午後に日経平均は下げ幅をやや縮小。
ドル円は一時104.28へ反発。ユーロドルは1.1286へ反落。
東京時間終盤にドル円はやや反落。
日経平均は856.43円安の18559.63で大引け。
【ロンドン時間】
ドル円は103.60へ反落。ポンドドルは1.2781へ下落。
豪ドル米ドルは0.6435へ下落。ユーロドルは小幅に揉み合う。
原油先物は31ドル台で推移。
SRF報道
「スイスが近く非常事態宣言する可能性」
中国上海株式市場は1.52%安の2923.49で取引を終える。
ドル円はやや反発した後に一時103.55へ下落。
ユーロドルは一時1.1320へ反発。
ポンドドルや豪ドル米ドルはやや反発して揉み合う。
中国汽車工業協会
「2月の中国自動車販売、前年比79.1%減」
独英の株式市場はマイナス圏で始まり6%超に下落。
ダウ先物は1200ドル超に下落。
スナック英財務相
「昨日にトランプ米大統領が発表した欧州への渡航禁止は、
 英経済にも悪影響。旅行などの需要面での影響とともに、
 企業のサプライチェインにも悪影響与える。
 サプライチェインの混乱は英経済の生産能力を
 一時的に収縮させる可能性」
日銀関係者
「ETF買い入れさらなる積極化も、年6兆円上回る購入許容。
 急激な円高進行ない限りマイナス金利深掘りには慎重な声。
 日銀が緩和強化策を検討へ、資産購入拡充や企業支援」
ドル円は103.51へ下落した後にやや反発して揉み合う。
ポンドドルは1.2829へ上昇した後に下落。ユーロドルは軟調に推移。
共同通信「日銀、景気判断引き下げへ」
欧鉱工業生産(1月)は予想より強い前月比2.3%。
発表直後の市場反応は限定的。
米10年債利回りは0.68%台へ低下。
ルメール仏経済相
「ECBが銀行が中小企業向け融資を支援するシグナル送ること期待。
 トランプ大統領が事前調整なく渡航に関する決定行った事は遺憾。
 エールフランスなどを支援する」
ペンス米副大統領
「今後、米国でも数千人単位で感染者数が増加するだろう。
 米国民、今後30日間は老人ホームへの訪問を差し控えるべき」
米当局
「欧州から帰国した米国人を14日間隔離する」
ドルストレートは軟調に推移。
原油先物は30ドル台へ下落。
【NY時間】
ドル円は一時103.51へ下落して揉み合う。
ユーロドル一時1.1209へ下落して揉み合う。
米卸売物価指数(2月)は予想より弱い前月比−0.6%、
米卸売物価指数コア(2月)は予想より弱い前月比−0.3%、
米新規失業保険申請件数は予想より強い21.1万件、
米失業保険継続受給者数は予想より強い172.2万人。
ドル円は一時104.21へ上昇して揉み合う。
報道
「ドイツ、新型ウイルス対策で均衡財政を棚上げする用意」
ECBは政策金利を0.00%に据え置く。
ECB
「QEと流動性供給を拡大。新たな長期資金供給策を発表。
 インフレ目標に近づくまで金利は現行水準以下にとどまる。
 債券買い入れは利上げの直前まで継続。
 TLTRO第3弾についてより好ましいタームに。
 TLTROの金利はDFRを0.25bp下回る水準に。
 資産購入を年末まで1200億ユーロ増額。
 新型コロナにより、銀行の自己資本比率引き下げ容認へ。
 2020年-2022年の為替レートを1ユーロ=1.09ドルに想定」
ユーロドルは1.1301へ上昇した後に1.1198へ下落して揉み合う。
米10年債利回りは0.65%台へ低下。
オランダ保健当局
「感染者数が前日の503人から614人に増加」
NYダウはマイナス圏で始まり一時2200ドル超に下落。
報道
「米株式市場、サーキットブレーカー発動」
ラガルドECB総裁
「新型ウイルス感染拡大は成長見通しに対する深刻なショックに。
 野心的かつ協調的な財政出動が求められる。
 政府および政府機関はタイムリーで目標を絞った行動が必要。
 家計と企業を支援する決意。ECBの措置は円滑な信用供給を支援。
 ECBは新型ウイルス感染拡大を注意深く監視。
 必要であれば、あらゆる政策手段を調整する用意。
 ユーロ圏成長は中期的には回復へ。
 最新のデータは経済見通しをかなり悪化させている。
 原油急落で物価に大幅な下振れリスク。
 潤沢な水準の金融緩和が必要。信用保証のような政策が必要。
 ECBの戦略見直しは現時点で棚上げ。
 QEプログラムのあらゆる柔軟性を活用。
 ECBの手段が危機には最も効果的。
 現在のショックは深刻だが、暫定的な可能性。
 ECBは回復を予想。しかし、時期は不透明。
 次回の会合はオンラインで行う」
ECBスタッフ経済予測 
「2020年の成長見通しを1.1%から0.8%に引き下げ。
 2021年の成長見通しは1.4%から1.3%に引き下げ。
 2022年の成長見通しは1.4%で据え置き。
 2020年のインフレ見通しを1.1%に据え置き。
 2021年のインフレ見通しを1.4%に据え置き。
 2022年のインフレ見通しを1.6%に据え置き」
ユーロドルは下落して軟調に推移。ドル円は105円台へ上昇。
ポンドドルや豪ドル米ドルは軟調に推移。
独英の株式市場は下げ幅を拡大。原油先物は31ドル台へ上昇。
トランプ大統領
「必要なら緊急時の権限行使も。市場は非常に大きく持ち直すだろう。
 下院の新型ウイルス関連法案は支持しない。
 欧州からの渡航制限は拡大の可能性も早期終了の可能性もある」
米10年債利回りは0.81%台へ上昇。
報道
「カナダのトルドー首相が妻の症状を考慮して自主隔離を選択」
豪ドル米ドルは0.6266へ下落。
ロンドンフィックス過ぎユーロドルは1.1056へ下落した後に反発。
ポンドドルは1.2491へ下落した後に反発。豪ドル米ドルやや反発。
報道
「NY連銀が5000億ドルの3ヵ月物レポを実施へ」
NYダウは下げ幅を縮小。
独DAXは12.24%安の9160.70で取引を終える。
英FTSE100は10.93%安の5234.00で取引を終える。
米30年債入札では最高落札利回り1.320%、応札倍率2.36倍。
ドル円は一時106.10へ上昇。豪ドル米ドルは一時0.6385へ反発。
報道
「トランプ大統領が東京五輪の1年延期を提案」
その後、NYダウは再び下げ幅を拡大。
ドル円は105円台前半へ反落して揉み合う。
ユーロドルは一時1.1217へ反発して揉み合う。
ポンドドルは1.2641へ反発して揉み合う。豪ドル米ドルやや反落。
NY連銀
「5000億ドル上限の3ヵ月物レポでは
 落札額は84日物で784億ドルだった」
NY時間終盤に米10年債利回りは一時0.88%台へ上昇。
ドル円は104円台へ下落。ユーロドルは一時1.1226へ上昇。
豪ドル米ドルは0.6213へ下落。ポンドドルはやや反落。
報道
「NY市のデブラシオ市長が非常事態を宣言」
NY金先物4月限の終値は1590.30。
原油先物4月限の終値は31.50ドル。
NYダウは2352.60ドル安の21200.62で取引を終える。
(過去最大の下落幅。1987年10月ブラックマンデー以降で最大下落率)
NASDAQは9.43%安の7201.80で取引を終える。
S&P500は9.51%安の2480.64で取引を終える。
米10年債利回りは0.823%。VIX指数は75.47へ上昇。
ドル円、104.56(始値)、106.10(高値)、103.08(安値)、104.64(終値)、
ユーロドル、1.1270(始値)、1.1333(高値)、1.1056(安値)、1.1186(終値)
ポンドドル、1.2813(始値)、1.2849(高値)、1.2491(安値)、1.2570(終値)
豪ドルドル、0.6484(始値)、0.6492(高値)、0.6213(安値)、0.6236(終値)


<3月13日(金)>

【オセアニア・東京時間】
イタリア政府
「新型コロナウイルスに感染した死者が前日より189人増え1016人。
 感染者は2651人増の1万5113人に」
報道
「新型コロナでカリフォルニアのディズニーランド・パークが休業へ」
ドル円はやや反発して揉み合う。豪ドル米ドルはやや反発。
ユーロドルは小幅に揉み合う。ポンドドル小幅に反落して揉み合う。
ダウ先物は200ドル超下落して推移。原油先物は30ドル台で推移。
米10年債利回りは0.82%台で推移。
豪ドル米ドルは0.6314へ反発した後に小幅に反落。
東京時間が近づく頃にドル円は一時104.51へ下落。
米ディズニー
「フロリダとパリにあるディズニーランド・パークを休業する」
日経平均は376.16円安で寄り付き軟調に推移。
ドル円は一時105.20へ反発。ポンドドルは1.2509へ下落。
ユーロドルは1.1153へ下落。豪ドル米ドルは小幅に反発。
米10年債利回り一時0.74%台へ低下。原油先物は31ドル台へ上昇。
日経平均は一時1800円超に下落。17000円台を割り込む。
ドル円はやや反落。ポンドドルやユーロドルはやや反発。
豪ドル米ドルは一時0.6326へ上昇。
中国人民銀行「人民元中心レート 1ドル=7.0033元」
中国上海株式市場は4.08%安で始まる。
ダウ先物は500ドル超に下落。原油先物は30ドル台へ下落。
報道
「政府・日銀が日経平均急落を受けて緊急情報交換会合を開く」
ドル円は下げ幅を縮小して反発。
日経平均は下げ幅をやや縮小。中国上海株式市場は下げ幅やや縮小。
ドル円は一時105.28へ上昇。
中国李首相
「感染者の入国阻止のために一段の措置を講じる」
麻生財務相
「株価はボラティリティが激しい。
 ある面、為替市場は安定している。注意深く見ていく」
武内財務官
「G7では新型コロナウイルスの影響への取り組みで協調を確認。
 感染抑制が一番大事。必要な対応を講じていく。
 より一層の緊張感をもって市場動向を注視。
 市場全体は非常に神経質な動き。この認識に変わりはない。
 G7代理会合で各国それぞれの取り組みを情報共有。
 現在の状況でフェイストゥフェイスの国際会議は難しい。
 債券市場動向について、動き背景にはいろいろ要因がある
 市場の資金はキャッシュの方に向かっている。
 市場介入の可能性についてはコメントしない」
その後、ドル円は上げ幅を縮小。ユーロドルは1.1218へ上昇。
豪ドル米ドルは小幅に反落。
米10年債利回りは0.80%台へ上昇。原油先物は31ドル台へ上昇。
日本銀行
「予定外の買い入れオペ2000億円を通知、5年超-10年以下。
 共通担保資金供給オペで1兆5千億円の資金供給を実施する」
日経平均は下げ幅を縮小。ダウ先物は下げ幅を縮小。
ドル円は上昇。豪ドル米ドルはやや反発。
ユーロドルは1.1221へ上昇。
報道
「国連本部で初の新型コロナ感染者、フィリピン国連代表部外交官」
日第三次産業活動指数(1月)は予想より強い前月比0.8%。
豪首相
「500名以上の集会の自粛要請」
東京時間終盤にダウ先物はプラス圏へ反発して一時700ドル超に上昇。
米10年債利回りは0.84%台へ上昇。原油先物は62ドル台へ上昇。
ドル円は106.01へ上昇した後に上げ幅を縮小。ユーロドルやや反落。
ダウジョーンズ
「日銀は来週の会合での短期金利の引き下げに消極的で、
 協調利下げの切迫した必要性ないとの認識している」
日経平均は1128.58円安の17431.05で大引け。
【ロンドン時間】
ドル円は一時105.32へ反落。ポンドドルはやや上昇して揉み合う。
豪ドル米ドルは小幅に反落して揉み合う。
ダウ先物は一時上げ幅を縮小。
中国上海株式市場は1.23%安の2887.43で取引を終える。
独消費者物価指数改定値(2月)は予想とおりの前月比0.4%。
市場反応は限定的。
米10年債利回りは0.88%台へ上昇。
ドル円は一時105.99へ上昇。ポンドドルは一時1.2599へ上昇。
仏消費者物価指数改定値(2月)は予想とおりの前月比0.0%。
発表直後の市場反応は限定的。
ユーロドルは1.1162へ下落。
ブルームバーグ
「新型コロナ対策で改正特措法成立、必要なら緊急事態宣言も可能に」
独の株式市場はプラス圏で始まり一時4%超に上昇。
英の株式市場はプラス圏で始まり一時7%超に上昇。
ダウ先物は一時900ドル超に上昇。原油先物は一時33ドル台へ上昇。
ポンドドルは一時1.2624へ上昇。
ユーロドルはやや反発して揉み合う。豪ドル米ドル小幅に揉み合う。
米10年債利回りは一時0.95%台へ上昇。
ドル円は106.24へ上昇した後に上げ幅を縮小。
レーンECB専務理事兼主任エコノミスト
「政策担当者にとってコロナショックの衝撃を和らげる目的は明確。
 金融政策はウイルスとの闘いに重要な役割を果たす。
 基本シナリオには一時的に遅れがでるだろう。
 必要であれば、将来の利下げの選択肢を保持する」
ブルームバーグ
「日銀、レポ市場の国債需給過度な引き締まり抑制
 安定確保へ一時措置」
独英の株式市場は上げ幅を縮小。ダウ先物は上げ幅を縮小。
日経
「日銀、社債など購入拡大へ、大企業にも安全網」
ドル円は堅調に推移。ユーロドルはやや下落。
豪ドル米ドルは小幅に反発して揉み合う。ポンドドルは反落。
独英の株式市場は再び上げ幅を拡大。ダウ先物は再び上げ幅を拡大。
独経済相
「アジアからの輸入依存度引き下げるため医療関連産業を支援する」
ロイター
「日銀、社債・CP購入拡大を検討。大企業の資金繰りリスクに対応」
伊中銀総裁 
「ECBは必要なら資産購入は前倒しで実施できる」
ダウ先物は1100ドル超に上昇。
報道
「米株先物、上方のサーキットブレーカーに達する」
ショルツ独財務相
「年内に財政刺激プログラムの必要性が出てくる可能性ある。
 政府が企業の株式を保有する可能性を排除せず」
フォンデアライエンEU委員長
「EUは新型コロナウイルスによるショックに耐えうる。
 EUには決断、協調、統合が必要とされている。
 ウイルス感染を止める事できないが、拡大を抑制する事が重要」
英BOE議事録
「英経済は今後数か月にわたって活動が弱まるとみている。
 新型ウイルス、需要に対するかなりの悪影響が想定される。
 英中銀は今後、新型ウイルスが与える影響について精査する。
 中小企業向け融資が特に重要と判断した。
 多くの手段による追加緩和の用意がある。
 追加利下げ、TFSMEの増額、資産購入拡大など」
米10年債利回りは0.97%台へ上昇。
【NY時間】
米輸入物価指数(2月)は予想より強い前月比−0.5%、
米輸出物価指数(2月)は予想より弱い前月比−1.1%。
トランプ大統領
「年末までの給与税カットの承認を議会に要求する」
ドル円は107.49へ上昇。豪ドル米ドルは小幅に反落。
スペイン保健当局
「感染者数が3004人から4209人に増加、死者120人に」
その後、ドル円はやや反落。ユーロドルは1.1103へ下落。
原油先物は32ドル台へ下落。
ペロシ米下院議長
「下院民主党議員とトランプ政権は
 新型コロナウイルス関連法案で合意に近づく。
 ムニューシン米財務長官と今朝、電話会談を行った」
ムニューシン米財務長官
「新型コロナウイルス対応で、第2イニングの財政刺激策を策定中。
 第1イニングは、先日の8億ドル規模のコロナ法案。
 市場は秩序立ってきている。
 長期投資家にとっては素晴らしい投資機会。
 新型ウイルスは短期的な問題。
 欧州の各政府の新型コロナウイルス対策を賞賛」
NYダウは1200ドル超に上昇した後に上げ幅を縮小。
独英の株式市場は上げ幅をやや縮小。
ポンドドルは1.2455へ下落。ドル円は106円台へ反落。
その後、ポンドドルはやや反発。ユーロドルは小幅に反発。
トランプ大統領
「FRBは他国の中銀と競争するために追加利下げを」
ミシガン大学消費者態度指数速報(3月)は予想より強い95.9。
ドル円はやや反発。ドルストレートは下落。
報道
「スペイン政府は非常事態を宣言する意向」
米10年債利回りは0.86%台へ低下。
報道
「G7がテレビ会議で16日月曜日に緊急会合を開催する。
 ウイルス感染に対する経済や金融への対応が協議される見通し」
NY連銀
「国債購入を拡大して、きょう約330億ドルを購入する」
ブルームバーグ
「トランプ大統領が国家非常事態を宣言へ」
欧州委員会
「今年のEUの成長率をマイナス1%前後に下方修正」
独の株式市場は一時マイナス圏へ反落。
ドル円は堅調に推移。ユーロドルは1.1055へ下落。
ポンドドルや豪ドル米ドルは軟調に推移。
加首相
「G7首脳が世界的な協調対応で合意」
NYダウは再び上げ幅を拡大。
独DAXは0.77%高の9232.08で取引を終える。
英FTSE100は2.46%高の5366.11で取引を終える。
豪ドル米ドルは0.6122へ下落。
報道
「加BOCが政策金利を0.5%引き下げ、0.75%に」
ポロズ加BOC総裁
「利下げは消費者の信頼感を支援。経済支援のために何でもする用意。
 原油価格下落は持続の可能性を示唆。
 原油価格は追加利下げの検討事項。
 危機は一時的と確信するが、長引く可能性」
ドルカナダは一時1.3978へ反発した後に反落。
ポンドドルは1.2276へ下落。
トランプ大統領
「国家非常事態を宣言。ウイルス感染で新たな行動を取る
 渡航規制は無数の命を救う。今は異なる段階。
 非常事態宣言で500億ドルの資金にアクセス可能となる。
 病院に対して緊急行動を要請。
 連邦政府はすべての学生ローンの金利を放棄。
 備蓄のために石油の大量購入を検討」
ドル円は108.50へ上昇。ドルストレートはやや反発。
NYダウは急上昇。原油先物は時間外取引で一時33ドル台へ上昇。
米10年債利回りは一時1.015%に上昇。
NY時間終盤にドル円はやや反落。ポンドドルは1.2259へ下落。
ユーロドルや豪ドル米ドルは小幅に反落。
NY金先物4月限の終値は1516.70。
原油先物4月限の終値は31.73ドル。時間外取引で33ドル台へ上昇。
NYダウは1985.00ドル高の23185.62で取引を終える。
NASDAQは9.34%高の7874.23で取引を終える。
S&P500は9.29%高の2711.02で取引を終える。
米10年債利回りは0.983%。VIX指数は57.83へ低下。
ドル円、104.63(始値)、108.50(高値)、104.51(安値)、107.93(終値)、
ユーロドル、1.1185(始値)、1.1221(高値)、1.1055(安値)、1.1099(終値)
ポンドドル、1.2568(始値)、1.2624(高値)、1.2259(安値)、1.2281(終値)
豪ドルドル、0.6236(始値)、0.6326(高値)、0.6122(安値)、0.6180(終値)



●今週(3月16日から3月20日)のドル・円・ユーロの注目点


<今週のドル円>

今週のドル円相場は、上昇した場合、まずは13日の高値108.50を
巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は109.00の「00」
ポイント、さらに上昇した場合は19年10月30日の高値109.29、
ここを上抜けた場合は19年11月7日の高値109.49、さらに上昇
した場合は19年12月13日の高値109.71から12月2日の高値
109.73、ここを上抜けた場合は110.00の「000」ポイントを巡る
攻防が注目されます。
一方、下落した場合、まずは3月5日の高値107.74を巡る攻防が
注目されます。ここを下抜けた場合は13日のNY時間序盤の高値
107.49、さらに下落した場合は107.00の「00」ポイント、ここを
下抜けた場合は3月4日の安値106.85、さらに下落した場合は
12日の高値106.10、ここを下抜けた場合106.00の「00」ポイント
から10日の高値105.92を巡る攻防が注目されます。


今週のドル円相場にかかわる経済指標および要人発言では、16日の
日機械受注と中国小売売上高と中国鉱工業生産とNY連銀製造業景気
指数と対米証券投資、17日の米小売売上高と米鉱工業生産と米NAHB
住宅市場指数、18日の日通関ベース貿易統計と米住宅着工件数と
米建設許可件数とFOMCとFOMC声明とパウエルFRB議長の定例
記者会見、19日の日全国消費者物価指数と日銀金融政策発表と黒田
日銀総裁の定例記者会見と米第4四半期経常収支とフィラデルフィア
連銀製造業景気指数と米新規失業保険申請件数と米失業保険継続受給
者数と米景気先行指標総合指数、20日の米中古住宅販売件数、などが
注目されます。


先週のドル円(概況)は、週初9日に104.22レベルに下落して始まり
軟調に推移して東京時間前半に101.56へ下落する展開になりました。
その後、しばらく揉み合いが続きましたが、NY時間前半に週安値と
なる101.18へ下落する展開になりました。その後、再び揉み合いが
続きましたが、10日オセアニア時間から反発してロンドン時間前半
に105.22へ上昇する展開になりました。その後、NY時間前半に
103.22へ反落しましたが、その後、再び反発してNY時間後半に
105.92へ上昇する展開になりました。その後、反落して、揉み合い
ながらも軟調傾向で推移して12日の東京時間前半にかけて103.08
へ下落しましたが、その後、反発して、揉み合いを経た後にNY時
間序盤から上伸してNY時間後半に106.10へ上昇する展開になり
ました。その後、反落して13日のオセアニア時間にかけて104.51
へ下押しましたが、その後、反発して堅調に推移してNY時間序盤
にかけて107.49へ上昇する展開になりました。その後、106.69へ
下押しましたが、その後、NY時間後半に週高値となる108.50へ
上昇した後にやや反落して107.93レベルで週の取引を終えました。


先週は、前週末の「NY州の新型コロナウイルスの感染拡大による
非常事態宣言」、米PIMCOの「米国はリセッション入りする可能性
がある」との発表、「サウジは現在日量970万バレルの生産量を
4月に1000万バレルを超す水準まで引き上げる。原油価格の引き下
げも行う」との報道、「レバノンがデフォルト」などを背景に世界の
経済が急収縮してドル円は下落して始まり、9日のNY時間前半に
101.18へ急落する展開になりました。その後、反発して揉み合いと
なった後に、10日オセアニア時間の「トランプ米大統領、給与税
減税の可能性で議会と協議へ」との報道を背景に上伸して、NY時間
後半にかけて105.92へ上昇する展開になりました。その後、11日に
「新型ウイルス感染の影響でバイデン、サンダース両氏の集会中止」
「英ドリス保健相が新型コロナに感染」「トランプ大統領、記者会見
に出席せず」、などの報道を背景に反落して、NY時間のWHOテド
ロス事務局長による「新型ウイルスはパンデミックになった」との
発言を背景に軟調に推移して、12日の東京時間でのトランプ大統領
の「欧州は新型コロナウイルスの対応に失敗。欧州からの今後30日
間の渡航を禁止」との発表を背景に103.08へ下落する展開になりま
した。その後、揉み合いながらも反発して、NY時間にNYダウが
一時2200ドル超に下落するも、ユーロドルの下落に伴うドル買いも
背景に「金も下落して、市場からの資金引き揚げによるキャッシュ
への回帰」による「有事のドル買い」でNY時間後半にかけ106.10
へ上昇する展開になりました。その後、「NY市の非常事態宣言」も
背景に13日のオセアニア時間にかけて104.51へ下押しましたが、
「政府・日銀が日経平均急落を受け緊急情報交換会合を開く」との
報道、日銀による「予定外の買い入れオペ2000億円の通知」、ロイ
ターによる「日銀、社債・CP購入拡大を検討。大企業の資金繰り
リスクに対応」との報道を背景に反発して、ダウ先物の大幅上昇
および米10年債利回りの上昇も背景にNY時間序盤にけて107.49
へ上昇する展開になりました。その後、一時106.69へ下押しました
が、「G7がテレビ会議で16日月曜日に緊急会合を開催する」との
報道、NY連銀による「国債購入を拡大して、きょう約330億ドル
を購入する」との発表、そして、トランプ大統領の「国家非常事態
を宣言。(中略) 非常事態宣言で500億ドルの資金にアクセス可能
となる。連邦政府はすべての学生ローンの金利を放棄。備蓄のため
に石油の大量購入を検討」との発言を背景に週高値となる108.50
へ上昇して107.93レベルで週の取引を終えました。


さて今週ですが、経済指標および要人発言では17日の米小売売上高
18日のFOMCとパウエルFRB議長の定例会見、19日の日銀金融
政策発表と黒田日銀総裁の定例会見が注目の焦点になります。

週初は、「G7テレビ会議」が注目されますが、トランプ大統領が複数
の新型コロナウイルスに感染していた人と接触していた事で「新型
コロナウイルス感染の検査を受けた」事から検査の結果を巡る報道
も注目されます。

18日のFOMCでは利下げが確実視されていますが、利下げ幅ととも
に「FRBは金融システムに大量の流動性を注入する」との観測もあ
りますので「追加緩和策の有無」、そして市場反応が注目されます。
また、給与税にかかわる米議会の動向も注目されます。


<今週のユーロドル>

今週のユーロドル相場は、上昇した場合、まずは13日の東京時間
序盤の安値1.1153を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合
は1.1200の「00」ポイントから12日のNY時間終盤の戻り高値
1.1226、さらに上昇した場合は12日オセアニア時間の安値1.1251
から10日の安値1.1275、ここを上抜けた場合は1.1300の「00」
ポイント、さらに上昇した場合は12日の高値1.1333を巡る攻防が
注目されます。
一方、下落した場合、まずは週安値でもある13日の安値1.1055を
巡る攻防が注目されます。ここを下抜けた場合は1.1000の「000」
ポイント、さらに下落した場合は1月29日安値1.0992から19年
11月29日の安値1.0981、ここを下抜けた場合は19年9月3日の
安値1.0926、さらに下落した場合は1.0900の「00」ポイント、
ここを下抜けた場合は19年10月1日の安値1.0879を巡る攻防が
注目されます。


今週のユーロドル相場にかかわる経済指標では、17日の独・欧の
ZEW景況感調査、18日の欧消費者物価指数改定値、などが注目さ
れますが、対ドル通貨ペアとして、16日の中国小売売上高と中国
鉱工業生産とNY連銀製造業景気指数と対米証券投資、17日の
米小売売上高と米鉱工業生産と米NAHB住宅市場指数、18日の
米住宅着工件数と米建設許可件数とFOMCとFOMC声明と
パウエルFRB議長の定例記者会見、19日の米第4四半期経常収支
とフィラデルフィア連銀製造業景気指数と米新規失業保険申請件数
と米失業保険継続受給者数と米景気先行指標総合指数、20日の
米中古住宅販売件数、などが注目されます。


先週のユーロドル(概況)は、週初9日に1.1351レベルに上昇して始
まり東京時間前半に週高値となる1.1497へ上昇する展開になりまし
た。その後、揉み合いになりましたが、10日のオセアニア時間から
軟調推移となってNY時間後半にかけて1.1275へ下落する展開にな
りました。その後、反発して11日ロンドン時間にかけて1.1367へ
戻しましたが、その後、再び反落して12日オセアニア時間にかけ
1.1251へ下落する展開になりました。その後、東京時間前半に反発
して1.1333へ戻しましたが、その後、再び反落して軟調に推移し
てロンドンフィックス過ぎに1.1056へ下落する展開になりました。
その後、反発して13日の東京時間午後にかけて揉み合いながらも
1.1221へ戻しましたが、その後、再び反落してロンドンフィックス
過ぎに週安値となる1.1055へ下落する展開になりました。その後、
揉み合いながらも反発して1.1099レベルで週の取引を終えました。


先週は、週初に週高値となる1.1497へ上昇しましたが「3人のイン
ディアンの足型」を示現した後に10日のオセアニア時間から反落し
て、「ECBスタッフの1人が新型コロナウイルスに感染」との報道、
独IFO所長の「コロナウイルスの影響で独はリセッション入りも」
との発言、11日のメルケル独首相の「新型ウイルスが欧州に襲来し
たことよく理解すべき。専門家によると、今後、人口の60-70%が
感染する可能性。(後略)」との発言、「イタリアで新型ウイルス感染
の死者が827人に達し、31%急増」との報道、およびドル買い、
そして、12日の東京時間でのトランプ大統領の「欧州は新型コロナ
ウイルスの対応に失敗。欧州からの今後30日間の渡航を禁止」との
発表など背景に揉み合いながらも軟調に推移する展開になりました。
その後、ECBは政策金利を0.00%に据え置きましたが、「QEと流動
性供給を拡大。新たな長期資金供給策を発表。(中略) 債券買い入れ
は利上げの直前まで継続。TLTRO第3弾についてより好ましいター
ムに。TLTROの金利はDFRを0.25bp下回る水準に。資産購入を
年末まで1200億ユーロ増額。新型コロナにより、銀行の自己資本
比率引き下げ容認へ。2020年-2022年の為替レートを1ユーロ=
1.09ドルに想定」などが示され、一時1.30台へ戻すも、その後、
ラガルドECB総裁の「新型ウイルス感染拡大は成長見通しに対する
深刻なショックに。(中略) 家計と企業を支援する決意。ECBの措置
は円滑な信用供給を支援。必要であれば、あらゆる政策手段を調整
する用意。最新のデータは経済の見通しをかなり悪化させている。
原油急落で物価に大幅な下振れリスク(後略)」などが示され、ロン
ドンフィックス過ぎに1.1056へ下落する展開になりました。その後
13日の東京時間午後にかけて1.1221へ戻しましたが、「スペイン
政府は非常事態を宣言する意向」との報道もある中、ドル買いを
背景に軟調に推移して、ロンドンフィックス過ぎに週安値となる
1.1055へ下落して、1.1099レベルで週の取引を終えました。


さて今週ですが、経済指標では、17日の独・欧のZEW景況感調査
が注目されますが、対ドル通貨ペアとして、17日の米小売売上高
18日のFOMCとパウエルFRB議長の会見が注目の焦点になります。

先週はドイツ銀行の株価が急落して、ECBによる銀行の自己資本比
率引き下げ容認が余儀なくなりましたが、18日に予定されていた
ロンドンでの英EUの将来関係を巡る体面による第2回交渉が中止
になりビデオ会議を検討しているとの事で、欧州で感染が拡大して
いる新型コロナウイルス関連報道が引き続き注目されますとともに
ユーロドル相場を主導している米ドルの動向が注目されます。

チャート的には12日の安値1.1056と13日の安値1.1055の2本の
角を巡る攻防が重要攻防になりそうです。





さて今回は、トレードと凡事のお話 その381 です。


前回からの続きのお話です。


投資苑で有名なアレキサンダー・エルダー博士が
トレードでは当たり前なことこそが大切として、
「投資苑3」の中でこう語っています。


「相場には秘密があります。
 秘密がないということが秘密なのです」


相場やトレードで秘密ではない「当たり前なこと」とは
いったいぜんたい何なのでしょうか…。


今回は「トレードと凡事」その第三百八十一話です。


それでは、はじまり、はじまり〜。^^



『おい、ジイさん。先週は世界の株式市場で10兆ドルも時価総額が
 減少したけど…、12日にNYダウが1987年10月のブラックマン
 デー以降で最大の下落率で2352.60ドル安と過去最大の下落幅に
 なったその翌日の13日には一時「上方のサーキットブレーカー」
 も発動して1985ドル高になり…、まさにジェットコースターの
 ような株式市場の値動きだったよな…。オレ様も驚いたぜぃ』


「ふむ。そうであったのう…。溜口剛太郎殿。
 先週のNYダウは週間2679.16ドル下落したが、その値動きでは
 セリング・クライマックスも想起させるような状況じゃったのう。
 ただ、今の相場は過去の常識が通用しないアブノーマル相場ゆえ
 再び下値を試して、2番底をつけに行くやもしれぬがのう…」


『ドル円も「ひっちゃかめっちゃか」で、週初101.18へ急落の後
 「トランプ米大統領、給与税減税の可能性で議会と協議へ」との
 報道を背景に上伸して、週中は揉み合うも、週末にかけて108.50
 へと上昇して、週間高安では7円32銭もの値動きだったよな…』


「ふむ…。ファンダメンタルズ要因もいろいろあったが…、週間、
 大雑把に言えば、週半ばからドル買いの一週間で、金も下落して
 『市場からの資金引き揚げによるキャッシュへの回帰』による
 急収縮での『有事のドル買い』の様相でもあったようじゃのう…」


『まぁ「キャッシュ・イズ・キング」てなワケなのかもしれないが
 先週はいろいろな意味で驚愕の一週間だったよな…。さて今週は
 いったいどんな相場展開になるのかねぇ…。ジイさん』


「ふむ…。今週も17日に米小売売上高、18日にFOMCとパウエル
 FRB議長の定例会見、19日の日銀金融政策発表と黒田日銀総裁の
 定例会見、そして、週初には『G7テレビ会議』が予定されていて
 重要イベント目白押しじゃが、ボラタイルな相場となろうのう…」


『18日のFOMCでは利下げが確実視されているけど、CMEフェド
 ウォッチによる利下げ織り込み度では1.00%の利下げもあり得る
 ようだよな…。利下げをしない選択肢はないと思われるけど…、
 0.5%の利下げでは市場がダダをこねそうだし…、緊急利下げの後
 でもありFEDメンバーは「のりしろを残したい」と思うだろうし
 とても難しい舵取りになるだろうな…。ジイさん』


「ふむ…。『FRBは金融システムに大量の流動性を注入する』との
 観測もあるようで、QE4を期待する向きもあるようじゃのう…。
 利下げ幅についても期待が大きいだけに、期待に届かずでは落胆
 となる場合もあるだろうし、期待に届いてもセル・ザ・ファクト
 となったり、さらなる催促相場となる場合もあるやもしれず…、
 市場反応が大いに注目されるのう…。溜口剛太郎殿」


『19日の日銀金融政策発表も打つ手が限られる中、大変だろうしな。
 それと…、トランプ大統領が複数の新型コロナウイルスに感染し
 ていた人と接触していたことで「新型コロナウイルス感染の検査
 を受けた」との報道があり、その結果も注目されるけど…、
 万が一、トランプ大統領が新型コロナウイルスに感染していたと
 判明すれば、驚天動地の大事件になるだろうからな…。ジイさん』


「まぁ、体温は全くの正常とのことで大丈夫と思われるがのう…。
 現在市場では、新型コロナの実体経済への波及を巡り『景気後退』
 『債券バブル』、『金融政策の限界』の3つのリスクが警戒されて
 いるが…、今週は重要な一週間となろうのう…。溜口剛太郎殿」


『怖くもあり、リスクを避けて休むも相場も一策だけど、その一方
 動いてなんぼのトレードではボラが大きいことは魅力でもあり…、
 リスク管理をしっかりしてトレードに臨みたいもんだぜぃ…。
 さてところで…、ジイさん。今日はいったい何のお話だい?』


「あははっ。今日はあまりに前段のお話が長くなり過ぎたようじゃ。
 テーマ別のお話は、また次回以降にさせてもらうとしよう…」




なーんちゃって。

またまたお話が長くなりました。 m(_ _)m


ではまた来週。


FX トレードと凡事のお話 その380


先週は日銀5000億資金供給とFRBの0.5%緊急利下がありました。
そして、米10年債利回り0.674%へ低下してドル円も下落しました。



■今週(3月9日から3月13日)の主な経済指標


<3月9日(月)>

※ 米国とカナダが夏時間に移行。

朝8時50分に日第4四半期GDP改定値
朝8時50分に日国際貿易収支(1月)、日国際経常収支(1月)
午後2時に日景気現状判断DI(2月)、日景気先行き判断DI(2月)
午後3時45分にスイス失業率(2月)
午後4時に独鉱工業生産(1月)、独貿易収支(1月)、独経常収支(1月)
夜9時15分に加住宅着工件数(2月)
夜9時半に加住宅建設許可件数(1月)
などが予定されています。
日・独の指標には注目です。


<3月10日(火)>

朝6時45分にNZ第4四半期製造業売上高
午前9時01分に英BRC小売売上高調査(2月)
午前9時半に豪NAB企業景況感指数(2月)
午前10時半に中国消費者物価指数(2月)、中国生産者物価指数(2月)
午後4時45分に仏鉱工業生産指数(1月)
午後7時に欧第4四半期GDP確定値
などが予定されています。
中国・欧の指標には注目です。


<3月11日(水)>

午後6時半に英月次GDP(1月)、
午後6時半に英鉱工業生産指数(1月)、英製造業生産指数(1月)
午後6時半に英商品貿易収支(1月)、英貿易収支(1月)
午後8時に米MBA住宅ローン申請指数
夜9時半に米消費者物価指数(2月)、米消費者物価指数コア(2月)
夜9時半に加第4四半期設備稼働率
深夜3時に米月次財政収支(2月)
などが予定されています。
英・米の指標には注目です。


<3月12日(木)>

朝8時50分に日第1四半期大企業全産業業況判断指数
朝8時50分に日第1四半期大企業製造業業況判断指数
朝8時50分に日国内企業物価指数(2月)
午前9時01分に英RICS住宅価格指数(2月)
午後7時に欧鉱工業生産(1月)
夜9時半に米卸売物価指数(2月)、米卸売物価指数コア(2月)
夜9時半に米新規失業保険申請件数、米失業保険継続受給者数
夜9時45分に欧ECB政策金利、
夜10時半からラガルドECB総裁の定例記者会見
などが予定されています。
欧・米の指標とラガルドECB総裁の定例記者会見には注目です。


<3月13日(金)>

午後1時半に日第三次産業活動指数(1月)
午後4時に独消費者物価指数改定値(2月)
午後4時45分に仏消費者物価指数改定値(2月)
夜9時半に米輸入物価指数(2月)、米輸出物価指数(2月)
夜11時にミシガン大学消費者態度指数速報(3月)
などが予定されています。
独・英の指標には注目です。



欧州などの国債入札予定時間につきましては
http://jp.investing.com/ から入って
http://jp.investing.com/economic-calendar/
が参考になります。



■先週(3月2日から3月6日)の主な出来事や要人発言


先週は、ドルインデックスが97.985で始まり軟調傾向で推移して
95.685へ下落しした後に95.934で週の終値になりました。
米10年債利回りは週レベルの終値で0.773%へ低下。
NY原油先物(WTI)4月限は週の終値で41.28ドルへ下落しました。
NYダウは週間455.42ドル上昇、25864.78ドルで取引を終える。
VIX指数は週レベルでは41.94へ上昇しました。



<3月2日(月)>

【オセアニア・東京時間】
2月29日の中国製造業PMI(2月)は予想よりかなり弱い35.7。
ドル円は107.44レベルに下落して始まりやや反発して揉み合う。
ユーロドルは1.1046レベルで始まり一時1.1074へ上昇。
ポンドドルは1.2775に下落して始まりやや反発して揉み合う。
豪ドル米ドルは0.6466へ下落して始まり0.6525へ反発。
ダウ先物は一時300ドル超に下落。原油先物は44ドル台で推移。
米メディア
「大統領選の民主党候補指名争いでブティジェッジ氏が撤退へ」
日第4四半期全産業設備投資額は予想より弱い前年同期比−3.5%。
市場反応は限定的。
日経平均は293.17円安で寄り付く。
ドル円は一時107.89へ上昇。
ユーロドルは1.1036へ反落した後にやや反発。
豪ドル米ドルは一時0.64台へ反落。ポンドドルは小幅に揉み合う。
中国国家衛生健康委員会
「中国国内での新型コロナウイルス感染による死者は42人増え、
 計2912人になった。また、感染者は新たに202人増え、
 中国国内での感染者は計8万26人に」
報道
「1日時点、新型コロナウイルス感染者は全世界で8万8400人超。
 中国だけで8万人を超えている。死者は中国で新たに42人増え
 計2912人になった。全世界での死者数は3041人。
 1日、ニューヨークでも初めて感染者が確認された」
米10年債利回りは一時1.043%へ低下。
黒田日銀総裁
「新型コロナウイルス感染拡大を受け市場では
 不安定な動きが続いている。今後の動向を注視していく。
 適切な金融市場調節や資産買い入れの実施を通じて、
 潤沢な資金供給と金融市場の安定確保に努めていく」
中国人民銀行「人民元中心レート 1ドル=6.9811元」
中国上海株式市場は0.66%高で始まり1%超に上昇。
報道
「日本銀行、5000億円の資金供給を発表」
日経平均は一時150円超に上昇。ダウ先物は一時100ドル超に上昇。
ドル円は一時108円台へ上昇。ポンドドルは1.2828へ上昇。
豪ドル米ドルは0.6529へ上昇。ユーロドル小幅に反落して揉み合う。
中国財新製造業PMI(2月)は予想より弱い40.3。
豪ドル米ドルやポンドドルは一時小幅に反落。
ドル円は108.04へ上昇した後に108円台を割り込み揉み合う。
韓国
「新型コロナウイルス感染を新たに476人確認、計4212人に」
ダウ先物は一時再びマイナス圏へ反落して揉み合う。
ワシントンポスト
「トランプ政権が新型コロナウイルスの感染拡大による
 株安などへの対応で的を絞った形での減税を検討している」
ダウ先物は200ドル超に上昇。日経平均は200円超に上昇。
米10年債利回り一時1.12%台へ上昇。原油先物は46ドル台へ上昇。
中国上海株式市場は2.5%超に上昇。
ドル円は再び108台へ上昇。ポンドドルはやや上昇。
豪ドル米ドルは0.6546へ上昇。
報道
「CME通貨先物からの金利見通し、
 今月FOMCでの0.5%の利下げを100%織り込む動きに」
東京時間午後に日経平均は一時300円超に上昇。
ドル円は108.37へ上昇。ユーロドルはやや軟調傾向で揉み合う。
報道
「米国のシアトルで新型コロナウイルスによる
 全米で二人目の死亡者がでた」
報道
「新型コロナウイルスの感染拡大の影響に関して、
 豪中銀(RBA)、豪健全性規制庁(APRA)、証券投資委員会(ASIC)が
 緊急の電話会合を実施」
報道
「韓国、北朝鮮が未確認飛翔体を発射したと報じる」
ドル円は上げ幅をやや縮小。豪ドル米ドルはやや反落。
ポンドドルは1.2837へ上昇した後にやや反落。
ダウ先物は上げ幅をやや縮小。米10年債利回り一時1.06%台へ低下。
関係者筋情報
「英国とEUとの通商交渉が今秋にも破断する」
クオモNY州知事
「NY州で初めての新型コロナウイルスの感染患者が発生した」
ゴールドマンサックス
「FRBは17日、18日のFOMCを待たずに、
緊急利下げを実施する見通し}
ドル円はやや反落して揉み合う。
中国上海株式市場は3%超に上昇。
東京時間終盤にドル円は小幅に反発。
ユーロドルはやや反落。ポンドドルは小幅に反発して揉み合う。
日経平均は201.12円高の21344.08で大引け。
【ロンドン時間】
ドル円は小幅に揉み合う。ポンドドルは一時1.2851上昇。
豪ドル米ドルは一時小幅に反発。
米10年債利回り1.10%台へ上昇。原油先物は一時45ドル台へ下落。
中国上海株式市場は3.15%高の2970.93で取引を終える。
ユーロドルや豪ドル米ドルはやや反発。ポンドドルはやや反落。
米10年債利回り一時1.15%台へ上昇。ダウ先物は400ドル超に上昇。
原油先物は46ドル台へ上昇。
ドル円は108.58へ上昇。
ルメール仏経済・財務相 
「G7財務相が協調に向け今週協議する。
 協調して対応するため週内に電話会議を開く。
 ムニューシン米財務長官と1日に話した。
 ラガルドECB総裁と2日もしくは3日に会談する」
独英の株式市場はプラス圏で始まり2%超に上昇。
ダウ先物は500ドル超に上昇。
英BOE
「安定性を守るために必要なあらゆる措置を講じる」
ドル円はやや反落。豪ドル米ドルは上昇。
ポンドドルは一時1.2762へ下落。ユーロドルは上昇。
その後、独の株式市場は上げ幅を縮小。
スイスSVME購買部協会景気指数(2月)は予想より強い49.5。
スイスフランの反応は限定的。ユーロドルは1.1093へ上昇。
豪ドル米ドルは0.6568へ上昇。
仏製造業PMI改定値(2月)は予想より強い49.8。
市場反応は限定的。
ダウ先物は一時600ドル超に上昇。
独製造業PMI改定値(2月)は予想より強い48.0。
市場反応は限定的。
欧製造業PMI改定値(2月)は予想より強い49.2。
ユーロドルはやや反落。豪ドル米ドルは小幅に反落。
ドル円は107円台へ下落。ポンドドルは1.2756へ下落。
ロベルト・コッホ研究所
「新型ウイルス、独国内で150例の感染を確認」
米10年債利回りは1.09%台へ低下。英の株式市場は上げ幅を縮小。
英製造業PMI改定値(2月)は予想より弱い51.7、
英消費者信用残高(1月)は予想より強い12億ポンド。
ポンドの反応は限定的。ドル円は107.75へ下落。
ダウ先物は上げ幅を縮小。原油先物は45ドル台へ下落。
独の株式市場はマイナス圏へ反落。
OECD
「世界経済成長見通しウイルス影響で2.4%に引き下げ (従来2.9%)
 世界経済成長見通し、2021年には緩やかに回復へ。
 2020年中国成長見通し4.9% (従来5.7%)
 2020年日本成長見通しは0.2% (従来0.6%)
 2020年ユーロ圏成長見通しは0.8% (従来1.1%)
 2020年英国成長見通しは0.8% (従来1.0%)
 第1四半期で新型ウイルス感染拡大がピークアウトすること前提。
 ウイルス感染長引けば、世界経済成長見通しは1.5%に低下。
 日本、韓国、豪には大きなマイナス影響及ぶと予想。
 感染拡大が悪化すればユーロ圏や日本はリセッション入りの可能性」
イラン保健当局
「523名の新規ウイルス感染を確認、累積1501名に」
ドル円は107.52へ下落。豪ドル米ドルやや反落。ユーロドルは上昇。
ポンドドルは1.2753へ下落した後にやや反発して揉み合う。
米10年債利回りは1.04%台へ低下。
ダウ先物はマイナス圏へ反落して一時200ドル超に下落。
英の株式市場はマイナス圏へ反落。独の株式市場は1.5%超に下落。
その後、ドル円はやや反発。ユーロドルは一時1.1128へ上昇。
豪ドル米ドルは0.6526へ反落した後に小幅に反発。
ポンドドルは1.2746へ下落。
ペンス米副大統領
「新型コロナウイルス、さらに多くの感染を見込む」
ジョンソン英首相
「新型コロナウイルス問題がより一層重大なものになっている。
 英国は感染拡大に対して極めてよく準備されている」
デギンドスECB副総裁
「新型コロナウイルスは成長に対する新たな不透明感を加えた。
 感染拡大はユーロ圏の需要、供給両面に影響与える可能性。
 ECBは引き続き警戒、データを注意深く監視。
 必要であれば、ECBはあらゆる措置を行う用意」
ヨルダン当局
「2名の新型ウイルス感染を初確認」
【NY時間】
ドル円はやや反落。ユーロドルは一時1.1164へ上昇。
ポンドドルや豪ドル米ドルはやや反発。
米10年債利回り1.08%超に上昇。英の株式市場はプラス圏へ反発。
ダウ先物はプラス圏へ反発して200ドル超に上昇。
ユーロドルは上げ幅を縮小。
NYダウはプラス圏で始まり一時300ドル超に上昇。
ウンシュECB専務理事
「ECBは全てのショックに行動する必要はない。
 V字回復が唯一のシナリオではない。
 ユーロ圏の回復は遅れるかもしれないが、頓挫することはない。
 新型ウイルス感染の影響はECBの見通しを下方修正させる可能性。
 ECBは警戒する必要」
米製造業PMI改定値(2月)は予想より弱い50.7。
限定的ながらドル売り反応。
米ISM製造業景気指数(2月)は予想より弱い50.1、
米建設支出(1月)は予想より強い前月比1.8%。
ドル円は107.40へ下落した後に反発。ユーロドルは揉み合う。
ポンドドルは1.2740へ下落。豪ドル米ドルはやや反落。
トランプ大統領
「パウエル議長はじめ米金融当局は行動が遅い」
報道
「G7財務相が3日にウイルス対策で電話会議を開く」
ロンドンフィックス過ぎにドル円は108.14へ上昇。
ユーロドルは堅調に推移。ポンドドルは反発。
豪ドル米ドルは0.6512へ反落した後に小幅に反発。
原油先物は一時47ドル台へ上昇。
独DAXは0.27%安の11857.87で取引を終える。
英FTSE100は1.13%高の6654.89で取引を終える。
NYダウは一時800ドル超に上昇。米10年債利回り1.09%台で推移。
ライトハイザーUSTR代表
「中国の貿易交渉はなお多くの課題が残っている。
 中国とのデカップリングは米国の目的ではない」
ドル円はやや反落して揉み合う。ユーロドルは1.1185へ上昇。
ポンドドルは一時1.2825へ上昇。豪ドル米ドルは小幅に揉み合う。
ブルームバーグ
「トランプ政権は中国国営メディアに対し
 在米スタッフの約40%削減を命じた」
その後、ポンドドルやユーロドルはやや反落。
ブルームバーグ
「トランプ政権は、新型ウイルス感染による経済および市場への
 影響を封じ込めるため一連の対策について議論している。
 その中で、クドローNEC委員長とムニューシン米財務長官は、
 今月のFOMC前のFRBによる緊急利下げを支持している」
米NBC
「ワシントン州でウイルス感染者の6人目の死亡が確認」
ラガルドECB総裁
「景気を下支えするために適宜・適切に的を絞った対策をとる用意」
ドル円は揉み合いの後に108.47へ上昇。
ユーロドルやポンドドルはやや下落。
豪ドル米ドルはやや反発して揉み合う。
NYダウは終盤にかけて急伸。米10年債利回り1.15%台へ上昇。
NY金先物4月限の終値は1594.80。
原油先物4月限の終値は46.75ドル。時間外取引で47ドル台へ上昇。
NYダウは1293.96ドル高の26703.32で取引終える。過去最大上げ幅。
NASDAQは4.49%高の8952.16で取引を終える。
S&P500は4.60%高の3090.23で取引を終える。
米10年債利回りは1.166%。VIX指数は33.42へ低下。
ドル円、107.44(始値)、108.58(高値)、107.38(安値)、108.33(終値)、
ユーロドル、1.1046(始値)、1.1185(高値)、1.1038(安値)、1.1133(終値)
ポンドドル、1.2775(始値)、1.2851(高値)、1.2740(安値)、1.2754(終値)
豪ドルドル、0.6466(始値)、0.6568(高値)、0.6465(安値)、0.6535(終値)


<3月3日(火)>

【オセアニア・東京時間】
ドル円は小幅に反落して揉み合う。
ユーロドルは小幅に反発して揉み合う。
ポンドドルは1.2741へ反落した後にやや反発。
豪ドル米ドルは小幅に反発して揉み合う。
ダウ先物はプラス圏で推移。原油先物は47ドル台で推移。
米10年債利回り1.15%台から1.16%台で推移。
ペンス副大統領
「米国における新型コロナウイルスのリスクは依然低い。
 米国内の感染者は43名。うち17名は旅行が要因、
 26名が人から人への感染。
 6週以内にワクチンの臨床試験を行うことが可能。
 治療薬は夏の終わりか秋になる」
東京時間が近づく頃にドル円は108.54へ上昇。
豪ドル米ドルは0.6549へ上昇。ユーロドルは小幅に揉み合う。
報道
「イラン最高指導者の側近が、新型コロナウイルスにより死亡」
日経平均は307.91円高で寄り付き上げ幅を縮小。
ドル円はやや反落。豪ドル米ドルは小幅に反落。
ダウ先物は200ドル超に上昇。原油先物は48ドル台へ上昇。
IMFと世銀の共同声明
「肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大を受け、
 緊急の資金調達や政策運営の助言など
 加盟国が必要とする取り組みに全力を尽くす」
豪住宅建設許可件数(1月)は予想より弱い前月比−15.3%、
豪第4四半期経常収支は予想より弱い10億豪ドル。
限定的ながら豪ドル売り反応。豪ドル米ドルはやや下落。
ユーロドルはやや軟調傾向で揉み合う。
ポンドドル1.2777へ上昇した後に小幅に反落。
報道
「日本銀行は国債買現先オペで5000億円の供給を実施」
韓国
「新型コロナウイルス、新たに477人の感染を確認 計4812人」
中国人民銀行「人民元中心レート 1ドル=6.9516元」
中国上海株式市場は1.21%高で始まる。
モリソン豪首相
「政府は豪中銀と緊密に連携。
 新型コロナウイルスのアウトブレイクが発生後は
 ターゲットを絞った財政刺激が必要になる。
 雇用、キャッシュフロー、投資を注視」
その後、日経平均は一時マイナス圏へ反落。
米10年債利回りは1.13%台へ低下。ダウ先物は上げ幅を縮小。
原油先物は47ドル台へ下落。
豪ドル米ドルは0.6510へ下落した後に小幅に反発。
ユーロドルは1.1120へ下落した後に小幅に反発して揉み合う。
ドル円は107円台へ下落。ポンドドルは再びやや反発。
ワシントン州レドモンド市
「新型コロナウイルス感染拡大で、非常事態を宣言」
豪RBAは政策金利を0.50%に引き下げる。
豪RBA声明
「以前よりも第一四半期の世界経済成長は鈍化見込み。
 今後に備え緩和を実施。新型コロナウイルスは経済に明らかな影響。
 新型コロナウイルスのアウトブレイクに反応した決断。
 新型コロナウイルスの内需への影響は不透明。
 直近のグローバル経済見通しに雲がかかっている。
 新型コロナウイルスにより完全雇用への動きは鈍化が見込まれる。
 今後の感染拡大を注意深く観測。
 どの程度持続的な影響が出るのかを判断するのは時期尚早。
 持続的な経済成長のサポートに必要であれば緩和を行う。
 住宅市場とくにシドニーやメルボルンの同市場に変化の兆し。
 豪州の金融市場は効果的に運営されており、流動性もしっかり。
 賃金の上昇は落ち着いている。。
 第1四半期のGDPは以前の予想よりも著しく弱い見込み。
 豪経済が成長トレンドへ復すると期待」
豪ドル米ドルは一時0.6566へ上昇。
ロイター
「G7、協調利下げなど盛り込まない方針」
その後、ドル円は一時107.66へ下落。
ユーロドルは一時1.1155へ反発。ポンドドルは一時1.2786へ上昇。
日経平均は150円超に下落。米10年債利回りは1.12%台へ低下。
日消費者態度指数(2月)は予想より強い38.4。
市場反応は限定的。
ダウ先物はマイナス圏へ反落。米10年債利回りは1.11%台へ低下。
豪ドル米ドルは小幅に反落。
日経平均は261.35円安の21082.73で大引け。
【ロンドン時間】
米10年債利回りは1.12%台へ上昇。
スイス第4四半期GDPは予想より強い前期比0.3%。
市場反応は限定的。
ドル円はやや反発。ポンドドルは1.2798へ上昇。
トランプ米大統領
「米金融当局は米国の競争力を不利なものとしている。
 米金融当局は緩和及び大幅利下げを実施すべき。
 パウエル氏の任命は最初から間違いだった」
中国上海株式市場は0.74%高の2992.90で取引を終える。
ポンドドルやや反落した後に1.28台へ上昇。
ユーロドルは1.1115へ下落。
ドル円は一時108円台を回復。豪ドル米ドルは小幅に揉み合う。
ダウ先物はプラス圏へ反発。
仏財政収支(1月)は前回値より強い−200億ユーロ。
市場反応は限定的。
独英の株式市場はプラス圏で始まり2%超の上昇。
ドル円は小幅に反落した後に108.14へ上昇。
ポンドドル1.2813へ上昇した後にやや反落。
ユーロドルは1.1107へ下落。豪ドル米ドルは0.6564へ上昇。
米10年債利回りは1.14%台へ上昇。ダウ先物は200ドル超に上昇。
ルメール仏経済相
「ラガルドECB総裁との新型ウイルスに関する話し合いは
 極めてポジティブだった」
その後、ドル円は小幅に反落して揉み合う。
ユーロドルは1.1100へ下落。ポンドドルは1.2763へ下落。
原油先物は48ドル台へ上昇。
独保健当局
「新型ウイルス感染者が188名に増加」
関係者
「ECBはコロナウイルスの影響受けた
 中小企業向け貸し出し期間の延長を検討」
英建設業PMI(2月)は予想より強い52.6。
ポンドドルはやや反発。ユーロドルはやや反発。
カーニー英BOE総裁
「景気支援のためにあらゆる必要な措置をとる。
 コロナウイルス問題に対して適切に対応する。
 財政拡大が英経済に影響を与えるだろう。
 金利は当面、低水準にとどまるだろう。
 英経済回復が続かない場合には、英中銀は行動する必要ある。
 新型コロナは1もしくは2四半期の成長に影響与えるだろう。
 新型コロナは混乱を招くが、経済を破壊するとは見ていない。
 財政出動と中銀の措置の相乗効果を期待すべき。
 中小企業への貸し出し支援を検討している」
シンガポール政府
「イラン、伊北部、日本、韓国への不要不急の渡航控えるよう勧告」
欧消費者物価指数速報(2月)は予想とおりの前年同月比1.2%、
欧消費者物価指数コア速報(2月)は予想とおりの前年同月比1.2%、
欧卸売物価指数(1月)は予想とおりの前年同月比−0.5%、
欧失業率(1月)は予想とおりの7.4%。
ユーロドルは1.1139へ反発した後にやや反落。
ポンドドルは1.2815へ上昇した後に上げ幅を縮小。
米10年債利回りは一時1.16%台へ上昇。
イラン保健当局
「新型コロナウイルス感染者数が835人増の累積2336人に」
オーストリア中銀総裁
「新型コロナ対応で、財政政策を主に、金融政策は従に。
 ECBは警戒を怠らないが、過剰反応もせず。
 TLTROsについて、来週議論する」
英政府
「新型コロナ、最悪シナリオの場合、
 労働者全体の2割に相当する600万人あまりが欠勤する可能性。
 感染者の看護や学校閉鎖の場合、
 子供の面倒を見るための人でがさらに必要に。
 感染ピークは3週間前後続く可能性高い」
ポンドドルは揉み合う。
G7
「ウイルス感染拡大の状況を注視する。
 必要な箇所に財政手段含め行動とる用意ある」
ドル円は一時107.60へ下落。ユーロドル小幅に反発して揉み合う。
豪ドル米ドルは堅調傾向で推移。ポンドドル小幅に反落して揉み合う。
ダウ先物は一時マイナス圏へ反落。米10年債利回り1.12%台で推移。
【NY時間】
伊経済団体
「第1・2四半期に伊GDPがマイナス成長となる見込み。
 第2四半期に減速が強まる可能性も」
ユーロドルは一時1.1095へ下落。ドル円は小幅に反発。
ポンドドルは1.2768へ下落した後にやや反発。
ダウ先物は200ドル超に上昇。原油先物は47ドル台へ下落。
NYダウはプラス圏で始まり200ドル超に下落。
NY州知事室
「NYで2人目の新型ウイルス感染者が出た」
FRB
「0.5%の緊急利下げを実施。新型ウイルス感染でリスク強まる。
 米経済のファンダメンタルズは依然強い。
 動向を注視し、適切に行動。全会一致」
NYダウは一時プラス圏へ反発。
ドル円は107.90へ上昇した後に107円台前半へ下落。
ユーロドルは一時1.1214へ上昇。ポンドドルは一時1.2833へ上昇。
豪ドル米ドルは一時0.6645へ上昇。
トランプ大統領
「FRBは追加緩和を実施すべきだ」
パウエルFRB議長
「リスクの中で米経済の強さを維持するための行動。
 1月会合以降、ウイルス感染が新たなリスクに。
 見通しに対するリスクが大きく変化したと判断。
 景気支援で手段を活用し適切に行動へ。
 どの程度、ウイルス感染の影響が続くのか誰もわからないと思う。
 G7声明は高い協調性を示す。G7諸国はそれぞれ行動へ。
 公式な協調行動は追加で実施する可能性。
 財政当局からも支援が来る可能性ある。現在の米通貨政策は適切。
 スタンスを支持。利下げは家計と企業の信頼感を高める。
 利下げはタイトな金融市場の状況を回避できる」
ドルストレートは上げ幅を縮小して揉み合う。
独DAXは1.08%高の11985.39で取引を終える。
英FTSE100は0.95%高の6718.20で取引を終える。
NYダウは軟調に推移。
ポンドドルは1.2844へ上昇した後にやや反落。
トランプ大統領
「金利は依然として高過ぎる。
 FRBは後手に回っており、先手を打っていないことに失望。
 新型ウイルス感染は拡大を防げないわけではない。
 新型ウイルス感染に対する予備の予算を議会と取り組んでいる。
 新型ウイルス感染に関して国内移動の制限は考えていない」
NY時間後半に米10年債利回り一時0.935%へ低下。最低水準を更新。
NYダウは一時900ドル超に下落。
ドル円は106.94へ下落した後に107円台へ反発して揉み合う。
ドルストレートは揉み合う。
スペイン当局
「新型ウイルス感染の初の死亡者」
クリーブランド連銀総裁
「新型ウイルス感染は少なくとも今年上期のGDPを圧迫。
 新型ウイルス感染が落ち着いた後も悪影響は続く。
 マイナス金利には懐疑的。経済への影響の程度を予測は困難」
NY時間終盤に米10年債利回りは1.00%台を回復。
NY時間終盤にドル円はやや反落。豪ドル米ドルはや反落。
NZ住宅建設許可件数(1月)は前回値より弱い前月比−2.0%。
市場反応は限定的。
NY金先物4月限の終値は1644.40。
原油先物4月限の終値は47.18ドル。
NYダウは785.91ドル安の25917.41で取引を終える。
NASDAQは2.99%安の8684.09で取引を終える。
S&P500は2.81%安の3003.37で取引を終える。
米10年債利回りは1.002%。VIX指数は36.82へ上昇。
ドル円、108.32(始値)、108.54(高値)、106.94(安値)、107.12(終値)、
ユーロドル、1.1133(始値)、1.1214(高値)、1.1095(安値)、1.1173(終値)
ポンドドル、1.2753(始値)、1.2844(高値)、1.2741(安値)、1.2808(終値)
豪ドルドル、0.6538(始値)、0.6645(高値)、0.6510(安値)、0.6583(終値)


<3月4日(水)>

【オセアニア・東京時間】
ペンス米副大統領
「米国内での新型コロナウイルス感染は13州で計77人となった」
ダウ先物はマイナス圏で推移。米10年債利回りは0.98%台へ低下。
東京時間が近づく頃にドル円は一時106.85へ下落。
ポンドドルは一時1.2831へ上昇。ユーロドルは小幅に揉み合う。
豪ドル米ドルは0.6577へ反落。
報道
「スーパーチューズデー、バーモント州でサンダース氏が勝利確実」
日経平均は185.53円安で寄り付きプラス圏へ反発。
ドル円はやや反発。豪ドル米ドルは小幅に反発。
ダウ先物はプラス圏へ反発。
報道
「伊、新型コロナウイルス感染者2500人に。緊急閣僚会合開催へ」
豪第4四半期GDPは予想より強い前期比0.5%。
豪ドル米ドルは0.6610へ上昇。
報道
「バイデン氏がバーモント州民主党予備選に続き
 ノースカロライナ州でも勝利確実」
ダウ先物は200ドル超に上昇。米10年債利回りは0.97%台で推移。
報道
「バイデン氏がアラバマ州民主党予備選で勝利確実」
韓国
「新型コロナウイルス、新たに142人の感染を確認。計5328人」
ドル円は107.52へ上昇した後にやや反落して揉み合う。
豪ドル米ドルは0.6615へ上昇。ポンドドル揉み合う。
ユーロドルは小幅に揉み合う。
中国人民銀行「人民元中心レート 1ドル=6.9514元」
中国上海株式市場は0.37%安で始まる。
中国財新サービス業PMI(2月)は予想より弱い26.5。過去最低。
豪ドル米ドルは一時やや反落して揉み合う。
米10年債利回りは一時0.94%台へ低下。
報道
「コロラド州でサンダース氏勝利確実。
 オクラホマ州でバイデン氏勝利確実。
 テネシー州でバイデン氏勝利確実。
 ミネソタ州でバイデン氏勝利確実。
 アーカンソー州でバイデン氏勝利確実」
ダウ先物は300ドル超に上昇。原油先物は一時48ドル台へ上昇。
ポンドドルはやや反落。豪ドル米ドルは小幅に反落。
ドル円は小幅に反発して揉み合う。ユーロドルはやや軟調傾向で推移。
報道
「マサチューセッツ州でバイデン氏勝利確実。
 全米で最大の代議員数を抱えるカリフォルニア州では
 サンダース氏が勝利確実」
中国上海株式市場は一時プラス圏へ反発。
ポンドドルは1.2807へ反落した後に小幅に反発して揉み合う。
報道
「テキサス州ではバイデン氏がリード。(開票率66%)」
日経平均は17.33円高の21100.06で大引け。
【ロンドン時間】
ドル円は一時107.50へ上昇。ユーロドルは一時1.1143へ下落。
ポンドドルは一時1.2807へ下落。豪ドル米ドルは小幅に揉み合う。
ダウ先物は400ドル超に上昇。原油先物は47ドル台で推移。
NBC
「バイデン氏がテキサス州予備選で勝利確実」
米10年債利回りは一時0.96%台へ低下。
韓国中銀
「市場動向を監視し、安定化を目指す。
 金融政策の活用だけでは限界がある。
 政府の政策との調和を考えなければならない。
 政策状況の変更を適切に検討へ」
中国上海株式市場は0.63%高の3011.67で取引を終える。
独小売売上高指数(1月)は予想より弱い前月比0.9%。
市場反応は限定的。
米10年債利回りは0.98%台へ上昇。
黒田日銀総裁
「新型コロナで日本経済すでに影響見られている。
 すでに中国外国人観光客は大きく減少、影響出ている。
 日本経済全体は設備投資や財政支出で支えられている。
 経済、金融市場動向を注視し、必要に応じて適切に対応。
 新型肺炎長引けば、影響大きくなること十分に認識。
 新型肺炎、輸出・生産・インバウンド需要・個人消費に影響」
ドル円は一時107.69へ上昇。豪ドル米ドルは小幅に上昇。
スイス消費者物価指数(2月)は予想より弱い前月比0.1%。
スイスフランの反応は限定的。ポンドドルは一時1.2783へ下落。
ユーロドルは小幅に反発。
S&P
「ECBは政策金利を10bp引き下げると予想」
中国
「2月の乗用車販売は前年同月比8割減、過去最大の減少」
独の株式市場はマイナス圏で始まりプラス圏へ反発。
英の株式市場はプラス圏で始まる。
ドル円は一時107.33へ反落。ユーロドルは一時1.1188へ上昇。
ポンドドルは一時1.2780へ下落。
仏サービス業PMI改定値(2月)は予想より弱い52.5。
限定的ながらユーロ売り反応。
米10年債利回り一時0.934%へ低下。最低水準を更新。
独サービス業PMI改定値(2月)は予想より弱い52.5。
市場反応は限定的。
欧サービス業PMI改定値(2月)は予想より弱い52.6。
ユーロの反応は限定的。豪ドル米ドルはやや堅調傾向で推移。
ダウ先物は500ドル超に上昇。
ドル円は小幅に反発して揉み合う。
日本政府筋
「中国・習近平国家主席の4月の訪日は延期へ」
英サービス業PMI改定値(2月)は予想より弱い53.2。
ポンドドルは1.2778へ下落。
欧小売売上高(1月)は予想とおりの前月比0.6%。
ユーロの反応は限定的。ドル円はやや反発して揉み合う。
HSBC
「英中銀は3月26日の会合もしくはそれ以前に0.25%利下げへ」
ポンドドルは一時1.2772へ下落。
ブルームバーグ
「サウジ、OPECプラスに日量100万バレル以上の減産で合意促す」
その後、ポンドドルは一時やや反発して揉み合う。
ユーロドルは1.1136へ下落。
イラン保健当局
「昨日から新たに586名が感染、累積死者数は92名に」
デベル豪中銀副総裁
「新型コロナによるサービス輸出の減少の影響で
 第1四半期GDPは0.5%低下するだろう。
 豪州のサービス輸出は第1四半期に10%減少すると予測。
 金融政策は引き続き有効。将来的には
 財政出動による景気刺激策も金融政策の判断材料に取り入れる」
その後、ポンドドルは1.2770へ下落した後に一時1.2815へ反発。
ユーロドルは小幅に反発。豪ドル米ドル0.6628へ上昇。
五輪組織委の武藤事務総長
「IOCから予定通りの五輪開催確信との報告受けた」
米10年債利回りは0.98%台へ上昇。
仏AFP
「ブリュッセルのEU機関でコロナウイルス感染例確認」
伊紙レプブリカ
「イタリア、全ての学校を15日間閉鎖することを検討」
米MBA住宅ローン申請指数は前回値より強い15.1%。
市場反応は限定的。
サウジ
「市民や居住者に対するウイルス懸念で、ウムラ巡礼を順延」
トレードウェブ
「2月は取引急増、1日の平均取引額は過去最高の8856億ドル、
 前年比47%増」
デベル豪中銀副総裁
「新型コロナによるサービス輸出の減少の影響で
 第1四半期GDPは0.5%低下するだろう
 豪州のサービス輸出は第1四半期に10%減少すると予測。
 金融政策は引き続き有効
 将来的には財政出動による景気刺激策も
 金融政策の判断材料に取り入れる。
 あと1回の利下げ余地がある。それ以上はQEを検討する必要も」
ポンドドルは一時1.2827へ上昇。ユーロドルは1.1097へ下落。
ドル円は一時107.66へ上昇。
米10年債利回り一時1.00%台へ上昇。ダウ先物は700ドル超に上昇。
【NY時間】
ショルツ独財務相
「財政措置はタイムリー、目標を絞った、一時的なものに」
伊政府
「伊の全国の学校、大学を3月15日まで休校にする」
ドル円は小幅に反落。ユーロドルは小幅に反発。
米ADP雇用統計(2月)は予想より強い前月比18.3万人。
(1月分は29.1万人から20.9万人へ下方修正)
市場反応は限定的。
伊教育相
「学校閉鎖についてはまだ何も決定していない」
加第4四半期労働生産性指数は予想より弱い前期比−0.1%。
市場反応は限定的。ドルカナダは揉み合う。
原油先物は48ドル台へ上昇。
ポンドドルは1.2832へ上昇。豪ドル米ドルは小幅に反落。
英BBC
「英国で新型ウイルス感染者が1日で34名増え、計85名に拡大」
欧州委員会
「新型ウイルス感染の影響で、伊と仏が第1四半期に、
 リセッションに陥るリスクがある」
その後、ドル円は107.37へ反落。ユーロドルやポンドドルやや反落。
NYダウはプラス圏で始まり一時700ドル超に上昇。
米10年債利回りは0.95%台へ低下。
ドル円は下落。ユーロドルは一時1.1096へ下落。
その後、NYダウは上げ幅を縮小。
米サービス業PMI改定値(2月)は予想とおりの49.4、
米総合PMI改定値(2月)は前回値と同じ49.6。
ドル円は107.15へ下落。
ベイリー英BOE次期総裁
「資金供給で政府との行動が必要。
 新型ウイルス感染に英中銀は素早く行動する必要。
 中小企業の支援に素早く行動する必要。
 小規模企業の支援で財務相と面会した」
米ISM非製造業景況指数(2月)は予想より強い57.3。
ドル円はやや反発。ポンドドルはやや反落。
ユーロドルはやや反発。豪ドル米ドルは小幅に揉み合う。
米10年債利回りは0.98%台へ上昇。
加BOCは政策金利を1.25%に引き下げる。
加BOC声明
「必要なら追加調整の用意も。
 1月のインフレは暫定要因で強かった。
 世界の金融市場の状況は緩和的でなくなっている。
 企業と家計の信頼感はさらに弱くなる可能性。
 家計負債への言及は削除」
ドルカナダは一時1.3431へ上昇。
報道
「ブルームバーグ氏が米大統領選から撤退する。
 同氏はバイデン氏の支持に回る」
報道
「スーパーチューズデー、バイデン氏9勝、サンダース氏4勝。
 米民主党指名争い、2氏軸に」
NY連銀
「翌日物のレポ取引で1000億ドル供給」
ドル円は107.54へ反発した後に上げ幅を縮小。
ユーロドルは1.1145へ反発した後に小幅に反落して揉み合う。
ポンドドルは1.2800へ反落した後に再び上昇。
豪ドル米ドルは0.6603へ反落した後に小幅に反発。
EIA週間石油在庫統計では原油在庫が78.4万バレルの増加。
原油先物は47ドル台へ下落。
セントルイス連銀総裁
「新型ウイルス感染が深刻化するリスクが高まっている。
 現在、正しい位置に政策金利は達した。
 FRBは保険を一部持ち出した。
 状況は非常に流動的で3月FOMCは予断を持たずに。
 3月FOMCには多くのウェイトは置いていない。
 3月FOMCでは本日よりも情報は多くはないだろう。
 新型ウイルス感染の影響は一時的と見ている。
 利下げが病気を完治させることはないと知っている。
 自身の2020年の経済見通しは非常に良好」
報道
「ロサンゼルスの郡当局が新たなウイルス感染例を報告、
 非常事態を宣言」
独DAXは1.19%高の12127.69で取引を終える。
英FTSE100は1.45%高の6815.59で取引を終える。
伊教育相
「新型ウイルス感染で3月15日まで学校閉鎖する」
ドル円は再びやや反発。ユーロドルは揉み合う。
ポンドドルは堅調に推移。豪ドル米ドルは小幅に反発。
ブロードベント英BOE副総裁
「新型ウイルス感染は重大な影響を及ぼす。
 支援を追加することが役割になる可能性。
 経済への影響は一時的かもしれない。
 英中銀は政府や他の中銀と連絡をとっている。
 英中銀は情勢を監視し、対応を検討」
その後、ポンドドルは1.2872へ上昇。
米地区連銀経済報告
「大半で経済活動は緩慢ないし緩やかに拡大。
 新型ウイルス感染の影響で供給に遅延。生産者は混乱を懸念。
 新型ウイルス感染が旅行と観光に悪影響の兆候。
 労働市場がタイトで雇用は逼迫」
ドル円は107.50へ反発した後にやや反落。
NY時間終盤にNYダウは1000ドル超に上昇。
米10年債利回りは1.05%台へ上昇。
ドル円はやや反発。豪ドル米ドルは0.6627へ上昇。
ユーロドルは小幅に揉み合う。ポンドドルは1.2873へ上昇。
米労働省
「統計発表方法の手順変更は3月9日以降に延期」
米下院
「新型ウイルス対策で約80億ドルの歳出法案を可決」
NY金先物4月限の終値は1643.00。
原油先物4月限の終値は46.78ドル。
NYダウは1173.45ドル高の27090.86で取引を終える。
NASDAQは3.85%高の9018.09で取引を終える。
S&P500は4.22%高の3130.12で取引を終える。
米10年債利回りは1.055%。VIX指数は31.99へ低下。
ドル円、107.17(始値)、107.69(高値)、106.85(安値)、107.53(終値)、
ユーロドル、1.1173(始値)、1.1188(高値)、1.1096(安値)、1.1136(終値)
ポンドドル、1.2808(始値)、1.2873(高値)、1.2770(安値)、1.2872(終値)
豪ドルドル、0.6583(始値)、0.6628(高値)、0.6577(安値)、0.6627(終値)


<3月5日(木)>

【オセアニア・東京時間】
ドル円は小幅に上昇して揉み合う。ドルストレートは小幅に揉み合う。
ダウ先物はマイナス圏で推移。原油先物は47ドル台で推移。
米10年債利回りは1.04%台で推移。
東京時間が近づく頃にドル円は107.74へ上昇。
豪ドル米ドルは0.6630へ上昇。
日経平均は299.81円高で寄り付き上げ幅をやや縮小。
ドル円はやや反落。豪ドル米ドルはやや反落。
香港当局
「飼い犬が新型コロナウイルスに感染したことを確認」
カリフォルニア州知事
「新型コロナウイルスで非常事態宣言」
豪貿易収支(1月)は予想より強い52.10億豪ドル。
市場反応は限定的。
ポンドドルは1.2875へ上昇した後にやや反落。
ドル円は一時107.39へ下落。
ダウ先物は150ドル超に下落。米10年債利回りは1.01%へ低下。
韓国
「新型コロナウイルス、新たに145人の感染を確認。計5766人」
中国人民銀行「人民元中心レート 1ドル=6.9403元」
中国上海株式市場は0.81%高で始まる。
ケネディ豪財務相
「新型コロナウイルスの影響で第1四半期の豪GDPは
 0.5%程度押し下げられる。
 すべての影響を見切るには時期尚早。
 財政対応に関してはまもなく明らかにする」
豪ドル米ドルは0.6607へ下落。ポンドドルは1.2861へ下落。
ユーロドルは小幅に反落して揉み合う。
ダウ先物は一時200ドル超に下落。
その後、ドル円は107.26へ下落。
東京時間午後に米10年債利回りは一時1.00%台へ低下。
ダウ先物は下げ幅をやや縮小。
ドル円は小幅に揉み合う。ポンドドルや豪ドル米ドルは小幅に反発。
東京時間終盤にドル円は小幅に反発。ポンドドル1.2879へ上昇。
日経平均は229.06円高の21329.12で大引け。
【ロンドン時間】
報道
「日本政府の方針として中国・韓国からの入国者全員を
 二週間隔離する方針」
ドル円はやや反落。ポンドドルは一時1.2889へ上昇。
ユーロドルはやや軟調に推移。
岸田政調会長
「金利の引き下げはリーマン・ショックの際を
 大きく上回る対応をぜひお願いしたい」
中国上海株式市場は1.99%高の3071.68で取引を終える。
ダウ先物は250ドル超に下落。
ドル円は一時107.19へ下落。豪ドル米ドルは一時0.6634へ上昇。
ユーロドルは1.1120へ下落。
中国商務省
「中国の貿易への新型ウイルスによる影響は一時的。
 日韓と新型ウイルスによる影響相殺に向け協力する。
 マスク輸出を制限したことは決してない」
英FT
「米国政府は新型コロナウイルス対策に50億ドルを投じる用意」
独英の株式市場はプラス圏で始まりマイナス圏へ反落。
伊政府筋
「イタリア内閣は本日、景気刺激策について議論する」
ユーロドルは反発。豪ドル米ドルは堅調傾向で推移。
原油先物は46ドル台へ下落。
ドル円は軟調に推移。ポンドドルは堅調に推移。
韓国
「新型コロナ感染者が6088人に、322人増加。
 死者は6人増えて41人に」
報道
「スイス、新型コロナウイルスで初の死亡例」
関係者
「日銀が新型コロナで企業支援へ、低利の資金供給活用を検討」
英保健当局
「新型ウイルスの感染阻止よりも拡大を遅れさせる局面だ」
安倍首相
「中国と韓国からの入国者に対する検疫強化、9日から実施。
 韓国一部とイラン滞在の外国人、入国拒否対象に、7日から実施。
 感染が拡大する中、今が正念場、機動的な水際対策を躊躇なく断行」
ダウ先物は400ドル超に下落。米10年債利回りは0.96%台へ低下。
独英の株式市場は1.5%超に下落。
ドル円は106.80へ下落。ユーロドルは1.1177へ上昇。
ポンドドルは1.2931へ上昇。豪ドル米ドルは0.6637へ上昇。
伊議員
「イタリアの新型ウイルス対策費は50億ユーロ近くに」
OPEC代表
「OPEC閣僚らは日量150万バレルの減産で合意」
原油先物は一時47ドル台へ上昇。
ドル円はやや反発。ドルストレートはやや反落。
関係者
「HSBC、ロンドン調査部門で1人がウイルス感染確認」
英首相報道官
「新型コロナ感染拡大で離脱移行期間が延期されることはない」
その後、ユーロドルは1.1200へ上昇。ポンドドル1.2936へ上昇。
ドル円は一時再びやや反落して揉み合う。
その後、ポンドドルはやや反落。
米チャレンジャー人員削減数(2月)は前回値より強い前年比−26.3%。
市場反応は限定的。米10年債利回りは0.95%台へ低下。
【NY時間】
豪ドル米ドルは0.6600へ下落。
米第4四半期非農業部門労働生産性改定値は予想より弱い前期比1.2%、
米新規失業保険申請件数は予想より弱い21.6万件、
米失業保険継続受給者数は予想より強い172.9万人。
市場反応は限定的。
ダウ先物は600ドル超に下落。米10年債利回りは0.93%台へ低下。
ユーロドルは揉み合いの後に1.1201へ上昇。
ポンドドルは小幅に反発。豪ドル米ドルは一時0.6584へ下落。
NYダウはマイナス圏で始まり800ドル超に下落。
ドル円は106.73へ下落。
米製造業新規受注(1月)は予想より弱い前月比−0.5%。
英首相官邸
「英国とEUが第1回目の離脱協議を行った。
 厳しい交渉になるだろう」
テネシー州知事
「テネシー州で初の新型ウイルス感染」
報道
「米民主党のウォーレン氏が米大統領選から撤退」
ドル円は106.94へ反発した後に再び下落。
ユーロドルは1.1167へ反落した後に再び上昇。
ポンドドルは小幅に反落した後に再び上昇。
豪ドル米ドルは0.6584へ下落した後にやや反発して揉み合う。
NY連銀
「翌日物のレポ取引を通じて873.6億ドルを金融市場に供給」
豪ドル米ドルは0.6608へ反発した後にやや反落。
独DAXは1.51%安の11944.72で取引を終える。
英FTSE100は1.62%安の6705.43で取引を終える。
英テレグラフ紙
「新型ウイルス感染で、英国での初の死者が報告された」
米10年債利回りは0.899%に低下。最低水準を更新。
NYダウは一時1000ドル超に下落。
ドル円は軟調に推移。ユーロドルやポンドドルは堅調に推移。
豪ドル米ドルは揉み合う。
その後、ドル円は106.23へ下落し後に一時やや反発。
ユーロドルは1.1218へ上昇した後に一時やや反落。
ポンドドルは一時揉み合う。
原油先物は45ドル台へ下落。
カナダBOC総裁
「感染の前から利下げの方向に傾いていた。
 今回の利下げは信頼感を支援することが目的。
 フォワードガイダンスではない」
ドルカナダは1.34台前半で揉み合う。
米上院
「新型ウイルス対策で78億ドル相当の緊急歳出法案を可決」
NY時間終盤にドル円は一時105.97へ下落した後にやや反発。
ユーロドルは1.1245へ上昇。豪ドル米ドルは0.6619へ反発。
ポンドドルは1.2968へ上昇した後にやや反落して揉み合う。
NY金先物4月限の終値は1668.00。
原油先物4月限の終値は45.90ドル。
NYダウは969.58ドル安の26121.28で取引を終える。
NASDAQは3.10%安の8738.59で取引を終える。
S&P500は3.39%安の3023.94で取引を終える。
米10年債利回りは0.915%。VIX指数は39.62へ上昇。
ドル円、107.53(始値)、107.74(高値)、105.97(安値)、106.16(終値)、
ユーロドル、1.1136(始値)、1.1245(高値)、1.1120(安値)、1.1240(終値)
ポンドドル、1.2871(始値)、1.2968(高値)、1.2861(安値)、1.2956(終値)
豪ドルドル、0.6627(始値)、0.6637(高値)、0.6584(安値)、0.6615(終値)


<3月6日(金)>

【オセアニア・東京時間】
ドル円は揉み合いながらもやや反発。ユーロドルはやや反落。
ポンドドルはやや反落して揉み合う。豪ドル米ドルは揉み合う。
ダウ先物はプラス圏で推移。原油先物は46ドル台で推移。
日全世帯家計調査消費支出(1月)は予想より強い前年同月比−3.9%。
日経平均は319.32円安で寄り付く。
WTOのテドロス事務局長
「新型コロナウイルス感染拡大はパンデミックの段階には達してない。
 各国が協調して取り組めば、封じ込めることは可能であり、
 諦める時ではない」
ドル円は106.34へ反発した後にやや反落。
豪ドル米ドルは0.6624へ反発。
ユーロドルはやや軟調に推移。ポンドドル小幅に反発して揉み合う。
NY市長
「過去2週間に中国、韓国、日本、イタリア、イランの5ヵ国に
 渡航歴があるNY滞在者へ14日間の自主的な隔離を求める」
豪小売売上高(1月)は予想より弱い前月比−0.3%。
豪ドル米ドルはやや反落。
ユーロドルは1.1211へ下落した後に小幅に反発。
日経平均は500円超に下落。ダウ先物はマイナス圏へ反落。
原油先物は45ドル台へ下落。
ダラス連銀総裁
「このところ状況が急激に変化している。
 実体経済の鈍化や膠着に対して、金融緩和は効果がある。
 株価の上下は利下げの要因ではない」
中国人民銀行「人民元中心レート 1ドル=6.9337元」
中国上海株式市場は1.03%安で始まる。
韓国
「新型コロナウイルス、新たに518人の感染を確認。計6284人」
米10年債利回りは0.832%へ低下。最低水準を更新。
ドル円は一時105.83へ下落。ユーロドルは1.1249へ上昇。
ポンドドルは1.2966へ上昇。豪ドル米ドルは0.6585へ下落。
日経平均は600円超に下落。ダウ先物は200ドル超に下落。
ペロシ下院議長
「議会議事堂閉鎖の計画はない」
NY連銀総裁
「3日に行った緊急利下げが景気拡大をサポートする。
 新型コロナウイルスの感染拡大について注意深く監視し、
 適切に対応していく。準備資金について、潤沢な供給を確保。
 見通しが変化し、不確実性が非常に高い、
 新型コロナウイルスの拡大の影響から防御のため、
 金融当局は政策手段を駆使して適切に行動していく」
その後、ユーロドルはやや反落。ポンドドルは小幅に反落。
豪ドル米ドルはやや反発。
日経平均は一時700円超に下落。
ドル円は105.76へ下落して揉み合う。
ポンドドルは小幅に揉み合う。ユーロドルは一時小幅に反発。
日景気先行指数速報(1月)は予想より弱い90.3、
日景気一致指数速報(1月)は予想より強い94.7。
市場反応は限定的。
米10年債利回りは0.808%へ低下。最低水準を更新。
ダウ先物は300ドル超に下落。
豪ドル米ドルは小幅に反落して揉み合う。
日経平均は579.37円安の20749.75で大引け。
【ロンドン時間】
米10年債利回りは一時0.83%台へ上昇。
ドル円はやや反発。ユーロドルは一時小幅に下落。
中国上海株式市場は1.21%安ので3034.51取引を終える。
独製造業新規受注(1月)は予想より強い前月比5.5%。
ユーロの反応は限定的。ポンドドルは上昇。
ドル円は一時106.06へ上昇。豪ドル米ドルは上昇。
ダウ先物は下げ幅をやや縮小。
仏貿易収支(1月)は予想より弱い−58.87億ユーロ、
仏経常収支(1月)は前回値より弱い−28億ユーロ。
ドル円はやや反落。ユーロドルは小幅に反発。
独英の株式市場はマイナス圏で始まり2%超に下落。
中国科学院 
「新型コロナウイルスの突然変異を監視する必要。
 これまでのところ、治療薬や抗体、
 ワクチ ンの開発に影響するような変異は確認されていない。
 中国はその可能性を注視している」
米10年債利回りは0.723%へ低下。最低水準を更新。
ダウ先物は500ドル超に下落。原油先物は43ドル台へ下落。
ドル円は一時104.99へ下落。ドルストレートは堅調に推移。
その後、ドル円はやや反発して揉み合う。
イラン保健当局
「新型コロナ感染症例が1234人増加、累計4747人に」
ユーロドルは1.1340へ上昇。ポンドドルは1.3026へ上昇。
豪ドル米ドル0.6657へ上昇。
ダウ先物は600ドル超に下落。独英の株式市場は3%超に下落。
マクロン仏大統領
「新型コロナウイルスの感染拡大は今後数週間続く見込み。
 全ての国民に対して、高齢者住居への訪問を控えるよう要請」
その後、ドルストレートはやや反落。
セントルイス連銀総裁
「市場がボラタイルなことには驚かず。
 我々は新型ウイルスの影響を理解することに苦労している。
 市場は極めて最悪のケースを織り込んでいるようだ。
 新型ウイルスによる成長鈍化は一時的にとどまるだろう。
 新型ウイルスに対する公衆衛生面での対応がカギとなる。
 3月FOMC会合が過度に注目されること望まず。
 FEDは柔軟であり、会合と会合の間にも対応できること示した」
【NY時間】
ポンぺオ米国務長官
「中国は新型ウイルスに関する情報共有をより迅速に行うべき。
 中国からの不完全な情報が米国を後手に回らせている。
 新型ウイルスに関して、サプライチェインの動向を注視している」
ダウ先物は700ドル超に下落。
ドル円は軟調傾向で推移。
ユーロドルやポンドドルはやや反発して揉み合う。
米10年債利回りは0.714%へ低下。最低水準を更新。
米非農業部門雇用者数変化(2月)は予想より強い前月比27.3万人、
米失業率(2月)は予想より強い3.5%、
米平均時給(2月)は予想とおりの前月比0.3%、
米貿易収支(1月)は予想より強い−453億ドル。
ドル円は一時やや反発して揉み合う。
ユーロドルやポンドドルは一時やや反落して揉み合う。
加新規雇用者数(2月)は予想より強い3.03万人、
加失業率(2月)は予想とおりの5.6%、
加貿易収支(1月)は予想より弱い−14.7億加ドル。
市場反応は限定的。ドルカナダは揉み合う。
その後、ドル円はやや反落。ユーロドルやポンドドルはやや上昇。
豪ドル米ドルは0.6623へ反落した後にやや反発。
トランプ大統領
「FRBは利下げし、刺激すべき。
 バイデン氏はウォールストリートにとって好ましくない。
 金融市場は反転すると予想」
英当局
「英国の感染症例数は前日の115人から163人に急増」
原油先物は一時44ドル台へ上昇。
NYダウはマイナス圏で始まり一時800ドル超に下落。
ユーロドルは1.1355へ上昇。ポンドドルは1.3032へ上昇。
米10年債利回りは0.674%へ低下。最低水準を更新。
米卸売売上高(1月)前回値より強い前月比1.6%、
米卸売在庫(1月)は予想より弱い前月比−0.4%。
ドル円は一時小幅に反発して揉み合う。ポンドドル1.3049へ上昇。
ユーロドルはやや反落。
加Ivey購買部協会指数(2月)は前回値より弱い54.1。
市場反応は限定的。
ブルームバーグ
「OPECプラスの協議が決裂の危機」
報道
「OPECプラスは合意することなく協議が終了」
原油先物は42ドル台へ下落。
クドロー米NEC委員長
「第2四半期の景気は減速の公算。第3四半期も可能性ある。
 行動の前に更なる情報を待ちたい。
 時機を得て的を絞った政策が好ましい。
 小規模企業や航空会社に支援が必要かもしれない。
 一時的な雇用税減税には反対の意向。FRBはさらに行動する必要」
ドル円は105.74へ上昇した後に上げ幅を縮小して揉み合う。
ユーロドルは一時1.1287へ反落して揉み合う。ポンドドルやや反落。
豪ドル米ドルは0.6646へ反発した後にやや反落して揉み合う。
シカゴ連銀総裁
「マイナス金利は好ましくない。
 ドット・プロットはコミュニケーション手段として有効。
 我々は公衆衛生の新たなリスクに直面。注意を払い適切に対応。
 FRBが使用できる手段は一般に知られている」
香港政府
「不要不急の域外渡航を見合わせるよう市民に要請」
独DAXは3.37%安の11541.87で取引を終える。
英FTSE100は3.62%安の6462.55で取引を終える。
ドル円は一時105.63へ反発して揉み合う。ポンドドル1.2991へ反落。
報道
「世界経済フォーラムとリヤドサミットを来年に延期する」
セントルイス連銀総裁
「米雇用統計は2月の米経済の状況が良好なことを示した。
 米経済はしばらく、減速するだろう。中国よりは信頼感は良好。
 市場は最悪のケースを織り込んでいるようだ。
 信用ファシリティの創設は財政政策。
 金融政策は目の前の状況に焦点をあて続ける」
ドル円は揉み合う。ドルストレートは揉み合う。
ボストン連銀総裁
「マイナス金利には疑問。海外でも成功していない。
 低金利時の財政政策は大きな役割を果たす。
 FRBが購入可能な資産の範囲拡大を検討すべき」
NY時間後半に原油先物は41ドル台へ下落。
米消費者信用残高(1月)は予想より弱い前月比120.2億ドル。
NY連銀総裁
「ウイルス感染の影響は大きな不確実性の局面に達した。
 ウイルス感染は明らかに衛生問題。
 FRBは経済を支援する重要な役割を担っている。
 状況は非常に不透明で動きが早い」
NYダウは再び800ドル超下落した後に下げ幅を縮小。
ドル円はやや反発して揉み合う。ポンドドルは1.3052へ上昇。
ユーロドルは1.1287へ反落。豪ドル米ドルは一時0.6648へ反発。
NY金先物4月限の終値は1672.40。
原油先物4月限の終値は41.28ドル。
NYダウは256.50ドル安の25864.78で取引を終える。
NASDAQは1.87%安の8575.62で取引を終える。
S&P500は1.71%安の2972.37で取引を終える。
米10年債利回りは0.773%。VIX指数は41.94へ上昇。
ドル円、106.16(始値)、106.34(高値)、104.99(安値)、105.39(終値)、
ユーロドル、1.1240(始値)、1.1355(高値)、1.1211(安値)、1.1288(終値)
ポンドドル、1.2957(始値)、1.3052(高値)、1.2946(安値)、1.3050(終値)
豪ドルドル、0.6615(始値)、0.6657(高値)、0.6585(安値)、0.6634(終値)



●今週(3月9日から3月13日)のドル・円・ユーロの注目点


<今週のドル円>

今週のドル円相場は、上昇した場合、まずは6日のNY時間の高値
105.74を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は106.00
の「00」ポイントから6日のロンドン時間の戻り高値106.06、
さらに上昇した場合は4日の安値106.85、ここを上抜けた場合は
107.00の「00」ポイントを巡る攻防が注目されます。
一方、下落した場合、まずは週安値でもある6日の安値104.99を
巡る攻防が注目されます。ここを下抜けた場合18年3月26日安値
106.64、さらに下落した場合は19年8月26日安値104.45、ここを
下抜けた場合104.00の「00」ポイントを巡る攻防が注目されます。


今週のドル円相場にかかわる経済指標では、9日の日第4四半期
GDP改定値と日国際貿易収支、10日の中国消費者物価指数と中国
生産者物価指数、11日の米消費者物価指数と米月次財政収支、
12日の米卸売物価指数と米新規失業保険申請件数と米失業保険継続
受給者数、13日のミシガン大学消費者態度指数速報、などが注目
されます。


先週のドル円(概況)は、週初2日に107.44レベルで始まりロンドン
時間序盤にかけて週高値となる108.58へ上昇しましたが、その後、
反落してNY時間前半にかけて107.40へ下落する展開になりました。
その後、反発して3日のオセアニア時間にかけて108.54へ上昇し
ましたが、その後、反落して、揉み合いながらも軟調傾向で推移し
て4日のオセアニア時間にかけて106.85へ下落する展開になりま
した。その後、反発して、揉み合いながらも堅調傾向で推移して
5日のオセアニア時間にかけて107.74へ戻しましたが、その後、
再び反落して、軟調に推移して6日のロンドン時間前半にかけて
週安値となる104.99へ下落する展開になりました。その後、揉み
合いになりNY時間前半に一時105.74へ反発しましたが、その後、
再び揉み合いになり105.39レベルで週の取引を終えました。


先週は、米国などにも新型コロナウイルスの感染が報道される中、
週初に黒田日銀総裁の緊急談話の後に「日銀が5000億円の資金供
給を行う」との発表をした事を背景にロンドン時間に週高値となる
108.58へ上昇する展開になりました。その後、NY時間前半にかけ
て107.40へ下落しましたが、その後、「G7財務相がウイルス対策で
電話会議を開く」との報道も背景に反発して、ペンス米副大統領の
「6週以内にワクチンの臨床試験を行うこと可能。治療薬は夏の終
わりか秋になる」との発言もある中、3日オセアニア時間に108.54
へ上昇する展開になりました。その後、再び反落して、ロイターの
「G7、協調利下げなど盛り込まない方針」との報道がある中、軟調
傾向で推移して、NY時間にFRBが「0.5%の緊急利下げを実施」
して米10年債利回りが1%を割り込んだことも背景に4日のオセア
ニア時間にかけて106.85へ下落する展開になりました。その後、
「スーパーチューズデー、バイデン氏が9勝、サンダース氏が4勝。
米民主党指名争い、2氏軸に」との報道がある中、反発して株式市場
の上昇も背景に5日オセアニア時間にかけて107.74へ戻しましたが
その後、再び反落して、カリフォルニア州知事の「新型コロナウイ
ルスで非常事態宣言」もある中、株式市場の下落および米10年債
利回りの最低水準更新も背景に軟調に推移して6日のロンドン時間
前半にかけて週安値となる104.99へ下落する展開になりました。
その後、揉み合いになり米雇用統計の反応も限定的で105.39レベル
で週の取引を終えました。


さて今週ですが、経済指標では、9日の日第4四半期GDP改定値、
10日の中国消費者物価指数、11日の米消費者物価指数、13日の
米ミシガン大学消費者態度指数速報、などが特に注目されますが、
低下に行き過ぎの指摘もある米10年債利回りの動向、そして、
株式市場の動向、新型コロナウイルス(COVID-19)関連報道、不良
債権問題、本邦企業の期末を控えて、リパトリに伴う円転の動向、
などに引き続き留意が要りそうです。


<今週のユーロドル>

今週のユーロドル相場は、上昇した場合、まずは週高値でもある
6日の高値1.1355を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた
場合1.1400の「00」ポイントから19年6月25日高値1.1412、
さらに上昇した場合は19年3月20日の高値1.1448を巡る攻防
が注目されます。
一方、下落した場合、まずは19年12月31日の高値1.1239を
巡る攻防が注目されます。ここを下抜けた場合は3日高値1.1214
から1.1200の「00」ポイント、さらに下落した場合は5日安値
1.1120を巡る攻防が注目されます。


今週のユーロドル相場にかかわる経済指標および要人発言では、
9日の独鉱工業生産、10日の欧第4四半期GDP確定値、12日の
欧鉱工業生産とECB政策金利とラガルドECB総裁の定例会見、
13日の独消費者物価指数改定値、などが注目されますが、対ドル
通貨ペアとして、10日の中国消費者物価指数と中国生産者物価
指数、11日の米消費者物価指数と米月次財政収支、12日の米卸売
物価指数と米新規失業保険申請件数と米失業保険継続受給者数、
13日のミシガン大学消費者態度指数速報、などが注目されます。


先週のユーロドル(概況)は、週初2日に1.1046レベルで始まり
揉み合いながらも堅調に推移してNY時間後半にかけて1.1185
へ上昇する展開になりました。その後、反落して揉み合いながら
も3日NY時間序盤にかけて1.1095へ下押す展開になりました。
その後、NY時間前半に1.1214へ上昇しましたが、その後、反落
して、揉み合いながらも軟調傾向で推移して4日のNY時間前半
にかけて1.1096へ下押す展開になりました。その後、やや反発
して揉み合いないなりましたが、5日のロンドン時間前半から
上伸して、揉み合いながらも堅調傾向で推移して6日のNY時間
前半にかけて週高値となる1.1355へ上昇する展開になりました。
その後、やや反落して揉み合いになり1.1288レベルで週の取引
を終えました。


先週は、1.1046レベルで始まり、「英国とEUとの通商交渉が今秋
にも破断する」との関係者筋情報もありましたが、米10年債利回り
の低下も背景に堅調傾向で推移して、デギンドスECB副総裁の
「(前略) 必要があればECBはあらゆる措置を行う用意」との発言
もある中、NY時間後半にかけて1.1185へ上昇する展開になりまし
た。その後、反落して、独保健当局の「新型ウイルス感染者が188
名に増加」との発表や、伊経済団体の「第1・2四半期に伊GDPが
マイナス成長となる見込み。第2四半期に減速が強まる可能性も」
との発表がある中、3日NY時間序盤にかけて1.1095へ下押しまし
たが、FRBが「0.5%の緊急利下げを実施」したことで1.1214へ
上昇する展開になりました。その後、反落して、スペイン当局の
「新型ウイルス感染の初の死亡者」との発表や、「伊、新型コロナ
ウイルス感染者2500人に。緊急閣僚会合開催」との報道、および
S&Pの「ECBは政策金利を10bp引き下げると予想」との発表や
「中国、2月の乗用車販売は前年同月比8割減、過去最大の減少」
との報道、欧州委員会の「新型ウイルス感染の影響で、伊と仏が
第1四半期にリセッションに陥るリスクがある」との発表を背景に
4日のNY時間前半にかけて1.1096へ下押しましたが、その後、
やや反発して揉み合いを経た後に、5日ロンドン時間から伊政府筋
の「伊内閣は本日、景気刺激策について議論する」との発表や、
米10年債利回りの低下を背景に堅調に推移して、6日のNY時間
前半にかけて週高値となる1.1355へ上昇する展開になりました。
その後、「OPECプラスは合意することなく協議が終了」との報道
に原油価格が下落する中、やや反落して1.1288レベルで週の取引
を終えました。


さて今週ですが、経済指標および要人発言では、10日の欧第4
四半期GDP確定値、12日のECB政策金利とラガルドECB総裁
の定例会見が特に注目されますが、対ドル通貨ペアとして、
10日の中国消費者物価指数、11日の米消費者物価指数、13日の
米ミシガン大学消費者態度指数速報、などが注目されます

ECB政策金利とラガルドECB総裁の定例会見に関しては、S&Pが
「ECBは政策金利を10bp引き下げると予想」を発表していますと
ともに、4日にオーストリア中銀総裁が「新型コロナ対応で、財政
政策を主に、金融政策は従に。ECBは警戒怠らないが、過剰反応
もせず。TLTROsについて、来週議論する」と発言していますので
何らか具体策が示される可能性がありますが、市場反応が大いに
注目されます。チャート的には19年12月31日の高値1.1239を
上抜けていますが、19年6月25日高値1.1412にはまだ届かず、
日足では上ヒゲもやや長めとなっているようです。





さて今回は、トレードと凡事のお話 その380 です。


前回からの続きのお話です。


投資苑で有名なアレキサンダー・エルダー博士が
トレードでは当たり前なことこそが大切として、
「投資苑3」の中でこう語っています。


「相場には秘密があります。
 秘密がないということが秘密なのです」


相場やトレードで秘密ではない「当たり前なこと」とは
いったいぜんたい何なのでしょうか…。


今回は「トレードと凡事」その第三百八十話です。


それでは、はじまり、はじまり〜。^^



『おい、ジイさん。先週のドル円は、米国などにも新型コロナ感染が
 広がりをみせる中、黒田総裁の緊急談話の後に「日銀が5000億円
 資金供給を行う」と発表をした事を背景に108.58へ上昇したけど
 その後、3日のNY時間にFRBが「0.5%の緊急利下げを実施」
 するも、米10年債利回りが1%を割り込み、4日のオセアニア
 時間にかけて106.85へ下落する展開になったよな…』


「ふむ。そうであったのう…。溜口剛太郎殿。
 その後、スーパーチューズデーでバイデン氏が9勝と巻き返した
 ことで米株式市場が上昇して、5日オセアニア時間にかけて
 107.74へ戻したが…、カリフォルニア州知事の「新型コロナウイ
 ルスで非常事態宣言」もある中、株式市場の下落及び米10年債
 利回りの最低水準更新も背景に軟調に推移して6日ロンドン時間
 前半にかけて週安値となる104.99へ下落する展開になったのう」


『そして、週末の米雇用統計は強い結果となったが、奇妙なくらい
 市場反応は限定的だったよな…。ジイさん』


「ふむ。新型コロナの影響がまだ顕著ではない時期の集計という事
 もあった為か、雇用統計の市場反応は限定的じゃったのう…。
 先週はユーロドルが堅調に推移したが、市場の関心は新型コロナ
 へのリスクと、米10年債利回りが一時0.674%へ低下したが、
 米債利回りの動向にあったのやもしれぬのう…。溜口剛太郎殿」


『さて今週は、どんな相場展開になるのかねぇ…。ジイさん』


「ふむ…。ドル円にかかわる経済指標では、9日の日第4四半期
 GDP改定値、10日の中国消費者物価指数、11日の米消費者物価
 指数、13日のミシガン大学消費者態度指数速報、などが注目され
 ユーロにかかわる経済指標および要人発言では、10日の欧第4四
 半期GDP確定値、12日のECB政策金利とラガルドECB総裁の
 定例会見が特に注目されようが…、低下に行き過ぎの指摘もある
 米10年債利回りの動向…、そして株式市場の動向、新型コロナ
 ウイルス(COVID-19)関連報道などが引き続き注目されよう…」


『そしてECBに関しては、何らか具体策が示される可能性が高そう
 だけど…、その内容によっては、ボーナスをもらっても不満とな
 ることがあるように市場が駄々をこねるような動きとなったり…、
 緩和カードの出尽くしと受け止められたりする事もあろうから、
 市場反応が特に注目されるよな…。おっと、前段の話が長くなり
 過ぎるといけねぇ。さてところで、今日いったい何のお話だい?』


「ふむ…。前段のお話が少し長くなり過ぎてしもうたが…、今日は
 『順逆一如のお話』でも、簡単にさせてもらうとしようかのう」


『まぁ宜しい。「順逆一如のお話』とやら聞いてやろうじゃないか』


「Trend is friend (トレンド・イズ・フレンド) と言われていたり、
 『順張りこそ王道』と言われている事がり…、逆張りがあたかも
 邪道のように思われる事があろうが…、波を描いて動く相場では
 じつは『順逆は表裏一体』なのじゃのう…。溜口剛太郎殿」


『まぁ、ダダ下がりのナイヤガラ状態や、押しもつくらず上昇する
 昇竜拳のような状態もあるが…、初期スラストを経過した後は、
 ダウ理論も示すように、上昇トレンドでも「安値と高値を切り上
 げて波を描いて動き」、下降トレンドでも「高値と安値を切り下
 げて波を描いて動く」ことは否定でき得ない事実であり…、
 例えば上昇トレンドでも部分的に下落する事はあるのだからな』


「初期スラストの後、押し目買いや戻り売りが基本となるならば、
 言い換えると『上位時間軸では順張り、下位時間軸では逆張り』、
 という事が基本になるということで『順張りと逆張りは表裏一体
 で一如』という事になるのじゃのう…。溜口剛太郎殿」


『まぁ、押し目買いや戻り売りは、上位時間軸のトレンド方向への
 トレードであり、下位時間軸で一旦の押し戻り逆行となった後に
 下位時間軸が上位時間軸のトレンド方向への回帰反転で仕掛ける
 ことになるから「順張りと逆張りは表裏一体」というワケか…』


「流石じゃのう…。そのとおりじゃ、溜口剛太郎殿。
 波を描いて動く相場に於けるトレードでは『順張りも逆張りも
 ともに駆使する必要』があり…、逆張りは悪い事でも邪道でも
 忌み嫌う事でも、本来はないことなのじゃのう…」


『上位時間軸のトレンドに逆らう逆張りは危険な場合もあろうが、
 上位時間軸のトレンド方向へのトレードに於ける下位逆張りは
 オレ様も積極的に駆使していきたいものだぜぃ…。ジイさん』




なーんちゃって。

またまたお話が長くなりました。 m(_ _)m


ではまた来週。


FX トレードと凡事のお話 その379


先週はWHOが新型コロナウイルスの世界的パンデミック認識を示し
日米欧の株式市場の時価総額が1週間で約10%の減少になりました。



■今週(3月2日から3月6日)の主な経済指標


<3月2日(月)>

朝8時50分に日第4四半期全産業設備投資額
午前10時45分に中国財新製造業PMI(2月)
午後5時半にスイスSVME購買部協会景気指数(2月)
午後5時50分に仏製造業PMI改定値(2月)
午後5時55分に独製造業PMI改定値(2月)
午後6時に欧製造業PMI改定値(2月)
午後6時半に英製造業PMI改定値(2月)、英消費者信用残高(1月)
夜11時45分に米製造業PMI改定値(2月)
深夜12時に米ISM製造業景気指数(2月)、米建設支出(1月)
などが予定されています。
中国・英・米の指標には注目です。


<3月3日(火)>

午前9時半に豪住宅建設許可件数(1月)、豪第4四半期経常収支
昼12時半に豪RBA政策金利、豪RBA声明
午後2時に日消費者態度指数(2月)
午後3時45分にスイス第4四半期GDP
午後4時45分に仏財政収支(1月)
午後6時半に英建設業PMI(2月)
午後7時に欧消費者物価指数速報(2月)、
午後7時に欧消費者物価指数コア速報(2月)、
午後7時に欧卸売物価指数(1月)、欧失業率(1月)
などが予定されています。
豪・スイス・英・欧の指標には注目です。
そして、この日は米民主党の米大統領予備選が集中する
スーパーチューズデーになります。


<3月4日(水)>

朝6時45分にNZ住宅建設許可件数(1月)
午前9時半に豪第4四半期GDP
午前10時45分に中国財新サービス業PMI(2月)
午後4時に独小売売上高指数(1月)
午後4時半にスイス消費者物価指数(2月)
午後5時50分に仏サービス業PMI改定値(2月)
午後5時55分に独サービス業PMI改定値(2月)
午後6時に欧サービス業PMI改定値(2月)
午後6時半に英サービス業PMI改定値(2月)
午後7時に欧小売売上高(1月)
夜9時に米MBA住宅ローン申請指数
夜10時15分に米ADP雇用統計(2月)
夜10時半に加第4四半期労働生産性指数
夜11時45分に米サービス業PMI改定値(2月)、
夜11時45分に米総合PMI改定値(2月)
深夜12時に米ISM非製造業景況指数(2月)
深夜12時に加BOC政策金利、加BOC声明
深夜4時に米地区連銀経済報告(ベージュブック)
などが予定されています。
NZ・豪・中国・独・スイス・欧・米・加の指標には注目です。


<3月5日(木)>

午前9時半に豪貿易収支(1月)
夜9時半に米チャレンジャー人員削減数(2月)
夜10時半に米第4四半期非農業部門労働生産性改定値
夜10時半に米新規失業保険申請件数、米失業保険継続受給者数
深夜12時に米製造業新規受注(1月)
深夜2時からカーニーBOE総裁の発言
などが予定されています。
米の指標とカーニーBOE総裁の発言には注目です。


<3月6日(金)>

朝8時半に日全世帯家計調査消費支出(1月)
午前9時半に豪小売売上高(1月)
午後2時に日景気先行指数速報(1月)、日景気一致指数速報(1月)
午後4時に独製造業新規受注(1月)
午後4時45分に仏貿易収支(1月)、仏経常収支(1月)
夜10時半に米非農業部門雇用者数変化(2月)、米失業率(2月)
夜10時半に米平均時給(2月)、米貿易収支(1月)
夜10時半に加新規雇用者数(2月)、加失業率(2月)、加貿易収支(1月)
深夜12時に米卸売売上高(1月)、卸売在庫(1月)
深夜12時に加Ivey購買部協会指数(2月)
早朝5時に米消費者信用残高(1月)
などが予定されています。
豪・独・米・加の指標には注目です。



欧州などの国債入札予定時間につきましては
http://jp.investing.com/ から入って
http://jp.investing.com/economic-calendar/
が参考になります。



■先週(2月24日から2月28日)の主な出来事や要人発言


先週は、ドルインデックスが99.380で始まり99.570へ上昇した後に
97.910へ下落して98.081で週の終値になりました。
米10年債利回りは週レベルの終値で1.163%へ低下。
NY原油先物(WTI)4月限は週の終値で44.76ドルへ下落しました。
NYダウは週間3583.05ドル下落、25409.36ドルで取引を終える。
VIX指数は週レベルでは40.11へ上昇しました。



<2月24日(月)>

【オセアニア・東京時間】
ゲオルギエワIMF専務理事 (週末)
「2020年の中国経済見通しは5.6%、0.4ポイント下方修正。
 世界経済の成長率は0.1ポイント下がる。
 新型ウイルスの感染拡大が一段と長引き世界に広がる、
 という一層厳しいシナリオも検討。
 低金利や高水準の財政赤字で中銀や政府の対策余地乏しい」
米国務省 (週末)
「日本への渡航警戒をレベル2に引き上げ」
G20財務相・中央銀行総裁会議
「財政など政策総動員を。新型肺炎、影響注視」
報道
「イタリアで新型ウイルス感染者が100人超に急増」
中国
「湖北省の新型コロナウイルス感染例398件、死者149人。
 23日現在の新型コロナウイルス感染例、累計7万7150件」
NZ第4四半期小売売上高指数は予想より弱い前期比0.7%。
NZドル米ドルは0.6314レベルに下落して始まる。
ドル円は111.27レベルに下落して始まり111円台半ばへ反発。
ユーロドルは1.0814レベルに下落して始まりやや反発。
ポンドドルは1.2946レベルに下落して始まり小幅に反発。
豪ドル米ドルは0.6586レベルに下落して始まり0.66台へ反発。
ダウ先物は350ドル超に下落。原油先物は52ドル台で推移。
日本は天皇誕生日の振替休日で休場。
ドル円は111.68へ上昇した後に上げ幅をやや縮小。
ポンドドルは小幅に反落して揉み合う。。
ユーロドルは1.0842へ反発した後にやや反落。
豪ドル米ドルは0.6619へ反発した後に小幅に反落して揉み合う。
原油先物は一時51ドル台へ下落。
報道
「韓国国内の新型ウイルス感染者が763人に増加」
中国人民銀行「人民元中心レート 1ドル=7.0247元」
中国上海株式市場は0.39%安で始まる。
ドル円は小幅に反落して揉み合う。
原油先物は52ドル台を回復。
NZ首相
「中国本土からの入国禁止を8日間延長する」
ダウ先物は400ドル超に下落。
ポンドドルはやや下落。ユーロドルはやや軟調傾向で推移。
報道
「豪政府、日本や韓国への渡航をレベル3に引き上げ」
ドル円は小幅に反発して揉み合う。豪ドル米ドルは小幅に揉み合う。
ポンドドルは1.2934へ下落した後に一時小幅に反発して揉み合う。
東京時間終盤に豪ドル米ドルはやや反落。
【ロンドン時間】
ユーロドルは小幅に反発。ポンドドルはやや反発。
報道
「マレーシアのマハティール首相が辞任へ、文書を国王に送付」
中国上海株式市場は0.28%安の3031.23で取引を終える。
ユーロドルは1.0805へ下落した後に下げ幅を縮小。
ドル円は小幅に揉み合う。ポンドドルは一時1.2954へ反発。
豪ドル米ドルはやや軟調傾向で推移。
米10年債利回り1.42%台へ低下。原油先物は51ドル台へ下落。
ダウ先物は450ドル超に下落。
RAIラジオ
「イタリア北部で4人目の新型ウイルスによる死亡確認」
独英の株式市場はマイナス圏で始まり2.5%超に下落。
CCTV
「中国は全人代の開催を延期、新たな開催日はのちほど発表する。
 中国は野生生物の取引および消費を全面的に禁止する」
ドル円はやや下落。ポンドドルはやや下落。ユーロドルやや上昇。
豪ドル米ドルは0.6587へ下落した後に一時やや反発して揉み合う。
ダウ先物は600ドル超に下落。米10年債利回り1.38%台へ低下。
トランプ米大統領
「米国とインドはあす30億ドルの兵器取引にサインする」
独IFO企業景況感指数(2月)は予想より強い96.1。
独IFO
「現時点では新型コロナウイルスの感染拡大は
 調査結果に完全には反映されていない。
 中国での感染拡大は独にとっても潜在的な脅威だが、予想し難い。
 中国のGDPが1%鈍化しても、独の成長には0.1%以下の影響に。
 新型ウイルスが独にも感染拡大した場合、
 輸出国として大きな打撃受ける。
 独の製造業は昨年よりも新規受注がかなり回復、国内需要も上昇」
ユーロドルは1.0842へ上昇した後にやや反落して揉み合う。
ドル円は一時111.24へ下落。ポンドドルは一時1.2887へ下落。
ダウ先物は750ドル超に下落。独英の株式市場は3%超に下落。
その後、ポンドドルはやや反発して揉み合う。
ダウ先物は一時800ドル超に下落。
ドル円は111.20へ下落した後にやや反発して揉み合う。
豪ドル米ドルはやや反発。ユーロドル小幅に反発して揉み合う。
中国人民銀行
「穏健な金融政策を一段と柔軟かつ適切にしながら維持へ」
その後、ポンドドルは再び1.2887へ下落した後に1.2922へ反発。
【NY時間】
ポンドドルはやや反落。ユーロドルや豪ドル米ドルは小幅に反落。
加卸売売上高(12月)は予想より強い前月比0.9%。
市場反応は限定的。
米10年債利回り1.36%台へ低下。原油先物は50ドル台へ下落。
ドル円は一時110.82へ下落。ユーロドルやポンドドルはやや反発。
豪ドル米ドルは小幅に反発。
NYダウはマイナス圏で始まり一時950ドル超に下落。
原油先物は一時51ドル台を回復。
ドル円は軟調に推移。ユーロドルは上昇。
ポンドドルはやや上昇。豪ドル米ドルはやや上昇。
報道
「中国文化観光省、米国への渡航自粛を国民に求める声明を発表。
 同省は新型コロナウイルスに対する米国の過度な防疫措置や
 米国内治安問題を指摘、中国人旅行者が不当に扱われているとして
 渡米しないよう呼び掛けた」
独DAXは4.01%安の13035.24で取引を終える。
英FTSE100は3.34%安の7156.83で取引を終える。
NYダウは一時1000ドル超に下落。米10年債利回り1.35%台へ低下。
ユーロドルは1.0872へ上昇。ポンドドルは1.2937へ上昇。
豪ドル米ドルは0.6620へ上昇。
その後、ドル円は110.33へ下落した後にやや反発。
ドルストレートはやや反落して揉み合う。
ホールデン英BOE委員
「バランスシートは10年前よりも健全。
 バランスシートは世界的に過度な拡大はしていない。
 大きな資産バブルも見込んでいない。
 企業のグローバル化の縮小は見られていない」
バフェット氏 (CNBCインタビュー)
「投票するならブルームバーグ氏」
報道
「イタリアで新型ウイルス感染者が200人超。
 死者6名。欧州で最多。一部の自治体封鎖へ」
テドロスWHO事務局長
「新型コロナウイルスについて、
 パンデミックが起こる可能性に各国は備える必要がある。
 ただ、現時点ではパンデミックの状態ではない」
クリーブランド連銀総裁
「現行政策は適切。FRBは辛抱強くなるべき。
 米経済は良好に推移も、新型ウイルス感染がリスク。
 新型ウイルス感染の経済への影響を慎重に見守っている。
 不均衡生み出す恐れがあり、利下げ支持せず」
ドル円は一時110.82へ反発。
NY金先物4月限の終値は1676.60。
原油先物4月限の終値は51.43ドル。
NYダウは1031.61ドル安の27960.80で終了。(史上3番目の下げ幅)
NASDAQは3.71%安の9221.28で取引を終える。
S&P500は3.35%安の3225.89で取引を終える。
米10年債利回りは1.372%。VIX指数は25.03へ上昇。
ドル円、111.27(始値)、111.68(高値)、110.33(安値)、110.72(終値)、
ユーロドル、1.0814(始値)、1.0872(高値)、1.0805(安値)、1.0853(終値)
ポンドドル、1.2946(始値)、1.2955(高値)、1.2887(安値)、1.2926(終値)
豪ドルドル、0.6586(始値)、0.6620(高値)、0.6585(安値)、0.6604(終値)


<2月25日(火)>

【オセアニア・東京時間】
ポンドドルは一時小幅に反落して揉み合う。
ドル円は110.87へ反発。ユーロドルは小幅に揉み合う。
豪ドル米ドルはやや反発。
ダウ先物はプラス圏で推移。米10年債利回りは1.38%台へ上昇。
原油先物は51ドル台で推移。
米CDC
「韓国への不必要な渡航は避けるよう米国民に警告」
日企業向けサービス価格指数(1月)は予想より強い前年同月比2.3%。
日経平均は437.37円安で寄り付き一時1000円超に下落。
その後、日経平均は下げ幅をやや縮小。
ダウ先物は一時250ドル超に上昇。米10年債利回り1.41%台へ上昇。
麻生財務相
「為替や市場についてコメントしない。
 今の段階で経済総合対策を考えているわけではない。
 三者会合に関しては、申し上げる段階ではない」
ドル円は一時111.04へ上昇。
ポンドドルは1.2914へ反落した後に1.2942へ反発。
豪ドル米ドルは0.6621へ上昇。ユーロドル小幅に反落した後に反発。
中国国家衛生健康委員会
「新型コロナウイルス感染例が中国本土全体で計7万7658件に。
 湖北省で24日に感染499件を確認。
 中国全体での死者は71人増の計2663人」
韓国
「新たに新型ウイルス感染60人を確認、計893人に」
中国人民銀行「人民元中心レート 1ドル=7.0232元」
中国上海株式市場は1.62%安で始まる。
米USTR首席農業交渉官
「米中通商チームは毎月の会合で進捗状況や問題点協議。
 年二回ライトハイザーUSTR代表レベルでも協議が開催される。
 合意が履行されない場合は報復措置なしで
 同規模の関税を課すことが可能」
ドル円はやや反落。豪ドル米ドルは0.6623へ上昇。
ポンドドルは小幅に反落して揉み合う。
中国上海株式市場は2%超に下落。ダウ先物は上げ幅をやや縮小。
前田日銀理事
「動向を注意深く点検、必要であれば適切な措置講じる」
聯合TV
「韓国、新型コロナウイルス感染で9人目の死者」
報道
「長野県で新型コロナウイルス感染者1人を確認、県内初」
香港
「学校の閉鎖をイースター明けまで延期」
米10年債利回りは1.39%台へ低下。
その後、ユーロドルは1.0867へ上昇した後に小幅に反落。
豪ドル米ドルはやや反落。
日景気先行指数改定値(12月)は前回値と同じ91.6、
日景気一致指数改定値(12月)は前回値より弱い94.1。
東京時間終盤にユーロドルやポンドドルはやや反落。
日経平均は781.33円安の22605.41で大引け。
【ロンドン時間】
ドル円は小幅に揉み合う。豪ドル米ドルはやや反発。
ユーロドルは一時やや反発。ポンドドルはやや反発して揉み合う。
中国上海株式市場は0.60%安の3013.05で取引を終える。
独第4四半期GDP改定値は予想とおりの前期比0.0%。
ユーロドルは小幅に反落した後にやや反発。
ドル円は110.65へ下落。ポンドドルは一時反落した後にやや上昇。
豪ドル米ドルはやや反落して揉み合う。
ルメール仏経済・財務相
「新型コロナウイルス感染拡大はユーロ圏成長に影響与えるだろう」
仏企業景況感指数(2月)は予想より強い105。
ユーロの反応は限定的。ポンドドルは1.2957へ上昇。
米10年債利回りは一時1.38%台へ低下。
独英の株式市場はプラス圏で始まる。
ポンドドルは上昇。豪ドル米ドルは一時やや反発。
ドル円は軟調に推移。ユーロドルは一時1.0866へ反発。
武内財務官
「新型コロナへの警戒心が市場で高まっている。
 市場動向を緊張持って見ていく。
 新型コロナがどれくらい影響かで警戒感。
 為替水準については申し上げない。為替は安定が重要」
独英の株式市場はマイナス圏へ反落。原油先物は51ドル台で推移。
米10年債利回り1.35%台へ低下。ダウ先物は一時マイナス圏へ反落。
その後、ポンドドルは1.2995へ上昇した後にやや反落。
ドル円は110.35へ下落した後にやや反発。
オーストリア保健当局
「チロル地方で2名が新型ウイルス検査陽性」
ダウ先物はプラス圏へ反発。米10年債利回りは1.36%台へ上昇。
トランプ米大統領
「米国では新型コロナウイルスは管理されている。
 米国人の感染者は全員回復している」
ユーロドルは一時1.0830へ下落。豪ドル米ドルは0.6591へ下落。
トランプ米大統領
「年末までにはインドと貿易合意できるだろう。
 インドは世界で最も関税率が高い、それはやめる必要がある」
ダウ先物は100ドル超に上昇。米10年債利回り一時1.38%台へ上昇。
ドル円は110.71へ反発。ポンドドルは1.2953へ反落。
【NY時間】
ドル円は小幅に反落。ドルストレートは小幅に反発。
その後、豪ドル米ドルは下落。
米第4四半期住宅価格指数は前回値より強い前期比1.3%、
米住宅価格指数(12月)は予想より強い前月比0.6%、
米ケースシラー住宅価格指数(12月)は前回値より強い218.73。
ドル円の反応は限定的。ポンドドルはやや上昇。
豪ドル米ドルは0.6586へ下落した後に小幅に反発。
NYダウはプラス圏で始まり一時150ドル超に上昇。
ドル円は110.38へ下落。ポンドドルは一時1.2988へ上昇。
ユーロドルは小幅に反落。
NYダウは上げ幅を縮小。米10年債利回りは1.35%台へ低下。
米消費者信頼感指数(2月)予想より弱い130.7、
リッチモンド連銀製造業指数(2月)は予想より弱い−2。
ドル円は110.01へ下落して揉み合う。ポンドドルは1.3018へ上昇。
ユーロドルは1.08台後半へ上昇。豪ドル米ドルはやや上昇。
NYダウはマイナス圏へ下落して軟調に推移。
米10年債利回りは1.32%台へ低下。
仏中銀総裁
「コロナウイルス感染は主に供給サイドに悪影響を与えた。
 金融政策は適当な対応ではない可能性。
 コロナウイルス感染は成長にネガティブで暫定的な影響。
 仏中銀は成長見通しを下方修正する可能性」
ユーロドルは揉み合いながらも堅調傾向で推移。
ポンドドルはやや反落して揉み合う。
豪ドル米ドルは0.6608へ反発した後にやや反落して揉み合う。
ドル円は揉み合いながらも軟調傾向で推移。
原油先物は50ドル台へ下落。
独DAXは1.88%安の12790.49で取引を終える。
英FTSE100は1.94%安の7017.88で取引を終える。
米2年債入札では最高落札利回り1.188%、応札倍率2.45倍。
クドローNEC委員長
「コロナウイルス感染は米国では抑制されている。
 市場はコロナウイルス感染に過剰反応すべきではない。
 新型ウイルス感染のリスク評価に冷静になるべき。
 FRBの利下げ協議については聞いていない」
NYダウは700ドル超に下落。原油先物は49ドル台へ下落。
米10年債利回り一時1.311%へ低下。過去最低水準。
ドル円は109.89へ下落した後に小幅に反発。
ユーロドルは1.0890へ上昇した後に上げ幅をやや縮小。
クラリダFRB副議長
「見通し悪化しなければ政策は引き続き適切な可能性。
 新型ウイルスを注視。中国のGDPに打撃の見込み。
 経済と金融政策は良好な状況。労働市場は力強い。
 新型ウイルスの影響を推測するのは時期尚早。
 我々はすべてのデータを調査している。会合ごとに政策を行う。
 米国は世界的に発生していることに影響される」
米CDC当局者
「新型ウイルスはパンデミックになる可能性。米国でも拡大の可能性」
NYダウは一時900ドル超に下落。
NY時間終盤に米10年債利回りは1.35%台へ上昇。
NY金先物4月限の終値は1650.00。
原油先物4月限の終値は49.90ドル。
NYダウは879.44ドル安の27081.36で取引を終える。
NASDAQは2.77%安の8965.61で取引を終える。
S&P500は3.03%安の3128.21で取引を終える。
米10年債利回りは1.355%。VIX指数は27.85へ上昇。
ドル円、110.72(始値)、111.04(高値)、109.89(安値)、110.21(終値)、
ユーロドル、1.0853(始値)、1.0890(高値)、1.0830(安値)、1.0881(終値)
ポンドドル、1.2928(始値)、1.3018(高値)、1.2914(安値)、1.3005(終値)
豪ドルドル、0.6604(始値)、0.6623(高値)、0.6586(安値)、0.6603(終値)


<2月26日(水)>

【オセアニア・東京時間】
ポンドドルは一時1.2993へ下落して揉み合う。
ドル円は小幅に揉み合う。ユーロドルは小幅に反落して揉み合う。
豪ドル米ドルはやや反発して揉み合う。
中国政府
「中小企業などへの低利融資・減税を行う。
 中国人民銀行から市中銀行に対して中小企業や民間農業セクターに
 対する融資促進のために、
 金利を0.25%下げた再貸付・再割引資金5000億元を供給」
ダウ先物は100ドル超に上昇。原油先物は50ドル台へ上昇。
東京時間が近づく頃にドル円はやや上昇。
米10年債利回りは1.35%台で推移。
日経平均は231.27円で寄り付き300円超に下落。
ドル円は110.37へ上昇した後にやや反落。
ユーロドルは1.0867へ反落。ポンドドルは一時やや反落。
豪ドル米ドルは0.6588へ反落。
報道
「韓国で新型コロナウイルス感染、新たに169人を確認。
 計1146人と千人を超えた」
日経平均は400円超に下落。ダウ先物は一時マイナス圏へ反落。
米10年債利回り一時1.33%台へ低下。
ドル円は一時110.13へ下落。ドルストレートは小幅に反発。
ホワイトハウス
「新型コロナウイルスに関して会合招集へ」
中国国家衛生健康委員会
「中国国内での新型コロナウイルス感染による死者は52人増え、
 計2715人になった。感染者は新たに406人増え、
 中国国内での感染者は計7万8064人に」
報道
「韓国、新型コロナウイルス感染で12人目の死者」
北海道教育委員会
「明日からの道内公立小中学校の休校を要請」
中国人民銀行「人民元中心レート 1ドル=7.0126元」
中国上海株式市場は1.15%安で始まり一時プラス圏へ反発。
日経平均は下げ幅をやや縮小。ダウ先物は一時150ドル超に上昇。
ドル円は上昇。豪ドル米ドルは一時0.6607へ上昇。
ユーロドルは1.0863へ下落。
米10年債利回りは一時1.37%台へ上昇。
その後、ドル円は110.58へ上昇した後にやや反落。
豪ドル米ドルはやや反落。ポンドドルは1.2982へ反落。
ムーディーズ
「グローバル規模でリセッションの可能性。
 パンデミックに陥る可能性を従来の20%から40%に引き上げる」
東京時間終盤にユーロドルは1.0878へ反発。ポンドドル小幅に反発。
ダウ先物は上げ幅をやや縮小。米10年債利回りは1.35%台へ低下。
日経平均は179.22円安の22426.19で大引け。
【ロンドン時間】
ドル円は110.32へ反落。ユーロドルは小幅に反落。
ポンドドルはやや軟調に推移。豪ドル米ドルは一時0.6570へ下落。
原油先物は49ドル台へ下落。
中国上海株式市場は0.83%安の2987.93で取引を終える。
ドル円はやや反発。
ポンドドルは1.2977へ下落した後に下げ幅をやや縮小。
ユーロドルは1.0865へ反落した後に下げ幅をやや縮小。
仏消費者信頼感指数(2月)は予想より強い104。
市場反応は限定的。
独英の株式市場はマイナス圏で始まり軟調に推移。
ダウ先物は一時100ドル超に上昇。
関係者
「日銀が主要行に聞き取り調査、新型肺炎で業務継続体制を確認」
ドル円は110.52へ反発した後にや110.13へ下落。
ユーロドルは一時1.0898へ上昇。ポンドドルは軟調に推移。
ダウ先物はマイナス圏へ反落して一時400ドル超に下落。
米10年債利回りは一時1.31%台へ低下。
オーストリア中銀総裁
「現時点で新型コロナウイルスが長期的な問題となるとみていない」
ドル円はやや反発。ユーロドルはやや反落。
イラン保健当局
「新型コロナウイルスの感染で19人目の死亡を確認。
 過去24時間で感染者が44名増加」
英BOE
「LIBORに代替する金利への移行を加速するよう銀行に要請」
オーストリア中銀総裁
「先週はECB内でインフレ目標の議論が活発だった。
 初期の声明ではインフレ目標は2%に設定されそうだ」
独政府報道官
「イタリアでの新型コロナウイルスの感染拡大後、
 欧州は新たな状況に変化した」
ジェンティローニEU委員(経済担当)
「欧州経済に対する新型ウイルスの影響を評価するのは時期尚早」
報道
「国連試算、合意なき離脱状態になれば
 英のEU輸出は年間最大320億ドル減少」
ポンドドルは1.2924へ下落。豪ドル米ドル0.6565へ下落。
ユーロドルは一時1.0873へ反落。ドル円は一時110.60へ上昇。
米10年債利回り1.37%台へ上昇。ダウ先物は下げ幅を縮小。
独英の株式市場は下げ幅を縮小。
アイルランド中銀総裁
「ECBはインフレ期待の不安定化を避けなければならない。
 インフレ目標レンジがECB政策により信頼性与えるだろう。
 「近く」や「下回る」などの表現は不透明感をもたらしてきた。
 現行のCPIデータがECB目標として最も有効なものか検討要する」
米MBA住宅ローン申請指数は前回値より強い1.5%。
ユーロドルは1.0909へ上昇した後に上げ幅を縮小して反落。
豪ドル米ドルは一時小幅に反発。ポンドドルは1.2914へ下落。
米10年債利回り一時1.38%台へ上昇。
関係者
「独政府、政府借り入れに関する制限を一時的に停止する計画」
【NY時間】
ダウ先物はプラス圏へ反発。
ドル円は小幅に反落して揉み合う。
豪ドル米ドルは0.6562へ下落した後にやや反発。
ラガルドECB総裁
「独が地方の歳出拡大のために
 憲法上の債務上限の一時停止のニュースは歓迎。
 ECBは戦略見直しの最中に人々に問う。
ユーロにおける信頼の水準は非常に重要」
ユーロドルは軟調に推移。ポンドドル一時1.2950へ反発して揉み合う。
独の株式市場は一時プラス圏へ反発。
NYダウはプラス圏で始まり一時400ドル超に上昇。
米10年債利回りは1.36%台で推移。
ドル円は一時110.70へ上昇。ユーロドルは1.0855へ下落。
原油先物は一時50ドル台へ上昇。
米新築住宅販売件数(1月)は予想より強い76.4万件。
ポンドドルは軟調傾向で推移。豪ドル米ドルは下落。
EIA週間石油在庫統計では原油在庫が45.2万バレルの増加。
その後、ドル円は反落。ユーロドルは反発。
独DAXは0.12%安12774.88で取引を終える。
英FTSE100は0.35%高の7042.47で取引を終える。
ユーロドルは1.0893へ反発した後に小幅に反落して揉み合う。
豪ドル米ドルは0.6552へ下落して揉み合う。
米5年債入札では最高落札利回り1.150%、応札倍率2.46倍。
独保健相
「新型ウイルスの流行は始まった段階。
 感染者を隔離し、感染の連鎖を止める現在の戦略が
 この先機能するかどうかは疑問」
報道
「NY市近郊でウイルス感染の可能性」
NY州知事
「ウイルス感染の可能性27件の検査は全て陰性。1件は結果待ち。
 いずれ州内で感染例が出ると予想」
NY時間後半にドル円は110.17へ下落。ポンドドル1.2900へ下落。
NYダウはマイナス圏へ反落。
その後、米10年債利回りは一時1.307%へ低下。史上最低水準更新。
原油先物は48ドル台へ下落。
ユーロドルは1.0900へ上昇。
ポンドドルや豪ドル米ドルは一時小幅に反発して揉み合う。
米FDA高官
「どう見てもパンデミックの瀬戸際にあると言っていいだろう。
 それが間違いなく起きるかと言えばノーだが、重大な懸念がある」
報道
「新型コロナ、世界の新規感染が中国上回る。南米にも拡大」
NZ貿易収支(1月)は予想より強い−3.40億NZドル。
市場反応は限定的。
NY時間終盤にドル円はやや反発。ユーロドルはやや反落。
ポンドドルは1.2896へ下落。豪ドル米ドルは0.6543へ下落。
NY金先物4月限の終値は1643.10。
原油先物4月限の終値は48.73ドル。
NYダウは123.77ドル安の26957.59で取引を終える。
NASDAQは0.17%高の8980.77で取引を終える。
S&P500は0.38%安の3116.40で取引を終える。
米10年債利回りは1.334%。VIX指数は27.56へ低下。
ドル円、110.21(始値)、110.70(高値)、110.13(安値)、110.43(終値)、
ユーロドル、1.0881(始値)、1.0909(高値)、1.0855(安値)、1.0881(終値)
ポンドドル、1.3005(始値)、1.3009(高値)、1.2896(安値)、1.2903(終値)
豪ドルドル、0.6604(始値)、0.6607(高値)、0.6543(安値)、0.6544(終値)


<2月27日(木)>

【オセアニア・東京時間】
ドル円は小幅に揉み合う。豪ドル米ドルは小幅に反発。
ポンドドルは一時1.2915へ反発して揉み合う。
NZ財務相
「NZの経済は新型肺炎に対応するには強い状況。
 様々なシナリオを計画する責任がある。
 新型肺炎は短期的には経済に深刻な影響をもたらすだろう」
NZドル米ドルは軟調傾向で推移。
米10年債利回り1.32%台で推移。
トランプ大統領
「新型肺炎によるアメリカ人へのリスクは非常に低い。
 新型肺炎が拡大するならあらゆることを行う用意がある。
 対策費として25億ドル超を議会が認めるなら受け入れる。
 ペンス副大統領が新型コロナウイルス対応で責任者になる。
 米国での新型コロナウイルス感染拡大は不可避ではないが、
 恐らくそうなろう(拡大はするであろう)」
日経平均は170.36円安で寄り付き300円超に下落。
NBNZ企業信頼感(2月)は前回値より弱い−19.4。
NZドル米ドルは0.6294へ反発。
ドル円は110.19へ下落した後に下げ幅を縮小。
ユーロドルは一時1.0913へ上昇。ポンドドルは1.2921へ上昇。
ダウ先物は150ドル超に下落。米10年債利回り一時1.31%台へ低下。
ワシントンポスト
「米CDCは米国での新型ウイルス感染源不明の初のケースを報告」
豪第4四半期民間設備投資は予想より弱い前期比−2.8%。
豪ドル米ドルは0.6556へ反発して揉み合う。
米10年債利回り1.32%台へ上昇。原油先物は48ドル台前半で推移。
ロイター
「IMF・世銀、新型コロナウイルス感染拡大受けて
 春季会合の縮小を検討」
ドルストレートは一時小幅に反落。
中国国家衛生健康委員会
「中国国内での新型コロナウイルス感染による死者は29人増え、
 計2744人になった。また、感染者は新たに433人増え、
 中国国内での感染者は計7万8497人に」
中国人民銀行「人民元中心レート 1ドル=7.0230元」
中国上海株式市場は0.15%高で始まる。
その後、日経平均は400円超に下落。ダウ先物は300ドル超に下落。
米10年債利回り1.30%台へ低下。
報道
「南米大陸初となる新型コロナウイルスの感染者が
 同国内で見つかったことなどから、株安レアル安が大きく進行。
 同国の代表的株価指数ボベスパ指数は7%安。
 ドルレアルは史上最高値(レアル安)を更新し4.4525まで上昇」
ドル円はやや下落。ユーロドルは1.0914へ上昇。
ポンドドルは1.2928へ上昇。豪ドル米ドルは0.6561へ上昇。
その後、ユーロドルは小幅に反落して揉み合う。
ポンドドルや豪ドル米ドルは一時小幅に反落。
東京時間午後にドル円は一時500円超に下落。
ダウ先物は400ドル超に下落。
米10年債利回りは一時1.296%に低下。史上最低水準更新。
ドル円は109.99へ下落した後にやや反発。ユーロドルは揉み合う。
ポンドドルは1.2936へ上昇。豪ドル米ドル一時0.6562へ上昇。
東京時間終盤にドル円は109.97へ下落した後に小幅に反発。
報道
「豪首相は新型コロナウイルスの感染拡大について、
 パンデミックに近いと発言。この発言を受けて
 豪10年債利回りは一時0.8500%に低下。史上最低水準更新」
日経平均は477.96円安の21948.23で大引け。
【ロンドン時間】
中国上海株式市場は一時マイナス圏へ反落。
原油先物は一時47ドル台へ下落。
ドル円は小幅に反発して揉み合う。ユーロドルやや上昇。
豪ドル米ドルは一時0.6546へ反落。ポンドドルは1.2938へ上昇。
中国上海株式市場は0.11%高の2991.33で取引を終える。
エストニア公共放送
「デンマークに続いてエストニアでも
 最初の新型コロナウイルスの感染を確認」
ドル円は一時110.23へ反発して揉み合う。
ポンドドルはやや反落。豪ドル米ドルはやや上昇。
ダウ先物は下げ幅を縮小。米10年債利回りは一時1.32%台へ上昇。
独英の株式市場はマイナス圏で始まり2%超に下落。
ダウ先物は再び200ドル超に下落。
米10年債利回りは1.291%へ低下。最低水準を更新。
ドル円は一時109.85へ下落した後に下げ幅を縮小。
ポンドドルは1.2909へ下落した後に一時1.2946へ上昇。
ユーロドルは1.0948へ上昇。豪ドル米ドルは0.6578へ上昇。
WHO担当者
「イタリアでの新型コロナウイルスの感染者数の急増は
 検査ミスの可能性があった」
その後、ポンドドルは反落。
ユーロドルはやや反落。豪ドル米ドルは一時小幅に反落。
安倍首相
「全国の小中学校・高校に臨時休校要請へ、
 来月2日から春休みまで」
ラガルドECB総裁 
「中銀は気候変動に対して一層の注意払うべき」
欧経済信頼感(2月)は予想より強い103.5、
欧消費者信頼感確定値(2月)は予想とおりの−6.6。
ユーロドルは小幅に揉み合う。豪ドル米ドル一時0.6581へ上昇。
英政府
「EUとの貿易交渉方針、カナダあるいは日本型の合意を目指す。
 EUとの移行期間の延長は行わない。
 12月の期限に間に合うために6月までに決定する。
 6月までに合意できなければ「合意なし」の準備を始める。
 EUルールや規制に沿うつもりない」
ポンドドルは1.28台へ下落。
ドル円は一時110.24へ反発した後にやや反落して揉み合う。
カンリフ英中銀副総裁
「賃金上昇圧力もインフレは低水準。
 英中銀予測では国内インフレは上昇するとみている。
 英中銀は必要であれば追加緩和を行う余地がある」
ポンドドルは1.2860へ下落した後に小幅に反発して揉み合う。
ユーロドルはやや反発。豪ドル米ドルはやや反落。
シュナーベルECB理事
「インフレ期待に関するその他の指標についての議論を行っている」
オランダ中銀総裁
「新型コロナウイルスの経済への影響を判断することは時期尚早。
 SARSのときよりも、より深刻となりそうだ。
 今後も低インフレが続く可能性」
スナック英財務相
「3月13日に第二弾の経済・財政見通しを発表へ」
米10年債利回りは1.28%台へ低下。最低水準を更新。
ダウ先物は300ドル超に下落。原油先物は47ドル台で推移。
独ハンデルスブラット
「独政府は新型ウイルスの影響が深刻化すれば刺激策講じる可能性。
 様々なシナリオを想定している。
 数日後には可能性のある施策についての概要を公表へ」
ドル円は109.84へ下落。ポンドルは1.2901へ反発。
ユーロドルは1.0968へ上昇。
【NY時間】
ドル円は一時109.77へ下落。ポンドドルは一時1.2917へ上昇。
米10年債利回りは1.27%台へ低下。最低水準を更新。
報道
「CMEフェドウォッチによると、次回3月18日のFOMCにおける
 利下げ織り込み度は54.3%に上昇」
米第4四半期GDP改定値は予想とおりの前期比2.1%、
米第4四半期GDP個人消費は予想とおりの前期比1.7%、
米第4四半期GDPコアPCE改定値は予想より弱い前期比1.2%、
米耐久財受注(1月)は予想より強い前月比−0.2%、
米耐久財受注(除輸送用機器 1月)は予想より強い前月比0.9%、
米新規失業保険申請件数は予想より弱い21.9万件、
米失業保険継続受給者数は予想より弱い172.4万人。
ドル円は揉み合う。ユーロドルは1.0978へ上昇。
ポンドドルは揉み合う。豪ドル米ドルは小幅に反落。
加第4四半期経常収支は予想より強い−87.6億加ドル。
ドルカナダは1.3375へ上昇。
原油先物は46台へ下落。ダウ先物は400ドル超に下落。
その後、ドル円は小幅に反発。ユーロドルは一時小幅に反落。
ポンドドルはやや反落。豪ドル米ドルは0.6583へ上昇。
オーストリア中銀総裁
「年内に景気底入れとの見通しに劇的変化はない可能性。
 新型ウイルス感染は不確定要因。現時点で資産に悪影響出ている」
NYダウはマイナス圏で始まり500ドル超に下落。
米10年債利回りは一時1.254%へ低下。最低水準を更新。
ドル円は110.04へ反発した後にやや反落して揉み合う。
ポンドドルは下げ幅を縮小。
豪ドル米ドルは一時0.6584へ上昇。
米住宅販売保留指数(1月)は予想より強い前月比5.2%。
ドル円は一時109.69へ下落。ユーロドル1.1006へ上昇。
ポンドドルやや反発して揉み合う。豪ドル米ドル一時0.6592へ上昇。
NYダウは一時900ドル超に下落。
その後、ドル円は反発。ユーロドルや豪ドル米ドルは上げ幅を縮小。
ラガルドECB総裁 (FT紙インタビュー)
「ウイルス感染はまだECBの対応を必要とする段階にはない。
 ウイルス感染はまだインフレ持続的な影響を与えていない」
WHOテドロス事務局長
「新型コロナウイルスの世界的な感染拡大について
 パンデミック(世界的流行)の可能性がある。
 自国には感染しないという考えは致命的な誤り」
シカゴ連銀総裁
「インフレを2%目標に引き上げることをコミットする必要。
 しばらくは2%超のインフレで推移する必要がある可能性。
 インフレの下振れバイアスに対抗する政策を協議している」
デギンドスECB副総裁
「新型ウイルス感染が見通しに不確実性を与える。
 新型ウイルス感染は中国経済に短期的な影響を与える。
 欧州に新型ウイルス感染による具体的な悪影響を確認していない。
 ECBはV字回復を見込んでいる。
 新型ウイルス感染そのものよりも過剰反応が影響大きくする可能性」
ポンドドルは1.2865へ反落した後にやや反発して揉み合う。
独DAXは3.19%安の12367.46で取引を終える。
英FTSE100は3.49%安の6796.40で取引を終える。
米10年債利回りは一時1.32%台へ上昇。
ドル円は110.34へ上昇した後に反落。
米7年債入札では最高落札利回り1.247%、応札倍率2.49倍。
カルフォルニア州知事
「新型ウイルス感染で8400人が監視対象になっている」
ペンス副大統領
「最も正確な推計で一般市民へのウイルス脅威は引き続き低い
 米連邦政府の全ての資源でウイルスと闘う用意。
 ウイルスを一掃することがトランプ大統領の最優先事項」
ポンドドルや豪ドル米ドルは小幅に揉み合う。
NY時間終盤にNYダウは1000ドル超に下落。
ドル円は109.57へ下落。ユーロドルは1.1004へ上昇。
豪ドル米ドルは0.6568へ反落。
NY金先物4月限の終値は1642.50。
原油先物4月限の終値は47.09ドル。時間外取引で46ドル台へ下落。
NYダウは1190.95ドル安の25766.64で取引を終える。
(過去最大の下落幅。6日続落)
NASDAQは4.61%安の8566.48で取引を終える。
S&P500は4.42%安の2978.76で取引を終える。
米10年債利回りは1.264%。VIX指数は39.16へ上昇。
ドル円、110.42(始値)、110.46(高値)、109.57(安値)、109.59(終値)、
ユーロドル、1.0883(始値)、1.1006(高値)、1.0878(安値)、1.1000(終値)
ポンドドル、1.2897(始値)、1.2946(高値)、1.2860(安値)、1.2888(終値)
豪ドルドル、0.6544(始値)、0.6592(高値)、0.6544(安値)、0.6568(終値)


<2月28日(金)>

【オセアニア・東京時間】
ロイター
「トランプ米政権は、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、
 防護マスクや防護服の米国内生産を迅速に強化するため、
 朝鮮戦争開戦時に設定された国防生産法によって、
 特別な権限を行使することを検討している」
CCTV
「中国首相は新型コロナウイルス感染拡大を受けて、
 学校の臨時休校を延長する方針」
ドル円は一時109.34へ下落した後に下げ幅を縮小してやや反発。
ユーロドル1.1005へ上昇して揉み合う。ポンドドル小幅に揉み合う。
豪ドル米ドルは0.6564へ下落した後にやや反発。
中国財新
「中国政府が新型コロナウイルスに関する情報を公表しないよう指示」
米CDC
「新型コロナウイルスの検査対象を大幅に拡大する方針。
 中国、日本、韓国、イラン、イタリアに過去14日以内に滞在し、
 呼吸器に症状がある人を検査する方針。
 原因不明で深刻な症状がある人も対象」
ダウ先物は一時150ドル超に下落。米10年債利回り1.27%台で推移。
ドル円は一時109.68へ反発。
ユーロドルは1.10台を割り込む。豪ドル米ドルは0.6584へ反発。
その後、ダウ先物はプラス圏へ反発。原油先物は46ドル台で推移。
トランプ大統領
「我々は立派な仕事を行ってきた、
 議会が可決する全ての予算を承認しよう。
 新型コロナウイルス事態悪化や消滅の公算も、誰も分からない」
日失業率(1月)は予想より弱い2.4%、
日有効求人倍率(1月)は予想より弱い1.49、
日東京都区部消費者物価指数(2月)は予想より弱い前年同月比0.5%。
ドル円は一時小幅に反落。
日鉱工業生産速報値(1月)は予想より強い前年同月比−2.5%、
日小売業販売額(1月)は予想より強い前年同月比−0.4%。
米10年債利回りは1.26%台へ低下。
中国国家衛生健康委員会
「中国国内の新型コロナウイルス感染による死者は44人増え、
 計2788人になった。感染者は新たに327人増え、
 中国国内での感染者は計7万8824人に」
日経平均は430.22円安で寄り付き600円超に下落。
ドル円はやや下落。ユーロドルは小幅に反発。
英GFK消費者信頼感調査(2月)は予想より強い−7。
市場反応は限定的。ポンドドルは小幅に揉み合う。
豪ドル米ドルは0.6585へ上昇した後にやや反落。
安倍首相
「感染拡大のスピードを抑制するために、極めて重要な時期。
 国民の命と健康を守ることを最優先とし、
 やるべき対策を躊躇なく決断、実行していく」
韓国
「新型コロナウイルス感染、新たに256人確認 計2022人に」
日経平均は700円超に下落。米10年債利回りは1.25%台へ低下。
ドル円は109.34へ下落。
中国人民銀行「人民元中心レート 1ドル=7.0066元」
中国上海株式市場は2.23%安で始まる。
ドル円は軟調に推移。豪ドル米ドルは軟調に推移。
ユーロドルは1.0982へ反落。ポンドドルはやや反落。
報道
「東京ディズニーランドと東京ディズニーシーが2週間の休園へ」
ドル円や豪ドル米ドルは軟調に推移。
ダウ先物はマイナス圏へ反落。原油先物は45ドル台へ下落。
東京時間午後に日経平均は一時900円超に下落。
ポンドドルは1.2870へ下落した後にやや反発。
ユーロドルは小幅に反発。
JPモルガンチェース
「新型コロナウイルス感染拡大を受けて、従業員に対し
 全ての海外への出張を必要不可欠なものに制限する」
報道
「ニュージーランドで初の新型ウイルス感染を確認」
NZドル米ドルは10.62台前半へ下落。
日新設住宅着工戸数(1月)は予想より弱い前年同月比−10.1%。
日経平均は一時1000円超に下落。ダウ先物は300ドル超に下落。
米10年債利回りは1.23%台へ低下。最低水準を更新。
東京時間終盤にドル円は108.81へ下落。
豪ドル米ドルは0.6516へ下落。ユーロドルは1.1004へ反発。
日経平均は805.27円安の21142.96で大引け。5日続落。
【ロンドン時間】
ドル円は一時108.79へ下落。ユーロドルは一時1.1008へ上昇。
ポンドドルは1.2897へ上昇した後にやや反落。
ダウ先物は400ドル超に下落。
米10年債利回りは1.22%台へ低下。最低水準を更新。
独ビルト紙
「ドイツのハインスベルクで約1000人を隔離」
中国上海株式市場は3.71%安の2880.30で取引を終える。
独輸入物価指数(1月)は予想より弱い前月比−0.4%。
市場反応は限定的。
英ネーションワイド住宅価格(2月)は予想より弱い前月比0.3%。
ポンドドルはやや下落。
ドル円は一時小幅に反発。豪ドル米ドルはやや反発。
ダウ先物は下げ幅をやや縮小。
スイス実質小売売上高(1月)は前回値より弱い前年同月比−0.1%。
スイスフランの反応は限定的。ユーロドルは小幅に反落。
仏第4四半期GDP改定値は予想とおりの前期比−0.1%、
仏消費者物価指数速報値(2月)は予想とおりの前月比0.0%、
仏卸売物価指数(1月)は前回値より弱い前月比−0.1%、
仏消費支出(1月)は予想より弱い前月比−1.1%。
ユーロの反応は限定的。ポンドドルは1.2860へ下落。
米10年債利回りは1.19%台へ低下。最低水準を更新。
独英の株式市場はマイナス圏で始まり3%超に下落。
スイスKOF景気先行指数(2月)は予想より強い100.9。
市場反応は限定的。
報道
「独ザクセン州のCPIが前年比2.0%に上昇」
リトアニア中銀総裁
「新型コロナウイルスは極めて重大なリスク。
 ウイルス問題で、需要面でのショックがあり得る。
 必要であれば緊急理事会の開催の可能性も」
ドル円は軟調に推移。ポンドドルはやや反発。
ユーロドルは上昇。豪ドル米ドルは一時0.6546へ上昇。
独失業者数(2月)は予想より強い前月比−1.0万人、
独失業率(2月)は予想とおりの5.0%。
米10年債利回りは1.163%へ低下。最低水準を更新。
ユーロドルは1.1053へ上昇。ポンドドルは1.2920へ上昇。
ドル円は108.51へ下落。豪ドル米ドルはやや反落。
スイス政府
「新型ウイルスで1000人以上参加のイベントを3月15日まで禁止」
その後、ドル円は揉み合う。ユーロドルやポンドドルやや反落。
米10年債利回りは1.20%へ上昇。
イラン保健当局
「新たに143人の感染者、合計388人に」
独経済省報道官
「現時点では刺激策についての計画はない。
 ウイルス感染拡大による経済打撃の判断にはまだ早すぎる。
 サプライチェーンに対する障害の兆候はみられていない。
 必要であれば企業に対する支援策を講じる」
バイトマン独連銀総裁
「新型コロナウイルスの影響はまだ評価することできない。
 幾分かのウイルス関連のリスクはドイツで顕在化する見込み。
 ドイツでのウイルス感染拡大は経済を直撃するだろう。
 現行のインフレ目標は、現実的、フォワードルッキング、
 理解可能なものだ。
 緩和策は必要だが、出口戦略の観点を失ってはならない」
ユーロドル1.09台へ下落。豪ドル米ドルは一時0.6494へ下落。
カーニー英BOE総裁
「新型コロナウイルスが原因で英経済成長率が低下する事あり得る。
 観光客が減少、企業のサプライチェーンは若干逼迫しつつある。
 世界の経済成長率は従来の想定よりも低下する見込み。
 英経済に連鎖的影響に」
ポンドドルは一時1.2866へ反落。
米10年債利回りは1.21%台へ上昇。ダウ先物は下げ幅を縮小。
ドル円は一時108.87へ反発。
【NY時間】
独消費者物価指数速報値(2月)は予想より強い前月比0.4%。
市場反応は限定的。
米10年債利回りは一時1.22%台へ上昇。
米個人所得(1月)は予想より強い前月比0.6%、
米個人消費支出(1月)は予想より弱い前月比0.2%、
米PCEデフレータ(1月)は予想より弱い前年同月比1.7%、
米PCEコアデフレータ(1月)は予想より弱い前年同月比1.6%。
ドル円は一時108.46へ下落。ユーロドルは一時1.0969へ下落。
ポンドドルは軟調に推移。
加第4四半期GDPは予想とおりの前期比年率0.3%、
加月次GDP(12月)は予想より強い前月比0.3%、
加鉱工業製品価格(1月)は予想より弱い前月比−0.3%、
加原料価格指数(1月)は前回値より弱い前月比−2.2%。
ドルカナダは一時1.3426へ下落。
ポンペオ米国務長官
「ソレイマニ司令官死亡後のイランによる報復の動き強まってない。
 米国はイランのコロナウイルスとの戦いを助けることを提案。
 イランのヘルスケア関連の基盤は強くない」
ダラス連銀総裁
「市場の混乱に対するFRBの対応についてのコメントは時期尚早」
セントルイス連銀総裁
「世界の経済成長は新型コロナウイルス感染拡大を受けて鈍化。
 長期金利の低下は経済を支える。
 世界的なパンデミックが起きれば利下げの可能性。
 現時点では利下げは基本シナリオではない」
米10年債利回り1.18%台へ低下。ダウ先物は500ドル超に下落。
NYダウはマイナス圏で始まり800ドル超に下落。
ドル円は一時小幅に反発した後に反落。
ユーロドルは1.0951へ下落。ポンドドルは軟調に推移。
豪ドル米ドルは小幅に揉み合う。
シカゴ購買部協会景気指数(2月)は予想より強い49.0。
市場反応は限定的。ドル円は108.38へ下落。
ミシガン大学消費者態度指数確報値(2月)は予想より強い101.0。
NYダウは一時1100ドル超に下落。原油先物は一時44ドル台へ下落。
アトランタ連銀
「第1四半期GDP見通しを従来の2.7%から2.6%に引き下げる」
WHO
「新型コロナウイルスの世界リスクを非常に高いに引き上げる」
ドル円は10107.75へ下落。ユーロドルはやや反発。
ポンドドルは軟調に推移。豪ドル米ドルは0.6434へ下落。
米2年債利回りは一時0.90%割れ。
ロンドンフィックス過ぎに米10年債利回りは1.14%台へ低下。
クドローNEC委員長
「多くの調査報告が新型コロナウイルスの感染拡大が
 米国で急激に始まるものではないと示す。
 サプライチェーンの問題は米国では生じていないが、
 将来も生じないということは意味しない。
 米国以外のG7の国でもコロナウイルスで
 経済がブレークダウンを示していない。
 長期投資家にとっては、市場に回帰し刈り取りに。
 今回の状況は(リーマンショックの)2008年とは全く違う。
 米経済は依然順調」
ドル円は一時108.50へ反発。豪ドル米ドルはやや反発。
独DAXは3.86%安の11890.35で取引を終える。
英FTSE100は3.18%安の6580.61で取引を終える。
ツァブリュックSNB副総裁
「スイス中銀は通貨の操縦者(カレンシーマニピュレーター)ではない。
 新型コロナウイルス感染拡大が通貨高要因。
 新型コロナウイルスの感染拡大は経済の大きなリスク。
 状況によっては利下げは可能」
ドルスイスは一時0.9692へ上昇。
その後、ドル円は再び下落。ポンドドルは一時1.2726へ下落。
NY時間後半に米10年債利回りは1.116%へ低下。最低水準を更新。
パウエルFRB議長
「米経済のファンダメンタルは堅調を維持、
 新型コロナウイルスの感染拡大のリスクが高まっている。
 必要であれば適切に対処する」
ドル円は一時107.51へ下落。ユーロドルは1.1046へ上昇。
ポンドドルは1.2833へ上昇。豪ドル米ドルは0.6533へ上昇。
NY時間終盤に米10年債利回りは1.16%台へ上昇。
NYダウは下げ幅を縮小。
ドル円はやや反発。ドルストレートは小幅に反落。
NY金先物4月限の終値は1566.7。
原油先物4月限の終値は44.76ドル。時間外取引で45ドル台へ上昇。
NYダウは357.28ドル安の25409.36で取引を終える。7日続落。
NASDAQは0.01%高の8567.37で取引を終える。
S&P500は0.82%安の2954.22で取引を終える。
米10年債利回りは1.163%。VIX指数は40.11へ上昇。
ドル円、109.61(始値)、109.68(高値)、107.51(安値)、108.03(終値)、
ユーロドル、1.1000(始値)、1.1053(高値)、1.0951(安値)、1.1027(終値)
ポンドドル、1.2885(始値)、1.2920(高値)、1.2726(安値)、1.2820(終値)
豪ドルドル、0.6569(始値)、0.6585(高値)、0.6434(安値)、0.6510(終値)



●今週(3月2日から3月6日)のドル・円・ユーロの注目点


<今週のドル円>

今週のドル円相場は、上昇した場合、まずは28日のロンドン時間の
戻り高値108.87を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は
109.00の「00」ポイント、さらに上昇した場合は27日のNY時間
前半の安値109.69、ここを上抜けた場合は25日の安値109.89、
さらに上昇した場合は110.00の「000」ポイントを巡る攻防が注目
されます。
一方、下落した場合、まずは週安値でもある28日の安値107.51を
巡る攻防が注目されます。ここを下抜けた場合は107.00の「00」
ポイントから2019年9月24日の安値106.96、さらに下落した場合
2019年10月3日の安値106.49、ここを下抜けた場合は106.00の
「00」ポイントを巡る攻防が注目されます。


今週のドル円相場にかかわる経済指標では、2日の中国財新製造業
PMIと米ISM製造業景気指数、4日の中国財新サービス業PMIと
米ADP雇用統計と米ISM非製造業景況指数と米地区連銀経済報告
5日の米新規失業保険申請件数と米失業保険継続受給者数と米製造
業新規受注、6日の米非農業部門雇用者数変化と米失業率と米平均
時給と米貿易収支、などが注目されます。


先週のドル円(概況)は、週初24日に111.27レベルで始まり週高値
となる111.68へ上昇した後にやや反落して小幅な揉み合いになり
ましたが、ロンドン時間から軟調に推移してNY時間後半にかけて
110.33へ下落する展開になりました。その後、25日の東京時間前半
にかけて111.04へ反発しましたが、その後、揉み合いながらも軟調
傾向で推移してNY時間後半にかけて109.89へ下落する展開になり
ました。その後、26日のNY時間前半にかけて揉み合いながらも
110.70へ戻しましたが、その後、再び反落して軟調傾向で推移して
27日のNY時間前半にかけて109.69へ下落する展開になりました。
その後、NY時間後半に110.34へ反発しましたが、その後、再び
反落して軟調に推移して28日のNY時間後半にかけて週安値となる
107.51へ下落する展開になりました。その後、やや反発して108.03
レベルで週の取引を終えました。


先週は、新型コロナウイルスの感染拡大が世界50カ国地域を超えて
25日にCDC当局者が「新型ウイルスはパンデミックになる可能性。
米国でも拡大の可能性」と発言して、26日にムーディーズが「グロ
ーバル規模でリセッションの可能性。パンデミックに陥る可能性を
従来の20%から40%に引き上げる」と発表して、27日にはWHO
テドロス事務局長が「新型コロナウイルスの世界的な感染拡大につ
いてパンデミック(世界的流行)の可能性がある。自国には感染しな
いという考えは致命的な誤り」と発言するとともに、CMEフェドウ
ォッチによる次回3月18日のFOMCにおける利下げ織り込み度が
54.3%に上昇して、28日にはWHOが「新型コロナウイルスの世界
リスクを非常に高いに引き上げる」と発表したことなどを背景に、
27日にはNYダウが過去最大の下落幅を記録して、NYダウの週間
下落は3583ドルにもなり、日米欧の株式市場の時価総額が1週間
で約10%の減少になるとともに、米10年債利回りが一時過去最低
水準の1.116%へ低下して3カ月債の利回りより低い逆イールドに
なった事などを背景に、ドル円は週間で軟調な相場展開が続いて、
週間の高安では417Pipsもの大幅下落になりました。


さて今週ですが、経済指標では2日の米ISM製造業景気指数、4日
の米ADP雇用統計と米ISM非製造業景況指数と米地区連銀経済報告
そして週末6日の米雇用統計などが特に注目されますが、引き続き
株式市場の動向、米10年債利回りの動向、新型コロナウイルス
(COVID-19)関連報道、不良債権問題、および3月3日の米民主党の
米大統領予備選が集中するスーパーチューズデーには注意が必要な
ようです。また、本邦企業の期末を控えて、リパトリに伴う円転の
動向にも留意が要りそうです。


<今週のユーロドル>

今週のユーロドル相場は、上昇した場合、まずは週高値でもある
28日の高値1.1053を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた
場合は1月31日の高値1.1096から1.1100の「00」ポイントを
巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は1月16日の高値
1.1173、さらに上昇した場合1.1200の「00」ポイントを巡る攻防
が注目されます。
一方、下落した場合、まずは28日の安値1.0951を巡る攻防が注目
されます。ここを下抜けた場合は26日の高値1.0909から1.0900
の「00」ポイント、さらに下落した場合は26日の安値1.0855、
ここを下抜けた場合は25日の安値1.0830を巡る攻防が注目され
ます。


今週のユーロドル相場にかかわる経済指標では、3日の欧消費者物
価指数速報と欧卸売物価指数と欧失業率、4日の独小売売上高指数
と欧小売売上高、6日の独製造業新規受注、などが注目されますが、
対ドル通貨ペアとして、2日の中国財新製造業PMIと米ISM製造業
景気指数、4日の中国財新サービス業PMIと米ADP雇用統計と
米ISM非製造業景況指数と米地区連銀経済報告、5日の米新規失業
保険申請件数と米失業保険継続受給者数と米製造業新規受注、
6日の米非農業部門雇用者数変化と米失業率と米平均時給と米貿易
収支、などが注目されます。


先週のユーロドル(概況)は、週初24日に1.0814レベルで始まり
やや反発した後にロンドン時間前半に週安値となる1.0805へ下落
しましたが、その後、揉み合いながらも反発してNY時間後半にか
けて1.0872へ上昇する展開になりました。その後、やや反落して
揉み合いになり、25日のロンドン時間に1.0830へ下押しましたが、
その後、再び反発して、揉み合いながらも26日ロンドン時間前半
にかけて1.0909へ上昇する展開になりました。その後、1.0855へ
下押しましたが、その後、再び反発して堅調傾向で推移して28日の
ロンドン時間前半にかけて週高値となる1.1053へ上昇する展開に
なりました。その後、NY時間前半にかけて1.0951へ下押しました
が、その後、再び反発して1.1027レベルで週の取引を終えました。


先週のユーロドルは、週初に「伊で新型ウイルス感染者が200人超。
死者6名。欧州で最多。一部自治体封鎖へ」との報道など欧州でも
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大しつつある状況になり
ましたが、米10年債利回りの低下およびドルインデックスの下落
を背景に堅調傾向で推移して28日のロンドン時間にかけて週高値
となる1.1053へ上昇する展開になりました。その後、独経済省
報道官の「現時点では刺激策についての計画はない。(中略) 必要で
あれば企業に対する支援策を講じる」との発表や、バイトマン独
連銀総裁の「(前略) 幾分かのウイルス関連のリスクは独で顕在化
する見込み。独でのウイルス感染拡大は経済を直撃するだろう。
(中略) 緩和策は必要だが、出口戦略の観点を失ってはならない」
との発言も背景にNY時間前半にかけて1.0951へ下押しましたが
その後、再び反発して1.1027レベルで週の取引を終えました。


さて今週ですが、経済指標では3日の欧消費者物価指数速報、6日
の独製造業新規受注、などが特に注目されますとともに、対ドル
通貨ペアとして、2日の米ISM製造業景気指数、4日の米ADP
雇用統計と米ISM非製造業景況指数と米地区連銀経済報告、
週末6日の米雇用統計などが注目されますが、引き続き、新型コロ
ナウイルス関連の報道、中国経済の動向、独政治情勢、不良債権
問題、そしてユーロキャリーの巻き戻しの動向などにも留意が要り
そうです。チャート的には時間足レベルのダブルトップとなるのか
あるいは時間足レベルのカップ・ウイズ・ハンドルからさらに上昇
する展開となるのか、週初の相場動向が注目されます。





さて今回は、トレードと凡事のお話 その379 です。


前回からの続きのお話です。


投資苑で有名なアレキサンダー・エルダー博士が
トレードでは当たり前なことこそが大切として、
「投資苑3」の中でこう語っています。


「相場には秘密があります。
 秘密がないということが秘密なのです」


相場やトレードで秘密ではない「当たり前なこと」とは
いったいぜんたい何なのでしょうか…。


今回は「トレードと凡事」その第三百七十九話です。


それでは、はじまり、はじまり〜。^^



『おい、ジイさん。先週は慎重だったWHOテドロス事務局長が
 「新型コロナウイルスの世界的な感染拡大についてパンデミック
 の可能性がある。自国には感染しないという考えは致命的な誤り」
 と発言した事も背景に、27日にはNYダウが過去最大の下落幅を
 記録して、NYダウは週間でなんと3583ドルもの下落になり…、
 ドル円も一時107.51へ下落するという相場展開になったよな…』


「ふむ。そうであったのう…。溜口剛太郎殿。
 日米欧の株式市場の時価総額が僅か1週間で約10%減少になると
 ともに、米10年債利回りが一時過去最低水準の1.116%へ低下し
 3カ月債の利回りより低い逆イールドになった事も背景に、CME
 フェドウォッチの3月18日FOMCにおける利下げ織り込み度が
 50%以上に上昇して、ドル円は軟調な相場展開になり…、週間の
 高安では417Pips(4円17銭)もの大幅下落になったのう…」


『日本では全国の小中学校・高校が春休みまでの臨時休校になり…、
 東京ディズニーランドと東京ディズニーシーが2週間休園になる
 とともにプロ野球でも観客のいない試合となるなど、新型コロナ
 ウイルスによって前代未聞の事態となっているよな…。ジイさん』


「街中のパチンコ店でも休業するところが出てきているようで…、
 日経新聞でも『コロナ・ショック、世界を揺らす』と報じられ、
 新型コロナの事態に『ショック命名』がされたようじゃのう…」


『米10年債利回りとドル円ではコリレーション復活したようだが
 株式市場の追証に充当する為の換金売りなのか、リスク回避でも
 今度は金が下落するという奇妙な事態になっているようだけど、
 さて、今週はどんな相場展開になるのかねぇ…。ジイさん』


「ふむ…。経済指標では、2日の米ISM製造業景気指数、4日の
 米ADP雇用統計と米ISM非製造業景況指数とベージュブック
 そして週末6日の米雇用統計などが特に注目されようが…、
 引き続き株式市場の動向、米10年債利回りの動向、新型コロナ
 ウイルス(COVID-19)関連報道、不良債権問題には注意が必要と
 なろうのう…。また本邦企業の期末を控えて、リパトリに伴う
 円転の動向にも留意が要りそうじゃが…、下値ではGPIF出動
 の可能性もあり…、ボラタイルな相場展開となりそうじゃのう」


『米ISMではコロナの影響も反映された数値になるだろうからな。
 そして、3日の米民主党の米大統領予備選が集中するスーパー
 チューズデーも材料になる可能性あり留意が要りそうだよな…。
 おっと、前段の話があまり長くなり過ぎるといけねぇ…。
 さてところで…、ジイさん。今日はいったい何のお話だい?』


「ふむ。そうじゃのう…。前段の話も長くなり過ぎたようじゃが
 今日は、『移動平均線のパラメーター最適化のお話』でも、
 ひとつさせてもらうとしようかのう…。溜口剛太郎殿」


『まぁ、よろしい。「移動平均線のパラメーター最適化のお話」
 とやらをひとつ聞いてやろうじゃないか…。ジイさん』


「少しチャート分析を学んだ後に、誰しも1度は考える事として
 『移動平均線パラメーター(期間設定)はいくつがベストなのか』
 という事があるのではなかろうかのう…。溜口剛太郎殿」


『まぁな…。オレ様も考えた事はあるけど、「常時ベスト」となる
 移動平均線の期間パラメーターというのはないんじゃないかな』


「ふむ。13期間が効きが良い相場の時もあるし、21期間の効きが
 良い相場状況もあり、34期間が良い場合も、55期間の効きが
 良いという相場つきの時もあろう…。溜口剛太郎殿」


『まぁ、マッチングする移動平均線期間パラメーターは、その時の
 「相場状況によって異なる」という事になるんだろうけどさぁ…、
 普通は例えば5期間や20期間や21期間や25期間の移動平均線
 のどれかや、2本もしくは数本をチャートに表示させて、それに
 「慣れていく」というのが一般的なんじゃないかな…。ジイさん』


「ふむ…。まぁ、それが一般的とは思われるが…、試みとして、
 高値と安値の切り下げや、安値と高値の切り上げが、最初に確認
 出来た段階で、つまりダウの波形が最初に確認できた段階で…、
 3つ目の高値が移動平均線で上値を押さえられるように、あるいは
 3つ目の安値が移動平均線で下値支持されるように、移動平均線
 パラメーターを変えて、『その時の相場つきにマッチングする
 移動平均線を探す』という方法があるのじゃのう…」


『なんとなく意味は解るけど、言語だけじゃ判りにくいぜ…』


「ふむ。そうじゃのう…。具体例で言えば、先週、20年2月24日
 から2月28日の相場に於いては、ドル円の1時間足ではフィボナ
 ッチ数34の期間パラメーターのEMAの効きが良く、ユーロドル
 の1時間足ではフィボナッチ数55の期間パラメーターのEMAの
 効きが良いことがチャートで確認できよう…。溜口剛太郎殿」


『なるほどなぁ…。移動平均線を用いた手法は天底は狙えなく…、
 また、その最適化された期間パラメーターの効果が永続するわけ
 ではないけれど…、しばらくは効果を発揮して、グランビルの
 売りの第3法則目を用いて、移動平均線が下向きで価格が下落し
 た後に反発するも移動平均線に上値を押さえられ再下落し始めた
 ときの戻り売りや…、グランビルの買いの第3法則目を用いて、
 移動平均線が上向きで価格が上昇した後に反落するも移動平均線
 に下支えされ再上昇をし始めたときの押し目買いを狙うことが
 出来るというワケか…。けっこう研究の価値がありそうだな…』


「ふむ。GMMAに習い、5期間EMA、8期間EMA、13期間EMA
 21期間EMA、34期間EMA、55期間EMA、89期間EMA、
 144期間EMA、そして200期間SMAも多重的に表示させて、
 そのとき効きの良いEMAを太線にするなどの工夫や、利確では
 5期間EMAをローソク足が終値の実体として抜けた時とする、
 そして、条件が再度そろえば、再エントリーも駆使していく…、
 など、手法化とすることも出来よう…。溜口剛太郎殿」


『エリオット波動の5波狙いも出来そうで面白そうだけど…、
 こうしてみると、アイデアと「検証」の次第で、まだまだ新たな
 手法の余地も考えられるもんなんだな…。良いことを聞いたぜ…』




なーんちゃって。

またまたお話が長くなりました。 m(_ _)m


ではまた来週。


FX情報をもっと見る
過去ログ
2020年06月(1)
2020年05月(4)
2020年04月(4)
2020年03月(5)
2020年02月(4)
2020年01月(4)
2019年12月(4)
2019年11月(4)
2019年10月(4)
2019年09月(5)
2019年08月(3)
2019年07月(4)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(3)
2019年03月(5)
2019年02月(4)
2019年01月(4)
2018年12月(4)
2018年11月(4)
2018年10月(4)
2018年09月(5)
2018年08月(3)
2018年07月(5)
2018年06月(4)
2018年05月(4)
2018年04月(4)
2018年03月(4)
2018年02月(4)
2018年01月(4)
2017年12月(4)
2017年11月(4)
2017年10月(5)
2017年09月(4)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(4)
2017年05月(4)
2017年04月(4)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(4)
2016年12月(4)
2016年11月(4)
2016年10月(5)
2016年09月(4)
2016年08月(2)
2016年07月(5)
2016年06月(4)
2016年05月(4)
2016年04月(4)
2016年03月(4)
2016年02月(4)
2016年01月(5)
2015年12月(3)
2015年11月(4)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(4)
2015年07月(4)
2015年06月(4)
2015年05月(4)
2015年04月(4)
2015年03月(4)
2015年02月(4)
2015年01月(3)
2014年12月(3)
2014年11月(4)
2014年10月(4)
2014年09月(4)
2014年08月(4)
2014年07月(4)
2014年06月(4)
2014年05月(3)
2014年04月(4)
2014年03月(4)
2014年02月(4)
2014年01月(4)
2013年12月(3)
2013年11月(4)
2013年10月(4)
2013年09月(5)
2013年08月(3)
2013年07月(4)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(4)
2013年01月(4)
2012年12月(4)
2012年11月(3)
2012年10月(4)
2012年09月(5)
2012年08月(3)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(5)
2012年03月(4)