FX トレードと凡事のお話 その247


話題の中学生のプロ棋士、藤井聡太四段が公式戦29連勝達成となるか
26日の竜王戦決勝トーナメント1回戦が注目されますね。


●今週(6月26日から30日)の主な予定

<6月26日(月)>

朝8時50分に日企業向けサービス価格指数(5月)、
午後2時に日景気先行指数改定値(4月)、日景気一致指数改定値(4月)
午後5時に独IFO景況感指数(6月)、
夜9時半に米耐久財受注(5月)、米耐久財受注(除輸送用機器 5月)、
などが予定されています。
独・米の指標には注目です。


<6月27日(火)>

朝7時45分にNZ貿易収支(5月)、
午後7時からカーニー英BOE総裁の発言、
夜10時に米ケースシラー住宅価格指数(4月)、
夜11時に米消費者信頼感指数(6月)、
同夜11時に米リッチモンド連銀製造業指数(6月)、
深夜2時からイエレンFRB議長の講演、
などが予定されています。
NZ・米の指標とイエレンFRB議長の講演には注目です。
そして、中国で29日まで夏季ダボス会議が開催予定です。


<6月28日(水)>

午後3時に独輸入物価指数(5月)、
午後3時45分に仏消費者信頼感指数(6月)、
午後8時に米MBA住宅ローン申請指数、
夜9時半に米卸売在庫(5月)、
夜11時に米中古住宅販売成約(5月)、
などが予定されています。米の指標には注目です。


<6月29日(木)>

朝8時50分に日小売業販売額(5月)、
午前10時にNBNZ企業信頼感(6月)、
午後3時に独GFK消費者信頼感調査(7月)、
午後5時半に英消費者信用残高(5月)、
午後6時に欧消費者信頼感確報(6月)、欧経済信頼感(6月)、
夜9時に独消費者物価指数速報(6月)、
夜9時半に米第1四半期GDP確報、米第1四半期個人消費確報、
同夜9時半に米第1四半期GDPデフレータ確報、
同夜9時半に米第1四半期コアPCEデフレータ確報、
同夜9時半に米新規失業保険申請件数、
などが予定されています。
独・米の指標には注目です。


<6月30日(金)>

朝7時45分にNZ住宅建設許可件数(5月)、
朝8時01分に英GFK消費者信頼感調査(6月)、
朝8時半に日全国消費者物価指数(5月)、日失業率(5月)、
朝8時50分に日鉱工業生産速報(5月)、
午前10時に中国製造業PMI(6月)、中国非製造業PMI(6月)、
午後2時に日新設住宅着工戸数(5月)、
午後3時に独小売売上高指数(5月)、
午後3時45分に仏消費者物価指数(6月)、仏卸売物価指数(6月)、
午後4時にスイスKOF景気先行指数(6月)、
午後4時55分に独失業者数(6月)、独失業率(6月)、
午後5時半に英第1四半期GDP確報、英第1四半期経常収支、
午後6時に欧消費者物価指数速報(6月)、
夜9時半に米個人所得(5月)、米個人消費支出(5月)、
同夜9時半に米コアPCEデフレータ(5月)、
同夜9時半に加GDP(4月)、
同夜9時半に加鉱工業製品価格(5月)、加原料価格指数(5月)
夜10時45分に米シカゴ購買部協会景気指数(6月)、
夜11時に米ミシガン大学消費者信頼感指数確報(6月)、
などが予定されています。
NZ・日・中国・独・英・欧・米・加の指標には注目です。


<7月2日(日)>

東京都議会議員選挙、投開票



欧州などの国債入札予定時間につきましては
http://jp.investing.com/economic-calendar/
が参考になります。



■先週(6月19日から23日)の主な出来事や要人発言


先週は、ドルインデックスが96.82で始まり、97.52へ上昇した後に
反落して96.98で週の終値になりました。
米10年債利回りは週レベルで2.142%に低下しました。
NY原油先物(WTI)8月限は週レベルで43.01ドルへ低下しました。
NYダウは週間10.48ドル上昇、21394.76ドルで週の取引を終える。


<6月19日(月)>

報道
「仏議会選、マクロン新党が単独過半数へ。投票率は過去最低。」
日経平均は31円高で寄り付き124円高で大引け。
豪RBA総裁
「今後数年の豪州の経済成長は力強さを増す可能性が高い。
 世界経済の回復がサポートとなっている。
 鉱業投資については正常な水準への回復がほぼ回復している。」
IMFの日本に対する4条協議
「金融政策は持続的な緩和スタンスを維持するべき。
 日銀はインフレ予測の公表や、買い入れ額への言及中止などを通じ
 コミュニケーションの枠組み強化を。
 インフレ率は中期的にも2%目標を下回る見込み。
 2017年は0.7%、2018年は0.6%と予測する。
 実質実効レートは2015年から2016年にかけて上昇し、
 ファンダメンタルズとの整合性が取れた。
 経済見通しのリスクは下振れ。
 消費税は0.5%か1%ずつ、15%に引き上げを。
 単一税制を維持するべき
 基礎的財政収支は対GDP比で年平均0.5%の改善を。」
ムーディーズ
「豪州の大手4銀行の格付けをAA3からAA2に引き下げる。」
ベルギー中銀総裁
「QEの将来について年内に決める必要がある。
 インフレ期待が低過ぎる状態が長期化することはリスク。
 しっかりと安定する必要。、賃金上昇を注視する。」
英財務省
「フォーブス氏に次のMPCメンバーにSilvana Tenreyro氏を指名。」
ロシア国防省
「シリア軍機の撃墜はシリア主権に対する屈折した侵犯。
 今後、シリア上空を飛行する米主導連合軍の航空機を
 標的にする可能性がある。」
NY連銀総裁
「インフレは米金融当局が望ましいとする水準をやや下回っている。
 米経済は完全雇用の極めて近い状況。
 経済の信頼感の水準は非常に非常に高い。
 経済の拡大は長期的に続くと確信している。
 全般的に雇用市場は比較的良好。
 自動化が雇用を奪うとはそれほど警戒していない。
 労働市場の改善に伴い、賃金と共にインフレは加速する。
 現時点で引き締め策を停止すれば、インフレ高進のリスク増大。
 まだ十分に金融環境を引き締めていない。」
フォーブス英BOE委員
「英中銀はインフレ圧力を過小評価している。
 英消費者物価(CPI)は恐らく3%超に上昇。
 CPIの上昇は一時的なポンド安の影響ではない。
 賃金の伸びは拡大が予想される。」
デービス英EU離脱担当相
「離脱交渉は有望なスタートを切った。
 英国はEUの単一市場と関税同盟から離脱し、
 自由貿易協定の締結を要請。
 EUとの関税同盟離脱は大きな利点になる。」
IMF
「通貨危機防止へ資金供給を早くする新協定を導入へ。」
NYダウは144ドル高で取引を終える。史上最高値を更新。


<6月20日(火)>

シカゴ連銀総裁
「2017年の利上げについて、(年内打ち止めを意味する)2回か、
 3回か、4回かはまだわからない。
 現状は非常に緩やかな利上げをサポート。
 これまでのデータから第2四半期GDPは力強い回復が期待される。
 CPIの鈍化は、来週発表されるPCEにとっても良くない前兆。
 2%のインフレターゲットについて強いコミットを示すべき。
 これまでの8年間2%を下回っていることは大きな失敗。
 非常に低い金利についてリスクがないとは言えない。
 バランスシートの縮小に関しては年内の開始が自然な動き。」
日経平均は166円高で寄り付き162円高で大引け。年初来高値更新。
豪RBA議事録
「経済成長は安定。緩和スタンスを維持。
 コアインフレは依然として低い。
 家計債務の急増を呼んだ住宅市場過熱に慎重なモニタリング必要。
 賃金の伸び鈍化を懸念。豪ドル高は経済の調整を複雑化。」
フィッシャーFRB副議長(講演テキスト)
「いくつかの国で住宅価格は高水準かつ上昇している。
 不良債権は減少しており米国の銀行システムは随分強くなった。
 金融システムの安全のために講ずる措置はまだある。
 住宅価格上昇は長期にわたる低金利が背景。」
カーニー英BOE総裁
「インフレ圧力は抑制、利上げする時ではない。」
スイスSNB総裁
「スイス・フランは引き続きかなり過大評価されている。
 現在の金融政策は必要とされている。
 景気刺激策からの出口については話題にのぼらず。」
英財務相
「金融サービス業界を守ることをEU離脱交渉の中核にする方針。
 金融サービスの分散はEU全体の企業にとってコスト高となる。」
ムニューシン米財務長官
「年内に税制改革を行うことを約束する。
 法人税引き下げなど大規模な税制改革を計画している。
 足元の税収は予想をやや下回っている。
 年後半には税収が回復すると予想。税収については心配してない。
 強いドルはトランプ政権への信任。
 強いドルには輸出などで不利な面も。」
ボストン連銀総裁(講演テキスト)
「低金利は将来の景気後退との戦いに不利。
 低金利は金融による仲介機能や経済にとってリスクとなる。
 低金利は金融の安定にとって不安材料。」
シカゴ連銀総裁
「インフレ率が上昇し2%目標達成することは重要。
 直近のインフレ指標は自身を若干神経質にさせている。
 インフレ圧力は高まる可能性。
 指標を精査し状況改善したか見極める時間はある。
 経済は非常に良好。12月まで待ってそれから判断することも可能。」
ライアン米下院議長
「税制改革を我々は2017年内に達成するだろう。」
トランプ大統領
「北朝鮮問題での中国の取り組みは奏功していない。」
ダラス連銀総裁
「今年のGDPは2%前後の成長率を予想している。
 成長が労働市場からスラックを取り除く。
 米国はほぼ完全雇用。インフレは均一性を欠き、活発ではない。
 インフレの兆候増えるまで辛抱強く待つべきだ。
 インフレ鈍化は一時的である証拠を見たい。
 イールドカーブの形状は気掛かり。」
NYダウは61ドル安で取引を終える。


<6月21日(水)>

報道
「MSCIが中国本土人民元建てA株を新興市場指数に組入れと発表。」
日経平均は38円安で寄り付き91円安で大引け。
黒田日銀総裁
「物価動向を引き続き注意深く点検する必要。
 2%目標までには距離があり強力な金融緩和推進が適切に。
 日本の景気の足取りはよりしっかりとしたものに。」
英メディアのバズフィード
「メイ英首相の政策責任者のゴドフリー氏が辞任する見通し。」
ECB経済報告
「中国経済など新興国の経済状況の回復で全般的なリスクは後退。
 トランプ政権の保護主義的な政策が新たなリスクとなっている。」
英BBC
「英保守党と英DUPとの協議が続くなかで、
 英DUPは医療とインフレ分野に各10億ポンド追加支出を要求。」
ホールデン英BOE政策委員(これまで金利据え置きを主張)
「年後半には刺激策の一部解除が望ましい。」
EIA週間石油在庫統計では原油在庫が245.1万バレルの減少。
ライアン米下院議長
「経済成長達成のため税制改革の重要な部分は恒久化される必要。
 税制改革の一部は暫定的になる可能性。
 まだ、詳細は決定されていない。」
フィラデルフィア連銀総裁
「9月のバランスシート縮小開始の可能性を見込む。
 インフレが鈍化するようであれば望まない。
 バランスシート縮小開始時は利上げの一時停止を望ましい。」
報道「仏4閣僚が辞任へ。」
NYダウは57ドル安で取引を終える。


<6月22日(木)>

RBNZ声明
「政策は相当な期間緩和的。
 多くの不確実性が残り政策は調整が必要な可能性。
 通貨安は成長見通しの均衡を支援。
 実効為替レートは5月以来、3%上昇。成長見通しはポジティブ。
 一時的な要因がインフレを押し上げている。
 長期のインフレ見通しは引き続き安定。
 インフレの総合指数に一部ばらつきが見られる。
 直近の予算変更が成長を支援するだろう。
 2017年の予算は成長を支援。」
日経平均は15円高で寄り付き28円安で大引け。
マクロン大統領
「ユーロ圏はより強力な結びつきが必要。
 ユーロ圏の統一予算が必要。」
岩田日銀副総裁
「国債買入の目途は外さない方が良い。
 インフレ目標達成に向けて必要。」
ECB経済報告
「金融政策は引き続き緩和的。
 世界経済の回復は緩やかな加速を予想。
 米国の経済活動は強含むこと想定。
 英国の実質GDP成長の短期見通しは抑制。
 日本では緩和政策が景気拡大を引き続き下支え。
 中国経済は堅調なペースでの拡大を見込む。
 商品市況は足元で軟調。世界的にインフレ上昇は鈍る傾向に。
 ユーロ相場は貿易加重ベースで3月初頭から2.5%上昇。
 ユーロ圏経済成長は主に内需中心にモメンタム上昇。
 基調インフレには依然として強い上昇のサインみられず。
 ユーロ圏の賃金上昇は引き続き低調。
 HICPは予想ほどの伸びを示していない。
 世界的に政策面での不透明感は増大している。
 ここ数年、地政学リスクの緊張が成長への主要な下方リスク。」
英DUP議員
「保守党との閣外協力交渉は29日までの合意の可能性が高い。」
米上院共和党がまとめたヘルスケア法案
「医療保険市場の安定化へ4年間で500億ドルの予算を充当。
 2019年までコスト負担補助金を設ける。」
セントルイス総裁
「再来年までに3%の政策金利の見通しは不必要にアグレッシブ。
 バランスシート縮小開始は早く始めるべき。
 最近の指標は広範囲でのインフレ鈍化を示している。」
米USTR代表
「日米の2国間貿易交渉の準備は整っていない。
 日本との2国間貿易合意が成立するとは言えない。
 中国との自由貿易交渉は極めて可能性が低い。
 8月17日にもNAFTA交渉を始める意向。
 米国はTPPに戻るつもりはない。」
FRBのパウエル理事
「ボルカールールは削除や緩和の余地がある。
 ボルカールールの改善に向け同ルールを管轄する4当局とともに
 取り組んでいきたい。」
FRB
「大手銀行のストレステストでは34行全てが経済的なショックに
 耐える能力がある。」
NYダウは12ドル安で取引を終える。


<6月23日(金)>

日経平均は42円高で寄り付き22円高で大引け。
EU大統領
「メイ英首相のEU市民在住権の提案は期待に届かず。」
セントルイス総裁
「インフレとインフレ期待は下向きのサプライズ。
 FOMCは経済動向を見極め様子見が可能。
 現行の政策金利は適正水準。
 保有資産の正常化は5年以上を要する可能性。
 イールドカーブは著しくフラット化している。
 アマゾンデフレ(ホールフーズ買収)の見方は恐らく大袈裟な可能性。
 株式市場にバブル発生しているかは不明。
 我々は低金利、低インフレの環境下にいる。
 インフレ率は2018年末までに2%の目標に上昇へ。
 バランスシート縮小は9月開始の可能性。
 選択肢はオープンにしておくべき。
 バランスシート縮小は利上げなしの会合に開始可能。」
クリーブランド連銀総裁
「経済のファンダメンタルズの基調は非常に良好。
 段階的に緩和政策を解除すべき時。
 FRBは米経済を減速させるために利上げを行っていない。
 最近のインフレ指標で自身の見方は変わっていない。
 インフレは緩やかに上昇して行く。
 年内のバランスシート縮小開始を支持。」
NYダウは2ドル安で取引を終える。



<先週のドル円の概況>

先週のドル円は、週初19日に110.91レベルで始まり、揉み合いなが
らも堅調傾向で推移して20日のロンドン時間に週高値となる111.78
へ上昇する展開になりました。その後、21日のロンドン時間にかけて
111.06へ反落しましたが、NY時間前半に111.74へ反発する展開にな
りました。その後、22日の東京時間にかけて110.95へ反落した後に
NY時間にかけて111.44へ反発しましたが、その後、揉み合いとなっ
て111.28レベルで週の取引を終えました。


<先週のユーロドルの概況>

先週のユーロドルは、週初19日に1.1209レベルで始まり、揉み合い
を経た後にロンドン時間に週高値となる1.1212へ上昇しましたが、
その後、NY時間近くから反落して20日のオセアニア時間にかけて
1.1141へ下落する展開になりました。その後、ロンドン時間序盤に
1.1165へ反発しましたが、NY時間後半にかけて週安値となる1.1118
へ下落する展開になりました。その後、切り返して、22日のロンドン
時間序盤に1.1178へ上昇しましたが、その後、NY時間後半にかけて
1.1139へ下押す展開になりました。その後、再び反発して、23日の
NY時間序盤にかけて1.1209へ上昇しましたが、その後、小幅な揉み
合いとなって1.1193レベルで週の取引を終えました。




●今週(6月26日から6月30日)のドル・円・ユーロの注目点


<今週のドル円>

今週のドル円相場は、上昇した場合、まずは22日NY時間の戻り高値
111.44を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は21日の高値
11.74から先週高値でもある20日の高値111.78、さらに上昇した場合
112.00の「00」ポイント、ここを上抜けた場合は5月24日の高値の
112.12から3月31日の高値112.19、さらに上昇した場合は2月17日
の安値112.61を巡る攻防が注目されます。
一方、下落した場合、まずは22日のNY時間の押し安値111.07から
111.00の「00」ポイントを巡る攻防が注目されます。ここを下抜けた
場合は22日の安値110.95から19日のNY時間の押し安値110.91、
さらに下落した場合は16日安値110.64、ここを下抜けた場合は14日
の高値110.34、さらに下落した場合は110.00の「00」ポイントを巡る
攻防が注目されます。


今週のドル円相場は経済指標及び要人発言では、26日の米耐久財受注
27日の米ケースシラー住宅価格指数と米消費者信頼感指数とリッチモ
ンド連銀製造業指数とイエレンFRB議長の講演、28日の米中古住宅販
売成約、29日の米第1四半期GDP確報と米第1四半期個人消費確報
と米第1四半期GDPデフレータ確報と米第1四半期コアPCEデフレ
ータ確報と米新規失業保険申請件数、30日の日全国消費者物価指数と
日失業率と日鉱工業生産速報と中国製造業PMIと中国非製造業PMIと
米個人所得と米個人消費支出と米コアPCEデフレータとシカゴ購買部
協会景気指数とミシガン大学消費者信頼感指数確報、などが注目され
ます。


先週のドル円は、110円台後半から111円台後半を範囲とするレンジ
相場になりましたが、中立派のダラス連銀総裁が追加利上げに慎重姿
勢を示すなど見解に変化も見られ、FOMCでは政策の正常化の道筋が
示されるも、コアCPIが前年比で4ヵ月連続で鈍化していることもあ
って、金利先物市場での金利見通しは年内据え置きが50%超となり、
FRBが年内にもう一度利上げをするのか、あるいは据え置きとなるの
か、市場観測は二分している状況のようです。

今週は27日深夜のイエレンFRB議長の発言が注目されますとともに
米税制改革への関門となるヘルスケア法案を米上院が採決する可能性
が指摘されていることから、議員間で賛否が拮抗している状況でその
結果が注目されます。



<今週のユーロドル>

今週のユーロドル相場は、上昇した場合は、まずは23日の高値1.1209
から先週高値でもある19日高値1.1212を巡る攻防が注目されます。
ここを上抜けた場合は15日の東京時間の戻り高値1.1228から12日の
高値1.1232、さらに上昇した場合は8日の高値1.1269、ここを上抜け
た場合は7日の高値1.1282から14日のFOMC後の高値1.1289、さら
に上昇した場合は14日高値1.1295から1.1300の「00」ポイント、
ここを上抜けた場合2016年9月8日の高値1.1327を巡る攻防が注目
されます。
一方、下落した場合は、まずは22日の高値1.1178から23日ロンドン
時間の押し安値1.1161を巡る攻防が注目されます。ここを下抜けた場
合は22日の安値1.1139、さらに下落した場合は先週安値でもある20
日の安値1.1118、ここを下抜けた場合は1.1100の「00」ポイント、
さらに下落した場合は5月18日の安値1.1075を巡る攻防が注目され
ます。


今週のユーロドル相場は経済指標では、26日の独IFO景況感指数、
29日の独消費者物価指数速報、30日の独失業者数と独失業率と欧消費
者物価指数速報、などが注目されますが、対ドル通貨ペアとして、
26日の米耐久財受注27日の米ケースシラー住宅価格指数と米消費者信
頼感指数とリッチモンド連銀製造業指数とイエレンFRB議長の講演、
28日の米中古住宅販売成約、29日の米第1四半期GDP確報と米第1
四半期個人消費確報と米第1四半期GDPデフレータ確報と米第1四半
期コアPCEデフレータ確報と米新規失業保険申請件数、30日の中国製
造業PMIと中国非製造業PMIと米個人所得と米個人消費支出と米コア
PCEデフレータとシカゴ購買部協会景気指数とミシガン大学消費者信
頼感指数確報、などが注目されます。


先週のユーロドルは、仏下院選挙でマクロン新党が大勝するも週間で
16Pips程下げて、下へ「行って来い」のレンジ性の相場展開になり、
20日時点でのIMM通貨先物ポジションでは34201枚の大幅な買い越
し減となりました。

今週初はイタリア政府によるベネトバンカなど中小2行の破綻処理に
対する市場反応が注目されますが、対ドル通貨ペアとして、27日深夜
のイエレンFRB議長の発言が注目されますとともに、30日の欧消費者
物価指数速報などが焦点になりそうです。




さて今回は、トレードと凡事のお話 その247 です。


前回からの続きのお話です。


投資苑で有名なアレキサンダー・エルダー博士が
トレードでは当たり前なことこそが大切として、
「投資苑3」の中でこう語っています。


「相場には秘密があります。
 秘密がないということが秘密なのです。」


相場やトレードで秘密ではない「当たり前なこと」とは
いったいぜんたい何なのでしょうか…。


今回は「トレードと凡事」その第二百四十七話です。


それでは、はじまり、はじまり〜。^^



『おい、ジイさん。先週のドル円はレンジ幅100Pips程の揉み合いで
 ユーロドルも週間100Pips程の下へ「行って来い」相場だったな。』


「ふむ。そうであったのう…。溜口剛太郎殿。
 先日のFOMCでは政策の正常化の道筋が示されるも、
 コアCPIが前年比で4ヵ月連続で鈍化していることもあって、
 金利先物市場での金利見通しは年内据え置きが50%超となり、
 FRBが年内にもう一度利上げをするのか、据え置きとなるのか…、
 市場観測は二分している状況のようじゃのう…。」


『なんか煮え切らない相場といった印象もあるが…、
 今週はどんな相場展開になるのかねぇ…。ジイさん。』


「引き続き米重要経済指標が注目されるが、
 27日深夜のイエレンFRB議長の発言が注目されるとともに
 米税制改革への関門となるヘルスケア法案を米上院が採決する
 可能性が指摘されていることから、その結果が注目されよう…。
 次第によっては動意づく場合もあるやもしれぬのう…。」


『ヘルスケア法案では米共和党から3人以上の造反が出れば
 可決できないとも言われているようでどうなるのかなぁ…。
 さてところで…、ジイさん。今日は何のお話だい?』


「ふむ。そうじゃのう…。今日は『サインの強弱のお話』でも
 させてもらおうと思っておったのじゃが…、
 中学生のプロ棋士、藤井聡太四段が公式戦29連勝達成となるか、
 話題となっておるようで、今日は将棋にちなみ、
 『最善手のお話』でもさせてもらうとしようかのう…。」


『あははっ。そういえばジイさんは将棋のアマ五段だったよな…。
 よろしい。「最善手のお話」とやらを聞いてやろうじゃないか。』


「ジイは確かに日本将棋連盟のアマ五段の免状こそは持ってはおるも
 今は将棋から遠ざかっており実力はアマ初段といったところじゃが
 将棋には序盤の戦法の骨格が決まった後からはこれこそ最善という
 『最善手』があるとされておるのじゃのう…。溜口剛太郎殿。」


『将棋の初手は30通りで、指し手の最多局面では持ち駒の使用も含め
 ルール上の合法手がなんと593通りもあるそうだけど、
 これらの中から「最善手」を探すのは大変なことだよな…。』


「ふむ…。もちろん将棋のプロとて一局の平均手数115手において
 常に『最善手』を指し続けることは事実上不可能で、
 将棋では『悪手なくば勝つ』とも言われておるのじゃが…、
 ただ、将棋の局面において『絶対正解が存在している』という事は
 将棋はやがて数理的な完全解明がされるのやもしれぬのう…。」


『80の115乗の可能性の完全解明か…。興味深い棋譜となると思うが
 創造性の否定にもなりそうで少し寂しい気もするよな…。』


「ところで、トレードでは、その局面においての判断の選択肢は
 『買う』、『売る』、『待つ(見送る)』、のわずか3手であるが…、
 後付け的に過去チャートを観ると『ここで買って、ここで売って』
 そして『ここでは耐えて』、『ここでは一旦、反対売買で利確して』、
 『ここでは再エントリーして』、『ここでは逆張りで入って』など、
 『絶対正解が存在しているかのように思える』ものじゃが…、
 過去チャートではない未来が未確定の現在進行形の動的チャートで
 『最善手』を常に100%判断する事はどんなに数理を駆使しても
 事実上、ほとんど不可能に近いことなのではあるまいかのう…。
 つまり、相場には『唯一無二の絶対正解』というものは
 存在していない、ということではあるまいか…。溜口剛太郎殿。」


『「ここで買って、ここで売って」てな事は、所詮、後付け講釈であり
 動いているリアル相場で全て100%正解し続ける事は不可能だろう。
 後付け講釈師には「じゃぁ、実際にトレードして見せてください。」
 と言ってやればよいのさ…。途端に化けの皮が剥がれるだろうよ。』


「相場の環境認識をして、手法に従って得れる結果や結論は、
 エッジという名の確率的に優位性のある可能性までであり、
 決して『絶対正解』という事ではないのじゃのう…。」


『……。』


「言葉を換えれば、トレードにおいて聖杯は存在していない故に
 手法には『確度の臨界』というものがあり、たとえば勝率80%でも
 100回のトレードで手法とおり執行しても20回は負けるという事で
 『負けることもある事を容認して』、損切りも駆使する必要がある、
 ということなのじゃのう…。溜口剛太郎殿。」


『……!』


「確かに明らかな判断ミスを犯してしまうという場合もあるが…。
 ともすると、常に絶対正解のあった学問に慣れ親しんだ我々は
 『負けたトレードには負けた理由が必ずある』と思い込みがちで、
 負けトレードのたびに修正を加えようとしたり、
 あるいは新たな別の手法へ変遷をしていく人がいるが、これは
 『トレードは確率的思考で臨むもの』という事が理解できていない
 ということになる場合もあるのじゃのう…。溜口剛太郎殿。」


『期せずして、いつのまにか絶対の聖杯を求めてしまっている、
 ということなんだろうけど…、「なぜ負けたんだろう。」と
 負けるたびに手法に修正を加えたり別の手法に変遷していては、
 確かにトレードの一貫性もあったものではないよな…。
 トレードの手法には本来的に『確度の臨界』というものがあり、
 負けたトレードはダメなトレードということではなく、
 確率的思考で臨むトレードでは「負けることもある事を容認して」
 ときに損切りも技術として駆使しながら、トレードは勝ち負け
 トータル収支で勝ちを目指すべきものなんだろうな…。』




なーんちゃって。

またまたお話が長くなりました。 m(_ _)m


ではまた来週。

FX トレードと凡事のお話 その246


先週のドル円は米CPIと米小売売上高で下落しましたが、
FOMC後に一時111円台へ上昇する展開になりましたね。


●今週(6月19日から23日)の主な予定

<6月19日(月)>

朝8時01分に英ライトムーブ住宅価格(6月)、
朝8時50分に日通関ベース貿易収支(5月)、
午後6時に欧建設支出(4月)、
などが予定されています。日貿易収支には一応注目です。


<6月20日(火)>

午前10時半に豪RBA議事録要旨、豪第1四半期住宅価格指数、
午後3時に独生産者物価指数(5月)、
午後4時半からカーニー英BOE総裁の発言、
午後5時に欧経常収支(4月)、
夜9時半に米第1四半期経常収支、
同夜9時半に加卸売売上高(4月)、
などが予定されています。
豪・米の指標と英BOE総裁の発言には注目です。
そして、フィッシャーFRB副議長の講演も予定されています。


<6月21日(水)>

朝8時50分に日銀金融政策決定会合議事録、
午後1時半に日全産業活動指数(4月)、
午後3時36分から日銀総裁の発言、
午後5時半に英財政収支(5月)、
午後8時に米MBA住宅ローン申請指数、
夜11時に米中古住宅販売件数(5月)、
などが予定されています。
日銀議事録要旨・米の指標には注目です。


<6月22日(木)>

朝6時にRBNZ政策金利、RBNZ声明、
午後3時にスイス貿易収支(5月)、
午後3時45分に仏企業景況感指数(6月)、
午後5時に欧ECB月報、
夜9時半に米新規失業保険申請件数、
同夜9時半に加小売売上高(4月)、加小売売上高(除自動車 4月)、
夜10時に米住宅価格指数(4月)、
夜11時に欧消費者信頼感速報(6月)、
同夜11時に米景気先行総合指数(5月)、
などが予定されています。
NZ・加・米・欧の指標には注目です。
そして、EU首脳会議が予定されています。


<6月23日(金)>

午後3時45分に仏第1四半期GDP確報、
午後4時に仏製造業PMI速報(6月)、仏サービス業PMI速報(6月)、
午後4時半に独製造業PMI速報(6月)、独サービス業PMI速報(6月)、
午後5時に欧製造業PMI速報(6月)、欧サービス業PMI速報(6月)、
夜9時半に加消費者物価指数(5月)、
夜11時に米新築住宅販売件数(5月)、
などが予定されています。
仏・独・欧・加・米の指標には注目です。


<6月25日(日)>

イタリア地方選挙、決選投票



欧州などの国債入札予定時間につきましては
http://jp.investing.com/economic-calendar/
が参考になります。



■先週(6月12日から16日)の主な出来事や要人発言


先週は、ドルインデックスが97.20で始まり、96.31へ低下した後に
97.55へ反発して97.16で週の終値になりました。
米10年債利回りは週レベルで2.153%に低下しました。
NY原油先物(WTI)7月限は週レベルで44.74ドルへ低下しました。
NYダウは週間112.31ドル上昇、21384.28ドルで週の取引を終える。


<6月12日(月)>

報道
「仏国民議会(下院)選挙の1回目投票でマクロン大統領が率いる
 新党の共和国前進グループが、全577議席の約7割に当たる
 400議席を獲得の勢いで歴史的な大勝になる可能性。」
日経平均は92円安で寄り付き104円安で大引け。
報道「英保守党はDUPとの合意には至っていない。」
デービス英離脱担当相
「EU単一市場を離脱する方針を貫く。」
ムーディーズ
「英総選挙を受けてEU離脱交渉が遅れること懸念。
 財政赤字縮小の優先順位が下がることも格付けにはマイナス材料。
 ハードブレグジットが緩和されるとの見方はポジティブ。」
S&P
「仏マクロン新党勝利でユーロ圏成長見通し上方修正も。」
報道
「メリーランド州とワシントンDC、
 トランプ氏に重大な訴訟起こすと表明。」
報道
「トランプ大統領の新入国規制、SF連邦高裁が違法と判断。」
ウィルキンス加BOC上級副総裁
「カナダ中銀は刺激策の縮小が必要かどうか評価。
 現時点では刺激策が重要。直近の経済に励まされている。
 多様な成長が回復を力強く安定的にする。」
NYダウは36ドル安で取引を終える。


<6月13日(火)>

ムニューシン米財務長官(議会証言)
「第一目標は経済成長の促進。課題実施後に最低3%の成長を予想。
 より良い貿易協定と税制改革と規制緩和を望む。
 輸入縮小ではなく輸出を拡大したい。
 株高はトランプ大統領の経済政策への信頼感の表れ。
 債務上限引き上げを長引かせることを市場は望んでいない。
 債務上限が引き上げられない事態を想像したくはない。
 イエレンFRB議長とは生産的な協議をした。
 貿易交渉における最優先事項は現在はNAFTA。
 税制改革は税控除のカットを相殺する。」
日経平均は48円安で寄り付き9円安で大引け。
ショイブレ独財務相
「英国がEU離脱を撤回して復帰したい場合、扉は開かれている。」
加BOC総裁
「最近の経済データは勇気付けられるもの。
 住宅ローンの借り換えには少々の金利上昇を見込んだほうがよい。」
ECB
「外貨準備の一部をドルから人民元に移行。」
ムーディ−ズの米金融政策の見通し
「今年も来年も緩やかな利上げを継続。
 2019年までに約3%までの利上げも。」
ムニューシン米財務長官
「議会は8月の休会までに債務上限引き上げを。
 米金融システムの資本は潤沢。
 減税は中間所得層が目標で富裕層ではない。
 トランプ大統領の成長目標は予算巡る難しい決を断伴う公算。
 税制変更が税収に跳ね返ってくる効果の推計の
 ダイナミック・スコアリングは民主、共和で変わらない。」
報道
「セッションズ司法長官はロシア疑惑への関与を否定。」
NYダウは92ドル高で取引を終える。史上最高値を更新。


<6月14日(水)>

日経平均は75円高で寄り付き15円安で大引け。
英BBC
「英政府とDUPの交渉が来週に延期の可能性。」
米小売売上高と米CPIは市場予想より弱い。ドルが売られる。
EIA週間石油在庫統計では原油在庫が166.1万バレル減少。
原油先物が44ドル台へ下落。
ムニューシン米財務長官(議会証言)
「中国との経済対話に真剣に取り組んでいる。
 リバランスが必要なことを明白にしている。
 ロシアとはまだ経済対話はオープンではない。
 米国の外交姿勢において制裁は統合的手段。
 現時点ではロシアへの制裁は強化する意向。」
FOMC政策金利は0.25%の利上げで1.00-1.25%。
FOMC声明
「保有資産の再投資方針を維持、縮小計画を説明。
 カシュカリ総裁は金利据え置きを支持し反対票投じた。
 バランスシートは今年縮小を始める見通し。
 資産縮小は当初3ヵ月は月100億ドルのペース。
 (国債60億ドル、政府機関債等40億ドル)
 3ヵ月ごとに縮小額を100億ドル増やす。
 1年後には月額500億ドルの縮小へ。」
FOMC見通し
「今年あと1回の利上げ予想を維持。
 来年は3回の利上げ予想で変わらず。
 実質GDPは17年2.2%増(3月2.1%増)
 18年2.1%増(3月2.1%増)、19年1.9%増(3月1.9%増)、
 長期 1.8%増(3月1.8%増)、
 失業率は17年4.3%(3月4.5%)、18年4.2%(3月4.5%)、
 19年4.2%(3月4.5%)、長期4.6%(3月4.7%)、
 PCEは17年1.6%(3月1.9%)、18年2.0%(3月2.0%)、
 19年2.0%(3月2.0%)、長期2.0%(3月2.0%)
 PCEコアは17年1.7%(3月1.9%)、18年2.0%(3月2.0%)、
 19年2.0%(3月2.0%)、」
FOMCメンバーによる金利見通し(ドットチャート)
「2017年の中央値は1.375%、年内あと1回の利上げ。
 2018年の中央値は2.125%、来年3回利上げ。」
イエレン議長
「適切な時期になれば保有資産の正常化に着手。
 コアインフレは小幅に低下した。
 引続き緩やかな利上げが正当化される。
 経済は我々の目標に向かって進展。引続き緩やかな成長を見込む。
 バランスシート縮小を年内に開始する。
 資産縮小の上限設定は金利変動を抑制へ。
 資産縮小の終了は恐らく数年先に。
 数回のインフレ指標に過剰反応しないことが重要
 今日のCPI、多くの分野で弱さ示した。雇用は強い。
 経済は回復を示している。賃金の伸びが依然として低い。
 インフレが上向いた証拠はない。
 保有資産の縮小は比較的早期の実行あり得る。」
NYダウは46ドル高。史上最高値を更新。


<6月15日(木)>

日経平均は67円安で寄り付き51円安で大引け。
英BOE
「政策金利据え置きは5対3で決定。
 サンダース、マカファティ、フォーブス委員が利上げ主張。
 資産買入枠の据え置きは全員一致。
 CPIのオーバーシュートが従来予想より大きくなる懸念。
 タカ派メンバーは労働市場のゆるみが減少していると分析>
 ハト派メンバーは消費落ち込みがどの程度続くのか不透明と分析。」
トランプ大統領
「GDP、とても良い数字を近く発表へ。」
報道
「米上院がロシアとイランへの制裁を強化する法案を可決。」
報道
「米議会予算局は予算と経済に関する最新の予測を29日、
 トランプ大統領の18会計年度の予算教書に関する分析を
 7月半ばにそれぞれ発表する。」
報道
「ユーロ圏財務相会合でギリシャ同国への85億ユーロの追加融資を
 7月から実行再開することで合意。
 ギリシャは同月に予定していた約70億ユーロの国債償還に充てる。
 同国のデフォルト不安が後退し、金融危機の再燃はひとまず回避。」
NYダウは14ドル安で取引を終える。


<6月16日(金)>

日経平均は99円高で寄り付き111円高で大引け。
日銀
「現状の金融政策の維持を決定。
 長短金利操作(賛成7反対2)、反対は佐藤委員、木内委員。
 短期、政策金利残高に−0.1%適用。
 長期、10年物がゼロ%程度で推移するように買い入れ、
 額について概ね現状程度のペース(保有残高増加年額80兆円)目途。
 資産買い入れ(賛成7反対2)なついては、
 EFT・ Jreitはそれぞれ年間約6兆円、年間約900億円。
 CP・社債はそれぞれ年間約2.2兆円、年間約3.2兆円。
 我が国の経済は緩やか拡大を続けるとみられる。
 国内需要は企業、家計両部門において前向き循環メカニズム持続。
 輸出は海外経済の改善を背景に緩やかな増加。
 リスク要因は米経済政策運営と国際金融市場に及ぼす影響、
 および新興国、資源国経済動向、英EU離脱など。
 2%物価安定目標実現と安定的な持続に必要な時点まで
 長短霧操作付き量的質的緩和を継続。」
黒田日銀総裁
「景気は緩やかな拡大に転じつつある。
 2%目標に向けた動き維持のため必要な政策調整行う。
 デフレマインドの転換に時間がかかっている。
 賃金上昇圧力は着実に高まっている。
 物価上昇率は先行き緩やかに高まっていく。
 国債買い入れ額はある程度の幅をもって変動してきている。
 あらかじめ国債買い入れ額を変えていくこと考えていない。
 現時点で出口の収支試算公表するのはかえって混乱招く。」
英FT紙
「EU離脱交渉で英国はEUから996億ユーロの支払いを
 請求される見込み。」
トランプ大統領
「米証券取引委員会SECの委員にへスター・ピアース氏を
 指名する可能性がある。」
ミネアポリス連銀総裁
「バランスシート縮小の開始時期を示すことを望んだ。
 コアインフレの鈍化が一時的なのかは分からない。
 2%の目標に接近しているようには見えない。
 完全雇用を達成したかは不明。
 インフレ指標確認のため利上げを遅らすべきだった。」
アトランタ連銀「GDPナウ」第2四半期予想を2.9%に下方修正。
NY連銀モデルの第2四半期米GDP見通しは1.9%に下方修正。
ダラス連銀総裁
「インフレは現在、非常に抑制されている。2%以下にいる。
 第1四半期GDPは弱かったが今年残りは回復を見込む。
 今年は2%成長を見込む。
 追加利上げには非常に注意深く、かつ、忍耐強くあるべき。
 インフレの改善を確認する必要がある。
 バランスシート縮小は年末より前に開始を。
 これで利上げが打ち止めとは見ていない。 
 利上げの前にインフレ改善を確認したい。
 現在の金利水準は心地よい。」
NYダウ24ドル高。史上最高値を更新。



<先週のドル円の概況>

先週のドル円は週初12日に110.32レベルで始まり、ロンドンフィッ
クスにかけて109.63へ下落しましたが、その後、切り返して、14日の
ロンドン時間にかけて110.34へ反発する展開になりました。その後、
米CPIと米小売売上高が弱い結果となったことを背景に反落して109
円台を割り込み、その後のFOMCの発表直後に週安値となる108.82へ
下落しましたが、その後、切り返して、109円台半ばでの揉み合いを経
た後に15日のロンドン時間から上伸して16日のロンドン時間かけて
週高値となる111.41へ上昇する展開になりました。その後、NY時間
から反落して110.87レベルで週取引を終えました。


<先週のユーロドルの概況>

先週のユーロドルは、週初12日に1.1208レベルで始まり、1.1200を
挟む揉み合いになりましたが、14日の米CPIと米小売売上高が弱い結
果となったことを背景に反発してNY時間前半に週高値となる1.1295
へ上昇する展開になりました。その後、FOMCの発表の後に反落して
揉み合いながらも軟調傾向で推移して、15日のNY時間前半にかけて
週安値となる1.1132へ下落する展開になりました。その後、切り返し
て小幅な揉み合いを経た後に16日のロンドン時間から反発して1.1197
レベルで週の取引を終えました。



●今週(6月19日から6月23日)のドル・円・ユーロの注目点


<今週のドル円>

今週のドル円相場は、上昇した場合、まずは111.00の「00」ポイント
を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は先週高値でもある
16日高値の111.41、さらに上昇した場合は2日の高値111.72、ここを
上抜けた場合は112.00の「00」ポイント、さらに上昇した場合は5月
24日の高値112.12から3月31日の高値112.19を巡る攻防が注目さ
れます。
一方、下落した場合は、まずは16日の安値110.64を巡る攻防が注目
されます。ここを下抜けた場合は14日の高値110.34、ここを下抜けた
場合は110.00の「00」ポイント、さらに下落した場合は14日FOMC
後の戻り高値109.86、ここを下抜けた場合は12日の安値109.63を巡
る攻防が注目されます。


今週のドル円相場は経済指標では、19日の日通関ベース貿易収支、
20日の米第1四半期経常収支、21日の日銀金融政策決定会合議事録と
米中古住宅販売件数、22日の米新規失業保険申請件数と米景気先行総
合指数、23日の米新築住宅販売件数、などが注目されます。


先週、注目の米FOMCでは、「バランスシートは今年縮小を始める見通
し。資産縮小は当初3ヵ月は月100億ドルのペース。」などが示される
とともに、FOMCメンバーによる金利見通し (ドットチャート)では
「2017年の中央値は1.375%、年内あと1回の利上げ。2018年の中央
値は2.125%、来年3回利上げ。」などが示されて、そして、イエレン
FRB議長の会見では「保有資産の縮小は比較的早期の実行あり得る。」
として、9月からの資産縮小の方針が示唆され、NYダウが史上最高値
を更新して堅調に推移したことも背景にドルが買われる展開になりま
した。

ただ、米CPIや小売売上高など、ここのところの米重要経済指標には
弱い結果も散見されているとともに、米10年債利回りが週間ベースで
は低下していることもあり、FEDの金融正常化への道筋に強引さを指
摘する声もあるようです。

Don't fight the Fed.(FEDには逆らうな)と言われていて、FEDの方針
には素直に従うべきとされていますが、今後の米重要経済指標および
米要人発言、そして米10年債利回りの動向が注目されるとともに、
価格の動きの事実をしっかり観てトレードしていきたいものです。



<今週のユーロドル>

今週のユーロドル相場は、上昇した場合は、まずは15日の東京時間の
戻り高値1.1228から12日の高値1.1232を巡る攻防が注目されます。
ここを上抜けた場合は8日の高値1.1269、さらに上昇した場合は7日
の高値1.1282から14日のFOMC後の高値1.1289、ここを上抜けた場
合は先週高値でもある14日高値1.1295から1.1300の「00」ポイント
さらに上昇した場合は2016年9月8日の高値1.1327、ここを上抜け
た場合は2016年8月18日の高値1.1366を巡る攻防が注目されます。
一方、下落した場合、まずは16日のロンドン時間の押し安値1.1157
を巡る攻防が注目されます。ここを下抜けた場合15日の安値1.1132
さらに下落した場合は5月30日の安値1.1109から1.1100の「00」ポ
イント、ここを下抜けた場合は5月18日の安値1.1075、さらに下落し
た場合は5月8日の高値1.1022を巡る攻防が注目されます。


今週のユーロドル相場は経済指標では、22日の欧消費者信頼感速報、
23日の仏第1四半期GDP確報と仏・独・欧の製造業PMI速報と仏・
独・欧のサービス業PMI速報、などが注目されますが、対ドル通貨ペ
アとして、20日の米第1四半期経常収支、21日の米中古住宅販売件
数、22日の米新規失業保険申請件数と米景気先行総合指数、23日の
米新築住宅販売件数、などが注目されます。


先週のユーロドルは、週間ベースで上と下へ「行って来い」の相場展
開になりましたが、15日に「ユーロ圏財務相会合でギリシャ同国への
85億ユーロの追加融資を7月から実行を再開することで合意。」となっ
て、ギリシャの7月懸念は後退することとなりました。

前週のECB理事会後にIMM通貨先物でのユーロの買い越しが減少す
るかと思われましたが、6月13日終了週としてユーロの買い越しは
ネットで79,053枚に増加する状況になりました。

引き続き欧州を巡る政治リスクには留意が必要ではありますが、今週
初はマクロン大統領が率いる新党の共和国前進グループの仏国民議会
(下院)選挙の決選投票での獲得議席数が注目されます。




さて今回は、トレードと凡事のお話 その246 です。


前回からの続きのお話です。


投資苑で有名なアレキサンダー・エルダー博士が
トレードでは当たり前なことこそが大切として、
「投資苑3」の中でこう語っています。


「相場には秘密があります。
 秘密がないということが秘密なのです。」


相場やトレードで秘密ではない「当たり前なこと」とは
いったいぜんたい何なのでしょうか…。


今回は「トレードと凡事」その第二百四十六話です。


それでは、はじまり、はじまり〜。^^



『おい、ジイさん。先週のドル円は14日の米CPIと米小売売上高が
 弱い結果となったことで109円台を割り込み、その後のFOMCの
 発表直後に週安値となる108.82へ下落したが、その後に切り返して
 16日ロンドン時間に一時111.41へ上昇する展開になったよな…。』


「ふむ。そうであったのう…。溜口剛太郎殿。
 FOMC発表直後には一時セル・ザ・ファクトの動きも見られたが、
 FOMCでは、『バランスシートは今年縮小を始める見通し。
 資産縮小は当初3ヵ月は月100億ドルのペース。』などが示され、
 FOMCメンバーによる金利見通し (ドットチャート)では
 『2017年の中央値は1.375%、年内あと1回の利上げ。
  2018年の中央値は2.125%、来年3回利上げ。」となり、
 そして、イエレンFRB議長の会見では「保有資産の縮小は比較的
 早期の実行あり得る。」として、9月からの資産縮小方針が示唆され
 ドル円は16日にかけて一時111.41へ上昇する展開になったのう。」


『NYダウは最高値を更新するも、米10年債利回りは低下傾向にあり
 そして、ここのところ米CPIや小売売上高など米重要経済指標には
 芳しくない弱い結果もみられていることで…、
 FEDの金融正常化への道筋に強引さを指摘する声もあるようだが…
 今後のドル円はどんな相場展開になるのかねぇ…。ジイさん。』


「ふむ…。『 Don't fight the Fed. 』という言葉があるように、
 FEDの方針に逆らうべきではないとされておるが…、
 今後の米重要経済指標の結果、及びダウと米10年債利回りの動向が
 注目されるとともに、米要人発言の変化が注目されようのう…。
 予想や思惑をすることなく、価格の動きの事実をしっかり観て
 トレードしていきたいものじゃのう…。溜口剛太郎殿。」


『ふーん。なるほど「 Don't fight the Fed. 」ねぇ…。
 さてところで…、ジイさん。今日は何のお話だい?』


「ふむ。前回は『投資の世界の不思議』のお話をさせてもらったが、
 少しばかり続きがあってのう。今日はそのお話をさせてもらおう。」


『まぁ、よろしい。聞いてやろうじゃないか…、ジイさん。』


「前回、溜口剛太郎殿が、6月6日の日経新聞の一面のコラムの中に
 『企業の長期の利益水準からみた米国株の割高さは、
  大恐慌が始まった1929年の「暗黒の木曜日」に迫ってきた。』と
 書いてあったとお話されておったが…、
 その他にも、『ブラック・マンデー』の事例もあるように、
 株価はときに突如として大暴落することがあるものなのじゃのう。」


『まぁな。バブルの崩壊を含めて、株価はときに世界的な
 歴史的大暴落になることがあるものだよな…。ジイさん。』


「ふむ…。バブルと言えば、古くは17世紀にオランダで起こった
 チューリップ・バブルや、バブルの語源にもなったとされる
 18世紀のサウスシー・バブルが有名であるが…、
 近代ではITバブルが記憶に新しく、『バブルはいつか必ず崩壊する』
 と言われることがあるのじゃのう…。溜口剛太郎殿。」


『……。』


「バブル崩壊の予兆としては、ヒンデンブルク・オーメンが有名で、
 今年の6月13日に2年ぶり発生したことで話題となっておったが、
 https://www.j-cast.com/2017/06/14300576.html
 ヒンデンブルク・オーメンで必ず大暴落となるわけではないものの
 バブル的株価はやがて大きな調整となることがあるものじゃ…。」


『市場におけるバブルはこれからも「生成と崩壊を繰り返していく」
 ものなんだろうな…。ジイさん。
 最近話題の仮想通貨バブルも一度は崩壊するかもしれないな…。』


「ふむ…。『バブルはいつか必ず崩壊する』ということは、
 おそらくは相場の世界の真実(事実)であろうが…、
 17世紀にオランダで起こったチューリップ・バブル崩壊のように
 二度と再び『復興とならない大暴落』もあるものの、
 金融や株価など『主幹市場における大暴落は必ず再生する』
 という事実(史実)は、ある意味『投資の世界の不思議』と言っても
 よいのではあるまいかのう…。溜口剛太郎殿。」


『まぁ、言われてみれば「暗黒の木曜日」も「ブラックマンデー」も
 そして、「ITバブル崩壊」も「リーマン・ショック」の歴史的暴落も
 ある程度時間は要しはしたが再生していくことになったからな…。
 大暴落の最中では市場も終わりかと恐怖で買えないものだが、
 タイム・マシンがあったなら、大暴落の激震後のバーゲンセールで
 今思えば、密かに株を買い持ちしておきたかったくらいだぜ…。』


「ふむ…。じつは世の投資家で巨万の富を得た人達の中には、
 バブルの上昇気流に乗り、うまく売り抜けた人達とともに…、
 タイム・マシンならずとも、歴史的な大暴落の後に
 しっかりと買い持ちをした人達がいるのじゃのう…。」


『天才的な蛮勇の逆張り野郎か、値ごろ感がたまたま当たっただけか
 ただ運が良かっただけ、なんじゃないのかなぁ…。』


「いや…。そうではないのじゃよ。溜口剛太郎殿。
 彼らは歴史的な『ある事』を知っていたのじゃ…。」


『えっ。なんだよそれは。歴史的な「ある事」って…。』


「ふむ…。金融や株価など主幹市場における世を震撼させるほどの
 歴史的な大暴落では、中銀が対策に動いたり政府が財政出動に動き
 『中銀や政府が総力を挙げて市場回復に努める』ということを
 彼らは歴史的に知っておったというわけなのじゃのう…。
 そして彼らは、中銀や政府が対策に動き始めたことを確認して
 買い出動したわけじゃが…、蛮勇の逆張りや、単なる値ごろ感で
 買い持ちしたわけではないということじゃ…。」


『……!』


「各国中銀や政府による市場押上げの力より強いものはあろうか…。
 彼らはこれを知っていて、確認の後に買いを実行したわけじゃ。」


『市場におけるバブルはこれからも『生成と崩壊』を繰り返して、
 「バブルはいつか必ず崩壊する」であろうが…、
 また一方、「中銀や政府が総力を挙げて市場回復に努める」とき、
 「主幹市場における大暴落は必ず再生する」ということは、
 「投資の世界の不思議」ならずとも、トレーダーとして
 歴史が証明している事実と知っておいてもよさそうだな…。」




なーんちゃって。

またまたお話が長くなりました。 m(_ _)m


ではまた来週。

FX トレードと凡事のお話 その245


先週の英総選挙では英保守党が318議席と過半数割れになりました。
さて今週は14日深夜の米FOMCが注目の焦点になります。



●今週(6月12日から16日)の主な予定

<6月12日(月)>

※ 豪が女王誕生日で休場。

朝8時50分に日機械受注(4月)、日国内企業物価指数(5月)、
深夜3時に米月次財政収支(5月)、
などが予定されています。日機械受注には一応注目です。


<6月13日(火)>

朝8時50分に日第2四半期大企業全産業景況判断BSI、
同8時50分に日第2四半期大企業製造業景況判断BSI、
午前10時半に豪NAB企業景況感指数(5月)、
午後2時半に仏第1四半期非農業部門雇用者数改定値、
午後5時半に英消費者物価指数(5月)、英生産者物価指数コア(5月)、
同午後5時半に英小売物価指数(5月)、
午後6時に独ZEW景気期待指数(6月)、
同午後6時に欧ZEW景気期待指数(6月)、
夜9時半に米生産者物価指数(5月)、米生産者物価指数コア(5月)、
などが予定されています。
英・独・欧・米の指標には注目です。
そして、OPEC月報の公表と
ムニューシン財務長官の公聴会(上院)が予定されています。


<6月14日(水)>

朝7時45分にNZ第1四半期経常収支、
午前11時に中国鉱工業生産(5月)、中国小売売上高(5月)、
午後1時半に日鉱工業生産確報(4月)、
午後3時に独消費者物価指数改定値(5月)、
午後5時半に英失業者数(5月)、英失業率(5月)、英ILO失業率(4月)、
午後6時に欧鉱工業生産指数(4月)、
午後8時に米MBA住宅ローン申請指数、
夜9時半に米消費者物価指数(5月)、米消費者物価指数コア(5月)、
同夜9時半に米小売売上高(5月)、米小売売上高(除自動車 5月)、
夜11時に米企業在庫(4月)、
深夜3時に米FOMC、米FOMC声明、
深夜3時半からイエレンFRB議長の定例会見、
などが予定されています。
中国・独・英・欧・米の指標には注目です。


<6月15日(木)>

朝7時45分にNZ第1四半期GDP、
午前10時半に豪新規雇用者数(5月)、豪失業率(5月)、
午後3時45分に仏消費者物価指数改定値(5月)、
午後4時半にスイスSNB政策金利、スイスSNB声明、
午後5時半に英小売売上高指数(5月)、
午後6時に欧貿易収支(4月)、
午後8時に英BOE政策金利、英BOE議事録、
夜9時半に米NY連銀製造業景況指数(6月)、
同夜9時半に米フィラデルフィア連銀製造業指数(6月)、
同夜9時半に米新規失業保険申請件数、
同夜9時半に米輸入物価指数(5月)、米輸出物価指数(5月)、
同夜9時半に加製造業出荷(4月)、
夜10時15分に米鉱工業生産(5月)、米設備稼働率(5月)、
夜11時に米NAHB住宅市場指数(6月)、
早朝5時に対米証券投資(4月)、
などが予定されています。
NZ・豪・スイス・英・米の指標には注目です。
そして、ユーロ圏財務相会合も予定されています。


<6月16日(金)>

朝7時45分にNZ企業景況感(5月)、
正午前後(時間未定)に日銀金融政策の発表、
午後3時半から黒田日銀総裁の定例会見、
午後6時に欧消費者物価指数確報(5月)、
夜9時半に米住宅着工件数(5月)、米建設許可件数(5月)、
同夜9時半に加国際証券取引高(4月)、
夜11時に米ミシガン大学消費者信頼感指数速報(6月)、
同夜11時に米LMCI労働市場情勢指数(5月)、
などが予定されています。
日・欧・米の指標には注目です。
そして、EU財務相理事会も予定されています。


<6月18日(日)>

仏国民議会下院選挙の決選投票が予定されています。



欧州などの国債入札予定時間につきましては
http://jp.investing.com/economic-calendar/
が参考になります。



■先週(6月5日から9日)の主な出来事や要人発言


先週は、ドルインデックスが96.70で始まり、96.47へ低下した後に
反発して97.24で週の終値になりました。
米10年債利回りは週レベルで2.202%に上昇しました。
NY原油先物(WTI)7月限は週レベルで45.83ドルへ低下しました。
NYダウは週間65.68ドル上昇、21271.97ドルで週の取引を終える。


<6月5日(月)>

報道「日本時間4日午後6時過ぎにロンドンでテロ、7人死亡。」
日経平均は41円安で寄り付き6円安で大引け。
報道「イランとカタールとの関係に対する問題で、サウジアラビア、
UAE、エジプト、バーレーンがカタールと国交断絶。」
スイス・独が休場。
英ユーガブ調査「英保守党305、労働党268議席を獲得する見込み。」
アトランタ連銀にボスティック新総裁が就任。
ISM非製造業の担当責任者ニーブス氏
「企業は上向きを維持。価格決定力が無くなった事実は現在はない。」
ホワイトハウス
「トランプ大統領はコミー前FRB長官の議会証言に対して、
 拒否する行政特権を行使しない。」
NYダウは22ドル安で取引を終える。


<6月6日(火)>

日経平均は48円安で寄り付き190円安で大引け。2万円台割り込む。
ホワイトハウスのマークショート議会担当補佐官
「8月の議会休会の前に連邦債務の上限引き上げを実施するよう望む。
 税制について中立が重要であるが、より重要なものは成長である。
 減税については米経済を前進させるために重要と確信している。」
豪RBA
「政策金利の現行1.50%での据え置きは
持続的な経済成長見通しと合致するもの。
CPIの長期的な目標達成に寄与。豪ドル高は経済の調整を複雑化。
雇用情勢はまちまち。賃金の伸びは総じて弱いが雇用の伸びは強い。
実質賃金の伸びの弱さが消費を抑制する。
活発な住宅投資はやや緩み始めるサインが出ている。」
英テレグラフ紙「支持率は英保守党が41%、英労働党が40%。」
中国「人民元安定のために米国債購入を増額する用意。」
ムニューシン米財務長官
「トランプ大統領は対中貿易不均衡を明確に問題視。
 対中不均衡の是正へ輸出押し上げが必要。
 短期的には中国経済に懸念はない。
 中国が市場をオープンにするか注視している。
 税制改革で上下議員と毎週協議を行っている。
 我々の政権では為替を真剣に取り扱っている。」
トランプ大統領
「史上最大規模の減税を目指す。国境の壁は建設する。
 惨事になる前にオバマケア代替措置が必要。」
NYダウは47ドル安で取引を終える。


<6月7日(水)>

日経平均は28円安で寄り付き4円高で大引け。
OECD経済見通し
「米国の成長率、今年は2.1%、来年は2.4%と予想。
 日本の成長率、今年は1.4%、来年は1.0%と予想。
 ユーロ圏の成長率、今年は1.8%、来年は1.8%と予想。」
ECB関係筋
「ECBが草案で2019年までのインフレ見通しを下方修正へ。
 インフレ率は2019まで各年1.5%程度となる公算。」
ユーロが一時急落。
ロイター「日銀が景気判断引き上げを検討、来週にも決定へ。」
EIA週間石油在庫統計では原油が329.5万バレル増。
原油先物は45.72ドル台。
報道「スペイン最大手サンタンデール銀が
経営危機のバンコ・ポピュラール・エイパニョール銀を買収救済。」
コミー前FBI長官(議会証言の事前テキスト)
「トランプ大統領が1月27日に自身をディナーに招待。
 トランプ大統領は忠誠を要求。
 2月14日の会合ではトランプ大統領はフリン氏の捜査終了を希望。
 3月30日の電話ではトランプ大統領自身が捜査対象ではないことを
 周知させる方策を探すよう要請。(命令ではなく要請)」
報道「トランプ大統領が新FBI長官に
元司法省高官のクリストファー・レイ氏を指名。」
NYダウは37ドル高で取引を終える。


<6月8日(木)>

早朝に北朝鮮が元山付近から日本海に向け複数のミサイルを発射。
日経平均は63円高で寄り付き75円安で大引け。
麻生財務相
「2%は目標として持っておかなければならない。
 消費増税は予定通りやらせていただきたい。」
ホワイトハウス関係筋
「トランプ大統領がセッションズ司法長官を解任する計画はない。」
ECB政策金利は0.00%に据え置き。上下限金利も−0.4%と+0.25%。
ECB
「金利追加引き下げを示唆するガイダンスを削除。
 金利は長期にわたり現行水準に維持する見込み。
 資産購入額は12月まで月額600億ユーロ、必要に応じ延長。」
ドラギECB総裁
「現行の金利水準はQE終了まで続ける。
 600億ユーロ規模のQEは少なくとも12月まで実施。
 成長へのリスク評価をほぼ均衡に上方修正。
 基調インフレ圧力は依然として低調。極めて大規模な緩和が必要。
 インフレ見通しの改定は主にエネルギー価格によるもの。
 今回の決定で反対はなかった。
 今後のテーパリングの方針について議論しなかった。
 ガイダンスの変更はデフレリスクが無くなったことが背景。
 ECBは必要なら依然として金利を引き下げることも可能。」
ECBスタッフ予測
「2017年の成長見通しを1.8%から1.9%に引き上げ。
 2018年の成長見通しを1.7%から1.8%に引き上げ。
 2019年の成長見通しを1.6%から1.7%に引き上げ。
 2017年のインフレ見通しを1.7%から1.5%に引き下げ。
 2018年のインフレ見通しを1.6%から1.3%に引き下げ。
 2019年のインフレ見通しを1.7%から1.6%に引き下げ。」
コミー前FBI長官(上院議会証言)
「自分は述べる立場にない。
 (大統領がロシア疑惑の捜査の妨害を試みたかとの質問に)
 大統領は選挙でのロシア疑惑の捜査をやめるよう要請していない。
 大統領が会合について嘘をつくだろうと懸念した。
 それが記録を取った理由。
 大統領はフリン氏捜査の中止を命令しなかった。
 フリン氏に関する大統領の言葉を指示と受け止めた。
 特別検察官の設置につながると思いメモ流出を望んだ。」
黒田日銀総裁(講演原稿)
「物価安定目標の達成にはなお距離がある。
 すでにデフレではなくなっている。
 政策は日本経済を正しい方向に導くもの。
 為替レートの変動を引き続きモニターして行く。
 日銀は為替レートの安定を目的に政策を運営しない。
 為替レート、均衡レンジからの逸脱は懸念になり得る。
 量的・質的緩和は狙い通りの効果。
 今年と来年は1.5%程度の成長に。労働市場は引き続き改善。
 個人消費は期待したほど強くない。
 日銀はこれまで物価水準目標を真剣に検討したことがない。」
NYダウは8ドル高で取引を終える。


<6月9日(金)>

英総選挙の出口調査
「与党保守党が第一党確保も単独過半数に届かず
 314議席(−17議席)を獲得の見込み。
 労働党は266議席(+34議席)の見込み。」
ポンドが急落。
日経平均は43円高で寄り付き104円高で大引け。2万円台を回復。
英BBC「メイ英首相は辞任する意向はない。」
英の株式市場(FTSE100)は一時1%超の上昇。
英選挙結果「与党保守党が318議席、労働党が262議席。」
英ガーディアン紙「メイ英首相は首相続投でDUPと暫定的に合意。」
メイ英首相
「今すぐに組閣を開始する。
 DUP(英北アイルランドのプロテスタント系民主統一党)と協力。
 EU離脱交渉は10日以内に開始へ。」
スペイン・カタルーニャ自治州首相
「独立を問う住民投票を10月1日に実施へ。」
報道「メイ内閣、主要閣僚は全て留任へ。」
アトランタ連銀「GDPPナウ」第2四半期予想を3.0%に下方修正。
ムニューシン米財務長官
「通貨操作をモニターすることは重要
 NAFTAの見直しは米、カナダ両国にとってポジティブ。
 8月の休会までに債務上限引き上げを望む。
 年内に税制改革を成し遂げることにコミットしている。
 税制改革よりも優先するものはない。
 税収の下げをあまり懸念していない。
 コミー氏がメモをリークしていたのは驚きだった。」
トランプ大統領
「コミー氏の証言では司法妨害も共謀も示されなかった。」
NYダウは89ドル高で取引を終える。


<6月10日>

英紙テレグラフ(電子版)
「英保守党員の3分の2近くがメイ氏は辞任すべきと考えている。
 保守党内の重鎮らが党首交代の可能性を含め態勢立て直しを協議。」



<先週のドル円の概況>

先週のドル円は、週初5日に110.36レベルで始まり、揉み合いを経た
後にしだいに軟調傾向で推移して7日のロンドン時間前半に週安値と
なる109.11へ下落する展開になりました。その後、切り返して、8日
の東京時間序盤に110.01へ反発しましたが、その後、東京時間終盤に
かけて109.38へ反落する展開になりました。その後、再び切り返して
揉み合いながらも堅調傾向で推移して、9日のNY時間序盤にかけて週
高値となる110.81へ上昇しましたが、その後、反落して110.33レベ
ルで週の取引を終えました。


<先週のユーロドルの概況>

先週のユーロドルは、週初5日に1.1272レベルで始まり、1.12台前半
から1.12台後半を範囲とする揉み合いになりましたが、7日のロンド
ン時間に1.1204へ下落した後にNY時間前半に1.1282へ反発する上下
動になりました。その後、1.25台半ばから1.25台後半の揉み合いにな
りましたが、8日のロンドン時間前半から反落して、ECBの政策金利
発表とドラギECB総裁の会見で上下動となるも、しだいに軟調推移と
なって9日のNY時間序盤に週安値となる1.1166へ反落する展開にな
りました。その後、反発して1.1196レベルで週の取引を終えました。




●今週(6月12日から6月16日)のドル・円・ユーロの注目点


<今週のドル円>

今週のドル円相場は、上昇した場合、まずは先週高値でもある9日の
高値の110.81を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は
111.00の「00」ポイント、さらに上昇した場合は2日の高値111.72、
ここを上抜けた場合は112.00の「00」ポイント、さらに上昇した場合
は5月24日の高値112.12から3月31日の高値112.19を巡る攻防が
注目されます。
一方、下落した場合は、まずは110.00の「00」ポイントを巡る攻防が
注目されます。ここを下抜けた場合は9日の安値109.76、さらに下落
した場合は8日安値109.38、ここを下抜けた場合は7日の安値109.11
から109.00の「00」ポイント、さらに下落した場合は4月18日安値
108.32、ここを下抜けた場合は4月17日の安値108.13を巡る攻防が
注目されます。


今週のドル円相場は経済指標およびイベントでは、12日の日機械受注
13日の米生産者物価指数とムニューシン財務長官の公聴会(上院)、
14日の中国鉱工業生産と中国小売売上高と米消費者物価指数と米小売
売上高と米FOMCと米FOMC声明とイエレンFRB議長の定例会見、
15日のNY連銀製造業景況指数とフィラデルフィア連銀製造業指数と
米新規失業保険申請件数と米鉱工業生産と米NAHB住宅市場指数と
対米証券投資、16日の日銀金融政策の発表と黒田日銀総裁の定例会見
と米住宅着工件数と米建設許可件数とミシガン大学消費者信頼感指数
速報と米LMCI労働市場情勢指数、などが注目されます。


先週の英国の総選挙ではメイ首相率いる英保守党が318議席と過半数
割れになり、北アイルランドのプロテスタント系民主統一党の協力の
もと政権運営をしていくことになりましたが、10日の英紙テレグラフ
(電子版)によれば「英保守党員の3分の2近くがメイ氏は辞任すべきと
考えている。保守党内の重鎮らが党首交代の可能性を含め態勢立て直
しを協議している。」と報じていてメイ首相の前途は多難なようです。

また、EU離脱に伴う清算金や、英国に住むEU市民の権利保護、新た
な自由貿易協定(FTA)の大枠など、項目だけで5000を超える(日経10
日の記事)と言われている英国のEUとの交渉も多難が予想されます。
英国を巡るリスクには引き続き留意が必要なようです。


さて、先週のコミー前FBI長官の上院情報特別委員会での証言は何と
か無事に通過した印象ですが、今週は14日の米消費者物価指数と米小
売売上高と米FOMCおよびFOMC金利予測(ドットチャート)とイエ
レンFRB議長の定例会見が注目の焦点になります。


今回のFOMCでの利上げは確実視されていますが、3月時点での失業
率の長期予測の中央値4.7%に対して5月の雇用統計では4.3%に改善
したその一方で賃金上昇が加速しない労働市場、また、利上げ判断で
重視するとするPCE物価指数は4月分で前年同月比+1.7%と予測の
+2%に届かない状況、そして米CPIの4月は1.9%と2%を割り込んで
いる状況となっていて、FOMCの金利予測(ドットチャート)が注目
されます。その結果とイエレンFRB議長の定例会見での今後の経済見
通しと利上げ見通し次第ながら、場合によってはセル・ザ・ファクト
となる可能性もありそうです。



<今週のユーロドル>

今週のユーロドル相場は、上昇した場合、まずは9日のロンドン時間
の戻り高値1.1216を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は
9日の高値1.1237、さらに上昇した場合は8日の高値1.1269、ここを
上抜けた場合は7日の高値1.1282から2日の高値1.1285、さらに上昇
した場合は1.1300の「00」ポイント、ここを上抜けた場合は2016年
9月8日の高値1.1327、さらに上昇した場合は2016年8月18日の高
値1.1366、ここを上抜けた場合は1.1400の「00」ポイントを巡る攻防
が注目されます。
一方、下落した場合は、まずは9日の安値1.1166を巡る攻防が注目さ
れます。ここを下抜けた場合は5月30日の安値1.1109から1.1100の
「00」ポイント、さらに下落した場合5月18日の安値1.1075、ここ
を下抜けた場合は5月8日の高値1.1022、さらに下落した場合1.1000
の「000」ポイントを巡る攻防が注目されます。


今週のユーロドル相場は経済指標では、13日の独・欧ZEW景気期待
指数、14日の独消費者物価指数改定値と欧鉱工業生産指数、16日の
欧消費者物価指数確報、などが注目されますが、対ドル通貨ペアとし
て、13日の米生産者物価指数とムニューシン財務長官の上院公聴会、
14日の中国鉱工業生産と中国小売売上高と米消費者物価指数と米小売
売上高と米FOMCと米FOMC声明とイエレンFRB議長の定例会見、
15日のNY連銀製造業景況指数とフィラデルフィア連銀製造業指数と
米新規失業保険申請件数と米鉱工業生産と米NAHB住宅市場指数と
対米証券投資、16日の米住宅着工件数と米建設許可件数とミシガン大
学消費者信頼感指数速報と米LMCI労働市場情勢指数、などが注目さ
れます。


さて、先週のECB理事会ではガイダンスから利下げの可能性を示す文
言が削除され、景気見通しでは「下振れリスクが残る」から「概ね均
衡」になりましたが、「必要なら量的緩和を拡大」の表現は残されると
ともに、2019年までの成長見通しは上方修正されるもインフレ見通し
は下方修正されて、そして、ドラギECB総裁の会見で「現行の金利水
準はQE終了まで続ける。(中略)基調インフレ圧力は依然として低調。
極めて大規模な緩和が必要。今後のテーパリングの方針について議論
しなかった。ECBは必要なら依然として金利を引き下げること可能。」
と緩和姿勢の継続を示したことで、ユーロドルは揉み合いながらも、
やや軟調な相場展開になりました。


シカゴマーカンタイル取引所(CME)のIMM通貨先物ポジションによる
投機筋のユーロの買い越しが5月30日時点で約6年ぶりの高水準の
7万2869枚になっていましたが、先週のECB理事会及びドラギECB
総裁の会見を経て買い越しが減少したと思われます。

伊では来春と目されていた総選挙が早ければ年内にも実施される可能
性が浮上してきたとともに、9日にスペイン・カタルーニャ自治州首相
が「独立を問う住民投票を10月1日に実施へ。」と発表して、欧州を
巡る政治リスクには引き続き留意が必要なようです。




さて今回は、トレードと凡事のお話 その245 です。


前回からの続きのお話です。


投資苑で有名なアレキサンダー・エルダー博士が
トレードでは当たり前なことこそが大切として、
「投資苑3」の中でこう語っています。


「相場には秘密があります。
 秘密がないということが秘密なのです。」


相場やトレードで秘密ではない「当たり前なこと」とは
いったいぜんたい何なのでしょうか…。


今回は「トレードと凡事」その第二百四十五話です。


それでは、はじまり、はじまり〜。^^



『おい、ジイさん。英国の氷の女王とも言われていたメイ英首相の
 前倒しの総選挙という大きな賭けは失敗して、英保守党は過半数を
 割り込みハングパーラメントとなって、DUP(民主統一党)が協力して
 政権運営をすることになったようだな…。』


「ふむ。英総選挙ではそのような結果になってしまったのう…。
 10日の英紙テレグラフ(電子版)によれば
 『英保守党員の3分の2近くがメイ氏は辞任すべきと考えている。
  保守党内の重鎮らが党首交代の可能性を含め態勢立て直し協議。』
 と報じていて、メイ英首相の前途は多難となりそうじゃのう…。」


『英総選挙を巡る余波にはまだ注意していた方がよさそうだな…。
 一方、先週のイベントの1つのコミー前FBI長官の上院情報特別委
 員会での証言では『大統領から要請は受けたが命令ではなかった。』
 として、何とか無事に通過したという印象だけど…、
 さて、今週はいよいよ米FOMCがあるが、どうなるんだろうね。』


「ふむ…。今回のFOMCでの利上げは既に確実視されており、
 むしろ利上げしないと市場が混乱することになろうが…、
 失業率は長期予測の中央値より改善するも、賃金上昇が加速しない
 労働市場、また、PCE物価指数は4月分で前年同月比+1.7%と
 予測の+2%に届かない状況、そして米CPIの4月は1.9%と
 2%を割り込んでいる状況となっていて…、
 FOMCの金利予測(ドットチャート)が注目されるのう…。
 その結果と、イエレンFRB議長の定例会見での今後の経済見通しと
 利上げ見通しの次第ながら…、場合によってはセル・ザ・ファクト
 となる可能性もありそうじゃのう…。溜口剛太郎殿。」


『さてところで…、ジイさん。今日は何のお話だい?
 6月6日(火)の日経新聞の一面のコラムの中に
 「企業の長期の利益水準からみた米国株の割高さは、
  大恐慌が始まった1929年の『暗黒の木曜日』に迫ってきた。」
 ともあり…、先週にペンディングとなっていた
 「リスクのお話」とか、なんちゃらかい?』


「ふむ…。そのお話もいつかはさせてもらいたいのじゃが…、
 今日は『投資の世界の不思議』のお話でもさせてもらおうかのう。」


『あははっ。また気が変わったというわけか…。
 まぁ、よろしい。「投資の世界の不思議」のお話とやらを
 聞いてやろうじゃないか…ジイさん。』


「ここでジイが述べることは、単に不思議だなと思っていることで、
 何かの批判をしたり、否定をするものではないということで
 聞いてもらいたいのじゃが、その投資の世界の不思議の1つとして
 世界の3大投資家のお話があるのじゃ…。溜口剛太郎殿。」


『それはどうのようなことだ?』


「ふむ。世界の3大投資家と言えば…、ウォーレン・バフェット氏と
 ジョージ・ソロス氏とジム・ロジャーズ氏と言ってよいと思うが、
 ジョージ・ソロス氏については有名なソロス・チャートがあり、
 テクニカル分析も駆使する投資家であるが…、他の2人、
 ウォーレン・バフェット氏とジム・ロジャーズ氏については
 もちろん価格動向としてチャートは見られるとは思われるも…、
 チャートにおけるテクニカル分析や金融工学を駆使しているとは
 思われず、いったい何を根拠に投資行動をしているかという
 不思議じゃ…。溜口剛太郎殿。」


『昨今はテクニカル分析や金融工学やAIの活用が盛んだが…、
 確かに言われてみれば、ウォーレン・バフェット氏と
 ジム・ロジャーズ氏は、移動平均線がどうだとかこうだとか言う
 テクニカル・トレーダーには思えないよな。』


「さりとて、米雇用統計がどうのCPIがどうの、というわけでもなく
 細かなファンダメンタルズ分析で立ち回っているとも思われず…、
 たとえば、世界の某所は高度経済成長期の直前の状況で
 人口増も見られるから、10年単位で投資する価値があるとか、
 ある産業は時代の流れでこれから大きく伸びる可能性があるとか、
 マクロ的視点とは思われるが…、彼らの投資行動の根幹は実は謎で
 少なくともテクニカル分析派ではない事は特筆すべき事であろう。」


『別の見方をすれば、世界の3大投資家の2人までもが、
 テクニカルを重要視していないことは不思議なことだよな…。
 投資行動を何をもって行っているか、実のところ謎というわけか。
 逆に言えば、テクニカル分析派の多くは、その2人に勝てていない
 ということにもなるだろうからな…。』


「ふむ…。投資において頭脳集団で金融工学も駆使していたであろう
 リーマン・ブラザーズが破綻したことは、トレーダーであれば
 誰もが知っていて…、そして、ソロモン・ブラザーズのトレーダー
 のジョン・メリウェザーの発案により設立され、FRB元副議長の
 デビッド・マリンズも参加して、さらにブラック-ショールズ方程式
 を完成させノーベル経済学賞を受賞したマイロン・ショールズと
 ロバート・マートンも参加し、ドリームチームと呼ばれたファンド
 LTCM(ロングターム・キャピタル・マネジメント)が
 アジア通貨危機で破綻に至ったという史実もあるのじゃのう…。」


『LTCMについては、ポジションを取り過ぎて巨鯨となった彼らが、
 身動きが取れなくなって、手仕舞いたくても手仕舞えなかった
 ことが破綻の原因ともいわれているようだが…、期せずして、
 金融工学が万能ではないことを歴史が証明することになったよな。』


「これらの事は冒頭お話したように、テクニカルを否定するとか、
 テクニカルを批判してテクニカル無用論を意味するものではなく、
 単に『不思議な事実がある』と言っているのに過ぎないのじゃが、
 投資の世界にはこのような不思議な事実もあるものなのじゃのう。」


『まぁ、ウォーレン・バフェット氏とジム・ロジャーズ氏のような
 マクロ的視点を持ちえない我々、一般のトレーダーにとっては、
 テクニカルは少なくとも市場に臨む武器になるだろうからな…。』


「さて次に、投資の世界の不思議の2つ目じゃが…、
 『ヘッジ・ファンドには一般に知られない秘密の投資法がある』
 という神話やファンタジーが語られることがあるも…、
 https://zuuonline.com/archives/106813
 などで紹介されているように、
 世界一のグローバル・マクロ・ファンドであるレイ・ダリオ氏の
 ブリッジウォーター・アソシエイツでさえ、
 たとえば2016年1-2月期では7%の損失というのが現状で、
 月利100%だの月利300%などという秘密の投資法は
 果たして本当に存在するのか、という不思議じゃ…。」


『まぁ、月利100%や月利300%などで本当に運用ができたなら、
 ブリッジウォーターを超えるファンドが出てきてもよいものだが、
 実際にはそのようなファンドは事実上、出現していなく、
 また、主催者がフォーブス誌を飾ることもないようで、
 あたかも実在するかように喧伝はされているも、
 「ヘッジ・ファンドには一般に知られない秘密の投資法がある」
 という事は、神話やファンタジーに過ぎないのかもしれないよな。』


「こうしてみると、投資の世界はどうも不思議で満ち溢れている
 ようじゃのう…。溜口剛太郎殿。」




なーんちゃって。

またまたお話が長くなりました。 m(_ _)m


ではまた来週。

FX トレードと凡事のお話 その244


先週は日経平均が2万円台を回復して、NYダウも史上最高値を更新
しましたが、NFPが予想より弱くドルが売られる展開になりました。


●今週の主な予定

<6月5日(月)>

※ NZ・スイス・独などが休場です。

午前10時45分に中国Caixinサービス業PMI(5月)、
午後4時50分に仏サービス業PMI改定値(5月)、
午後4時55分に独サービス業PMI改定値(5月)、
午後5時に欧サービス業PMI改定値(5月)、
午後5時半に英サービス業PMI(5月)、
夜9時半に米第1四半期労働生産性確報、
同夜9時半に米第1四半期単位労働コスト確報、
夜11時に米ISM非製造業景況指数(5月)、米製造業新規受注(5月)、
同夜11時に米労働市場情勢指数LMCI(5月)、
などが予定されています。
中国・英・米の指標には注目です。


<6月6日(火)>

朝8時01分に英BRC小売売上高調査(5月)、
午前10時半に豪第1四半期経常収支、
午後1時半に豪RBA政策金利、豪RBA声明、
午後6時に欧小売売上高(4月)、
夜11時に加Ivey購買部協会景況指数(5月)、
などが予定されています。
豪・欧の指標には注目です。


<6月7日(水)>

朝7時45分にNZ第1四半期製造業売上高、
午前10時半に豪第1四半期GDP、
午後2時に日景気先行指数速報(4月)、日景気一致指数速報(4月)、
午後3時に独製造業新規受注(4月)、
午後8時に米MBA住宅ローン申請指数、
夜9時半に加住宅建設許可件数(4月)、
深夜4時に米消費者信用残高(4月)、
などが予定されています。
豪・独の指標には注目です。


<6月8日(木)>

朝8時01分に英RICS住宅価格指数(5月)、
朝8時50分に日第1四半期GDP二次速報、
同8時50分に日第1四半期GDPデフレータ二次速報、
同8時50分に日国際貿易収支(4月)、日国際経常収支(4月)、
午前10時半に豪貿易収支(5月)、
(時間未定) 中国貿易収支(5月)、
午後2時に日景気現状判断DI(5月)、日景気先行き判断DI(5月)、
午後2時45分にスイス失業率(5月)、
午後3時に独鉱工業生産指数(4月)、
午後3時45分に仏貿易収支(4月)、仏経常収支(5月)、
午後4時15分にスイス消費者物価指数(5月)、
午後6時に欧第1四半期GDP改定値、
午後8時45分に欧ECB金融政策発表、
夜9時15分に加住宅着工件数(5月)、
夜9時半からドラギECB総裁の定例会見、
同夜9時半に米新規失業保険申請件数、
同夜9時半に加新築住宅価格指数(4月)、
夜11時からコミー前FBI長官の上院情報特別委員会での証言、
などが予定されています。
また、英総選挙が予定されています。
日・中国・独・スイス・欧・米の指標と
コミー前FBI長官の証言と英総選挙には注目です。


<6月9日(金)>

午前10時半に中国消費者物価指数(5月)、中国生産者物価指数(5月)、
午前10時半に豪住宅ローン件数(4月)、
午後1時半に日第三次産業活動指数(4月)、
午後3時に独貿易収支(4月)、独経常収支(4月)、
午後3時45分に仏鉱工業生産指数(4月)、仏財政収支(4月)、
午後5時半に英鉱工業生産指数(4月)、英製造業生産指数(4月)、
同午後5時半に英貿易収支(4月)、
夜9時に英NIESRのGDP予想、
夜9時半に加新規雇用者数(5月)、加失業率(5月)、
同夜9時半に加第1四半期設備稼働率、
夜11時に米卸売売上高(4月)、米卸売在庫(4月)、
などが予定されています。
中国・英・加の指標には注目です。


<6月11日(日)>

伊地方選挙と仏国民議会選挙の第1回投票が予定されています。



欧州などの国債入札予定時間につきましては
http://jp.investing.com/economic-calendar/
が参考になります。



■先週(5月29日から6月2日)の主な出来事や要人発言


先週は、ドルインデックスが97.34で始まり、97.70へ反発した後に
反落して96.61で週の終値になりました。
米10年債利回りは週レベルで2.159%に低下しました。
NY原油先物(WTI)7月限は週レベルで47.66ドルへ低下しました。
NYダウは週間126.01ドル上昇、21206.29ドルで週の取引を終える。


<5月29日(月)>

早朝に北朝鮮が弾道ミサイルを発射。
日経平均は10円高で寄り付き4円安で大引け。
サンフランシスコ連銀総裁
「年内のバランスシート縮小開始を予想している。
 見通しが変わればバランスシートの予定も変更される。
 縮小は、目立たない、落ち着いた形で縮小するべきである。
 米経済はFRBの二つの命題にこれまでになく近づいている。
 米国は完全雇用に達し、それを上回る動き。
 インフレ率は来年までに2%目標にに達するとみられる。
 景気の過熱を防止するために、徐々に金利を引き上げていく。」
上海・英国・NYが休場。
オーストリア中銀総裁
「一国の成長が他国を害するとする考えは危険。
 金融危機後の成長は比較的緩やか。
 金融業のデジタル化は労働力の削減につながるだろう。」
ドラギECB総裁
「ユーロ圏の上向きの動きは底堅さを増している。
 成長への下方リスクは一段と後退。
 幾分かのテイルリスクは測定可能な程度まで後退してきている。
 ECBはユーロ圏に対するサポートが依然必要と強く確信。
 金融解除は時期尚早。」
報道「ギリシャが7月の70億ユーロの支払いができない可能性。」


<5月30日(火)>

日有効求人倍率が43年ぶりの高水準に。
日経平均は1円安で寄り付き4円安で大引け。
香港・上海は休場。
ギリシャ政府報道官
「債務削減がなければ次回分の融資を受け取らない可能性がある、
 との独紙ビルトの報道を否定する。」
ECB関係筋「6月理事会で経済見通しを上方修正へ。」
ブレイナードFRB理事
「バランスシート縮小の時期が近付いているのは明らか。
 世界経済は回復し、リスクバランスもより好ましいものに。
 弱いインフレ率が続くようだと、金利の変化を招く。
 追加利上げは相当すぐに実施。
 金融市場の状況はよりバランスのとれたものに。
 米国のGDPは第2四半期に持ち直す。
 バランスシート縮小は米国債やMBS市場に影響を与えない形で
 徐々に予測可能な方法で実施。
 中立なレートはかなり低く、現行からそれほど離れていない。
 中国は複雑な調整をコントロール。
 中国経済のリスク見通しは継続。
 ユーロ圏景気は力強い。日本でも良い兆候。
 海外からのダウンサイドリスクは低下。」
NYダウは50ドル安。


<5月31日(水)>

日経平均は47円安で寄り付き27円安で大引け。
ダラス連銀総裁
「インフレは緩やかでまだら模様だが、
 トレンド性が損なわれているとは考えず。
 世界的な過剰設備がインフレにとっての逆風に。
 人口構成の高齢化の進展がGDPの伸び鈍化に影響。
 FOMCの金利予測(ドットチャート)はきわめて有用。
 今年、失業率は一段と低下へ。
 今後数年間でインフレ率はゆるやかに2%へと上昇する見込み。
 FOMCの行動はドル相場に影響、注視する。
 緩和解除は忍耐をもってゆっくりと。
 インフレが制御できない事態は想定していない。」
報道「アフガンで爆弾テロ。90人死亡、400人以上負傷。」
ラウテンシュレーガーECB専務理事
「銀行規制改革は最終段階とすべき。緩和的な金融政策は適切。
 ECBは緩やかな刺激策の解除を準備すべき。
 状況が変化すればフォワードガイダンスも変更すべき。
 躊躇が長引けば新たな問題引き起こす。」
独連銀総裁
「ECBはフォワードガイダンスの調整をいつ始めるのかについて
 議論をスタートするべき。
 直近のインフレ率上昇は一時的なものではない。
 ECBはインフレについてうまく管理できていない。
 ECBのサポートが後退してもインフレ率は上昇していく。」
スイス中銀総裁
「金融危機は世界を変えた。
 マイナス金利はスイスフランの魅力を低下させた。
 スイスフランは明らかに過大評価。過大評価は大きな課題。
 必要とあれば為替市場で介入を実施。」
地区連銀経済報告(ベージュブック)
「米経済については、12の地区ほとんどで4月初めから5月にかけて
 緩やかなペースで拡大を続けた。
 ボストンとシカゴが前回の報告からやや減速とした。
 自動車を除く小売には大きな変化なし。自動車はやや減少。
 住宅緩やかなペースで成長。
 雇用市場は引き締まり継続。幅広い地区で労働不足に陥っている。
 雇用は緩やかなペースで拡大。
 賃金は緩慢もしくは緩やかなペースで拡大。
 物価は総じて変わらず。一部資源価格は上昇。」
ロス商務長官
「トランプ大統領はNAFTAを破棄するとは言っていない。
 貿易黒字は貿易赤字よりも国にとって利益がある。
 7月のNAFTA交渉に向けて議会と議論が必要。」
NYダウは20ドル安。


<6月1日(木)>

日経平均は41円高で寄り付き209円高で大引け。
中国首相
「北朝鮮のあらゆるミサイル発射実験に反対する。
 北朝鮮問題は外交的に解決しなければならない。」
ユーガブ調査「支持率は保守党42%に対して労働党は39%。」
報道「欧州委が伊モンテパスキの公的支援を承認。」
パウエルFRB理事
「世界経済見通しは明るく、米国は完全雇用に接近。
 FOMCでは今後のインフレ指標を注意深く評価。
 インフレ進行が鈍化、停滞しているのかどうか辛抱強く議論。
 経済が軌道上に留まるなら緩やかな利上げが必要。
 見通しへのリスクは以前よりも均衡してきている。」
米ADP雇用統計は予想より強い25.3万人。
報道「トランプ大統領が地球温暖化対策のパリ協定から離脱を表明。」
アトランタ連銀「GDPナウ」第2四半期は4.0%を予想。
NYダウは135ドル高で取引を終える。史上最高値を更新。


<6月2日(金)>

日経平均は110円高で寄り付き317円高の20177円で大引け。
英イプソス・モリ調査「英保守党支持45%、英労働党支持は40%。」
米雇用統計では、NFPが予想より弱い13.8万人、
(NFPの前回が21.1万人から17.4万に下方修正)
失業率は予想より強い4.3%、平均時給の前月比は予想とおりの0.2%
米10年債利回りが一時2.14%台へ低下。
コーンNEC委員長
「次期FRB議長人事はホワイトハウスでまだ何も決まっていない。」
フィラデルフィア連銀総裁
「軟調なインフレ指標巡る懸念は正当化されない。
 インフレ率は年末ごろに目標の2%に達すると予想。
 雇用は依然として強い。あと2回の利上げ予想を再表明。
 5月の13.8万人増は良い数字。
 年内のバランスシート縮小開始を予想。
 インフレは最近の低下にもかかわらず軌道上にある。」
NYダウは62.11ドル高の21206.29ドル。史上最高値を更新。



<先週のドル円の概況>

先週のドル円は、週初5月29日に111.25レベルで始まり、軟調傾向
の揉み合いとなって、31日のロンドンフィックスにかけて110.48へ
下落する展開になりました。その後、切り返して、6月2日の東京時間
後半にかけて週高値となる111.71へ上昇しましたが、その後、米雇用
統計の発表後のロンドンフィックス過ぎに週安値となる110.33へ下落
して110.40レベルで週の取引を終えました。


<先週のユーロドルの概況>

先週のユーロドルは、週初5月29日に1.1175レベルで始まり、30日
のロンドン時間序盤に週安値となる1.1109へ下落しましたが、その後
切り返して、揉み合いながらも堅調傾向で推移して6月1日の東京時
間前半に1.1256へ上昇する展開になりました。その後、NY時間序盤
にかけて1.1202へ下押した後に小幅な揉み合いとなりましたが、米雇
用統計の発表後に上伸してNY時間終盤にかけて週高値となる1.1285
へ上昇して1.1281レベルで週の取引を終えました。



●今週(6月5日から6月9日)のドル・円・ユーロの注目点


<今週のドル円>

今週のドル円相場は、上昇した場合、まずは2日のNY時間後半の戻り
高値110.57を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は111.00
の「00」ポイント、さらに上昇した場合は5月31の高値111.22から
5月30日のNY時間の戻り高値111.24、ここを上抜けた場合は1日の
NY時間序盤の高値111.48、さらに上昇した場合は2日の高値111.71
ここを上抜けた場合は5月25日の高値111.95から112.00の「00」
ポイントを巡る攻防が注目されます。
一方、下落した場合は、まずは2日の安値110.33から5月18日の安
値110.23を巡る攻防が注目されます。ここを下抜けた場合は110.00
の「000」ポイント、さらに下落した場合4月25日の安値109.59、
ここを下抜けた場合は109.00の「00」ポイント、さらに下落した場合
は4月20日の安値108.72を巡る攻防が注目されます。


今週のドル円相場は経済指標およびイベントでは、5日の中国Caixin
サービス業PMIと米ISM非製造業景況指数と米製造業新規受注と米
労働市場情勢指数LMCI、8日の日第1四半期GDP二次速報と日第1
四半期GDPデフレータ二次速報と日国際貿易収支と中国貿易収支と
米新規失業保険申請件数とコミー前FBI長官の上院情報特別委員会で
の証言と英総選挙の結果、9日の中国消費者物価指数と中国生産者物価
指数、などが注目されます。


先週は、週末に日経平均が1年半ぶりに2万円の大台を回復して、NY
ダウも史上最高値を更新しましたが、米雇用統計では米失業率が16年
ぶりの低水準となるもNFPが市場予想より弱く前回値も下方修正され
たことを受けてドルが売られドル円が下落する展開になりました。

CMEのFEDウォッチでの6月FOMCでの利上げ確率は、雇用統計後
も95%超の水準で、6月利上げは濃厚ですが、今週はリスク・イベン
トとして8日の日本時間午後11時からのコミー前FBI長官の上院情報
特別委員会での証言と、9日未明から東京時間序盤にかけて判明する英
総選挙の結果が注目されます。

コミー前FBI長官の上院情報特別委員会での証言では、特別検察官に
任命されたモラー元FBI長官が捜査を進めていて、コミー氏が捜査に
支障となる事実の開示は避けるとの観測もありますが、トランプ大統
領から大統領補佐官だったフリン氏への捜査を中止するよう求められ
たとされる疑惑において、トランプ大統領がFBIの捜査を妨害する意
図があったことが証言で裏付けされた場合はトランプ大統領の弾劾に
発展する可能性もありますので注目されます。

一方、英総選挙については、調査会社により差異はあるも、英保守党
がリードながら英労働党が猛追していて、政党支持率が拮抗してきて
いることで、当初の「メイ首相が率いる英保守党の圧勝シナリオ」が
大きく揺らいでいるようです。英保守党が辛勝するとは思われますが
2016年のEU離脱を問う国民投票での逆転劇もあったことから、過度
の予断なく結果を見届けたいものです。英総選挙の結果は主にポンド
の動向に影響を与えますが、リスク・イベントとしてドル円にも影響
することが想定され、その結果が注目されます。


<今週のユーロドル>

今週のユーロドル相場は、上昇した場合、まずは1.1300の「00」ポイ
ントを巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合2016年9月8日
の高値1.1327、さらに上昇した場合は2016年8月18日の高値1.1366
ここを上抜けた場合は1.1400の「00」ポイント、さらに上昇した場合
2016年6月23日の高値1.1427、ここを上抜けた場合は2016年5月
11日の高値1.1446を巡る攻防が注目されます。
一方、下落した場合は、まずは2日の米雇用統計後の押し安値1.1254
を巡る攻防が注目されます。ここを下抜けた場合は2日の米雇用統計
直前の押し安値1.1205から1.1200の「00」ポイント、さらに下落し
た場合は5月31日のの安値1.1164、ここを下抜けた場合は5月30日
の安値1.1109を巡る攻防が注目されます。


今週のユーロドル相場は経済指標および要人発言では、6日の欧小売売
上高、7日の独製造業新規受注、8日の独鉱工業生産指数と欧第1四半
期GDP改定値と欧ECB金融政策発表とドラギECB総裁の定例会見と
英総選挙の結果、などが注目されますが、対ドル通貨ペアとして、
5日の中国Caixinサービス業PMIと米ISM非製造業景況指数と米製造
業新規受注と米労働市場情勢指数LMCI、8日の中国貿易収支と米新規
失業保険申請件数とコミー前FBI長官の上院情報特別委員会での証言
9日の中国消費者物価指数と中国生産者物価指数、などが注目されま
す。


先週のユーロドルは、米雇用統計でNFPが市場予想より弱い結果とな
ったことも背景に1.12台後半へ上昇して年初来高値を更新しましたが
今週は8日のECB金融政策発表とドラギECB総裁の定例会見が注目
の焦点になります。

5月31日にラウテンシュレーガーECB専務理事が「緩和的な金融政策
は適切。」としながらも、「ECBは緩やかな刺激策の解除を準備すべ
き。状況が変化すればフォワードガイダンスも変更すべき。(要旨)」
と発言していることから、ドラギECB総裁は慎重姿勢ながらフォワー
ドガイダンスを出口戦略に向けて変更する可能性もありそうです。

そして、対ドル通貨ペアとして、コミー前FBI長官の上院情報特別委
員会での証言が注目されますとともに、英総選挙の結果が大いに注目
されます。8日から9日かけてユーロドルはボラタイルな相場展開に
なりそうです。




さて今回は、トレードと凡事のお話 その244 です。


前回からの続きのお話です。


投資苑で有名なアレキサンダー・エルダー博士が
トレードでは当たり前なことこそが大切として、
「投資苑3」の中でこう語っています。


「相場には秘密があります。
 秘密がないということが秘密なのです。」


相場やトレードで秘密ではない「当たり前なこと」とは
いったいぜんたい何なのでしょうか…。


今回は「トレードと凡事」その第二百四十四話です。


それでは、はじまり、はじまり〜。^^



『おい、ジイさん。先週は米ADP雇用統計が強い結果だったのに、
 週末の米雇用統計では米失業率が16年ぶりの低水準となるも、
 NFPが予想よりかなり弱く前回値も下方修正されたことでドルが
 売られる展開になったが…、6月利上げはどうなるんだろうな…。』


「ふむ。米ADP雇用統計が強い結果であっただけに、NFPの弱い
 結果はネガティブ・サプライズでドルが売られる展開になったが、
 CMEのFEDウォッチでの来週の6月FOMCでの利上げ確率は、
 雇用統計後も95%超の水準で、6月利上げは濃厚であろう…。
 ただ、6月14日その後の利上げ観測には諸説あるようで、
 来週のFOMCではドットチャートとイエレンFRB議長の定例会見
 での発言が注目されることになろうのう…。」


『今週は週末にメジャーSQがあるが、リスク・イベントとして
 8日の日本時間午後11時からのコミー前FBI長官の上院での証言と
 そして、英総選挙の結果が注目材料になりそうだな…。ジイさん。』


「ふむ。トランプ大統領が大統領補佐官だったフリン氏への捜査を
 中止するようコミー前FBI長官に求めたとされる疑惑については、
 特別検察官に任命されたモラー元FBI長官が捜査を進めていて、
 コミー氏が捜査に支障となる事実の開示は避けるとの観測も
 あるようじゃが…、もしも、8日のコミー氏の議会証言で
 トランプ大統領がFBIの捜査を妨害する意図があったことが
 裏付けされた場合は、トランプ大統領の弾劾に発展する
 その可能性もあるゆえ注目されるのう…。溜口剛太郎殿。」


『8日は「ロシアゲート」問題の1つのヤマ場になりそうだが…、
 トランプ大統領は地球温暖化対策のパリ協定から離脱を表明した
 ことで支持率もさらに低迷しているようで、
 8日はトランプ大統領にとっても重要な日になりそうだな…。
 ところで…、8日には英総選挙もあるがどうなるんだろうな。』


「ふむ。調査会社により差異があり…、6月1日の調査会社ユーガブ
 よれば、8日の英総選挙でメイ首相率いる保守党の獲得議席数は
 過半数に9議席足りない見通しとも報じられていて…、
 英保守党がリードながら英労働党が猛追していて、政党支持率が
 拮抗してきていることで、当初の『英保守党の圧勝シナリオ』が
 大きく揺らいでいるようじゃのう…。溜口剛太郎殿。」


『英保守党が政権公約で社会保障負担の増加を打ち出したことなどが
 影響しているようだが…、英保守党が辛勝すると思われるも、
 2016年EU離脱を問う国民投票で逆転劇もあった英国の選挙だけに
 安易な予断はできないのかもしれないな…。ジイさん。』


「ふむ…。8日の英総選挙の結果は9日未明から東京時間序盤にかけて
 判明すると思われるが、ポンドのみならず、リスクイベントとして
 ドル円やユーロドル相場にも影響を与えることになろうのう…。」


『またところで…、5月31日にラウテンシュレーガーECB専務理事が
 「緩和的な金融政策は適切。」としながらも、「ECBは緩やかな刺激
 策の解除を準備すべき。状況が変化すればフォワードガイダンスも
 変更すべき。(要旨)」と発言していたが…、8日のECB政策金利の
 発表およびドラギECB総裁の定例会見ではフォワードガイダンスが
 変更さるのかなぁ。ジイさん。』


「ふむ…。29日にドラギECB総裁は『ユーロ圏の上向きの動きは
 底堅さを増している。成長への下方リスクは一段と後退。』と
 しながらも、『ECBはユーロ圏に対するサポートが依然必要と
 強く確信。金融解除は時期尚早。』と発言していて…、
 慎重姿勢ではあるが、景気の下振れリスクを『均衡』に変更する
 とともに、もしかすると、フォワードガイダンスを変更する
 その可能性もあるのやもしれぬのう…。」


『もしもフォワードガイダンスが変更となったとしたら、
 ユーロドルはさらに上伸するのかねぇ…。ジイさん。』


「その可能性もなきにもしあらずじゃが…、先行織り込みの動きも
 見られているゆえ、フォワードガイダンスの変更内容の次第、
 ということになるのではなかろうかのう…。溜口剛太郎殿。」


『事前予想するのではなく、相場の動き自体に聞けってか…。
 さてところで…、ジイさん。今日は何のお話だい?』


「NYダウが史上最高値を更新しているのに、米10年債利回りは
 2.15%台と低迷していて、これにちなみ
 今日は『コナンドラムのお話』、もしくは『リスクのお話』でも
 させてもらおうと思っておったが…、
 前段のお話に花が咲き、既に長くなり過ぎてしもうたようじゃ。
 それらのお話はまたの機会にさせてもらうとしよう…。」




なーんちゃって。

またまたお話が長くなりました。 m(_ _)m


ではまた来週。

FX情報をもっと見る
過去ログ
2017年10月(3)
2017年09月(4)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(4)
2017年05月(4)
2017年04月(4)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(4)
2016年12月(4)
2016年11月(4)
2016年10月(5)
2016年09月(4)
2016年08月(2)
2016年07月(5)
2016年06月(4)
2016年05月(4)
2016年04月(4)
2016年03月(4)
2016年02月(4)
2016年01月(5)
2015年12月(3)
2015年11月(4)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(4)
2015年07月(4)
2015年06月(4)
2015年05月(4)
2015年04月(4)
2015年03月(4)
2015年02月(4)
2015年01月(3)
2014年12月(3)
2014年11月(4)
2014年10月(4)
2014年09月(4)
2014年08月(4)
2014年07月(4)
2014年06月(4)
2014年05月(3)
2014年04月(4)
2014年03月(4)
2014年02月(4)
2014年01月(4)
2013年12月(3)
2013年11月(4)
2013年10月(4)
2013年09月(5)
2013年08月(3)
2013年07月(4)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(4)
2013年01月(4)
2012年12月(4)
2012年11月(3)
2012年10月(4)
2012年09月(5)
2012年08月(3)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(5)
2012年03月(4)
2012年02月(4)
2012年01月(4)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(5)
2011年09月(4)
2011年08月(3)
2011年07月(5)
2011年06月(4)
2011年05月(5)
2011年04月(4)
2011年03月(4)
2011年02月(4)
2011年01月(5)
2010年12月(4)
2010年11月(4)
2010年10月(5)
2010年09月(4)
2010年08月(5)
2010年07月(4)
2010年06月(4)
2010年05月(5)
2010年04月(4)
2010年03月(5)
2010年02月(4)
2010年01月(4)
2009年12月(7)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(8)
2009年08月(9)
2009年07月(13)