FX トレードと凡事のお話 その227


トランプ米大統領が誕生して早くも一週間が過ぎましたね。
今週は日銀金融政策とFOMCに米雇用統計とイベント目白押しです。


●今週の主な予定

<1月30日(月)>

※香港・上海が旧正月で休場。

早朝6時45分にNZ貿易収支(12月)、
朝8時50分に日小売業販売額(12月)、
午後5時にスイスKOF景気先行指数(1月)、
午後7時に欧消費者信頼感確報(1月)、欧経済信頼感(1月)、
夜10時に独消費者物価指数速報(1月)、
夜10時半に米個人所得(12月)、米個人消費支出(12月)、
同夜10時半に米コアPCEデフレータ(12月)、
深夜12時に米中古住宅販売成約(12月)、
などが予定されています。
NZ・独・米の指標には注目です。


<1月31日(火)>

※香港・上海が旧正月で休場。

朝8時半に日全世帯家計調査消費支出(12月)、日失業率(12月)、
朝8時50分に日鉱工業生産速報(12月)、
午前9時01分に英GFK消費者信頼感(1月)、
午前9時半に豪NAB企業景況感指数(12月)、
正午前後(時間未定)に日銀金融政策発表、
午後2時に日新設住宅着工戸数(12月)、
午後3時半から黒田日銀総裁の定例会見、
同午後3時半に仏第4四半期GDP速報、
午後4時に独小売売上高指数(12月)、
午後4時45分に仏消費者物価指数速報(1月)、仏卸売物価指数(12月)
午後5時55分に独失業者数(1月)、独失業率(1月)、
午後6時半に英消費者信用残高(12月)、
午後7時に欧第4四半期GDP速報、
同午後7時に欧消費者物価指数速報(1月)、欧失業率(12月)、
夜10時半に加GDP(11月)、
同夜10時半に加鉱工業製品価格(12月)、加原料価格指数(12月)、
夜11時に米ケースシラー住宅価格指数(11月)、
夜11時45分に米シカゴ購買部協会景気指数(1月)、
深夜12時に米消費者信頼感指数(1月)、
などが予定されています。
日・仏・独・欧・加・米の指標と黒田日銀総裁の会見には注目です。


<2月1日(水)>

※上海が旧正月で休場。

早朝6時45分にNZ第4四半期就業者数、NZ第4四半期失業率、
午前10時に中国製造業PMI(1月)、中国非製造業PMI(1月)、
午後5時半にスイスSVME購買部協会景気指数(1月)、
午後5時50分に仏製造業PMI改定値(1月)、
午後5時55分に独製造業PMI改定値(1月)、
午後6時に欧製造業PMI改定値(1月)、
午後6時半に英製造業PMI(1月)、
夜9時に米MBA住宅ローン申請指数、
夜10時15分に米ADP雇用統計(1月)、
深夜12時に米ISM製造業景況指数(1月)、米建設支出(12月)、
深夜4時に米FOMC政策金利、米FOMC声明、
などが予定されています。
NZ・中国・英・米の指標には注目です。


<2月2日(木)>

※上海が旧正月で休場。

午前9時半に豪貿易収支(12月)、豪住宅建設許可件数(12月)、
午後2時に日消費者態度指数(1月)、
午後5時15分にスイス実質小売売上高(12月)、
午後6時に欧ECB月報、
午後6時半に英建設業PMI(1月)、
午後7時に欧生産者物価指数(12月)、
夜9時に英BOE政策金利、英BOE資産買取プログラム規模、
同夜9時に英BOE議事録要旨、英BOE四半期インフレレポート、
夜9時半からカーニー英BOE総裁の発言、
同夜9時半に米チャレンジャー人員削減予定数(1月)、
夜10時半に米第4四半期非農業部門労働生産性速報、
同夜10時半に米第4四半期単位労働コスト速報、
同夜10時半に米新規失業保険申請件数、
などが予定されています。
豪・欧・英・米の指標には注目です。


<2月3日(金)>

朝8時50分に日銀金融政策決定会合議事録(12月開催分)、
午前10時45分に中国財新製造業PMI(1月)、
午後5時50分に仏サービス業PMI改定値(1月)、
午後5時55分に独サービス業PMI改定値(1月)、
午後6時に欧サービス業PMI改定値(1月)、
午後6時半に英サービス業PMI(1月)、
午後7時に欧小売売上高(12月)、
夜10時半に米非農業部門雇用者数(1月)、米失業率(1月)、
同夜10時半に米平均時給(1月)、
夜11時に米ISM非製造業景況指数(1月)、米製造業受注指数(12月)、
などが予定されています。
中国・英・欧・米の指標には注目です。
また、EU首脳会が開催予定です。



欧州などの国債入札予定時間につきましては
http://jp.investing.com/economic-calendar/
が参考になります。



●今週(1月30日から2月3日)のドル・円・ユーロの注目点


先週は、ドルインデックスが100.75で始まり、軟調傾向で推移して
99.77へ下落した後に反発して100.53で週の終値になりました。
米10年債利回りは週レベルでは2.483%に上昇しました。
NYダウは週間266.53ドル上昇、20093.78ドルで週の取引を終える。


<ドル円>

今週のドル円相場は、上昇した場合、まずは19日の高値115.62を巡
る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は116.00の「00」ポイン
ト、さらに上昇した場合は11日の高値116.87、ここを上抜けた場合は
117.00の「00」ポイント、さらに上昇した場合は9日の高値117.53、
ここを上抜けた場合は118.00の「00」ポイント、さらに上昇した場合
3日の高値118.60を巡る攻防が注目されます。
一方、下落した場合は、まずは115.00の「00」ポイントを巡る攻防が
注目されます。ここを下抜けた場合は19日の安値114.40から20日の
安値114.21、さらに下落した場合は114.00の「00」ポイント、ここ
を下抜けた場合は16日の安値113.63、さらに下落した場合は25日の
安値113.04から113.00の「00」ポイント、ここを下抜けた場合は23
日の安値112.53、さらに下落した場合は112.00の「00」ポイント、
ここを下抜けた場合は11月28日の安値111.36を巡る攻防が注目され
ます。


今週のドル円相場は経済指標および要人発言では、30日の米個人消費
支出と米コアPCEデフレータと米中古住宅販売成約、31日の日失業率
と日鉱工業生産速報と日銀金融政策発表と黒田日銀総裁の定例会見と
米ケースシラー住宅価格指数とシカゴ購買部協会景気指数と米消費者
信頼感指数、2月1日の中国製造業PMIと中国非製造業PMIと米ADP
雇用統計と米ISM製造業景況指数とFOMC政策金利とFOMC声明、
2日の米新規失業保険申請件数、3日の日銀金融政策決定会合議事録と
中国財新製造業PMIと米非農業部門雇用者数と米失業率と米平均時給
とISM非製造業景況指数と米製造業受注指数、などが注目されます。


先週のドル円 (概況) は、週初23日に114.27レベルで始まりトラン
プ新米大統領の保護主義的な政策への懸念があったか米10年債利回
りの低下も背景に24日のオセアニア時間にかけて週安値となる112.53
へ下落しましたが、その後、切り返して、NYダウが2万ドルの大台へ
上昇して史上最高値を更新したことも背景に26日のオセアニア時間に
113.99へ反発する展開になりました。その後、113円台前半へ下押し
て揉み合いになりましたが、26日のロンドン時間からドル買い動意が
強まり米10年債利回りの上昇も背景に堅調に推移して、NY時間後半
に一時揉み合うも27日の東京時間に115円台へ上昇する展開になりま
した。その後、揉み合いとなってNY時間に発表された米第4四半期
GDP速報が市場予想を下回ったことで114.75へ下押すも、その後、
押し目は買われて週高値となる115.37へ上昇して、115.09レベルで
週の取引を終えました。

トランプ米大統領が誕生して1週間目となる先週ですが、米国第一主
義のもとTPPからの完全離脱など選挙時に掲げた公約を有言実行して
13の大統領令を発してドル円相場は揺れる展開になりましたが、115
円台へ上昇する展開になりました。
26日には2国間の通商協議の対象に通貨を含めることを表明して、異
例の方針に、今後の通商協議において為替相場も影響を受けることに
なると思われますが、ドル円のチャート的には17・18日と23・24日
のボトムに対する19日のネックラインをしっかり超えていけるのかど
うかが注目されます。
また、今週のイベントとしましては日銀金融政策の発表と米FOMCに
週末の米雇用統計などが注目されます。日米ともに大きな金融政策の
発表はないものと思われますが、リスク管理をしっかりしてトレード
に臨みたいものです。


<ユーロドル>

今週のユーロドル相場は、上昇した場合、まずは27日の高値1.0725
を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合24日の高値1.0775、
さらに上昇した場合は1.0800の「00」ポイント、ここを上抜けた場合
12月8日の高値1.0874、さらに上昇した場合は1.0900の「00」ポイ
ント、ここを上抜けた場合11月11日の高値1.0923から11月10日
の高値1.0953、さらに上昇した場合は1.1000の「000」ポイントを巡
る攻防が注目されます。
一方、下落した場合は、まずは26日の安値1.0657を巡る攻防が注目
されます。ここを下抜けた場合は1.0600の「00」ポイントから19日
の安値1.0589、さらに下落した場合は1.0500の「00」ポイント、
ここを下抜けた場合は11日の安値1.0454、さらに下落した場合は
1.0400の「00」ポイントから4日の安値1.0390を巡る攻防が注目さ
れます。


今週のユーロドル相場は経済指標では、30日の独消費者物価指数速報
31日の仏第4四半期GDP速報と独小売売上高指数と独失業者数と独
失業率と欧第4四半期GDP速報と欧消費者物価指数速報と欧失業率、
2月2日の欧生産者物価指数、3日の欧小売売上高、などが注目されま
すが、対ドル通貨ペアとして、30日の米個人消費支出と米コアPCEデ
フレータと米中古住宅販売成約、31日の米ケースシラー住宅価格指数
と米シカゴ購買部協会景気指数と米消費者信頼感指数、2月1日の中国
製造業PMIと中国非製造業PMIと米ADP雇用統計と米ISM製造業景
況指数とFOMC政策金利とFOMC声明、2日の米新規失業保険申請件
数、3日の中国財新製造業PMIと米非農業部門雇用者数と米失業率と
米平均時給と米ISM非製造業景況指数と米製造業受注指数、などが
注目されます。


先週のユーロドル (概況) は、週初23日に1.0703レベルで始まり米
10年債利回りの低下も背景に揉み合いながらも堅調傾向で推移して
24日のNY時間に週高値となる1.0775へ上昇する展開になりました。
その後、イタリア憲法裁判所が下院の選挙法の一部は違憲との判決が
あるなか25日のロンドン時間に1.0711へ下押した後に1.07代後半へ
反発して揉み合いになりましたが、26日のロンドン時間から米10年
債利回りの上昇も背景に反落してNY時間に週安値となる1.0657へ下
落する展開になりました。その後、揉み合いながらも反発して、27日
のNY時間に発表された米第4四半期GDP速報が市場予想を下回った
こと背景とするドル売りに一時1.0725へ上昇した後に1.0698レベル
で週の取引を終えました。

先週のユーロドルは週始値と週終値の差が5Pipsと上下動の揉み合い
相場となりましたが、今週は独・欧の消費者物価指数速報と欧第4四
半期GDP速報などが注目されます。また、対ドル通貨ペアとして、
米ISMの景況指数、米FOMCと週末の米雇用統計などが注目されま
すが、ある程度動意づくことに期待したいものです。




さて今回は、トレードと凡事のお話 その227 です。


前回からの続きのお話です。


投資苑で有名なアレキサンダー・エルダー博士が
トレードでは当たり前なことこそが大切として、
「投資苑3」の中でこう語っています。


「相場には秘密があります。
 秘密がないということが秘密なのです。」


相場やトレードで秘密ではない「当たり前なこと」とは
いったいぜんたい何なのでしょうか…。


今回は「トレードと凡事」その第二百二十七話です。


それでは、はじまり、はじまり〜。^^



『おい、ジイさん。先週はトランプ米大統領が就任してから
 最初の一週間だったけど、米国第一主義のもとTPP完全離脱など
 有言実行を示すように13もの大統領令を矢継ぎ早に発令して…、
 週前半は保護主義にリスク回避の動きも見られたが、
 その後、NYダウがついに2万ドル台へ上昇したよな…。』


「ふむ。そうであったのう…。溜口剛太郎殿。
 通商は多国間から2国間へとシフトすることとなって、
 そして、2国間の通商協議の対象に通貨を含めることを表明した
 ことから、今後の通商協議において為替相場も影響を受ける
 ことになろうと思われるが…、一部では米国の保護主義的な政策が
 1990年代前半のように日米金利差が拡大しても円高となる可能性を
 指摘する声も聞かれ始めているようじゃのう…。
 まぁ…、ただ、1990年代当時とは異なり、日本の多くの製造業は
 米国での現地生産も進んでいて、先週はNYダウが2万ドル台へと
 上昇して米10年債利回りも回復してきたことを背景に
 ドル円も115円台を回復する展開になったがのう…。」


『ドル円は、チャート的には18日と24日の2つのボトムに対する
 19日のネックラインとなる所を超えかけてきているようだが…、
 しっかり超えていけるのか、はたまた再び反落するのか、
 今週は日銀金融政策発表や米FOMCや米雇用統計など
 イベントが多く、今週のドル円の展開が注目されるな…。』


「ふむ…。日銀金融政策やFOMCでは大きな政策変更はない
 ものと思われるが、黒田日銀総裁の会見やFOMC声明は
 それなりに注目材料になることであろうのう…。」


『ところでさぁ…、トランプ政権のショーン・スパイサー報道官が
 「トランプ大統領就任式に集まった聴衆の数は過去最高であった。」
 と虚偽の事実を述べてしまったことに対して、
 トランプ大統領のケリーアン・コンウェイ顧問が
 「それはオルタナティブ・ファクト(もう1つの事実)。」だなんて
 強弁していていたけど…、写真を見れば明らか虚偽なのに、
 報道官や大統領顧問として信用を毀損する行為で
 みっともなく恥ずかしい寸劇だったよな…。ジイさん。』


「まぁ、新政権の発足当初で引っ込みがつかず、
 勢い、無理やり強弁で擁護してしまったものと思われるが…、
 前列側の人は過去最多であったくらいに受け止めようではないか。
 それよりも、トランプ大統領や顧問がどこまで事実を認識して
 そして深く思慮したうえで政策を実行しようとしているのかが…、
 むしろ注目されるのではなかろうか。溜口剛太郎殿。」


『それって、どういうことだよ。』


「今後、2国間の通商協議の対象に通貨を含めることになろうが…、
 世界最大の輸入大国である米国はドル高が国を利する面も多く、
 もしも副作用について深い思慮をせずドル安に誘導してしまうと
 モノが高くなって困るのは米国民となってしまうことになろう…。
 そして、中国からの輸入を制限したり、高い関税をかけたりすると
 米国の中流以下の人々の衣料品は高騰することになり…、
 また、自動車でも自国生産に重点を置き輸入に高い関税をかけると
 車両価格が高騰して困るのは米国の庶民たちとなろう…。
 『トランプ大統領を信じて投票したが生活が苦しくなった。』との
 批判が米国内から湧き上がる場合もあるのではなかろうか…。
 そして、雇用を取り戻すとしておるが…、米国はすでに
 完全雇用に近い状況という事実も無視できない事ではあるまいか。」


『政策においては副作用も十分に考慮すべきなのかもしれないよな。
 さてところで…、ジイさん。今日は何のお話だい?』


「ふむ…。今日は『人工知能(AI)とトレード』について
 お話をさせてもらうと思っておったが…、
 トランプ米大統領の就任一週間目ということで
 そちらの話に花が咲いてしもうたようじゃ…。
 そのお話はまた次回にでもさせてもらうとしよう。
 まずはAIとトレードについてとても参考になるサイトがあるので
 https://matome.naver.jp/odai/2143505597597036701
 こちらを勉強しようではないか…。」


『じゃあ、また来週に会おうぜ。ジイさん。』




なーんちゃって。

またまたお話が長くなりました。 m(_ _)m


ではまた来週。

FX トレードと凡事のお話 その226 (仮想通貨のお話)


1月20日にトランプ第45代米大統領が誕生しました。
そして、TPP離脱やNAFTA再交渉などが発表されました。


●今週の主な予定

<1月23日(月)>

午後1時半に日全産業活動指数(11月)、
午後2時に日景気先行指数確報(11月)、日景気一致指数確報(11月)、
午後8時半からドラギECB総裁の発言、
夜10時半に加卸売売上高(11月)、
深夜12時に欧消費者信頼感速報(1月)、
などが予定されています。
欧の指標とドラギECB総裁の発言には注目です。


<1月24日(火)>

午後5時に仏製造業PMI速報(1月)、仏サービス業PMI速報(1月)
午後5時半に独製造業PMI速報(1月)、独サービス業PMI速報(1月)
午後6時に欧製造業PMI速報(1月)、欧サービス業PMI速報(1月)
午後6時半に英財政収支(12月)、
深夜12時に米中古住宅販売件数(12月)、
同深夜12時に米リッチモンド連銀製造業指数(1月)
などが予定されています。
独欧のPMI速報と米の指標には注目です。
そして、英最高裁のEU離脱の英議会承認を巡る判断が下されます。


<1月25日(水)>

朝8時50分に日通関ベース貿易収支(12月)、
午前9時半に豪第4四半期消費者物価指数、
午後4時45分に仏企業景況感指数(1月)、
午後6時に独IFO景況感指数(1月)、
夜9時に米MBA住宅ローン申請指数、
夜11時に米住宅価格指数(11月)、
深夜1時からカーニー英BOE総裁の発言、
などが予定されています。
日・豪・独の指標と英BOE総裁の発言には注目です。


<1月26日(木)>

※豪がオーストラリアデーで休場。

早朝6時45分にNZ第4四半期消費者物価指数、
朝8時50分に日企業向けサービス価格指数(12月)、
午後4時にスイス貿易収支(12月)、
午後4時に独GFK消費者信頼感調査(2月)、
午後6時半に英第4四半期GDP速報、
夜10時半に米卸売在庫(12月)、米新規失業保険申請件数、
深夜12時に米新築住宅販売件数(12月)、
同深夜12時に米景気先行指標総合指数(12月)、
などが予定されています。
NZ・英・米の指標には注目です。
そして、ユーロ圏財務相会合が開催予定です。

<1月27日(金)>

※上海が旧正月で休場(2月2日まで)。

朝8時半に日全国消費者物価指数(12月)、
午前9時半に豪第4四半期生産者物価指数、
同午前9時半に豪第4四半期輸入物価指数、
午後4時に独輸入物価指数(12月)、
午後4時45分に仏消費者信頼感指数(1月)、
夜10時半に米第4四半期GDP速報、米耐久財受注(12月)、
同夜10時半に米第4四半期個人消費速報、
同夜10時半に米第4四半期GDPデフレータ速報、
同夜10時半に米第4四半期コアPCEデフレータ速報、
深夜12時に米ミシガン大学消費者信頼感指数確報(1月)、
などが予定されています。
日・豪・米の指標には注目です。
そして、EU財務相理事会が開催予定です。



欧州などの国債入札予定時間につきましては
http://jp.investing.com/economic-calendar/
が参考になります。



●今週(1月23日から1月27日)のドル・円・ユーロの注目点


先週は、ドルインデックスが101.48で始まり、軟調傾向で推移して
100.23へ下落した後に100.69で週の終値になりました。
米10年債利回りは週レベルで2.465%に上昇しました。
NYダウは週間58.48ドル下落、19827.25ドルで週の取引を終える。


<ドル円>

今週のドル円相場は、上昇した場合、まずは115.00の「00」ポイント
を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合20日の高値115.39、
さらに上昇した場合19日の高値115.62、ここを上抜けた場合116.00
の「00」ポイント、さらに上昇した場合11日の高値116.87、ここを
上抜けた場合は117.00の「00」ポイント、さらに上昇した場合は9日
の高値117.53を巡る攻防が注目されます。
一方、下落した場合、まずは20日の安値114.21を巡る攻防が注目さ
れます。ここを下抜けた場合は114.00の「00」ポイント、さらに下落
した場合は12日の安値113.75から16日の安値113.63、ここを下抜
けた場合は113.00の「00」ポイント、さらに下落した場合は17日の
安値112.57、ここを下抜けた場合は2016年11月30日の安値112.06
から112.00の「00」ポイント、さらに下落した場合11月28日の安値
111.36を巡る攻防が注目されます。


今週のドル円相場は経済指標では、24日の米中古住宅販売件数とリッ
チモンド連銀製造業指数、25日の日通関ベース貿易収支、26日の米新
規失業保険申請件数と米新築住宅販売件数と米景気先行指標総合指数
27日の日全国消費者物価指数と米第4四半期GDP速報と米耐久財受
注と米第4四半期個人消費速報と米第4四半期GDPデフレータ速報と
米第4四半期コアPCEデフレータ速報とミシガン大学消費者信頼感指
数確報、などが注目されます。


先週のドル円 (概況) は、週初16日に114.34レベルで始まり揉み合
いを経た後に日経平均の軟調や米10年債利回りの低下を背景に18日
のオセアニア時間にかけて週安値となる112.57へ下落しましたが、
その後、切り返して、NY時間終盤でのイエレンFRB議長の「2019年
末まで政策金利を年2、3回のペースで引き上げるとの見通しをFRB
内で概ね共有している、政策金利が長期の中立金利見通しである3%に
近づく見通し」などの発言および米10年債利回りの上昇を背景に堅調
に推移して、19日のNY時間後半に週高値となる115.62へ上昇する展
開になりました。その後、米財務長官に就任予定のムニューチン氏の
米上院財務委員会での「ドルは非常に強い」との発言および「ドルの
長期的な強さは重要。」などの発言に揺れて揉み合いになりましたが、
20日のトランプ第45代米大統領の就任で米国第一主義への政策転換
において全ての区分で税率引き下げ計画が示されるとともに通商政策
でTPPからの離脱やNAFTA再交渉を表明するなど保護貿易を示した
ことを背景に114.21へ反落して114.58レベルで週の取引を終えました。

さて、トランプ米大統領は演説で「道路を、高速道路を、橋を、空港
を、トンネルを、鉄道を、全米に建設していく。」ことを示しましたが
どの程度の規模で実施するのかは明示していなく、今後、具体的政策
がいつ打ち出されるのか注目されます。
そして、経済紙の見出しにあるように「混沌の幕開け」で、トランプ
大統領への期待があるとともに、自由貿易は視界不良となってTPPや
NAFTAのみならず世界の貿易にかかわるメガ協定が総崩れになる危機
をはらんでいて場合によってはリスク回避の動きとなる可能性もあり
ますので今後の市場動向が注目されます。
今週は27日の米第4四半期GDP速報が注目の焦点になりますが、米
10年債利回りの動向にも注視しながらリスク管理をしっかりしてトレ
ードに臨んでいきたいものです。


<ユーロドル>

今週のユーロドル相場は、上昇した場合、まずは17日の高値1.0719
を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は5日の高値1.0796
から1.0800の「00」ポイント、さらに上昇した場合8日高値1.0874
ここを上抜けた場合は1.0900の「00」ポイントを巡る攻防が注目され
ます。
一方、下落した場合は、まずは20日の安値1.0625を巡る攻防が注目
されます。ここを下抜けた場合1.0600の「00」ポイント、さらに下落
した場合は19日の安値1.0589から16日の安値1.0579、ここを下抜
けた場合9日の安値1.0511から1.0500の「00」ポイントを巡る攻防
が注目されます。


今週のユーロドル相場は経済指標及び要人発言では、23日のドラギ
ECB総裁の発言と欧消費者信頼感速報、24日の独・欧の製造業PMI
速報と独・欧のサービス業PMI速報、25日の独IFO景況感指数、
などが注目されますが、対ドル通貨ペアとして、24日の米中古住宅販
売件数とリッチモンド連銀製造業指数、26日の米新規失業保険申請件
数と米新築住宅販売件数と米景気先行指標総合指数27日の米第4四半
期GDP速報と米耐久財受注と米第4四半期個人消費速報と米第4四半
期GDPデフレータ速報と米第4四半期コアPCEデフレータ速報と米
ミシガン大学消費者信頼感指数確報、などが注目されます。


先週のユーロドル (概況) は、週初16日に1.0606レベルで始まり
ロンドン時間に週安値となる1.0579へ下落しましたが、その後、切り
返して、揉み合いを経た後に米10年債利回りの低下も背景に17日の
ロンドン時間に週高値となる1.0719へ上昇する展開になりました。
その後、揉み合いを経て、18日のNY時間終盤でのイエレンFRB議長
の「2019年末まで政策金利を年2、3回のペースで引き上げるとの見
通しをFRB内で概ね共有している、政策金利が長期の中立金利見通し
である3%に近づく見通し」などの発言および米10年債利回りの上昇
を背景に19日の東京時間序盤に1.0622へ反落しましたが、その後に
1.06台後半へ戻してドラギECB総裁の会見を迎えました。ドラギECB
総裁の会見では「景気見通しのリスクは依然下向き。基調インフレに
は確たる上昇トレンドみられない。大規模な刺激策の水準は依然とし
て必要に。ECBは刺激策の縮小について議論しなかった。今回の決定
は全会一致、前回12月の決定を反映。」などが示されて1.0589へ下落
する展開になりました。その後、NY時間後半から切り返して、20日
の東京時間に1.0693へ反発しましたが、その後、1.0625へ反落して
トランプ第45代米大統領の就任式を迎えました。その後、トランプ新
米大統領による通商政策の発表を背景にドル売り動意となって.0709へ
上昇した後に1.0700レベルで週の取引を終えました。

さて、19日にECB金融政策の発表とドラギ総裁の会見のイベントを終
えたユーロドルですが、ドル売りも背景に先週は1.07台へ上昇して引
けました。今週は23日のドラギECB総裁の発言と欧消費者信頼感速
報、24日の独・欧のPMI速報などが注目されますが、対ドル通貨ペア
としてトランプ米大統領就任後の米ドル主導の相場展開となる可能性
もありそうです。また、24日には英最高裁のEU離脱の英議会承認を
巡る判断が下されますが、ポンドの動向も注目されます。




さて今回は、トレードと凡事のお話 その226 です。


前回からの続きのお話です。


投資苑で有名なアレキサンダー・エルダー博士が
トレードでは当たり前なことこそが大切として、
「投資苑3」の中でこう語っています。


「相場には秘密があります。
 秘密がないということが秘密なのです。」


相場やトレードで秘密ではない「当たり前なこと」とは
いったいぜんたい何なのでしょうか…。


今回は「トレードと凡事」その第二百二十六話です。


それでは、はじまり、はじまり〜。^^



『おい、ジイさん。ついにトランプ米新大統領が誕生したが、
 米国では100以上ものデモがあったそうだな…。』


「ふむ。そうであったのう…。溜口剛太郎殿。
 トランプ米大統領が誕生したが、就任式の会場に集まった人出は
 2009年1月のオバマ大統領の就任式の時の約半分だったそうで…、
 就任当初の支持率が40%、そして不支持率が52%ということも
 前代未聞であったのう…。」


『そして、さっそく米国第一主義を示すとともに、通商政策で
 TPPからの離脱やNAFTA再交渉を表明したが…、
 それほど大きな動きにはならなかったけれども、
 米ドルが下落したよな…。ジイさん。』


「ふむ…。世界の貿易にかかわるメガ協定が総崩れになる危機を
 はらんでいることが嫌気されたのだと思われるが…、
 経済紙の見出しにあるように、まさに『混沌の幕開け』で、
 トランプ新米大統領の政策への市場評価が下されるのは
 まだこれからということになろうのう…。」


『ハネムーン期間というものも一応はあるだろうからな…。
 さてところで…、ジイさん。今日は何のお話だい?』


「ふむ…。今日は『仮想通貨(暗号通貨)』について、
 お話をさせてもらうとしようかのう…。溜口剛太郎殿。」


『「仮想通貨(暗号通貨)」っていうとビットコインなんかのことかい?
 まぁ、よろしい聞いてやろうじゃないか…。』


「仮想通貨は三菱東京UFJ銀行もその発行を予定していて、
 http://www.asahi.com/articles/ASJ69566CJ69UHBI00V.html
 2017年は仮想通貨(暗号通貨)元年とも言われておるが…、
 現在、仮想通貨(暗号通貨)は、シェア85%のビットコインが
 その基軸通貨の地位にあるといってもよかろう…。」


『最近、たしかにビットコインの話はよく聞くようになったよな…。』


「ふむ。ビットコインについてはBingの検索サイトで
 『ビットコイン動画の動画』という変なキーワードで検索すると
 たくさんの動画が視聴できて、その知見を得ることができるが…、
 その入門編としては、少し古いが2014年収録の池上彰さん解説の
 https://youtu.be/MACC_Q43Oio  など(16分)や
 https://youtu.be/Ey1lkWZEnrs がよかろう…。」


『あははっ。2014年の動画を2017年の未来人として観ると、
 なんか面白いよなぁ…。マウントゴックス事件も
 そこの社長自身が犯人だったようだし…、
 そして、2014年に42,000円だった1ビットコインは
 その未来の2017年現在は10万円を超えているんだからな…。』


「ふむ…。ビットコインは発行総量が2100万ビットコインまでと
 決まっていて、需要の関係で価格が変動するものなのじゃのう…。
 https://bitflyer.jp/bitcoin-chart
 1D(日足)にすると上昇トレンドであることが確認できよう…。
 そして、 http://ビットコイン.pw/articles/PgRHn
 (日本語の入ったこのままコピーしてURL欄にペースト)や
 http://renkinweb.blogspot.jp/2016/04/6.html
 などでビットコインのいろいろな知見を得ることができよう…。
 また、Bit bank というキーワードで検索すると
 日平均600Pips以上の変動幅のビットコインを
 FXトレードできるところもあるようで…、日本のFX業界にも
 やがてビットコインFXが普及する日が来るやもしれぬのう…。」


『日本のような先進国では、銀行に口座を持っていない人は
 幼児を除いて、さすがにほとんどいないと思うけど…、
 後進国では銀行に口座を持っている人のほうが少ないというから、
 今後、送金などでも仮想通貨(暗号通貨)の需要は
 高まっていきそうだよな…。悪い組織なんかも利用しそうだし…。』


「現在、ビットコインはほとんど手数料なしで送金できる、
 だけではなく、瞬間的に移動できて、送金のみならず、
 ビットコインで買い物や飲食ができるようになってきていて、
 デビッド・カードとの連携も始まっていて、
 日本円への両替ができるATMまで徐々に普及してきていることで
 ますますビットコインは普及が加速していくのではなかろうか…。
 また、やがて近い将来に仮想通貨(暗号通貨)がアマゾンなど
 大手リテール販売でも使える日が来るやもしれぬのう…。」


『株式の購入でも、もしもビットコインで投資できるようになったら
 外国勢も為替ヘッジしなくてもよくなる時代になるよな…。』


「ふむ…。もしかすると、やがて未来に仮想通貨(暗号通貨)が
 世界通貨となる日が来るのかもしれぬのう…。溜口剛太郎殿。』


『ところで、最近、ポスト・ビットコインを目指して、
 いろいろ新たな仮想通貨(暗号通貨)の話を聞くけど、
 どうなんだろうね…。ジイさん。』


「ふむ…。問題は、ビットコインのように
 実社会でほんとうに買い物や飲食ができるようになれるのか。
 ATMまで普及するようになるのか…。ということではなかろうか。
 そうなれないのであれば、それは『おもちゃのお金』であり、
 つまり…、実社会で通貨として実際に使えるようになるのか、
 ということが大切なキーポイントになろう…。
 プレ・セールを何弾も行い、市場取引前に2倍以上になったように
 見せかけているものなどは、市場取引開始と同時に暴落する
 場合もあるようで、注意が必要であろう…。溜口剛太郎殿。」


『振興の仮想通貨(暗号通貨)の中にはインターネットの
 藻屑となるものもあるというわけか…。』


「ただ…、全ての振興の仮想通貨(暗号通貨)が
 そうなるというわけではなく…、
 VISAやJCBなどクレジット・カードの普及のときように、
 未来に大手リテール販売でビットコインのみならず、
 何種類かの仮想通貨(暗号通貨)が使われる日も
 来るのやもしれぬのう…。溜口剛太郎殿。」


『ふーん。なんかイメージできる気もするよな…。』


「日本でも2016年に成立した新資金決済法の関連で
 仮想通貨法(仮称)が検討されていると聞くが…、
 仮想通貨(暗号通貨)での取引やその利得が租税を免れやすいことで
 想像ではあるが…、もしかすると、少し未来にgoogleなど
 大手のIT会社と主要各国政府もしくは中銀がタッグを組んで
 税務当局が取引を管理しやすい仕組みの仮想通貨(暗号通貨)を作り
 たとえば、G7コインなどとして、主要各国政府お墨付きの
 仮想通貨(暗号通貨)などが出現する可能性もあるやもしれぬのう。」


『あははっ。ジイさんも想像がたくましいというか。
 妄想がたくましいな…。でも、未来にはあり得る話かもな…。』


「ともあれ、そう遠くない将来に仮想通貨(暗号通貨)が
 世界通貨となる日が来る可能性は否定できないのではあるまいか。」


『てもさぁ、そうなったら、各国の通貨を交換するという
 為替取引がなくなったりするんじゃないのかなぁ…。』


「数百年後は判らぬが…、おそらくそうはならぬであろう…。
 インターネットの電子化が普及しても紙媒体としての
 書籍や郵便物がなくならないように…、各国の通貨取引と
 仮想通貨(暗号通貨)とは併存していくことであろう…。」


『2017年は仮想通貨(暗号通貨)が世界通貨へとなりゆく
 その元年になるのかもしれないな…。』




なーんちゃって。

またまたお話が長くなりました。 m(_ _)m


ではまた来週。

FX トレードと凡事のお話 その225


今週は20日(金)に行われるトランプ氏の
第45代米大統領就任式での演説が注目の焦点になりますね。


●今週の主な予定

<1月16日(月)>

※NY市場はキング牧師誕生日で休場。

朝8時50分に日機械受注(11月)、日国内企業物価指数(12月)、
午前9時01分に英ライトムーブ住宅価格(12月)、
午後1時半に日第3次産業活動指数(11月)、
午後7時に欧貿易収支(11月)、
深夜3時半から英BOE総裁の発言、
などが予定されてます。
日機械受注と英BOE総裁の発言には注目です。


<1月17日(火)>

午前9時半に豪住宅ローン件数(11月)、
午後1時半に日鉱工業生産確報(11月)、
午後4時45分に仏財政収支(11月)、
午後6時半に英消費者物価指数(12月)、英小売物価指数(12月)、
同午後6時半に英生産者物価指数コア(12月)、
午後7時に独ZEW景気期待指数(1月)、
同午後7時に欧ZEW景気期待指数(1月)、
夜10時半に米NY連銀製造業景況指数(1月)、
などが予定されています。
英・独・欧・米の指標には注目です。
そして、モルガン・スタンレーの決算発表が予定されています。
世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)が20日まで開催予定です。


<1月18日(水)>

午後4時に独消費者物価指数確報(12月)、
午後6時半に英失業者数(12月)、英失業率(12月)、
同午後6時半に英ILO失業率(11月)、
午後7時に欧消費者物価指数確報(12月)、欧建設支出(11月)、
夜9時に米MBA住宅ローン申請指数、
夜10時半に米消費者物価指数(12月)、米消費者物価指数コア(12月)
夜11時15分に米鉱工業生産(12月)、米設備稼働率(12月)、
深夜12時に加BOC政策金利、加BOC声明、
同深夜12時に米NAHB住宅市場指数(1月)、
深夜4時からイエレンFRB議長の発言、
早朝6時に対米証券投資(11月)、
などが予定されています。
独・英・欧・米・加の指標とイエレンFRB議長の発言には注目です。
そして、米シティー・グループの決算発表と
米ゴールドマン・サックスの決算発表が予定されています。


<1月19日(木)>

早朝6時半にNZ企業景況感(12月)
早朝6時45分にNZ住宅建設許可件数(12月)、
午前9時01分に英RICS住宅価格指数(12月)、
午前9時半に豪新規雇用者数(12月)、豪失業率(12月)、
午後5時15分にスイス生産者輸入価格(12月)、
午後6時に欧経常収支(11月)、
夜9時45分に欧ECB金融政策発表、
夜10時半からドラギECB総裁の定例会見、
同夜10時半に米住宅着工件数(12月)、米建設許可件数(12月)、
同夜10時半にフィラデルフィア連銀製造業指数(1月)、
同夜10時半に米新規失業保険申請件数、
同夜10時半に加国際証券取引高(11月)、加製造業出荷(11月)、
などが予定されています。
NZ・豪・欧・米の指標とドラギECB総裁の会見には注目です。


<1月20日(金)>

午前10時からイエレンFRB議長の発言、
午前11時に中国第4四半期GDP、
同午前11時に中国鉱工業生産(12月)、中国小売売上高(12月)、
午後4時に独生産者物価指数(12月)、
午後6時半に英小売売上高(自動車燃料含む 12月)、
夜10時半に加消費者物価指数(12月)、
同夜10時半に加小売売上高(11月)、加小売売上高(除自動車 11月)、
などが予定されています。
中国・英・加の指標とイエレンFRB議長の発言には注目です。
そして、トランプ第45代米大統領就任式での演説が注目されます。



欧州などの国債入札予定時間につきましては
http://jp.investing.com/economic-calendar/
が参考になります。



●今週(1月16日から1月20日)のドル・円・ユーロの注目点


先週は、ドルインデックスが102.21で始まり11日に102.96へ上昇し
ましたが、その後、軟調に推移して101.17で週の終値になりました。
米10年債利回りは週レベルで2.398%に低下しました。
NYダウは週間78.07ドル下落、19885.73ドルで週の取引を終える。


<ドル円>

今週のドル円相場は、上昇した場合、まずは115.00の「00」ポイント
を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は13日の高値115.44
さらに上昇した場合は116.00の「00」ポイント、ここを上抜けた場合
10日の高値116.34、さらに上昇した場合は5日のロンドン時間の戻り
高値116.79から11日の高値116.87、ここを上抜けた場合は117.00
の「00」ポイント、さらに上昇した場合は9日の高値117.53を巡る攻
防が注目されます。
一方、下落した場合、まずは13日の安値114.17を巡る攻防が注目さ
れます。ここを下抜けた場合は114.00の「00」ポイント、さらに下落
した場合は12日の安値113.75、ここを下抜けた場合12月8日の安値
113.13から113.00の「00」ポイント、さらに下落した場合は12月
5日の安値112.88、ここを下抜けた場合は112.00の「00」ポイント、
さらに下落した場合は11月29日の安値11.67、ここを下抜けた場合
11月28日の安値111.36を巡る攻防が注目されます。


今週のドル円相場は経済指標および要人発言では、16日の日機械受注
17日のNY連銀製造業景況指数、18日の米消費者物価指数と米鉱工業
生産と米NAHB住宅市場指数とイエレンFRB議長の発言と対米証券投
資、19日の米住宅着工件数と米建設許可件数とフィラデルフィア連銀
製造業指数と米新規失業保険申請件数、20日のイエレンFRB議長の発
言と中国第4四半期GDPと中国鉱工業生産と中国小売売上高とトラン
プ氏の第45代米大統領就任式での演説、などが注目されます。


先週のドル円 (概況) は、週初9日に117.02レベルで始まり週高値と
なる117.53へ上昇しましたが、その後、反落して10日の東京時間に
115.19へ下落する展開になりました。その後、反発して116円を挟む
揉み合いになり11日のNY時間に116.87へ戻しましたが、トランプ
次期米大統領の会見で具体的な経済政策が示されなかったことで反落
して、米10年債利回りの低下を背景に軟調に推移して12日のロンド
ン時間に週安値となる113.75へ下落する展開になりました。その後、
揉み合いながらも切り返して、13日のNY時間に115.44へ戻した後に
再び反落して114円台半ばで週の取引を終えました。

今年のドル円は3日に118.60の高値を付けた後に5日に115.07へと
下落して、先週は9日に117.53へ戻しましたが、その後、再び反落し
て、昨年12月のFOMC直前の安値も割り込み、高値も切り下げる相
場展開になりました。
今週の最大のイベントは週末20日のトランプ氏の第45代米大統領就
任式での演説になりますが、11日の記者会見での暴言王再来的な発言
をいぶかる声がある一方、就任式では周到な原稿を用意して経済政策
への具体的な言及もされるのではないかと期待する見方もあるようで
す。今週後半はボラタイルな相場展開になる可能性がありますので、
リスク管理をしっかりしてトレードに臨みたいものです。


<ユーロドル>

今週のユーロドル相場は、上昇した場合、まずは12日の高値1.0684
を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合1.0700、さらに上昇
した場合は12月5日の高値1.0796から1.0800の「00」ポイント、
ここを上抜けた場合は12月8日の高値1.0874、さらに上昇した場合
1.0900の「00」ポイントを巡る攻防が注目されます。
一方、下落した場合、まずは1.0600の「00」ポイントから13日安値
1.0596を巡る攻防が注目されます。ここを下抜けた場合は9日の安値
1.0511から1.0500の「00」ポイント、さらに下落した場合は12日の
安値1.0454、ここを下抜けた場合は1.0400の「00」ポイントを巡る
攻防が注目されます。


今週のユーロドル相場は経済指標および要人発言では、17日の独・欧
ZEW景気期待指数、18日の独・欧消費者物価指数確報、19日のECB
金融政策発表とドラギECB総裁の定例会見、などが注目されますが、
対ドル通貨ペアとして、17日のNY連銀製造業景況指数、18日の米消
費者物価指数と米鉱工業生産と米NAHB住宅市場指数とイエレンFRB
議長の発言と対米証券投資、19日の米住宅着工件数と米建設許可件数
とフィラデルフィア連銀製造業指数と米新規失業保険申請件数、20日
のイエレンFRB議長の発言と中国第4四半期GDPと中国鉱工業生産
と中国小売売上高とトランプ氏の第45代米大統領就任式での演説、
などが注目されます。


先週のユーロドルは、週初9日に1.0529レベルで始まり揉み合いを経
た後に10日の東京時間に1.0626へ上昇しましたが、その後、反落し
て11日のNY時間に週安値となる1.0453へ下落する展開になりまし
た。その後、トランプ次期米大統領の会見で具体的な経済政策が示さ
れなかったことによるドル売りに反発して、米10年債利回りの低下を
背景に堅調に推移して12日のNY時間序盤に週高値となる1.0684へ
上昇する展開になりました。その後、揉み合いながらも反落して13日
の東京時間に1.0603へ下落しましたが、その後、再び反発してNY時
間に1.0665へ上昇した後に一時1.06台を割り込む上下動の揉み合い
となって1.0639レベルで週の取引を終えました。

今年のユーロドルは3日に1.0340へ下落した後に長めの下ヒゲを示現
して切り返して、11日のNY時間に1.0453へ反落するも先週末にかけ
て1.06台を回復する相場展開になりました。
今週のユーロドルにかかわるイベントは19日のECB金融政策発表と
ドラギECB総裁の定例会見になりますが、ユーロ圏のCPIが前年比で
1.1%に上昇しているも大きな政策変更はないとの観測が多いようで
す。そして、対ドル通貨ペアとして週末20日のトランプ氏の第45代
米大統領就任式での演説が注目されますが、今週後半はドル円と同様
にボラタイルな相場展開になる可能性がありますので、リスク管理を
しっかりしてトレードに臨みたいものです。




さて今回は、トレードと凡事のお話 その225 です。


前回からの続きのお話です。


投資苑で有名なアレキサンダー・エルダー博士が
トレードでは当たり前なことこそが大切として、
「投資苑3」の中でこう語っています。


「相場には秘密があります。
 秘密がないということが秘密なのです。」


相場やトレードで秘密ではない「当たり前なこと」とは
いったいぜんたい何なのでしょうか…。


今回は「トレードと凡事」その第二百二十五話です。


それでは、はじまり、はじまり〜。^^



『おい、ジイさん。先週11日のトランプ次期米大統領の会見では
 何らか具体的な経済政策への言及を期待する向きがあったけど…、
 それどころか、対ロ対中の外交にしこりとなりそうな発言をする
 だけではなく、CNNに対して「黙れ。ニセニュース」と罵るなど、
 米大統領当選後の初会見らしからぬ異様な内容だったよな…。』


「ふむ。そうであったのう…。溜口剛太郎殿。
 原稿を用意していない様子で準備不足もあったと思われるが…、
 次期米大統領としての品格があまり感じられぬ、
 米大統領選挙当時さながらの暴言王再びという印象じゃったのう。」


『米国を1つの会社に見立てるなら、独裁ワンマン社長の誕生、
 というイメージで、11日のトランプ次期米大統領の会見後は
 市場では米10年債利回りも低下して失望のドル売りとなったけど、
 20日の第45代米大統領就任式での演説はどうなるんだろうな…。』


「ふむ…。暴言王再来的な発言をいぶかる声がある一方…、
 就任式では周到な原稿を用意して経済政策への具体的な言及も
 されるのではないかと期待する見方もあるようじゃのう…。
 オバマ米大統領の就任式ではドル円は下落した記憶があるが、
 ともあれ20日は良くも悪くも米ドルが大きく動くことじゃろう。」


『切り札のエースが切られるのか、ジョーカーが切られるのか…、
 20日の大統領就任式でもまさにトランプ相場として、
 上げるにしても下げるにしてもボラタイルな相場になりそうだな。
 さてところで…、ジイさん。今日は何のお話だい?』


「ふむ…。11日のトランプ次期米大統領の会見では
 CNNがトランプ氏に「黙れ。ニセニュース」と罵られたがのう。
 今日はそれにちなんでというわけではないが…、
 オックスフォード英語辞典の2016ワード・オブ・ザ・イヤー
 にもなった『Post-truth』のお話でもさせてもらおうかのう。」


『まぁ、よろしい。聞いてやろうじゃないか…。』


「『Post-truth』とは、なかなか日本語に訳しづらい単語で…、
 オックスフォード辞典自体は、「世論形成に於いて、客観的事実より
 感情や個人的な信念に訴えることの方がより影響力を持つ状況」
 と定義しているが…、「ポスト真実」とも言われることがあり、
 意訳(異訳)か「事実が関係ない」とさえ言われることもあってのう。
 英国のEU離脱や米大統領選挙などがまさに『Post-truth』という
 ワケじゃったのじゃのう…。溜口剛太郎殿。」


『うん。トランプ次期大統領の誕生も、米国の低所得者層と言われる
 不満を抱えた人々の感情へ強く訴えて、期待を取り得たことが
 大きな勝因だっただろうからな…。ジイさん。』


「トランプ次期大統領は、ツイッターで自動車産業などに恫喝政策を
 していると言われておるが…、その強権的なやり方に批判もあり、
 また、その反グローバリズムの保護主義が巡り巡って米国にツケが
 回ることになるやもしれぬが…、人々に訴えたことを実行しようと
 『Make America Great Again』を旗印に米国内産業を活性化させて
 確かに米国内雇用を促進しようとしておるようではあるがのう…。」


『で…、「Post-truth」をテーマに何が言いたいというんだい?』


「ふむ…。我々は怒涛のように押し寄せる情報の海にいて
 その中において真実を見分けるのが大変なだけではなく…、
 感情をも揺さぶられ操作されてしまう時代に生きていかざるを
 得ないという状況ゆえ、現代は『情報を取捨する眼力』が
 より大切になってきているのではなかろうか…。溜口剛太郎殿。」


『まぁな…。トレードでも情報が多いほど良いとは限らず、
 あまりに情報が多いとその真偽の判別が大変なだけではなく
 むしろ逆に迷いを生じたりする場合もあるよな…。』


「情報が変なバイアスを生じさせてチャートを観る目を曇らせて
 本来、最も重要な情報であるべきチャートの示す状況が、
 いつのまにやら2の次となって、知らず知らずに予想主導で
 トレードしてしまうようになってしまう場合もあるもで、
 迷いを晴らすためにも、チャートに示される事実を主導とした
 シンプル思考へと回帰すべき時なのではなかろうか…。」


『うん。報道によるとあのジョージ・ソロス氏も米大統領選の相場で
 10億ドル(1100億円相当)もの損失を出したというくらいだから…、
 情報がバイアスを生じさせてチャートを観る目を曇らせる、
 ということについては、英国のEU離脱や米大統領選挙などが
 大きな教訓になるよな…。ジイさん。』


「ふむ…。相場についてあれこれ語る談義は楽しくも、
 我々トレーダーは『価格(プライス)こそが真実』であり、
 『チャートこそが相場の事実を示している』ということを
 常々、忘れずにいたいものじゃのう…。溜口剛太郎殿。」




なーんちゃって。

またまたお話が長くなりました。 m(_ _)m


ではまた来週。

FX 謹賀新年 トレードと凡事のお話 その224


2017新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


※昨年末にご案内しましたように、本年からは
 日々のマーケット記録は割愛して軽量コンテンツといたします。


●今週の主な予定

<1月9日(月)>

※東京市場は成人の日で休場。

午前9時半に豪住宅建設許可件数(11月)、
午後4時に独鉱工業生産(11月)、
同午後4時に独貿易収支(11月)、独経常収支(11月)、
午後5時15分にスイス実質小売売上高(11月)、
午後7時に欧失業率(11月)、
深夜12時に米LMCI労働市場情勢指数(12月)、
深夜5時に米消費者信用残高(11月)、
などが予定されています。
豪・独・欧・米の指標には注目です。


<1月10日(火)>

午前9時01分に英BRC小売売上高調査(12月)、
午前9時半に豪小売売上高(11月)、
午前10時半に中国消費者物価指数(12月)、
同午前10時半に中国生産者物価指数(12月)、
午後2時に日消費者態度指数(12月)、
午後3時45分にスイス失業率(12月)、
午後4時45分に仏鉱工業生産指数(11月)、
夜10時15分に加住宅着工件数(12月)、
夜10時半に加住宅建設許可件数(11月)、
深夜12時に米卸売売上高(11月)、米卸売在庫(11月)、
などが予定されています。
豪・中国の指標には注目です。


<1月11日(水)>

午後2時に日景気先行指数速報(11月)、日景気一致指数速報(11月)
午後6時半に英鉱工業生産指数(11月)、英製造業生産指数(11月)、
同午後6時半に英貿易収支(11月)、
夜9時に米MBA住宅ローン申請指数、
夜11時15分から英BOE総裁の発言、
深夜12時に英NIESRのGDP予想、
などが予定されています。英の指標には注目です。
また、トランプ次期米大統領の会見が予定されていて注目されます。


<1月12日(木)>

朝8時50分に日国際貿易収支(11月)、日国際経常収支(11月)、
午後2時に日景気現状判断DI(12月)、日景気先行き判断DI(12月)、
午後4時45分に仏消費者物価指数(12月)、
午後7時に欧鉱工業生産(11月)、
夜9時半に欧ECB理事会議事録要旨、
夜10時半に米輸入物価指数(12月)、米輸出物価指数(12月)、
同夜10時半に米新規失業保険申請件数、
同夜10時半に加新築住宅価格指数(11月)、
などが予定されています。
日・欧・米の指標には注目です。


<1月13日(金)>

午前9時からイエレンFRB議長の発言、
(時間未定) 中国貿易収支(12月)、
午後4時に独卸売物価指数(12月)、
夜10時半に米生産者物価指数(12月)、米生産者物価指数コア(12月)
同夜10時半に米小売売上高(12月)、米小売売上高(除自動車 12月)、
深夜12時に米ミシガン大学消費者信頼感指数速報(1月)、
同深夜12時に米企業在庫(11月)、
深夜4時に米月次財政収支(12月)、
中国・米の指標とイエレンFRB議長の発言には注目です。
また、JPモルガン、ウェルズ・ファーゴ、バンク・オブ・アメリカ
などの第4四半期決算の発表も予定されていて注目されます。


欧州などの国債入札予定時間につきましては
http://jp.investing.com/economic-calendar/
が参考になります。



●今週(1月9日から1月13日)のドル・円・ユーロの注目点


先週は、ドルインデックスが102.81で始まり103.81へ上昇した後に
101.30へ反落して102.21で週の終値になりました。
米10年債利回りは週レベルで2.419%に低下しました。
NYダウは週間29.99ドル上昇、19963.80ドルで週の取引を終える。


<ドル円>

今週のドル円相場は、上昇した場合、まずは1月4日NY時間後半の
戻り高値117.75を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は
118.00の「00」ポイント、さらに上昇した場合は4日の東京時間の揉
み合い上辺118.18、ここを上抜けた場合は3日の高値118.60から
12月15日の高値118.66、さらに上昇した場合は119.00の「00」ポイ
ントを巡る攻防が注目されます。
一方、下落した場合、まずは116.00の「00」ポイントを巡る攻防が注
目されます。ここを下抜けた場合は1月6日ロンドン時間の押し安値
115.76、さらに下落した場合は5日ロンドン時間の押し安値115.58、
ここを下抜けた場合は6日の安値115.07から115.00の「00」ポイン
トを巡る攻防が注目されます。


今週のドル円相場は経済指標および要人発言では、9日の米LMCI労働
市場情勢指数、10日の中国消費者物価指数と中国生産者物価指数、
11日のトランプ次期米大統領の会見、12日の日国際貿易収支と米新規
失業保険申請件数、13日のイエレンFRB議長の発言と中国貿易収支と
米生産者物価指数と米小売売上高と米ミシガン大学消費者信頼感指数
速報、などが注目されます。


先週のドル円は、年初2日に116.92レベルで始まりトラポノミクスへ
の期待を背景に堅調傾向で推移して3日NY時間に発表された米ISM
製造業景況指数が市場予想より強い結果となったことを受けて週高値
となる118.60へ上昇しましたが、その後に反落して、米10年債利回
りの低下を背景に揉み合いながらも軟調傾向で推移して6日のオセア
ニア時間にかけて週安値となる115.07へ下落する展開になりました。
その後、切り返して、米雇用統計の発表でNFPが市場予想を下回った
ことで一時下押すも米平均時給が市場予想を上回り7年半ぶりの高水
準を更新したことや、NYダウが一時19999ドルまで上昇したこと、
およびFEDの要人達の相次ぐタカ派発言などを背景に反発して116.95
レベルで週の取引を終えました。

12月15日の高値118.66と1月3日の高値118.60の2つのトップを
形成した後に12月29日の安値116.04を割り込み5日に115.07へと
下落して一応ダブルトップとなったドル円ですが、先週後半は3日の
高値と5日の安値の50%戻しあたりまで反発する展開になりました。

経済紙によりますと市場観測も「125円台までは下落の余地がある」
と観る向きと、「過剰なドル高は続かない」と観る向きと見解や見通し
は二分しているようで予測が難しい状況にあるようです。
今週は11日のトランプ次期米大統領の会見と13日のイエレンFRB議
長の発言および米小売売上高などが特に注目されますが、米10年債利
回りの動向、および13日の米主要銀行の第4四半期決算も注目されま
す。予想や見込みでトレードするのではなくチャートの事実をしっか
り観てトレードしていきたいものです。


<ユーロドル>

今週のユーロドル相場は、上昇した場合、まずは1月6日NY時間後
半の戻り高値1.0582から2016年12月30日ロンドン時間の戻り高値
1.0591を巡る攻防が注目されます。ここを上抜けた場合は1.0600の
「00」ポイント、さらに上昇した場合は米雇用統計後の高値1.0621、
ここを上抜けた場合は12月30日の高値1.0654、さらに上昇した場合
12月14日の高値1.0670、ここを上抜けた場合は1.0700の「00」ポイ
ント、さらに上昇した場合は12月7日の高値1.0768を巡る攻防が注
目されます。
一方、下落した場合は、まずは1.0500の「00」ポイントを巡る攻防が
注目されます。ここを下抜けた場合は1月5日の安値1.0482、さらに
下落した場合は3日のNY時間の戻り高値1.0433、ここを下抜けた場
合は1.0400の「00」ポイント、さらに下落した場合は3日の安値の
1.0340、ここを下抜けた場合は1.0300の「00」ポイントを巡る攻防が
注目されます。


今週のユーロドル相場は経済指標および要人発言では、9日の独鉱工業
生産と欧失業率、12日の欧鉱工業生産と欧ECB理事会議事録要旨、
などが注目されますが、対ドル通貨ペアとして、9日の米LMCI労働
市場情勢指数、10日の中国消費者物価指数と中国生産者物価指数、
11日のトランプ次期米大統領の会見、12日の米新規失業保険申請件数
13日のイエレンFRB議長の発言と中国貿易収支と米生産者物価指数と
米小売売上高と米ミシガン大学消費者信頼感指数速報、などが注目さ
れます。


先週のユーロドルは、年初2日に1.0520レベルで始まりドル買い動意
を背景に揉み合いながらも軟調傾向で推移して3日NY時間に発表さ
れた米ISM製造業景況指数が市場予想より強い結果となったことを受
けて週安値となる1.0340へ下落しましたが、その後に切り返して、米
10年債利回りの低下を背景とするドル売りに揉み合いながらも堅調傾
向で推移して5日のNY時間後半にかけて1.0615へ上昇する展開にな
りました。その後、1.06を挟む揉み合いを経た後に6日の米雇用統計
の発表でNFPが市場予想を下回ったことで週高値となる1.0621へ上
昇するも米平均時給が市場予想を上回り7年半ぶりの高水準を更新し
たことや、FEDの要人達の相次ぐタカ派発言などを背景するドル買い
に反落して1.0534レベルで週の取引を終えました。

1月5日の高値1.0615と6日の高値1.0621の2つのトップを形成し
た後に6日のロンドン時間の押し安値1.0574を割り込んで日足レベル
でも高値を切り下げているユーロドルですが、週足レベルでは2015年
3月の安値も一時下抜けるも下ヒゲの長い実体の小さな陽線を示現して
気迷い傾向も観られているようです。
欧州の2017年の政治リスクを考えますと将来的にパリティを目指す可
能性はまだ潰えていないように思われますが、足元は予測が難しい状
況にあるようです。しばらく米ドル主導の相場展開となる可能性があ
りそうで、今週は11日のトランプ次期米大統領の会見と13日のイエ
レンFRB議長の発言および米小売売上高などが特に注目されますが、
米10年債利回りの動向も注目されます。チャートの事実をしっかり観
てトレードしていきたいものです。




さて、新年の今回は、トレードと凡事のお話 その224 です。


前回からの続きのお話です。


投資苑で有名なアレキサンダー・エルダー博士が
トレードでは当たり前なことこそが大切として、
「投資苑3」の中でこう語っています。


「相場には秘密があります。
 秘密がないということが秘密なのです。」


相場やトレードで秘密ではない「当たり前なこと」とは
いったいぜんたい何なのでしょうか…。


今回は「トレードと凡事」その第二百二十四話です。


それでは、はじまり、はじまり〜。^^



『おい、ジイさん。あけおめ〜! 2017年もよろしくな。
 昨年は、まさかの英ブレグジットにまさかの米大統領選挙と
 2羽のブラック・スワンが飛来して相場が大揺れになって、
 ドル円も8年ぶりの変動幅になったけど、
 2017年の相場はどんな展開になるのかねぇ…。』


「2017新年あけましておめでとう! 溜口剛太郎殿。
 さていよいよ2017年の相場も始まったのう…。
 本邦の大発会では日経平均が479円の上昇と堅調に始まり、
 そして、6日にはNYダウが一時19999ドルまで上昇するなど、
 株式市場は幸先の良いスタートとなったようじゃ。
 一方、為替相場のドル円は堅調なスタートとなり3日NY時間に
 発表された米ISM製造業景況指数が市場予想より強い結果となった
 ことを受けて週高値となる118.60へ上昇するも、その後、失速して
 6日のオセアニア時間にかけて週安値となる115.07へ下落した後に
 米雇用統計でNFPは弱くも米平均時給が7年半ぶりの高水準を更新
 したことや、FEDの要人達の相次ぐタカ派発言などを背景に
 117円近くまで戻すという上下動の相場展開になったのう…。」


『ドル円の先高観測も根強いようだが、どうなんだろうな…。』


「ふむ…。『総額1兆ドル規模のインフラ整備を中心とした
 米財政支出の拡大』、『連邦法人税を35%から15%へするなど
 法人及び個人向けの総額4.4兆ドル規模の大型減税』、
 『金融を中心とした規制緩和』など、景気浮揚への期待、
 いわゆるトラポノミクスへの期待は大きいようじゃ。
 そして、これらによる米財政赤字の拡大は米国債の発行で賄われる
 ことから、『米国債価格の下落→米国債利回りの上昇』という構図も
 含めてこれらはドル買い要因となるであろう…。
 また、インフレ期待から昨年12月に続く米利上げ観測も根強く、
 ドット・チャートが2017年に3回の利上げを示唆しているとともに
 6日のFED要人達の相次ぐ発言にタカ派姿勢が観られたことなども
 ドル高を示唆するものであろう…。
 さらに、2018年以降になろうと思われるが、米企業の海外留保資金
 を本国に戻す際の税率を軽減する本国投資法HIAも検討されていて
 これも将来的なドル高要因となることであろうのう…。」


『あははっ。それだけ聞けばドル買い一辺倒でもよさげな感じだが、
 そう単純ではないんだろうな…。ジイさん。』


「ふむ…。そのとおりじゃ。溜口剛太郎殿。
 これらは既に周知されていることであり、昨年の米大統領選後から
 『期待先行で相場に織り込みが既に進んでいる事』、そして、
 『投機によるドル買いはいつか必ず反対売買で手仕舞いされる事』、
 『トランプ次期大統領と米共和党の一部に不協和音があり、
  掲げた政策が全て必ず実行できる(される)とは限らない事』、
 『ドル高による米輸出企業の圧迫や負の影響を和らげるため
  トランプ大統領によるツイッターでのドル高牽制発言の可能性』、
 『欧州政治リスク及びEUが求心力を失う可能性によるリスク回避』
 『資金流出が35兆円超相当にもなり外貨準備も3兆ドル割れ寸前
  となっている中国懸念によるリスク回避の動きの可能性』、など、
 これらは今直ぐどうこうなるものでないとしても、ドル円にとって
 負の材料があることも認識しておくべきではあるまいかのう…。」


『うーん。いろいろ聞くと何が何だか判らなくなっちまうぜ…。』


「我々個人トレーダーとして、ファンダメンタルズ的に
 相場を読み解いたり今後の動きを予測する事は簡単なことではなく
 判らないということは、むしろ当たり前なのではあるまいかのう。」


『えっ? どういうことだよ。ジイさん。』


「ふむ…。たとえば、昨年12月のドットチャートでは
 2016年の利上げ見通しが4回であったわけじゃが、
 2016年利上げが年にたった1回となってしまったように…、
 FEDの要人達の頭脳を集めてさえも予測が違うこともあるワケで、
 ファンダメンタルズ的に様々な要素を考慮して
 今後の動きを予測することは極めて困難なことなのじゃのう…。」


『……。』


「例えを挙げれば切りがないくらいじゃが…、昨年だけでも
 『英国のEU離脱を巡る国民投票では大勢の予想では
  EU残留であったが、その結果はどうなったであろうか。』、
 『米大統領選ではクリントン氏が勝つとの予想が大勢であったが、
  その結果はどうなったであろうか。』、
 『米大統領選でトランプ氏が勝った場合、ドル円は100円割れ必至
  との予想が大勢であったが、その結果はどうなったであろうか。』
 ご存知のように予想は皆ことごとく外れてしもうたワケで…、
 相場に予想で臨むことはそれだけ困難なことなのじゃのう…。」


『うん…。予想は見聞きしているときは理路整然としていながら、
 その結果の事実としては、確かに見事なまでにハズレたよなぁ…。
 米大統領選でトランプ氏が勝った時、ドル円は100円割れ必至と
 言っていた奴「おい。出てこいや!」って感じだぜ、ったく…。
 100円割れどころか一時118円台まで上昇しちまったんだからな。』


「あははっ。そう怒るではない…。
 アナリストさん達の予想は変なバイアスを生じさせるから
 見るな聞くなということではなく…、
 こういう見方もあるという勉強としては良いのではなかろうか。
 また、あれこれと相場談義も楽しいものじゃ…。
 ただ、我々個人トレーダーが知り得たことは、その段階で
 既に相場に織れ込まれている場合も多く、
 『そして、ここから』という気持ちで相場に臨むべき、
 なのではあるまいかのう…。溜口剛太郎殿。」


『で…、予想でトレードすることがダメというなら、
 我々個人トレーダーは何を頼りにトレードすればよいのさ…。』


「ふむ…。貴殿も知っていてあえて聞いていると思うが…、
 『相場のことは相場に聞け』と言われているように、
 相場のことは『チャートに聞くべき』なのではなかろうか…。」


『チャートだけが相場の真実を語っているということか…。』


「ふむ…。ただし、上げるだろう(下げるだろう)と
 バイアスのかかった目でチャートを観ることなく、
 我々の知り得たことなどは既に織り込まれていて、
 『そして、ここから』という気持ちで事実を素直に見る目を養い、
 チャートの事実についていく心構えが必要なのではあるまいか…。」


『てなわけで…、申酉騒ぐの酉年も始まったわけだけど、
 今年も何羽かブラック・スワンが飛来するかもしれないよな…。
 上げても下げてもワクワクする相場に期待したいもんだぜ。
 今年もお互いトレードに頑張ろうぜ。ジイさん。』


「ふむ。今年もともどもにトレードに頑張りたいものじゃ…。
 そしてまた、大いに相場談義をしようではないか。溜口剛太郎殿。」




なーんちゃって。

またまたお話が長くなりました。 m(_ _)m


ではまた来週。

FX情報をもっと見る
過去ログ
2017年12月(2)
2017年11月(4)
2017年10月(5)
2017年09月(4)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(4)
2017年05月(4)
2017年04月(4)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(4)
2016年12月(4)
2016年11月(4)
2016年10月(5)
2016年09月(4)
2016年08月(2)
2016年07月(5)
2016年06月(4)
2016年05月(4)
2016年04月(4)
2016年03月(4)
2016年02月(4)
2016年01月(5)
2015年12月(3)
2015年11月(4)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(4)
2015年07月(4)
2015年06月(4)
2015年05月(4)
2015年04月(4)
2015年03月(4)
2015年02月(4)
2015年01月(3)
2014年12月(3)
2014年11月(4)
2014年10月(4)
2014年09月(4)
2014年08月(4)
2014年07月(4)
2014年06月(4)
2014年05月(3)
2014年04月(4)
2014年03月(4)
2014年02月(4)
2014年01月(4)
2013年12月(3)
2013年11月(4)
2013年10月(4)
2013年09月(5)
2013年08月(3)
2013年07月(4)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(4)
2013年01月(4)
2012年12月(4)
2012年11月(3)
2012年10月(4)
2012年09月(5)
2012年08月(3)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(5)
2012年03月(4)
2012年02月(4)
2012年01月(4)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(5)
2011年09月(4)
2011年08月(3)
2011年07月(5)
2011年06月(4)
2011年05月(5)
2011年04月(4)
2011年03月(4)
2011年02月(4)
2011年01月(5)
2010年12月(4)
2010年11月(4)
2010年10月(5)
2010年09月(4)
2010年08月(5)
2010年07月(4)
2010年06月(4)
2010年05月(5)
2010年04月(4)
2010年03月(5)
2010年02月(4)
2010年01月(4)
2009年12月(7)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(8)